トップ :: B 処理操作 運輸 :: B21 本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き

【発明の名称】 コールドピルガーミルでの素管圧延方法
【発明者】 【氏名】東山 隆信

【要約】 【課題】本発明は、コールドピルガーミル圧延での連続素管圧延方法を提供する。

【解決手段】コールドピルガーミルによる素管の圧延方法において、次圧延素管の長さの分だけ先行圧延素管を圧延した後、送り台を後退させて次圧延素管を挿入して自動圧延に入る前に、送り台がロールダイスに向かって前進して次圧延素管の後端に当たったときには送り台に設置した圧力スイッチが作動せず送り台は前進を続け、続いて次圧延素管の先端が先行圧延素管の後端に当たったときには圧力スイッチが作動して次圧延素管の先端が先行圧延素管の後端に当たったことを検出し、送り台が停止するように構成したコールドピルガーミルでの素管圧延方法。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
コールドピルガーミルによる素管の圧延方法において、次圧延素管の長さの分だけ先行圧延素管を圧延した後、送り台を後退させて次圧延素管を挿入して自動圧延に入る前に、送り台がロールダイスに向かって前進して次圧延素管の後端に当たったときには送り台に設置した圧力スイッチが作動せず送り台は前進を続け、続いて次圧延素管の先端が先行圧延素管の後端に当たったときには圧力スイッチが作動して次圧延素管の先端が先行圧延素管の後端に当たったことを検出し、送り台が停止するように構成したことを特徴とするコールドピルガーミルでの素管圧延方法。
【請求項2】
請求項1に記載の次圧延素管の先端と先行圧延素管の後端との隙間をなくすことを特徴とするコールドピルガーミルでの素管圧延方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、コールドピルガーミル圧延での連続素管圧延方法に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、コールドピルガーミルで連続的に素管を圧延する際、先行して圧延する素管(以下「先圧延素管」という)はその後続いて圧延される素管(以下「次圧延素管」という)に先圧延素管の後端面を次圧延素管により押されることにより、次圧延素管の長さの分だけ圧延される。そして次に圧延される素管の先端は挿入される時に先行圧延素管の後端との隙間がないように挿入されるが、次圧延素管の長さを測定する時の誤差により素管と素管の隙間が空いた時には空圧伸(同じ個所を何回も圧延すること)となり局部的に肉厚が小さい部位(以下「局部肉厚小」という)が発生する。
【0003】
上記対策として、例えば実開昭60−66602号公報(特許文献1)に開示されているように、送り台の可動長さ以上に間隔をとった2個のシープ間に掛けたシープワイヤの一方の側の所定位置と該送り台とを連結用剛体で連結し、反対側のシープワイヤの所定位置には別の連結用剛体を介して材料検出センサーを付設し、先端揃えで圧伸ライン上に蹴り出される圧伸待ち待機母管の先端から後端までを該送り台の圧伸送りにつれて検出し、後端の検出と同時に圧伸を自動停止し、該待機母管を送り込むようにしたコールドピルガーミルが提案されている。
【0004】
また、実開昭60−66603号公報(特許文献2)に開示されているように、送り台に後方に伸びる棒体をとりつけ、該棒体の後端歩に材料検出センサーを付設し、送り台を後退限まで後退させたときに、材料検出センサーが、後端揃えで蹴り込まれた待機母管の後端を臨くようにし、圧伸が進んで材料検出センサーが、待機母管の先端を検出すると同時に、圧伸を自動停止して、待機母管を送り込むようにしたコールドピルガーミルが提案されている。
【特許文献1】実開昭60−66602号公報
【特許文献2】実開昭60−66603号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上述した特許文献1または2は、最初に、圧伸予定の乱尺の母管ロットにおける最長の母管の長さに合わせて送り台の後退限を設定すれば、あとは自動的に先端揃えで蹴り込まれた待機母管の長さだけ圧伸して停止し、その母管を送り込むので、先行母管との間に無駄なスペースが無くなると言うものであって、局部肉厚小の不良の発生を防ぐための課題とは異なり、そのための対策とはなっていない。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、上述した特許文献とは異なって、局部肉厚小の不良の発生を防ぐために、発明者らは鋭意開発を進めた結果、コールドピルガーミルで素管を圧延する際、先行圧伸素管は後行圧伸素管の長さ分だけ圧延される。そして、次に圧延される素管の先端が挿入される時に先行圧延素管の後端との隙間がないように挿入するものであるが、素管と素管の隙間が空いた時には空圧伸され局部肉厚小の不良が発生する。そこで素管と素管との隙間が発生しない素管挿入方法により、この局部肉厚小不良の発生を防止するコールドピルガーミルでの素管圧延方法を提供するものである。
【0007】
その発明の要旨とするところは、
(1)コールドピルガーミルによる素管の圧延方法において、次圧延素管の長さの分だけ先行圧延素管を圧延した後、送り台を後退させて次圧延素管を挿入して自動圧延に入る前に、送り台がロールダイスに向かって前進して次圧延素管の後端に当たったときには送り台に設置した圧力スイッチが作動せず送り台は前進を続け、続いて次圧延素管の先端が先行圧延素管の後端に当たったときには圧力スイッチが作動して次圧延素管の先端が先行圧延素管の後端に当たったことを検出し、送り台が停止するように構成したことを特徴とするコールドピルガーミルでの素管圧延方法。
(2)前記(1)に記載の次圧延素管の先端と先行圧延素管の後端との隙間をなくすことを特徴とするコールドピルガーミルでの素管圧延方法にある。
【0008】
すなわち、上述のように、最初の接触では圧力スイッチが効かず、後の接触でスイッチが入るようにした原理は、前者は次圧延素管が固定されていないため、同センサーが管の後端に当たると同時に動き出すのでぶつかったときの衝撃力は小さいが、後者は先圧延素管がロールスタンドによって固定されているので同センサーが受ける衝撃力が大きい。この衝撃力の差を利用し、前者のときには送り台には停止させる信号が発進させず、後者のときには停止させる信号が発信されるように設置して押して送り台の前進と停止を制御するようにしたものである。
【発明の効果】
【0009】
以上述べたように、本発明による素管を挿入し自動圧延に入る前に、送り台が前進し素管と素管の隙間を無くし自動圧延がスムーズに行われるようにすることにより、素管を圧伸する管端部の肉厚の薄くなることの不良品の発生を無くすことが可能となり、生産性の向上と歩留り向上を図ることが出来る、極めて優れた効果を奏するものである。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
以下、本発明について図面に従って詳細に説明する。
図1は、コールドピルガーミルラインを示す側面断面図である。この図により素管が圧伸される工程として、素管1はライン上の待機場所に先端揃えまたは後端揃えで蹴り込まれ待機している。先ず待機素管1の前進送り込みは先行素管1´または先先行素管1´´の圧伸を途中停止して行う。次いで、プッシャー2が素管1を押し進めるとマンドレルバークランパー3が開いて素管1を通過させ、素管1はマンドレルバー4を管内に通しつつ、圧伸送り台5の一方開きになっている押し板6を突き開いて進行し、後端が丁度押し板6の僅か前方に出たところで停止し、プッシャー2は後退する。
【0011】
次に、圧伸をするが、圧伸送り台5の送りは、圧伸ロール7の往復駆動サイクルと同期化しており、圧伸ロール7が戻る間に素管1を少しづつ間欠的に送るようにしてある。従って、圧伸送り台5は、最初の数回の圧伸ロール7の無負荷の往復駆動(空駆動)で素管1の後端に達し、さらに、暫く圧伸ロール7が空駆動して、素管1の先端が先行素管1´の後端に突き当たり、これを前進させることとなって、はじめて実際の圧伸が再開される。圧伸は、マンドレル8を芯にして、上下2個のテーパー溝つきロールが水平方向に前転後転を繰り返すことで行われる。なお、素管1の回転は、圧伸ロール7の前後の回転チャック9、10により行われる。上記のように、素管の送り込み、圧伸が行われるのであり、先行素管は先行素管の長さ分だけ圧伸送り台が前進して圧伸される。
【0012】
図2は、先行素管と次素管との隙間の生じる状態を示す概略図である。この図に示すように、先行素管1´と次素管1との隙間11が空いていると、先行素管1´と次素管1の隙間がなくなるまで圧伸送り台5によって素管1は前進させられないので、ロールスタンド12内に設けられている圧伸ロールダイス13は同じ場所で何回も動くようになる。そうするとその部分だけ肉厚が薄くなってしまい局部肉厚小の不良品は発生してしまう原因となる。
【0013】
図3は、本発明に係る素管挿入時の圧伸送り台の前進工程を示す図である。図3(a)は素管挿入前の状態を示す図であり、図3(b)は素管挿入の状態を示す図であり、図3(c)は圧伸送り台が前進して止まる状態を示す図である。この図3(a)に示すように、素管挿入前には、先行素管1´が圧伸送り台5によって送られ、次の素管1が待機した状態を示している。
【0014】
図3(b)は先行素管1´が圧伸送り台5によって送られ、さらに、圧伸送り台5によって次の素管1が圧伸送り台5によって送られ挿入された状態を示している。この場合、圧伸される素管1の先端は挿入される時に先行圧伸素管1´の後端との隙間11が無いように挿入されるものであるが、実際には先行圧伸素管1´との間に隙間11が生じる。この隙間が結果として、圧伸された製品の局部肉厚に影響するものである。なお、符号14は隙間分だけ圧伸送り台が前進する距離を示す。
【0015】
このように、隙間分だけ圧伸送り台が前進することで、この次圧延素管1の先端と先行圧延素管1´の後端との隙間11をなくす。この隙間があると圧伸された製品の局部肉厚小となり製品としての価値がなくなるため、その局部を切断するか、破棄処分する結果となる。従って、その間隔をなくすように挿入する。
【0016】
図3(c)は、上述した圧伸された製品の局部肉厚に影響する圧伸素管1と先行圧伸素管1´との間の隙間11を無くするために、図3(b)で示す隙間分だけを圧伸送り台5が前進することにより先行圧伸素管1´と次圧伸素管1の隙間11を詰ませるため圧伸送り台5が前進するのであるが、その前進する距離は、その圧伸送り台に取る付けられている圧力スイッチ15が作動し、先行圧伸素管1´と次圧伸素管1が接触する状態で圧伸送り台5の前進を自動的に止める操作を行うように構成している。
【0017】
なお、圧伸送り台5に取る付けられている圧力スイッチ15のための材料検出センサーやその信号による圧伸の自動停止回路等は通常用いられている装置による。以上のように構成された本発明によるコールドピルガーミル圧延での連続素管圧延方法によれば、素管を挿入し自動圧延に入る前に、送り台が前進し素管と素管の隙間を無くし自動圧延がスムーズに行われることが可能となり、素管を圧伸する管端部の局部肉厚小がなくなり、それによる製品の不良品の発生がなくなり、生産性の向上と歩留り向上を図ることが出来る工業上極めて有利である。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】コールドピルガーミルラインを示す側面断面図である。
【図2】先行素管と次素管との隙間の生じる状態を示す概略図である。
【図3】本発明に係る素管挿入時の圧伸送り台の前進工程を示す図である。
【符号の説明】
【0019】
1 素管
1´ 先行素管
1´´ 先先行素管
2 プッシャー
3 マンドレルバークランパー
4 マンドレルバー
5 送り台
6 押し板
7 圧伸ロール
8 マンドレル
9、10 回転チャック
11 隙間
12 ロールスタンド
13 圧伸ロールダイス
14 隙間分だけ圧伸送り台が前進する距離
15 圧力スイッチ


特許出願人 山陽特殊製鋼株式会社
代理人 弁理士 椎 名 彊

【出願人】 【識別番号】000180070
【氏名又は名称】山陽特殊製鋼株式会社
【出願日】 平成18年9月25日(2006.9.25)
【代理人】 【識別番号】100074790
【弁理士】
【氏名又は名称】椎名 彊


【公開番号】 特開2008−73753(P2008−73753A)
【公開日】 平成20年4月3日(2008.4.3)
【出願番号】 特願2006−258794(P2006−258794)