トップ :: B 処理操作 運輸 :: B25 手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレ−タ

【発明の名称】 ねじ締め工具
【発明者】 【氏名】宇野 穣

【氏名】大島 英司

【要約】 【課題】本発明は、簡単に製造できるねじ締め工具を提供する。

【構成】本発明のねじ締め工具1は、ドライバビット3と、このドライバビット3が挿入されるスクリューガイド2とから構成される。前記スクリューガイド2は、一様な筒状のパイプ部5とこのパイプ部5が嵌合する中空穴を有するガイド部4とから構成され、前記パイプ部5を前記ガイド部4の中空穴に嵌合し、接着して成ることを特徴とする。そのため、前記ガイド部4および前記パイプ部5は非常に簡単に加工することができる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ドライバビットと、このドライバビットが挿入されるスクリューガイドとから構成されるねじ締め工具において、前記スクリューガイドは、一様な筒状のパイプ部とこのパイプ部が嵌合する中空穴を有するガイド部とから構成され、前記パイプ部を前記ガイド部の中空穴に嵌合し、接着して成ることを特徴とするねじ締め工具。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、簡単に製造できるねじ締め工具に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、エア吸引方式によるねじ締め工具としては、特許文献1に示すようなねじ締め工具が知られている。このねじ締め工具は、中空円筒状のスクリューガイドと、このスクリューガイド内に所定の隙間を有して内挿されるドライバビットとから構成される。前記スクリューガイドの外周面は、段付円筒状を成しており、切削加工によって形成される。また、前記ねじ締め工具はドライバビットと前記スクリューガイドの内径との隙間からエアを吸引して当該スクリューガイドの内径面にねじを吸引保持するように構成されている。
【0003】
【特許文献1】特開平8−1533
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、上記のねじ締め工具では前記スクリューガイドが切削加工によって成形されているため、当該スクリューガイドの外周面の段付き部分を高精度に仕上げるのに非常に手間がかかっていた。また、このスクリューガイドは外径の異なる部分が一体に形成されている。つまり、このスクリューガイドの肉厚は一様でないので、当該スクリューガイドを熱処理する際、当該スクリューガイドには不均一な温度分布が生じる。その結果、前記スクリューガイドの自由膨張は当該スクリューガイドの下部より膨張率の低い前記スクリューガイドの上部によって拘束され、このスクリューガイドにはひずみが発生し、当該スクリューガイドが変形してしまう問題があった。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、ドライバビットと、このドライバビットが挿入されるスクリューガイドとから構成されるねじ締め工具において、前記スクリューガイドは、一様な筒状のパイプ部とこのパイプ部が嵌合する中空穴を有するガイド部とから構成され、前記パイプ部を前記ガイド部の中空穴に嵌合し、接着して成ることを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
本発明のねじ締め工具では、ガイド部とパイプ部とを別々に製造できるので、このガイド部および前記パイプ部は非常に簡単に加工することができる。そのため、前記ガイド部に前記パイプ部を取り付けるだけで、前記スクリューガイドを形成することができる。また、パイプ部およびガイド部を別々に熱処理することが可能であるので、これらのガイド部とパイプ部とは大きく変形しない。さらに、前記パイプは中空円筒状に形成されているので、このパイプ部を容易にセンタレス加工できる。そのため、このパイプ部を高精度に仕上げることが可能である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
以下、図面に基づき本発明の最良の実施形態を説明する。
図1において1はねじ締め工具1であり、軸線方向に延びる中空穴を有するスクリューガイド2と、このスクリューガイド2内に所定の隙間を有して内挿されるドライバビット3とから構成される。このスクリューガイド2は、中空円筒状のガイド部4と、このガイド部4の内径と同径の内径を有し、かつ前記ガイド部4の外径よりも小さい外径を有する中空円筒状のパイプ部5とから構成されている。また、前記ガイド部4の中空穴は段付部4aを有しており、この段付部4aには前記パイプ部5の一端が挿入され、嫌気性の接着剤によって固定されている。さらに、前記ガイド部4の下部にはエア吸引用のエア吸引穴6が穿設されており、本発明のねじ締め工具1は前記ドライバビット3と前記パイプ部5の内径との隙間からエアを吸引して当該パイプ部5の内径面にねじ(図示せず)を吸引保持するように構成されている。なお、上記パイプ部5は嫌気性接着剤でなく、圧入によってガイド部4に取り付けられてもよい。
【0008】
本発明のねじ締め工具1では、前記スクリューガイド2がガイド部4とパイプ部5とを組み合わせて構成されている。このような構成であるため、あらかじめ前記パイプ部5と同径に形成された中空円筒状の棒材を準備し、この棒材から必要な長さだけ切り取ることで、前記パイプ部5を構成することができる。つまり、手軽に前記パイプ部5の作り置きが可能である。また、前記ガイド部4およびパイプ部5の肉厚は一様なので、これらの部品を熱処理する際、これらの部品には一様な温度分布が生じる。ゆえに、前記ガイド部4およびパイプ部5は一様に自由膨張し、これらそれぞれにひずみが生じることはない。さらに、このパイプ部5は中空円筒状に形成されているので、このパイプ部5を熱処理した後、センタレス加工することができる。そのため、このパイプ部5の精度を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本発明に係るねじ締め工具の要部拡大一部切欠断面図である。
【符号の説明】
【0010】
1 ねじ締め工具
2 スクリューガイド
3 ドライバビット
4 ガイド部
4a 段付き部
5 パイプ部
6 吸引穴
11 ねじ締め工具
12 スクリューガイド
13 ドライバビット
14 パイプ部
【出願人】 【識別番号】000227467
【氏名又は名称】日東精工株式会社
【出願日】 平成18年8月31日(2006.8.31)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−55561(P2008−55561A)
【公開日】 平成20年3月13日(2008.3.13)
【出願番号】 特願2006−236368(P2006−236368)