トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き

【発明の名称】 成形ツール駆動機構
【発明者】 【氏名】大林 栄次

【氏名】野島 高志

【要約】 【課題】従来より長い線材成形品を成形することが可能な成形ツール駆動機構の提供を目的とする。

【解決手段】本発明の成形ツール駆動機構20では、ツール固定メインテーブル30Aとは反対側にツール固定サブテーブル30Bを備えている。このツール固定サブテーブル30Bの後方には、回転ヘッド32が位置することはないので、その分、ツール固定サブテーブル30Bの後方スペースは、ツール固定メインテーブル30A側より広く(奥行きが深く)なっている。従って、従来は、回転ヘッドと干渉するが故に成形することができなかった比較的長いコイルばねCS2を、ツール固定サブテーブル30B側で成形することができる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
成形ツールを保持しかつ位置決制御して線材送給装置から送給された線材に衝合し、その線材を成形するための成形ツール駆動機構であって、
前記線材送給装置に対して線材送給方向で対向したベース部材と、
前記ベース部材のうち前記線材送給装置との対向面側に配置されかつ前記ベース部材に対して回転可能に取り付けられ、前記線材送給方向と平行な第1回転軸の回りに回転駆動される回転ヘッドと、
前記回転ヘッドのうち前記第1回転軸からオフセットした外縁部から前記線材送給装置に向かって突出したヘッド支持突部と、
前記ヘッド支持突部に対して回転可能に取り付けられ、前記第1回転軸と直交する第2回転軸の回りに回転駆動される末端回転部材と、
前記末端回転部材のうち前記回転ヘッドの回転中心側を向いた端部に設けられて、前記成形ツールを含む任意のツールを固定可能なツール固定メインテーブルと、
前記末端回転部材のうち前記ツール固定メインテーブルと反対側の端部に設けられ、前記回転ヘッドの外側面より側方に突出したツール固定面を有し、前記成形ツールを含む任意のツールを固定可能なツール固定サブテーブルとが備えられたことを特徴とする成形ツール駆動機構。
【請求項2】
前記回転ヘッドから前記線材送給装置と反対側に延びかつ前記ベース部材に回転可能に支持された円筒シャフトの一端に前記回転ヘッドを連結すると共に、他端に前記回転ヘッドを回転駆動するための第1回転駆動モータを連動回転可能に連結し、
前記第2回転軸と平行に延びた中継シャフトを、前記回転ヘッドの内部に回転可能に設けて、その中継シャフトの一端部と、前記末端回転部材のうち前記ヘッド支持突部の内部に収容された部分との間を連動回転可能に連結し、
前記円筒シャフト内に設けられて前記円筒シャフトと同心な軸を中心にして回転可能なインナーシャフトの先端部と前記中継シャフトの他端部とを、前記回転ヘッド内でベベルギヤにて連動回転可能に連結し、
前記末端回転部材を回転駆動するための第2回転駆動モータと前記インナーシャフトの基端部とを連動回転可能に連結したことを特徴とする請求項1に記載の成形ツール駆動機構。
【請求項3】
前記成形ツール駆動機構には、前記ベース部材を前記線材送給方向と平行な第1直動軸の方向に往復駆動するため第1直動機構と、
前記ベース部材を前記線材送給方向と直交する第2直動軸の方向に往復駆動するため第2直動機構とが備えられたことを特徴とする請求項1又は2に記載の成形ツール駆動機構。
【請求項4】
前記ベース部材を前記第1直動軸と前記第2直動軸との双方に直交する第3直動軸の方向に往復駆動するため第3直動機構が備えられたことを特徴とする請求項3に記載の成形ツール駆動機構。
【請求項5】
前記線材が前記成形ツールを素通りした場合にその線材が突き当てられる保護壁を備えたことを特徴とする請求項1乃至4の何れかに記載の成形ツール駆動機構。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、成形ツールを保持しかつ位置決制御して線材送給装置から送給された線材に衝合し、その線材を成形するための成形ツール駆動機構に関する。
【背景技術】
【0002】
従来の成形ツール駆動機構は、線材送給装置との対向面側に、線材送給方向と平行な軸回りに回転駆動される回転ヘッドを備え、その回転ヘッドのうち、回転中心から外側にずれた位置には線材送給装置に向かって突出した旋回支持台が備えられている。旋回支持台には、線材送給方向と直交する軸回りに回転駆動される旋回シャフトが備えられ、その旋回シャフトのうち、回転ヘッドの回転中心側の端部に、成形ツールを保持したツール固定テーブルが設けられていた(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特許第3839338号公報(段落[0021]〜[0036]、第3図)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
ところが、上述した従来の成形ツール駆動機構では、ツール固定テーブルの後方に回転ヘッドが位置しており、その回転ヘッドとの干渉を避けつつ線材を成形していたために、比較的短い線材成形品しか成形することができなかった。
【0004】
本発明は、上記事情に鑑みてなされたもので、従来より長い線材成形品を成形することが可能な成形ツール駆動機構の提供を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上記目的を達成するためになされた請求項1の発明に係る成形ツール駆動機構は、成形ツールを保持しかつ位置決制御して線材送給装置から送給された線材に衝合し、その線材を成形するための成形ツール駆動機構であって、線材送給装置に対して線材送給方向で対向したベース部材と、ベース部材のうち線材送給装置との対向面側に配置されかつベース部材に対して回転可能に取り付けられ、線材送給方向と平行な第1回転軸の回りに回転駆動される回転ヘッドと、回転ヘッドのうち第1回転軸からオフセットした外縁部から線材送給装置に向かって突出したヘッド支持突部と、ヘッド支持突部に対して回転可能に取り付けられ、第1回転軸と直交する第2回転軸の回りに回転駆動される末端回転部材と、末端回転部材のうち回転ヘッドの回転中心側を向いた端部に設けられて、成形ツールを含む任意のツールを固定可能なツール固定メインテーブルと、末端回転部材のうちツール固定メインテーブルと反対側の端部に設けられ、回転ヘッドの外側面より側方に突出したツール固定面を有し、成形ツールを含む任意のツールを固定可能なツール固定サブテーブルとが備えられたところに特徴を有する。
【0006】
請求項2の発明は、請求項1に記載の成形ツール駆動機構において、回転ヘッドから線材送給装置と反対側に延びかつベース部材に回転可能に支持された円筒シャフトの一端に回転ヘッドを連結すると共に、他端に回転ヘッドを回転駆動するための第1回転駆動モータを連動回転可能に連結し、第2回転軸と平行に延びた中継シャフトを、回転ヘッドの内部に回転可能に設けて、その中継シャフトの一端部と、末端回転部材のうちヘッド支持突部の内部に収容された部分との間を連動回転可能に連結し、円筒シャフト内に設けられて円筒シャフトと同心な軸を中心にして回転可能なインナーシャフトの先端部と中継シャフトの他端部とを、回転ヘッド内でベベルギヤにて連動回転可能に連結し、末端回転部材を回転駆動するための第2回転駆動モータとインナーシャフトの基端部とを連動回転可能に連結したところに特徴を有する。
【0007】
請求項3の発明は、請求項1又は2に記載の成形ツール駆動機構において、成形ツール駆動機構には、ベース部材を線材送給方向と平行な第1直動軸の方向に往復駆動するため第1直動機構と、ベース部材を線材送給方向と直交する第2直動軸の方向に往復駆動するため第2直動機構とが備えられたところに特徴を有する。
【0008】
請求項4の発明は、請求項3に記載の成形ツール駆動機構において、ベース部材を第1直動軸と第2直動軸との双方に直交する第3直動軸の方向に往復駆動するため第3直動機構が備えられたところに特徴を有する。
【0009】
請求項5の発明は、請求項1乃至4の何れかに記載の成形ツール駆動機構において、線材が成形ツールを素通りした場合にその線材が突き当てられる保護壁を備えたところに特徴を有する。
【発明の効果】
【0010】
請求項1の発明によれば、回転ヘッドは、常にツール固定メインテーブルの後方に位置しており、ツール固定サブテーブルの後方に回転ヘッドが位置することはないから、その分、ツール固定サブテーブルの後方スペースは、ツール固定メインテーブル側より広く(奥行きが深く)なる。これにより、従来は回転ヘッドと干渉するが故に成形することができなかった比較的長い線材成形品を、ツール固定サブテーブル側で成形することができる。また、ツール固定メインテーブルとツール固定サブテーブルとの2つを備えたことで、従来より多くの成形ツールを保持可能となり、従来より複雑な形状も成形可能となる。
【0011】
請求項2の発明によれば、第1回転駆動モータが円筒シャフトを回転させると、回転ヘッドが第1回転軸の回りに回転駆動する。一方、第2回転駆動モータが円筒シャフト内でインナーシャフトを回転させると、そのインナーシャフトの先端にベベルギヤを介して連結された中継シャフトが連動回転し、中継シャフトの一端部にヘッド支持突部の内部で連結された末端回転部材が第2回転軸の回りに回転駆動する。これらにより、ツール固定メインテーブル及びツール固定サブテーブルの位置及び姿勢を、第1回転軸回り及び第2回転軸回りに変化させることができる。
【0012】
請求項3の発明によれば、ベース部材に備えたツール固定メインテーブルとツール固定サブテーブルの位置を互いに直交する2方向、即ち、線材送給方向と平行な第1直動軸の方向と、線材送給方向と直交する第2直動軸の方向とに変位させることができる。
【0013】
請求項4の発明によれば、ベース部材に備えたツール固定メインテーブルとツール固定サブテーブルの位置を、互いに直交する3方向(第1直動軸、第2直動軸及び、それらと直交する第3直動軸の各方向)に変位させることができる。
【0014】
請求項5の発明によれば、万が一、線材が成形ツールと衝合せずにを素通りしても、保護壁に突き当てることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
以下、本発明の一実施形態を図1〜図9に基づいて説明する。図1に示すように線材成形機10のベースプレート11には、成形ツール駆動機構20と線材送給装置12とが水平方向で対峙して固定されており、図2に示すように、成形ツール駆動機構20と線材送給装置12との間には、切断ツール駆動機構50が設けられている。
【0016】
図3に示すように、線材送給装置12には、上下に並んで対をなした送りローラ13,13が水平方向に3対設けられている。これら各対の送りローラ13,13の間に線材90を挟み、上下の送りローラ13,13を対称回転させることで線材90を成形ツール駆動機構20側に送給したり、或いは、その逆向きに引き戻すことができる。また、各送りローラ13は、それぞれ別々のサーボモータ16によって駆動されるようになっており、これにより線材90の送給量を制御することができる。
【0017】
図1に示すように線材送給装置12のうち、成形ツール駆動機構20との対向面(以下、線材送給装置12の前面12Aという)には、クイル14が固定されている。クイル14には、線材90の断面形状に対応した、例えば、断面円形の線材挿通孔が貫通形成されている。そして、線材送給装置12により送給された線材90はこの線材挿通孔を通して成形ツール駆動機構20側に送給される。このクイル14により線材90の側方への移動が規制される。
【0018】
図4に示すように、切断ツール駆動機構50は線材送給装置12の前面12Aのうち、クイル14の側方位置に取り付けられている。切断ツール駆動機構50は、クイル14側を向いた前面に切断ツール54を備え、線材送給装置12の前面12Aとの間に設けられた第1直動部51によって、切断ツール54を上下方向に往復駆動させる。第1直動部51は、ボールネジ機構52とスライダ機構53とから構成され、サーボモータ51M1に、ボールネジ機構52のボールネジ52Bの一端部が連結されている。そして、サーボモータ51M1がボールネジ52Bを回転させると、スライダ機構53に案内されて切断ツール54が上下方向に移動する。
【0019】
図示しないが、切断ツール駆動機構50は、上述した第1直動部51と同様のボールネジ機構及びスライダ機構を水平方向に延ばした構造の第2直動部を備えており、ボールネジ機構に備えたボールネジの一端部に、サーボモータ51M2が連結されている。そして、サーボモータ51M2がボールネジを回転させると、切断ツール54がスライダ機構に案内されて水平方向に移動し、クイル14の前方領域(図4の右側領域)に対して側方から進退するようになっている。
【0020】
切断ツール駆動機構50は、図8(A)に示す後述の成形ツールT1〜T3によって線材90が成形されている間は、切断ツール54を線材送給装置12の側方に退避させており、成形が完了すると成形ツールT1〜T3の代わりに切断ツール54をクイル14の前方領域に進入させる。そして、ツール駆動サーボモータ55により切断ツール54が作動して、線材90の基端部が切断される。
【0021】
次に、成形ツール駆動機構20について図5〜図7を参照しつつ詳説する。図6に示すように、成形ツール駆動機構20は、ベースプレート11に固定された固定ハウジング11Hの内側に収容されている。成形ツール駆動機構20は、第1可動ベース40の内側に第2可動ベース41を備え、さらに、第2可動ベース41の内側に、本発明の「ベース部材」に相当する第3可動ベース42を備えている。そして、ベースプレート11及び固定ハウジング11Hと第1可動ベース40との間、第1可動ベース40と第2可動ベース41との間、第2可動ベース41と第3可動ベース42との間にそれぞれ設けられた第1〜第3直動機構によって、第3可動ベース42を互いに直交する三方向に直動させる構成になっている。
【0022】
第2可動ベース41と第3可動ベース42との間に備えた第1直動機構の具体的な構成は以下の通りである。即ち、第2可動ベース41の上壁41Aと下壁41Bとには、それぞれ線材90の送給方向に延びて平行に並んだレール21S1,21S1備えられ、第3可動ベース42の上壁及び下壁にそれぞれ設けられたスライダ21S2,21S2が、それらレール21S1,21S1に直動可能に係合している。
【0023】
また、図5に示すように第2可動ベース41の下壁41Bから起立して線材90の送給方向で対向した1対の壁部の間には、レール21S1,21S1と平行に延びたボールネジ21B1が差し渡されて回転可能に支持されている。そして、第3可動ベース42から垂下した支持壁42A(図6を参照)にボールナット21B2が固定され、そのボールナット21B2とボールネジ21B1とが螺合している。さらに、第2可動ベース41には、第1直動機構の駆動源である第1直動軸サーボモータ21Mが取り付けられ、その第1直動軸サーボモータ21Mの出力回転軸にボールネジ21B1の一端部が連結されている。これらにより第1直動機構が構成され、第1直動軸サーボモータ21Mがボールネジ21B1を回転させると、第3可動ベース42がレール21S1,21S1上を移動する。即ち、第3可動ベース42が線材90の送給方向と平行な第1直動軸AX1(図5参照)の方向に往復動する。
【0024】
ベースプレート11及び固定ハウジング11Hと第1可動ベース40との間に備えた第2直動機構は、上記第1直動機構と同様な構造をなしている。即ち、図5及び図6に示すように、ベースプレート11の上面及び固定ハウジング11Hの上壁下面には、線材90の送給方向と直交した水平方向(図5における紙面に直交する方向、図6における左右方向)に延びたレール22S1,22S1が備えられ、第1可動ベース40には、レール22S1,22S1に直動可能に係合したスライダ22S2,22S2が備えられている。また、ベースプレート11にはレール22S1と平行に延びたボールネジ22B1が回転可能に支持され、第1可動ベース40には、ボールネジ22B1に螺合したボールナット22B2が備えられている。
【0025】
さらに、ベースプレート11には、第2直動機構の駆動源である第2直動軸サーボモータ22Mが取り付けられ、その第2直動軸サーボモータ22Mの出力回転軸にボールネジ22B1の一端部がギヤ連結されている。これらにより第2直動機構が構成され、第2直動軸サーボモータ22Mがボールネジ22B1を回転させると、第1可動ベース40がレール22S1,22S1上をスライドする。即ち、第1可動ベース40と共に第3可動ベース42が、線材90の送給方向(第1直動軸AX1)と直交する水平方向(本発明の「第2直動軸の方向」に相当する)に往復動する。
【0026】
第1可動ベース40と第2可動ベース41との間に備えた第3直動機構も、上記第1及び第2直動機構と同様な構造をなしている。即ち、図6に示すように、第1可動ベース40の両側辺には、上下方向に延びたレール23S1,23S1が備えられており、第2可動ベース41の両側辺には、レール23S1,23S1に直動可能に係合したスライダ23S2,23S2が備えられている。また、第1可動ベース40の一側辺には、レール23S1と平行に延びたボールネジ23B1が回転可能に支持されており、第2可動ベース41の一側辺にはボールネジ23B1に螺合したボールナット23B2が備えられている。
【0027】
さらに、第1可動ベース40には、第3直動機構の駆動源である第3直動軸サーボモータ23Mが取り付けられ、その第3直動軸サーボモータ23Mの出力回転軸にボールネジ23B1の一端部が連結されている。これらにより第3直動機構が構成され、第3直動軸サーボモータ23Mがボールネジ23B1を回転させると、第2可動ベース41がレール23S1,23S1上をスライドする。即ち、第2可動ベース41と共に第3可動ベース42が、ベースプレート11に対して線材90の送給方向(第1直動軸AX1)と直交する上下方向(本発明の「第3直動軸の方向」に相当する)に往復動する。ここで、第2可動ベース41の上壁には、1対の直動シリンダ60,60(油圧シリンダ、エアシリンダなど)から延びたシリンダロッド61,61の先端部が連結されており、これら直動シリンダ60,60と第3直動軸サーボモータ23Mとが協働して、第2可動ベース41を上下動させるようになっている。
【0028】
上述の如く三方向に直動可能な第3可動ベース42には、成形ツールT1〜T3を固定するためのツール固定テーブル30A,30Bが取り付けられている。このツール固定テーブル30A,30Bは、以下に説明する第1回転機構及び第2回転機構によって互いに直交する軸回りに回転可能な構成になっている。
【0029】
第1回転機構の具体的な構成は以下の通りである。即ち、図7に示すように、第3可動ベース42には、線材90の送給方向に延びた円筒シャフト31Sがベアリングによって回転可能に軸支され、円筒シャフト31Sのうちクイル14側の端部には、線材送給装置12との対向した前面壁42Bからクイル14側に突出した回転ヘッド32が固定されている。第3可動ベース42のうち、クイル14とは反対側の後面には、第1回転機構の駆動源である第1回転駆動サーボモータ24Mが取り付けられ、その第1回転駆動サーボモータ24M(本発明の「第1回転駆動モータ」に相当する)の出力回転軸と円筒シャフト31Sとが平ギヤ24G1,24G2を介して連結されている。これらにより第1回転機構が構成され、第1回転駆動サーボモータ24Mによって円筒シャフト31Sを回転させると、回転ヘッド32が線材90の送給方向と平行な第1回転軸J1の回りに回動する。
【0030】
第2回転機構の具体的な構成は以下の通りである。即ち、図7に示すように円筒シャフト31Sの内側には、ベアリングによりインナーシャフト33Sが回転可能に軸支されている。また、回転ヘッド32のうち、第1回転軸J1から外側にオフセットした(円筒シャフト31Sの回転中心から外側にずれた)外縁部からはクイル14に向かって旋回支持台34(本発明の「ヘッド支持突部」に相当する)が突出している。そして、回転ヘッド32の内部には、第1回転軸J1と直交する軸回りに回転する中継シャフト35が備えられ、旋回支持台34には、中継シャフト35と平行な軸回りに回転する旋回シャフト36(本発明の「端末回転部材」に相当する)が備えられている。
【0031】
インナーシャフト33Sと中継シャフト35との間は、回転ヘッド32の内部で1対のベベルギヤ33G1,35G1により連結されており、中継シャフト35と旋回シャフト36との間は、旋回支持台34の内部で平ギヤ35G2,36G1により連結されている。
【0032】
図7に示すように第3可動ベース42の後面側には、第2回転機構の駆動源である第2回転駆動サーボモータ25M(本発明の「第2回転駆動モータ」に相当する)がインナーシャフト33Sと同軸上に取り付けられ、その第2回転駆動サーボモータ25Mの出力回転軸とインナーシャフト33Sの一端部とが連結されている。これらにより第2回転機構が構成され、第2回転駆動サーボモータ25Mがインナーシャフト33Sを回転させると、回転ヘッド32の内部で中継シャフト35が連動回転し、さらに旋回シャフト36が第1回転軸J1と直交する第2回転軸J2の回りに連動回転する。
【0033】
旋回シャフト36は旋回支持台34を第2回転軸J2方向に貫通しており、旋回支持台34から突出した両端部には、それぞれツール固定テーブル30A,30Bが固定されている。ツール固定テーブル30A,30Bは、図8(A)に示すように、例えば、平面形状が略三角形をなし、その各角部にそれぞれ成形ツールT1〜T3が固定されている。
【0034】
詳細には、旋回シャフト36のうち、第1回転軸J1(回転ヘッド32の回転中心)側の端部に固定されたツール固定メインテーブル30Aは、第1回転軸J1側(図7における上方)を向いたツール固定面30P1を備え、そのツール固定面30P1に互いに異なる成形ツールT1〜T3が、例えばボルト固定されている。
【0035】
一方、旋回シャフト36のうち、ツール固定メインテーブル30Aとは反対側の端部に固定されたツール固定サブテーブル30Bは、第1回転軸J1とは反対の外側(図7における下方)を向きかつ、回転ヘッド32の外側面より外側に突出したツール固定面30P2を備え、そのツール固定面30P2に、互いに異なる成形ツールT1〜T3がボルト固定されている。
【0036】
また、ツール固定メインテーブル30Aに固定された成形ツールT1〜T3では、図8(B)に示す比較的短いコイルばねCS1が成形され、ツール固定サブテーブル30Bに備えた成形ツールT1〜T3では、図8(C)に示す比較的長いコイルばねCS2が成形される。即ち、コイルばねCS1,CS2は、コイル部91の両端部から巻回軸方向に直線部92,92が延び、直線部の先端がU字状に湾曲したフック部93,93となっている。そして、コイルばねCS1に比べてコイルばねCS2の方が、直線部92,92が長くなっている。
【0037】
ここで、コイルばねCS1,CS2は、直線部92,92の長さ以外は同一形状なので、ツール固定メインテーブル30Aに固定された成形ツールT1〜T3と、ツール固定サブテーブル30Bに固定された成形ツールT1〜T3は、同じ組合せとなっている。
【0038】
線材成形機10には、上記した各サーボモータ21M〜25MをNC制御する図示しない制御部が備えられている。そして、この制御部がNCプログラムを実行することで、2種類のコイルばねCS1,CS2のうちの何れか一方が製造される。即ち、第1〜第3直動機構及び、第1及び第2回転機構によってツール固定テーブル30A(30B)の姿勢及び位置が変えられ、線材90と衝合させる成形ツールT1〜T3が適宜変更される。すると、クイル14から排出された線材90の先端側から順に、フック部93、直線部92、コイル部91、直線部92、フック部93が成形され、最後に、切断ツール駆動機構50に備えた切断ツール54によって、クイル14側の基端部が切断される。これによりコイルばねCS1(CS2)が1つ完成し、以下、このNCプログラムを繰り返して実行することで、線材90から複数のコイルばねCS1(CS2)を連続して製造することができる。
【0039】
ここで、コイルばねCS1(CS2)のうち、コイル部91は以下のようにして成形される。即ち、成形ツールT1〜T3のうち、成形ツールT1の先端面には、線材90を案内するための線材摺接溝Tzが形成されている。クイル14から排出された線材90は線材摺接溝Tzの内面に押し付けられ、この状態で線材送給装置12が線材90を送給することにより、図9(A)から図9(B)の変化に示すように、後続の線材90が円弧状に塑性変形され、コイル部91が成形される。なお、コイルばねCS1(CS2)のその他の部位(フック部93,93及び直線部92,92)を成形する際のツール固定テーブル30の動作は公知(例えば、特許第3839338号公報参照)であるので、詳細な説明は割愛する。
【0040】
ところで、ツール固定メインテーブル30Aに備えた成形ツールT1〜T3で線材90を成形している過程で、線材90が成形ツールT1〜T3に衝合せず、素通りした場合には、ツール固定メインテーブル30Aの後方に備えた回転ヘッド32に線材90が突き当たる。
【0041】
また、ツール固定サブテーブル30Bに備えた成形ツールT1〜T3で線材90を成形している過程で、線材90が成形ツールT1〜T3を素通りした場合には、ツール固定サブテーブル30Bの後方に備えた第3可動ベース42の前面壁42Bに線材90が突き当たる。
【0042】
即ち、万が一、線材90が成形ツールT1〜T3を素通りしても、成形ツール駆動機構20の一部で受け止めることができる。これにより、線材90が線材成形機10の外側に突き出すことが防がれる。なお、回転ヘッド32の外面を構成する外殻壁及び第3可動ベース42の前面壁42Bは、本発明の「保護壁」に相当する。
【0043】
さて、図5に示すように、回転ヘッド32は、線材送給方向において常にツール固定メインテーブル30Aの後方に位置している。このため、ツール固定メインテーブル30A側では、回転ヘッド32との干渉を避けつつ成形を行う必要があり、図8(B)に示した比較的短いコイルばねCS1しか成形することができない。即ち、図8(C)に示した比較的長いコイルばねCS2は、成形途中で回転ヘッド32と干渉するため、成形することは不可能である。
【0044】
これに対し、本実施形態の成形ツール駆動機構20では、ツール固定メインテーブル30Aとは反対側にツール固定サブテーブル30Bを備えている。このツール固定サブテーブル30Bの後方には、回転ヘッド32が位置することはないので、その分、ツール固定サブテーブル30Bの後方スペースは、ツール固定メインテーブル30A側より広く(奥行きが深く)なっている。従って、従来は、回転ヘッドと干渉するが故に成形することができなかった比較的長いコイルばねCS2を、ツール固定サブテーブル30B側で成形することができる(図7を参照)。また、これら2つのツール固定テーブル30A,30Bを備えたことで、長さの異なる2種類のコイルばねCS1,CS2を成形可能となり、成形可能なコイルばねのバリエーションが増える。なお、ツール固定サブテーブル30B側では、コイルばねCS2のみならず、比較的短いコイルばねCS1も成形できることは勿論である。
【0045】
[他の実施形態]
本発明は、前記実施形態に限定されるものではなく、例えば、以下に説明するような実施形態も本発明の技術的範囲に含まれ、さらに、下記以外にも要旨を逸脱しない範囲内で種々変更して実施することができる。
【0046】
(1)上記実施形態では、ツール固定メインテーブル30Aとツール固定サブテーブル30Bとに、同じ成形ツールT1〜T3を固定していたが、各テーブル30A,30Bで異なる成形ツールを固定してもよい。即ち、本実施形態の成形ツール駆動機構20には、最大で6種類の異なる成形ツールを保持することができる。このようにすれば、従来より複雑な形状も成形可能となり、線材成形品の形状のバリエーションを増やすことができる。なお、ツール固定テーブルに固定された成形ツールの数は3つに限るものではなく、1つ或いは3つ以外の複数の成形ツールを固定してもよい。
【0047】
(2)インナーシャフト33Sと中継シャフト35との間は、ベベルギヤ33G1,35G1によって連結されていたが、例えば、ウォームとウォームホイールによって連結してもよい。また、中継シャフト35と旋回シャフト36との間は、平ギヤ35G2,36G1によって連結されていたが、例えば、プーリーとベルトで連結してもよい。
【0048】
(3)切断ツール駆動機構50に備えた切断ツール54は、以下のような構成でもよい。即ち、線材90の送給方向で互いにずらして上下に配置された1対の切断刃を設け、上側の切断刃と下側の切断刃とが重なるようにして擦れ違う際に、両切断刃のエッジ部の間で線材90を切断する構成でもよい。
【0049】
また、固定刃と可動刃とを備え、可動刃を固定刃に対して相対回転させることで、可動刃が固定刃の内側に重なるようにすれ違い、その際に可動刃と固定刃のエッジ部の間で線材90を切断する構成でもよい。
【図面の簡単な説明】
【0050】
【図1】本発明の第1実施形態に係る線材成形機の側断面図
【図2】線材成形機の平面図
【図3】線材送給装置の部分断面図
【図4】線材切断装置の側面図
【図5】成形ツール駆動機構の側断面図
【図6】成形ツール駆動機構の背面図
【図7】第3可動ベースの拡大側断面図
【図8】(A)ツール固定テーブルの平面図、(B)ツール固定メインテーブル側で成形されるコイルばねの側面図、(C)ツール固定サブテーブル側で成形されるコイルばねの側面図
【図9】コイルばねのコイル部が成形される過程を示す図
【符号の説明】
【0051】
12 線材送給装置
20 成形ツール駆動機構
24M 第1回転駆動サーボモータ(第1回転駆動モータ)
25M 第2回転駆動サーボモータ(第2回転駆動モータ)
30A ツール固定メインテーブル
30B ツール固定サブテーブル
30P1,30P2 ツール固定面
31S 円筒シャフト
32 回転ヘッド
33G1,35G1 ベベルギヤ
33S インナーシャフト
34 旋回支持台(ヘッド支持突部)
35 中継シャフト
36 旋回シャフト(末端回転部材)
42 第3可動ベース(ベース部材)
42B 前面壁(保護壁)
90 線材
AX1 第1直動軸
J1 第1回転軸
J2 第2回転軸
T1〜T3 成形ツール
【出願人】 【識別番号】000116976
【氏名又は名称】旭精機工業株式会社
【出願日】 平成18年11月22日(2006.11.22)
【代理人】 【識別番号】100112472
【弁理士】
【氏名又は名称】松浦 弘


【公開番号】 特開2008−126288(P2008−126288A)
【公開日】 平成20年6月5日(2008.6.5)
【出願番号】 特願2006−315154(P2006−315154)