トップ :: A 生活必需品 :: A63 スポ−ツ;ゲ−ム;娯楽

【発明の名称】 玩具装置
【発明者】 【氏名】中野 殖夫

【要約】 【課題】実際の自動車のハンドルを握ってその自動車を運転している感覚を味わえる玩具装置を提供する。

【構成】自動車玩具と、この自動車玩具を遠隔操作するためのリモコン2とを具備する。リモコン2は、左右一対の把持部14を有するハンドル形状のリモコン本体11を備える。リモコン本体11内には、リモコン本体の右傾き状態および左傾き状態を検出するスイッチ式の傾き検出手段を設ける。傾き検出手段がリモコン本体11の右傾き状態を右スイッチで検出すると、自動車玩具の前輪が設定回動角度をもって右方向に回動する。傾き検出手段がリモコン本体11の左傾き状態を検出すると、自動車玩具の前輪が設定回動角度をもって左方向に回動する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
自動車玩具と、
この自動車玩具を遠隔操作するためのリモコンとを具備し、
前記リモコンは、
左右一対の把持部を有するハンドル形状のリモコン本体と、
このリモコン本体に設けられ、前記リモコン本体の右傾き状態および左傾き状態を検出する傾き検出手段とを備え、
前記傾き検出手段にて前記リモコン本体の右傾き状態が検出されると、前記自動車玩具の車輪が予め設定された設定回動角度をもって右方向に回動し、
前記傾き検出手段にて前記リモコン本体の左傾き状態が検出されると、前記自動車玩具の車輪が予め設定された設定回動角度をもって左方向に回動する
ことを特徴とする玩具装置。
【請求項2】
自動車玩具と、
この自動車玩具を遠隔操作するためのリモコンとを具備し、
前記リモコンは、
左右一対の把持部を有するハンドル形状のリモコン本体と、
このリモコン本体に設けられ、前記リモコン本体の右傾き角度および左傾き角度を検出する傾き検出手段とを備え、
前記リモコン本体が右方向に傾けられると、前記自動車玩具の車輪が前記傾き検出手段にて検出される右傾き角度に対応する回動角度をもって右方向に回動し、
前記リモコン本体が左方向に傾けられると、前記自動車玩具の車輪が前記傾き検出手段にて検出される左傾き角度に対応する回動角度をもって左方向に回動する
ことを特徴とする玩具装置。
【請求項3】
リモコン本体には左右一対の操作レバーが設けられ、
前記左右一対の操作レバーのいずれか一方が操作されると、自動車玩具が加速し、
前記左右一対の操作レバーのいずれか他方が操作されると、前記自動車玩具が減速する
ことを特徴とする請求項1または2記載の玩具装置。
【請求項4】
リモコン本体には、加速用操作ボタン、減速用操作ボタン、右曲がり用操作ボタンおよび左曲がり用操作ボタンが設けられ、
前記加速用操作ボタンが操作されると、自動車玩具が加速し、
前記減速用操作ボタンが操作されると、前記自動車玩具が減速し、
前記右曲がり用操作ボタンが操作されると、前記自動車玩具の車輪が右方向に回動し、
前記左曲がり用操作ボタンが操作されると、前記自動車玩具の車輪が左方向に回動する
ことを特徴とする請求項1ないし3のいずれか一記載の玩具装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、実際の自動車のハンドルを握ってその自動車を運転している感覚を味わうことができ、興趣性が良好な玩具装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、例えば自動車玩具とこの自動車玩具を遠隔操作するための無線コントローラ等のリモコンとを具備し、そのリモコンには、自動車玩具に前進、後退、曲がる、加速、減速等の所望動作を行わせる際に操作する左右一対のレバー杆と、撮影画面を表示するためのディスプレイとが設けられた玩具装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】特開2004−298538号公報(図16)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、上記従来の玩具装置のように、リモコンのレバー杆の操作で自動車玩具が右方向に曲がったり左方向に曲がったりする構成では、実際の自動車のハンドルを握ってその自動車を運転している感覚を味わうことができない。
【0004】
本発明は、このような点に鑑みなされたもので、実際の自動車のハンドルを握ってその自動車を運転している感覚を味わうことができ、興趣性が良好な玩具装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
請求項1記載の玩具装置は、自動車玩具と、この自動車玩具を遠隔操作するためのリモコンとを具備し、前記リモコンは、左右一対の把持部を有するハンドル形状のリモコン本体と、このリモコン本体に設けられ、前記リモコン本体の右傾き状態および左傾き状態を検出する傾き検出手段とを備え、前記傾き検出手段にて前記リモコン本体の右傾き状態が検出されると、前記自動車玩具の車輪が予め設定された設定回動角度をもって右方向に回動し、前記傾き検出手段にて前記リモコン本体の左傾き状態が検出されると、前記自動車玩具の車輪が予め設定された設定回動角度をもって左方向に回動するものである。
【0006】
請求項2記載の玩具装置は、自動車玩具と、この自動車玩具を遠隔操作するためのリモコンとを具備し、前記リモコンは、左右一対の把持部を有するハンドル形状のリモコン本体と、このリモコン本体に設けられ、前記リモコン本体の右傾き角度および左傾き角度を検出する傾き検出手段とを備え、前記リモコン本体が右方向に傾けられると、前記自動車玩具の車輪が前記傾き検出手段にて検出される右傾き角度に対応する回動角度をもって右方向に回動し、前記リモコン本体が左方向に傾けられると、前記自動車玩具の車輪が前記傾き検出手段にて検出される左傾き角度に対応する回動角度をもって左方向に回動するものである。
【0007】
請求項3記載の玩具装置は、請求項1または2記載の玩具装置において、リモコン本体には左右一対の操作レバーが設けられ、前記左右一対の操作レバーのいずれか一方が操作されると、自動車玩具が加速し、前記左右一対の操作レバーのいずれか他方が操作されると、前記自動車玩具が減速するものである。
【0008】
請求項4記載の玩具装置は、請求項1ないし3のいずれか一記載の玩具装置において、リモコン本体には、加速用操作ボタン、減速用操作ボタン、右曲がり用操作ボタンおよび左曲がり用操作ボタンが設けられ、前記加速用操作ボタンが操作されると、自動車玩具が加速し、前記減速用操作ボタンが操作されると、前記自動車玩具が減速し、前記右曲がり用操作ボタンが操作されると、前記自動車玩具の車輪が右方向に回動し、前記左曲がり用操作ボタンが操作されると、前記自動車玩具の車輪が左方向に回動するものである。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、実際の自動車のハンドルを切るように両手で左右一対の把持部を把持してリモコン本体を傾けることによって、自動車玩具の車輪をその傾けた方向に回動させることができるため、実際の自動車のハンドルを握ってその自動車を運転している感覚を味わうことができ、興趣性が良好である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
本発明の一実施の形態に係る玩具装置を図面を参照して説明する。
【0011】
本実施の形態に係る玩具装置、すなわち例えばラジオコントロールカー玩具は、例えば手のひらに乗せることができる程度の大きさで自動車の形を模した模型本体である自動車玩具1(図5参照)と、この自動車玩具1を無線信号を利用して遠隔操作するための無線コントローラであるハンドル型のリモコン2(図1等参照)とを具備している。
【0012】
自動車玩具1は、図5に示すように、ベース体4を備えている。ベース体4の前部には、走行面から受ける力で水平方向軸線を中心として従動回転する左右一対の前輪(車輪)5が設けられている。左右一対の前輪5はベース体4に対して上下方向軸線を中心として左右方向に回動可能となっており、ベース体4の前部には、左右一対の前輪5を同時に左右方向に回動させる駆動手段である電磁石(前輪操舵用電磁石)6が設けられている。電磁石6が両前輪5同士を連結する連結手段7を動かすことで両前輪5が同時に左右方向に回動する構成となっている。
【0013】
また、ベース体4の後部には、駆動手段であるモータ(走行用モータ)8から出力される駆動力で左右水平方向軸線を中心として正方向または逆方向に駆動回転する左右一対の後輪9が設けられている。
【0014】
なお、自動車玩具1は、リモコン2の送信部から送信される無線信号を受信する受信部、この受信部から送られてくる信号に基づいて電磁石6およびモータ8等を制御する制御部、電池を収納した電池収納部等を備えている。
【0015】
リモコン2は、図1ないし図3に示すようなレーシングカー等の自動車のハンドルを模したハンドル形状のリモコン本体11と、このリモコン本体11内に設けられリモコン本体11の右傾き状態および左傾き状態を検出するスイッチ式の傾き検出手段(図4参照)12とを備えている。
【0016】
リモコン本体11は、図1ないし図3に示されるように、傾き検出手段12等を内部に収容した本体部13と、この本体部13の左右両側に一体的に設けられ略円弧状をなす左右一対の把持部14とを有している。なお、本体部13の表面はCFRP風になっており、把持部14の表面は表革風になっている。
【0017】
本体部13の左右両側には、把持部14の後方に位置し使用者が把持部14を把持しながら指で操作する略板状の左右一対の操作レバー、すなわち例えばシフトアップレバー板16およびシフトダウンレバー板17が本体部13の側面から側方に向って突出するように設けられている。シフトアップレバー板16およびシフトダウンレバー板17は、リモコン本体11の本体部13に対して操作位置と待機位置との間で前後方向に移動可能となっている。
【0018】
また、本体部13の前面側には、使用者が指で押動操作する略円形状の押圧式の複数、例えば5つの操作ボタン、すなわち例えばスタート用操作ボタン21、加速用操作ボタン22、減速用操作ボタン23、右曲がり用操作ボタン24および左曲がり用操作ボタン25が設けられている。
【0019】
さらに、本体部13の前面側には、LED(発光ダイオード)等からなるレブ表示部26およびシフト表示部27が設けられている。また、本体部13の前面には放音孔28が形成され、本体部13内における放音孔28との対向位置にはシフトアップ時には加速音、シフトダウン時にはエンジンブレーキ音を出すスピーカ29が設けられている。さらに、本体部13に形成された電池収納室には電池が収納され、電池収納室は本体部13に対して脱着可能な蓋30にて開閉可能となっている。
【0020】
また、リモコン本体11の本体部13内に設けられたスイッチ式の傾き検出手段12は、図4(a)〜(c)に示すように、リモコン本体11が右方向に傾けられた際にこのリモコン本体11の右傾き状態、つまりこのリモコン本体11が予め設定された設定角度α以上の右傾き角度で右方向に傾いた状態を右スイッチ31で検出し、リモコン本体11が左方向に傾けられた際にこのリモコン本体11の左傾き状態、つまりこのリモコン本体11が予め設定された設定角度α以上の左傾き角度で左方向に傾いた状態を左スイッチ32で検出するものである。
【0021】
傾き検出手段12は、リモコン本体11の本体部13が有する前後方向の支軸(回動支点)33に回動可能にぶら下げ状態として設けられた振り子である錘部材35と、リモコン本体11の右傾き状態時に錘部材35の凸部36と当接してオンする右スイッチ31と、リモコン本体11の左傾き状態時に錘部材35の凸部37と当接してオンする左スイッチ32とを有している。錘部材35は、支軸33に回動可能に取り付けられた略円形環状の取付部38を上部に有し、下部に略円形の錘部39を有している。また、傾き検出手段12は、錘部材35をこの錘部材35の左右両側方から両スイッチ31,32間の中心位置(基準位置)側に向けて付勢する付勢手段、すなわち例えば右ばね41および左ばね42を有している。
【0022】
なお、リモコン本体11の本体部13内には、傾き検出手段12およびスピーカ29の他に、各レバー板16,17の操作の有無を検出するスイッチ、各操作ボタン21〜25の操作の有無を検出するスイッチ、自動車玩具1の受信部に向けて無線信号を送信する送信部、各スイッチからの信号に基づいて送信部、表示部26,27およびスピーカ29等を制御する制御部等が設けられている。
【0023】
次に、上記ラジオコントロールカー玩具の動作等について説明する。
【0024】
まず、操作ボタン22〜25の操作により自動車玩具1を動かして遊ぶ場合、遊戯者がリモコン2のスタート用操作ボタン21を押動操作すると、リモコン2のスピーカ29から擬似エンジン音が発生する。このとき、自動車玩具1は停止したままである。
【0025】
次いで、例えば加速用操作ボタン22を押動操作すると、リモコン2のスピーカ29から擬似エンジン音(擬似ギア1段の加速状態のエンジン音)が発生するとともに、レブ表示部26の所定のLEDが点灯しかつシフト表示部27には「1」と表示され、また同時に、左右一対の後輪9がモータ8からの駆動力によって正方向に回転することで、自動車玩具1が加速して第1速度で前進走行する。
【0026】
そして、再び加速用操作ボタン22を押動操作すると、リモコン2のスピーカ29から擬似エンジン音(擬似ギア2段の加速状態のエンジン音)が発生するとともに、レブ表示部26の所定のLEDが点灯しかつシフト表示部27には「2」と表示され、また同時に、自動車玩具1がさらに加速して、第1速度より速い第2速度で前進走行する。なお、自動車玩具1をさらに加速させたい場合、繰り返して加速用操作ボタン22を押動操作することで、例えばギア5段まで擬似的にシフトアップすることができる。
【0027】
また、例えば自動車玩具1が第2速度をもって前進走行している状態で、遊戯者がリモコン2の減速用操作ボタン23を押動操作すると、スピーカ29から擬似エンジン音(擬似ギア1段のエンジンブレーキ状態のエンジン音)が発生するとともに、レブ表示部26の所定のLEDが点灯しかつシフト表示部27には「1」と表示され、また同時に、自動車玩具1が減速して第1速度で前進走行する。すなわち、自動車玩具1を減速させたいときに、減速用操作ボタン23を押動操作することで、擬似的にシフトダウンすることができる。
【0028】
そして、自動車玩具1の前進走行時において、遊戯者がリモコン2の右曲がり用操作ボタン24を押動操作すると、押動操作している間だけ、左右一対の前輪5が真直ぐ前方を向いた状態から電磁石6の作動により予め設定された設定回動角度をもって右方向に回動し、自動車玩具1が右に曲がる。右曲がり用操作ボタン24から指を離してその押動操作を解除すると、左右一対の前輪5が真直ぐ前方を向いた状態に復帰する。
【0029】
また、自動車玩具1の前進走行時において、遊戯者がリモコン2の左曲がり用操作ボタン25を押動操作すると、押動操作している間だけ、左右一対の前輪5が真直ぐ前方を向いた状態から電磁石6の作動により予め設定された設定回動角度をもって左方向に回動し、自動車玩具1が左に曲がる。左曲がり用操作ボタン25から指を離してその押動操作を解除すると、左右一対の前輪5が真直ぐ前方を向いた状態に復帰する。
【0030】
なお、自動車玩具1の停止状態時に、減速用操作ボタン23を押動操作すると、リモコン2のスピーカ29から擬似バック音が発生するとともに、左右一対の後輪9がモータ8からの駆動力によって逆方向に回転することで自動車玩具1がバック走行する。
【0031】
次に、レバー板16,17の操作位置への押動操作とリモコン本体11の傾動操作とによって自動車玩具1を動かして遊ぶ場合、遊戯者がリモコン2のスタート用操作ボタン21を押動操作すると、リモコン2のスピーカ29から擬似エンジン音が発生する。このとき、自動車玩具1は停止したままである。
【0032】
次いで、遊戯者が把持部14を把持してリモコン本体11を水平姿勢に持った状態で、例えばシフトアップレバー板16を右手の指で手前に押すように押動操作すると、リモコン2のスピーカ29から擬似エンジン音(擬似ギア1段の加速状態のエンジン音)が発生するとともに、レブ表示部26の所定のLEDが点灯しかつシフト表示部27には「1」と表示され、また同時に、左右一対の後輪9がモータ8からの駆動力によって正方向に回転することで、自動車玩具1が加速して第1速度で前進走行する。
【0033】
そして、再びシフトアップレバー板16を右手の指で手前に押すように押動操作すると、リモコン2のスピーカ29から擬似エンジン音(擬似ギア2段の加速状態のエンジン音)が発生するとともに、レブ表示部26の所定のLEDが点灯しかつシフト表示部27には「2」と表示され、また同時に、自動車玩具1がさらに加速して、第1速度より速い第2速度で前進走行する。自動車玩具1をさらに加速させたい場合、繰り返してシフトアップレバー板16を押動操作することで、例えばギア5段まで擬似的にシフトアップできる。
【0034】
また、例えば自動車玩具1が第2速度をもって前進走行している状態で、遊戯者がシフトダウンレバー板17を左手の指で手前に押すように押動操作すると、スピーカ29から擬似エンジン音(擬似ギア1段のエンジンブレーキ状態のエンジン音)が発生するとともに、レブ表示部26の所定のLEDが点灯しかつシフト表示部27には「1」と表示され、また同時に、自動車玩具1が減速して第1速度で前進走行する。すなわち、自動車玩具1を減速させたいときに、シフトダウンレバー板17を押動操作することで、擬似的にシフトダウンできる。
【0035】
そして、自動車玩具1の前進走行時において、遊戯者がリモコン本体11を右方向に傾け、このリモコン本体11が設定角度α以上の右傾き角度で右方向に傾いた右傾き状態になると、リモコン本体11内の傾き検出手段12がそのリモコン本体11の傾き状態を右スイッチ31で検出し、その結果、左右一対の前輪5が真直ぐ前方を向いた状態から電磁石6の作動により予め設定された設定回動角度をもって右方向に回動し、自動車玩具1が右に曲がる。リモコン本体11を水平姿勢に戻すと、左右一対の前輪5は真直ぐ前方を向いた状態に復帰する。
【0036】
また、自動車玩具1の前進走行時において、遊戯者がリモコン本体11を左方向に傾け、このリモコン本体11が設定角度α以上の左傾き角度で左方向に傾いた左傾き状態になると、リモコン本体11内の傾き検出手段12がそのリモコン本体11の傾き状態を左スイッチ32で検出し、その結果、左右一対の前輪5が真直ぐ前方を向いた状態から電磁石6の作動により予め設定された設定回動角度をもって左方向に回動し、自動車玩具1が左に曲がる。リモコン本体11を水平姿勢に戻すと、左右一対の前輪5は真直ぐ前方を向いた状態に復帰する。
【0037】
なお、自動車玩具1の停止状態時に、シフトダウンレバー板17を押動操作すると、リモコン2のスピーカ29から擬似バック音が発生するとともに、左右一対の後輪9がモータ8からの駆動力によって逆方向に回転することで自動車玩具1がバック走行する。
【0038】
そして、このようなラジオコントロールカー玩具によれば、操作ボタン22〜25の操作で自動車玩具1を遠隔操作できるばかりでなく、左右のレバー板16,17の操作およびリモコン本体11自体を傾けることで自動車玩具1を遠隔操作できるため、実際の自動車のハンドルを握ってその自動車を運転している感覚を味わうことができ、よって興趣性がきわめて良好である。
【0039】
なお、上記実施の形態では、自動車玩具1が前輪5を左右方向に回動させる駆動手段である電磁石6を有し、かつリモコン2がリモコン本体11の右傾き状態および左傾き状態を検出するスイッチ式の傾き検出手段12を有する構成について説明したが、例えば図7に示すように自動車玩具1が前輪5をリモコン本体11の傾きに対応させて左右方向に回動させる駆動手段であるモータ(前輪操舵用モータ)6aを有し、かつ図6に示すようにリモコン2がリモコン本体11の右傾き角度および左傾き角度を検出する可変抵抗式の傾き検出手段12aを有する構成でもよい。この図6(a)〜(e)に示す傾き検出手段12aは、支軸(回動支点)33に取り付けられた可変抵抗51を有し、錘部材35の支軸33を中心とする回動をダイレクトに抵抗値に変換できるようになっている。なお、感度調整は可変抵抗51に直列に配線してある他の可変抵抗(図示せず)によるトリム調整によって行うようにする。
【0040】
そして、この構成では、例えば自動車玩具1の前進走行時に、リモコン本体11が右方向に傾けられると、自動車玩具1の前輪5が傾き検出手段12aにて検出されるリモコン本体11の右傾き角度βに対応する回動角度をもって右方向に回動し、自動車玩具1がその回動角度に応じて右に曲がる。また、例えば自動車玩具1の前進走行時に、リモコン本体11が左方向に傾けられると、自動車玩具1の前輪5が傾き検出手段12aにて検出されるリモコン本体11の左傾き角度βに対応する回動角度をもって左方向に回動し、自動車玩具1がその回動角度に応じて左に曲がる。このため、リモコン本体11の傾き角度によって自動車玩具1の前輪5の向きを微妙に調節でき、興趣性がより一層良好となる。
【0041】
なお、例えば自動車玩具1の走行時に振動する振動手段をリモコン本体11の把持部14内に設けるようにしてもよい。
【0042】
また、例えば加速用操作ボタン22および右曲がり用操作ボタン24を右側の把持部14に設け、減速用操作ボタン23および左曲がり用操作ボタン25を左側の把持部14に設けた構成でもよい。さらに、5段ではなく、4段或いは6段以上にシフトアップすることができる構成としてもよい。
【0043】
さらに、左右一対の把持部14が略円形環状のハンドル部の左右両側の部分からなるものであってもよい。
【図面の簡単な説明】
【0044】
【図1】本発明の一実施の形態に係る玩具装置のリモコンの正面図である。
【図2】同上リモコンの背面図である。
【図3】同上リモコンの側面図である。
【図4】同上リモコンのスイッチ式の傾き検出手段および自動車玩具を示す図であり、(a)がリモコン本体を傾けていない状態の図で、(b)がリモコン本体を右方向に傾けた状態の図で、(c)がリモコン本体を左方向に傾けた状態の図である。
【図5】同上玩具装置の自動車玩具の概略斜視図である。
【図6】本発明の他の実施の形態に係る玩具装置のリモコンの可変抵抗式の傾き検出手段および自動車玩具を示す図であり、(a)がリモコン本体を傾けていない状態での図で、(b)がリモコン本体を右方向に傾けた状態の図で、(c)がリモコン本体を右方向にさらに傾けた状態の図で、(d)がリモコン本体を左方向に傾けた状態の図で、(e)がリモコン本体を左方向にさらに傾けた状態の図である。
【図7】同上玩具装置の自動車玩具の概略斜視図である。
【符号の説明】
【0045】
1 自動車玩具
2 リモコン
5 車輪である前輪
11 リモコン本体
12,12a 傾き検出手段
14 把持部
16 操作レバーであるシフトアップレバー板
17 操作レバーであるシフトダウンレバー板
22 加速用操作ボタン
23 減速用操作ボタン
24 右曲がり用操作ボタン
25 左曲がり用操作ボタン
【出願人】 【識別番号】000102108
【氏名又は名称】イワヤ株式会社
【出願日】 平成18年7月20日(2006.7.20)
【代理人】 【識別番号】100062764
【弁理士】
【氏名又は名称】樺澤 襄

【識別番号】100092565
【弁理士】
【氏名又は名称】樺澤 聡

【識別番号】100112449
【弁理士】
【氏名又は名称】山田 哲也


【公開番号】 特開2008−23011(P2008−23011A)
【公開日】 平成20年2月7日(2008.2.7)
【出願番号】 特願2006−197634(P2006−197634)