トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き

【発明の名称】 金型交換装置
【発明者】 【氏名】森藤 真

【要約】 【課題】金型交換時間の短いV型の金型交換装置で、搬送台車と移送手段との間で金型を移載するための新たな移載手段を設けることなく、使用前後の金型を型置き場等に移送できるようにすることである。

【構成】各待機位置B1、B2からプレス機1の前面の作業位置Aへ進退する搬送台車3の2本の進退軌条2a、2bと、各進退軌条2a、2bと交差する横行台車5の横行軌条4とを設け、プレス機1内へダイホルダ6を出し入れする押し引き手段10を組み込んだ搬送台車3の前面側に横行台車5を横付けして、搬送台車3と横行台車5との間でダイホルダ6を移載することにより、金型交換時間の短いV型の金型交換装置で、搬送台車3と横行台車5との間でダイホルダ6を移載するための新たな移載手段を設けることなく、使用前後のダイホルダ6を横行台車5で型置き場に移送できるようにした。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
待機位置からプレス機前面の作業位置へ進退する金型の搬送台車と、この搬送台車で前記作業位置に搬送される金型を前後方向に押し引きしてプレス機内に出し入れする押し引き手段とを備え、プレス機の前面側から金型を交換する金型交換装置において、前記待機位置から作業位置へ進退する搬送台車の進退経路を2本設けて、これらの進退経路を進退する各搬送台車に前記押し引き手段を組み込み、前記各進退経路と交差する横行経路を設けて、この横行経路を横行する横行台車を設け、この横行台車を前記搬送台車の前面側に横付けして、これらの搬送台車と横行台車との間で、前記押し引き手段によって金型を移載するようにしたことを特徴とする金型交換装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、プレス機の金型交換装置に関する。
【背景技術】
【0002】
プレス機の金型交換装置には、待機位置からプレス機前面の作業位置へ延びる1本の進退経路を進退する金型の搬送台車と、待機位置で進退経路とT字状に直交する横行経路を横行する横行台車と、搬送台車で作業位置に搬送される金型を前後方向に押し引きしてプレス機内に前面側から出し入れする押し引き手段とを備え、横行台車で使用前後の金型を待機位置と型置き場等の間で移送するようにしたT型の金型交換装置が多く用いられている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1に記載されたものでは、使用前後の金型をそれぞれの搬送台車と一緒に横行台車に載せるようにしている。
【0003】
また、プレス機ではないが、スピニング機の金型交換装置として、待機位置から作業位置へ進退する金型の搬送台車の進退経路を、作業位置でV字状に交わるように2本設け、一方の進退経路の搬送台車で使用前の金型を、他方の進退経路の搬送台車で使用後の金型を搬送し、作業位置で使用前後の金型を押し引き手段によってプレス機内に前面側から出し入れするようにしたV型の金型交換装置もある(例えば、特許文献2参照)。特許文献2に記載されたものでは、金型の押し引き手段を各搬送台車に設けている。
【0004】
【特許文献1】特開平6−126352号公報
【特許文献2】特開昭64−31530号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
特許文献1に記載されたT型の金型交換装置は、横行台車を用いて使用前後の金型を待機位置と型置き場等の間で移送できる利点があるが、搬送台車の進退経路が1本のみであるので、使用後の金型を受け取った搬送台車を進退経路から横行台車に載せて横行移動させた後、使用前の金型を供給する搬送台車を横行台車上から進退経路に送り出す必要があり、使用後の金型をプレス機から取り出して、使用前の金型を組み込むまでの金型交換時間が長くなる問題がある。
【0006】
一方、特許文献2に記載されたV型の金型交換装置は、使用前の金型を供給する搬送台車を一方の進退経路に待機させ、他方の進退経路の搬送台車が使用後の金型を受け取って作業位置から後退すると同時に、一方の進退経路に待機させた搬送台車を作業位置まで前進させて、使用前の金型を供給することができるので、金型交換時間を短縮できる。しかしながら、V型の金型交換装置では、使用前後の金型を待機位置と型置き場等の間で移送するのに、別途の移送手段が用いられるが、搬送台車と移送手段との間で金型を移載するための移載手段が必要となる問題がある。
【0007】
そこで、本発明の課題は、金型交換時間の短いV型の金型交換装置で、搬送台車と移送手段との間で金型を移載するための新たな移載手段を設けることなく、使用前後の金型を型置き場等に移送できるようにすることである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記の課題を解決するために、本発明は、待機位置からプレス機前面の作業位置へ進退する金型の搬送台車と、この搬送台車で前記作業位置に搬送される金型を前後方向に押し引きしてプレス機内に出し入れする押し引き手段とを備え、プレス機の前面側から金型を交換する金型交換装置において、前記待機位置から作業位置へ進退する搬送台車の進退経路を2本設けて、これらの進退経路を進退する各搬送台車に前記押し引き手段を組み込み、前記各進退経路と交差する横行経路を設けて、この横行経路を横行する横行台車を設け、この横行台車を前記搬送台車の前面側に横付けして、これらの搬送台車と横行台車との間で、前記押し引き手段によって金型を移載する構成を採用した。
【0009】
すなわち、待機位置から作業位置へ進退する搬送台車の進退経路を2本設けて、これらの進退経路を進退する各搬送台車に押し引き手段を組み込み、各進退経路と交差する横行経路を設けて、この横行経路を横行する横行台車を設け、この横行台車を搬送台車の前面側に横付けして、これらの搬送台車と横行台車との間で、押し引き手段によって金型を移載することにより、使用前の金型を供給する搬送台車を一方の進退経路に待機させ、他方の進退経路の搬送台車が使用後の金型を受け取って作業位置から後退すると同時に、一方の進退経路に待機させた搬送台車を作業位置まで前進させる金型交換時間の短いV型の金型交換装置で、搬送台車に組み込んだプレス機内へ金型を出し入れする押し引き手段を用いて、搬送台車と移送手段としての横行台車との間で金型を移載するようにし、新たな移載手段を設けることなく、使用前後の金型を型置き場等に移送できるようにした。
【発明の効果】
【0010】
本発明の金型交換装置は、待機位置から作業位置へ進退する搬送台車の進退経路を2本設けて、これらの進退経路を進退する各搬送台車に押し引き手段を組み込み、各進退経路と交差する横行経路を設けて、この横行経路を横行する横行台車を設け、この横行台車を搬送台車の前面側に横付けして、これらの搬送台車と横行台車との間で、押し引き手段によって金型を移載するようにしたので、金型交換時間の短いV型の金型交換装置で、搬送台車に組み込んだプレス機内へ金型を出し入れする押し引き手段を用いて、搬送台車と移送手段としての横行台車との間で金型を移載するようにし、新たな移載手段を設けることなく、使用前後の金型を型置き場等に移送することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0011】
以下、図面に基づき、本発明の実施形態を説明する。この金型交換装置は、図1および図2に示すように、プレス機1の前面の作業位置AでV字状に斜めに交わる2本の進退経路としての各進退軌条2a、2bを、2箇所の待機位置B1、B2から作業位置Aへ進退する2台の搬送台車3と、各進退軌条2a、2bと左右方向に交差する横行経路としての横行軌条4を横行する横行台車5と、各搬送台車3に搭載され、トランスファー用の複数の金型6aが設けられたダイホルダ6を搬送台車3上から押し出したり、搬送台車3上へ引き込んだりするように、前後方向へ押し引きする押し引き手段10とで基本的に構成されている。なお、図示は省略するが、横行軌条4は型置き場まで延長されている。
【0012】
前記プレス機1のベッド1aには、ダイホルダ6の下型が固定されるボルスタ1bが設けられ、このボルスタ1bと、各搬送台車3および横行台車5の上面には、同一水平面内でそれぞれ前後方向に延び、ダイホルダ6の車輪6bを案内する案内レール7が設けられており、各搬送台車3の案内レール7の後端側には、ダイホルダ6のストッパ8も設けられている。なお、ダイホルダ6の車輪6bは格納式とされ、プレス機1内で使用されるときや、横行台車5上で型置き場へ運ばれるときは、接地しないように格納されるようになっている。
【0013】
図3(a)、(b)、(c)に示すように、前記各搬送台車3と横行台車5は、それぞれ車輪3a、5aがモータ3b、5bで駆動され、片側の前後の車輪3a、5aに、各進退軌条2a、2bや横行軌条4を両側から把持して脱輪を防止する鍔9が設けられており、反対側の前後の各車輪3a、5aはフラットとされている。また、各進退軌条2a、2bや横行軌条4は、床面から突出しないように敷設されている。この実施形態では、プレス機1に向かって外側の各進退軌条2a、2bを走行する各搬送台車3の車輪3aと、プレス機1に近い横行軌条4を走行する横行台車5の車輪5aに鍔9が設けられており、図1に示したように、これらの鍔9を有する各車輪3a、5aが走行する進退軌条2a、2bや横行軌条4が他の進退軌条2a、2bや横行軌条4と交わる部位には、鍔9を通過させる切断部が設けられている。
【0014】
図4に示すように、前記押し引き手段10は、有端チェーン11が巻き掛けられたスプロケット12をモータ13で回転駆動し、搬送台車3の上面中央で前後方向に延びるチェーンガイド14に案内されて前後に駆動される有端チェーン11の先端に、押し引き係合台15を連結したものであり、押し引き係合台15には、自重バランスで水平姿勢となり、ダイホルダ6に設けられたフックブラケット6cの係合ピン6dと係合するフック16がピン16aで枢着されている。また、搬送台車3の前面側には、フック16に取り付けられた金具17を押し上げて、フック16を下向きに傾斜させるエアシリンダ18が取り付けられている。
【0015】
前記ダイホルダ6をボルスタ1b上や横行台車5上から搬送台車3上へ引き込むときは、まず、有端チェーン11を前方へ駆動して押し引き係合台15を前進させる。このとき、図4中に一点鎖線で示すように、フック16の先端の傾斜面16bがフックブラケット6cの係合ピン6dに当接すると、フック16が下向きに傾斜したのち、水平姿勢に戻って係合ピン6dと係合する。こののち、有端チェーン11を後方へ駆動することにより、ダイホルダ6が案内レール7で車輪6bを案内されて搬送台車3上へ引き込まれる。
【0016】
また、前記ダイホルダ6を搬送台車3上からボルスタ1b上や横行台車5上へ押し出すときは、図5に示すように、押し引き係合台15の前面をフックブラケット6cの係合ピン6dに当接させて、有端チェーン11を前方へ駆動することにより、ダイホルダ6が案内レール7で案内されて前方へ押し出される。図示は省略するが、ダイホルダ6が搬送台車3上から押し出されると、エアシリンダ18が作動され、フック16が下向きに傾斜して、フック16と係合ピン6dとの係合が解除され、この状態で押し引き係合台15が後退させられる。
【0017】
以下に、上述した金型交換装置を用いて、前記金型6aが設けられたダイホルダ6を交換する手順を説明する。ここでは、進退軌条2a側からプレス機1で使用後のダイホルダ6を取り出し、進退軌条2b側から使用前のダイホルダ6を組み込む場合について説明するが、この取り出し側と組み込み側の進退軌条2a、2bは逆にしてもよい。まず、図1に示した状態で、使用前のダイホルダ6が横行台車5上から進退軌条2b側の搬送台車3上に引き込まれ、横行台車5が左方へ退避する。こののち、プレス作業が終了すると、図6(a)に示すように、進退軌条2a側の搬送台車3がプレス機1の前面の作業位置Aに前進し、プレス機1内の使用後のダイホルダ6を押し引き手段10によって搬送台車3上に引き出す。このとき、横行台車5から使用前のダイホルダ6を受け取った進退軌条2b側の搬送台車3は、作業位置A近くで待機するようにしてもよい。
【0018】
つぎに、図6(b)に示すように、使用後のダイホルダ6を引き出した進退軌条2a側の搬送台車3が待機位置B1に後退すると、進退軌条2b側の搬送台車3が作業位置Aに前進して、使用前のダイホルダ6を押し引き手段10によってプレス機1内に押し出すとともに、待機位置B1に後退した進退軌条2a側の搬送台車3の前面側に横行台車5が横付けされ、使用後のダイホルダ6が押し引き手段10によって横行台車5上に押し出される。図示は省略するが、使用後のダイホルダ6を受け取った横行台車5は型置き場まで横行し、使用後のダイホルダ6を降ろすとともに、新たなダイホルダ6を積み込んで戻る。新たなダイホルダ6を積み込んだ横行台車5は、つぎのプレス作業中に、進退軌条2a側の搬送台車3の前面側に横付けされ、この搬送台車3上に新たなダイホルダ6が押し引き手段10によって引き込まれる。このように、搬送台車3の前面側に横行台車5を横付けすることにより、押し引き手段10による搬送台車3と横行台車5との間でのダイホルダ6の移載を、プレス機1内へダイホルダ6を出し入れする場合と、同一方向に同一手順で行うことができる。
【0019】
上述した実施形態では、金型交換装置で交換される金型を、トランスファー用の複数の金型が設けられたダイホルダとしたが、本発明に係る金型交換装置は、トランスファー用でない単一の金型も交換することができる。また、搬送台車に搭載した押し引き手段を、モータで前後駆動される有端チェーンでダイホルダを押し引きするものとしたが、シリンダやラックピニオン機構等を用いてダイホルダを押し引きするものとしてもよい。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】金型交換装置の実施形態を示す平面図
【図2】図1の正面図
【図3】a、b、cは、それぞれ図1のIIIa−IIIa線、IIIb−IIIb線、IIIc−IIIc線に沿った一部省略断面図
【図4】図2の押し引き手段でダイホルダを引き込む状態を示す正面図
【図5】図2の押し引き手段でダイホルダを押し出す状態を示す正面図
【図6】a、bは、それぞれ図1の金型交換装置を用いてダイホルダを交換する手順を説明する平面図
【符号の説明】
【0021】
A 作業位置
B1、B2 待機位置
1 プレス機
1a ベッド
1b ボルスタ
2a、2b 進退軌条
3 搬送台車
3a 車輪
3b モータ
4 横行軌条
5 横行台車
5a 車輪
5b モータ
6 ダイホルダ
6a 金型
6b 車輪
6c フックブラケット
6d 係合ピン
7 案内レール
8 ストッパ
9 鍔
10 押し引き手段
11 有端チェーン
12 スプロケット
13 モータ
14 チェーンガイド
15 押し引き係合台
16 フック
16a ピン
16b 傾斜面
17 金具
18 エアシリンダ
【出願人】 【識別番号】000142595
【氏名又は名称】株式会社栗本鐵工所
【出願日】 平成18年7月11日(2006.7.11)
【代理人】 【識別番号】100074206
【弁理士】
【氏名又は名称】鎌田 文二

【識別番号】100087538
【弁理士】
【氏名又は名称】鳥居 和久

【識別番号】100112575
【弁理士】
【氏名又は名称】田川 孝由

【識別番号】100084858
【弁理士】
【氏名又は名称】東尾 正博


【公開番号】 特開2008−18437(P2008−18437A)
【公開日】 平成20年1月31日(2008.1.31)
【出願番号】 特願2006−190363(P2006−190363)