トップ :: B 処理操作 運輸 :: B05 霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般

【発明の名称】 水道圧式自動水溶性液剤希釈型噴射器
【発明者】 【氏名】河辺 秀明

【要約】 【課題】水溶性液剤を原液のまま使用する事で小型軽量化し、水道水のみで動作する、噴射器を提供する。

【構成】水道用ホースで供給される水道水を、2系統に分岐し、第一系統を負圧発生混合ノズルへ送り込むと共に、第二系統を液剤タンクへ送り、液剤タンクを加圧し、液剤を強制的に負圧発生部へ送り込み、第一系統へ混入させる事により希釈させ噴射ノズルから噴射する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
水道から水道ホースにより供給された水流を、2系統に分岐し、第一系統を負圧発生器の原理を応用した混合ノズルへ直接接続し、第二系統は液剤タンク内で放出させ、液剤タンク内を加圧し、強制的に液剤を液剤排出通路を介し、混合ノズルの負圧側に送り込む事により、第一系統と混合希釈され、噴射ノズルから噴射する、水道水のみを動力源とする自動希釈型液剤噴射器。
【発明の詳細な説明】【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
この発明は、液剤塗布装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来の噴射器においては、液剤が濃縮された状態で、市販供給されているため、あらかじめ液剤をバケツ等で希釈しなければならない。希釈した液剤を噴射器のタンクへ充填するため、タンクが希釈倍率の分、大きく重くなる。また、噴射させるために動力源として、コンプレッサー、手動ポンプ等による高圧エアー、あるいは電動ポンプを使用しなければならない。
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
本発明では、液剤を希釈せずに原液のまま、噴射器のタンクに供給する事により、噴射器のタンク容量を小さくし、液剤を充填しても、軽く持ち運び、塗布する事が出来る様にするとともに、一般家庭でも簡単に使える様、動力源を水道水のみとして、蛇口から水道用ホースを繋ぐだけで、液剤を希釈噴射出来る噴射器を提供する事を目的とした。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明は、水道ホース接続口、分岐管、負圧発生ノズル、混合器、タンクホルダ、液剤タンク、噴射ノズル、ハンドバルブとで構成される。
【発明を実施するための最良の形態】
【0005】
図1において、水道ホース接続口1と分岐管2は、外形6mm厚さ1mm長さ約2mのウレタンチューブ3で接続されている。
水道ホース接続口1から供給された水は、分岐管2により第一系統と第二系統の2系統に分岐される。
分岐管2は水通路に邪魔しない位置で、混合器5とタンクホルダ7にネジ止めされ、分岐管2と混合器5とタンクホルダ7は一体となっている。
混合器5には、ハンドバルブ17がネジ込みで取付けられ、ハンドバルブ17の出口には、パイプ20を介して噴射ノズル18が取付けられている。
液剤を、液剤タンク11に原液のまま注入し、タンクホルダ7へねじ込み取り付ける。
ハンドバルブ17を持ち、レバー19を上方へ引くと、ハンドバルブ17内部の弁が開き、噴射ノズル18への通路が開放される。
第一系統は負圧発生混合ノズル4の主通路6を通り加速通路8で加速され、混合器5の混合通路9へ放出される事により負圧発生通路10部に負圧が発生する。
分岐管2により2系統に分岐された内の第二系統を、タンクホルダ7の通路12を通り、導管13、継ぎ手14、放出チューブ15を介して液剤タンク11の中に放出する事により、液剤タンク11内部は加圧され、液剤タンク11内部の液剤は、液剤吐出口16を通り負圧発生通路10へ強制的に送り込まれる。
負圧発生通路10へ送り込まれた液剤は、第一系統より、道程が長く屈曲しているので、管路損失が多くなり圧力が低くなるため、混合通路9へ混入しにくくなるのを、負圧を発生させる事により確実に混入される。
逆に、水道水の圧力のみの加速により発生する負圧では、液剤タンク11から液剤を吸い上げるために必要十分な負圧は得られない。
混合通路9で合流した液剤は、所定の希釈率に混合希釈され、ハンドバルブ17を介して噴射ノズル18より放出する。
希釈率は、固定式で主通路6と負圧発生通路10の断面積比により決まる。
液剤を、本装置のタンク容器と同等の物に小分けしてカートリッジ式で提供する事により、タンク容器を交換するだけで、液剤の供給が出来る。
噴射ノズル18を霧化ノズルにする事により、噴霧器として使用する事も可能である。
また、水道水だけでなく、水道水と同等圧のポンプ式井戸水でも使用可能である。
【発明の効果】
【0006】
この発明は、前記の様に、液剤を原液のまま使用する事により、小型軽量になり、取り扱いが非常に楽である。液剤の供給も、カートリッジ式にタンク容器の交換だけですむため、原液に触れる危険が非常に少なく安全である。
また、水道水のみで動作するため、別に電源を用意する必要も無く、コンプレッサー等も不要のため、一般家庭でも簡単に使用する事が出来る。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の側面断面図
【図2】 図1のP部の拡大側面断面図。
【符号の説明】
1 水道ホース接続口 2 分岐管
3 ウレタンチューブ 4 負圧発生混合ノズル
5 混合器 6 主通路
7 タンクホルダ 8 加速通路
9 混合通路 10 負圧発生通路
11 液剤タンク 12 通路
13 導管 14 継ぎ手
15 放出チューブ 16 液剤吐出口
17 ハンドバルブ 18 噴射ノズル
19 レバー 20 パイプ
【出願人】 【識別番号】595157237
【氏名又は名称】カワベ工業株式会社
【出願日】 平成18年7月11日(2006.7.11)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−18411(P2008−18411A)
【公開日】 平成20年1月31日(2008.1.31)
【出願番号】 特願2006−216225(P2006−216225)