トップ :: B 処理操作 運輸 :: B23 工作機械;他に分類されない金属加工

【発明の名称】 筒穴を有する鋳造物のクランプ治具
【発明者】 【氏名】市橋 薫

【要約】 【課題】ワークの加工冶具であって、筒穴内にクランプを容易にかつ確実に行うことができ、さらには正確に位置決めされた状態で、確実にクランプされる。

【構成】ワーク1、特に複数の基準座9,9・・9を定めたわーク1の筒穴2にシリンダーロッド3を挿入する。このシリンダーロッド3は下方周囲を先端がテーパー状のガイド面4であるガイド材5で覆い、上方周囲をテーパー状のガイド面4に沿って下降し、筒穴2の内壁6に接触してクランプするクランプ材7で覆う。このシリンダーロッド13は末端のシリンダー8で下降する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
鋳造物の筒穴にクランプ用シリンダーロッドを挿入し、次いで筒穴内に該鋳造物をクランプして加工を施す鋳造物の加工治具において、前記クランプ用シリンダーロッドは下方周囲を先端がテーパー状に細められてガイド面としたガイド材で覆い、かつ上方周囲をガイド面上でスライド自在であって、テーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプするクランプ材で覆い、さらに末端にシリンダーを備えて構成され、シリンダーロッドを、末端に備えられたシリンダーで降下すると、クランプ材がテーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプすることを特徴とする筒穴を有する鋳造物のクランプ治具。
【請求項2】
複数の基準座を定めた鋳造物の筒穴にクランプ用シリンダーロッドを挿入し、次いで筒穴内に該鋳造物をクランプして加工を施す鋳造物の加工治具において、前記クランプ用シリンダーロッドは下方周囲を先端がテーパー状に細められてガイド面としたガイド材で覆い、かつ上方周囲をガイド面上でスライド自在であって、テーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプするクランプ材で覆い、さらに末端にシリンダーを備えるとともに、位置決め用基準座を備えて構成され、シリンダーロッドを、末端に備えられたシリンダーで降下すると、クランプ材がテーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプするとともに、鋳造物の基準座がシリンダーロッドの基準座に当接し、押圧して鋳造物のクランプ状態が正常であることを確認することを特徴とする筒穴を有する鋳造物のクランプ治具。
【請求項3】
請求項2において、鋳造物ならびにシリンダーロッドに備えられる基準座は複数個である請求項2に記載の筒穴を有する鋳造物のクランプ治具。
【請求項4】
請求項1または2において、シリンダーロッドの末端に備えられたシリンダーが油圧シリンダーである請求項1または2に記載の筒穴を有する鋳造物のクランプ治具。
【請求項5】
請求項2において、鋳造物の基準座とシリンダーロッドの基準座は弾性支持材を介して当接される請求項2に記載の筒穴を有する鋳造物のクランプ治具。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は円筒状の穴のあいた自動車のシリンダーヘッド等、鋳造物(ワーク)の筒穴にクランプ用シリンダーロッドを挿入し、次いで筒穴内にワークをクランプしてエンドミルカッター等で切削等の加工を施すワークの加工治具に係り、特に、筒穴内にクランプを容易にかつ確実に行うことができ、さらには正確に位置決めされた状態で確実にクランプされるワークの加工治具に関する。
【背景技術】
【0002】
自動車部品等、各種機械部品の多くは鋳造によって成型されている。得られた鋳造物(ワーク)は通常、クランプ状態でエンドミルカッター等でバリ等の切削加工が施される。特に、自動車のシリンダーヘッド等は筒穴を有しており、加工処理の際、筒穴内でワークの
加工治具にクランプして加工を施している。
【0003】
ワークの筒穴内で加工治具にクランプする技術として、従来、ワークの筒穴にクランプ用シリンダーロッドを挿入し、筒の内壁でクランプする技術が知られている。
【0004】
しかし、上述の公知技術では、クランプ機構が弾性体ではないため、弾性的に支持することができず、このためクランプが不充分となり、さらには正確な位置でのクランプが困難であり、したがって正確な位置での確実なクランプができないといいう次点を有している。
【特許文献1】なし
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
そこで、本発明の解決しようとする課題は鋳造物(ワーク)の筒穴に、特に複数の基準座を定めた鋳造物(ワーク)の筒穴に特定のクランプ用シリンダーロッドを挿入し、次いで筒穴内にワークをクランプして加工を施すワークの加工冶具において、特に筒穴内にクランプを容易にかつ確実に行い、さらには位置決めを正確にして確実にクランプを行い、上述の公知技術に存する欠点を改良したワークの加工冶具を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述の課題を解決するため、本発明の筒穴を有する鋳造物のクランプ冶具によれば、鋳造物の筒穴にクランプ用シリンダーロッドを挿入し、次いで筒穴内に該鋳造物をクランプして加工を施す鋳造物の加工治具において、前記クランプ用シリンダーロッドは下方周囲を先端がテーパー状に細められてガイド面としたガイド材で覆い、かつ上方周囲をガイド面上でスライド自在であって、テーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプするクランプ材で覆い、さらに末端にシリンダーを備えて構成され、シリンダーロッドを、末端に備えられたシリンダーで降下すると、クランプ材がテーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプすることを特徴とする。
【0007】
さらに、上述の課題を解決するため、本発明の筒穴を有する鋳造物のクランプ冶具によれば、複数の基準座を定めた鋳造物の筒穴にクランプ用シリンダーロッドを挿入し、次いで筒穴内に該鋳造物をクランプして加工を施す鋳造物の加工治具において、前記クランプ用シリンダーロッドは下方周囲を先端がテーパー状に細められてガイド面としたガイド材で覆い、かつ上方周囲をガイド面上でスライド自在であって、テーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプするクランプ材で覆い、さらに末端にシリンダーを備えるとともに、位置決め用基準座を備えて構成され、シリンダーロッドを、末端に備えられたシリンダーで降下すると、クランプ材がテーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプするとともに、鋳造物の基準座がシリンダーロッドの基準座に当接し、押圧して鋳造物のクランプ状態が正常であることを確認することを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明のクランプ冶具は筒穴に挿入されるクランプ用シリンダーロッドが下方周囲を先端がテーパー状に細められてガイド面としたガイド材で覆い、かつ上方周囲をガイド面上でスライド自在であって、テーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプするクランプ材で覆い、さらに末端にシリンダーを備えて構成され、シリンダーロッドを、末端に備えられたシリンダーで降下すると、クランプ材がテーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプすることにより、筒穴内にクランプを容易に、かつ確実に行うことができる。
【0009】
さらに本発明のクランプ冶具は筒穴に挿入されるクランプ用シリンダーロッドが下方周囲を先端がテーパー状に細められてガイド面としたガイド材で覆い、かつ上方周囲をガイド面上でスライド自在であって、テーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプするクランプ材で覆い、さらに末端にシリンダーを備えるとともに、位置決め用基準座を備えて構成され、シリンダーロッドを、末端に備えられたシリンダーで降下すると、クランプ材がテーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプするとともに、鋳造物の基準座がシリンダーロッドの基準座に当接し、押圧して鋳造物のクランプ状態が正常であることを確認することにより、正確に位置決めされた状態で確実にクランプされる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
以下本発明を添付図面を用いて詳述する。
【0011】
図1は円筒状の筒穴を有する鋳造物(ワーク)、例えば、シリンダーヘッドの一具体例の部分断面図である。図2は図1の平面図である。図3はワークの筒穴にシリンダーロッドを挿入し、アンクランプ状態を表した断面図である。図4はワークの筒穴にシリンダーロッドを挿入し、クランプ状態を表した断面図である。図5はワークがクランプされ、基準位置に有することを確認する装置の概略図である。
【0012】
本発明は図1〜4に示されるように、ワーク1の筒穴2にクランプ用のシリンダーロッド3を挿入する。このシリンダーロッド3は下方周囲を先端がテーパー状に細められてガイド面4としたガイド材5で覆い、かつ、上方周囲をガイド面4上にスライド自在であって、テーパー状のガイド面4に沿って斜め下方に下降し、筒穴2の内壁6に接触してクランプするクランプ材7で覆う。
【0013】
このように構成される本発明のクランプ冶具はシリンダー8を稼動させてシリンダーロッド3を降下すると、図4に示されるように、クランプ材7がテーパー状のガイド面4に沿って下降し、筒穴2の内壁6に接触してワーク1をクランプする。
【0014】
なお、本発明は図2に示されるように、複数の基準座面9、9・・9を定めたワーク1の筒穴2にクランプ用のシリンダーロッド3を挿入し、次いで筒穴2内にワーク1をクランプして加工を施すこともできる。
【0015】
この場合のシリンダーロッド3は上述と同様、下方周囲を先端がテーパー状に細められてガイド面4としたガイド材5で覆い、かつ上方周囲をガイド面4上でスライド自在であって、テーパー状のガイド面4に沿って下降し、筒穴2の内壁6に接触してクランプするクランプ材7で覆い、さらに末端にシリンダー8を備えるとともに、位置決め用基準座10を備えて構成される。
【0016】
このように構成されるシリンダーロッド3は末端に備えられたシリンダー8で降下すると、クランプ材7がテーパー状のガイド面4に沿って下降し、筒穴2の内壁6に接触してクランプするとともに、ワーク1の基準座面9がシリンダーロッド3の基準座10(基準ピン)に当接し、押圧して鋳造物のクランプ状態が正常であることを確認することができる。
【0017】
これを図5を用いて説明すると、通常は基準ピン10(基準座10)の下面には0.5mmのすき間12があり、圧力スイッチ13での圧力は横穴の排気口14からエアが逃げ、このため、0.02Mpa以下を示すが、ワーク1を押し下げて基準ピン10が下方に押し下げられると、弾性支持材11の作用によりすき間12が閉じられ、圧力が上昇する。これにより、ワーク1がクランプされ、正常な基準位置にあることが確認できる。なお、油圧シリンダーは引き込み余裕ストロークを持っているので、弾性支持材11が若干たわむことによりワーク1は基準座へ押しつけられる。
【産業上の利用可能性】
【0018】
本発明はシリンダーロッドを降下すると、クランプ材がテーパー状のガイド面に沿って下降し、筒穴の内壁に接触してクランプする。さらにワークの基準座がシリンダーロッドの基準座に当接し、押圧することによりワークのクランプ状態が正常であることを確認できる。このため、鋳造技術分野において、利用可能性が高い。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】円筒状の筒穴を有する鋳造物(ワーク)、例えば、シリンダーヘッドの一具体例の部分断面図である。
【図2】図2は図1の平面図である。
【図3】ワークの筒穴にシリンダーロッドを挿入し、アンクランプ状態を表した断面図である。
【図4】ワークの筒穴にシリンダーロッドを挿入し、クランプ状態を表した断面図である。
【図5】ワークがクランプされ、基準位置に有することを確認する装置の概略図である。
【符号の説明】
【0020】
1 ワーク
2 筒穴
3 シリンダーロッド
4 ガイド面
5 ガイド材
6 内壁
7 クランプ材
8 シリンダー
9 基準座面
10 位置決め用基準座(基準座ピン)
11 弾性支持材
12 すき間
13 圧力スイッチ
14 排気口
【出願人】 【識別番号】000145149
【氏名又は名称】株式会社滋賀山下
【出願日】 平成18年6月30日(2006.6.30)
【代理人】 【識別番号】100070758
【弁理士】
【氏名又は名称】染谷 仁


【公開番号】 特開2008−6572(P2008−6572A)
【公開日】 平成20年1月17日(2008.1.17)
【出願番号】 特願2006−182534(P2006−182534)