トップ :: B 処理操作 運輸 :: B25 手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレ−タ

【発明の名称】 手工具装置のための制振装置
【発明者】 【氏名】フランツ モスナンク

【要約】 【課題】手工具装置のための、切替えによって変化しうる打撃周波数に適合させた制振装置を得る。

【解決手段】手工具装置2のための制振装置に振動可能な制振質量体3を備え、この制振質量体3を少なくとも1個のばね4によってハウジングに対して軸線方向にプレストレスの下に圧着し、ユーザーが操作可能な切替え手段8を備え、この切替え手段8によって前記制振質量体3を、切替え可能に少なくとも1個の付加ばね9によりハウジングに対して軸線方向にプレストレスの下に連結する。好適には、付加ばね9を制振装置の鏡面Sに備える。また、鏡対称面S上に配置しない1対のばね4を設け、これら1対のばねを互いに鏡面対称に配置するとよい。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
手工具装置(2)のための制振装置であって、振動可能な制振質量体(3)を有し、この制振質量体(3)を少なくとも1個のばね(4)によってハウジングに対して軸線方向にプレストレスの下に圧着させる制振装置において、ユーザーが操作可能な切替え手段(8)を設け、この切替え手段(8)によって前記制振質量体(3)を、切替え可能に少なくとも1個の付加ばね(9)によりハウジングに対して軸線方向にプレストレスの下に連結可能にしたことを特徴とする制振装置。
【請求項2】
請求項1記載の制振装置において、付加ばね(9)を制振装置の鏡対称面(S)上に配置した制振装置。
【請求項3】
請求項1または2記載の制振装置において、鏡対称面(S)上に配置しない1対のばね(4)を設け、これら1対のばねを互いに鏡面対称に配置する制振装置。
【請求項4】
請求項1〜3のいずれか一項に記載の制振装置において、ばね(4)および付加ばね(9)をそれぞれのばね長に関して完全に制振質量体(3)の内部に備えた制振装置。
【請求項5】
請求項1〜4のいずれか一項に記載の制振装置において、手工具装置(2)の外側ハウジング(5)に対して軸線方向に固定した制振装置。
【請求項6】
請求項5記載の制振装置において、切替え手段(8)を摺動可能な切替えバー(7)によって手工具装置(2)の切替え可能なモード切替えスイッチ(6)に連結した制振装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は手工具装置、特にドリルハンマー、コンビハンマーまたはチゼルハンマーのための制振装置に関する。
【背景技術】
【0002】
制振装置とは振動可能な部分的な系であって、理論上の(抽象的な)振動可能な質量体、理論上の(抽象的な)ばねおよび理論上の(抽象的な)緩衝器によって構成し、これらをそれぞれ明確に、実体のある構成部材として構成する必要はない。特に理論上の(抽象的な)緩衝器はしばしば、実体のある構成部材として構成しなくとも、実質的に常に発生する摩擦損失や流動損失によって効果を生ずる。通常の、専ら自発的に作動する受動的制振装置は、能動的に制御される制振装置から区別する。
【0003】
ばね定数と質量を適切に選択することにより、受動的制振装置において、この制振装置の固有周波数は、緩衝すべき干渉周波数の近傍の値とする。緩衝すべき干渉周波数としては手工具装置の外側ハウジングにおける振動がある。
【0004】
特許文献1には、ハウジングの振動を減衰させるために、この種の受動的制振装置を備えた打撃動作を行う手工具装置が記載されている。
【特許文献1】仏国特許第2237734号明細書
【0005】
特許文献2には、圧縮空気変動により互いに同調させる2個の受動的制振装置が記載されている。
【特許文献2】米国特許第4478293号明細書
【0006】
特許文献3には、制振装置を装置ハウジングの内部に備えた手工具装置が記載されている。この制振装置を外部の、手工具装置の外側ハウジングの残りの部分における、ハンドグリップに対向させたハウジングの表面に、解離可能に形状ロックまたは摩擦結合により固定した制振装置が記載されている。
【特許文献3】欧州登録特許第1415768号明細書
【0007】
特許文献4には、制振装置を外側ハウジングの内部においてハンドグリップに対向させてハウジング表面に設けた手工具装置が記載されている。コンパクトな制振質量体を軸線方向に関して両側からそれぞれ、2個の側面に関して対向させ互いに平行に連結したねじ押圧ばねによってプレストレスの下に圧着し、これによってねじ押圧ばねのばね定数が増加することで固有振動周波数が上昇する。
【特許文献4】国際特許第2006022345号明細書
【0008】
受動的制振装置は比較的狭帯域であるため、固有周波数をかなり正確に、減衰すべき撹乱周波数に適合させる必要がある。しかし、打撃動作を行う手工具装置では打撃周波数が、特にユーザーが選択した作動モードに依存して本質的に変化しうる。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
本発明の課題は、手工具装置のための、切替えによって変化しうる打撃周波数に適合させることができる制振装置を得ることにある。
【課題を解決するための手段】
【0010】
この課題は、本発明特許請求の範囲における請求項1に記載の手法により本質的に解決する。その他の好適な実施例を従属項に記載する。
【0011】
本発明によれば、手工具装置のための制振装置に振動可能な制振質量体を備え、この制振質量体を少なくとも1個のばねによってハウジングに対して軸線方向にプレストレスの下に圧着させる。ユーザーが摺動可能な切替え手段を設け、これにより制振質量体を切替え可能に、少なくとも1個の付加ばねによってハウジングに対して軸線方向にプレストレスの下に連結可能とする。
【発明の効果】
【0012】
切替え可能に軸線方向にプレストレスの下に圧着させることによりハウジングに連結可能な付加ばねによって、ばね定数がそれぞれのばねにおいて増加し、これにより固有振動周波数が切替え可能に変化する。付加ばねを、変更した固有振動周波数が変更した打撃周波数に適合するようなサイズとする。
【発明を実施するための最良の形態】
【0013】
好適には、付加ばねを鏡面対称に構成した制振装置の鏡対称面上に配置する。これにより切替えの際にこの対称性が保たれ、湾曲や横振動を回避できる。
【0014】
好適には、鏡対称に構成した制振装置の鏡対称面上に配置しない1対のばねを設け、かつこれら1対のばねを互いに鏡面対称に配置することにより、湾曲や横振動を回避する。
【0015】
好適には、ばねおよび付加ばねをばね長に関して、完全に制振質量体の内部に備え、さらに好適には、適合する凹所に備える。これにより、制振装置の軸線方向の構造長さをほぼ制振質量体長さによって画定でき、そのため制振質量体を最大限に構成できる。
【0016】
好適には、制振装置を軸線方向に関して手工具装置の外側ハウジングに固定して備えることにより、外側ハウジングの振動を減衰できる。
【0017】
好適には、切替え手段を摺動可能な切替えバーによって手工具装置の切替え可能なモード切替えスイッチに連結することにより、使用者が選択した作動モードに応じて制振装置の固有周波数を切替えることができる。
【0018】
次に、制振装置を備えた手工具装置の縦断面図につき本発明の好適な実施例を説明する。
【実施例1】
【0019】
図によれば、回転及び打撃動作を行う手工具装置2は、外側ハウジング5を有し、この外側ハウジング5に制振装置1を固定する。この制振装置1は打撃軸線Aに沿って振動する制振質量体3を有し、この制振質量体3を2個の平行に配置したばね4によって手工具装置2の外側ハウジング5に対して軸線方向に、プレストレス(予応力)を加えて押圧する。使用者が操作可能な手工具装置2のモード切替えスイッチ6によって、通常作動モードIから、より高い打撃周波数を有する付加的作動モードIIに切替え、このモード切替えスイッチ6を摺動可能な切替えバー7によって摺動可能な切替え手段8に連結する。この切替え手段8によって制振質量体3を切替え可能に、付加ばね9により外側ハウジング5に対し軸線方向にプレストレス(予応力)を加えて押圧して連結できる。付加ばね9を、鏡対称に構成した制振装置1の鏡対称面S上に設け、2個のばね4を互いに鏡対称に配置する。ばね4および付加ばね9を、それぞれのばね長に関して完全に制振質量体3の内部に存在するように、それぞれ適合する凹所10に配置する。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】本発明の制振装置を備えた手工具装置の縦断面図である。
【符号の説明】
【0021】
1 制振装置
2 手工具装置
3 制振質量体
4 ばね
5 外側ハウジング
6 モード切替えスイッチ
7 切替えバー
8 切替え手段
9 付加ばね
10 凹所
A 打撃軸線
S 鏡対称面
I 通常作動モード
II 付加的作動モード
【出願人】 【識別番号】591010170
【氏名又は名称】ヒルティ アクチエンゲゼルシャフト
【出願日】 平成20年1月29日(2008.1.29)
【代理人】 【識別番号】100147485
【弁理士】
【氏名又は名称】杉村 憲司

【識別番号】100072051
【弁理士】
【氏名又は名称】杉村 興作

【識別番号】100114292
【弁理士】
【氏名又は名称】来間 清志

【識別番号】100107227
【弁理士】
【氏名又は名称】藤谷 史朗

【識別番号】100134005
【弁理士】
【氏名又は名称】澤田 達也


【公開番号】 特開2008−188761(P2008−188761A)
【公開日】 平成20年8月21日(2008.8.21)
【出願番号】 特願2008−17542(P2008−17542)