トップ :: A 生活必需品 :: A63 スポ−ツ;ゲ−ム;娯楽

【発明の名称】 人形の股関節構造及び該股関節構造を備えた人形
【発明者】 【氏名】圓句 昭浩

【要約】 【課題】胴部材の股間部を鼠径部に沿った略V字状に形成して脚部材を連結させる構造であるにもかかわらず、股関節を屈曲させても股が開かない人形の股関節構造を得る

【構成】脚部材を胴部材に対して回転可能に連結してなる人形の股関節構造において、胴部材に股間部が鼠径部に沿った形状となるように該股間部を挟んで両側に股関節凹部を形成し、脚部材に股関節凹部に嵌る形状の股関節凸部を形成し、両股関節凹部を胴部材に対する脚部材の回転軸からずれて伸びるように形成された連結孔によって繋ぎ、両脚部材の股関節凸部を股関節凹部に嵌めた状態において連結孔を通して架け渡される連結弾性体によって互いに牽引し、胴部材に対して脚部材を屈曲させることによって連結弾性体を連結孔に沿って回転軸の前側上方に誘導させるように構成する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
脚部材を胴部材に対して回転可能に連結してなる人形の股関節構造であって、胴部材には股間部が鼠径部に沿う形状となるように該股間部を挟んで両側に股関節凹部が形成されており、脚部材には股関節凹部に嵌る形状の股関節凸部が形成されており、両股関節凹部は胴部材に対する脚部材の回転軸からずれて伸びるように形成された連結孔によって繋がっており、両脚部材は股関節凸部を股関節凹部に嵌めた状態において連結孔を通して架け渡される連結弾性体によって互いに牽引されており、胴部材に対して脚部材を屈曲させることによって連結弾性体が連結孔に沿って回転軸に対して前側上方に誘導されることを特徴とする人形の股関節構造。
【請求項2】
胴部材に対して脚部材を屈曲させていない状態において連結弾性体が回転軸に対して下方に位置付けられている請求項1記載の股関節構造。
【請求項3】
連結孔が胴部材に対する脚部材の回転軸を中心とした同心円上を伸びるように形成されている請求項1又は2記載の人形の股関節構造。
【請求項4】
脚部材と胴部材とが中空状に形成されており、脚部材の股関節凸部を胴部材の股関節凹部に嵌めた状態において胴部材の中空部と脚部材の中空部とが連通すると共に胴部材の中空部内から脚部材の中空部内へ通された弾性体によって脚部材が胴部材側へ牽引されている請求項1乃至3のいずれかに記載の人形の股関節構造。
【請求項5】
請求項1乃至4のいずれかの股関節構造を備えた人形。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、人形の股関節構造及び該股関節構造を備えた人形に関するものである。
【背景技術】
【0002】
周知の通り、関節を可動できる人形においては、関節を可動させた際に思い通りの姿勢をとらせることができ、かつ、それぞれの姿勢において美しい外観を保つことが必要となる。しかし、硬質な素材によって形成された人形においては、外観を優先して関節を形成すると、隣接する部材が干渉し合って思い通りの姿勢をとらせることができず、また、可動を優先して関節を形成すると、隣接する部材の間に大きな隙間が生じて外観が損なわれるため、これら二つの要件を満たす関節の開発は非常に困難とされている。
【0003】
例えば、後出特許文献1には、胴部の下端に腰部が分割連接し、これに左右脚部が連接し、この左右脚部は左右大腿および左右足付の左右下腿とからなり、左右足には連結可能の足フックを設けている。そして、胴部の下部内方空胴に設けた案内棒に足引張りコイルばねの中央を引掛け、それから両側を胴部の下端より腰部を上下に貫通し、左右脚部内を基端より先端へと挿通し、左右下腿内の掛棒に両先端を引掛け、足引張りコイルばねを内設し、胴部に対して腰部および左右脚部の各連続面を圧接し、腰部および左右脚部を所要に弾支している人形玩具が開示されている。
【0004】
また、後出特許文献2には、人形の手足を胴の内部に配した紐状の弾性体で連結する連結構造において、左右の大腿部に連結する一対の弾性体を人形の首部から下方に吊り下げた吊具に連結し、吊具から大腿部を連結する弾性体は、可動自在な腰部を通して大腿部に連結されている人形玩具が開示されている。
【0005】
さらに、後出特許文献3には、人形自体の主体となる空洞状の胴体部と、この胴体部の上部に屈曲自在に弾発的に連繋した頸部分を有する頭体部と、同じく胴体部の上部左右の肩部分に屈曲自在に弾発的に連繋した左右の腕体部と、同じく胴体部の下部底面に屈曲自在に弾発的に連繋した左右脚体部と、頭体部、腕体部、脚体部夫々を胴体部内部で弾発的に牽引連繋する保持手段とからなり、脚体部は、胴体部の下部底面左右に形成したほぼ球面状の脚体連結凹面に嵌め入れられる筒状の腿部分、球筒状の膝部分、足首・足指を一体化してある脛部分を連繋して成り、保持手段は、頭体部内部、脚体部の脛部分内部夫々で頭体・脚体末端部を係止すると共に、胴体部の上下で貫通することで頭体部、左右の脚体部夫々の相互を連繋している頭体・脚体弾性紐材とから形成してある人形が開示されている。
【特許文献1】実開昭63−166295号
【特許文献2】実用新案登録第3058140号
【特許文献3】実用新案登録第3068703号
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1や特許文献2に開示された人形のように、胴部材の股間部を鼠径部に沿うように略V字状に形成して脚部材を連結した場合には、胴部材と脚部材との間に隙間が生じ難く、外観を美しく構成することができるが、股関節を屈曲させた際に、胴部材の股関節に当たる部分と脚部材の股関節に当たる部分とが干渉し合って自然と股が開いた状態となるという問題点があった。
【0007】
これに対して、特許文献3に開示された人形のように、胴部材の股間部を比較的水平に形成して脚部材を連結した場合には、前記各特許文献に開示された人形のように股関節を屈曲させた際における股の開きはなくなるものの、胴部材と脚部材との間に大きな隙間が生じると共に、両部材の繋ぎ目が不自然な形状になるため、外観が損なわれるという問題点があり、さらに、胴部材と脚部材との接触面が小さくなるため、立ち姿勢における股関節の安定性が損なわれるという問題点もあった。
【0008】
そこで、本発明は、胴部材の股間部を鼠径部に沿った略V字状に形成して脚部材を連結させる構造であるにもかかわらず、股関節を屈曲させても股が開かない人形の股関節構造を得ることを技術的課題として、その具現化をはかるべく、試作・実験を繰り返した結果、脚部材を胴部材に対して回転可能に連結してなる人形の股関節構造において、胴部材に股間部が鼠径部に沿った形状となるように該股間部を挟んで両側に股関節凹部を形成し、脚部材に股関節凹部に嵌る形状の股関節凸部を形成し、両股関節凹部を胴部材に対する脚部材の回転軸からずれて伸びるように形成された連結孔によって繋ぎ、両脚部材の股関節凸部を股関節凹部に嵌めた状態において連結孔を通して架け渡される連結弾性体によって互いに牽引し、胴部材に対して脚部材を屈曲させることによって連結弾性体を連結孔に沿って回転軸の前側上方に誘導させるように構成すれば、胴部材を脚部材に対して屈曲させた際における股の開きを規制することができるという刮目すべき知見を得、前記技術的課題を達成したものである。
【課題を解決するための手段】
【0009】
前記技術的課題は、次の通りの本発明によって解決できる。
【0010】
即ち、本発明に係る人形の股関節構造は、脚部材を胴部材に対して回転可能に連結してなる人形の股関節構造であって、胴部材には股間部が鼠径部に沿う形状となるように該股間部を挟んで両側に股関節凹部が形成されており、脚部材には股関節凹部に嵌る形状の股関節凸部が形成されており、両股関節凹部は胴部材に対する脚部材の回転軸からずれて伸びるように形成された連結孔によって繋がっており、両脚部材は股関節凸部を股関節凹部に嵌めた状態において連結孔を通して架け渡される連結弾性体によって互いに牽引されており、胴部材に対して脚部材を屈曲させることによって連結弾性体が連結孔に沿って回転軸に対して前側上方に誘導されるものである。
【0011】
また、本発明は、前記人形の股関節構造において、胴部材に対して脚部材を屈曲させていない状態において連結弾性体が回転軸に対して下方に位置付けられているものである。
【0012】
また、本発明は、前記いずれかの人形の股関節構造において、連結孔が胴部材に対する脚部材の回転軸を中心とした同心円上を伸びるように形成されているものである。
【0013】
また、本発明は、前記いずれかの人形の股関節構造において、脚部材と胴部材とが中空状に形成されており、脚部材の股関節凸部を胴部材の股関節凹部に嵌めた状態において胴部材の中空部と脚部材の中空部とが連通すると共に胴部材の中空部内から脚部材の中空部内へ通された弾性体によって脚部材が胴部材側へ牽引されているものである。
【0014】
また、本発明に係る人形は、前記いずれかの人形の股関節構造を備えたものである。
【発明の効果】
【0015】
本発明によれば、両脚部材を股間部に形成された連結孔に通される連結弾性体によって互いに牽引させ、胴部材に対して脚部材を屈曲させた際に、連結弾性体が連結孔に誘導されて回転軸に対して前側上方に位置付けられるように構成したので、胴部材に対して脚部材を屈曲させた際に、股関節凹部と股関節凸部との干渉によって生じる脚部材を開かせる動きと脚部材を外側へ回転させる動きが回転軸に対して前側上方に位置付けられる連結弾性体の牽引によって抑制され、胴部材に対して脚部材を屈曲させた際に股を閉じた状態の姿勢を保つことができる。
【0016】
また、股間部が鼠径部に沿った形状になっていることから、連結孔の両股関節凹部間の幅も下端から上端へ向かうに従って広くなり、股関節を屈曲させることによって連通孔の下端部から上端部へ誘導された連結弾性体はより引き伸ばされた状態となって両脚部材を牽引する力が増すように構成したので、連結弾性体による両脚部材への牽引力を必要としない胴部材に対して脚部材を屈曲させていない状態において連結弾性体の牽引力が小さくなり、連結弾性体による両脚部材への牽引力を必要とする胴部材に対して脚部材を屈曲させた状態において連結弾性体の牽引力が大きくなり、各姿勢における連結弾性体の牽引力が適正な大きさに調整される。
【0017】
従って、本発明の産業上利用性は非常に高いといえる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0018】
以下、本発明の実施の形態を図面に基づき説明する。
【0019】
実施の形態.
【0020】
図1は本実施の形態に係る人形の中空部に通された弾性体の様子を点線にて示した平面図である。図2は図1に示す人形の股関節を示した部分断面図である。図3は図2に示す人形の股関節のA−A断面図である。図4は図2に示す人形の股関節を示した分解斜視図である。図5は図2に示す人形の股関節の動作状態における脚部材と各弾性体との関係を示した平面図であり、図中、胴部材及び各弾性体は点線にて示している。図6は図5に示す人形の股関節の動作状態における胴部材と各弾性体との関係を示した断面図であり、図中、脚部材と各弾性体とは点線にて示している。これらの図において、1は、人形の頭を構成する頭部材2と、人形の胴体を構成する二分割された胴部材3と、人形の腕を構成する腕部材4と、人形の脚を構成する脚部材5とからなる人形である。
【0021】
図1に示すように、頭部材2は、中空状に形成されている。胴部材3は、人形の首・胸を構成する上胴部材6と、人形の腹・腰を構成する下胴部材7とからなっており、上胴部材6には、上端から下端へと貫通すると共に両肩関節に当たる位置で分岐する中空部8が形成されており、下胴部材7には、上端から股間部9を残して下方まで伸びていると共に両股関節に当たる位置で分岐する中空部10が形成されており、上胴部材6の首部11先端には、首部11を貫通する中空部8の開孔12の直径よりも長い幅を持つS字状の掛け具13が配置される。腕部材4は、人形の上腕を構成する上腕部材14と、人形の肘関節を構成する肘関節部材15と、人形の前腕を構成する前腕部材16と、人形の手関節を構成する手関節部材17と、人形の手を構成する手部材18とからなっており、手部材18を除く他の部材には、上端から下端へと貫通する中空部が形成されており、手部材18には、掛け具が設けられている(図示せず)。脚部材5は、人形の膝上を構成する膝上部材19と、人形の膝下を構成する膝下部材20とからなっており、膝上部材19には、下端から上端へと貫通する中空部21が形成されており、膝下部材20には、膝関節に当たる部分に前後方向へ縦割された溝22が形成されており、溝22には掛け棒23が架け渡されている。
【0022】
さらに、人形1の股関節構造について詳述すると、図2乃至図4に示すように、下胴部材7には、股間部9を挟んで両側に下向きお椀状の股関節凹部24が形成されており、両股関節凹部24によって下胴部材7の股間部9は鼠径部に沿うように略V字状に形成される。そして、下胴部材7の股関節に当たる位置で分岐した中空部10は、両股関節凹部24の上方に位置する面へ貫通して開孔25を形成している。また、下胴部材8の股間部9には、両股関節凹部24を繋ぐように貫通する連絡孔26が形成されており、連結孔26は、図4に示すように、下胴部材7に対する膝上部材19の回転軸(図4中、×印にて示す)と同心円上に伸びるように形成されおり、連結孔26の下端部は回転軸に対して前側下方に位置付けられており、上端部は回転軸に対して前側上方に位置付けられている。なお、本発明における鼠径部とは、人体における股下から腰骨まで伸びる胴体と脚との付け根に当たる部分を示している。
【0023】
左・右膝上部材19には、下胴部材7の股関節凹部24に嵌る略球形状の股関節凸部27が形成されている。そして、図4に示すように、膝上部材19の上端へ貫通する中空部21は、股関節凸部27の前方に位置する面に上方から股内側に向かって下方へ伸びる開孔28を形成している。また、膝上部材19の股関節凸部27には、後方に位置する面に上方から股内側へ向かって下方へ伸びる隆起部29が形成されている。
【0024】
従って、下胴部材7の股関節凹部24に膝上部材19の股関節凸部27を嵌め込むことにより、下胴部材7の中空部10と膝上部材19の中空部21とが股関節凹部24の開孔25と股関節凸部27の開孔28を介して連通した状態となると共に、両膝上部材19の中空部21が股関節凸部27の開孔28と股間部9の連絡孔26を介して連通した状態となる。
【0025】
次に、本実施の形態に係る人形の組み立て態様について説明する。
【0026】
図1に示すように、左・右腕部材4は、腕用弾性体30を上胴部材6の中空部8を跨いで両腕部材4を構成する各部材の中空部に通し、腕用弾性体30の両端を左・右手部材18に設けられた掛け具に引っ掛けることにより、上胴部材7側へ牽引して圧接状態で連結させる。
【0027】
左・右脚部材5は、一対の脚用弾性体31を胴部材3の中空部8,10から股関節凹部24の開孔25と股関節凸部27の開孔28を介して各脚部材5の中空部21に通し、両脚用弾性体31の上端を上胴部材6の首部11先端に配置される掛け具13に引っ掛けると共に、下端を膝下部材20の掛け棒23に掛けられた連結具32に引っ掛けることにより、胴部材3側へ牽引して圧接状態で連結される。さらに、連結弾性体33を股間部9の連絡孔26を跨いで両脚部材5の中空部21に通し、連結弾性体33の両端を左・右膝下部材20の掛け棒23に掛けられた連結具32を介して引っ掛けることにより、各脚部材5をそれぞれ対向する脚部材5側へ牽引して圧接状態で連結させる。
【0028】
なお、上胴部材6と下胴部材7とは、両部材の中空部8,10に通された脚用弾性体31によって互いに牽引されて圧接状態で連結される。
【0029】
次に、本実施の形態に係る人形の股関節の動作について説明する。
【0030】
股関節を屈曲させる前においては、図6の(a)に示すように、連結弾性体33は股間部9の連結孔26における下端部を通過して両脚部材5の間に架け渡された状態となっている。ところが、股関節を屈曲させると、図6の(b)に示すように、連結弾性体33は股間部9の連結孔26に沿って誘導されて連結孔26における上端部を通過して両脚部材5の間に架け渡された状態となる。この時、股間部9が鼠径部に沿った形状になっているため、股関節凹部24と股関節凸部27とが干渉し合って脚部材5を開かせる力(図5の(b)中、矢印A)が働くと共に脚部材5を回転させる力(図5の(b)中、矢印B)が働く。しかし、連結弾性体33が回転軸34に対して前側に位置付けられるため、回転軸34を支点として脚部材5を閉じるような力が働くと共に、連結弾性体33が回転軸34に対して上方に位置付けられるため、回転軸34を支点として脚部材5を内側へ回転させるような力が働き、これら二つの力が股関節凹部24と股関節凸部27との干渉によって生じる力を規制する。
【0031】
また、股間部9が鼠径部に沿った形状になっていることから、連結孔26の両股関節凹部24間の幅も下端から上端へ向かうに従って広くなり、股関節を屈曲させることによって連通孔26の下端部から上端部へ誘導された連結弾性体33はより引き伸ばされた状態となって両脚部材5を牽引する力が増す。
【0032】
よって、胴部材3に対して脚部材5を屈曲させた際に脚部材5に働く前記二つの力が連結弾性体33の牽引力により規制され、座った状態の姿勢を美しく維持できる。
【0033】
なお、胴部材、腕部材及び脚部材の分割位置としては、前記実施の形態に係る人形の胴部材、腕部材及び脚部材における分割位置に限定されず、異なる位置において分割してもよく、また、分割しなくてもよい。
【0034】
弾性体としては、例えば、ゴム紐、バネなどがあるが、これらのものに限らず、各部材が離れないように牽引できる程度の張力を有するものであればよい。また、前記実施の形態における脚用弾性体は、人形の股関節を構成する下胴部材や膝上部材に直接固定されておらず、両部材を跨いで上胴部材と膝下部材とに設けられた掛け具に固定されているが、人形の股関節を構成する部材に対して直接固定することもできる。
【0035】
また、前記実施の形態に係る人形は、胴部材と脚部材とを脚用弾性体によって牽引して連結した人形であるが、本発明に係る人形の股関節構造は、胴部材と脚部材とを他の方法によって連結した人形(例えば、胴部材の股関節凹部と脚部材の股関節凸部とを軸部材を介して連結した人形)に対しても採用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0036】
【図1】実施の形態1に係る人形の中空部に通された弾性体の様子を点線にて示した平面図である。
【図2】図1に示す人形の股関節を示した部分断面図である。
【図3】図2に示す人形の股関節を示した分解斜視図である。
【図4】図2に示す人形の股関節のA−A断面図である。
【図5】図2に示す人形の股関節の動作状態における脚部材と各弾性体との関係を示した平面図である。
【図6】図5に示す人形の股関節の動作状態における胴部材と各弾性体との関係を示した断面図である。
【符号の説明】
【0037】
1 人形
2 頭部材
3 胴部材
4 腕部材
5 脚部材
6 上胴部材
7 下胴部材
8,10,21 中空部
9 股間部
11 首部
12 開孔
13 掛け具
14 上腕部材
15 肘関節部材
16 前腕部材
17 手関節部材
18 手部材
19 膝上部材
20 膝下部材
22 溝
23 掛け棒
24 股関節凹部
25 開孔
26 連絡孔
27 股関節凸部
28 開孔
29 隆起部
30 腕用弾性体
31 脚用弾性体
32 連結具
33 連結弾性体
34 回転軸
【出願人】 【識別番号】399110362
【氏名又は名称】株式会社ボークス
【出願日】 平成18年7月20日(2006.7.20)
【代理人】 【識別番号】100067301
【弁理士】
【氏名又は名称】安藤 順一

【識別番号】100129702
【弁理士】
【氏名又は名称】上村 喜永


【公開番号】 特開2008−23046(P2008−23046A)
【公開日】 平成20年2月7日(2008.2.7)
【出願番号】 特願2006−198451(P2006−198451)