トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き

【発明の名称】 マンドレルロッドヘッドの折れ防止方法
【発明者】 【氏名】東山 隆信

【要約】 【課題】コールドピルガーミル圧延でのマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法を提供する。

【解決手段】コールドピルガーミル圧延でのマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法において、ジョイント部を平面でマンドレルロッドの後端面から押さえて保持する形状とすることを特徴とするマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法。また、上記ジョイントの内部に詰め込みすることを特徴とするマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法。さらに、上記のジョイントの内部に詰め込みするための対象ロッド径を20mm径以下とすることを特徴とするマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
コールドピルガーミル圧延でのマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法において、ジョイント部を平面でマンドレルロッドの後端面から押さえて保持する形状とすることを特徴とするマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法。
【請求項2】
請求項1に記載のジョイントの内部に詰め込みすることを特徴とするマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法。
【請求項3】
請求項1または2に記載のジョイントの内部に詰め込みするための対象ロッド径を20mm径以下とすることを特徴とするマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、コールドピルガーミル圧延でのマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法に関するものである。
【背景技術】
【0002】
図2は、コールドピルガーミルの圧延概略説明図である。一般にコールドピルガーミル圧延は、この図2に示すように、熱間圧延された母管2を圧延し、肉厚、外径を減少させ目標の寸法の成品4に仕上げるミルをコールドピルガーミルと呼んでいる。このコールドピルガーミルは、母管2の外径は往復運動するガリバーロール1により圧延され、母管2の肉厚は内径側に挿入されたマンドレル3により肉厚を減少させることによって、目標寸法の成品4に仕上げるものである。すなわち、このマンドレル3はマンドレルロッド5に支持されたマンドレル3を被圧延管の内部に挿入し、カリバーロール1を前後に往復移動させることによって行われる。
【0003】
図3は、コールドピルガーマンドレルロッド引抜装置の概略図である。この図3に示すように、送り台6に一体となったシリンダー付きのロッド保持装置10を設置し、寸法替えでマンドレルロッド5を交換する場合は、スラスト爪8を開放し、ロッド保持装置10のシルンダーを閉にし、マンドレルロット5を保持する。保持されたマンドレルロッド5は、送り台6と確実に連動し、滑ることなくマンドレルロッド5を後方で送り出していくように構成されている。符号7はジョイントであり、9はコントロールボックスであり、11はアームであり、12はジョイント口金を示す。
【0004】
図4は、従来のジョイントとジョイント口金内部の拡大図である。この図に示すように、ジョイント7はジョイント口金12から構成され、このジョイント口金12の奥までロッドヘッド13の端部が入っているために、回転する時に大きな力がロッドヘッド13の矢印の部分にかかり、ロッドヘッド13が折れる。なお、符号14は内面潤滑ロールオイル送入口を示す。このジョイント口金12から、圧延時に成品内面にロールオイルを送るように構成されている。
【0005】
例えば特開平9−141332号公報(特許文献1)に開示されているように、金属管内部にマンドレルを入れて金属管を圧延する管圧延において、圧延時に成品内面にロールオイルを送る当たり、コールドピルガーミル圧延等の冷間金属管圧延時の管内潤滑異常の発生を検知することが開示されている。このようにマンドレルロッド5は、圧延時に成品内面にロールオイルを送るためにスラスト15で固定され後端でジョイント7に接続されている。しかし、ロッド径が20mm以下の細いものになるとロッド使用時は圧延時に成品内面にロールオイルを送らないで、このロッド後端のスラスト付近での折損が多発している。
【特許文献1】特開平9−141332号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上述したように、ロッド径が20mm以下の細いものになるとロッド使用時は圧延時に成品内面にロールオイルを送らないために、ロッド後端のスラスト付近での折損が多発している、このスラスト付近でのロッドの損傷を削減するために、ジョイント部を改良し、ロッドヘッドにかかる力を小さくし、ロッドヘッドでの折損を減少させた、コールドピルガーミル圧延でのマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法を提供するものである。
【0007】
その発明の要旨とするところは、
(1)コールドピルガーミル圧延でのマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法において、ジョイント部を平面でマンドレルロッドの後端面から押さえて保持する形状とすることを特徴とするマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法。
(2)前記(1)に記載のジョイントの内部に詰め込みすることを特徴とするマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法。
(3)前記(1)または(2)に記載のジョイントの内部に詰め込みするための対象ロッド径を20mm径以下とすることを特徴とするマンドレルロッドヘッドの折れ防止方法にある。
【発明の効果】
【0008】
以上述べたように、本発明により、ロッド後端のスラスト付近でのマンドレルロッドヘッド折損を激減させることができる極めて優れた効果を奏するものである。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
以下、本発明について図面に従って詳細に説明する。
こともと、ロッド後端のスラスト付近でのマンドレルロッドヘッド折損が生じる要因は、ロッドが長いために、ロッドヘッドの振れが大きいこと、プッシャートラフの高さ調整不良やジョイントの調整不良により生じるもの、また、素管装入時ヘッドに当たり、ジョイント口金の摩耗によるもの、さらには素管肉厚が大きくなると内面肌が悪くなり、送りが悪く、素管の曲がりが発生することによる等に起因する。
【0010】
上述したような要因から、その対策として、プッシャ−トラフ調整ボルトの取り付け、内面ジョイントに減圧弁を取り付け、プッシャースピードの変更、ジョイント口金の変更等を行うも、その成果は十分でなかった。また、素管内面潤滑のために、ロッドに潤滑油ホースにより潤滑油を供給した。しかし、内径が20mm以下(穴なし)のロッドを使用する時は圧延時に成品内面にロールオイルを送らないので、ジョイント部を改良し、ロッドヘッドにかかる力を小さくし、ロッドヘッドでの折損を減らす必要がある。
【0011】
図1は、本発明に係るジョイントと口金内部拡大図である。この図に示すように、ジョイント口金12の内部にジョイント口金と同じ形状の詰め物16をし、ロッドヘッド13が詰め物で止まりジョイント口金12の奥まで入らないように、ジョイント口金12の内部に詰め物16により、ロッドヘッド13が固定されなくなり、ロッドヘッド13にかかる力が小さくなるようにする。このように、ジョイント部をロッドヘッド13を包み込み保持する形状を、平面でロッドの後端面から押さえて保持する形状とすることにより、後端で保持され強い力がかかっていたロッドヘッド13のスラスト15付近にかかる力が軽減され、ロッド5がスラスト15付近で折れることなく圧延できる。
【0012】
特に、ジョイントの内部に詰め込みするための対象ロッド径を22mm径以下(穴なし)の内面潤滑が必要ない細い径のものに採用することにより、ヘッドの折れ防止効果が増大するものである。このように、ジョイント部をロッドヘッドを包み込み保持する形状を、平面でロッドの後端面から押さえて保持する形状に変更することにより、後端で保持され強い力がかかっていたロッドヘッドのスラスト付近にかかる力が軽減され、ロッドヘッド折れ本数が従来は一年間で25本程度発生していたものが、本発明を採用することによりスラスト付近での折れがなく圧延できることが可能となる極めて優れた効果を奏するものである。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本発明に係るジョイントと口金内部拡大図である。
【図2】コールドピルガーミルの圧延概略説明図である。
【図3】コールドピルガーマンドレルロッド引抜装置の概略図である。
【図4】従来のジョイントとジョイント口金内部拡大図である。
【符号の説明】
【0014】
1 ガリバーロール
2 母管
3 マンドレル
4 成品
5 マンドレルロッド
6 送り台
7 ジョイント
8 スラスト爪
9 コントロールボックス
10 ロッド保持装置
11 アーム
12 ジョイント口金
13 ロッドヘッド
14 内面潤滑ロールオイル送入口
15 スラスト
16 詰め物


特許出願人 山陽特殊製鋼株式会社
代理人 弁理士 椎 名 彊


【出願人】 【識別番号】000180070
【氏名又は名称】山陽特殊製鋼株式会社
【出願日】 平成18年9月25日(2006.9.25)
【代理人】 【識別番号】100074790
【弁理士】
【氏名又は名称】椎名 彊


【公開番号】 特開2008−73754(P2008−73754A)
【公開日】 平成20年4月3日(2008.4.3)
【出願番号】 特願2006−258795(P2006−258795)