Warning: copy(htaccessbak): failed to open stream: No such file or directory in /home/jtokkyo/public_html/header.php on line 10
L字型クランプをU字型クランプに変えるアダプター - 特開2008−68391 | j-tokkyo
トップ :: B 処理操作 運輸 :: B25 手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレ−タ

【発明の名称】 L字型クランプをU字型クランプに変えるアダプター
【発明者】 【氏名】白鳥 雅春

【要約】 【課題】鉄工加工製品を製作する際、L字型クランプだけでは、他の万力を使用しなければならない。一つのクランプだけで容易に製作するために、どのようなアダプターを製作しなければいけないかを考え出さなければならない。

【構成】L字型クランプにアダプタ2を装着させることにより、U字型クランプを使用しなくても、L字型クランプだけで作業ができるようになる。加工物の溝が深い部分を締め付ける際、L字型クランプやU字型クランプでは締め付けられない部分を、アダプタ2の装着によって締め付けが可能になる。どのような締め付け部においても、L字型クランプのバーハンドルが鉄骨加工製品にぶつからないように締め付けることができるようになる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
物を挟むときに、L字型クランプでは挟みきれない場合やバーハンドルが回せない状況がある。加工物を挟みきれないために、補助的にU字型クランプにする、図2アダプタが必要である。U字型クランプに変えることによって、加工物を容易に挟みこむことができる。そして、バーハンドルが加工物にぶつからないように回すことを可能にする。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
鉄骨加工製品を製作するときなどに使われるものであり、L字型クランプ用、図2アダプタを使用して容易に加工物を挟むことができうようになった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0002】
本来は、鉄骨加工製品を製作する際、複数のL字型クランプの他にU字型クランプが必要である。
L字型クランプを使用すると、バーハンドルを容易に回せない場合がある。そのために、L字型クランプを逆にして使用するときに、図2部分に別な物を加工物に挟んで締め付けをしなければならない。このように、手間のかかる作業をしなければ、締め付けを行うことが出来ない。
【課題を解決するための手段】
【0003】
以上の課題を解決するために、図2の発明によって、ワンタッチでL字型クランプをU字型クランプに変えることが可能になり、加工物を挟むことが出来るようになる。L字型クランプを使用する際、どのような鉄骨加工製品を製作するときにでも、手間をかけずU字型クランプに変えられるようになる。
【発明の効果】
【0004】
この発明によって、U字型クランプを使用しなくても、L字型クランプだけで作業ができるようになる。溝が深い部分を締め付ける際、L字型クランプやU字型クランプでは締め付けられない部分を、図2アダプタの補助によって締め付けが可能になる。アダプタは1固定用ネジによって、L字型クランプの図4ロッドに固定することができる。バーハンドルを回すと図3スライドアームと図2アダプタが加工物を締め付ける。
【図面の簡単な説明】
【0005】
【図1】この発明の実施形態を示す図である。
【符号の説明】
【0006】
1固定用ネジ 2アダプタ 3スライドアーム 4ロッド
【出願人】 【識別番号】506345443
【氏名又は名称】白鳥 雅春
【出願日】 平成18年9月14日(2006.9.14)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−68391(P2008−68391A)
【公開日】 平成20年3月27日(2008.3.27)
【出願番号】 特願2006−280697(P2006−280697)