トップ :: B 処理操作 運輸 :: B24 研削;研磨

【発明の名称】 遠心式砥粒投射装置
【発明者】 【氏名】大山 忠伸

【要約】 【課題】2個以上のインペラを並べて使用する場合、全体的に小型化することが可能なライナ機構を備えた遠心式砥粒投射装置を提供する。

【解決手段】所要の間隔をおき並べて配設した2個以上のインペラ1と、2個以上のインペラを囲むライナ機構2とを備え、このライナ機構は、その側部あるいはその端部で相互に着脱可能な複数の板状のライナ6・7・8・9によって構成された箱状を成し、かつ、インペラ取付け用ハブの貫通孔10、砥粒の投射口11およびインペラへの砥粒の供給口12を設けたことを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
遠心力を利用して砥粒を投射する遠心式砥粒投射装置であって、
所要の間隔をおき並べて配設した2個以上のインペラと、
これら2個以上のインペラを囲むライナ機構とを備え、
このライナ機構は、
その側部あるいはその端部で相互に着脱可能な複数の板状のライナによって構成された箱状を成し、かつ、前記インペラ取付け用ハブの貫通孔、砥粒の投射口および前記インペラへの砥粒の供給口を、有することを特徴とする遠心式砥粒投射装置。
【請求項2】
請求項1に記載の遠心式砥粒投射装置において、
前記ライナ機構は、2個以上の前記インペラを収納した空間に、インペラ毎に仕切る板状の仕切りライナを設けたことを特徴とする遠心式砥粒投射装置。
【請求項3】
請求項1または2に記載の遠心式砥粒投射装置において、
前記ライナ機構は、前記インペラと同じ個数の天井ライナ群と、この天井ライナ群の各天井ライナの供給口側に垂設した供給口側ライナと、前記天井ライナ群の各天井ライナのハブ側に垂設したハブ側ライナと、前記天井ライナ群、前記供給口側ライナ群および前記ハブ側ライナ群の両端部にそれぞれ取り付けた2個の側面ライナとを含むことを特徴とする遠心式砥粒投射装置。
【請求項4】
請求項1〜3のうちいずれか1項に記載の遠心式砥粒投射装置において、
前記ライナ機構は、前記ライナ同士が接合する部分に、相互に嵌合可能な断面凹部および断面凸部、または、相互に係合可能な段付き部を形成したことを特徴とする遠心式砥粒投射装置。
【請求項5】
請求項1〜4のうちいずれか1項に記載の遠心式砥粒投射装置において、
前記ライナ機構をインペラカバーによって包囲したことを特徴とする遠心式砥粒投射装置。
【請求項6】
請求項2〜5のうちいずれか1項に記載の遠心式砥粒投射装置において、
前記仕切りライナは、天井片と、この天井片の供給口側に垂設した供給口側片と、前記天井片のハブ側に垂設したハブ側片と、前記供給口側片または前記ハブ側片に一体的に設けた仕切り片とで構成したことを特徴とする遠心式砥粒投射装置。
【請求項7】
請求項3〜6のうちいずれか1項に記載の遠心式砥粒投射装置において、
前記供給口側ライナおよび前記ハブ側ライナをその中心線を基にして2個以上に分割可能としたことを特徴とする遠心式砥粒投射装置。
【請求項8】
請求項1〜7のうちいずれか1項に記載の遠心式砥粒投射装置において、
2個以上の前記インペラのうち対を成す2個インペラは、砥粒を相互に向き合う方向へ投射するように内側方向へ回転することを特徴とする遠心式砥粒投射装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、遠心力を利用して砥粒を投射する遠心式砥粒投射装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、この種の装置の一つとして、インペラと、インペラを囲むインペラカバーと、このインペラカバー内に取り付けられるライナとで構成され、前記インペラカバーは、左右の第1・第2側面カバーと、前・後面カバーと、開閉可能な天井蓋とにより構成され、前記ライナは、前記インペラカバーにネジにより着脱可能にされると共に前記インペラの回転軸及びインペラ側板を貫通可能に穿った貫通穴を有する第1・第2側面ライナと、これら第1・第2側面ライナの端面に押圧固定されると共に断面U字形に形成された前・ハブ側面ライナと、前記第1・第2側面ライナ及び前記前・ハブ側面ライナの上端部に着脱可能に嵌合載置された組付け枠ライナと、この組付け枠ライナに着脱可能に載置された天井側面ライナとにより構成され、前記天井側面ライナと前記第1・第2側面ライナとの合わせ面に、投射材の投射方向に対して4点以上の屈曲点のあるラビリンス構造を設け、前記天井側面ライナが、前記インペラカバーに取り付けられた固定手段により押圧固定可能にされたものがある。
【特許文献1】特開2002−11668号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかし、このように構成された従来の遠心式砥粒投射装置は、一般に、1個のインペラが1個のライナ付きインペラカバーによって包囲される構造になっている。そのため、複数の遠心式砥粒投射装置を砥粒の投射方向へ並べて、例えば鋼板のような広い被処理面を有する製品を処理する場合、これら複数の遠心式砥粒投射装置を設置するための広い面積や空間が必要となり、これに伴って、複数の遠心式砥粒投射装置を設置したショットブラスト設備は大型の高価なものになるなどの問題があった。
【0004】
本発明は上記の事情に鑑みてなされたもので、その目的は、2個以上のインペラを並べて使用する場合、全体的に小型化することが可能なライナ機構を備えた遠心式砥粒投射装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記の目的を達成するために発明における遠心式砥粒投射装置は、遠心力を利用して砥粒を投射する遠心式砥粒投射装置であって、所要の間隔をおき並べて配設した2個以上のインペラと、これら2個以上のインペラを囲むライナ機構とを備え、このライナ機構は、
その側部あるいはその端部で相互に着脱可能な複数の板状のライナによって構成された箱状を成し、かつ、前記インペラ取付け用ハブの貫通孔、砥粒の投射口および前記インペラへの砥粒の供給口を、有することを特徴とする。
【0006】
なお、本発明における2個以上の前記インペラは、水平方向、垂直方向またはこれら2方向のうちいずれかに対して傾斜する方向であって、砥粒の投射方向に沿って一直線状または段違い状にして、所要の間隔をおき並べて配設される。
またなお、本発明におけるライナ機構は、2個以上のインペラを収納した空間に、インペラ毎に仕切る仕切りライナを設けてもよい。
【0007】
またなお、本発明におけるライナ機構は、前記インペラと同じ個数の天井ライナ群と、この天井ライナ群の各天井ライナの供給口側に垂設した供給口側ライナと、前記天井ライナ群の各天井ライナのハブ側に垂設したハブ側ライナと、前記天井ライナ群、前記供給口側ライナ群および前記ハブ側ライナ群の両端部にそれぞれ取り付けた2個の側面ライナと、を含む構造にしてもよい。
【0008】
またなお、本発明におけるライナ機構は、前記ライナ同士が接合する部分に、相互に嵌合可能な断面凹部および断面凸部、または、相互に係合可能な段付き部を形成して相互に着脱可能にするとともに、投射された砥粒が外部に飛び出るのを防止できるようにすることが望ましい。
【0009】
またなお、本発明におけるライナ機構の仕切りライナは、天井片と、天井片の供給口側に垂設した供給口側片と、天井片のハブ側に垂設したハブ側片と、供給口側片またはハブ側片に一体的に設けた仕切り片とで構成してもよい。
またなお、本発明におけるライナ機構の供給口側ライナおよびハブ側ライナは、その中心線に基づき2個以上に分割可能な構造にして組付けや製作を容易にしてもよい。
またなお、本発明において、2個以上の前記インペラのうち対を成す2個インペラは、砥粒を相互に向き合う方向へ投射するように内側へ回転するのが望ましい。
【発明の効果】
【0010】
上記の説明から明らかなように本発明は、遠心力を利用して砥粒を投射する遠心式砥粒投射装置であって、所要の間隔をおき並べて配設した2個以上のインペラと、これら2個以上のインペラを囲むライナ機構とを備え、このライナ機構は、その側部あるいはその端部で相互に着脱可能な複数の板状のライナによって構成された箱状を成し、かつ、前記インペラ取付け用ハブの貫通孔、砥粒の投射口および前記インペラへの砥粒の供給口を、有するから、2個以上のインペラを並べて使用する場合、遠心式砥粒投射装置を全体的に小型化することが可能になるなどの優れた実用的効果を奏する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
本発明を適用した遠心式砥粒投射装置の一実施例について図1〜図4に基づき詳細に説明する。本遠心式砥粒投射装置は、図1に示すように、所要の間隔をおき左右に並べて配設された2個のインペラ1・1と、これら2個のインペラ1・1を囲むライナ機構2と、このライナ機構2を囲むインペラカバー3と、で構成してある。そして、前記ライナ機構2は前記インペラカバー3の内面に、インペラカバー3の側板を貫通するボルト(図示せず)を介して着脱可能に取り付けてある。また、前記インペラ1は、図2に示すように、ハブ4に取り付けてあり、ハブ4は回転可能に支持された左右方向へ指向する回転軸5の左部に嵌着してある。
【0012】
さらに、前記ライナ機構2は、図3および図4に示すように、前記インペラ1と同じ個数の2個の天井ライナ6・6群と、2個の天井ライナ6・6群の各天井ライナ6の供給口側に垂設した供給口側ライナ7と、2個の前記天井ライナ6・6群の各天井ライナ6のハブ側に垂設したハブ側ライナ8と、前記天井ライナ6・6群、前記供給口側ライナ7・7群および前記ハブ側ライナ8・8群の両端部にそれぞれ取り付けた2個の側面ライナ9・9と、前記天井ライナ6・6群、前記供給口側ライナ7・7群および前記ハブ側ライナ8・8群のそれぞれの間に設けた仕切りライナ19とで構成してある。そして、前記ライナ機構2には、インペラ取付け用ハブの貫通孔10、砥粒の投射口11および前記インペラ1への砥粒の供給口12が設けてある。
【0013】
また、前記供給口側ライナ7および前記ハブ側ライナ8は、中心線を基にしてそれぞれ上下および左右の4個に分割可能に構成してある。
また、前記仕切りライナ19は、天井片20と、この天井片20の供給口側に垂設した供給口側片21と、前記天井片20のハブ側に垂設したハブ側片22と、ハブ側片22に一体的に設けた仕切り片23とで構成してある。そして、隣合う2個の前記インペラ1・1において一方のインペラ1が、他方のインペラ1から投射される砥粒を受けるのを避けるため、前記仕切り片23の下端が、図1に示すように、2個のインペラ1・1が回転した時に描く2個の回転円C・Cの下端部間を結ぶ接線Lより下方に位置するか、この接線L上に位置するようになっている。
また、前記各種のライナ6・7・8・9同士は、図4に示すように、相互に接合する接合部分が、相互に嵌合可能な断面凹部13および断面凸部14と、相互に係合可能な段付き部15に形成してある。
【0014】
なお、図2において、符号16は前記インペラカバー3に装着されて砥粒を前記インペラ1の中心部に導入する導入筒、17は前記回転軸5に装着されて砥粒を飛散させる羽根車、18は前記インペラカバー3に装着されて砥粒の前記インペラ1への流量を制御するコントロールゲージである。
【0015】
このように構成したものは、2個のインペラ1・1をそれぞれ矢印方向へ回転させた状態の下に、各導入筒16から各羽根車17に砥粒を供給すると、砥粒は、羽根車17によって飛散されたのち、コントロールゲージ18によって流量を制御されながら、回転する2個のインペラ1・1によって投射口11から投射されることとなる。
【0016】
なお、上述の実施例では前記インペラ1・1は左右に並べて設けてあるが、上述の実施例を垂直面内で90度回転した状態である、前記インペラ1・1が上下に並ぶとともに前記ライナ機構2が上下方向へ延びる構造、あるいは前記インペラ1・1が水平方向または垂直方向のいずれかに対して傾斜する方向に並ぶとともに前記ライナ機構2もその傾斜する方向へ延びる構造にしてもよい。
【0017】
またなお、上述の実施例では前記ライナ機構2は、前記インペラカバー3の内面に着脱可能に取り付けてあるが、これに限定されるものではなく、例えば、研掃室を構成するキャビネット内に直接的に着脱可能に取り付けるようにしてもよい。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本発明を適用した遠心式砥粒投射装置の一実施例の主要部の一部断面正面図である。
【図2】図1のA−A断面図である。
【図3】本発明の主要部であるライナ機構を表示する斜視図である。
【図4】図3で表示したライナ機構の分解図である。
【符号の説明】
【0019】

2 ライナ機構
6 天井ライナ
7 供給口側ライナ
8 ハブ側ライナ
9 側面ライナ
10 インペラの回転軸用貫通孔
11 砥粒の砥粒投射口
12 砥粒の砥粒供給口
【出願人】 【識別番号】000191009
【氏名又は名称】新東工業株式会社
【出願日】 平成19年2月14日(2007.2.14)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−194781(P2008−194781A)
【公開日】 平成20年8月28日(2008.8.28)
【出願番号】 特願2007−32798(P2007−32798)