トップ :: B 処理操作 運輸 :: B01 物理的または化学的方法または装置一般

【発明の名称】 空気清浄機
【発明者】 【氏名】森 豊

【氏名】相馬 尚胤

【要約】 【課題】清掃や交換の必要なフィルター名および種別を音声で報知し、使用者にわかり易く認識させることができる空気清浄機を提供することを目的とする。

【構成】通風路4に設けた送風ファン5および複数のフィルターからなるフィルター部9と、送風ファン5の運転時間に基づき個々のフィルターの汚れ度合を計算して掃除時期または交換時期を決定する制御手段10および報知する音声ガイド手段11とを備え、制御手段10はフィルターの1つが掃除時期または交換時期になったときに、掃除または交換すべきフィルターの固有情報を音声ガイド手段11により報知することにより、清掃や交換の必要なフィルターを分かり易く使用者に認識させることができる空気清浄機が得られる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
本体内部の通風路に設けた送風ファンおよび複数のフィルターからなるフィルター部と、前記送風ファンの運転時間に基づき個々のフィルターの汚れ基準値と比較して掃除時期または交換時期を決定する制御手段と、前記フィルター掃除時期または交換時期を報知する音声ガイド手段とを備え、前記制御手段は前記フィルターの1つが掃除時期または交換時期になったときに、掃除または交換すべきフィルターの固有情報を音声ガイド手段により報知する構成とした空気清浄機。
【請求項2】
音声ガイド手段により報知する固有情報を、掃除または交換すべきフィルターのフィルター名またはフィルター種別とした請求項1記載の空気清浄機。
【請求項3】
音声ガイド手段により報知する固有情報を、掃除すべきフィルターが掃除時期となった場合には、前記掃除すべきフィルターの掃除方法とした請求項1または2記載の空気清浄機。
【請求項4】
音声ガイド手段により報知する固有情報を、交換すべきフィルターが交換時期となった場合には、前記交換すべきフィルターの部品番号とした請求項1または2記載の空気清浄機。
【請求項5】
本体表面に各々のフィルターに対応する複数の表示LEDを設け、制御手段は、音声ガイドにより掃除または交換すべきフィルターの固有情報を報知するとともに、このフィルターに対応した表示LEDを点灯する構成とした請求項1記載の空気清浄機。
【請求項6】
制御手段が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチを設け、制御手段は、フィルターの固有情報を音声ガイド手段により報知するときには、前記リセットを操作すべきことを同時に報知する構成とした請求項1記載の空気清浄機。
【請求項7】
リセットスイッチの操作方法を合せて報知する構成とした請求項6記載の空気清浄機。
【請求項8】
音声ガイド手段の報知から一定の運転時間後に、報知されたフィルターが掃除または交換されない場合は、制御手段は強制的に送風ファンの運転を休止するとともに、前記音声ガイド手段により、前記フィルターの掃除または交換を促す報知を行う構成とした請求項1記載の空気清浄機。
【請求項9】
報知されたフィルターが掃除または交換され、かつ、リセットスイッチが操作された場合は、制御手段は音声ガイド手段により運転再開が可能なことを報知する構成とした請求項1記載の空気清浄機。
【請求項10】
制御手段が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチを設け、表示LEDが複数点灯しているときに、前記リセットスイッチを操作することで、前記点灯中の表示LEDに対応して記録された運転時間をリセットする構成とした請求項5または6記載の空気清浄機。
【請求項11】
制御手段が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチを設け、表示LEDが点灯していないときには、前記リセットスイッチを操作しても記録した運転時間をリセット不能とするとともに、音声ガイド手段により操作が不能であることを報知する構成とした請求項5または6記載の空気清浄機。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、音声により掃除または交換の必要なフィルター名などの個別情報を報知することのできる空気清浄機に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、この種の空気清浄機の一例として、エアフィルタの交換時期を判断できる空気清浄装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
以下、その空気清浄機について図15および図16を参照しながら説明する。
【0004】
図に示すように、制御ユニット101には、電源部102およびモータ制御部103が設けられ、セフティスイッチ104を介してACプラグ105に接続され、交換パネル106の電源スイッチ107が押されると電源部102からは制御手段としてのマイコン108およびLED109に電圧が供給され、マイコンの108はエアフィルタ110の使用時間を計測し、マイコン108はシロッコファン111の運転時間をメモリ112に記憶させ、積算使用時間を一定の書き込み時期で新しい値に書き換え、マイコン108はエアフィルタ110の積算使用時間が予め設定されているしきい値を超えると液晶表示器113を用いてエアフィルタ110が寿命であることをユーザに対し表示させるように構成している。
【特許文献1】特開2000−279735号公報([0044][0054]図1、図6)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
このような従来の空気清浄機では、複数のフィルターを設けている場合は、いずれかのフィルターが清掃する時期になったときに、フィルター名や清掃方法などを使用者に直接知らせることができないという課題があり、フィルター別に異なる情報を使用者に分かり易く知らせることが要求されている。
【0006】
また、お手入れ時期の異なるフィルターに対して、各フィルター毎に適切なタイミングでお手入れ方法などを報知できないという課題があり、適正な時期にフィルター別の固有情報を報知することが要求されている。
【0007】
本発明は、このような従来の課題を解決するものであり、清掃や交換の必要なフィルター名やお手入れ方法を音声で放置し、使用者にわかり易く認識させることのできる空気清浄機を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の空気清浄機は上記目的を達成するために、本体内部の通風路に設けた送風ファンの運転時間に基づき個々のフィルターの汚れ度合を計算して掃除時期または交換時期を決定する制御手段と、前記フィルターの掃除時期または交換時期を報知する音声ガイド手段とを備え、前記制御手段は前記フィルターの1つが掃除時期または交換時期なったときに、掃除または交換すべきフィルターの固有情報を音声ガイド手段により報知する構成としたものである。
【0009】
また、他の手段は、音声ガイド手段により報知する固有情報を、掃除または交換すべきフィルターのフィルター名またはフィルター種別としたものである。
【0010】
この手段により、掃除や交換の必要なフィルター名および種別などの固有情報を音声で報知し、使用者にわかり易く認識させることのできる空気清浄機が得られる。
【0011】
また、他の手段は、音声ガイド手段により報知する固有情報を、掃除すべきフィルターが掃除時期となった場合には、前記掃除すべきフィルターの掃除方法としたものである。
【0012】
この手段により、使用者にフィルターの適切なお手入れを、促すことができ、フィルターの効果を十分発揮させることができる空気清浄機が得られる。
【0013】
また、他の手段は、音声ガイド手段により報知する固有情報を、交換すべきフィルターが交換時期となった場合には、前記交換すべきフィルターの部品番号としたものである。
【0014】
この手段により、使用者が手間をかけずに確実に交換用フィルターの品番を知ることができる空気清浄機が得られる。
【0015】
また、他の手段は、本体表面に各々のフィルターに対応する複数の表示LEDを設け、制御手段は、音声ガイド手段により掃除または交換すべきフィルターの固有情報を報知するとともに、このフィルターに対応した表示LEDを点灯する構成としたものである。
【0016】
この手段により、使用者にお手入れすべきフィルターを正しく認知させることができる空気清浄機が得られる。
【0017】
また、他の手段は、制御手段が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチを設け、制御手段は、フィルターの固有情報を音声ガイド手段により報知するときには、前記リセットスイッチを操作すべきことを同時に報知する構成としたものである。
【0018】
この手段により、使用者に事前に伝えてリセットスイッチを押すべきことを促すことができる空気清浄機が得られる。
【0019】
また、他の手段は、リセットスイッチの操作方法を合せて報知する構成としたものである。
【0020】
この手段により、使用者は容易に理解して速やかにリセットスイッチを操作することができる空気清浄機が得られる。
【0021】
また、他の手段は、音声ガイド手段の報知から一定の運転時間後に、報知されたフィルターが掃除または交換されない場合は、制御手段は、強制的に送風ファンの運転を休止するとともに、前記音声ガイド手段により、前記フィルターの掃除または交換を促す報知を行う構成としたものである。
【0022】
この手段により、運転停止の理由を使用者に伝えることができ、フィルターのお手入れを促すことができる空気清浄機が得られる。
【0023】
また、他の手段は、報知されたフィルターが掃除または交換され、かつリセットスイッチが操作された場合は、制御手段は、音声ガイド手段により運転再開が可能なことを報知する構成としたものである。
【0024】
この手段により、使用者にとってフィルターのお手入れが完了したことを確認できるとともに、安心して運転を再開することができる空気清浄機が得られる。
【0025】
また、他の手段は、制御手段が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチを設け、LED表示部が複数点灯しているときに、前記リセットスイッチを操作することで、前記点灯中のLED表示部に対応して記録された運転時間をリセットする構成としたものである。
【0026】
この手段により、リセットスイッチに掛かるコストを低減することができるとともに、リセットスイッチの設置スペースを小さくすることができる空気清浄機が得られる。
【0027】
また、他の手段は、制御手段が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチを設け、LED表示部が点灯していないときには、前記リセットスイッチを操作しても記録した運転時間をリセット不能とするとともに、音声ガイド手段により操作が不能であることを報知する構成としたものである。
【0028】
この手段により、使用者にリセットスイッチの正しい操作方法を伝えることができる空気清浄機が得られる。
【発明の効果】
【0029】
本発明によれば清掃や交換の必要なフィルター名および種別を音声で報知し使用者に分かり易く認識させることができるという効果のある空気清浄機を提供できる。
【0030】
また、使用者にフィルターの適切なお手入れを、確実に促すことができ、フィルターの効果を十分に発揮させることができるという効果のある空気清浄機を提供できる。
【0031】
また、使用者が手間をかけずに確実に交換用フィルターの品番を知ることができるという効果のある空気清浄機を提供できる。
【0032】
また、使用者に確実に、お手入れすべきフィルターを認知させることができるという効果のある空気清浄機を提供できる。
【0033】
また、使用者に事前に伝えてリセットスイッチを押すべきことを促すことができるという効果のある空気清浄機を提供できる。
【0034】
また、使用者は容易に理解して速やかにリセットスイッチを操作することができるという効果のある空気清浄機を提供できる。
【0035】
また、運転停止の理由を使用者に伝えることができ、フィルターのお手入れを促すことができるという効果のある空気清浄機を提供できる。
【0036】
また、使用者にとってフィルターのお手入れが完了したことを確認できるとともに、安心して運転を再開できるという効果のある空気清浄機を提供できる。
【0037】
また、リセットスイッチに掛かるコストを低減することができるという効果のある空気清浄機提供できる。
【0038】
また、使用者にリセットスイッチの正しい操作方法を伝えることができるという効果のある空気清浄機を提供できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0039】
本発明の請求項1記載の発明は、本体内部の通風路に設けた送風ファンおよび複数のフィルターからなるフィルター部と、前記送風ファンの運転時間に基づき個々のフィルターの汚れ度合を計算して掃除時期または交換時期を決定する制御手段と、前記フィルターの掃除時期または交換時期を報知する音声ガイド手段とを備え、前記制御手段は前記フィルターの1つが掃除時期または交換時期になったときに、掃除または交換すべきフィルターの固有情報を音声ガイド手段により報知する構成としたものであり、通常空気清浄機には機能別にフィルターが複雑収納されているが、掃除時期などがフィルターによって異なるため、使用者がフィルターを間違って掃除してしまうことがあったのに対し、音声ガイド手段で掃除または交換が必要なフィルター名などの個別情報を報知することにより、使用者に、確実かつ簡単に、該当するフィルターを認識させることができるという作用を有する。
【0040】
また、請求項2記載の発明は、音声ガイド手段により報知する固有情報を掃除または交換すべきフィルターのフィルター名またはフィルター種別としたものであり、フィルターの個別情報としてプリフィルター、集じんフィルター、脱臭フィルターなどのフィルター名やフィルター種別を音声で報知することにより、使用者に分かり易く認識させることができるという作用を有する。
【0041】
また、請求項3記載の発明は、音声ガイド手段により報知する固有情報を、掃除すべきフィルターが掃除時期となった場合には、前記掃除すべきフィルターの掃除方法としたものであり、プリフィルターは表面に付着した大きなほこりを掃除機などで取り除き、集塵フィルターは漬け置き洗浄して細かい塵埃を洗い流すという掃除方法を、音声ガイド手段で案内することにより、使用者にフィルターの適切なお手入れを、確実に促すことができ、フィルターの清浄能力を十分に発揮させることができるという作用を有する。
【0042】
また、請求項4記載の発明は、音声ガイド手段により報知する固有情報を、交換すべきフィルターが交換時期となった場合には、前記交換すべきフィルターの部品番号としたものであり、交換する必要のある脱臭フィルターのフィルター品番を入手するには、取扱説明書などで交換用フィルターの品番を使用者が調べて注文することになるが、製品本体の品番と異なる場合や、また、交換すべきフィルターが複数個ある場合は、使用者が交換フィルターの品番を間違えることがあり、音声ガイド手段で交換用フィルターの品番を報知して案内することで、使用者が手間をかけずに確実に交換用フィルターの品番を知ることができるという作用を有する。
【0043】
また、請求項5記載の発明は、本体表面に各々のフィルターに対応する複数の表示LEDを設け、制御手段は、音声ガイド手段により掃除または交換すべきフィルターの固有情報を報知するとともに、このフィルターに対応した表示LEDを点灯する構成としたものであり、使用者が音声ガイド手段の報知された情報を、確認して処理をする場合があるが、音声ガイド手段の報知に加え、複数の表示LEDにおいて、お手入れが必要なフィルターに対応した表示LEDを点灯表示することで、使用者に確実にお手入れすべきフィルターを認知させることができるという作用を有する。
【0044】
また、請求項6記載の発明は、制御手段が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチを設け、制御手段は、フィルターの固有情報を音声ガイド手段により報知するときには、前記リセットスイッチを操作すべきことを同時に報知する構成としたものであり、お手入れしたフィルターの運転時間を新たに計測するためには、制御手段が記録した過去の運転時間をゼロにクリアして、最初からフィルターの運転時間を計算させなければならず、使用者にリセットスイッチを押してもらう必要があり、その旨を使用者に伝えなければならないが、音声ガイド手段で、フィルターが掃除または交換すべき時期になったことを報知するとともに、お手入れ後にリセットスイッチを押す必要があることを同時に報知することにより、使用者に事前に伝えてリセットスイッチを押すべきことを促すことができるという作用を有する。
【0045】
また、請求項7記載の発明は、リセットスイッチの操作方法を合わせて報知する構成としたものであり、制御手段の記録した運転時間をリセットするためのリセットスイッチは、フィルターをお手入れしたとき以外は押してはならないため、通常のボタン操作ではリセットスイッチを操作することのできない構成としているが、使用者はリセットスイッチを押すための方法を、取扱説明書を見て認識する必要があり、不便であるが、音声ガイド手段でリセットスイッチを押す方法を報知することで、不慣れな使用者にとっても容易に理解して速やかにリセットスイッチを操作できるという作用を有する。
【0046】
また、請求項8記載の発明は、音声ガイド手段の報知から一定の運転時間後に、報知されたフィルターが掃除または交換されない場合は、制御手段は強制的に送風ファンの運転を休止するとともに、前記音声ガイド手段により前記フィルターの掃除または交換を促す報知を行う構成としたものであり、フィルターのお手入れが必要となった場合は、空気清浄機の機能が低下した状態となっており、空気清浄の能力を充分に発揮できないが、空気清浄機の運転を強制的に停止させることにより、性能が低下したままの状態での使用を防止するとともに、音声ガイド手段により空気清浄機の運転ができないことを報知することで、運転停止の理由を使用者に伝えることができ、フィルターのお手入れを促すことができるという作用を有する。
【0047】
また、請求項9記載の発明は、報知されたフィルターが掃除または交換され、かつ、リセットスイッチが操作された場合は、制御手段は音声ガイド手段により運転再開が可能なことを報知する構成としたものであり、リセットスイッチを押すと、制御手段に記録した運転時間がリセットされ、運転が再開できるようになるが、音声ガイド手段で、運転が再開できる状態となったことを案内することで、使用者にとってフィルターのお手入れが完了したことを確認できるとともに、安心して運転を再開できるという作用を有する。
【0048】
また、請求項10記載の発明は、制御手段が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチを設け、表示LEDが複数点灯しているときに、前記リセットスイッチを操作することで、前記点灯中の表示LEDに対応して記録された運転時間をリセットする構成としたものであり、フィルター毎にリセットスイッチを設けた場合は、フィルターの枚数分のリセットスイッチが必要となり、製造コストが高くなり、さらに複数個のリセットスイッチを設置するためのスペースを本体内部に設ける必要があり、部品点数が増えて操作性も悪くなるものであるが、1つのリセットスイッチで同時に複数個のフィルターに対応して記録した運転時間をリセットさせることで、リセットスイッチのコストを低減してリセットスイッチの設置スペースを小さくすることができ、操作性も良くなるという作用を有する。
【0049】
また、請求項11に記載の発明は、制御手段が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチを設け、表示LEDが点灯していないときには、前記リセットスイッチを操作しても記録した運転時間をリセット不能とするとともに、音声ガイド手段により操作が不能であることを報知する構成としたものであり、フィルターのお手入れ時期に至らない(表示LEDが点灯していない)状態で記録している運転時間をリセットすると、フィルターのお手入れ時期に狂いが生じてしまう。このためリセットスイッチは、表示LEDが点灯した場合のみ動作するように設定しているが、使用者が表示LEDが点灯していない状態でリセットスイッチを押した場合、音声ガイド手段により、リセットスイッチを操作してもリセットできないこと、および、リセットスイッチを押すための正しい操作時期を報知することで、使用者にリセットスイッチの正しい操作方法を伝えることができるという作用を有する。
【0050】
以下、本発明の実施の形態について図面を参照しながら説明する。
【0051】
(実施の形態1)
図1〜図14に示すように、本体1の吸気口2から吐出口3に至る通風路4に送風ファン5およびフィルター部9を設け、フィルター部9は掃除すべきフィルターとなるプリフィルター6および集塵フィルター7と、交換すべきフィルターとなる脱臭フィルター8とからなる。制御手段10は内蔵するタイマーで送風ファン5の運転時間を計測するとともにメモリーに記録し、プリフィルター6または集塵フィルター7または脱臭フィルター8の個々のフィルターの汚れを基準時間との比較により、各々のフィルターの掃除時間または交換時期を決定する。制御手段10はプリフィルター6および集塵フィルター7の掃除時期または脱臭フィルター8の交換時期になったときに、掃除または交換すべきフィルター固有情報を音声ガイド手段11により報知するように設ける。
【0052】
また、音声ガイド手段11により報知する固有情報を、掃除または交換すべきフィルターのフィルター名またはフィルター種別とし、掃除すべき、プリフィルター6および集塵フィルター7が掃除時期となった場合には、掃除すべきプリフィルター6および集塵フィルター7の掃除方法とし、交換すべき脱臭フィルター8が交換時期となった場合には、交換すべき脱臭フィルター8の部品番号とするように設ける。
【0053】
また、本体1の上面に設けられる操作パネル12には、スイッチ操作用のスイッチボタン12a〜12fと表示LED13を備え、表示LED13はプレフィルター6のお手入れ時期に点灯するLEDa14と、集塵フィルター7のお手入れ時期に点灯するLEDb15と、脱臭フィルター8のお手入れ時期に点灯するLEDc16から構成されている。制御手段10は音声ガイド手段11により、掃除または交換すべきプリフィルター6または集塵フィルター7または脱臭フィルター8の固有情報を報知するとともに、同時に各フィルターに対応した表示LED13を点灯するように設ける。
【0054】
また、制御手段10が記録した運転時間をリセットするリセットスイッチ17を設け、制御手段10は、プリフィルター6または集塵フィルター7または脱臭フィルター8の固有情報を音声ガイド手段11により報知するときには、リセットスイッチ17を操作すべきことを同時に報知するように設け、また、リセットスイッチ17の操作方法を合せて報知するように設ける。
【0055】
また、音声ガイド手段11の報知から一定の運転時間後に該当するプリフィルター6または集塵フィルター7または脱臭フィルター8が掃除または交換されない場合は、制御手段10は、強制的に送風ファン5の運転を休止するとともに、音声ガイド手段11により、該当するプリフィルター6または集塵フィルター7または脱臭フィルター8の掃除または交換を促す報知を行うように設ける。
【0056】
また、報知されたプリフィルター6または集塵フィルター7または脱臭フィルター8が掃除または交換され、かつ、リセットスイッチ17が操作された場合は、制御手段10は、音声ガイド手段11により運転再開が可能なことを報知するように設ける。
【0057】
また、制御手段10がメモリーに記録した運転時間をリセットするリセットスイッチ17を設け、表示LED13が複数点灯しているときに、リセットスイッチ17を操作することで、点灯中の表示LED13に対応している記録された運転時間をリセットスイッチ17によりセットするように設ける。
【0058】
また、制御手段10のメモリに記録した運転時間をリセットするリセットスイッチ17を設け、表示LED13が点灯していないときには、リセットスイッチ17を操作しても記録した運転時間をリセット不能とするとともに、音声ガイド手段により操作が不能であることを報知するように設ける。
【0059】
また、本体1の上部にリセットスイッチ17を操作するリセットスイッチ操作孔17aを設け、爪楊枝17bを挿入してリセットスイッチ17を操作するように構成する。
【0060】
上記構成において、スイッチボタン12a〜12eにより空気清浄機を運転すると、送風ファン5が駆動し、吸気口2から吸気された塵埃を含む空気は、プリフィルター6により大きな塵埃が除去され、集塵フィルター7により小さな塵埃が集塵され、脱臭フィルター8により臭気が除去され、新鮮になった空気が吐出口3より放出されて空気の清浄が行われる。
【0061】
次に、プリフィルター6と集塵フィルター7および脱臭フィルター8をフィルターx(x=1,2,3)として、フィルターxのお手入れ状態の動作について図10のフローチャートに基づいて説明する。
【0062】
まず、運転を開始すると、ステップ18で、制御手段10により運転時間txが積算され、ステップ19で運転時間txが所定時間に達しているかを判断し、YESの場合は、ステップ20で表示LED13を点灯し、フィルターxの固有情報を音声ガイド手段11で報知する。本実施の形態ではステップ21でフィルターxのお手入れを実施したかどうかは使用者が判断し、YESの場合は、ステップ22でリセットスイッチ17を使用者が押すことにより、ステップ23で表示LED13を消灯し、フィルターxの運転時間tx=0とし、ステップ24で音声ガイド手段11により「フィルターxのお手入れが完了しました、運転ができます」と報知され、ステップ25で運転SWがONされると運転が開始される。
【0063】
また、ステップ19でNOと判断された場合はステップ18に戻る。ステップ21でフィルターxのお手入れをしない場合は、ステップ26で一定時間後に強制的に運転を停止し、ステップ27で音声ガイド手段11により、運転停止を報知する。またステップ22でリセットスイッチ17が押されない場合は、ステップ28で運転SWをONしたときにステップ20に戻るように運転する。
【0064】
次に、プリフィルター6のお手入れが必要になったときの動作について図11のフローチャートに基づいて説明する。
【0065】
運転を開始すると、ステップ29で制御手段10により運転時間t1が積算され、ステップ30で運転時間t1が所定時間に達しているかどうかを判断し、YESの場合はステップ31で表示LED13のLEDa14を点灯し、音声ガイド手段11で音声ガイド1「プリフィルターのお手入れ時期です。プリフィルター表面の埃を掃除機で取り除いて下さい。お手入れ後は、爪楊枝などでリセットスイッチを押して下さい。」と報知する。ステップ32でプリフィルター6のお手入れを実施した場合は、さらにステップ33でリセットスイッチ17を押すことにより、ステップ34で表示LED13のLEDa14を消灯し、プリフィルター6の運転時間t1=0とし、ステップ35で運転SWをONすると運転が開始される。
【0066】
また、ステップ32でプレフィルター6を使用者がお手入れしない場合は、ステップ36で一定時間後に強制的に運転を停止し、ステップ37で音声ガイド手段11により「運転できません。集塵フィルターをお手入れしてください」と運転停止を報知し、ステップ32に戻る。プリフィルターの掃除後にステップ33でリセットスイッチ17を押さなかった場合は、ステップ38で運転SWをONしたときにステップ31に戻り、リセットスイッチ17を押すように促す動作を行う。
【0067】
次に集塵フィルター7のお手入れが必要になったときの動作について図12のフローチャートに基づいて説明する。
【0068】
運転を開始すると、ステップ39で制御手段10により運転時間t2が積算され、ステップ40で運転時間t2が所定時間に達しているかどうかを判断し、YESの場合は、ステップ41で表示LED13のLEDb15を点灯し、音声ガイド手段11で「集塵フィルターのお手入れ時期です。集塵フィルターは漬けおき洗いをして下さい。お手入れ後は爪楊枝などでリセットスイッチ17を押してください」と報知する。ステップ42で集塵フィルター7のお手入れを使用者が実施するとともに、ステップ43でリセットスイッチ17を押した場合は、ステップ44で表示LED13のLEDb15を消灯し、集塵フィルター7の運転時間t2=0とし、ステップ45で運転スイッチをONすると運転が開始される。
【0069】
また、ステップ42で集塵フィルター7のお手入れをしない場合はステップ46で一定時間後、強制的に運転を停止し、ステップ47で音声ガイド手段11により、「運転できません。集塵フィルターをお手入れしてください」と報知して、集塵フィルター7のお手入れを使用者に促すことができる。使用者が集塵フィルター7の洗浄を行ない、本体に設置してリセットスイッチ17を押すことで運転が再開できることとなる(ステップ43〜45)。
【0070】
次に脱臭フィルター8のお手入れが必要になったときの動作について図13のフローチャートに基づいて説明する。
【0071】
運転を開始すると、ステップ49で制御手段10により運転時間t3が積算され、ステップ50で運転時間t3が所定時間に達しているかどうかを判断し、YESの場合は、ステップ51で表示LED13のLEDc16を点灯し、音声ガイド手段11で「脱臭フィルターのお手入れ時期です。脱臭フィルターを交換して下さい。お手入れ後は、爪楊枝などでリセットスイッチを押して下さい」と報知する。ステップ52で脱臭フィルター8を新しいものと交換するとともに、ステップ53でリセットスイッチ17を押すことにより、ステップ54で表示LED13のLEDc16が消灯し、脱臭フィルター8の運転時間t3を0にして、ステップ55で運転SWがONされ運転が開始される。
【0072】
脱臭フィルター8を交換しないで放置した場合や、リセットスイッチ17を押し忘れた場合は、プレフィルター6または集塵フィルター7のフローチャートで示した動作と同様となる。
【0073】
次に、表示LED13が点灯していないときにリセットスイッチ17を操作した場合の動作について図14のフローチャートに基づいて説明する。
【0074】
運転を開始すると、ステップ59で制御手段10により運転時間が積算され、ステップ60でフィルターxの運転時間tが所定時間に達しているかどうかを判断し、YESの場合は、ステップ61で表示LED13のLEDyが点灯し、音声ガイド手段11でフィルターxの固有情報を報知する。
【0075】
ステップ60で、NOの場合には、ステップ62でリセットスイッチ17を押したかどうかを確認し、YESの場合はステップ63で音声ガイド手段11により「フィルターのお手入れランプが点灯していませんので、リセットできません」と報知するように動作する。
【0076】
このように、フィルターのお手入れ時期に至らない(表示LEDが点灯していない)状態では、記録している運転時間をリセットしないようにして、フィルターのお手入れ時期に狂いが生ないようにしている。すなわちリセットスイッチ17は表示LED13が点灯した場合のみ動作するように設定しているので、使用者が表示LED13が点灯していない状態でリセットスイッチ17を押した場合は、リセットスイッチ17を操作してもリセットできないようにしている。また音声ガイド手段11により、リセットスイッチ17を押すための正しい操作時期を報知することになるので、使用者にリセットスイッチ17の正しい操作方法を伝えることができるものである。
【産業上の利用可能性】
【0077】
本発明にかかる空気清浄機は、清掃や交換の必要なフィルター名および種別を音声で報知し、使用者にわかり易く認識させることができるという効果を奏し、複数種類のフィルターが用いられるクリーンルーム、エアハンドリングユニット、エアコンなどの空調機器においても有用である。
【図面の簡単な説明】
【0078】
【図1】本発明の実施の形態1の空気清浄機の横断面図
【図2】同空気清浄機の内部構成を示す部分図
【図3】同空気清浄機の斜視図
【図4】同空気清浄機の制御手段を示す部分斜視図
【図5】同空気清浄機の音声ガイド手段を示す部分斜視図
【図6】同空気清浄機の操作パネルの正面図
【図7】同空気清浄機の表示LEDを示す部分図
【図8】同空気清浄機のリセットスイッチの操作状態を示す断面図
【図9】同空気清浄機のブロック回路図
【図10】同空気清浄機のフィルターのお手入れ動作を示すフローチャート
【図11】同空気清浄機のプリフィルターのお手入れ動作を示すフローチャート
【図12】同空気清浄機の集塵フィルターのお手入れ動作を示すフローチャート
【図13】同空気清浄機の脱臭フィルターのお手入れ動作を示すフローチャート
【図14】同空気清浄機の表示LEDの点灯していないときにリセットスイッチを操作した場合の動作を示すフローチャート
【図15】従来の空気清浄装置の斜視図
【図16】同空気清浄機の制御ユニットのブロック図
【符号の説明】
【0079】
1 本体
4 通風路
5 送風ファン
6 プリフィルター
7 集塵フィルター
8 脱臭フィルター
9 フィルター部
10 制御手段
11 音声ガイド手段
13 表示LED
14 LEDa
15 LEDb
16 LEDc
17 リセットスイッチ
【出願人】 【識別番号】000005821
【氏名又は名称】松下電器産業株式会社
【出願日】 平成18年6月22日(2006.6.22)
【代理人】 【識別番号】100097445
【弁理士】
【氏名又は名称】岩橋 文雄

【識別番号】100109667
【弁理士】
【氏名又は名称】内藤 浩樹

【識別番号】100109151
【弁理士】
【氏名又は名称】永野 大介


【公開番号】 特開2008−674(P2008−674A)
【公開日】 平成20年1月10日(2008.1.10)
【出願番号】 特願2006−172155(P2006−172155)