トップ :: B 処理操作 運輸 :: B23 工作機械;他に分類されない金属加工

【発明の名称】 コルゲートフィンの切断方法及び装置
【発明者】 【氏名】竹間 浩

【要約】 【課題】可動刃に拡幅ガイドを設けることによって、確実に可動刃をフィンの谷部にガイドして切断不良を防止するフィンの切断方法及び装置を提供する。

【構成】波形状に加工されたフィンを所定速度で移送し、移送されたフィンの頂部から谷部方向に向かって可動刃を挿入し、その可動刃によってフィンを所定長に剪断するコルゲートフィンの切断方法において、前記可動刃3をフィン1の谷部に挿入する際に、可動刃3の刃面に形成された拡幅ガイド10が、フィン前後間の谷部側面を押し広げながら進入し、それによって刃先を確実に谷部へガイドし、谷部を切断する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
波形状に加工されたフィンを連続的又は間欠的に移送し、移送されたフィンの谷部の谷底に向かって可動刃を挿入し、その可動刃によってフィンを所定長に剪断するコルゲートフィンの切断方法において、
前記可動刃をフィンの谷部に挿入する際に、可動刃の刃面に形成された拡幅ガイドが、フィン前後間の谷部側面におけるフィン幅方向中央部又は両端部を押し広げながら進入し、それによって刃先を確実に谷底へガイドし、谷部を切断するコルゲートフィンの切断方法。
【請求項2】
フィンの谷部が山形に屈曲した状態で波形状に折曲げられたフィンと、そのフィンを連続的又は間欠的に移送する移送装置と、移送装置によって移送されるフィンを切断する可動刃と、その可動刃の下方に配置された固定刃と、前記可動刃を昇降させる駆動手段とを備えたコルゲートフィンの切断装置において、
前記可動刃の刃面に、刃先から基部に向かって徐々に厚肉とした拡幅ガイドを形成し、
前記拡幅ガイドをフィンの当接部に沿った進入通過部に配置し、
前記山形に屈曲した谷部に可動刃を挿入する際に、フィンと拡幅ガイドが接触しながら、フィンの間隔を広げる構成としたコルゲートフィンの切断装置。
【請求項3】
前記拡幅ガイドの形成位置を、前記フィンの移送方向に対応させて、可動刃の中央、可動刃の両端のいずれかに形成したことを特徴とする請求項2記載のコルゲートフィンの切断装置。
【請求項4】
前記拡幅ガイドの形成位置を、可動刃におけるフィンの進行方向側及び、フィンの進行方向に対向する側の両面に形成したことを特徴とする請求項2又は3記載のコルゲートフィンの切断装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、コルゲートフィンの切断方法及び装置に関し、特に、可動刃に拡幅ガイドを設けることによって、確実に可動刃をフィンの谷部にガイドして切断不良を防止するコルゲートフィンの切断方法及び装置に関する。
【背景技術】
【0002】
車両のラジエータに装着されるフィン(コルゲートフィン)は 薄板状のフィン材料が巻かれた材料ロールから、一対の歯車状の成形ローラ間にフィン材料を送り込むことにより、多数の折曲部を形成して波形状に加工される。そして、このフィンは装着部の形状に応じた長さに切断されるが、このフィン切断装置としては、例えば、特許文献1、2記載の技術のように、波状のフィンの両肩部に各々係合し、該フィンの山数を計数しながら該フィンを搬送方向へ搬送する一対のウォームにより、波状のフィンを送り出しながら、可動刃で切断する構成の技術が知られている(特許文献1、2参照)。
【特許文献1】特開2002−109506号公報
【特許文献2】特開2004−223685号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
上述したフィンは、薄板状のフィン材料を直状に折曲げて形成されるが、この折曲げ形状は直状のものに限らず、フィンの谷部ラインを山形状に屈曲させた形状のフィンが開発されている。この谷部ラインが山形に屈曲した形状のフィンは、熱交換効率の促進のために採用されるが、このフィンをラジエータのコアサイズに合わせて所定長に切断する場合は、フィンの谷部ラインが屈曲しているために、可動刃の挿入が困難という問題があった。
また、折曲げ形状が直状のものでも、生産時にやや山形状に形成される場合もあり、このときも上記と同様の問題が発生する。
さらにまた、フィン材は弾力的素材によって構成されるために、弾力による切断ずれを完全に防止することも困難である。
【0004】
本発明は上記課題を解決するためになされたものであって、その目的とするところは、可動刃に拡幅ガイドを設けることによって、確実に可動刃をフィンの谷部にガイドして切断不良を防止するコルゲートフィンの切断方法及び装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の請求項1記載の方法では、波形状に加工されたフィンを連続的又は間欠的に移送し、移送されたフィンの谷部の谷底に向かって可動刃を挿入し、その可動刃によってフィンを所定長に剪断するコルゲートフィンの切断方法において、
前記可動刃をフィンの谷部に挿入する際に、可動刃の刃面に形成された拡幅ガイドが、フィン前後間の谷部側面におけるフィン幅方向中央部又は両端部を押し広げながら進入し、それによって刃先を確実に谷底へガイドし、谷部を切断する方法とした。
【0006】
請求項2記載の装置では、フィンの谷部が山形に屈曲した状態で波形状に折曲げられたフィンと、そのフィンを連続的又は間欠的に移送する移送装置と、移送装置によって移送されるフィンを切断する可動刃と、その可動刃の下方に配置された固定刃と、前記可動刃を昇降させる駆動手段とを備えたコルゲートフィンの切断装置において、前記可動刃の刃面に、刃先から基部に向かって徐々に厚肉とした拡幅ガイドを形成し、前記拡幅ガイドをフィンの当接部に沿った進入通過部に配置し、前記山形に屈曲した谷部に可動刃を挿入する際に、フィンと拡幅ガイドが接触しながら、フィンの間隔を広げる構成とした。
【発明の効果】
【0007】
本発明の請求項1記載の方法にあっては、波形状に加工されたフィンを所定速度で移送し、移送されたフィンの谷部の谷底に向かって可動刃を挿入し、その可動刃によってフィンを所定長に剪断するコルゲートフィンの切断方法において、前記可動刃をフィンの谷部に挿入する際に、可動刃の刃面に形成された拡幅ガイドが、フィン前後間の谷部を押し広げながら刃先が進入するので、刃先を谷部側面へ接触させずに、確実に谷底へガイドし、切断不良を防止する。
【0008】
また、請求項2記載の装置にあっては、フィンの谷部が山形に屈曲した状態で波形状に折曲げられたフィンと、そのフィンを連続的又は間欠的に移送する移送装置と、移送装置によって移送されるフィンを切断する可動刃と、その可動刃の下方に配置された固定刃と、前記可動刃を昇降させる駆動手段とを備えたコルゲートフィンの切断装置において、前記可動刃の刃面に、刃先から基部に向かって徐々に厚肉とした拡幅ガイドを形成し、前記拡幅ガイドをフィンの突部当接部に沿った進入通過部に配置したので、山形に屈曲した谷部におけるルーバを除いた部位に可動刃を挿入する際に、フィンと拡幅ガイドが接触しながら、フィンの間隔を広げる。そのため、刃先を谷部側面へ接触させずに、確実に谷底へガイドし、切断不良を防止する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。
図1はフィンの切断装置の平面図、図2はフィンの切断装置の側面図、図3はフィンの切断装置の正面図、図4は第1実施例に係る可動刃の説明図、図5は 第1実施例に係るフィンの切断方法に係るフィンの(a)平面図、(b)斜視図、図6は第1実施例に係るフィンの切断方法の説明図、図7は第2実施例に係るフィンの切断方法に係るフィンの(a)平面図、(b)斜視図、図8は第2実施例に係る可動刃の説明図、図9は第3実施例に係る可動刃の説明図である。
【実施例1】
【0010】
本発明の第1実施例に係るフィン切断装置は、図1〜図6に示すように、フィンの谷部が山形に屈曲した状態で波形状に折曲げられたフィン1と、そのフィン1を所定速度で移送する移送装置2と、移送装置2によって移送されるフィンを切断する可動刃3と、その可動刃3の進入位置を案内するガイド片4と、前記可動刃の下方に配置された固定刃5と、前記可動刃3を水平方向及び上下方向に駆動する駆動装置(図示せず)とを備えている。
【0011】
前記フィン1は、薄板状のフィン材料が巻かれた材料ロール(図示せず)から、一対の歯車状の成形ローラ(図示せず)間にフィン材料を送り込むことにより、図5(a)、(b)に示すように、多数の折曲部を形成して波形状に加工される。そして、折曲部はそれぞれ山形状に屈曲して所定ピッチで前後に重層している。
そして、それぞれの谷部には熱交換効率を促進させるための複数のルーバ6が幅方向中央と両端を残してフィン幅方向に離間して形成されている。このルーバ6はフィン材料を波形状に形成する際に、フィンの高さ方向に線状切欠部を設けると同時に、長手方向に向けて切り起こしている。
前記フィン1の平面視形状は、中央が突起して、左右対称の山形となっている。
【0012】
前記移送装置は、図1〜図3に示すように、波状のフィン1を搬送台上で搬送方向(図1矢印方向)へ連続して搬送すると共に、フィン1の谷部の位置を規制するためのものであって、右捩れウォーム2aと左捩れウォーム2bとから構成され、これら両ウォーム2a,2bは、製造すべきフィンピッチとされたフィン1の両肩部に各々係合してフィン1の谷部の位置を規制するようになっている。
【0013】
また、前記両ウォーム2a,2bはギア(図示せず)で連結されてサーボモータで各々矢印S方向に回転するようになっており、この回転数から搬送したフィン材の谷部の数を計数しながらフィン1を連続的に移送できるようになっている。
【0014】
前記ガイド片4は、可動刃3をフィン1の切断位置に案内するためのものであって、図3に示すように、下方側が両ウォーム2a,2bを避けるように湾曲し、その先端はフィン1の谷部に進入可能な厚みと幅に形成されている。
【0015】
これら可動刃3及びガイド片4の駆動は、図示しない走行台車に取付けられ、該走行台車にリンクした図示しないカムによって搬送台上でフィン材の搬送方向へ移動可能に設けられると共に、両ウォーム2a,2bの回転数からフィン材に同期して移動可能に制御されている。
そのため、可動刃3はフィン1の移送方向に水平移動しながら同時に昇降を行い、固定刃5との剪断によりフィン1を切断する。
【0016】
前記可動刃3は、ガイド片4に沿ってフィン1を切断するためのものであって、図4に示すように、前述した駆動装置に固定される基部8と、基部8から徐々に収束して先鋭する刃面9とから構成され、刃面9には拡幅ガイド10が形成されている。
また、刃面9の両側は基部8と同厚とされて、刃先はV字型に中央が突起している。そして、刃先は先端に向かって徐々に収束して、先端(下端)が鋭利な刃となっている。
前記拡幅ガイド10は、刃面中央部分を刃の傾斜よりもやや厚肉としたものであり、この拡幅ガイド10はフィン1の当接部(山形の突部)に沿った進入通過部に形成されており、刃面9の中央部分に上下帯状に形成されている。
可動刃3がフィン1の谷部に進入すると、この拡幅ガイド10が山形の突部に接触してフィン1の谷部を押し広げることになる。
【0017】
次に第1実施例の作用を説明する。
第1実施例では、フィン1の山形突部が進行方向とは反対に向いた状態で図中右方向へ移送される。すなわち[<<<]の状態で移送されるフィン1を切断するものである。
図6に示すように、可動刃はフィン1の移送に伴って水平移動をしながら、谷部へ下降する。
フィン1の谷部への刃先の進入に際しては、可動刃3の拡幅ガイド10がフィン1の進行方向下流側の山形突部当接部1aに当たる。この拡幅ガイド10は刃面9よりも厚肉に形成されているので、フィン1の谷部を広げながら刃先を挿入する。すると、刃先は谷部側面との接触あるいは谷部側面の切削が防止されて、谷部の谷底へ確実にガイドされることになる。
これにより、可動刃3とフィン谷部側面との接触あるいは可動刃3による該谷部側面(例えばルーバ)の切削が阻止されて、刃先は谷底に達して固定刃5との剪断によりフィン1を切断する。
フィン1を切断した後は、可動刃3及びガイド片4は元の位置に復帰し、同一の軌道を通過して、連続的にフィンの切断を行う。
【0018】
本実施例1では、前記可動刃3をフィン1の谷部に挿入する際に、フィン1の進行方向下流側の谷部を押し広げながら刃先が進入するので、刃先が谷部側面へ接触せずに、あるいは刃先が谷部側面の切削を行うことなく、刃先が確実に谷底へガイドされる。
なお、本実施例では谷部と隣接する谷部とのピッチを2.2mm、刃の厚さを最大部で3mm、拡幅ガイド部の厚さと刃の厚さとの差を0.5mmとしている。
【実施例2】
【0019】
次に、実施例2を説明する。
図7、8は第2実施例に係るフィン切断装置である。
第2実施例のフィン切断装置は、前記第1実施例のフィン切断装置が、刃先の中央部分に拡幅ガイドを設けたのに対し、刃先の左右両端に拡幅ガイドを形成したものである。
本実施例の可動刃3は図8に示すように、駆動装置に固定される基部8と、基部から徐々に収束して先鋭する刃面9とから構成され、刃面9には拡幅ガイド10が形成されている。
また、刃面9の両側は基部8と同厚とされて、刃先は逆V字型に中央が陥没している。そして、刃先は先端に向かって徐々に収束して、先端(下端)が鋭利な刃となっている。
前記拡幅ガイド10は、刃面両端部分を刃の傾斜よりもやや厚肉としたものであり、この拡幅ガイドはフィン1の突部当接部(裾部)に沿った進入通過部に形成されており、刃面9の両端部分に上下帯状に形成されている。
可動刃3がフィン1の谷部に進入すると、この拡幅ガイド10が裾部の突部に接触してフィン1の谷部を押し広げることになる。
【0020】
次に第2実施例の作用を説明する。
第2実施例では、フィン1の山形突部が進行方向に向いた状態で図中右方向へ移送される。すなわち[>>>]の状態で移送されるフィン1を切断するものである。
可動刃3はフィン1の移送に伴って水平移動をしながら、谷部へ下降するが、フィン1の谷部への刃先の進入に際しては、可動刃3の拡幅ガイド10がフィンの進行方向下流側の突部当接部1b(裾部)に当たる。この拡幅ガイド10は刃面よりも厚肉に形成されているので、フィン1の谷部を広げながら刃先を挿入する。すると、刃先は谷部側面との接触あるいは谷部側面の切削防止されて、谷底へ確実にガイドされることになる。
これにより、可動刃3とフィン谷部側面との接触あるいは可動刃3による該谷部側面(例えばルーバ)の切削が阻止されて、刃先は谷底に達して固定刃5との剪断によりフィン1を切断する。
フィン1を切断した後は、可動刃3及びガイド片4は元の位置に復帰し、同一の軌道を通過して、連続的にフィンの切断を行う。
【0021】
本実施例2では、前記可動刃3をフィン1の谷部に挿入する際に、進行方向下流側の谷部を押し広げながら刃先が進入するので、刃先が谷部側面へ接触せずに、あるいは刃先が谷部側面の切削を行うことなく、刃先が確実に谷底へガイドされる。
【0022】
次に、実施例3を説明する。
図9は第3実施例に係る可動刃の説明図である。
第3実施例のフィン切断装置は、前記第1、2実施例のフィン1が刃先の中央部分又は両端のいずれかに拡幅ガイド10を設けたのに対し、刃先の中央及び左右両端に拡幅ガイド10を形成したものである。
本実施例の可動刃3は図9に示すように、駆動装置に固定される基部8と、基部から徐々に収束して先鋭する刃面9とから構成され、刃面9には拡幅ガイド10が形成されている。
また、刃面9の両側は基部と同厚とされて、刃先は逆V字型に中央が陥没している。そして、刃先は先端に向かって徐々に収束して、先端(下端)が鋭利な刃となっている。
前記拡幅ガイド10は、刃面中央部及び両端部分を刃の傾斜よりもやや厚肉としたものであり、この拡幅ガイド10はフィンの突部当接部(山形の突部及び裾部)に沿った進入通過部に形成されている。つまり、刃面9の上流側両端、及び刃面の下流側中央部に上下帯状に形成されている。
可動刃3がフィン1の谷部に進入すると、この拡幅ガイド10が山形及び裾部の突部に接触してフィン1の谷部を押し広げることになる。
【0023】
次に第3実施例の作用を説明する。
第3実施例では、フィンの山形凸部が進行方向に向いた状態で図中右方向へ移送される。すなわち[>>>]の状態で移送されるフィン1を切断するものである。
可動刃3はフィン1の移送に伴って水平移動をしながら、谷部へ下降するが、フィン1の谷部への刃先の進入に際しては、可動刃3の両端の拡幅ガイド10が前方の裾部当接部1bに当たる。そして、中央の拡幅ガイド10が後方の山形突部当接部1aに当たる。これら拡幅ガイド10は刃面よりも厚肉に形成されているので、フィン1の谷部を広げながら刃先を挿入する。すると、刃先は谷部側面との接触あるいは谷部側面の切削が防止されて、谷底へ確実にガイドされることになる。
これにより、可動刃3とフィン谷部側面との接触あるいは可動刃3による該谷部側面(例えばルーバ)の切削が阻止されて、刃先は谷底に達して固定刃5との剪断によりフィン1を切断する。
フィン1を切断した後は、可動刃3及びガイド片4は元の位置に復帰し、同一の軌道を通過して、連続的にフィン1の切断を行う。
【0024】
本実施例3では、前記可動刃3をフィン1の谷部に挿入する際に、進行方向上流側及び下流側のフィン前後間の谷部を押し広げながら刃先が進入するので、刃先が谷部側面へ接触せずに、刃先が確実に谷底へガイドされる。
【0025】
以上、本実施例を説明してきたが、本発明は上述の実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等があっても、本発明に含まれる。
例えば、前記実施例では可動刃3とガイド片4をフィン1と共に走行させる、いわゆる走行切断について説明したが、ウォーム2a,2bにより、フィン材を所定の山数だけ搬送して停止し、該両ウォーム2a,2bの先端に設けた可動刃3を瞬時に降下させてフィン材を切断する停止切断に適用することも可能である。
また、前記実施例1,2では、フィンの進行方向の下流側のフィン谷部を拡幅する構成としたが、この構成とは反対側、すなわち拡幅ガイドの取付部位を可動刃の上流側に設定して、そして、この拡幅ガイドに対応する形状のフィンを移送して、可動刃の上流側のフィン谷部を拡幅する構成とすることも可能である。
さらにまた、実施例1では[<<<]の状態で移送されるフィンの切断時に、可動刃3の拡幅ガイド10がフィン1の進行方向下流側の山形突部当接部1aにあたり、フィンの谷部を広げた。しかし、フィン1の山形突部が[>>>]の状態で移送されるフィンの切断時に、可動刃3の拡幅ガイド10の厚みを調整し、フィン1の進行方向下流側の山形凹部(フィン幅方向中央部)を当接部として、フィンの谷部を広げることも可能である。
同様に、実施例2において、[<<<]の状態で移送されるフィンの切断時に、可動刃3の両端部に設けられた拡幅ガイド10の厚みを調整し、フィン1の進行方向下流側の山形裾部(フィン幅方向両端部)を当接部として、フィンの谷部を広げることも可能である。実施例3についても同様である。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】フィンの切断装置の平面図である。
【図2】フィンの切断装置の側面図である。
【図3】フィンの切断装置の正面図である。
【図4】第1実施例に係る可動刃の説明図である。
【図5】第1実施例に係るフィンの切断方法に係るフィンの(a)平面図、(b)斜視図である。
【図6】第1実施例に係るフィンの切断方法の説明図である。
【図7】第2実施例に係るフィンの切断方法に係るフィンの(a)平面図、(b)斜視図である。
【図8】第2実施例に係る可動刃の説明図である。
【図9】第3実施例に係る可動刃の説明図である。
【符号の説明】
【0027】
1 フィン
2 移送装置
3 可動刃
4 ガイド片
5 固定刃
6 ルーバ
8 基部
9 刃面
10 拡幅ガイド
【出願人】 【識別番号】000004765
【氏名又は名称】カルソニックカンセイ株式会社
【出願日】 平成18年9月5日(2006.9.5)
【代理人】 【識別番号】100119644
【弁理士】
【氏名又は名称】綾田 正道


【公開番号】 特開2008−62314(P2008−62314A)
【公開日】 平成20年3月21日(2008.3.21)
【出願番号】 特願2006−240443(P2006−240443)