トップ :: B 処理操作 運輸 :: B04 物理的または化学的工程を行なうための遠心装置または機械

【発明の名称】 横型ノーメンテナンスサイクロン分離機
【発明者】 【氏名】永尾 克行

【要約】 【課題】

【構成】
【特許請求の範囲】
【請求項1】
横型サイクロンにて、きゅういん送風機を吐出側に配置することにより、フィルターなしでも粉塵、風綿その他の物体(気体、液体、固体)が送風機及びローターの付着がない。さらに、吸込み口から吸引した気体に液体を噴霧し分離した固体を回収する。加湿機等又は空調機器、空気清浄機、集塵機、除湿機、乾燥機、搬送ファン等さまざまな分野に利用することが出来る。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は横型サイクロンに関するものである
【背景技術】
【0002】
従来の製品は縦型にて屋外又は室内に設置し、集中型となり本体も大きく送風機も大きくなる。例として木材加工現場等に集塵機用として使用されているが、設置場所も必要である。本発明は横型で、個別運転が可能で、又設置場所も選ばず、送風機をサイクロン後に取り付けることによって、フィルター等を無くした無静圧で、省電力、ノーメンテナンスのサイクロン式集塵機に関するものである。この原理を利用し、集塵目的のほか、空調大型機からルームエアコンまでの埃の回収や、スプレー加湿などの水が蒸発した後に発生する成分の回収、機器組み込み等さまざまに利用出来る。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
集塵機を例にあげると、次のような欠点があった。
(イ)送風機の羽根に集塵物が付着する為の送風機内の清掃
(ロ)固形物を吸引した時は、羽根を損傷
(ハ)設置場所の確保
(ニ)個別運転が難しく、集中型となり節電とならない。
(ホ)粒子の細かい物体には、フィルターを利用すると、詰りよる能力低下、消費電力の増大によって高発熱となる。
本発明は、以上のような欠点をなくす為に開発されたものである。
【課題を解決するための手段】
【0004】
塵を含む気体を吸込む。吸込み側に送風機を配置するのではなく、横型にてフィルター等をなくした吐出側に配置した本機である。本発明は以上の構成からなる横型ノーメンテナンスサイクロン分離機である。
【発明の効果】
【0005】
(イ)送風機内の清掃、羽根の損傷ごみの付着が少ない。
(ロ)横型で個別に取り付けするので、天井内天井下等設置場所を選ばない。
(ハ)小型化され、抵抗となるフィルター、網等を使用しないので、目詰まりからの機器の発熱がなく省電力となる。さらに必要な個所だけの個別運転が可能となり省電力化される。
(ニ)分離する物体に掛かるメンテナンス、気体を回収するときの気体フィルター、液体を回収するときの処理器、液体フィルター等ランニングコストや設備費用の軽減が出来る。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
以下本発明の実施の形態について説明する。横型サイクロン分離機の吸込み口に気体、液体、固体の回収を目的としたものに取付け、サイクロン通過後に送風機を配置する。集めた物体を手動、自動にて排出する。本発明は、以上のような構造で構成されている。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本発明の実施例の分解斜視図である。(実施例1)
【図2】本発明の実施例の正面図である。(実施例2)横置した本体の先端にAを設けAの下方に3を設け、本体後方端に4.5を設け、本体後方下方に入り口を有し本体内にBを取り付けてある。
【符号の説明】
【0008】
1 吸込み口
2 サイクロン本体部
3 分離物排出口
4 送風機
5 モーター
6 吐出口
【出願人】 【識別番号】304038817
【氏名又は名称】永和設備工業株式会社
【出願日】 平成18年6月27日(2006.6.27)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−6315(P2008−6315A)
【公開日】 平成20年1月17日(2008.1.17)
【出願番号】 特願2006−176024(P2006−176024)