トップ :: B 処理操作 運輸 :: B25 手工具;可搬型動力工具;手工具用の柄;作業場設備;マニプレ−タ

【発明の名称】 組ドライバー
【発明者】 【氏名】伊藤 孝

【要約】 【課題】部品点数が少なく、簡単な操作で選択したドライバービットを使用できる状態や、収納状態に容易にセットすることができるとともに、不用意にドライバービットが突出したりするのを簡単に阻止することができる組ドライバーを提供する。

【構成】保持リング4と、複数個のキャップ嵌合片と、キャップ5と、長孔状のガイド溝と、輪郭形状の支持体と、複数個の係合凹部とで組ドライバー1,1Aを構成した。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
先端中央部に使用するドラーバービットの後端部を着脱可能で、かつ回動不能に支持する支持凹部が形成された握り柄と、この握り柄の外周部に所定間隔で軸心方向に形成されたドライバービットを抜け脱不能でスライド移動可能で、かつ前記支持凹部へ導くことができる複数個のドライバービット挿入溝と、この複数個のドライバービット挿入溝にそれぞれ挿入された後端部に前記支持凹部と回転不能に支持される支持部を有する複数個のドライバービットと、前記握り柄の先端部寄りの外周部を覆い、前記複数個のドライバービット挿入溝内に挿入されたドライバービットの種類を表示するドライバービット表示が形成された保持リングと、前記握り柄の先端外周部寄りの部位で、前記ドライバービット挿入溝を除く部位より外方へ突出するように形成された複数個のキャップ嵌合片と、この複数個のキャップ嵌合片に着脱可能でかつ回動可能に取付けられたキャップと、このキャップの天板に形成され、前記複数個のドライバービット挿入溝に挿入されたドライバービットのいずれか1個のドライバービットを根元部を除く部位を外方へ突出させ、前記支持凹部へ導く長孔状のガイド溝と、前記キャップの天板の前記ガイド溝の中央部側の周壁の内壁面に内側へ突出するように一体形成されたほぼ前記ドライバービットの支持部の輪郭形状の支持体と、前記キャップの開口端部の内壁面に形成された、該キャップのガイド溝へ前記複数個のドライバービットが入り込むのを阻止できる回転部位に係止できるように前記複数個のキャップ嵌合片に形成された係止片と係止される複数個の係合凹部とからなることを特徴とする組ドライバー。
【請求項2】
握り柄の支持凹部は六角形状の溝で、複数個のドライバービットの根元部は軸部よりも外方へ突出する六角形状に形成されるとともに、ドライバービットを支持凹部に支持させ、キャップのガイド溝へ他のドライバービットが入り込まない部位へ回動させると支持体の下端部がドライバービットの根元部の外方へ突出している部位と係合して、ドライバービットの支持凹部からの抜け脱を阻止できるようにしたことを特徴とする請求項1記載の組ドライバー。
【請求項3】
保持リングのドライバービット表示間にドライバービットの移動を阻止する位置表示が形成されていることを特徴とする請求項1、2いずれかに記載の組ドライバー。


【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は握り柄に複数本のドライバービットをスライド移動可能に収納し、使用時に握り柄の先端部に選択したドライバービットを位置させて使用することができる組ドライバーに関する。
【背景技術】
【0002】
従来、この種の組ドライバーは握り柄に収納した6本のドライバービットのうちの使用するドライバービットを選択する握り柄の先端部に回転可能に取付けられたセレクト筒と、このセレクト筒に回転可能に取付けられた選択したドライバービットを握り柄の先端部の支持凹部へ回転不能に支持できるように導くとともに、ドライバービットの不必要な突出を阻止する長孔およびC字状の支持体が形成されたキャップとで構成されている。
【0003】
このため、握り柄の先端部にセレクト筒とキャップとを設けているため、構造が複雑で、コスト高になるという欠点があるとともに、セレクト筒の回転とキャップの回転とによって操作が複雑で、必要なドライバービットを使用できる状態へのセットや、使用状態のドライバービットの収納が複雑で、面倒であるという欠点があった。
【特許文献1】U.S.P 5228363
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明は以上のような従来の欠点に鑑み、部品点数が少なく、簡単な操作で選択したドライバービットを使用できる状態や、収納状態に容易にセットすることができるとともに、不用意にドライバービットが突出したりするのを簡単に阻止することができる組ドライバーを提供することを目的としている。
【0005】
また、本発明は使用中のドライバービットの移動や、他のドライバービットのスライド移動を簡単な操作で阻止することができる組ドライバーを提供することを他の目的としている。
【0006】
本発明の前記ならびにそのほかの目的と新規な特徴は次の説明を添付図面と照らし合わせて読むと、より完全に明らかになるであろう。
ただし、図面はもっぱら解説のためのものであって、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記目的を達成するために、本発明は先端中央部に使用するドラーバービットの後端部を着脱可能で、かつ回動不能に支持する支持凹部が形成された握り柄と、この握り柄の外周部に所定間隔で軸心方向に形成されたドライバービットを抜け脱不能でスライド移動可能で、かつ前記支持凹部へ導くことができる複数個のドライバービット挿入溝と、この複数個のドライバービット挿入溝にそれぞれ挿入された後端部に前記支持凹部と回転不能に支持される支持部を有する複数個のドライバービットと、前記握り柄の先端部寄りの外周部を覆い、前記複数個のドライバービット挿入溝内に挿入されたドライバービットの種類を表示するドライバービット表示が形成された保持リングと、前記握り柄の先端外周部寄りの部位で、前記ドライバービット挿入溝を除く部位より外方へ突出するように形成された複数個のキャップ嵌合片と、この複数個のキャップ嵌合片に着脱可能でかつ回動可能に取付けられたキャップと、このキャップの天板に形成され、前記複数個のドライバービット挿入溝に挿入されたドライバービットのいずれか1個のドライバービットを根元部を除く部位を外方へ突出させ、前記支持凹部へ導く長孔状のガイド溝と、前記キャップの天板の前記ガイド溝の中央部側の周壁の内壁面に内側へ突出するように一体形成されたほぼ前記ドライバービットの支持部の輪郭形状の支持体と、前記キャップの開口端部の内壁面に形成された、該キャップのガイド溝へ前記複数個のドライバービットが入り込むのを阻止できる回転部位に係止できるように前記複数個のキャップ嵌合片に形成された係止片と係止される複数個の係合凹部とで組ドライバーを構成している。
【発明の効果】
【0008】
以上の説明から明らかなように、本発明にあっては次に列挙する効果が得られる。
【0009】
(1)複数個のキャップ嵌合片に着脱可能でかつ回動可能に取付けられたキャップと、このキャップの天板に形成され複数個のドライバービット挿入溝に挿入されたドライバービットのいずれか1個のドライバービットを根元部を除く部位を外方へ突出させ、支持凹部へ導く長孔状のガイド溝と、キャップの天板のガイド溝の中央部側の周壁の内壁面に内側へ突出するように一体形成されたほぼドライバービットの支持部の輪郭形状の支持体と、キャップの開口端部の内壁面に形成された、該キャップのガイド溝へ複数個のドライバービットが入り込むのを阻止できる回転部位に係止できるように複数個のキャップ嵌合片に形成された係止片と係止される複数個の係合凹部とで構成されているので、握り柄の先端部に取付けられるガイド溝、支持体、複数個の係合凹部が形成されたキャップの1部品で、選択したドライバービットの使用できる状態へのセット、使用状態での不使用のドライバービットの突出の阻止および、使用状態のドライバービットの収納をキャップ1個の回動操作で行なうことができる。
したがって、操作が容易で、従来のように混乱したりするのを確実に防止することができる。
【0010】
(2)前記(1)によって、構造が簡単で、コストの低減を図ることができる。
【0011】
(3)前記(1)によって、キャップを回転するだけで使用するドライバービットの選択、不使用時のドライバービットの突出の阻止ができ、誰でもが混乱することなく、間違いなく操作することができる。
【0012】
(4)請求項2も前記(1)〜(3)と同様な効果が得られるとともに、キャップの回動によって使用中のドライバービットの移動の阻止を図ることができる。
【0013】
(5)請求項3も前記(1)〜(3)と同様な効果が得られるとともに、使用中のドライバービットの移動を阻止できる位置へキャップを容易に回動させることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0014】
以下、図面に示す本発明を実施するための最良の形態により、本発明を詳細に説明する。
【0015】
図1ないし図16に示す本発明を実施するための最良の第1の形態において、1は本発明の組ドライバーで、この組ドライバー1は握り柄2と、この握り柄2の外周部に所定間隔で軸心方向にスライド移動可能に取付けられた6本のドライバービット3、3、3、3、3、3と、前記握り柄2の先端部寄りの部位に取付けられた保持リング4と、前記握り柄2の先端部に取付けられたキャップ5とで構成されている。
【0016】
前記握り柄2は図3ないし図5に示すように握り柄本体6と、この握り柄本体6の先端部の中央部に使用するドライバービット3の後端部を着脱可能でかつ回転不能に支持する六角形状の溝で形成した支持凹部7と、この支持凹部7に支持されるドライバービット3の支持部を磁力で吸着できるように取付けられた磁石8と、前記握り柄本体6の外周部に所定間隔で軸心方向に形成されたドライバービットを抜け脱不能でスライド移動可能で、かつ前記支持凹部7へ導くことができるほぼ六角形状の輪郭形状の6個のドライバービット挿入溝9、9、9、9、9、9と、前記握り柄本体6の先端部寄りの外周部に形成された保持リング支持部10と、前記握り柄本体6の先端外周部寄りの部位で前記ドライバービット挿入溝9、9、9、9、9、9を除く部位より外方へ突出するように形成された外側面に嵌合突起11と係止片12がそれぞれ形成された6個のキャップ嵌合片13、13、13、13、13、13とで構成されている。
【0017】
前記6本のドライバービット3、3、3、3、3、3は図6に示すように丸棒状の軸14と、この軸14の後端部に一体形成された、該軸14の外周部より外方へ突出する六角形状の前記支持凹部7に支持される支持部15と、前記軸14の先端部に形成された大+、小+、大−、小−、スクリュ、キリ等の形状の先端部16とで構成されている。
【0018】
前記保持リング4は図7に示すように、前記握り柄本体6の保持リング支持部10に支持されるリング状の保持リング本体17と、この保持リング本体17の前記6本のドライバービット3、3、3、3、3、3が位置する部位の外周部にプリントで形成されたドライバービットの種類を表示するドライバービットの表示18、18、18、18、18、18と、このドライバービットの表示18、18、18、18、18、18のほぼ中央部の保持リング本体17の先端部側の外周部にプリントで形成されたロック表示19、19、19、19、19、19とで構成されている。
【0019】
前記キャップ5は図8ないし図12に示すように、前記握り柄2のキャップ嵌合片13、13、13、13、13、13と着脱可能でかつ回転可能に取付けられるキャップ本体20と、このキャップ本体20の周壁板21の外周部に形成された位置決め表示22と、この位置決め表示22と対応する部位の天板23に形成された選択されたドライバービット3が抜け脱不能に突出し、前記支持凹部7へ支持させることができるように導くことができる長孔状のガイド溝24と、前記キャップ本体20の天板23のガイド溝24の中央部側の周壁の内壁面に内側へ突出するように一体形成された前記支持部15の輪郭状の支持体25と、前記キャップ本体20の周壁板21の開口端部の内壁面に所定間隔で形成された、前記係止片12とクリック状に係合されるドライバービット使用時用の5個の係合凹部26、26、26、26、26、26とロック時用の6個の係合凹部26A、26A、26A、26A、26Aと、前記天板23の上面に形成され、回転方向を示す矢印27とで構成されている。
【0020】
上記構成の組ドライバー1を使用する場合、図13に示すように使用するドライバービットの表示18にキャップ5を回動させて位置決め表示22を位置させる。
しかる後、図14に示すように握り柄2の先端部を下方に位置させると、使用するドライバービット3がキャップ5のガイド溝24より先端部が突出するが、後端部の支持部15はガイド溝24より大きく外部へ脱落することがない。
【0021】
次に、先端部が外方へ突出したドライバービット3を持って、該ドライバービット3の支持部15を中央部へガイド溝24に沿って移動させ、支持凹部7へ押し込むことにより、磁石8で吸着された状態となる。
この状態で使用してもよいが、図15に示すようにキャップ5を少し回転させて、キャップ5の位置決め表示22をロック表示19に位置させることにより、図16に示すようにドライバービット3の支持部15が支持凹部7より抜けないように支持体25の下端部が位置するので、使用中にドライバービット3の支持部15が支持凹部7から外れるのを確実に防止でき、安全に使用することができる。
【0022】
使用したドライバービット3を収納する場合には、ドライバービット3が収納されていないドライバービットの表示18にキャップ5の位置決め表示22を位置させ、ドライバービット3を上方へ移動させた後、ガイド溝24に沿って外周部へ位置させて下方へ押し込む、あるいは握り柄2の先端部を上方へ位置させることにより、ドライバービット3をドライバービット挿入溝9へ挿入される。
ドライバービット3がドライバービット挿入溝9に挿入されたところで、キャップ5を少し回転させて位置決め表示22をロック表示19に位置させることにより、キャップ5のガイド溝24はドライバービット挿入溝9、9、9、9、9、9のいずれにも連通していない状態となり、不使用時に握り柄2よりドライバービット3、3、3、3、3、3が外方へ突出するのを確実に防止することができる。
[発明を実施するための異なる形態]
【0023】
次に、図17ないし図19に示す本発明を実施するための異なる形態につき説明する。なお、この本発明を実施するための異なる形態の説明に当って、前記本発明を実施するための最良の第1の形態と同一構成部分には同一符号を付して重複する説明を省略する。
【0024】
図17ないし図19に示す本発明を実施するための第2の形態において、前記本発明を実施するための最良の第1の形態と主に異なる点は、ドライバービットの表示18、18、18、18、18、18およびロック表示19、19、19、19、19、19を突起部で表示した保持リング4Aを用いた点で、このように構成した組ドライバー1Aにしても、前記本発明を実施するための最良の第1の形態と同様な作用効果が得られる。
【産業上の利用可能性】
【0025】
本発明は組ドライバーを製造する産業で利用される。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】本発明を実施するための最良の第1の形態の正面図。
【図2】図1の2−2線に沿う断面図。
【図3】本発明を実施するための最良の第1の形態の握り柄の正面図。
【図4】本発明を実施するための最良の第1の形態の握り柄の平面図。
【図5】図41の5−5線に沿う断面図。
【図6】本発明を実施するための最良の第1の形態のドライバービットの説明図。
【図7】本発明を実施するための最良の第1の形態の保持リングの説明図。
【図8】本発明を実施するための最良の第1の形態のキャップの正面図。
【図9】本発明を実施するための最良の第1の形態のキャップの平面図。
【図10】本発明を実施するための最良の第1の形態のキャップの底面図。
【図11】図8の11−11線に沿う断面図。
【図12】図8の12−12線に沿う断面図。
【図13】本発明を実施するための最良の第1の形態の使用する場合の位置決め状態の説明図。
【図14】本発明を実施するための最良の第1の形態のドライバービットを突出させる状態の説明図。
【図15】本発明を実施するための最良の第1の形態のロック状態の説明図。
【図16】図15の16−16線に沿う拡大断面図。
【図17】本発明を実施するための第2の形態の正面図。
【図18】図17の18−18線に沿う断面図。
【図19】本発明を実施するための第2の形態の保持リングの説明図。
【符号の説明】
【0027】
1、1A:組ドライバー、 2:握り柄、
3:ドライバービット、 4、4A:保持リング、
5:キャップ、 6:握り柄本体、
7:支持凹部、 8:磁石、
9:ドライバービット挿入溝、 10:保持リング支持部、
11:嵌合突起、 12:係止片、
13:キャップ嵌合片、 14:軸、
15:支持部、 16:先端部、
17:保持リング本体、 18:ドライバービットの表示、
19:ロック表示、 20:キャップ本体、
21:周壁板、 22:位置決め表示、
23:天板、 24:ガイド溝、
25:支持体、 26、26A:係合凹部、
27:矢印。
【出願人】 【識別番号】391056756
【氏名又は名称】伊藤 孝
【出願日】 平成18年8月30日(2006.8.30)
【代理人】 【識別番号】100080838
【弁理士】
【氏名又は名称】三浦 光康


【公開番号】 特開2008−55538(P2008−55538A)
【公開日】 平成20年3月13日(2008.3.13)
【出願番号】 特願2006−233981(P2006−233981)