トップ :: B 処理操作 運輸 :: B23 工作機械;他に分類されない金属加工

【発明の名称】 筒状被加工物の固定装置
【発明者】 【氏名】尾崎憲正

【要約】 【課題】筒形断面を持つ被加工物を機械加工などする際に、被加工物を簡単な操作で確実かつ強固に加工台に固定できる筒状被加工物の固定装置を提供する。

【構成】芯体2の外側に収縮膨脹自在な袋体3を配したことを特徴とする筒状被加工物5の固定装置とする。あるいは、芯体の外側に伸縮自在な流体シリンダーを配した筒状被加工物の固定装置とする。また、芯体を管としたり、芯体の一部に定盤4を取り付けたり、被加工物の接する面に板6を取り付けた筒状被加工物の固定装置とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
芯体の外側に収縮膨脹自在な袋体を配したことを特徴とする筒状被加工物の固定装置。
【請求項2】
芯体の外側に伸縮自在な流体シリンダーを配したことを特徴とする筒状被加工物の固定装置。
【請求項3】
芯体が管であることを特徴とする請求項1もしくは請求項2記載の筒状被加工物の固定装置。
【請求項4】
芯体の一部に定盤を取り付けたことを特徴とする請求項1ないし請求項3のいずれかに記載の筒状被加工物の固定装置。
【請求項5】
被加工物が接する面に板を取り付けたことを特徴とする請求項1ないし請求項4のいずれかに記載の筒状被加工物の固定装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は筒形断面を持つ被加工物の固定装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
被加工物を固定するには挟み付ける方法が一般的であるが、被加工物が筒のように中空形状である場合には、固定のために被加工物を挟み付けることで被加工物を変形させたり損傷させたりする不具合があった。また、被加工物を挟み付ける際の被加工物の変形によって被加工物を挟み付ける力が有効に働かないという不便もあった。
【0003】
被加工物が磁性体である場合にはマグネットに生じる磁力を利用する方法があるが、これには被加工物が磁力を受け易い形状である必要があるので、この方法では被加工物が筒状断面の場合には強固に固定するのが困難であり、当然ながら被加工物が非磁性体の場合には全く効果がなかった。
【0004】
その他に被加工物を固定する方法としては、接着剤や粘着材を用いて被加工物を加工台に貼り付けたり、被加工物と加工台とを凍結させて固定する方法などが挙げられるが、これらの方法は被加工物の着脱に時間や経費が掛かる不便や被加工物の表面を錆びさせたり汚染させたりするとういう欠点があった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
発明が解決しようとする課題は、筒形断面を持つ被加工物を機械加工などする際に、被加工物を簡単な操作で確実かつ強固に加工台に固定できる装置を実現させることである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を達成するために、芯体の外側に収縮膨脹自在な袋体を配したことを特徴とする筒状被加工物の固定装置とする。あるいは、芯体の外側に伸縮自在な流体シリンダーを配したことを特徴とする筒状被加工物の固定装置とする。
【0007】
また、上記筒状被加工物の固定装置において、芯体を管としたり、芯体の一部に定盤を取り付けたり、被加工物の接する面に板を取り付けた筒状被加工物の固定装置とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明は、筒形断面を持つ被加工物を機械加工などする際に、被加工物を簡単な操作で確実かつ強固に加工台に固定できる装置を実現させた。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
本発明を実施するための最良の形態を図に基づいて説明する。図1は、本発明筒状被加工物の固定装置1を示す断面図である。図の中心部から外に向かって説明すると、まず、図の中央部は、鋼などの堅牢な素材からなる芯体2があり、この芯体2が被加工物の加工時に加わる荷重を受ける部分となる。通常の使用においては、芯体2の端部は加工装置などに固定される。芯体2の外側に接する形で収縮膨脹自在な袋体3を配置するが、これは、図の前後方向に長さを持つホース状のものであっても良く、図に示すように両側、あるいは片側、場合によっては芯体の周りを取り囲む形に備えても良い。
【0010】
図1では、芯体の上部に定盤4を備えるが、これは筒状被加工物5を精度良く固定するためのものであり、筒状被加工物5の固定位置に厳密さが求められない場合には不要である。また、図1のものは、筒状被加工物5の接する面に板6を取り付けるが、この板6は鋼などの堅牢な素材からなるもので、袋体3の保護と袋体3の膨脹力を平均化して筒状被加工物5に伝えるとともに、筒状被加工物5と固定装置との摩擦を増すことで加工の際の衝撃が原因となり筒状被加工物5に発生する振動を抑制する役目を担うものである。
【0011】
図2は、本発明筒状被加工物の固定装置1が使用される状況を示す斜視図である。本発明の筒状被加工物の固定装置1はその名に示すように筒状被加工物5に特化した被加工物の固定装置であり、筒状被加工物5を固定装置に被せる形で使用するものである。使用に当っては、芯体2の外側に接する形で取り付けられた収縮膨脹自在な袋体3を収縮させた状態で筒状被加工物5を固定装置に被せ、その後、袋体2を膨脹させて図2で示すように筒状被加工物5を固定する。
【0012】
筒状被加工物5の固定には、袋体2を膨脹させる方法の他に、芯体2の外側に伸縮自在な流体シリンダー7を配し、これを伸縮させる方法でもよい。また、たとえ硬質表面のものであってもベローは広い意味での袋体にあたり、袋体3をベローに置き換えても袋体3と同様の効果がある。
【実施例1】
【0013】
図3は、本発明筒状被加工物の固定装置1の実施例を示す断面図である。図の中心部から外に向かって説明すると、まず、図の中央部は、鋼などの堅牢な素材からなる芯体2があり、この芯体2が被加工物の加工時に加わる荷重を受ける部分となる。芯体2の一方の端部は加工装置に固定されており、芯体の上部に定盤4がある。芯体2の外側に接する形で流体によって伸縮するシリンダー7を配置している。ここでは、固定される筒状被加工物5の例として溶接部ビードをカッターで切削除去しようとしているクレーンブームを示している。
【実施例2】
【0014】
図4は、本発明筒状被加工物の固定装置1の他の実施例を示す断面図である。図の中央部にある芯体2を中空構造とすることで、内部の空間8に配管や配線を収容できるとともに、装置の軽量化をはかることができる。
【産業上の利用可能性】
【0015】
本発明の筒状被加工物の固定装置1は様々な断面の被加工物に適応でき、筒状の端部を持つ工具等の固定装置にも適したものである。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本発明筒状被加工物の固定装置を示す断面図である。
【図2】本発明筒状被加工物の固定装置が使用される状況を示す斜視図である。
【図3】本発明筒状被加工物の固定装置の実施例を示す断面図である。
【図4】本発明筒状被加工物の固定装置の他の実施例を示す断面図である。
【符号の説明】
【0017】
1 本発明筒状被加工物の固定装置
2 芯体
3 袋体
4 定盤
5 筒状被加工物
6 板
7 流体シリンダー
8 内部の空間
【出願人】 【識別番号】391021938
【氏名又は名称】尾崎 憲正
【出願日】 平成18年7月10日(2006.7.10)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−18474(P2008−18474A)
【公開日】 平成20年1月31日(2008.1.31)
【出願番号】 特願2006−189779(P2006−189779)