トップ :: B 処理操作 運輸 :: B09 固体廃棄物の処理;汚染土壌の再生

【発明の名称】 有機廃棄物処理装置の発酵培地
【発明者】 【氏名】寺田 雅一

【氏名】池田 正規

【要約】 【課題】微生物の働きによって糞尿を分解処理するバイオトイレにおいて、発酵培地には従来から、オガクズ、木片チップ、プラスチック製チップ、ゼオライトなどが使用されているが、これらに比べて、入手し易く、安価であり、微生物の着床率も高く、さらに水分吸収率も高い発酵培地を提供する。

【構成】本発明は、便器1と、この便器1の下部に設けられた糞尿4が収容される発酵処理槽2と、この発酵処理槽2内部に撹拌装置5を備えたバイオトイレにおいて、この発酵処理槽2内部に発酵培地としてコーンコブ3を利用したことを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
便器と、この便器の下部に設けられた糞尿が収容される発酵処理槽と、この発酵処理槽内部に撹拌装置を備えたバイオトイレにおいて、この発酵処理槽内部に発酵培地としてコーンコブを利用したことを特徴とする。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は微生物の働きによって糞尿を分解処理するバイオトイレにおいて、発酵処理装置の内部に充填させて発酵を促進する発酵培地に関する。
【背景技術】
【0002】
微生物の働きによって有機廃棄物を分解処理するトイレは汲取りの必要がなく、下水に流す必要もないため、環境に優しいトイレとして以前から開発され知られている。(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】 特許第3160859号
【0003】
微生物の働きによって有機廃棄物を分解処理する発酵処理装置の内部には、発酵の促進と微生物の棲家や水分調整などの目的で、従来から発酵培地を充填させて使用している。
【0004】
上記した発酵培地には、従来から、オガクズ、木片チップ、プラスチック製チップ、ゼオライトなどが使用されている。
(例えば、特許文献2、特許文献3参照)。
【特許文献2】 特開2000−166808号
【特許文献3】 特開2001−038327号
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記した発酵培地で、オガクズ及び木片チップについては、木工所などから廃棄されるものを使用する場合が多いが、合板や不特定木材のオガクズや木片チップを使用した場合にはその木材に含まれる有害物質が、多くの微生物を死滅させて十分な分解処理ができないことがあった。
【0006】
上記した発酵培地で、オガクズ及び木片チップについては、微生物による分解処理装置には一般的にスギの木が最も良いと言われているが、通常スギ単体のオガクズや木片チップは流通していないので入手が困難であり、バイオトイレに供給するために、わざわざ丸木を削って作られることもあり、環境保護を目的とするトイレでありながら、本来の目的を果たせていなかった。
【0007】
上記した発酵培地で、プラスチック製のチップ、ゼオライトなどの無機材チップを利用する場合には、その培地自体に吸水性がほとんどないため、尿が一時的に多くなると直ぐに液面が露出して、好気的な分解処理ができなくなるので悪臭が発生し、トイレを使用中止にせざるを得なかった。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、便器と、この便器の下部に設けられた糞尿が収容される発酵処理槽と、この発酵処理槽内部に撹拌装置を備えたバイオトイレにおいて、この発酵処理槽内部に発酵培地としてコーンコブを利用したことを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
コーンコブは上記した従来の発酵培地と比べて、家畜用のえさとして一般に流通しているので入手し易く、質量単価が安価であり、通常発酵培地は一年に1、2回の頻度で交換する必要があるが、その際のコスト負担を軽減することができる。
【0010】
コーンコブは上記した従来の発酵培地に比べて、微生物の着床率が優れており、糞尿の分解処理速度を促進することができる。
【0011】
コーンコブは上記した従来の発酵培地に比べて、水分吸収率が優れており、屋外トイレの場合、一時的に利用者が急増することが度々あるが、数日間の平均が基準の使用回数以下であれば好気的な状態を維持できるので悪臭は発生せず、休止することなく連続して運転ができる。
【発明の実施するための最良の形態】
【0012】
図1は、本発明の実施の形態のバイオトイレの構成図である、図において、1はトイレ内部に設置された便器であり、2は便器1の下部に設けられた発酵処理槽であり、便器1から発酵処理槽2へ糞尿4が投下される構造となっている。この発酵処理槽2の内部には発酵培地としてコーンコブ3が充填されており、さらにコーンコブ3と糞尿4を掻き混ぜるために撹拌装置5が設置されている。
【0013】
撹拌装置5は、コーンコブ3と糞尿4を掻き混ぜることと微生物に酸素を供給し、好気的な状態を維持する役割を果たしている。
【0014】
撹拌装置5は、十分に撹拌をするために正転/逆転を交互に行っており、正転、停止、逆転、停止を必要最小限に繰り返し行うことで、無駄な電力を消費しないようにしている。
【0015】
また、コーンコブ3は粒径5mm前後のものを使用している。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】 本発明の実施の形態のバイオトイレ構成図である。
【符号の説明】
【0017】
1 便器、2 発酵処理槽、3 コーンコブ、4 糞尿、5 撹拌装置
【出願人】 【識別番号】593190674
【氏名又は名称】株式会社寺田鉄工所
【出願日】 平成18年6月29日(2006.6.29)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−6426(P2008−6426A)
【公開日】 平成20年1月17日(2008.1.17)
【出願番号】 特願2006−205341(P2006−205341)