トップ :: B 処理操作 運輸 :: B23 工作機械;他に分類されない金属加工

【発明の名称】 ネジ締め装置
【発明者】 【氏名】布施 英昭

【要約】 【課題】本発明は、エアシリンダをシーケンサではなくコントローラ・ドライバで駆動することにより、シーケンサを省き、コスト及び電力消費を低下させることを目的とする。

【構成】本発明によるネジ締め装置は、装置本体(1)に設けられた複数のエアシリンダ(7)は、シーケンサ(3)を用いることなく、コントローラ・ドライバ(4)によって駆動される構成である。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
少なくとも操作盤(2)と、前記操作盤(2)に接続されたコントローラ・ドライバ(4)と、前記コントローラ・ドライバ(4)に接続されたモータ(5)と、前記モータ(5)により駆動されるネジ回し部(6)とを備える装置本体(1)からなるネジ締め装置において、
前記装置本体(1)に設けられた複数のエアシリンダ(7)は、シーケンサ(3)を用いることなく前記コントローラ・ドライバ(4)によって駆動されることを特徴とするネジ締め装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、ネジ締め装置に関し、特に、少なくとも装置本体等を駆動するための複数のエアシリンダをシーケンサを用いることなくモータを駆動するコントローラ・ドライバによって制御することにより、コスト及び消費電力を低下させるための新規な改良に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、用いられていたこの種のネジ締め装置としては、特許文献等は示していないが、図2で示される構成を挙げることができる。
すなわち、図2において符号1で示されるものは、操作盤2、シーケンサ3、コントローラ・ドライバ4、モータ5及びネジ回し部6からなる装置本体であり、このシーケンサ3には複数のエアシリンダ7が接続されている。
【0003】
前述の構成において、操作盤2を介してシーケンサ3を作動させることにより、各エアシリンダ7が駆動されて装置本体1の上下動等が行われる。
前記装置本体1の上下動等が行われた後は、モータ5が駆動されてネジ回し部6によってネジ10のネジ締め動作が行われる。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
従来のネジ締め装置は、以上のように構成されていたため、次のような課題が存在していた。
すなわち、エアシリンダがシーケンサで駆動されていたため、制御系としては、シーケンサとコントローラ・ドライバを必要とし、制御系のハードウェアが大型化し、コスト及び消費電力の点からも好ましいものではなかった。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明によるネジ締め装置は、少なくとも操作盤と、前記操作盤に接続されたコントローラ・ドライバと、前記コントローラ・ドライバに接続されたモータと、前記モータにより駆動されるネジ回し部とを備える装置本体からなるネジ締め装置において、前記装置本体に設けられた複数のエアシリンダは、シーケンサを用いることなく前記コントローラ・ドライバによって駆動される構成である。
【発明の効果】
【0006】
本発明によるネジ締め装置は、以上のように構成されているため、次のような効果を得ることができる。
すなわち、各エアシリンダの駆動は、シーケンサを用いることなく、モータを駆動するコントローラ・ドライバにより行い、シーケンサを省略することができ、ハードウェアの小型化、消費電力の低下等を達成することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
本発明は、少なくとも装置本体等を駆動するための複数のエアシリンダをシーケンサを用いることなくモータを駆動するコントローラ・ドライバによって制御することにより、コスト及び消費電力を低下させるようにしたネジ締め装置を提供することを目的とする。
【実施例】
【0008】
以下、図面と共に本発明によるネジ締め装置の好適な実施の形態について説明する。
尚、従来例と同一又は同等部分には同一符号を付して説明する。
図1において符号1で示されるものは、操作盤2、コントローラ・ドライバ4、モータ5及びネジ回し部6からなる装置本体であり、このコントローラ・ドライバ4には、装置本体1を上下動等させるための複数のエアシリンダ7が接続されている。
【0009】
前述の構成において、操作盤2を操作し、コントローラ・ドライバ4を作動させて各エアシリンダ7を作動させると、各エアシリンダ7の作動によって装置本体1の上下動等の位置決めが行われ、その後、コントローラ・ドライバ4によって、モータ5が駆動され、減速器5aを介してネジ回し部6が回転され、ネジ10のネジ締めが行われる。
従って、従来のエアシリンダ7を専用に駆動するためのシーケンサ3は不要となる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本発明によるネジ締め装置を示す構成図である。
【図2】従来のネジ締め装置を示す構成図である。
【符号の説明】
【0011】
1 装置本体
2 操作盤
4 コントローラ・ドライバ
5 モータ
6 ネジ回し部
7 エアシリンダ
【出願人】 【識別番号】000203634
【氏名又は名称】多摩川精機株式会社
【出願日】 平成18年6月20日(2006.6.20)
【代理人】 【識別番号】100110423
【弁理士】
【氏名又は名称】曾我 道治

【識別番号】100084010
【弁理士】
【氏名又は名称】古川 秀利

【識別番号】100094695
【弁理士】
【氏名又は名称】鈴木 憲七

【識別番号】100111648
【弁理士】
【氏名又は名称】梶並 順


【公開番号】 特開2008−821(P2008−821A)
【公開日】 平成20年1月10日(2008.1.10)
【出願番号】 特願2006−169544(P2006−169544)