トップ :: B 処理操作 運輸 :: B23 工作機械;他に分類されない金属加工

【発明の名称】 ワイヤカット放電加工装置
【発明者】 【氏名】吉田 伸一

【要約】 【課題】弛んだワイヤ電極が周辺部材に引っかかったり絡んだりして動作不能になる。また、ワイヤ電極が捩れるように弛むことがあり、送出される経路を外れて座屈する可能性が高くなる。

【構成】ワイヤ電極2を補助ローラ1とガイドパイプ4のワイヤ電極導入口5を有する導入ブロック3との間で弛ませる。帯状板6は、一端にワイヤ電極2を通す穴7が設けられる。帯状板6は、弧状に曲げた状態で導入ブロック3に他端が固定される。帯状板6は、ワイヤ電極2がジェットの推進力を受けたときの力よりも弱いばね力を有する。帯状板6は、補助ローラ1と導入ブロック3との間のワイヤ電極2を一方向に弛ませる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ワイヤ電極を送出しローラとガイドパイプのワイヤ電極導入口を有する導入ブロックとの間で弛ませて、弛ませたワイヤ電極をジェットの勢いで一気に飛ばして送り出す方式でワイヤ電極を下穴に挿通させるようにした自動結線装置を備えたワイヤカット放電加工装置において、前記送出しローラと前記ガイドパイプとの間に一端にワイヤ電極を通す通し穴が設けられ弧状に曲げた状態で前記導入ブロックに他端が固定されワイヤ電極がジェットの推進力を受けたときの力よりも弱いばね力を有する帯状板を設けた自動結線装置を備えたワイヤカット放電加工装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、ワイヤ電極を弛ませておき、弛ませたワイヤ電極をジェットの勢いで一気に飛ばして送り出す方式でワイヤ電極を下穴に通すようにした自動結線装置を備えたワイヤカット放電加工装置に関する。特に、ワイヤ電極を所定の方向に弛ませる強制弛緩手段を設けた自動結線装置を備えたワイヤカット放電加工装置に関する。
【背景技術】
【0002】
ワイヤ電極を下穴に挿通させワイヤ電極を張架する自動結線装置を具備したワイヤカット放電加工装置が知られている。自動結線装置は、ワイヤ電極の先端部位を切断して廃棄し、新しいワイヤ電極を下穴まで送り出して挿通させ、下側ワイヤガイドを通過して巻取りローラまで結線させる。このような自動結線装置において、自動結線を行なう方法として、ワイヤ電極を弛ませておき、弛ませたワイヤ電極をジェットの勢いで一気に飛ばして送り出す方式がある(特許文献1参照)。
【0003】
ワイヤ電極をジェットの勢いで一気に飛ばして送り出す方式では、ガイドパイプを下降させておき、送出しローラとガイドパイプのワイヤ導入口を有する導入ブロックとの間でワイヤ電極を弛ませる。その後、ワイヤ電極をクランプしているクランプ装置を開いてワイヤ電極の拘束を解除してジェットの推進力でワイヤ電極を下穴に通過させる。この方式は、自動結線にかかる時間が短い利点がある。また、ワイヤ電極の直径に対して下穴の直径が小さいときにも自動結線を成功させる確率が高い利点がある(特許文献2参照)。
【0004】
【特許文献1】特公平8−22484号公報
【特許文献2】特開2002−126951号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上述した自動結線方式では、ワイヤ電極が弛む方向が一定の方向であるとは限らず、周辺部材がある方向に弛むことがあるため、弛んだワイヤ電極が周辺部材に引っかかったり絡んだりして動作不能になることがある。
【0006】
また、ワイヤ電極が捩れるように弛むことがあり、ワイヤ電極が捩れるように弛むと、ワイヤ電極をジェットに乗せて飛ばすときにワイヤ電極の挙動が振動的になり、送出される経路を外れて座屈する可能性が高くなる。
【0007】
本発明は、ワイヤ電極を弛ませておき、弛ませたワイヤ電極をジェットの勢いで一気に飛ばして送り出す方式の自動結線装置において、ワイヤ電極が周辺部材に引っかかることなく、また、捩れて弛むことがなく、より確実にワイヤ電極を下穴に挿通できるワイヤカット放電加工装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明のワイヤカット放電加工装置は、ワイヤ電極を送出しローラとガイドパイプのワイヤ電極導入口を有する導入ブロックとの間で弛ませて、弛ませたワイヤ電極をジェットの勢いで一気に飛ばして送り出す方式でワイヤ電極を下穴に挿通させるようにした自動結線装置を備えたワイヤカット放電加工装置において、前記送出しローラと前記ガイドパイプとの間に一端にワイヤ電極を通す穴が設けられ弧状に曲げた状態で前記導入ブロックに他端が固定されワイヤ電極がジェットの推進力を受けたときの力よりも弱いばね力を有する帯状板を設けた自動結線装置を備える。
【発明の効果】
【0009】
ワイヤ電極を弛ませるときに、帯状板が弱いばね力により常に一方向に移動するために、ワイヤ電極はその方向に弛むように案内される。ワイヤ電極を一方向に弛ませるようにすることによって、ワイヤ電極が弛むときにワイヤ電極が周辺部材に引っかかったり、ワイヤ電極が捩れることがない。その結果、ワイヤ電極を弛ませておき、弛ませたワイヤ電極をジェットの勢いで一気に飛ばして送り出す方式の自動結線装置において、自動結線が中断しにくくなり、作業効率を向上させる効果を奏する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
図1は、本発明のワイヤカット放電加工装置の自動結線装置上側部分を示す。図2は、図1のワイヤカット放電加工装置でワイヤ電極が弛んでいないときの状態を示す。図3は、ワイヤカット放電加工装置の全体構成を示す。なお、図3では、帯状板は図示省略されている。
【0011】
図1に示される自動結線装置は、ワイヤ電極を弛ませておき、弛ませたワイヤ電極をジェットの勢いで一気に飛ばして送り出す方式を実施できる自動結線装置である。
【0012】
補助ローラ1は、ワイヤ電極2を挟持して保持するとともに、ワイヤ電極2を送り出したり巻き上げたりすることができる。3は、導入ブロックである。導入ブロック3は、ガイドパイプ4のワイヤ電極導入口5を有する。
【0013】
ガイドパイプ4は、少なくともワイヤガイドアッセンブリ8まで下降してワイヤ電極2を案内する。ガイドパイプ4内には、図示しないジェット供給口よりジェットが供給される。例えば、放電加工液に水系加工液を使用する場合、ジェットは水系加工液である。
【0014】
帯状板6は、送出しローラとガイドパイプ4との間に設けられる。帯状板6は、実施の形態では、補助ローラ1とガイドパイプ4との間に設けられる。帯状板6の一端にワイヤ電極2を通す通し穴7が設けられている。帯状板6の通し穴7には、予めワイヤ電極2が通される。また、帯状板6は、弧状に曲げた状態で導入ブロック3に他端が固定される。帯状板6は、合成樹脂製であり、具体的には、0.2mm厚のポリプロピレン製である。
【0015】
帯状板6は、送出しローラと導入ブロック3との間でワイヤ電極2が弛むときに、ワイヤ電極を一方向に弛ませる。実施の形態では、帯状板6は、補助ローラ1と導入ブロック3との間でワイヤ電極2が弛むときに、ワイヤ電極2を一方向に弛ませる。したがって、ワイヤ電極2が弛むときにワイヤ電極2が周辺部材に引っかかったり、ワイヤ電極2が捩れることがない。
【0016】
帯状板6は、通し穴7に通されたワイヤ電極2がジェットの推進力を受けたときの力よりも弱いばね力を有する。そのため、ワイヤ電極2をジェットによって案内され推進される際に妨げにならない。また、ワイヤ電極2がジェットの推進力を受けたときの力よりもワイヤ電極2に印加された張力が大きいので、帯状板6は、通し穴7に通されたワイヤ電極2が張架されたときの張力よりも弱いばね力を有しているといえる。したがって、図2に示されるように、ワイヤ電極2が張架されたときに、走行するワイヤ電極2の張力に影響を与えない。
【0017】
次に、ワイヤ電極2の挿通結線について説明する。ワイヤ電極2は、帯状板6の一端に設けられたワイヤ電極2を通す穴7に予め通される。帯状板6は、ワイヤ電極の張力よりも弱いばね力によって、走行するワイヤ電極2の張力に影響を与えない。したがって、加工中、補助ローラ1と導入ブロック3との間のワイヤ電極2は、図2に示されるように弛んでいない状態になっている。
【0018】
ワイヤ電極2が断線したときは、加工液噴流ノズルを含むガイドアッセンブリ8から加工間隙に供給される加工液噴流が止められる。そして、巻取りローラ9によって使用済のワイヤ電極2が回収される。このとき、残されたワイヤ電極2は先端が自由になって張力が付与されない状態になるので、補助ローラ1と導入ブロック3との間のワイヤ電極2は、帯状板6によってY軸マイナス方向の一方向に弛む。
【0019】
ワイヤ電極2は所定量巻き上げられて下側のクランプ装置でクランプされる。そして、ワイヤ電極2をクランプした状態でワイヤ電極2の先端が切断装置10によって切断される。切断装置10によって切断されたワイヤ電極2の先端は回収箱11に回収される。
【0020】
次に、ジェット供給装置12からガイドパイプ4内にジェットが供給される。このとき、ワイヤ電極2はジェットの推進力を受ける。帯状板6のばね力がワイヤ電極2がジェットの推進力を受けたときの力よりも弱いので、ワイヤ電極2が通し穴7に通された帯状板6はワイヤ電極2に引っ張られ、補助ローラ1と導入ブロック3との間のワイヤ電極2の弛みが取り除かれる。
【0021】
この状態でワイヤ電極2は、補助ローラ1によってクランプされる。また、クランプ装置13でクランプされる。ワイヤ電極2がクランプされているときは、補助ローラ1と導入ブロック3との間のワイヤ電極2は、弛みが除かれた状態になっている。
【0022】
ワイヤ電極2がクランプされた状態でガイドパイプ4が下降すると導入ブロック3も同時に移動しクランプ装置13も下降する。同時に、補助ローラ1と送出しローラ14が動作してワイヤ電極2が送り出される。したがって、補助ローラ1と導入ブロック3との間のワイヤ電極は、弛みが除かれた状態が保たれている。ガイドパイプ4は、上側ガイドアッセンブリ8を通過して被加工物15の手前まで下降して停止する。
【0023】
ガイドパイプ4の下降が停止したら、補助ローラ1と送出しローラ14は、ワイヤ電極2を所定量送り出す。このときの長さは、ワイヤ電極2が下穴を通過して下側ワイヤガイドに到達するときの長さ程度である。このとき、ワイヤ電極2はクランプ装置13によってクランプされているので、補助ローラ1と導入ブロック3との間のワイヤ電極2は、図1に示されるように、帯状板6によってY軸マイナス方向の一方向に弛む。
【0024】
クランプ装置13を開くとワイヤ電極2のクランプが解除される。ワイヤ電極2は、ジェットの推進力を受けて推進する。このとき、帯状板6は、ワイヤ電極2がジェットの推進力を受けたときの力よりも弱いばね力を有するので、補助ローラ1と導入ブロック3との間のワイヤ電極2の弛みが除かれる。したがって、ワイヤ電極2はジェットの勢いで飛ばされて下穴と下側ワイヤガイドを一気に通過する。ワイヤ電極2が通過したら、補助ローラ1を解除して送出しローラ14を回転させ、ワイヤ電極2を送り出す。
【0025】
以上に説明されるワイヤカット放電加工装置は、ワイヤ電極をジェットに乗せてジェットの勢いで下穴に挿通させる方式以外の方式に適用することができる。例えば、ワイヤ電極を送り出すときにワイヤ電極が座屈したとき、ワイヤ電極が弛む方向を一方向にすることによって、ワイヤ電極が周辺部材に引っかかったり絡んだりすることを防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】本発明のワイヤカット放電加工装置の自動結線装置上側部分を示す斜視図であり、ワイヤ電極が弛んだ状態を示す。
【図2】本発明のワイヤカット放電加工装置の自動結線装置上側部分を示す斜視図であり、ワイヤ電極が弛んでいないときの状態を示す。
【図3】本発明のワイヤカット放電加工装置の全体の概略を示す図である。
【符号の説明】
【0027】
1 補助ローラ
2 ワイヤ電極
3 導入ブロック
4 ガイドパイプ
5 ワイヤ電極導入口
6 帯状板
7 通し穴
8 上側ガイドアッセンブリ
9 巻取りローラ
10 切断装置
11 回収箱
12 ジェット供給装置
13 クランプ装置
14 送出しローラ
15 被加工物
【出願人】 【識別番号】000132725
【氏名又は名称】株式会社ソディック
【出願日】 平成18年7月10日(2006.7.10)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−12643(P2008−12643A)
【公開日】 平成20年1月24日(2008.1.24)
【出願番号】 特願2006−188807(P2006−188807)