トップ :: B 処理操作 運輸 :: B07 固体相互の分離;仕分け

【発明の名称】 さくらんぼの粒径選別装置
【発明者】 【氏名】石井 幸

【氏名】菅原 金一

【要約】 【課題】実及び軸からなるさくらんぼの粒径選別を、姿勢を揃えることにより確実にかつ実を傷付けないように行う。

【解決手段】間隔Bが走行下流に向って漸次広くなる各ベルト10の上面10aに先端が接触するように、ベルト上方からブラシ体41を配設する。ブラシ体41は、さくらんぼの実Sfに当接しても、柔軟に変形して傷付けることなく、かつ軸Skに当接して、ベルトの走行に伴って軸がベルト走行方向に平行になるようにさくらんぼを姿勢変更する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
隣接する2本のベルトの走行上側の間隔が、走行上流側から下流側に向けて漸次広くなるように複数のベルトを配設し、これらベルト上にさくらんぼを載置して移送することにより、さくらんぼをその粒径に応じて前記間隔から落下してなる、さくらんぼの粒径選別装置において、
さくらんぼの実を傷付けることなく、かつさくらんぼの軸に当接してさくらんぼの姿勢を変更し得る弾性を有する柔軟材料からなる姿勢変更部材を、前記走行上側のベルトの上面にその先端が位置するように配設し、
前記姿勢変更部材が、走行状態にある前記ベルト上のさくらんぼの軸に当接することにより該軸が前記ベルトの走行方向に平行となる方向にさくらんぼを姿勢変更することを特徴とする、さくらんぼの粒径選別装置。
【請求項2】
前記姿勢変更部材は、所定長さの多数の立毛からなるブラシ体であり、該ブラシ体を、前記走行上側のベルトの上方から前記立毛の先端が該ベルトの上面に対向する方向に配置してなる、
請求項1記載のさくらんぼの粒径選別装置。
【請求項3】
前記ベルトが少なくとも3本からなり、前記ベルトの間隔によりさくらんぼを移送する移送列が複数列からなる、
請求項1又は2記載のさくらんぼの粒径選別装置。
【請求項4】
前記ベルトが、断面円形からなる丸ベルトである、
請求項1ないし3のいずれか記載のさくらんぼの粒径選別装置。
【請求項5】
前記ベルトの内の横方向外側を走行するベルトの走行上側の外側面に当接して、該ベルトの横揺れを防止する横揺れ防止ガイドを設けた、
請求項1ないし4のいずれか記載のさくらんぼの粒径選別装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、隣接する2本のベルトの間隔が漸次広くなるように配設したベルト上面にさくらんぼを載置して移送することにより、粒径を選別するさくらんぼの粒径選別装置に係り、詳しくは、上記ベルト上のさくらんぼを正しい姿勢に揃える姿勢制御手段を備えたさくらんぼの粒径選別装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、隣接する2本のベルトを漸次間隔が広くなるように張設し、これらベルトの上に果実又は根菜類を載置して搬送し、果実等が上記ベルトの間から落下する位置により果実等を粒径で選別する装置が存在する(例えば特許文献1,2参照)。
【0003】
また、上記粒径選別装置において、ゴム板等の弾性を有する姿勢制御板を、両ベルトを挟むように、外側からベルト走行方向に向けて後退して取付け、にんじん等の長手の根菜類を揃える装置が提案されている(特許文献3)。
【0004】
【特許文献1】実公昭38−24171号公報
【特許文献2】実開昭62−10083号公報
【特許文献3】実公平3−23345号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上述した果実等の粒径選別装置は、リンゴ、ナシ等の略々球形のものに対しては適正に粒径の選別が可能であるが、さくらんぼのように、実と軸(茎)とからなるものは、軸部分がベルトに引っ掛り、良好に粒径選別することはできない。
【0006】
特許文献3に示すように姿勢制御板を設けた粒径選別装置は、にんじん等の表面の硬い根菜類に対しては、ベルトの横方向外側からベルト上に斜めに突出する姿勢制御板が、根菜類に当接してベルト走行に伴って該根菜類を傾斜方向に沿うように回転して長手方向に沿えることは可能であるが、さくらんぼのように実部分が比較的軟らかくかつ高価なものに対しては、ゴム板等の上記姿勢制御板が実部分に当接することにより実を傷付けて、さくらんぼとしての商品価値を大幅に低下してしまい、用いることができない。
【0007】
また、上記姿勢制御板は、ベルトの外側から斜めに取付ける必要があるため、2本のベルトからなる一列状の粒径選別装置にしか適用することができない。
【0008】
そこで、本発明は、さくらんぼに適用して、実を傷付けることなく確実に粒径選別を可能とするさくらんぼの粒径選別装置を提供することを目的とするものである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明は、隣接する2本のベルトの走行上側(10A)(B)の間隔が、走行上流側から下流側に向けて漸次広くなるように複数のベルト(10…)を配設し、これらベルト上にさくらんぼ(S)を載置して移送することにより、さくらんぼをその粒径に応じて前記間隔から落下してなる、さくらんぼの粒径選別装置において、
さくらんぼの実を傷付けることなく、かつさくらんぼの軸に当接してさくらんぼの姿勢を変更し得る弾性を有する柔軟材料からなる姿勢変更部材(41)を、前記走行上側のベルトの上面(10a)にその先端が位置するように配設し、
前記姿勢変更部材(41)が、走行状態にある前記ベルト(10)上のさくらんぼ(S)の軸(Sk)に当接することにより該軸が前記ベルト(10)の走行方向(A)に平行となる方向にさくらんぼを姿勢変更することを特徴とする。
【0010】
前記姿勢変更部材は、所定長さの多数の立毛(41a)からなるブラシ体(41)であり、該ブラシ体を、前記走行上側のベルトの上方から前記立毛の先端が該ベルトの上面に対向する方向に配置してなる。なお、上記ブラシ体の上方からの配置は、真上からに限定するものではなく、斜め上方からも含む概念である。また、ブラシ体の先端がベルトに接触しているものも、僅かに離れているものも含む。
【0011】
前記ベルト(10)が少なくとも3本からなり、前記ベルトの間隔(B)によりさくらんぼを移送する移送列が複数列からなる。
【0012】
前記ベルトが、断面円形からなる丸ベルト(10)である。
【0013】
前記ベルトの内の横方向外側を走行するベルトの走行上側の外側面に当接して、該ベルトの横揺れを防止する横揺れ防止ガイド(20,20)を設けた。
【0014】
なお、上記カッコ内の符号は、図面と対照するためのものであるが、これにより特許請求の範囲に何等影響を及ぼすものではない。
【発明の効果】
【0015】
本発明に係る粒径選別装置は、さくらんぼの実を傷付けることがなく、かつさくらんぼの軸に当接してさくらんぼの姿勢を変更し得る弾性を有する柔軟材料からなる姿勢変更部材を、走行上側の上面にその先端が位置するように配設したので、さくらんぼに適用して、さくらんぼを傷付けることなく、確実かつ正確にさくらんぼの粒径を選別することができる。
【0016】
姿勢変更部材を、所定長さの多数の立毛からなるブラシ体で構成するので、さくらんぼの実に上記立毛が当接しても、該立毛が柔軟に変形することにより実を傷付けることがなく、かつ立毛が軸に当接することにより、さくらんぼの軸がベルト走行方向に平行となる方向に容易に姿勢変更して、信頼性の高いさくらんぼの粒径選別装置を提供することができる。
【0017】
また、ブラシ体がベルトの上方から立毛の先端がベルトの上面に対向する方向に配置したので、3本以上のベルトに対しても、それぞれブラシ体からなる姿勢変更部材を配置することができ、複数列によりさくらんぼを移送・選別することが可能となる。
【0018】
3本以上のベルトを用いて、複数列のベルト間隔によりさくらんぼを移送して、効率の高いさくらんぼの粒径選別作業を行うことができる。
【0019】
断面円形の丸ベルトを用いることにより、さくらんぼを傷付けない程度の柔軟部材からなる姿勢変更部材であっても、ベルトの走行に伴って容易かつ確実にさくらんぼの姿勢を変更することができる。
【0020】
ベルトに当接する横揺れ防止ガイドを設けたので、ベルトの横揺れを防止でき、特に3本以上のベルトを用いた場合の外側のベルトの横揺れを防止して、さくらんぼの粒径選別の精度を向上することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0021】
以下、図面に沿って、本発明の実施の形態について説明する。さくらんぼの粒径選別装置1は、図1及び図2に示すように、複数の横フレーム2a及び縦フレーム2b等からなる枠体2を有しており、該枠体の下部4隅には車輪3…が取付けられている。該枠体2の長手方向両端部分には、プーリ軸5,6がそれぞれ回動自在に支持されている。各プーリ軸5,6にはそれぞれ3個のプーリ7,9がキー等により装着されており、これらプーリにはそれぞれ断面円形からなる丸ベルト10…(図3参照)が走行面を略々水平方向にして巻掛けられている。
【0022】
上記3本のベルト10の走行上側10Aがさくらんぼ載置面となって、矢印方向Aに走行するが、走行上流側となるプーリ軸5には3個のプーリ7…が略々密接(又は近接)して配置されているのに対し、走行下流側となるプーリ軸6には、各プーリ9…の間にプーリ幅規定用の間座リング11,11がそれぞれ介在されている。従って、上流側及び下流側の各プーリ7,9に巻掛けられたベルト10…は、隣接する各ベルトの間隔Bが上流側において狭く下流に向って漸次広くなるように設定される。上記2個の間座リング11,11はプーリ軸6に固定されてプーリ9と共に回転し、かつその外周にさくらんぼを傷付けないようにウレタンスポンジ12が嵌込まれている。
【0023】
下流側のプーリ軸6にはスプロケット13が固定されており、また該プーリ軸下方の枠体2にはモータ15が取付けられており、該モータの出力軸(駆動)スプロケット15aと上記スプロケット13とがチェーン16により連動されている。また、上記プーリ軸6及びモータ15からの駆動部分はカバー17により被われており、前記上流側プーリ部分もカバー19により被われている。更に、上記3本のベルト10…の内の両外側のベルトは、その走行上側10Aの中間部分における外側面に弓形のベルト横揺れ防止ガイド20,20が当接しており、これらガイドは枠体2にロッド等により取付けられている。
【0024】
前記上流側プーリ7の上方にはさくらんぼ供給台21が取付けられる。該供給台は、平面略台形からなり、周囲に縁21aが立ち上げられ、上記ベルト10の上流側の供給部Cに向けてさくらんぼを供給し得る構造からなる。該供給台21は、枠体2に設けたピン22に係合溝を引掛けることにより連結され、かつ折畳み自在の支持脚23により支えられると共に、複数のノッチを有する調節溝25にノブボルト26を選択して係合することにより、傾斜角を調節し得る。
【0025】
下流部分の枠体2には、下流方向に突出して大径さくらんぼ用排出シュータ27が取付けられており、かつその下方に箱等の載置台29が取付けられている。また、さくらんぼ移送面となるベルト10の走行上側10Aの下方で、かつベルト走行下面10Bの上方に位置して、移送(走行)方向Aに対して複数に仕切られた粒径選別台30…が設けられており、該選別台は、図3に詳示するように、移送方向に直交する方向(即ち前方向に向って)傾斜して、枠体2の前後に亘って設けられており、かつその各仕切り壁31はその上側部分が傾斜して立ち上げられて(両方向及び片方向)さくらんぼ案内壁31aとなっている。
【0026】
図3及び図4に詳示するように、粒径選別台30は、その傾斜上側において枠体2に蝶番32を介して支持されており、かつ傾斜下側において枠体2に設けた長孔33aに軸部分35が調整固定されて、傾斜角が調節される。また、図中36は、プーリ軸5を支持するベアリング支持板であり、ボルト37によりベルト10の張力を調整し得る。
【0027】
そして、図3,図4及び図5に詳示するように、枠体2の前後の上横フレーム2aに亘って姿勢制御部材取付けプレート39がブラケット38を介して取付けられている。該取付けプレート39は、さくらんぼ供給台21からベルト載置面10aへさくらんぼを供給する供給部Cの少し下流側における走行上側ベルト10Aの上方に位置し、該取付けプレート39に、ボルト40及び固定部材42によりブラシ体41の基部が固定されている。該ブラシ体41は、上記基部に植設された所定長さの多数の立毛41aを有しており、該立毛41aの先端が、上方から前記走行上側のベルト10Aの上面(さくらんぼ載置面)10aに接するように配置されており、該ブラシ体41は、さくらんぼSに当接してもさくらんぼの実Sfを傷付けることはなく、かつさくらんぼの軸(茎)Skに当接してさくらんぼの姿勢を変更し得る弾力を有する柔軟材料からなり、さくらんぼ姿勢変更部材を構成する。これらブラシ体41は、各ベルト10…に対して少なくとも1個が対応するように設けられており、図5に示すように、隣接するベルトにあって、走行方向Aに所定量ずらして配置されている。
【0028】
ついで、前記さくらんぼの粒径選別装置1の作用について説明する。電源を投入することによりモータ15が回転し、該回転は、駆動スプロケット15a、チェーン16及びスプロケット13を介してプーリ軸6に伝達される。そして、該プーリ軸6の回転により、移送装置(搬送コンベヤ)である3個のプーリ9、ベルト10及びプーリ7が駆動され、3本のベルト10…は、その走行上流側10Aを略々水平方向にして矢印A方向に同速度で走行される。
【0029】
さくらんぼ供給台21上に収穫された多くのさくらんぼSが載せられ、該供給台21上のさくらんぼは、傾斜に基づき供給口から所定量ずつ3本のベルト10からなる移送装置供給部Cに供給される。これらベルトは、走行上流側である供給部C部分では、各ベルトの間隔Bは狭く、さくらんぼSは、間隔から落下することなく、丸ベルト10からなる各ベルト間に跨って載置され、走行下流側に向って移送が開始される。該供給部C部分にあっては、図5に示すように、さくらんぼSは、軸(茎)Skが任意の方向に向いている。
【0030】
そして、ベルト10…の矢印A方向の走行により、さくらんぼSは、各ベルト上に対向配置されたブラシ体41に当接する。さくらんぼSの実部分Sfにブラシ体41が当接する場合、ブラシ体は、上方から垂下する所定長さの柔軟な立毛41aからなるので、立毛がさくらんぼにより容易に変形して実を傷付けることなく逃げる。例えば、図5において、軸Skをベルト10の外側(図面外側)に向けて実Sfをベルト間隔上に載置されたさくらんぼSは、ベルト移送に伴い実Sfの一部がブラシ体41における所定長さの立毛41aの中間部分に当接する。すると、該ブラシ体の多数の立毛41aは、実の外径に沿うように変形し、大きな接触面積で接触することにより実に対する接触圧を軽減し、そして立毛先端部分を後退しつつ斜め横方向(図中上方向)に撓ませて、実を傷付けることなく容易に変形する。
【0031】
さくらんぼSの軸(茎)部分Skにブラシ体41が当接すると、丸ベルト10(の頂部近傍)に先端部が接触している立毛41aは、軸Skに接触してベルトとの連れ移動に対して抵抗する。例えば、図5に示すさくらんぼSは、軸Skの横方向から立毛41aの略々全面で接触して、ブラシ体41は、立毛全体がベルト移送方向Aに変形することに対して所定圧力で抵抗し、ベルトによる実の移送に伴って軸Skを相対的に後退する。この際、ベルト10は、断面円形の丸ベルトからなるため、実Sfはベルト間隔上に載置され、かつベルトは走行後流側が漸次広がるため、上記軸部分Skの走行抵抗により実部分Sfが容易に回動し、さくらんぼは、図5のSに示すように、軸Skが後退してベルトの走行方向Aと平行となる方向に姿勢変更され、更にSに示すように、軸Skがベルト間隔Bに位置するように姿勢を揃えられる。
【0032】
このようにして姿勢を揃えられた2列のさくらんぼS…には、ベルト走行上側10Aからなる移送装置により走行後流側に移送され、該移送に伴い、2列のベルト間隔Bは徐々に広がる。そして、ベルト間隔がさくらんぼSの実Sfの粒径以上になると、さくらんぼは、間隔Bから選別台30上に落下し、複数に仕切られた選別台に落下した各さくらんぼは、傾斜により滑り落ちて各箱等に粒径毎に選別・収納される。ベルト間隔上に最後まで残った粒径の大きいさくらんぼは、後流側のプーリ9及び各プーリ間の間座リング11のウレタンスポンジ12により傷付けられることなくシュータ27に排出され、載置台29上の箱に選別・収納される。
【0033】
この際、各さくらんぼSは、軸Skが実Sfの後側に位置するように揃えられているので、ベルトに軸が引っ掛ったりすることによる選別不良を防止でき、また後流端からの大粒さくらんぼの放出に際しても、軸を折る等のことはない。更に、移送面となる走行上側10Aにおいて、外側の2本のベルト10,10の中間部分が横揺れ防止ガイド20,20により横揺れが防止されており、高い精度を維持して粒径の選別が行われる。
【0034】
上述した実施の形態は、ベルト10を3本用いて、2列によりさくらんぼを移送・選別しているが、これに限らず、最小で2本のベルトによる1列の間隔で移送・選別してもよく、また4本のベルトによる3列等の更に多くのベルトにより選別能力を高めてもよい。
【0035】
また、ブラシ体41は、真上からベルトに向けて垂下しているが、これは、左右方向、前後方向に所定角度斜め下向きに配置してもよく、またブラシ体41の先端がベルトに当接していなくとも、僅かに離れていてもよく、更に多数列の移送は困難となるが、ベルトの外側から横向きに配置してもよい。また、姿勢変更部材として、上述したようにブラシ体が好ましいが、これに限るものではなく、スポンジフェルト等の同様な柔軟性を有する他の材料でもよい。更に、さくらんぼの移送装置となるベルトは、丸ベルトが好ましいが、これに限らず、Vベルト、平ベルト等の他の断面形状のものでもよい。
【図面の簡単な説明】
【0036】
【図1】本発明に係るさくらんぼの粒径選別装置の全体を示す平面図。
【図2】その全体側面図。
【図3】図2のIII−III矢視断面図。
【図4】さくらんぼの姿勢変更装置部分を示す拡大側面図。
【図5】さくらんぼの姿勢変更装置部分を示す拡大平面図。
【符号の説明】
【0037】
1 さくらんぼの粒径選別装置
10 (丸)ベルト(移送装置)
10A ベルトの走行上側
10a ベルト上面(さくらんぼ載置面)
20 横揺れ防止ガイド
41 姿勢変更部材(ブラシ体)
41a 立毛
B 間隔
S さくらんぼ
Sf 実
Sk 軸(茎)
【出願人】 【識別番号】000147693
【氏名又は名称】株式会社石井製作所
【出願日】 平成18年12月11日(2006.12.11)
【代理人】 【識別番号】100082337
【弁理士】
【氏名又は名称】近島 一夫


【公開番号】 特開2008−142641(P2008−142641A)
【公開日】 平成20年6月26日(2008.6.26)
【出願番号】 特願2006−333563(P2006−333563)