トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き

【発明の名称】 スパイラル鋼管の製造方法
【発明者】 【氏名】津行 浩義

【要約】 【課題】鋼管矢板に好適なスパイラル鋼管の製造方法を提供する。

【解決手段】成形ロールによる初期曲げ後、ガイドロールで拘束し、その後溶接を行う際、前記ガイドロールは内外周側に配置し、内外周のいずれかでの拘束力に応じて初期曲げ半径を調整する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
成形ロールによる初期曲げ後、ガイドロールで拘束し、その後溶接を行うスパイラル鋼管の製造方法であって、前記ガイドロールは内外周側に配置し、内外周のいずれかでの拘束力に応じて初期曲げ半径を調整することを特徴とするスパイラル鋼管の製造方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明はスパイラル鋼管の製造方法に関し、特に鋼管矢板に好適なものの製造方法に関する。
【背景技術】
【0002】
スパイラル鋼管の製造装置は、素材に必要な予備処理を行いながら送り込む前処理部、スパイラル状に成形しながら衝合部を溶接する成形部、および連続的に製造された鋼管を製管機を停止させることなく必要な長さに切断しながら送り出す、送り出し部から構成されている。
【0003】
図6は上述した製造装置のうち、成形部における加工を模式的に説明する図で、素材となる熱延鋼板Pに成形ロール3,4,5で2点支持1点集中荷重の曲げ加工を施し、スパイラル状に成形しつつ熱延鋼板Pの端部b、c間を溶接する。
【0004】
曲げ加工後の熱延鋼板Pは、ガイドローラで製品としての鋼管径にガイドされた後溶接されるが、ガイドローラには、熱延鋼板Pの表裏面のいずれかに配置されることにより外面拘束型と内面拘束型がある。
【0005】
図2は、ガイドローラを外面側に配置した外面拘束型を説明する模式図で、熱延鋼板Pは、成形ロール3,4,5による2点支持1点集中荷重の曲げ加工で製品径より大きい半径(点線で示す形状)に曲げ加工をされた後、ガイドローラ2で外側から製品径に保持された状態で溶接される。
【0006】
図3は、ガイドローラを内面側に配置した内面拘束型を説明する模式図で、熱延鋼板Pは、成形ロール3,4,5による2点支持1点集中荷重の曲げ加工で製品径より小さい半径(点線で示す形状)に曲げ加工をされた後、ガイドローラ2で内側から製品径に保持された状態で溶接される。
【0007】
このようにスパイラル鋼管は成形溶接のままで製品とされるため、成形時における残留応力がそのまま残存し、例えば、特許文献1には、外面拘束型の場合、1.スプリングバックしようとする残留応力により外径変動が大きく表示される。2.ラインパイプとして使用する場合において内圧に対する耐力が低い。3.矢板用原管とする場合の接手溶接で変形する。などの問題が指摘されている。
【0008】
特許文献1は、残留応力を制御して溶接突合せ部におけるピーキングの発生や鋼板座屈を防止するスパイラル鋼管の製造方法に関し、外周拘束型造管機による造管の場合、通常、成形ロールによる初期曲げ半径を鋼管半径より大きくするところ、小さくし、更に、第一ロールの設定高さを造管下端面レベルより高くして、初期曲げの前に生じる逆曲げの半径を大きくすることが記載されている。
【0009】
特許文献2には、特許文献1で提案する、スパイラル鋼管の製造方法における、最適な初期曲げ半径を鋼管の製品中立面半径、スプリングバック係数などを用いて具体的に求める算出式が記載されている。
【特許文献1】特開昭53−142361号公報
【特許文献2】特開昭53−142363号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0010】
ところで、スパイラル鋼管を矢板用原管とする場合の接手溶接による変形は、外面拘束型の場合は図5(a),(b),内面拘束型の場合は図4(a),(b)で説明される。スパイラル鋼管1に鋼管矢板とするための接手11を溶接すると、溶接部aが収縮することにより外面拘束型の場合は矢板としての製品幅が増大し、内面拘束型の場合は、減少する。
【0011】
このように、スパイラル鋼管を原管とする鋼管矢板では、拘束方法によって接手溶接による変形が相違するため、土木工事で拘束方法が異なるものが混在すると施工精度の確保が困難となる。
【0012】
そこで、本発明は、造管時の残留応力が小さく、鋼管矢板の原管として好適なスパイラル鋼管の製造方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0013】
本発明の課題は、以下の手段により達成可能である。
1.成形ロールによる初期曲げ後、ガイドロールで拘束し、その後溶接を行うスパイラル鋼管の製造方法であって、前記ガイドロールは内外周側に配置し、内外周のいずれかでの拘束力に応じて初期曲げ半径を調整することを特徴とするスパイラル鋼管の製造方法。
【発明の効果】
【0014】
本発明によれば、スパイラル鋼管を、鋼管矢板とする際の接手溶接による変形が小さいので、真円度をだすためのジャッキによる矯正作業が不要となり、生産性が向上する。
【発明を実施するための最良の形態】
【0015】
本発明は、ガイドロールを内外周側に配置するスパイラル鋼管の製造方法であって、ガイドロールに作用する、初期曲げ後のスプリングバックによる反発力を感知して、当該反発力が小さくなるように、初期曲げ半径を調整することを特徴とする。
【0016】
図1は、本発明の原理を説明する模式図で、熱延鋼板Pは、成形ロール3,4,5で初期曲げ加工後、ガイドロール2で製品寸法にガイドされた後、溶接される。ガイドロール2は、曲げ加工後のスプリングバックによる反発力の検知手段(図示しない)を備え、曲げ加工された熱延鋼板Pの内外周面側に配置する。
【0017】
まず、初期曲げ半径を略製品径として初期曲げを行い、内外周面のいずれかのガイドロール2で曲げ加工後のスプリングバックによる反発力を検知する。ガイドロール2は、ガイド面(内外周の中央)が製品径となるように配置する。
【0018】
そして、外周面側のガイドロールで反発力が検知された場合は、当初に設定した初期曲げ半径を小さくし、内周面側のガイドロールで反発力が検知された場合は、当初に設定した初期曲げ半径を大きくする。
【0019】
その結果、ガイドロール2により拘束力が生じないように初期曲げ半径を調整することが可能で、加工変形の原因となる造管時残留応力が低減されたスパイラル鋼管が製造される。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】本発明の原理を説明する図。
【図2】外面拘束型のスパイラル鋼管の製造方法を説明する図。
【図3】内面拘束型のスパイラル鋼管の製造方法を説明する図。
【図4】外面拘束型のスパイラル鋼管を矢板用原管とする接手溶接による変形を示す図で(a)は溶接前、(b)は溶接後を示す図。
【図5】内面拘束型のスパイラル鋼管を矢板用原管とする接手溶接による変形を示す図で(a)は溶接前、(b)は溶接後を示す図。
【図6】スパイラル鋼管の製造方法を説明する図。
【符号の説明】
【0021】
1 スパイラル鋼管
2 ガイドロール
3、4,5 成形ロール
11 鋼管矢板用接手
P 熱延鋼板
【出願人】 【識別番号】000001258
【氏名又は名称】JFEスチール株式会社
【出願日】 平成18年9月28日(2006.9.28)
【代理人】 【識別番号】100105968
【弁理士】
【氏名又は名称】落合 憲一郎

【識別番号】100130834
【弁理士】
【氏名又は名称】森 和弘


【公開番号】 特開2008−80373(P2008−80373A)
【公開日】 平成20年4月10日(2008.4.10)
【出願番号】 特願2006−263688(P2006−263688)