トップ :: B 処理操作 運輸 :: B26 切断手工具;切断;切断機

【発明の名称】 複数枚刃の角度違いカミソリ刃
【発明者】 【氏名】佐藤 剛巳

【要約】 【課題】複数枚刃のカミソリの刃は、カミソリの刃を肌に押し当てた際に出来る肌の弧によって、全部一定の刃の角度では、二枚目以後の刃はヒゲを剃る事が出来なかった。

【構成】複数枚刃の二枚目以後の刃に角度を持たせ、カミソリの刃を肌に押し当てて出来る肌の弧に対して、二枚目以後の刃も肌に密着して鋭角に当り、ヒゲを剃る事が出来る。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
複数枚刃カミソリの刃一枚ずつ角度を変えて、二枚目以後の刃もカミソリを肌に押し当てて出来るへこみに対応してヒゲを剃る、角度違いカミソリ刃。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
二枚刃以上(以後複数枚刃と称す)の刃に違う角度を変えた刃を使用し、カミソリの刃が肌に当る時に出来る、肌のへこみに対応出来る様に、カミソリの刃一枚ずつに違う角度を付けて、刃が肌に当たる角度を一定化させて、ヒゲを剃る。
【背景技術】
【0002】
複数枚刃の刃を、一枚目の刃より二枚目の刃は角度を立たせ、三枚目の刃は二枚目の刃より角度を立たせ、四枚目の刃は三枚目の刃より角度を立たせる事により、カミソリの刃が肌に押し当てて出来る、肌のへこみに密着し、ヒゲを剃る事が出来る。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
現在の複数枚刃は、一定角度で並んでいる為、カミソリの刃を肌に押し当てた時に出来る、肌のへこみに対応出来ず、前部の刃はヒゲを剃る事が出来るが、2枚目以後の刃はヒゲを剃る角度では無くなる為、ヒゲを剃る事が出来ずらい。
【課題を解決するための手段】
【0004】
複数枚刃の角度を一定にせず、二枚目の刃は一枚目の刃より角度を立たせ、三枚目の刃は二枚目の刃より角度を立たせ、四枚目の刃は三枚目の刃より角度を立たせて、カミソリの刃を肌に押し当てた時に出来る、弧を描いてへこんでしまう肌に対して、角度を付ける事により全体の刃が肌に密着し、二枚目以後の刃もヒゲを剃る事が出来る。
【発明の効果】
【0005】
本発明を使用する事によって、カミソリを肌に押し当てて出来る肌のへこみに対して、二枚目以後の刃も肌のへこみに密着して、ヒゲを剃る事が出来る。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
カミンリでヒゲを剃る場合、複数枚刃のカミソリを押し当てると、肌は弧を描いてへこんでしまい、カミソリの角度が一定では刃とヒゲは密着しない。本発明を実施する事により、二枚目以後の刃もヒゲと密着しヒゲを剃る事が出来る。
【実施例】
【0007】
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】 本体図
【図2】 交換カートリッジ正面図
【図3】 交換カートリッジ断面図
【符号の説明】
【0009】
1 本体
2 交換カートリッジ
3 フレーム
4 カミソリ刃
【出願人】 【識別番号】597035207
【氏名又は名称】佐藤 剛巳
【出願日】 平成18年6月29日(2006.6.29)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−6246(P2008−6246A)
【公開日】 平成20年1月17日(2008.1.17)
【出願番号】 特願2006−203890(P2006−203890)