トップ :: A 生活必需品 :: A63 スポ−ツ;ゲ−ム;娯楽

【発明の名称】 パチンコ機
【発明者】 【氏名】市原 高明

【氏名】後藤 将仁

【要約】 【課題】不正行為による遊技の進行を防止することができるパチンコ機を提供する。

【解決手段】受止誘導部材が突出位置から没入位置に移動してタイミングs0からタイミングs1までの期間経過後に没入位置センサ556により検出されない場合には、図中(c),(d)のタイムチャートにより不正行為が行われていると判定される。また、第2抽選・変動開始処理により第2始動口センサ318による遊技球の流出が検出された際に、その検出が有効に設定されているときのみ、遊技者に有利な大当たり遊技とするか否かの当落を判定するため、無効と設定された期間(タイミングs0からタイミングs3までの期間以外)では、例えば不正行為が行われても、そのような不正な遊技球による特別図柄始動口への入賞が無効化される。したがって、不正行為による遊技の進行を防止することができる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
発射装置により発射された遊技球が流下可能な遊技領域を有する遊技盤と、
該遊技盤の遊技領域の所定位置に配設され、かつ、遊技球を受け入れ可能な始動口が設けられた始動口ユニットと、
前記遊技盤の遊技領域の所定位置に配設され、かつ、遊技球を受け入れ可能な特定始動口が設けられた特定始動口ユニットと、
前記遊技盤の後側に装着され、かつ、前記始動口及び前記特定始動口に遊技球が入球したことに基づいて遊技の進行を制御するマイクロプロセッサが実装された主制御基板と、
を備えるパチンコ機であって、
前記始動口ユニットは、少なくとも、
前記始動口を通過した遊技球を検出する通過センサ
を備え、
前記特定始動口ユニットは、少なくとも、
当該特定始動口ユニットの奥側に設けた収容位置と前記遊技盤から遊技者側に突出する突出位置との間を摺動し、かつ、前記突出位置で受け止めた遊技球を当該特定始動ユニットの奥側に誘導可能な受止誘導部材と、
当該特定始動口ユニットの奥側に設けられ、かつ、前記受止誘導部材で受け止めて誘導された遊技球を当該受止誘導部材から流出させる流出口と、
該流出口に流出する遊技球を検出する流出センサと、
前記受止誘導部材が前記収容位置にあるか否かを検出する収容位置センサと、
前記受止誘導部材を前記収容位置又は前記突出位置のいずれか一方に移動させる電気的駆動源と、
を備え、
前記主制御基板に実装されたマイクロプロセッサは、少なくとも、
前記始動口ユニットの前記通過センサによる遊技球の通過が検出された際に、前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記収容位置から前記突出位置に移動させるか否かの抽選を行う抽選制御手段と、
前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記収容位置から前記突出位置に移動させる突出位置移動制御手段と、
前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記突出位置から前記収容位置に移動させる収容位置移動制御手段と、
前記特定始動口ユニットの前記流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、該検出を有効又は無効のいずれか一方に設定する有効無効設定制御手段と、
前記有効無効設定制御手段により前記特定始動口ユニットの前記流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、該検出が有効に設定されているときのみ、遊技者に有利な大当たり遊技とするか否かの当落を判定する当落判定制御手段と、
前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材が前記特定始動口ユニットの前記収容位置センサにより検出されたか否かを判定する収容位置判定制御手段と、
不正行為が行われているか否かを判定する不正行為判定制御手段と、
を備え、前記抽選制御手段による抽選結果が前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記収容位置から前記突出位置に移動させる場合には、前記突出位置移動制御手段により前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記収容位置から前記突出位置に所定期間だけ移動させるとともに前記有効無効設定制御手段により前記特定始動口ユニットの前記流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、該検出を有効に設定し、前記所定期間が経過したのちには、前記収容位置移動制御手段により前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記突出位置から前記収容位置に移動させるとともに前記収容位置判定制御手段により前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材が前記特定始動口ユニットの前記収容位置センサにより判定期間内に検出されたか否かを判定し、該判定により前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材が前記特定始動口ユニットの前記収容位置センサにより検出されるときには前記不正行為判定制御手段により不正行為が行われていないと判定する一方、該判定により前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材が前記特定始動口ユニットの前記収容位置センサにより検出されないときには前記不正行為判定制御手段により不正行為が行われていると判定し、前記判定期間が経過し、かつ、前記収容位置移動制御手段により前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記突出位置から前記収容位置に移動させる際に、こぼし損ねた遊技球が前記特定始動口ユニットの前記特定始動口に受け入れられて前記特定始動口ユニットの前記流出センサによりその遊技球の流出が検出され得る期間が経過したのちには、前記有効無効設定制御手段により前記特定始動口ユニットの前記流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、該検出を無効に設定することを特徴とするパチンコ機。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、不正対策が施されたパチンコ機に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来より、遊技機としてのパチンコ機には、第一種、第二種及び第三種と称されるものがある。第一種のパチンコ機は、遊技領域に打ち込まれた遊技球を受けいれ可能な始動口が設けられており、この始動口に遊技球が受け入れられると、これを契機として大当り抽選が行われるようになっている。この点において、第二種及び第三種のパチンコ機と大きく異なっている。
【0003】
第一種のパチンコ機は、抽選手段による抽選結果が、例えば液晶表示器等から構成される演出画像表示手段によって図柄の変動表示が導出されるようになっており、その抽選に当選すると、遊技者に所定の遊技価値が付与可能となる大当たり遊技が発生するようになっている。このような第一種のパチンコ機は、大当たり遊技が発生するまでの過程が単調となっており、興趣が低下していた。
【0004】
そこで、興趣を増大させるために、始動口として一対の羽根部材が設けられた普通電動役物(いわゆる、電動チューリップ)を備えたパチンコ機が提案されている(例えば、特許文献1)。この特許文献1に記載されたパチンコ機では、羽根部材が開放することで普通電動役物に遊技球が入賞するようになっている。
【特許文献1】特開平5−177045公報(図2及び図3)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところが、特許文献1に記載されたパチンコ機では、普通電動役物に設けられた一対の羽根部材は盤面から突出しており、針金等で容易にひっかけ可能に構成されているがため、不正に開放させて遊技球を入賞させ、その入賞により払い出される遊技球を獲得する不正行為がしばしば行われており、ホールが多大な損害を被っていた。
【0006】
本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、不正行為による遊技の進行を防止することができるパチンコ機を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上述の目的を達成するための有効な解決手段を以下に示す。なお、必要に応じてその作用等の説明を行う。また、理解の容易のため、発明の実施の形態において対応する構成等についても適宜示すが、何ら限定されるものではない。
【0008】
(解決手段1)
発射装置により発射された遊技球が流下可能な遊技領域を有する遊技盤と、該遊技盤の遊技領域の所定位置に配設され、かつ、遊技球を受け入れ可能な始動口が設けられた始動口ユニットと、前記遊技盤の遊技領域の所定位置に配設され、かつ、遊技球を受け入れ可能な特定始動口が設けられた特定始動口ユニットと、前記遊技盤の後側に装着され、かつ、前記始動口及び前記特定始動口に遊技球が入球したことに基づいて遊技の進行を制御するマイクロプロセッサが実装された主制御基板と、を備えるパチンコ機であって、前記始動口ユニットは、少なくとも、前記始動口を通過した遊技球を検出する通過センサを備え、前記特定始動口ユニットは、少なくとも、当該特定始動口ユニットの奥側に設けた収容位置と前記遊技盤から遊技者側に突出する突出位置との間を摺動し、かつ、前記突出位置で受け止めた遊技球を当該特定始動ユニットの奥側に誘導可能な受止誘導部材と、当該特定始動口ユニットの奥側に設けられ、かつ、前記受止誘導部材で受け止めて誘導された遊技球を当該受止誘導部材から流出させる流出口と、該流出口に流出する遊技球を検出する流出センサと、前記受止誘導部材が前記収容位置にあるか否かを検出する収容位置センサと、前記受止誘導部材を前記収容位置又は前記突出位置のいずれか一方に移動させる電気的駆動源と、を備え、前記主制御基板に実装されたマイクロプロセッサは、少なくとも、前記始動口ユニットの前記通過センサによる遊技球の通過が検出された際に、前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記収容位置から前記突出位置に移動させるか否かの抽選を行う抽選制御手段と、前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記収容位置から前記突出位置に移動させる突出位置移動制御手段と、前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記突出位置から前記収容位置に移動させる収容位置移動制御手段と、前記特定始動口ユニットの前記流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、該検出を有効又は無効のいずれか一方に設定する有効無効設定制御手段と、前記有効無効設定制御手段により前記特定始動口ユニットの前記流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、該検出が有効に設定されているときのみ、遊技者に有利な大当たり遊技とするか否かの当落を判定する当落判定制御手段と、前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材が前記特定始動口ユニットの前記収容位置センサにより検出されたか否かを判定する収容位置判定制御手段と、不正行為が行われているか否かを判定する不正行為判定制御手段と、を備え、前記抽選制御手段による抽選結果が前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記収容位置から前記突出位置に移動させる場合には、前記突出位置移動制御手段により前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記収容位置から前記突出位置に所定期間だけ移動させるとともに前記有効無効設定制御手段により前記特定始動口ユニットの前記流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、該検出を有効に設定し、前記所定期間が経過したのちには、前記収容位置移動制御手段により前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記突出位置から前記収容位置に移動させるとともに前記収容位置判定制御手段により前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材が前記特定始動口ユニットの前記収容位置センサにより判定期間内に検出されたか否かを判定し、該判定により前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材が前記特定始動口ユニットの前記収容位置センサにより検出されるときには前記不正行為判定制御手段により不正行為が行われていないと判定する一方、該判定により前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材が前記特定始動口ユニットの前記収容位置センサにより検出されないときには前記不正行為判定制御手段により不正行為が行われていると判定し、前記判定期間が経過し、かつ、前記収容位置移動制御手段により前記特定始動口ユニットの前記電気的駆動源を制御して前記特定始動口ユニットの前記受止誘導部材を前記突出位置から前記収容位置に移動させる際に、こぼし損ねた遊技球が前記特定始動口ユニットの前記特定始動口に受け入れられて前記特定始動口ユニットの前記流出センサによりその遊技球の流出が検出され得る期間が経過したのちには、前記有効無効設定制御手段により前記特定始動口ユニットの前記流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、該検出を無効に設定することを特徴とするパチンコ機。
【0009】
このパチンコ機では、遊技盤、始動口ユニット、特定始動口ユニット、主制御基板を備えている。遊技盤は、発射装置により発射された遊技球が流下可能な遊技領域を有している。始動口ユニットは、遊技盤の遊技領域の所定位置に配設され、かつ、遊技球を受け入れ可能な始動口が設けられている。特定始動口ユニットは、遊技盤の遊技領域の所定位置に配設され、かつ、遊技球を受け入れ可能な特定始動口が設けられている。主制御基板は、遊技盤の後側に装着され、かつ、始動口及び特定始動口に遊技球が入球したことに基づいて遊技の進行を制御するマイクロプロセッサが実装されている。
【0010】
始動口ユニットは、少なくとも、通過センサを備えており、この通過センサは始動口を通過した遊技球を検出する。
【0011】
特定始動口ユニットは、少なくとも、受止誘導部材、流出口、流出センサ、収容位置センサ、電気的駆動源を備えている。受止誘導部材は、特定始動口ユニットの奥側に設けた収容位置と遊技盤から遊技者側に突出する突出位置との間を摺動することができ、突出位置で受け止めた遊技球を特定始動口ユニットの奥側に誘導することができる。流出口は、特定始動口ユニットの奥側に設けられており、受止誘導部材で受け止めて誘導された遊技球を受止誘導部材から流出させることができる。流出センサは流出口に流出する遊技球を検出し、収容位置センサは受止誘導部材が収容位置にあるか否かを検出する。電気的駆動源は、受止誘導部材を収容位置又は突出位置のいずれか一方に移動させることができる。
【0012】
主制御基板に実装されたマイクロプロセッサは、少なくとも、抽選制御手段、突出位置移動制御手段、収容位置移動制御手段、有効無効設定制御手段、当落判定制御手段、収容位置判定制御手段、不正行為判定制御手段を備えている。抽選制御手段は、始動口ユニットの通過センサによる遊技球の通過が検出された際に、特定始動口ユニットの受止誘導部材を収容位置から突出位置に移動させるか否かの抽選を行う。突出位置移動制御手段は、特定始動口ユニットの電気的駆動源を制御して特定始動口ユニットの受止誘導部材を収容位置から突出位置に移動させる。収容位置移動制御手段は、特定始動口ユニットの電気的駆動源を制御して特定始動口ユニットの受止誘導部材を突出位置から収容位置に移動させる。有効無効設定制御手段は、特定始動口ユニットの流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、その検出を有効又は無効のいずれか一方に設定する。当落判定制御手段は、有効無効設定制御手段により特定始動口ユニットの流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、その検出が有効に設定されているときのみ、遊技者に有利な大当たり遊技とするか否かの当落を判定する。収容位置判定制御手段は、特定始動口ユニットの受止誘導部材が特定始動口ユニットの収容位置センサにより検出されたか否かを判定する。不正行為判定制御手段は、不正行為が行われているか否かを判定する。
【0013】
主制御基板に実装されたマイクロプロセッサは、抽選制御手段による抽選結果が特定始動口ユニットの受止誘導部材を収容位置から突出位置に移動させる場合には、突出位置移動制御手段により特定始動口ユニットの電気的駆動源を制御して特定始動口ユニットの受止誘導部材を収容位置から突出位置に所定期間だけ移動させるとともに有効無効設定制御手段により特定始動口ユニットの流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、その検出を有効に設定する。そして所定期間が経過したのちには、収容位置移動制御手段により特定始動口ユニットの電気的駆動源を制御して特定始動口ユニットの受止誘導部材を突出位置から収容位置に移動させるとともに収容位置判定制御手段により特定始動口ユニットの受止誘導部材が特定始動口ユニットの収容位置センサにより判定期間内に検出されたか否かを判定し、その判定により特定始動口ユニットの受止誘導部材が特定始動口ユニットの収容位置センサにより検出されるときには不正行為判定制御手段により不正行為が行われていないと判定する一方、その判定により特定始動口ユニットの受止誘導部材が特定始動口ユニットの収容位置センサにより検出されないときには不正行為判定制御手段により不正行為が行われていると判定する。そして判定期間が経過し、かつ、収容位置移動制御手段により特定始動口ユニットの電気的駆動源を制御して特定始動口ユニットの受止誘導部材を突出位置から収容位置に移動させる際に、こぼし損ねた遊技球が特定始動口ユニットの特定始動口に受け入れられて特定始動口ユニットの流出センサによりその遊技球の流出が検出され得る期間が経過したのちには、有効無効設定制御手段により特定始動口ユニットの流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、その検出を無効に設定する。
【0014】
このように、受止誘導部材が突出位置に所定期間だけ移動されたのち、突出位置から収容位置に移動して受止誘導部材が判定期間経過後に収容位置センサにより検出されない場合には、不正行為判定制御手段により不正行為が行われていると判定される。これにより、例えば針金等によって受止誘導部材を引っかけて受止誘導部材の位置を突出位置にある状態に維持して不正に遊技球を入球させる不正行為が行われても、収容位置センサによってその不正行為を検知することができる。また、当落判定制御手段は、有効無効設定制御手段により特定始動口ユニットの流出センサによる遊技球の流出が検出された際に、その検出が有効に設定されているときのみ、遊技者に有利な大当たり遊技とするか否かの当落を判定するため、無効と設定された期間では、例えば上述した不正行為が行われても、そのような不正な遊技球による特定始動口への入賞が無効化される。したがって、不正行為による遊技の進行を防止することができる。
【0015】
本実施形態では、例えば、図5の発射装置194が発射装置に相当し、図3の遊技領域37が遊技領域に相当し、図3の遊技盤5が遊技盤に相当し、図3の普通図柄始動口96が始動口に相当し、図3の入賞口ユニット499が始動口ユニットに相当し、図3の特別図柄始動口82が特定始動口に相当し、図3の特別始動口ユニット530が特定始動口ユニットに相当し、図36の主制御MPU765aがマイクロプロセッサに相当し、図36の主制御基板765が主制御基板に相当し、図1のパチンコ機1がパチンコ機に相当し、図36の第1始動口センサ317が通過センサに相当し、収容位置が没入位置に相当し、突出位置が突出位置に相当し、図32の受止誘導部材535が受止誘導部材に相当し、図32の流出口541が流出口に相当し、図36の第2始動口センサ318(図32の遊技球検出手段553)が流出センサに相当し、図32の没入位置センサ556が収容位置センサに相当し、図32のソレノイド548が電気的駆動源に相当し、図45の第1抽選・変動開始処理が抽選制御手段に相当し、図49(a),(b)のタイムチャートが突出位置移動制御手段及び収容位置移動制御手段に相当し、図49(c)のタイムチャートが有効無効設定制御手段に相当し、図52の第2抽選・変動開始処理が当落判定制御手段に相当し、図49(d)のタイムチャートが収容位置判定制御手段、図49(c),(d)のタイムチャートが不正行為判定制御手段に相当し、図49のタイミングs0からタイミングs1までの期間が所定期間に相当し、図49のタイミングs1からタイミングs2までの期間が判定期間に相当し、図49のタイミングs1からタイミングs3までの期間がこぼし損ねた遊技球が前記特定始動口ユニットの前記特定始動口に受け入れられて前記特定始動口ユニットの前記流出センサによりその遊技球の流出が検出され得る期間に相当する。
【発明の効果】
【0016】
本発明のパチンコ機においては、不正行為による遊技の進行を防止することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0017】
以下、本発明の一実施形態であるパチンコ遊技機(以下、単に「パチンコ機」という)を、図面に基づいて詳細に説明する。
【0018】
[パチンコ機の全体構成について]
図1に基づき説明する。図1はパチンコ機の外枠の一側に本体枠が開かれその本体枠の一側に前面枠が開かれた状態を示す斜視図である。なお、図1においては遊技領域における装飾部材が省略された図を示している。
【0019】
パチンコ機1は、外枠2、本体枠3、前面枠4、及び遊技盤5等を備えて構成されている。外枠2は、上下左右の木製の枠材によって縦長四角形の枠状に形成され、同外枠2の前側下部には、本体枠3の下面を受ける下受板6を有している。外枠2の前面の片側には、ヒンジ機構7によって本体枠3が前方に開閉可能に装着されている。なお、外枠2は、樹脂やアルミニウム等の軽金属によって形成されていてもよい。
【0020】
[本体枠の構成について]
図2及び図4に基づき説明する。図2はパチンコ機の前側全体を示す正面図であり、図4はパチンコ機の本体枠と遊技盤とを分離して斜め右上前方から示す斜視図である。
【0021】
本体枠3は、前枠体11、遊技盤装着枠12及び機構装着体13を合成樹脂材によって一体成形することで構成されている。本体枠3の前枠体11は、外枠2(図1参照)の前側の下受板6を除く外郭形状に対応する大きさの矩形枠状に形成されている。そして、前枠体11の片側の上下部には、本体枠側ヒンジ具15が固定されており、外枠2の片側の上下部に固定された外枠側ヒンジ具14に対してヒンジピン及びヒンジ孔によって開閉回動可能に装着されている。つまり、外枠側ヒンジ具14、本体枠側ヒンジ具15、ヒンジピン及びヒンジ孔によってヒンジ機構7が構成されている。
【0022】
前枠体11の前側において、遊技盤装着枠12よりも下方に位置する前枠体11の前下部左側領域にはスピーカボックス部16が一体に形成され、そのスピーカボックス部16の前側開口部には、同開口部を塞ぐようにしてスピーカ装着板17が装着されている。そして、スピーカ装着板17にはスピーカ18が装着されている。また、前枠体11前面の下部領域内において、その上半部分には発射レール19が傾斜状に装着されている。また、前枠体11前面の下部領域内の下半部分には下部前面板30が装着されている。そして、下部前面板30の前面の略中央部には、遊技球を貯留可能な下皿31が設けられ、右側寄りには操作ハンドル32が設けられ、左側寄りには灰皿33が設けられている。なお、下皿31には、遊技球を下方に排出するための球排出レバー34が配設されている。
【0023】
[前面枠の構成について]
図1及び図2に基づき説明する。前枠体11の前面の片側には、その前枠体11の上端から下部前面板30の上縁にわたる部分を覆うようにして、前面枠4がヒンジ機構36によって前方に開閉可能に装着されている。また、前面枠4の略中央部には、遊技盤5の遊技領域37を前方から透視可能な略円形の開口窓38が形成されている。また、前面枠4の後側には開口窓38よりも大きな矩形枠状をなす窓枠39が設けられ、その窓枠39にはガラス板、透明樹脂板等の透明板50が装着されている。また、前面枠4の前面の略全体は、ランプ等が内設された前面装飾部材によって装飾され、同前面枠4の前面の下部には上皿51が形成されている。詳しくは、開口窓38の周囲において、左右両側部にサイド装飾装置52が、下部に上皿51が、上部に音響電飾装置53が装着されている。サイド装飾装置52は、ランプ基板が内部に配置され且つ合成樹脂材によって形成されたサイド装飾体54を主体として構成されている。サイド装飾体54には、横方向に長いスリット状の開口孔が上下方向に複数配列されており、該開口孔には、ランプ基板に配置された光源に対応するレンズ55が組み込まれている。音響電飾装置53は、透明カバー体56、スピーカ57、スピーカカバー58、及びリフレクタ体(図示しない)等を備え、これらの構成部材が相互に組み付けられてユニット化されている。
【0024】
[施錠装置の構成について]
図1及び図4に基づき説明する。前枠体11のヒンジ機構36に対して反対側となる自由端側の後側には、外枠2に対し本体枠3を施錠する機能と、本体枠3に対し前面枠4を施錠する機能とを兼ね備えた施錠装置70が装着されている。つまり、この実施形態において、施錠装置70は、外枠2に設けられた閉止具71に係脱可能に係合して本体枠3を閉じ状態に施錠する上下複数の本体枠施錠フック72と、前面枠4の自由端側の後側に設けられた閉止具73に係脱可能に係合して前面枠4を閉じ状態に施錠する上下複数の扉施錠フック74と、パチンコ機1の前方から鍵が挿入されて解錠操作可能に、前枠体11及び下部前面板30を貫通して露出されたシリンダー錠75と、を備えている。そして、シリンダー錠75の鍵穴に鍵が挿入されて一方向に回動操作されることで本体枠施錠フック72と外枠2の閉止具71との係合が外れて本体枠3が解錠され、これとは逆方向に回動操作されることで、扉施錠フック74と前面枠4の閉止具73との係合が外れて前面枠4が解錠されるようになっている。
【0025】
[遊技盤装着枠及び遊技盤の構成について]
図1、図3、図4、図5、及び図11に基づき説明する。図3は遊技領域の構成を示す拡大正面図であり、図5はパチンコ機の後側全体を示す背面図であり、図11は遊技領域を斜め右上前方から示す斜視図である。
【0026】
図1及び図4に示すように、本体枠3の遊技盤装着枠12は、前枠体11の後側に設けられかつ遊技盤5が前方から着脱交換可能に装着されるようになっている。遊技盤5は、遊技盤装着枠12の前方から嵌込まれる大きさの略四角板状に遊技板5aから構成されている。遊技盤5(遊技板5a)の盤面(前面)には、外レール76と内レール77とを備えた案内レール78が設けられ、その案内レール78の内側に遊技領域37が区画形成されている。なお、発射レール19と案内レール78との間には、所定の隙間が設けられており、発射された遊技球が案内レール78を逆戻りした場合には、その遊技球は、その隙間から排出され下皿31に案内されるように構成されている。また、遊技盤5(遊技板5a)の前面には、その案内レール78の外側領域において、合成樹脂製の前構成部材79が装着されている。また、遊技盤5(遊技板5a)の略中央部には、後述するセンター役物91が取付けられて、遊技板5aの後方に位置する演出表示装置115を視認可能とする開口部124を形成するための開口部(図示外)が形成されている。
【0027】
図3、及び図11に示すように、遊技領域37内には多数の障害釘(図示しない)が所定のゲージ配列をなして設けられているほか、その途中の適宜位置に風車(図示しない)が設けられている。遊技領域37のほぼ中央位置には、センター役物91が配設されており、このセンター役物91のデザインによってパチンコ機1の機種やゲームコンセプト等が特徴付けられている。なお、センター役物91の詳細については後述する。
【0028】
また、センター役物91の後方には、抽選結果を演出表示する演出表示装置115が設けられている。演出表示装置115は、装飾図柄画像情報、背景画像情報、キャラクタ画像情報等を合成した画像情報を表示可能な適宜の表示装置が用いられる。本実施の形態では、演出表示装置115として液晶表示装置が用いられている。
【0029】
一方、遊技領域37におけるセンター役物91の下方には、普通図柄始動口96が配置されており、この普通図柄始動口96に遊技球が入球すると、普通抽選を行うとともに、普通図柄を変動表示させるようになっている。また、センター役物91の左側には、普通抽選で当りとなった場合に短時間開放する普通電動役物81を有し、この開放によって遊技球の入賞が可能になる特別図柄始動口82が配設されている。そして、特別図柄始動口82に遊技球が入賞すると、大当り抽選が行われるとともに、特別図柄を変動させるようになっている。
【0030】
また、遊技領域37には、上記の普通図柄始動口96のさらに下方位置にアタッカ装置98が配設されており、このアタッカ装置98は、開閉部材99の下端部分を軸として開閉部材99を前後方向に開閉動作させることにより下部側大入賞口83を開閉させる。さらに、下部側大入賞口83の下方には、遊技領域37を流下した遊技球が排出される球アウト口90が設けられている。なお、普通図柄始動口96、普通電動役物81、特別図柄始動口82、及びアタッカ装置98等の詳細については後述する。
【0031】
また、センター役物91の斜め左下には、普通図柄表示器333(詳細は後述する)として機能する三つのLED84と、普通抽選の保留状態を示す普通保留球ランプ323として機能する四つのLED85と、特別抽選の保留状態を示す特別保留球ランプ322として機能する一つのLED87とが設けられている。普通保留球ランプ323は、普通抽選において保留回数分(最大4回)だけLED85が点灯するようになっており、特別保留球ランプ322は、特別抽選において保留回数分(最大1回)だけLED87が点灯するようになっている。また、センター役物91の左上方には、大当り抽選における抽選結果を表示する特別図柄表示器332(詳細は後述する)として機能する四つのLED86が設けられている。例えば、始動入賞を契機として四つのLED86をいろいろなパターンで点滅させることにより、特別図柄の変動状態を表示する。そして、一定の変動時間が終了すると、四つのLED86の点灯・消灯表示パターンによって、確定した特別図柄を停止状態で表示する。つまり、抽選結果情報がLED86の点灯・消灯によって報知される。なおLED86の点灯・消灯による特別図柄の変動表示及び停止表示の制御は、主制御基板765(図36参照)により行われる。
【0032】
一方、図5に示すように、遊技盤5の後側下部には、その中央部から下部にわたる部分において、各種入賞装置に流入した遊技球を受けかつその遊技球を所定位置まで導く集合樋としての機能とボックス装着部としての機能を兼ね備えたボックス装着台118が設けられている。このボックス装着台118には、サブ統合基板763が収納された副制御基板ボックス130が装着され、その副制御基板ボックス130の後側に重ね合わされた状態で、主制御基板765が収納された主制御基板ボックス132が装着されている。さらに、遊技盤5の後側に対しボックス装着台118、副制御基板ボックス130及び主制御基板ボックス132がそれぞれ装着された状態において、本体枠3の遊技盤装着枠12の前方から遊技盤5を嵌込んで装着できるように、遊技盤5の外郭より外側にはみ出すことなくボックス装着台118、副制御基板ボックス130及び主制御基板ボックス132が配置されている。
【0033】
[遊技領域および画像表示領域の位置、大きさ、範囲について]
図1〜図4に基づき説明する。本実施形態のパチンコ機1では、前面枠4が本体枠3に対して装着されると、前面枠4は正面視で本体枠3の少なくとも3分の2以上を占める。そして、前面枠4の略中央に形成された透明板50を介して、当該透明板50と略同一の円形かつ大きさを有する遊技領域37が視認可能となる。なお、遊技盤5が有する正方形状の遊技板5aに対して略内接円をなすように外レール76を配置することで、正方形状の遊技板5aに対して最大限に広い円形状の遊技領域37を確保しており、ここでは遊技領域37は遊技板5aの少なくとも4分の3以上の面積を有している。
【0034】
また、遊技盤5の後方に設けられて正面視で遊技領域37の略中央部に位置する演出表示装置115は、横長長方形状の画像表示領域(後述する画像表示領域1150)を有しており、この画像表示領域は遊技盤5に形成された開口部124を介して視認可能となっている。この演出表示装置115は各種画像や図柄を用いた演出を行うために、より広い画像表示領域を有する大型液晶ディスプレイとして実装されている。具体的には、演出表示装置115の画像表示領域の横幅は、遊技盤5の横幅に対してほぼ3分の2の大きさを有し、演出表示装置115の画像表示領域の縦幅は、遊技盤5の縦幅に対してほぼ2分の1の大きさを有する。そして、演出表示装置115の画像表示領域は、遊技領域37の少なくとも3分の1以上の面積を有していることから、演出表示装置115の画像表示領域は遊技領域37において大きな割合を占める演出領域である。
【0035】
一方、遊技盤5の後面側には、遊技領域37の内側と、遊技領域37の外側とを跨って、正面視で円形状の大型役物である回転式振分装置294(詳細は後述する)が配置されている。なお、「遊技領域の内側」とは、正面視で外レール76によって区画形成された内側領域であり、より詳細には、正面視で開口部124と外レール76とで挟まれた領域をいう。また、「遊技領域の外側」とは、正面視で外レール76によって区画形成された外側領域であり、より詳細には、正面視で前構成部材79が形成された領域をいう。
【0036】
そして、この回転式振分装置294は、演出表示装置115の画像表示領域の一の角部(ここでは、右上の角部)と、当該角部を形成する長辺の一部と、当該角部を形成する短辺の2分の1以上と、を含む領域を隠蔽するように、演出表示装置115と一部が重なるように配置されている。具体的には、回転式振分装置294は、正面視で演出表示装置115の画像表示領域のほぼ15%を隠蔽するように、当該画像表示領域の一部と重複して開口部124の右側部に沿って配置されている。さらに、回転式振分装置294の当該画像表示領域と重複する部分において、後述する遊技球を用いた役物動作が実行されるように、後述の案内通路340も当該画像表示領域と重複して配置されている。このように回転式振分装置294は、その一部は演出表示装置115と重ねて配置されつつ、その一部は遊技領域37の外側に配置されるため、当該回転式振分装置294が大型の役物であっても遊技盤5に適切に取り付けることができる。さらに、回転式振分装置294による遊技球を用いた役物動作が実行される部分(後述する視認可能領域294a)は遊技領域37の内部に配置されるため、回転式振分装置294による役物動作の視認性を確保して本来の役割を実行させることができる。
【0037】
また、内レール77に案内されて遊技領域37に打ち込まれた遊技球は、もっぱら開口部124の左側部に沿って当該遊技領域37を流下したのちに球アウト口90から排出される。つまり、遊技領域37においては、遊技球が流下する特定の領域(開口部124の左側部)に沿って釘や風車等が配設されるとともに、後述の特別図柄始動口96なども設けられている。そして、この遊技球が流下する特定の領域には、回転式振分装置294は設けられていないため、当該回転式振分装置294によって当該遊技球の流動が阻害されることなく、回転式振分装置294を大型化しても円滑な遊技の進行が可能である。
【0038】
このような構成により、本実施形態のパチンコ機1では、回転式振分装置294の視認可能領域と演出表示装置115の画像表示領域とで、遊技領域37の大半(2分の1以上)を占めることになる。そのため、回転式振分装置294と演出表示装置115を用いてより多彩でインパクトのある遊技演出が可能となることに加え、回転式振分装置294および演出表示装置115を遊技盤5(遊技板5a)に対して適切に配置することができ、遊技領域37における遊技球の流下(言い換えれば、遊技の進行)を妨げることもない。
【0039】
[本体枠の機構装着体、球タンク及びタンクレールの構成について]
図8及び図9に基づき説明する。図8はパチンコ機の本体枠に各種部材が組み付けられた状態を斜め右上後方から示す斜視図であり、図9は本体枠単体を斜め右上後方から示す斜視図である。
【0040】
本体枠3の機構装着体13には、タンク装着部133、レール装着部134、及び払出装置装着部135等がそれぞれ形成され、タンク装着部133には球タンク136が装着されている。球タンク136は、透明な合成樹脂材よりなり、島設備から供給される多数の遊技球が貯留可能な上方に開口する箱形状に形成されている。そして、球タンク136の遊技球の貯留状態が球タンク136の後側壁を透して視認可能となっている。また、球タンク136の底板部137の後側隅部には遊技球を放出する放出口138が形成されるとともに、底板部137は放出口138に向けて下傾する傾斜面に形成されている。
【0041】
本体枠3の機構装着体13には、そのタンク装着部133に下方に接近してレール装着部134が一体に形成され、そのレール装着部134にレール構成部材139が装着されることでタンクレール150が構成されるようになっている。つまり、この実施形態において、レール装着部134は、本体枠3の上部横方向部分が所定深さ凹まされた状態で形成されており、その凹部の奥側壁をタンクレール150の前壁部151とし、その凹部の下縁部に沿って一端(図9に向かって左端)から他端(図9に向かって右端)に向けて下傾する傾斜状のレール棚155が形成されている。そして、レール棚155の横方向に延びる上向き面をレール受け部158としている。
【0042】
レール装着部134に装着されてタンクレール150を構成するレール構成部材139は、レール装着部134の前壁部151との間にレール通路を構成する後壁部152と、傾斜状をなす下板部と、その下板部の上面の前後方向中央部に沿って突設されレール通路を前後複数列(この実施形態では前後2列)に区画する仕切り壁(いずれも図示しない)とを一体に備えて形成されている。このレール構成部材139は、レール装着部134に対し適宜の取付手段によって装着され、これによって、前後複数列のレール通路を備えたタンクレール150が構成されている。そして、球タンク136の放出口138から放出(自重によって落下)された遊技球がタンクレール150の前後複数列のレール通路の一端部においてそれぞれ受けられた後、遊技球が自重によってレール通路に沿って転動することでレール通路の他端部に向けて流れるようになっている。また、この実施形態において、レール構成部材139は、透明な合成樹脂材より形成され、これによって、レール通路内の遊技球の流れ状態が、レール構成部材139の後壁部152を透して視認可能となっている。
【0043】
タンクレール150(レール装着部134)の前壁部151は、遊技盤5の後側に突出する装備品(例えばセンター役物91)における後部の上端部との干渉を避けるため第1空間部を隔てた状態で設けられている。また、この実施形態において、本体枠3の後端部となるレール棚155の後端と、タンクレール150の後壁部は、球タンク136の後側壁と略同一面をなしている。言い換えると、球タンク136の後壁部に対しタンクレール150の後壁部が略同一面となる位置までタンクレール150が遊技盤5の後面より後方に離隔して配置されている。これによって、遊技盤5の後側とタンクレール150の前壁部151との間にセンター役物91の後部との干渉を避けるための第1空間部が設けられるようになっている。
【0044】
また、タンクレール150の上方には、レール通路を流れる遊技球を上下に重なることなく整列させる整流体156がその上部において軸157を中心として揺動可能に装着されている。この整流体156には、その中央部から下部において錘が設けられている。
【0045】
[払出装置装着部及び球払出装置の構成について]
図8及び図9に基づき説明する。本体枠3の機構装着体13の片側寄りの上下方向には、次に述べる球払出装置(球払出ユニット)170に対応する縦長の払出装置装着部135が形成されている。払出装置装着部135は、後方に開口部をもつ凹状に形成されている。また、払出装置装着部135の段差状をなす奥壁部(図示しない)の所定位置には、球払出装置170の払出モータ172(図4参照)が突出可能な開口部173が形成されている。
【0046】
払出装置装着部135の凹部に球払出装置170が装着された状態において、遊技盤5との間には、第1空間部と前後方向に略同一レベルとなる第2空間部が設けられている。これによって、レール通路と球通路とが前後方向に略同一レベルで配置されている。また、本体枠3の後端、つまり払出装置装着部135の周壁部後端、レール棚155の後端、球タンク136、タンクレール150及び球払出装置170のそれぞれの後面は略同一面をなしている。
【0047】
球払出装置170は、払出装置装着部135の凹部と略同じ大きさの縦長のボックス形状をなし、払い出しに関する各種部品が装着されることでユニット化されている。なお、球払出装置170は、払出装置装着部135の凹部の後方開口部から嵌込まれて適宜の取付手段(例えば、弾性クリップ、係止爪、ビス等の取付手段)によって装着されるようになっている。
【0048】
また、図示しないが、球払出装置170は、タンクレール150におけるレール通路の出口にそれぞれ連通する流入口を有する球通路が前後複数列(例えば前後2列)に区画されて形成されている。また、その内部に形成された前後複数列の球通路の下流部が二股状に分岐されて前後複数列の賞球及び貸球用球通路と球抜き用球通路とがそれぞれ形成されている。そして賞球及び貸球用球通路と球抜き用球通路との分岐部には、遊技球をいずれかの通路に振り分けて払い出すための回転体よりなる払出部材(図示しない)が正逆回転可能に配設されている。
【0049】
[本体枠の後側下部の装備について]
図4及び図5に基づき説明する。本体枠3の前枠体11の後側において、遊技盤装着枠12よりも下方に位置する前枠体11の後下部領域の片側(図5に向かって左側)には、発射レール19の下傾端部の発射位置に送られた遊技球を発射するための発射ハンマー(図示しない)、その発射ハンマーを作動する発射モータ192等が取付基板193に組み付けられてユニット化された発射装置194が装着されている。また、前枠体11の後下部領域の略中央部には、電源基板195を収容する電源基板ボックス196が装着され、その電源基板ボックス196の後側に重ね合わされた状態で払出制御基板775を収容する払出制御基板ボックス198が装着されている。払出制御基板775は、遊技球を払い出す数を記憶するRAMを備え、主制御基板765から送信される払出用信号に従って遊技球を払い出す制御信号を中継用回路基板(図示しない)に伝達して払出モータ172を作動制御するようになっている。
【0050】
[後カバー体の構成について]
図5及び図6に基づき説明する。図6はパチンコ機の後側全体を右上後方から示す斜視図である。
【0051】
遊技盤5後面に配置された表示装置制御基板ボックス117(図10参照)及び主制御基板ボックス132の後端部は機構装着体13の中央部に開口された窓開口部に向けて突出している。そして、機構装着体13の窓開口部の一側壁を構成する側壁部と他側壁を構成する払出装置装着部135の片側壁との間には、不透明な合成樹脂材によって略方形の箱形状に形成された後カバー体210がカバーヒンジ機構211によって開閉並びに着脱可能に装着されている。
【0052】
後カバー体210は、略四角形状の後壁部212と、その後壁部212の外周縁から前方に向けて突出された周壁部213とから一体に構成されている。後カバー体210の周壁部213のうち、一側の壁部213aには、機構装着体13の側壁部の上下及び中間の計3箇所に形成されたヒンジ体214のヒンジ孔の上方からそれぞれ着脱可能に嵌込まれるヒンジピン215を下向きに有するヒンジ体216が一体に形成されている。また、後カバー体210の周壁部213のうち、他側の壁部213bには、払出装置装着部135の片側壁に形成された係止孔に弾性的に係合可能な係止爪を有する弾性閉止体217が一体に形成されている。
【0053】
つまり、後カバー体210は、その上下及び中間のヒンジ体216の各ヒンジピン215が機構装着体13の側壁部のヒンジ体214のヒンジ孔の上方からそれぞれ嵌込まれる。この状態で、ヒンジピン215を中心として後カバー体210が機構装着体13の他側に向けて回動されながら、その弾性閉止体217を払出装置装着部135の片側壁の係止孔に差し込んで弾性的に係合させることで、機構装着体13の後側に後カバー体210が閉じ状態で保持される。そして、後カバー体210によって、遊技盤5後面の表示装置制御基板ボックス117(図11参照)全体及び主制御基板ボックス132の略中間部から上端にわたる部分が後カバー体210によって覆われるようになっている。これによって、主制御基板ボックス132の上部に露出された主制御基板765の基板コネクタ(主として液晶制御基板758と接続するための基板コネクタ)が後方から視認不能に隠蔽されている。
【0054】
また、主制御基板ボックス132の略中間部から下端にわたる部分は後カバー体210によって覆われることなく露出されている。そして、主制御基板ボックス132の下部には、その主制御基板765上に配置された検査用コネクタ218が露出されており、後カバー体210が閉じられた状態で主制御基板765上の検査用コネクタ218に基板検査装置(図示しない)を接続して検査可能となっている。
【0055】
後カバー体210には、多数の放熱孔230、231、232、233が貫設されており、これら多数の放熱孔230、231、232、233から内部の熱が放出されるようになっている。この実施形態において、後カバー体210には、その周壁部213から後壁部212に延びる多数のスリット状の放熱孔230が貫設され、後壁部212の略中間高さ位置から上部においては多数の長円形、楕円形等の放熱孔231が貫設され、後壁部212の下部には多数の長円形、楕円形等の放熱孔232と所定数の横長四角形状の放熱孔233が貫設されている。
【0056】
また、横長四角形状の放熱孔233は、主制御基板ボックス132の封印ねじ(封印部材)によって封印される複数の並列状の封印部235の列の大きさ及び配設位置に対応する大きさ及び位置に貫設されている。これによって、不透明な後カバー体210が閉じられた状態であっても、主制御基板ボックス132の複数の並列状の封印部235が放熱孔233の部分において視認可能に露出される。このため、後カバー体210が閉じられた状態であっても、主制御基板ボックス132の封印部235の封印状態を容易に視認することができる。また、不透明な合成樹脂材は、透明な合成樹脂材と比べ、リサイクル使用される合成樹脂材を材料として用いることが容易であるため、後カバー体210を安価に製作することができる。
【0057】
後カバー体210の周壁部213のうち、上側壁部213cの所定位置(この実施形態では左右2箇所)には、電源コード(図示しない)を適宜に折り畳んだ状態で保持する略C字状でかつ弾性変形可能なコード保持体237が上方のタンクレール150の後壁面(レール構成部材139の後壁面)に向けて延出されている。このコード保持体237の先端部には、同コード保持体237を弾性変形させて電源コードを取り外すためのつまみが形成されている。
【0058】
電源コードは、その一端が分電基板238の基板コネクタ239に取り外し可能に接続され、他端の電源プラグが電源コンセントに差し込まれる。前記したように、後カバー体210にコード保持体237を一体に形成して電源コードを保持することで、パチンコ機を運搬・保管する際に電源コードがぶらついて邪魔になったり、異物に引っ掛かる不具合を防止することができる。
【0059】
[本体枠の後側下部の下皿用球誘導体等の構成について]
図2及び図7に基づき説明する。図7は、図6に示すパチンコ機の斜視図から後ろカバー及び各種制御基板等を取り外した状態を示す斜視図である。
【0060】
本体枠3の後下部領域の他側寄り部分(ヒンジ寄り部分)には、そのスピーカボックス部16の後段差部の凹み部分において下皿用球誘導体253が装着されている。この下皿用球誘導体253は、球払出装置170の賞球及び貸球用球通路から上皿連絡路(図示しない)を経て上皿51に払い出された遊技球が満杯になったときに、上皿連絡路の遊技球を下皿31に導くためのものである。
【0061】
なお、この実施形態において、下皿用球誘導体253の後壁外面には、インターフェース基板252を収納している基板ボックス254が装着されている。なお、インターフェース基板252は、パチンコ機1に隣接して設置される球貸機と払出制御基板775との間に介在され、球貸に関する信号を球貸機と払出制御基板775との間で送受信可能に電気的に接続するようになっている。
【0062】
[センター役物の具体的な構成について]
図11〜図17に基づき説明する。図12はセンター役物を示す正面図であり、図13はセンター役物の前側ユニットと後側ユニットとを分離した状態を示す分解斜視図であり、図14は前側ユニットを機能単位で分離した状態を示す分解斜視図であり、図15は前側ユニットを斜め左上前方から示す斜視図であり、図16は前側ユニットを斜め右上後方から示す斜視図であり、図17は後側ユニットを機能単位で分離した状態を示す分解斜視図である。
【0063】
図11及び図12に示すように、センター役物91は、額縁状の外観を呈しており、遊技領域37の中央に配設されるとともに、上側から右側に亘る外周部分が、遊技領域37の右側周縁まで延出されている。つまり、センター役物91の右側には、実質的な遊技領域37が形成されておらず、遊技球が通過しないようになっている。なお、センター役物91の大きさは特に限定されるものではないが、本例では、遊技領域37全体の約2/3を占める極めて大きな役物として構築されている。
【0064】
図12〜図17に示すように、センター役物91は、前側に配置される前側ユニット120と、その後側に配置される後側ユニット121とに大別されている。前側ユニット120と後側ユニット121は、遊技盤5を前後から挟み込んで接合されている。前側ユニット120は、遊技領域37から前方に突出した状態で配設されており、遊技領域37と内部空間とを区画する装飾フレーム125を備えている。なお、装飾フレーム125の外周面のうち特に左側の部分には、遊技球を誘導するための誘導壁123が形成され、また、装飾フレーム125の中央には表示窓として機能する開口部124が設けられている。
【0065】
装飾フレーム125は、表面に装飾が施されており、右側には、複数の発光手段を備える電飾体129が設けられている。また、この装飾フレーム125においては、右上部分が左上部分よりも上方に突出しており、その内側に拡張開口部140が形成されている。この拡張開口部140は、後述する回転式振分装置294を収容する空間として機能しており、開口部124と連通した状態で形成されている。拡張開口部140の左側壁の誘導壁123には、遊技球が入賞可能な大入賞口141が装飾フレーム125の周面を貫通して設けられており、可動片142によって開閉可能となっている。なお、図面では、可動片142によって大入賞口141が閉鎖された状態を示しており、この状態では、大入賞口141に遊技球を入賞させることができないようになっている。可動片142が開放し、大入賞口141に入賞した遊技球は、透明な樹脂部材から成る案内通路340によって案内され、後述する回転式振分装置294に送られる。
【0066】
また、装飾フレーム125の左側面には、遊技球が入球可能なワープ流入口63(図15参照)が設けられており、ワープ流入口63から入球した遊技球を装飾フレーム125の内部に取り入れることが可能になっている。装飾フレーム125の内側底面には、後述するステージ20から流出する遊技球を、普通図柄始動口96付近に案内する流出部62が設けられている。装飾フレーム125の内側には投光器を模した投光装飾体61が複数配設されている。
【0067】
以下、装飾フレーム125に組みつけられた上記の各構成についてさらに詳細に説明する。
【0068】
[可動片及びその駆動機構について]
図13、図14、図15、図18、及び図19に基づき説明する。図18は可動片の開閉機構を示す説明図であり、図19は開閉部材駆動機構の各構成を分離した状態を左上後方から示す分解斜視図である。
【0069】
大入賞口141を開閉する可動片142は、大入賞口ユニット146の前側上方に位置し、上蓋143及び中枠145によって摺動可能に挟持され、後述の大入賞口開閉駆動手段160によって前後方向に摺動させられる。なお、センター役物91の後側ユニット121には、大入賞口開閉駆動手段160を内部に収容して固定するためのボックス体である大入賞口取付基部296が設けられており、センター役物91の前側ユニット120には、大入賞口取付基部296に配置された大入賞口開閉駆動手段160を正面側から視認可能とする窓部である大入賞口取付窓302が形成されている。
【0070】
この可動片142は、ソレノイド161のプランジャー162の運動によってリンクアーム163をリンク軸164を回転軸として回動させる。リンクアーム163はリンク機構によって可動片142を前後に摺動させる。このように、プランジャー162の往復運動が可動片142の往復運動に変換され、突出状態(閉鎖状態)から引込状態(開放状態)に変位させることが可能になっている。なお、プランジャー162は通電していない状態で下に下がっており、リンクアーム163を介して可動片142を突出状態に保っている。
【0071】
大入賞口開閉駆動手段160は、中枠145と、受止部144とによってソレノイド161が上下方向に挟持され、リンク軸164が受止部144に嵌設されて大入賞口ユニット146内に取設される。ソレノイド161の後方側にはソレノイド支持部148が接合され、大入賞口ユニット146を固定するときのガイドとなる。大入賞口ユニット146は、可動片142と大入賞口141とが前方に露出するように、大入賞口取付窓302及び大入賞口取付基部296に挿入され固定される。また、大入賞口141に入賞した遊技球が案内通路340に流入する途中に遊技球検出手段147(入賞口センサ330)が設けられており、この遊技球検出手段147により大入賞口141に遊技球が入賞したことが検出される。
【0072】
[ステージ及び複合転動振分装置について]
図14、図15、図16、図20、図21、及び図22に基づき説明する。図20は複合転動振分装置を示す平面図であり、図21は複合転動振分装置のA−Aにおける断面図であり、図22はステージ下電飾の構成を示す説明図である。
【0073】
前側ユニット120の中央下部(つまり、内部底面)には、上面で遊技球を転動させることができるステージ20が設けられている。ステージ20の中央部には外周壁41(図21参照)で囲われた複合転動振分装置21が形成されており、その外縁部にはステージ左余地42及び右キャノピー43が形成されている。ステージ20の左奥方に複合転動振分装置21の外縁部に接続する進入路45(図16参照)が形成されている。進入路45の上流側端部はワープ出口44に接続しており、ワープ出口44はワープ通路60を介して遊技領域37に面して開口しているワープ流入口63に連通している。ステージ20の遊技者側には仕切板40が立設され、仕切板40の下方には特定流出路26及び普通流出路27を備える流出部62が形成されている。
【0074】
ステージ20は全体が透光性を有するプラスティックで一体的に成形されており、ステージ20の下方にはステージ下電飾100(図22参照)が全面的に配設されている。右キャノピー43の下方には投光装飾体61が配設され、右キャノピー43を透過して視認可能となっている。なお、投光装飾体61については後述する。
【0075】
複合転動振分装置21は、中央部に1個の特定出口24と2個の普通出口25とが穿設された凹面状の第二転動領域23が形成されており、その外縁部に接して平面視長円環状で、内縁部よりも外縁部が高く勾配が設けられた第一転動領域22が形成されている。第一転動領域22と第二転動領域23との境界には段差部28が形成されており、第二転動領域23より第一転動領域22の方が若干高く段状になっている。特定出口24は、ステージ20の前下方に形成された流出部62の特定流出路26に、普通出口25は普通流出路27に接続し、特定出口24及び普通出口25に入球した遊技球を普通図柄始動口96の近傍の遊技領域37内へと流出させる(図3参照)。
【0076】
ワープ流入口63に入球した遊技球は、湾曲したワープ通路60を通過して下降し、ワープ出口44からステージ20上に流出する。ワープ通路60を下降して速度を得た遊技球は、進入路45を転動して複合転動振分装置21の第一転動領域22へと進入する。遊技球は進入路45の方向付けに従い、第一転動領域22上を左から右へと横断する方向に進み、第一転動領域22の勾配によって次第に時計回りの方向に旋回する。遊技球は第二転動領域23の周囲を巡るように旋回し、第一転動領域22の第二転動領域23よりも遊技者側の部分を進み、やがて第一転動領域22と第二転動領域23との境界に形成された段差部28を越えて第二転動領域23へと流入する。
【0077】
第二転動領域23は、第一転動領域22とは異なり円形の平面形状を呈している。第二転動領域23と第一転動領域22との境界には段差部28が形成されており、第二転動領域23の外縁部は第一転動領域22の内縁部よりも低くなっている。そのため、第二転動領域23に流入した遊技球が段差部28を越えて第一転動領域22へと逆流することはない。遊技球は段差部28を越えて第二転動領域23に入ると、第二転動領域23は円形の平面形状であるため、段差部28にガイドされて遊技球は第一転動領域22上における軌道よりも曲率のきつい軌道を描いて旋回する。やがて遊技球は第二転動領域23の勾配に従って中央部へと近づき、特定出口24または普通出口25の何れかへと没入する。
【0078】
特定出口24に没入した遊技球は、特定出口24に接続している特定流出路26を遊技者側へと向かって流下し、流出部62の中央から普通図柄始動口96の直上の位置にて遊技領域37へと流出する。一方、普通出口25に没入した遊技球は普通流出路27を流下して、流出部62の左右何れかの開口部から遊技領域37へと流出する。普通流出路27の開口部は中心から左右にずれているため、遊技球はほとんど普通図柄始動口96に入らない。これに対し、特定流出路26から遊技領域37へと流出した場合は、ほぼ全てが普通図柄始動口96へと入球する。このように、複合転動振分装置21はステージ20において普通図柄始動口96への入賞と、その他の結果とを振り分ける機能を果たしている。
【0079】
また、複合転動振分装置21は、センター役物91の下方中央の大半の部分を占める大きさの転動振分装置であり、従来の凹面状転動振分装置に比較すると平面的な広がりがある領域を遊技球が転動するため、遊技者にとって見ごたえのある役物となっている。
【0080】
また、複合転動振分装置21によれば、転動面が大きくなっているので、複数の遊技球が流入した場合にも遊技球同士が接触する虞が小さくなっている。これにより、遊技球の軌道が変化し、衝突しなかった場合よりも早期に特定出口24または普通出口25から流出してしまったり、逆になかなか流出しないで転動面上に留まっていたりすることを防ぐ効果がある。
【0081】
また、複合転動振分装置21は、第二転動領域23の外延部に第一転動領域22が広がり、第一転動領域22の外縁部から遊技球を流入させる進入路45を有するという平面的な構成の役物であり、前方に遮蔽部分を作り出して演出表示装置115の視認性を損なうことがないため、演出表示装置115よりも遊技者側にあって演出表示装置115の前下方に位置する役物として好適な形状を有している。
【0082】
また、複合転動振分装置21は、転動面である第一転動領域22及び第二転動領域23と、特定出口24及び普通出口25とによって構成されており、モータ等で駆動される可動部材をもたない。そのため、例えば、動力駆動される振分装置において問題となりやすい、遊技者によるタイミングを測った間欠的な遊技による特定領域の狙い撃ちの問題が発生しない。さらに、可動部材がないため、使用にともなう破損や磨耗の虞が小さく、故障の原因となりにくいという利点がある。
【0083】
[仕切板について]
図15及び図16に基づき説明する。仕切板40は、透光性を有するプラスティックでできた薄板であり、正面視において一部が切欠された略楕円形を呈し、前側ユニット120の遊技者側の開口部124の中央下方の最前部に立設される。仕切板40の表面には若干の厚みの変化をもたらす凹凸が形成されており、二重楕円の模様が描かれている。これは、複合転動振分装置21の形状を示唆するとともに流出部62の存在を強調する意匠的効果をもたらしている。
【0084】
仕切板40は、ステージ20の遊技者側の最前部に立設されており、遊技球の前方からの流出を防止している。仮に仕切板40が無く、遊技球がステージ20の前方から流出する構成であった場合には、進入路45から流入した遊技球が必ずしも複合転動振分装置21を通過せずに遊技領域37へ前方の開口部124から流出してしまう場合がある。仕切板40があることによって、ステージ20へと流入した遊技球は必ず複合転動振分装置21の特定出口24または普通出口25から流出するようになり、所定の確率で安定して遊技球が普通図柄始動口96に入球するようにできる。これにより、メーカーにとっては安定した入賞率の遊技機を提供できるようになり、遊技店の収益の安定化をもたらすとともに、遊技者が安心して遊技に取り組むことができるようになる。
【0085】
また、遊技球が勢いよく複合転動振分装置21に流入する場合や、ワープ流入口63以外の個所からもステージ20に遊技球が流入可能である場合には、遊技球が弾発等によって開口部124から遊技者側へと流出してしまう虞があるが、仕切板40は高さが十分に高いため、遊技球がバウンドした場合にも前方からの流出を防ぐことができる。
【0086】
逆に、遊技領域37を流下し、遊技盤5に配設された釘等によって弾発された遊技球が、開口部124を通過してセンター役物91の内部へと入ることが、仕切板40によって防止されている。センター役物91の上方及び左側方は装飾フレーム125によって仕切られており、遊技領域37を流下する遊技球はワープ流入口63を経由する以外にステージ20に進入することはない。また、センター役物91の下方においては、遊技球が上方へと跳ね上がっても仕切板40が十分な高さを備えており、遊技球のセンター役物91内への進入を防ぐ。遊技球が遊技領域37を流下して得た運動エネルギーでは仕切板40の上方を跳び越えてステージ20へと進入するには不十分であり、遊技球が釘等によって弾発された場合にもステージ20上の他の遊技球と接触することがないため、複合転動振分装置21における遊技球の振分に影響を及ぼす虞がない。
【0087】
また、開口部124の上部は仕切板40によって覆われていないため、メンテナンス時などに作業者が手や道具を差し入れて作業を行うことが可能であり、メンテナンス性に優れている。また、可動部がないので故障の原因となりにくい。
【0088】
また、仕切板40は、ステージ20よりも遊技者側に立設されているが、透光性のある素材で形成されているため、奥に位置する演出表示装置115等の視認性を阻害することがない。
【0089】
さらに、仕切板40はセンター役物91の最も遊技者側に近い部分に設置されるため、視覚的に目立つが、全体が略楕円形板状であり、且つ一部の厚みが薄くなっていて大小2個の長円が重なっているような外観を呈しているため、複合転動振分装置21の形状との関連を思わせる意匠となっている。また、流出部62に近接した個所に上記の仕切板40の薄肉部分が形成されており、流出部62の開口部の形状を想起させる効果も期待できる。これにより、仕切板40が意匠的な構成としてセンター役物91の最前部においても邪魔にならないようにすることができる。
【0090】
[ステージ下電飾について]
図21及び図22に基づき説明する。ステージ20は透光性を有するプラスティックでできており、ステージ下方に配設されたステージ下電飾100がステージ20を透過して視認可能である。ステージ下電飾100はLED基板104、レンズ101、及びリフレクター102を備えており、中央部には円形切欠部103が形成されている。円形切欠部103の上方には複合転動振分装置21の第二転動領域23が位置し、特定出口24及び普通出口25に接続する特定流出路26及び普通流出路27が円形切欠部103の空隙を貫通している。
【0091】
レンズ101は透光性を有するプラスティックにより形成されている。一方、リフレクター102は不透明なプラスティックによって形成され、上面には多数の略長方形の小孔が開口しており、上面は光沢のある表面が形成されている。レンズ101とリフレクター102は組み合わせられ、リフレクター102の小孔が透光性を有する窓状になっている。LED基板104はリフレクター102の小孔に対応した位置に上方を向いた多数のLEDを備え、LED基板104の上方に配設されるレンズ101の窓状の部分を通してステージ20の上面を発光させ視覚的に演出する。LED基板104のLEDは、レンズ101の窓状の部分を透過して上方へ向けて発光されるが、透過光はレンズ101によって拡散され、リフレクター102の上面にて反射して下方からステージ20を全体的に照射する。
【0092】
[投光装飾体について]
図14及び図16に基づき説明する。投光装飾体61はテレビカメラを模した外観を呈している。投光装飾体61の中央部にはLEDを備えており、サブ統合基板763(図36参照)によって制御され、発光してステージ20周辺を視覚的に演出する。投光装飾体61は全部で3個あり、前側ユニット120の開口部124の内側の左上方、左側方、及び右キャノピー43の下方に各1個ずつ配設されている。
【0093】
[後側ユニットの概略構成]
図13及び図17に基づき説明する。後側ユニット121は、演出表示装置115を視認可能な開口部291を有する枠状の後側フレーム292と、その後側フレーム292の左上に配置された大入賞口ユニット146と、後側フレーム292の右側に配置され、大入賞口141より案内された遊技球を回転体によって振分ける回転式振分装置294と、後側フレーム292の下側に配置され回転式振分装置294から流出した遊技球を排出する振分装置排出路274が内部に形成された右排出路ユニット273と、特別始動口ユニット530(図29等参照)から流出した遊技球を排出する左始動口排出路272が内部に形成された排出路ユニット271とを具備して構成されている。以下、後側ユニット121における各構成について詳細に説明する。
【0094】
[後側フレームについて]
図17に基づき説明する。後側フレーム292は、前面が開放された略四角形の枠状部材であり、開口部291が形成された板状の背面板300と、背面板300の周縁から前方に延出された側面板301とから構成されている。つまり、上記した各構成が後側フレーム292の内部に収容されるように箱状に形成されている。なお、図示していないが、後側フレーム292の周囲、特に左側方及び右下方には、入賞した遊技球または排出される遊技球を所定の部位に案内するための案内通路構成部材が組付けられるようになっている。
【0095】
[回転式振分装置について]
図23乃至図28に基づき説明する。図23は回転式振分装置を左上前方から示す斜視図であり、図24は回転式振分装置を示す正面図であり、図25は回転式振分装置から回転体及び搬入片を除去した状態を示した説明図であり、図26は回転式振分装置の各構成を分離した状態を左上前方から示す分解斜視図であり、図27は回転式振分装置の各構成を分離した状態を左上後方から示す分解斜視図であり、図28は回転式振分装置の内部構成を示す説明図である。
【0096】
図23〜図28に示すように、回転式振分装置294は、円板状の形状をした回転体297を有しており、この回転体297には、複数の領域(特定ポケット343、普通ポケット344)が外周方向に沿って設けられている。そして、大入賞口141に入球し案内通路340を流下(転動)した遊技球を、回転体297を用いて、遊技者に有利な特別遊技状態又は遊技者に有利とならない通常遊技状態のいずれか一方に振り分ける。なお、回転体297は時計周りに回転する。回転式振分装置294は、上記複数の領域としての凹状の特定ポケット343及び普通ポケット344を有し、回転可能に支持された円盤状の回転体297と、回転体駆動手段405と、回転体297の周囲を囲う外周壁346を有する回転体ケース342とを具備して構成されている。なお、この回転式振分装置294は、回転体297の面と遊技板5aの面とが平行となるように且つ遊技板5aの後方に固定して取り付けられる。
【0097】
また、図25に示すように、回転体ケース342の外周壁346には、回転体297の回転に伴って特定ポケット343または普通ポケット344に一時的に連通される流入口347が形成されている。さらに、回転体ケース342において回転体297を収容する回転体受面349には、特定ポケット343に入球した遊技球を特定ポケット343から流出させる特定出口360と、普通ポケット344に入球した遊技球を普通ポケット344から流出させる普通出口361とが形成されている。また、図28に示すように、特定出口360から流出した遊技球が流下する第一流出路387の途中には遊技球検出手段384(V入賞センサ331)が設けられており、この遊技球検出手段384によって遊技球が検出された場合には、特別電動役物大当たり処理が行われ、遊技者にとって有利となる特別遊技状態(大当たり遊技状態)が発生するようになっている。一方、普通出口361から流出した遊技球が流下する第二流出路388の途中には遊技球検出手段385(排出センサ313)が設けられており、この遊技球検出手段385によって遊技球が検出されても、遊技者にとって有利となる特別遊技状態は発生しない。
【0098】
具体的には、特別遊技(大当たり遊技)は、最大30秒間にわたってアタッカ装置98を一定パターンで開閉させるラウンド動作を15ラウンドまで繰り返すものであり、このようなラウンド動作の繰り返しは「大当り遊技」と称されている。遊技者は、大当り遊技の間に遊技球を下部側大入賞口83に入賞させることで、多くの賞球を獲得することができる。なお、各ラウンド動作は30秒間が経過するか、10個の入賞球がカウントされるかのいずれかの条件を満たすと終了する。また大当り遊技は、ラウンド動作が15回終わると終了となる。
【0099】
回転体297は、遊技機の前後方向に軸心が設けられた回転軸364によって軸支されて回転可能となっており、円盤状を呈している。その周縁には、等間隔に配置され、夫々径方向に開口した、三ヶ所の特定ポケット343と、各特定ポケット343の間に等間隔で形成された十五ヶ所の普通ポケット344とが設けられている。つまり、各特定ポケット343の間の位相差が120°となり、各特定ポケット343の間に五ヶ所ずつの普通ポケット344が配設されている。各領域343,344の底面には、夫々遊技球を排出可能な貫通孔が形成されており、その貫通孔と回転体受面349に穿設された出口との組み合わせによって遊技球が流出される状態と流出されない状態とが切替えられるようになっている。具体的に説明すると、特定ポケット343における貫通孔は、回転体受面349に形成された特定出口360と合致し、普通出口361とは合致しない位置に形成され、一方、普通ポケット344における貫通孔は、回転体受面349に形成された普通出口361と合致し、特定出口360とは合致しない位置に形成されている。ここで、「合致する」とは、少なくとも遊技球を排出させることができる程度に連通する状態を示しており、「合致しない」とは、譬え重ね合っても連通部分が遊技球の直径よりも小さく遊技球を通過させることのない状態を示している。したがって、特定ポケット343に遊技球が入球した場合には、その遊技球は回転体297とともに回転し、特定ポケット343が特定出口360と合致した際、特定出口360から流出される。また、普通ポケット344に遊技球が入球した場合には、その遊技球は回転体297とともに回転し、普通ポケット344が普通出口361と合致した際、普通出口361から流出される。なお、特定出口360と連通しており特定出口360から流出した遊技球が流下する第一流出路387には、V入賞センサ331(図36参照)が配設されており、特定ポケット343から遊技球が流出したことをV入賞センサ331によって検出するようになっている。また、普通出口361と連通しており普通出口361から流出した遊技球が流下する第二流出路388には、排出センサ313(図36参照)が配設されており、普通ポケット344から遊技球が流出したことを排出センサ313によって検出するようになっている。
【0100】
また、図24(a)に示すように、特定ポケット343の1個前の普通ポケット344から当該特定ポケット343までのキョリ(特定ポケット343の領域長さ)をRとすると、いずれか一の普通ポケット344から当該普通ポケット344の1個後の普通ポケット344までのキョリ(普通ポケット344の領域長さ)は1.8Rとなっている。また、特定ポケット343から当該特定ポケット343の1個後の普通ポケット344までのキョリ(普通ポケット344の領域長さ)も1.8Rとなっている。
【0101】
ここで、「特定ポケット343の1個前の普通ポケット344」とは、回転式振分装置294の回転方向について特定ポケット343よりも1個前の普通ポケット344を意味する。つまり、回転式振分装置294の回転によって特定ポケット343と普通ポケット344とが順に流入口347に至るが、特定ポケット343よりも1個先に流入口347に至る普通ポケット344のことである。なお、回転体297の周縁に設けられた特定ポケット343のうち、遊技球を受け入れ可能な開口部が本発明の「特別選択口」であり、回転体297の周縁に設けられた普通ポケット344のうち、遊技球を受け入れ可能な開口部が本発明の「通常選択口」である。また、この特定ポケット343のうち、その「特別選択口」から役物回転方向に隣接する「通常選択口」(つまり、1個前の「通常選択口」)までに介在する壁部分が本発明の「特別周壁」であり、この普通ポケット344のうち、その「通常選択口」から役物回転方向に隣接する他の「通常選択口」(つまり、1個前の「通常選択口」)までに介在する壁部分が本発明の「通常周壁」である。
【0102】
また、「特定ポケット343の1個前の普通ポケット344から当該特定ポケット343までのキョリ」とは、「特定ポケット343の1個前の普通ポケット344の開口左端部から当該特定ポケット343の開口左端部までのキョリ」を意味する。同様に、「いずれか一の普通ポケット344から当該普通ポケット344の1個後の普通ポケット344までのキョリ」および「特定ポケット343から当該特定ポケット343の1個後の普通ポケット344までのキョリ」は、それぞれ、「いずれか一の普通ポケット344の開口左端部から当該普通ポケット344の1個後の普通ポケット344の開口左端部までのキョリ」および「特定ポケット343の開口左端部から当該特定ポケット343の1個後の普通ポケット344の開口左端部までのキョリ」を意味する。
【0103】
なお、特定ポケット343の開口長さと普通ポケット344の開口長さとはほぼ同じ大きさである。換言すれば、いずれか一の普通ポケット344の開口左端部から当該普通ポケット344の1個後の普通ポケット344の開口右端部までのキョリが、特定ポケット343の1個前の普通ポケット344の開口左端部から当該特定ポケット343の開口右端部までのキョリよりも大きく形成されている。同様に、特定ポケット343の開口左端部から当該特定ポケット343の1個後の普通ポケット344の開口右端部までのキョリも、特定ポケット343の1個前の普通ポケット344の開口左端部から当該特定ポケット343の開口右端部までのキョリよりも大きく形成されている。
【0104】
ここで、「特定ポケット343(特別選択口)の開口長さ」とは、回転式振分装置294の周縁部における特定ポケット343(特別選択口)の回転方向長さを意味し、「普通ポケット344(通常選択口)の開口長さ」とは、回転式振分装置294の周縁部における普通ポケット344(通常選択口)の回転方向長さを意味する。
【0105】
ところで、案内通路340を流下した遊技球は、流入口347に達しても、その流入口347が回転体297における特定ポケット343(特別選択口)または普通ポケット344(通常選択口)に連通するまではその場所で滞留し、回転体297の回転に伴って流入口347といずれかの領域(選択口)343,344とが対向したときに、その特定ポケット343(特別選択口)または普通ポケット344(通常選択口)に入球する。これにより、回転式振分装置294の回転速度を一定とすることによって、役物上の特定ポケット343(特別選択口)への入球確率が、理論上10分の1となる(役物上の普通役物駆動機構334への入球確率は10分の9となる)。従って、特定ポケット343(特別選択口)への入球確率は、実際には10分の1であるものの、一見6分の1(以下、「特定ポケット343への見掛け上の入球確率」と称する)に見えるといった視覚的効果があり、ひいては、遊技者の遊技意欲を促進させるといった効果がある。そして、特定ポケット343(特別選択口)に入球した遊技球は特定出口360から流出し、普通ポケット344(通常選択口)に入球した遊技媒体は普通出口361から流出する。また、特定ポケット343から遊技球が流出したことに基づいて、遊技者に有利となる特別遊技状態(大当たり遊技状態)が発生する。
【0106】
一方、特定ポケット343の開口領域幅(開口幅)は、普通ポケット344の開口領域幅(開口幅)よりも大きく形成されている。より詳しくは、回転式振分装置294の周縁部において特定ポケット343の開口部の一部を塞ぐ壁3431が形成されている。この壁3431によって、特定ポケット343の開口左端部から当該特定ポケット343の1個後の普通ポケット344の開口右端部までのキョリが、いずれか一の普通ポケット344の開口左端部から当該普通ポケット344の1個後の普通ポケット344の開口右端部までのキョリとほぼ同じ大きさとなっている。また、普通ポケット344は、開口長さと開口領域幅とがほぼ同じ大きさに形成されている。つまり、壁3431は、「特別選択口」を狭めるのみならず、役物回転方向とは反対方向に隣り合う「通常選択口」(つまり、1個後の「通常選択口」)に遊技球を受け入れさせるための「通常周壁」として機能する。
【0107】
ここで、「開口領域幅(開口幅)」とは、回転式振分装置294の周縁部よりも回転中心側(径内側)における回転方向長さを意味する。
【0108】
このように、特定ポケット343(特別選択口)の開口長さと普通ポケット344(通常選択口)の開口長さとがほぼ同じ大きさであるものの、特定ポケット343が有する開口領域幅が普通ポケット344が有する開口領域幅よりも大きいので、特定ポケット343(特別選択口)への入球のし易さが、特定ポケット343(特別選択口)への見掛け上の入球確率(6分の1)よりも高く感じるといったさらなる視覚的効果が発揮される(ただし、理論上の入球確率は10分の1)。さらに、本実施形態では、特定ポケット343の開口深さ(径方向深さ)が普通ポケット344の開口深さ(径方向深さ)よりも大きく形成されている。これにより、普通ポケット344(通常選択口)よりも特定ポケット343(特別選択口)の方が入球し易いといったさらなる視覚的効果が発揮され、遊技者の遊技意欲が促進される。
【0109】
なお、案内通路340には、後述する遊技球搬入装置が介装されており、図24(a)に示す搬入片341によって案内通路340を流下した遊技球を回転式振分装置294の流入口347へと持ち上げることができるようになっている。搬入片341によって遊技球が流入口347に持ち上がると、特定ポケット343又は普通ポケット344のいずれか一方に送り出される。この送り出される際に、搬入片341によって遊技球が入流口347に持ち上げられて普通ポケット344に送り出される際に、回転体297が回転しているため、その頻度は極めて小さいが、ごくまれに普通ポケット344又は特定ポケットと流入口347との間で遊技球が噛み込む球ガミが生じることがある。例えば図24(b)に示すように、普通ポケット344と流入口347との間で球ガミが生じると、普通ポケット344から流入口347に遊技球が弾かれて逆流し、搬入片341に衝突したりする。
【0110】
また、案内通路340には、遊技球搬入装置380が介装されており、案内通路340を流下した遊技球を回転式振分装置294の流入口347へと持ち上げることができるようになっている。遊技球搬入装置380は、一つの遊技球のみを流入口347に到達させる搬入片341と、搬入片341を、案内通路340に面した位置に下降させ、遊技球を受入可能とする受入位置、及び搬入片341内に保持した遊技球を上昇させ、流入口347に流入可能とする投入位置との間で回動させる振分装置駆動機構336(図36参照)とを具備して構成されている。なお、この振分装置駆動機構336は、ソレノイド400と、プランジャー401と、リンクアーム402と、振分装置駆動センサ403により構成されている。
【0111】
そして、遊技球搬入装置380は、ソレノイド400のプランジャー401の運動によって、リンクアーム402をリンク軸404を回転軸として回動させる。リンクアーム402はリンク機構によって搬入片341を前後に摺動させる。このように、プランジャー401の往復運動が搬入片341の往復運動に変換され、受入位置から投入位置に変位(移動)させることが可能になっている。なお、プランジャー401は通電していない状態で左方向に突出しており、リンクアーム402を介して搬入片341を投入位置に保っている。また、搬入片341が受入位置および投入位置のいずれに変位(移動)しているかは、振分装置駆動センサ403によって検出可能となっている。つまり、振分装置駆動センサ403によりリンクアーム402が検出されていれば、搬入片341が投入位置に位置している一方、振分装置駆動センサ403によりリンクアーム402が検出されていなければ、搬入片341が受入位置に位置している。
【0112】
上述したように、搬入片341によって遊技球が入流口347に持ち上げられて普通ポケット344に送り出される際に、回転体297が回転しているため、その頻度は極めて小さいが、ごくまれに特定ポケット343又は普通ポケット344と流入口347との間で遊技球が噛み込む球ガミが生じることがある。例えば、普通ポケット344と流入口347との間で球ガミが生じると、普通ポケット344から流入口347に遊技球が弾かれて逆流し、搬入片341に衝突したりする。この衝突によって搬入片341は投入位置から受入位置に押し戻され、再び投入位置に戻る動きとなる。このように、逆流した遊技球の衝突によって、短い時間の間に、搬入片314の位置、つまりリンクアーム402がリンク軸402を中心として図28中反時計回りそして時計回りに回転することとなり、振分装置駆動センサ403からの検出信号が不安定となる。
【0113】
なお、搬入片341が投入位置のときに搬入片341に収まらない遊技球を排出する排出口348が、案内通路340の終端部に開口して形成されており、排出口348に流入した遊技球は第三流出路389から振分装置排出路274(図17参照)へと流下する。また、複数の遊技球が相次いで案内通路340を流下した場合には、搬入片341が受入位置にあった場合にも一つの遊技球のみが搬入片341内に停留し、その他の遊技球は搬入片341に収まった遊技球に当接して案内通路340に停留する。そして、搬入片341の上昇に伴って転動を再開し、排出口348に流入する。なお、排出口348から流出した遊技球が流下する第三流出路389の途中には遊技球検出手段386(排出センサ313’)が設けられており、この排出センサ313’(図36参照)によって排出口348に流入した(つまり、特定ポケット343及び普通ポケット344のいずれにも入賞しなかった)遊技球が検出及びカウントされる。
【0114】
このように、遊技球搬入装置380に搬入片341が設けられているため、大入賞口141に入賞する遊技球の個数を増やしても、回転体297の特定ポケット343に入球可能となる遊技球の数を制限することができる。したがって、大入賞口141に多量の遊技球を入賞させることができる技量を持った上級者に有利に働くことなく、万人にとって公平となる遊技機を提供することができる。
【0115】
回転軸364を回転させる回転体駆動手段405は、回転体297を回転させる回転力発生する回転体モータ369、回転体モータ369の動力を伝達する回転駆動ギア368、及び回転軸364、及び回転体モータ369及び中枠383を支持するとともに回転体297の回転軸364を回転可能に支持する回転体裏蓋382を備えている。なお、回転体297の背面には、レール状の回転位置検出板363が突出して設けられている。そして、この回転位置検出板363が、回転体ケース342の略中心部に配設された回転位置センサ362によって検出されることで、回転体297の回転位置が特定される。
【0116】
なお、回転式振分装置294は、その内部に設けた発光手段によって回転体297を装飾するための構成を有している。つまり、回転体297の背面側には、装飾板366およびLED基板365が、回転体ケース342との間隙に前後に重ねて配置されている。装飾板366は、回転体297と若干小さい径をなし、透光性を有するプラスティックにより形成された円盤体である。また、LED基板365は、回転体297と略同径をなし、複数のLEDが配設された略円形の基板である。また、中枠383の背面には、複数のLEDが配設された略円弧状の基板であるLED基板381が取り付けられている。さらに、プラスティック製の透明板で形成された3つの窓部367が設けられており、遊技者がこれらの窓部367を介して回転体ケース342の内部における発光態様を視認可能となっている。特に、3つの窓部367及び装飾板366には、各LEDから照射される光が乱反射されるような凹凸面が形成されており、回転体297の回転駆動に応じて、回転体ケース342の内部における発光態様(回転体297の照射態様)が変化するようになっている。また、LED基板381において半円弧上に配設された複数のLEDは、回転体297の外周部に形成された特定ポケット343および普通ポケット344を介して、正面側の遊技者からその発光態様を視認可能となっている。
【0117】
次に、普通図柄始動口96及びアタッカ装置98を有する入賞口ユニット499と、普通電動役物81及び特別図柄始動口82を有する特別始動口ユニット530とについて説明する。
【0118】
[入賞口ユニットについて]
図33〜図35に基づき説明する。図33は入賞口ユニットを示す正面図であり、図34は入賞口ユニットを右上前方から示す斜視図であり、図35は図33におけるB−B断面図(但し開閉部材を開放した状態)である。
【0119】
入賞口ユニット499は、遊技盤5(図3参照)の盤面よりも遊技者側に突出して配設された普通図柄始動口96と、普通図柄始動口96の下方に配設された普通入賞装置502と、普通入賞装置502の下方から遊技者側に突出して配設された振分用突起部507と、振分用突起部507の下方に配設されたアタッカ装置98とを具備して構成されている。
【0120】
ここで、普通図柄始動口96は、遊技領域37(図3参照)を流下する遊技球が通過可能なゲート形の始動口であって、その内部には、普通図柄始動口96に遊技球が通過したことを検出する第1始動口センサ317が設けられている。そして、第1始動口センサ317による遊技球の検出に基づいて普通抽選が行われるようになっている。また、普通図柄始動口96の左右両側には、上面が円弧状の進入阻止部材512が斜め下方に向って延出されており、普通図柄始動口96の外側を通過する遊技球が、振分用突起部507に向って転動することを阻止している。つまり、普通図柄始動口96を通過した遊技球のみを振分用突起部507に到達させることを可能としている。
【0121】
普通入賞装置502は、遊技盤5の盤面に対して開口した普通入賞口500と、普通入賞口500に連通し遊技盤5の奥側に延出された入賞通路501とを有しており、普通入賞口500から入賞通路501内に遊技球を入賞させることが可能になっている。なお、普通入賞口500に遊技球が入賞すると、入賞センサ(図示外)によって検出され、これに基づいて所定数の遊技球が払出される。
【0122】
振分用突起部507は、遊技盤5側(普通入賞口500側)に向って僅かに下り勾配に形成された上面傾斜部506を有しており、上面傾斜部506の左右方向略中央部分に落下した遊技球を上面傾斜部506に沿って普通入賞口500へ誘導可能とし、上面傾斜部506の左側端部付近または右側端部付近に落下した遊技球を、上面傾斜部506の側方から排出可能としている。また、振分用突起部507は、普通図柄始動口96の真下に配設され、振分用突起部507の最大横幅が遊技球の外径と略同等で、先端側ほど横幅が狭くなるように平面視先細形状(全体としてホームベース形)に形成されている。
【0123】
アタッカ装置98は、振分用突起部507の下方に配設されており、多量の遊技球を入賞可能とする横長の下部側大入賞口83と、下部側大入賞口83を閉鎖するとともに下端部分を回転軸として前後方向に回動可能に支持された開閉部材99と、開閉部材99を駆動し下部側大入賞口83を閉鎖する閉鎖位置、及び下部側大入賞口83を開放する開放位置の間で回動させるアタッカ駆動機構339(図36参照)とを備えている。なお、下部側大入賞口83の内部には、下部側大入賞口83に入賞した遊技球を検出するカウントセンサ319(図36参照)が設けられている。そして、カウントセンサ319による遊技球の検出に基づいて所定数の遊技球が払出されるとともに、下部側大入賞口83に入球した遊技球の数が計数される。
【0124】
ところで、図35に示すように、開閉部材99の上面と対向する振分用突起部507の下面513は、遊技盤5側に向って上り勾配に形成されている。これにより、開閉部材99の上端と振分用突起部507の下面513との間隔を、開閉部材99の回動位置に拘らず略一定とすることが可能になり、ひいては開閉部材99の上端と振分用突起部507の下面513との間で遊技球が挟持されること、所謂「球噛み」が発生することを抑制することが可能になる。
【0125】
なお、振分用突起部507は可動機構を備えていないため、アタッカ駆動機構339を有するアタッカ装置98を振分用突起部507の下方に設けた場合でも、互いに接近して配置することができ、下部側大入賞口83から普通図柄始動口96までの長さを比較的短くすることができる。
【0126】
ところで、これらの普通図柄始動口96、普通入賞装置502、振分用突起部507、及びアタッカ装置98は、共通のベース板510に取付けられ、一つのユニットとして一体的に構成されている。また、ベース板510における普通図柄始動口96と普通入賞口500との間には、遊技盤5に設けられた障害釘508を挿通させるための釘貫通孔511が穿設されている。つまり、普通図柄始動口96及び普通入賞装置502等を一つのユニットとして一体的に構成するにもかかわらず、遊技盤5に設けられた障害釘508がユニットの内部に配置されることを可能にしている。
【0127】
図33に示すように、障害釘508は、普通図柄始動口96と普通入賞装置502との間に配設され、普通図柄始動口96を通過した遊技球の転動方向を変化させることにより振分用突起部507への落下地点を分散させるものである。特に、本例では、障害釘508は、左右方向に並設される右側障害釘508a及び左側障害釘508bからなり、普通図柄始動口96の中心と普通入賞口500の中心とを結ぶ中心線を基準線とした場合、その基準線から右側障害釘及508a及び左側障害釘508bまでの距離が互いに異なるように、右側障害釘508a及び左側障害釘508bが一方に偏って配置されている。このため、それらの障害釘508の間に遊技球を通過させることにより、遊技球の転動方向が大幅に変更されることを抑制できる。つまり、普通図柄始動口96を通過した遊技球の殆ど全てを振分用突起部507の上面に落下させることが可能になる。また、普通図柄始動口96を通過した遊技球を、夫々の障害釘508に順に衝突させることが可能となり、転動方向を確実に変化させることができる。
【0128】
なお、ベース板510は左右方向に延出されており、右側には、上方に向って開口した入賞口514が形成されている。また、ベース板510の背面にはケース部材516が取付けられており、このケース部材516の内部に、アタッカ駆動機構339が収容されるとともに、下部側大入賞口83に入賞した遊技球を流出口(図示しない)に誘導する誘導通路(図示しない)が形成されている。また、ケース部材516の上面には、普通入賞装置502の入賞通路501に入賞した遊技球を、ケース部材516内の通路(誘導通路とは別の通路)に送るための送通路517が設けられている。
【0129】
このように、入賞口ユニット499では、遊技領域37を流下する遊技球が普通図柄始動口96を通過すると、第1始動口センサ317によって検出され、普通図柄始動口96に遊技球が通過したことに基づき普通抽選が実行される。普通図柄始動口96を通過した遊技球は、普通図柄始動口96の下方に配設された障害釘508によって転動方向が変化させられる。また、障害釘508の下方には、普通入賞装置502が設けられており、遊技球が普通入賞装置502に入賞すると、入賞センサ(図示外)によって検出され、所定数の遊技球が払出される。
【0130】
普通入賞装置502の下方には、振分用突起部507が遊技者側に突出して配設されており、振分用突起部507は、遊技盤5側(普通入賞口500側)に向って僅かに下り勾配に形成された上面傾斜部506を備えているため、上面傾斜部506上に落下した遊技球を上面傾斜部506に沿って普通入賞口500へ誘導することが可能となる。特に、振分用突起部507の横幅は遊技球の直径と略同等であるため、上面傾斜部506に沿って普通入賞口500へ誘導する場合と、上面傾斜部506の側方から排出(逸脱)させる場合とに振分けることが可能になる。つまり、上面傾斜部506の左右方向略中央部分に落下した遊技球は上面傾斜部506に沿って普通入賞口500へ誘導され、一方、上面傾斜部506の左側端部付近または右側端部付近(つまり角部付近)に落下した遊技球は、上面傾斜部506の側方から排出するようになる。
【0131】
[特別始動口ユニットについて]
図29〜図32に基づき説明する。図29は特別始動口ユニットを示す正面図であり、図30は特別始動口ユニットを右上前方から示す斜視図であり、図31は特別始動口ユニットの各構成を分離した状態を左上後方から示す斜視図であり、図32は特別始動口ユニットを縦方向に切断した状態を示す切断斜視図である。
【0132】
特別始動口ユニット530は、遊技盤5(図3参照)の盤面に対して開口した特別図柄始動口82、及び特別図柄始動口82に連通し遊技盤5の奥側に延出された入賞通路531(図30参照)を有する特別入賞装置532と、入賞通路531内に位置する没入位置と特別図柄始動口82から遊技者側に突出する突出位置との間で摺動可能に支持された受止誘導部材535と、受止誘導部材535を前後方向に摺動させる伝達機構540を主として構成された普通役物駆動機構334(図36参照)とを具備して構成されている。
【0133】
入賞通路531は、入賞装置ケーシング538内に形成されており、その前面開口部分が特別図柄始動口82となっている。なお、特別図柄始動口82は、下部側が上部側よりも横幅が広くなるように凸状に形成されている。
【0134】
受止誘導部材535は、遊技盤5の奥側(入賞通路531の奥側)に向って下り勾配に形成された傾斜面534を有する舌片状の部材であり、遊技領域37(図3参照)を通過する遊技球を突出位置において受け止めるとともに受け止めた遊技球を特別図柄始動口82に誘導するように構成されている。受止誘導部材535の先端部には上向きに突起536が形成されている。
【0135】
このように、特別始動口ユニット530では、受止誘導部材535が没入位置にあると、入賞通路531内に収容され、遊技領域37を流下する遊技球を受け止めることができなくなる。つまり、特別図柄始動口82に遊技球を入賞させることができない状態となる。一方、普通抽選で当選すると、普通役物駆動機構334が制御され、受止誘導部材535が没入位置から突出位置に変位(移動)する。この状態では、舌片状の受止誘導部材535が特別図柄始動口82から遊技者側に突出した状態となり、遊技領域37を流下する遊技球を受け止めることが可能になる。そして、受止誘導部材535の傾斜面534で受け止められた遊技球は、傾斜面534に従って特別図柄始動口82へと案内される。つまり、遊技球を特別図柄始動口82に入賞させることが可能となる。このとき、受止誘導部材535が動いても、遊技球を確実に傾斜面534に従って特別図柄始動口82に入球させるために、受止誘導部材535の上面先端部には突起536が上向きに突設されており、遊技球が受止誘導部材535の先端部からこぼれ落ちることがないようにしている。また、特別図柄始動口82側に向って遊技球を転動させることから、受止誘導部材535の傾斜面534における傾斜度合が比較的緩やかであっても、特別図柄始動口82に向って滑らかに誘導することができる。
【0136】
また、受止誘導部材535の傾斜面534は、遊技盤5の奥側に向って僅かに下り勾配に形成されているため、受止誘導部材535が突出位置の場合には、没入位置のときよりも特別図柄始動口82の実質的な開口面積が広くなる。つまり、受止誘導部材535が没入位置のときは、受止誘導部材535の中で最も高い位置である受止誘導部材535の先端が特別図柄始動口82付近に位置しており、その先端よりも上方の空間(比較的狭い間口)が特別図柄始動口82の実質的な開口部分となる。これに対し、受止誘導部材535が突出位置のときは、受止誘導部材535の先端よりも低い受止誘導部材535の中央部位または根元部位が特別図柄始動口82付近に位置しており、その部位よりも上方の空間(比較的広い間口)が特別図柄始動口82の実質的な開口部分となる。したがって、受止誘導部材535が突出位置のときは開口面積が大きくなり遊技球の入賞を確実なものとし、一方、受止誘導部材535が没入位置のときは開口面積が小さくなり遊技領域37(図3参照)での跳ね返りによる遊技球の飛び込みを抑制することができる。
【0137】
なお、特別始動口ユニット530には、受止誘導部材535が没入位置にあるか否かを検出する没入位置センサ556が設けられている。
【0138】
ところで、受止誘導部材535は、球噛みする箇所が極めて少なくなるように、遊技者側に向って先端の尖った尖形形状を呈している。このため、受止誘導部材535の先端が遊技球の中心に当接した場合には、球噛みする可能性が残されているものの、受止誘導部材535の先端が遊技球の中心から僅かでもずれている場合には、受止誘導部材535の先端から離れる方向の力が遊技球に加わり、遊技球は挟持されないようになる。突起536についても、平面視において特別図柄始動口82の側に向かって凸の二等辺三角形を呈する形状に形成されているため、僅かでも遊技球に当接する個所が中心からずれていれば遊技球は挟持されないようになっている。さらに、突起536によって、受止誘導部材535が没入位置のときの特別図柄始動口82の開口面積が小さくなるので、受止誘導部材535が没入位置にある時に遊技球が特別図柄始動口82に進入することを防止できる。
【0139】
また、受止誘導部材535の左右縁部から壁部539が立設されており、これらの壁部539は入賞通路531の奥側に向って延出されている。これによれば、受止誘導部材535で受け止められた遊技球を、受止誘導部材535の左右側方から排出(落下)させることなく、特別図柄始動口82側に向って誘導することができる。また、受止誘導部材535を平板状に形成することが可能となり、その結果、特別図柄始動口82及び入賞通路531の高さが比較的低くても、受止誘導部材535を入賞通路531の内部に収容すること、及び受止誘導部材535の上方に遊技球を入賞させるための空間を設けることが可能となる。なお、受止誘導部材535の先端部分は、左右縁部に壁部539を備えない平板状の形状に形成されているため、遊技者が受止誘導部材535を左右斜め前方から見た場合でも、受止誘導部材535上を転動する遊技球の挙動を明瞭に視認させることができる。また、先端部分の壁部を省くことにより、先端側における左右方向の間口が広くなり、受止誘導部材535が没入位置に復帰する際に、受止誘導部材535上の載置された遊技球を受止誘導部材535の先端部分から容易に排出させることが可能になる。
【0140】
また、図32に示すように、入賞装置ケーシング538の底面中央部分には、特別入賞装置532に入賞した遊技球を入賞通路531から流出させる流出口541が穿設されており、受止誘導部材535の後方における一対の壁部539の間には、受止誘導部材535の位置に拘らず常に流出口541と連通する開口部542が形成されている。このため、受止誘導部材535が突出位置のときは勿論、遊技球が入賞通路531から流出される前に受止誘導部材535が没入位置となった場合にも、その後、開口部542及び流出口541を通して遊技球を流出させることが可能になる。特に、開口部542の後方における一対の壁部539間には、入賞した遊技球を流出口541に誘導する可動誘導壁543が設けられ、可動誘導壁543は、受止誘導部材535が突出位置の時に流出口541の後方近傍に位置するように構成されている。このため、特別図柄始動口82に入賞した遊技球が可動誘導壁543よりも後方に入り込むことを防止し、流出口541に向って自然に落下させることが可能になる。また、可動誘導壁543は一対の壁部539間に横設されているため、一対の壁部539を平行に支持するとともに、壁部539の変形を抑制することができる。なお、流出口541には、流出口541を通過する遊技球を検出する遊技球検出手段553(第2始動口センサ318)が設けられており、この遊技球検出手段553により特別図柄始動口82に遊技球が入賞したことが検出される。
【0141】
また、図30に示すように、入賞装置ケーシング538は、不透明の前側ケース部545と、光透過性部材からなる後側ケース部546とに分割されており、前側ケース部545の前面に形成されたフランジ部547が遊技盤5の盤面に固定されるようになっている。つまり、フランジ部547には、三つの取付孔557が穿設されており、ネジ等(図示しない)を取付孔557に挿通させて遊技盤5に螺着させることにより、遊技盤5の盤面に取付けられる。後側ケース部546の内部には、一対の壁部539の摺動を前後方向に規制するガイド部が壁部539を挟むように形成されており、受止誘導部材535を滑らかに摺動させることを可能にしている。
【0142】
また、図31及び図32に示すように、後側ケース部546の内部には、伝達機構540によって動力を伝達し、受止誘導部材535の駆動源として機能するソレノイド548が収容されている。ソレノイド548は、プランジャー549の先端が遊技者側を向くように配設されている。プランジャー549と壁部539との間には、アーム部材551が設けられており、プランジャー549の往復直線運動が反転して壁部539に伝達されるようになっている。
【0143】
また、図30に示すように、特別図柄始動口82の上方には、遊技盤5の盤面よりも遊技者側に突出して形成された制動ゲート部材554が設けられている。この制動ゲート部材554は、遊技領域37を流下する遊技球を制動させながら通過させるものであり、内径が遊技球の直径よりも僅かに大きくなるように設定されている。これによれば、制動ゲート部材554を通過し勢いを抑えられた遊技球が受止誘導部材535の上面に載せられるため、遊技球を受止誘導部材535上に落ち着かせることが可能となる。したがって、受止誘導部材535上に落下した遊技球を特別図柄始動口82に向って確実に誘導することが可能となる。また、受止誘導部材535が受ける衝撃も弱くなり、受止誘導部材535の変形や破損を防止することが可能になる。
【0144】
また、制動ゲート部材554の左右両側には、一対の進入防止部材558が斜め下方に延出されている。進入防止部材558は、制動ゲート部材554の外側を通過する遊技球が、受止誘導部材535に向って転動することを阻止するものであり、これによれば、制動ゲート部材554を通過した遊技球のみを受止誘導部材535に載せることが可能になるとともに、受止誘導部材535で受け止められた遊技球が、制動ゲート部材554を通過しない他の遊技球、つまり勢いの強い遊技球によって弾き出されることを防止できる。
【0145】
上記のような物理的構成を有する本例のパチンコ機1によれば、仕切板40によって開口部124の下部が仕切られており、遊技領域37を流下する遊技球が開口部124を通過してステージ20へと進入することが防止されているため、開口部124から進入した遊技球がステージ20上を転動する他の遊技球に接触して遊技球の軌道を変化させ、振分過程に影響することで遊技者が不快感を覚える虞を抑制することができる。加えて、ワープ流入口63以外からステージ20に遊技球が流入することがなくなることから、ステージ20を経由した遊技球の入賞率のばらつきを低下させることができる。つまり、開口部124から遊技球が流入すると、遊技球がステージ20に流入する割合が高まる上、ステージ20に流入するルートが増加するため、ステージ20を経由した遊技球の入賞確率を遊技店が制御することが困難となりやすく、遊技店の収益の不安定化をもたらすが、本例のパチンコ機1によれば、開口部124からの遊技球のステージへの進入を防ぐため、こうした問題の発生を抑制することができる。
【0146】
また、本例のパチンコ機1によれば、仕切板40がステージ20の遊技者側に立設され、センター役物91の開口部124の下部を塞ぎ、遊技球の流出を防止するため、ステージ20に流入した遊技球はステージ20からごく短時間に流出してしまうことがなく、ステージ20上で遊技球が転動する様子を遊技者にしっかり見せることができる。
【0147】
また、開口部124からの流出を仕切板40が防ぐため、ステージ20に流入した遊技球は必ず特定出口24または普通出口25から流出するようになり、所定の割合で遊技球が特定出口24に入球して特定流出路26を流下するようになる。従って、普通図柄始動口96に入球する確率のばらつきが小さくなる。ステージ20に流入した遊技球が、開口部124から逸脱することが無くなるため、遊技者にとって不本意な事態が減少し、遊技者を遊技機に不信感を抱かせることなく安心して遊技を楽しませることができる。
【0148】
また、本例のパチンコ機1によれば、仕切板40は板状の部材であるため、故障や破損の虞がほとんどなく、仕切板40をステージ20の遊技者側に立設しても遊技店の負担とはならない。遊技者にとっても、仕切板40が原因となる故障で遊技が中断したり、偶発的な事故が発生することがないので安心して遊技に取り組むことができる。
【0149】
また、本例のパチンコ機1によれば、仕切板40は、開口部124の下部に立設されて開口部124の前縁下端部において壁として機能するが、透光性のある素材で形成されているので、奥方に位置するステージ20や演出表示装置115の視認性を損なうことがない。換言すれば、仕切板40が視界の邪魔となって、遊技に支障が出ることがないため、遊技者が不満を感じる虞を小さくすることができる。
【0150】
また、仕切板40の上方は開いているので、センター役物91の内部の清掃や調整等のメンテナンスを行うときに仕切板40を取り外す必要がなく、円滑にメンテナンス作業を行うことができる。仕切板40は略長円形の部材であるため、上方に角など突出した部分がなく、メンテナンス作業者が怪我をしたり仕切板40を破損させる事故の発生を抑制できる。
【0151】
さらに、本例のパチンコ機1によれば、仕切板40は透光性のある素材で形成されており、透過する光に変化を与えることによってステージ20周辺の視覚的な演出効果を高めることができる。本例においては、仕切板40は流出部62付近において一部の領域が厚みにおいて薄くなっており、流出部62に遊技者の注意を向けさせる効果を挙げることができる。
【0152】
[パチンコ機の電気的構成について]
次に、このようなパチンコ機1の電気的な構成を詳述する。図36は、この実施の形態にかかるパチンコ機1の電気的構成をブロック図として示したものである。
【0153】
パチンコ機1は、大きくは、主基板780と、周辺基板781とを備えて構成されている。
ここで、上記主基板780は、
・遊技球の検出。
・各種当たりの当落にかかる抽選処理。
・特別図柄や普通図柄についての変動表示制御。
・賞球の払い出しにかかる制御(払出制御)。
等々、遊技が予め定められたルールに従って進行するよう各種の制御を行う部分である。
【0154】
一方、上記周辺基板781は、
・演出ランプの点灯制御。
・音響制御。
・演出画像の表示制御。
等々、上記主基板780によって進行される遊技に各種の演出を付加し、これによって遊技の興趣の向上を図る部分である。
【0155】
[主基板について]
主基板780は、主制御基板765と払出制御基板775とから構成されている。そしてこのうち、上記主制御基板765は、マイクロプロセッサとしての主制御MPU765a、及び入出力デバイス(I/Oデバイス)としての主制御I/Oポート765b、及び上記検査用コネクタ218、及び後述のRAMクリアスイッチ769、などを備えて構成されている。
【0156】
ここで、上記主制御MPU765aは、遊技の進行にかかる制御プログラムや各種のコマンドが記憶されている読み出し専用メモリとしてのROM、記憶データがその都度更新される読み書き可能メモリとしてのRAM、及びそれらの動作(システム)を監視するウォッチドックタイマ、及び不正を防止するための各種機能、等々を備えている。同主制御MPU765aには、上記振分装置駆動センサ403、上記第1始動口センサ317、及び上記第2始動口センサ318、及び上記カウントセンサ319、及び上記入賞口センサ330、及び上記V入賞センサ331、及び上記排出センサ313など、各種のセンサからの検出信号が主制御I/Oポート765bを介して入力されている。
【0157】
つまり、こうした検出信号に基づいて上記ROMに格納されている制御プログラムを実行することで、普通役物駆動機構334、大入賞口開閉機構335、振分装置駆動機構336、アタッカ駆動機構339、及び回転体モータ369など、各種のアクチュエータに適宜に駆動信号が出力されるようになり、これによって当該パチンコ機1にて行われる各種の遊技が予め定められたルールに従って進行するようになる。なお、後述するが、この主制御基板765の主制御MPU765aは、上記特別図柄表示器332、及び上記普通図柄表示器333、及び特別保留球ランプ322、及び普通保留球ランプ323の表示制御や、上記周辺基板781、及び上記払出制御基板775に遊技の進行状況を示す信号(演出コマンド、払出コマンド)を出力することも行う。
【0158】
また、この実施の形態では、上記主制御MPU765aは、遊技に関する各種情報(遊技情報)を、上記主制御I/Oポート765bを介して外部端子板371に出力する。この外部端子板371は、図示しないホールコンピュータと接続される部分であり、これによってホールコンピュータが、当該パチンコ機1の遊技の進行状況を把握し、監視することができるようになる。
【0159】
また、後述するが、上記主制御MPU765aは、上記演出表示装置115に表示される演出画像の表示態様についてのコマンドなどを上記主制御I/Oポート765bを介して後述する周辺基板781に送信する。
【0160】
また、同主制御基板765には図示しない電源基板から電力が供給されている。この電源基板は、電源遮断時にでも所定時間、主制御基板765に電力を供給するバックアップ電源としての電気二重層キャパシタ(以下、単に「キャパシタ」と記載する。)を備えている。このキャパシタにより供給される電力によって主制御MPU765aは、その詳細な説明は後述するが、電源遮断時にでも電源断時処理において各種の情報をその内蔵RAMに記憶することができるようになっている。なお、記憶した各種の情報は、電源投入時に主制御基板765のRAMクリアスイッチ769が操作されると、その内容が内蔵RAMから消去(クリア)されるようになっている。
【0161】
一方、上記払出制御基板775は、上記主制御基板765からの払出コマンドに基づいて球払出装置170に駆動信号を出力する部分であり、大きくは、マイクロプロセッサとしての払出制御MPU775a、及びI/Oデバイスとしての払出制御I/Oポート775b、及びエラーLED表示器777、及びエラー解除スイッチ778、及び球抜きスイッチ779、などを備えて構成されている。
【0162】
払出制御基板775は、球払出装置170と払出中継基板108を介して接続されており、この払出中継基板108を介して球払出装置170との間でのコマンド(駆動信号)が送受信される。なお、球払出装置170には、球払出装置170に取り込まれた遊技球を球切り出し部材(図示外)によって各種球誘導通路又は各種球排出通路に切り出すために回転する払出モータ172、球切り出し部材(図示外)の回転位置を検出するための回転角スイッチ106、実際に払い出された遊技球の球数を計数する計数スイッチ105等を備えている。
【0163】
ここで、上記払出制御MPU775aは、遊技の進行状況に応じて遊技者に遊技球(賞球)を払い出すための制御プログラムや各種のコマンドが記憶されている読み出し専用メモリとしてのROM、及び記憶データがその都度更新される読み書き可能メモリとしてのRAM、及び不正を防止するための各種機能、等々を備えている。そして、同払出制御MPU775aには、上記主制御基板765からの払い出しに関する払出コマンドや、上記RAMクリアスイッチ769の操作信号(検出信号)が払出制御I/Oポート775bを介して受信されるようになっている。つまり、こうして受信される払出コマンドに基づいて上記ROMに格納されている制御プログラムが実行されることで、上記払出モータ172に駆動信号が出力されるようになり、ひいては上記受信された払出コマンドにより示される賞球数だけ遊技球が払い出されるようになる。なお、この実施の形態では、上記払出制御基板775の払出制御MPU775aは、上記センター役物91内への遊技球の進入が上記入賞口センサ330により検出されたとき遊技者に払い出される賞球の数よりも、上記下部側大入賞口83への遊技球の入球が上記カウントセンサ319により検出されたときのほうがより多くの賞球が払い出されるように上記遊技球の払い出しにかかる制御を行うものとなっている。
【0164】
また、同払出制御MPU775aでは、上記球抜きスイッチ779が操作されると、この操作信号(検出信号)に基づいて球タンク136及びタンクレール150に貯留された遊技球を排出する(球抜きする)ために払出モータ172への駆動信号を出力することも行う。またさらに、プリペイドカードユニット1aからの貸球要求信号が上述したインターフェース基板252を介して入力されると、この貸球要求信号に基づいて上記払出モータ172への駆動信号を出力することも行う。
【0165】
また、同払出制御MPU775aは、その詳細な説明は後述するが、パチンコ機1の状態に関する各種コマンドを、払出制御I/Oポート775bを介して主制御基板765に送信したり、満タンスイッチ107からの検出信号が入力されると、この検出信号に基づいて払出モータ172への駆動信号の出力を停止したり、実際に払い出した遊技球の球数を算出してこれを上記払出制御I/Oポート775bを介して外部端子板371に出力したりする。これにより、ホールコンピュータは、当該パチンコ機1から払い出された遊技球の総数を把握することができるようになる。
【0166】
なお、プリペイドカードユニット1aがインターフェース基板252に接続されると、プリペイドカードユニット1aからの遊技球の発射許可信号がインターフェース基板252及び払出制御基板775を介して上述した発射制御基板372に入力されるようになっている。この発射許可信号が入力されることによって、発射制御基板372は上述した発射装置194による遊技球の発射可能状態となる。これにより、上記操作ハンドル32が操作されたときは、該操作ハンドル32に設けられているタッチセンサ(図示略)からの検出信号が発射制御基板372に入力されることで、発射装置194によって遊技球の発射が行われるようになる。つまり、操作ハンドル32が操作されたときは、上記満タンスイッチ107からの検出信号が払出制御MPU775aに入力され、ひいては上記払出モータ172への駆動信号の出力が停止されるような状況であっても、上記発射装置194によって遊技球が発射されるようになる。このようにして、発射装置194から発射された遊技球は、遊技領域37の上方に形成された発射口78aまで案内レール78に沿って導かれ、この発射口から遊技領域37に向けて打ち込まれる。
【0167】
払出制御基板775には図示しない電源基板から電力が主制御基板765と同様に供給されている。この電源基板は、電源遮断時にでも所定時間、払出制御基板775に電力を供給するキャパシタを備えている。このキャパシタにより供給される電力により払出制御MPU775aは電源遮断時にでも払い出しに関する各種の払出情報をその内蔵RAMに記憶することができるようになっている。なお、記憶した払出情報は、電源投入時に主制御基板765のRAMクリアスイッチ769が操作されると、その内容が内蔵RAMから消去(クリア)されるようになっている。
【0168】
[周辺基板について]
周辺基板781は、同図36に示されるように、サブ統合基板763及び液晶制御基板758を備えて構成されている。
【0169】
ここで、上記サブ統合基板763は、マイクロプロセッサとしてのサブ統合MPU763aと、各種処理プログラムや各種コマンドを記憶するサブ統合ROM763bと、高音質の演奏を行う音源IC763cと、この音源IC763cが参照する音楽及び効果音等の音情報が記憶されている音ROM763dと、を備えて構成されている。つまり、同サブ統合MPU763aは、上記主制御基板765から演出コマンドが受信されると、該コマンドに基づいて上記制御プログラムを実行することで、外枠側のランプである装飾ランプ394に点灯信号を出力したり、賞球ランプ396に点灯信号を出力したりする。また、ランプ駆動基板46を介して、遊技盤5の装飾ランプである演出ランプ395に点灯信号を出力したり、階調ランプ397に階調点灯信号を出力したりする。
【0170】
また、上記サブ統合MPU763aにより受信された上記主制御基板765からの演出コマンドは、上記音源IC763c及び上記液晶制御基板758に出力されている。これにより、上記音源IC763cが、サブ統合MPU763aから出力された演出コマンドに基づいて、音ROM763dから音情報を読み込むことで、上記スピーカ18,57から各種演出に合わせた音楽及び効果音等が音響出力されるようになる。
【0171】
一方、上記液晶制御基板758は、マイクロプロセッサとしての液晶制御MPU758aと、各種処理プログラムや各種コマンドを記憶する液晶制御ROM758bと、演出表示装置115を表示制御するVDP(Video Display Processorの略)758cと、演出表示装置115に表示する各種画像を記憶する画像ROM758dと、を備えて構成されている。
【0172】
液晶制御MPU758aは、サブ統合基板763から上述した演出コマンドを受信すると、この演出コマンドに基づいてVDP758cを制御する。このVDP758cは、画像ROM758dから画像を読み出して演出表示装置115の表示制御を行う。なお、この液晶制御MPU758aは、正常に動作していると、その旨を伝える動作信号をサブ統合基板763に出力する。
【0173】
[主基板および周辺基板の機能的な構成について]
図37に基づき説明する。図37は、主基板および周辺基板の機能的な構成を概略的に示す機能ブロック図である。
【0174】
同図37に示すように、主基板780は、普通図柄当たり判定用乱数抽出手段601と、普通図柄当否判定手段602と、第1保留手段603と、第1保留解除手段604と、普通図柄表示制御手段605と、普通図柄保留表示制御手段606と、普通当たり遊技実行手段607と、有利遊技実行手段608とを備えている。また、特別図柄当たり判定用乱数抽出手段611と、特別図柄当否判定手段612と、第2保留手段613と、第2保留解除手段614と、特別図柄表示制御手段615と、特別図柄保留表示制御手段616と、大当たり遊技実行手段617と、小当たり遊技実行手段618とを備えている。さらに、コマンド送信手段620と、排出判断手段621と、入賞判断手段622と、賞球払出手段623とを備えている。
【0175】
ここで、上記普通図柄当たり判定用乱数抽出手段601は、上記第1始動口センサ317からの出力信号に基づいて上記普通図柄始動口96への遊技球の入球があったか否かの判断を行うとともに(開放口判断手段)、該入球があった旨判断したときには乱数を抽出する部分である。この抽出した乱数は、上記第1保留手段603によって第1所定数(例えば4個)まで保留され、これによって上記普通図柄の変動表示制御が保留の状態とされるようになる。一方、このような保留状態は、所定の解除条件(例えば前回の普通図柄についての変動表示制御が終了したこと)が成立したとき、上記第1保留解除手段604によって解除される。そして、上記普通図柄当否判定手段602が、この解除された乱数に基づいて普通当たりに当選したか否かの判定(第1の抽選処理)を行うこととなる。
【0176】
ただし、この実施の形態では、上記普通図柄当否判定手段602は、上記普通当たりに当選したか否かの判定の結果に応じて上記演出表示装置115に表示される演出画像の表示態様を上記主基板780内にて決定する部分としても機能する。そして、こうして内部的に決定された表示態様は、上記普通図柄表示制御手段605によって普通図柄表示器333に所定の変動時間だけ変動表示される。また、上記第1保留手段603による保留数は、上記普通図柄保留表示制御手段606によって普通図柄保留球ランプ323(LED84)に表示される。また、上記普通図柄当否判定手段602による抽選結果が普通当たりの場合は、普通当たり遊技実行手段607が普通役物駆動機構334を駆動制御して、特別図柄始動口82への遊技球の入球が可能となるように普通電動役物81を動作させる。
【0177】
また、上記有利遊技実行手段608は、予め定められた条件(例えば大当たりに当選したこと)が満たされたとき、上記特別図柄始動口82への遊技球の入球確率をより高い確率に可変設定する部分である。より具体的には、後述の有利状態にあるか否かを後述の特別図柄当たり判定用乱数抽出手段611による判定の結果に基づいて判断し、該有利状態にある旨判断したときはその旨を上記普通当たり遊技実行手段607に出力する。これにより、この普通当たり遊技実行手段607は、いわゆる開放延長機能を作動させるようになり、上記普通電動役物81の動作時間として必ず後述の長当たり時の動作時間(例えば「5700ms」)を採用するようになる。
【0178】
これに対し、特別図柄当たり判定用乱数抽出手段611は、上記第2始動口センサ318からの出力信号に基づいて上記特別図柄始動口82への遊技球の入球があったか否かの判断を行うとともに、該入球があった旨判断したときには乱数を抽出する部分である。この抽出した乱数は、上記第2保留手段613によって第2所定数(例えば2個)まで保留され、これによって上記特別図柄の変動表示制御が保留の状態とされるようになる。一方、このような保留状態は、所定の解除条件(例えば前回の特別図柄についての変動表示制御が終了したこと)が成立したとき、上記第2保留解除手段614によって解除される。そして、特別図柄当否判定手段612が、この解除された乱数に基づいて特別当たり(ここでは、大当りまたは小当たり)に当選したか否かの判定(第2の抽選処理)を行うこととなる。
【0179】
なお、特別図柄当否判定手段612による判定の結果は、上記特別図柄表示制御手段615によって特別図柄表示器332に変動表示される。また、第2保留手段613による保留数は、特別図柄保留表示制御手段616によって特別図柄保留球ランプ322(LED85)に表示される。また、特別図柄当否判定手段612による抽選結果が小当たりの場合は、小当たり遊技実行手段617が大入賞口開閉機構335を駆動制御して、大入賞口141が開放されるかたちで可動片142を動作させることで、センター役物91内の領域への遊技球を進入可能とする(小当たり遊技)。特別図柄当否判定手段612による抽選結果が大当たりの場合は、大当たり遊技実行手段618がアタッカ駆動機構339を駆動制御して、開閉部材99の開閉動作を通じて下部側大入賞口83への遊技球の進入を可能とする(大当たり遊技)。
【0180】
また、上記コマンド送信手段620は、上記普通図柄当否判定手段602及び上記特別図柄当否判定手段612による判定の結果(第1、第2の抽選処理の結果)、及びこの抽選結果に関わる情報などを示すコマンドを周辺基板781にそれぞれ送信する部分である。なお、「抽選結果に関わる情報」とは、例えば、上記内部的に決定された演出画像の表示態様や、その演出時間等が相当する。
【0181】
また、上記排出判断手段621は、上記特定ポケット343から遊技球が流出したことがV入賞センサ331によって検出され、または、普通ポケット344から遊技球が流出したことが排出センサ313によって検出されたことに基づいて、センター役物91内から遊技球が排出されたことを検出するものである。
【0182】
また、入賞判断手段622は、入賞口センサ330による遊技球の検出とカウントセンサ319による遊技球の検出とによって、大入賞口141および下部側大入賞口83のいずれに遊技球が入賞したかを判断する部分である。そして、入賞判断手段622による判断結果に応じて、賞球払出手段623は球払出装置170の球払出動作を制御して、大入賞口141または下部側大入賞口83への入賞に応じて遊技球を払い出す。下部側大入賞口83に入賞した場合は、大入賞口141に入賞した場合よりも多くの賞球が払い出される。なお、本実施形態では、賞球払出手段623は払出制御基板775として具備されており、特別図柄始動口82(第2始動口センサ318)に入賞した場合も所定数の遊技球が払い出される。
【0183】
一方、周辺基板781は、コマンド受信手段630と、普通図柄画像表示制御手段631と、特別図柄画像表示制御手段632とを備えている。
【0184】
ここで、上記コマンド受信手段630は、上記普通図柄当否判定手段602及び上記特別図柄当否判定手段612による判定の結果(第1、第2の抽選処理の結果)、及びこの抽選結果に関わる情報などを示すコマンドを上記主基板780のコマンド送信手段620から受信する部分である。
【0185】
また、上記普通図柄画像表示制御手段631は、上記コマンド受信手段630により受信されるコマンドのうち、上記普通当たりに関するコマンドに基づいて上記演出表示装置115に表示される演出画像を変動表示出力する部分である。より具体的には、この普通図柄画像表示制御手段631は、上記主基板780内にて決定された上記普通当たりについての抽選結果に応じた表示態様が上記演出表示装置115での主要な演出画像として現れるかたちでの上記変動表示出力と、同表示態様が上記主要な演出画像よりも控えめな演出画像として現れるかたちでの変動表示出力とを行う。
【0186】
[主制御基板の各種制御処理]
次に、パチンコ機1の遊技の進行に応じて主制御基板765が行う各種制御処理について説明する。まず、遊技制御に用いられる各種乱数について説明し、続いて主制御側電源投入時処理、主制御側タイマ割り込み処理、賞球コマンド及びセルフチェックコマンド送信処理、ACK信号入力判定処理について説明する。図38は主制御側電源投入時処理の一例を示すフローチャートであり、図39は図38の主制御側電源投入時処理のつづきを示すフローチャートであり、図40は主制御側タイマ割り込み処理の一例を示すフローチャートであり、図41は賞球コマンド及びセルフチェックコマンド送信処理の一例を示すフローチャートであり、図42はACK信号入力判定処理の一例を示すフローチャートである。なお、賞球コマンド及びセルフチェックコマンド送信処理、ACK信号入力判定処理は、後述する主制御側タイマ割り込み処理におけるステップS80の賞球制御処理の一処理として行われる。
【0187】
<1.各種乱数>
遊技制御に用いられる各種乱数として、普通電動役物(可動部材)81の動作契機となる当たり(普通当たり)の当落にかかる抽選処理に供される普通図柄の当たり判定用乱数と、この普通図柄の当たり判定用乱数の初期値の決定に用いられる普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数と、普通図柄表示器333に表示する変動表示パターンの決定に用いられる普通図柄の変動パターン決定用乱数と、普通図柄の変動表示停止時における表示パターンについての抽選処理に供される普通図柄決定用乱数などが用意されている。また、小当たり及び大当たりの当落にかかる抽選処理に供される特別図柄の当たり判定用乱数と、この特別図柄の当り判定用乱数の初期値の決定に用いられる特別図柄の当たり判定用初期値決定用乱数と、特別図柄表示器332に表示する変動表示パターンの決定に用いられる特別図柄の変動パターン決定用乱数と、特別図柄の変動表示停止時における表示パターンについての抽選処理に供される特別図柄決定用乱数などが用意されている。
【0188】
<2.主制御側電源投入時処理>
パチンコ機1に電源が投入されると、主制御基板765の主制御MPU765aは、図38及び図39に示すように、主制御側電源投入時処理を行う。この主制御側電源投入時処理が開始されると、割り込みモードの設定を行う(ステップS10)。この割り込みモードは、主制御MPU765aの割り込みの優先順位を設定するものである。本実施形態では、後述する主制御側タイマ割り込み処理が優先順位として最も高く設定されており、この主制御側タイマ割り込み処理の割り込みが発生すると、優先的にその処理が行われる。ステップS10に続いて、入出力設定(I/Oの入出力設定)を行う(ステップS12)。このI/Oの入出力設定では、主制御MPU765aのI/Oポートの入出設定等を行う。ステップS12に続いて、主制御MPU765aに内蔵されたウォッチドックタイマを有効に設定する(ステップS14)。このウォッチドックタイマは、主制御MPU765aの動作(システム)を監視するためのものであり、一定期間にクリア設定されないときには主制御MPU765aにリセットがかかる(主制御MPU765aのシステムが暴走していないかを定期的に診断している)。
【0189】
ステップS14に続いて、ウェイトタイマ処理1を行う(ステップS16)。電源投入時から所定電圧となるまでの間では電圧がすぐに上がらない。一方、停電又は瞬停(突発的に電力の供給が一時停止する現象)となるときでは電圧が下がり、停電予告電圧以下となると停電予告として停電信号が入力される。電源投入時から所定電圧に上がるまでの間では電圧が停電予告電圧以下となると停電信号が入力される。そこで、ウェイトタイマ処理1では、電源投入後、電圧が停電予告電圧より高くなるまで待っている。本実施形態では、この待ち時間(ウェイトタイマ)として200ミリ秒(ms)が設定されている。ステップS16に続いて、RAMクリアスイッチ769が操作されているか否かを判定する(ステップS18)。この判定は、主制御基板765のRAMクリアスイッチ769が操作され、その操作信号(検出信号)が主制御基板765に入力されているか否かにより行う。検出信号が入力されているときにはRAMクリアスイッチ769が操作されていると判定し、一方、検出信号が入力されていないときにはRAMクリアスイッチ769が操作されていないと判定する。
【0190】
ステップS18でRAMクリアスイッチ769が操作されているときには、RAMクリア報知フラグRCL−FLGに値1をセットし(ステップS20)、一方、ステップS18でRAMクリアスイッチ769が操作されていないときには、RAMクリア報知フラグRCL−FLGに値0をセットする(ステップS22)。このRAMクリア報知フラグRCL−FLGは、主制御MPU765aに内蔵されたRAM(以下、「主内蔵RAM」と記載する。)に記憶されている、有利遊技や未払い出し賞球等の遊技に関する遊技情報を消去するか否かを示すフラグであり、遊技情報を消去するとき値1、遊技情報を消去しないとき値0にそれぞれ設定されている。なお、ステップS20及びステップS22でセットされたRAMクリア報知フラグRCL−FLGは、主制御MPU765aの汎用記憶素子(汎用レジスタ)に記憶される。
【0191】
ステップS20又はステップS22に続いて、ウェイトタイマ処理2を行う(ステップS24)。このウェイトタイマ処理2では、液晶制御基板758による演出表示装置115の表示制御を行うシステムが起動する(ブートする)まで待っている。例えば、液晶制御ROM758bから圧縮された各種の制御プログラムを読み出して、液晶制御MPU758aに内蔵されたRAMに展開して記憶する。本実施形態では、ブートするまでの時間(ブートタイマ)として2秒(s)が設定されている。ステップS24に続いて、主内蔵RAMへのアクセスを許可する設定を行う(ステップS26)。この設定により主内蔵RAMへのアクセスができ、例えば遊技情報の書き込み(記憶)又は読み出しを行うことができる。ステップS26に続いて、スタックポインタの設定を行う(ステップS28)。スタックポインタは、例えば、使用中の記憶素子(レジスタ)の内容を一時記憶するためにスタックに積んだアドレスを示したり、サブルーチンを終了して本ルーチンに復帰するときの本ルーチンの復帰アドレスを一時記憶するためにスタックに積んだアドレスを示したりするものであり、スタックが積まれるごとにスタックポインタが進む。ステップS28では、スタックポインタに初期アドレスをセットし、この初期アドレスから、レジスタの内容、復帰アドレス等をスタックに積んで行く。そして最後に積まれたスタックから最初に積まれたスタックまで、順に読み出すことによりスタックポインタが初期アドレスに戻る。
【0192】
ステップS28に続いて、RAMクリア報知フラグRCL−FLGが値0である否かを判定する(ステップS30)。上述したように、RAMクリア報知フラグRCL−FLGは、遊技情報を消去するとき値1、遊技情報を消去しないとき値0にそれぞれ設定されている。ステップS30でRAMクリア報知フラグRCL−FLGが値0であるとき、つまり遊技情報を消去しないときには、チェックサムの算出を行う(ステップS32)。このチェックサムは、主内蔵RAMに記憶されている遊技情報を数値とみなしてその合計を算出するものである。ステップS32に続いて、算出したチェックサムの値が後述する主制御側電源断時処理(電源断時)において記憶されているチェックサムの値と一致しているか否かを判定する(ステップS34)。一致しているときには、バックアップフラグBK−FLGが値1であるか否かを判定する(ステップS36)。このバックアップフラグBK−FLGは、遊技情報、チェックサムの値及びバックアップフラグBK−FLGの値等のバックアップ情報を後述する主制御側電源断時処理において主内蔵RAMに記憶保持したか否かを示すフラグであり、主制御側電源断時処理を正常に終了したとき値1、主制御側電源断時処理を正常に終了していないとき値0にそれぞれ設定されている。
【0193】
ステップS36でバックアップフラグBK−FLGが値1であるとき、つまり主制御側電源断時処理を正常に終了したときには、復電時として主内蔵RAMの作業領域を設定する(ステップS38)。この設定は、バックアップフラグBK−FLGを値0にセットするほか、主制御MPU765aに内蔵されたROM(以下、「主内蔵ROM」と記載する。)から復電時情報を読み出し、この復電時情報を主内蔵RAMの作業領域にセットしたり、図28に示したソレノイド400への駆動信号を停止する設定を出力情報として主内蔵RAMの出力情報記憶領域に記憶したり、図36に示したV入賞センサ331(図28に示した遊技球検出手段384)からの検出信号を受け付けない状態(無効化)に設定したりする。V入賞センサ331からの検出信号を受け付けない状態(無効化)の設定については、後述する排出整合カウンタの値に値0をセットすることにより行う。この排出整合カウンタの値に値0をセットされると、後述するV入賞有効期間が強制的に終了される。これにより、例えば、図24に示した、案内通路340及び搬入片341に遊技球が停留された状態(「搬入片341の停留状態」という。)において、図23に示した、回転体297の特定ポケット343が図24に示した流入口347に接近するタイミングを見計らって、電力の供給を一時的に停止して図27に示した回転体モータ369の回転を停止させ、つまり図23に示した回転体297の回転を停止させ、図23に示した搬入片341を受入位置から投入位置に移動させて搬入片341に停留されている遊技球を回転体297の特定ポケット343に送り出し、再び電力の供給を回復させて図23に示した特定出口360にその遊技球を流入させる、不正行為が行われても、V入賞有効期間が強制的に終了されているため、遊技球がV入賞センサ331で検出されても無効化される(主内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶された入力情報のうち、V入賞センサ331からの検出信号が無効化される)。これにより、遊技者に有利な特別遊技状態に移行することを阻止している。したがって、電力の供給を故意に制御して搬入片341の停留状態を不正に制御する行為を防止することができる。
【0194】
ここで「復電時」とは、電源を遮断した状態から電源を投入した状態に加えて、停電又は瞬停からその後の電力の復旧した状態も含める。ステップS38に続けて、電源投入時コマンド作成処理を行う(ステップS40)。この電源投入時コマンド作成処理では、バックアップ情報から遊技情報を読み出してこの遊技情報に応じた各種コマンドを主内蔵RAMの所定記憶領域に記憶する。なお、各種コマンド等についての説明は後述する。
【0195】
一方、ステップS30でRAMクリア報知フラグRCL−FLGが値0でない(値1である)とき、つまり遊技情報を消去するときには、又はステップS34でチェックサムの値が一致していないときには、又はステップS36でバックアップフラグBK−FLGが値1でない(値0である)とき、つまり主制御側電源断時処理を正常に終了していないときには、主内蔵RAMの全領域をクリアし(ステップS42)、初期設定として主内蔵RAMの作業領域を設定する(ステップS44)。この設定は、主内蔵ROMから初期情報を読み出してこの初期情報を主内蔵RAMの作業領域にセットしたり、ソレノイド400への駆動信号を停止する設定を出力情報として主内蔵RAMの出力情報記憶領域に記憶したり、V入賞センサ331(遊技球検出手段384)からの検出信号を受け付けない状態(無効化)に設定したりする。V入賞センサ331からの検出信号を受け付けない状態(無効化)の設定については、後述する排出整合カウンタの値に値0をセットすることにより行う。この排出整合カウンタの値に値0をセットされると、後述するV入賞有効期間が強制的に終了される。これにより、例えば、案内通路340及び搬入片341に遊技球が停留された状態(「搬入片341の停留状態」という。)において、回転体297の特定ポケット343が流入口347に接近するタイミングを見計らって、電力の供給を一時的に停止して回転体モータ369の回転を停止させ、つまり回転体297の回転を停止させ、搬入片341を受入位置から投入位置に移動させて搬入片341に停留されている遊技球を回転体297の特定ポケット343に送り出し、再び電力の供給を回復させて特定出口360にその遊技球を流入させる、不正行為が行われても、V入賞有効期間が強制的に終了されているため、遊技球がV入賞センサ331で検出されても無効化される(主内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶された入力情報のうち、V入賞センサ331からの検出信号が無効化される)。これにより、遊技者に有利な特別遊技状態に移行することを阻止している。したがって、電力の供給を故意に制御して搬入片341の停留状態を不正に制御する行為を防止することができる。
【0196】
ステップS44に続けて、RAMクリア報知及びテストコマンド作成処理を行う(ステップS46)。このRAMクリア報知及びテストコマンド作成処理では、主内蔵RAMをクリアして初期設定を行った旨を、サブ統合基板763に報知するためのRAMクリア報知コマンドと、サブ統合基板763の各種検査を行うためのテストコマンドと、を作成し、送信情報として主内蔵RAMの送信情報記憶領域に記憶する。なお、サブ統合基板763がRAMクリア報知コマンドを受信すると、このRAMクリア報知コマンドを液晶制御基板758に送信し、一方テストコマンドを受信すると、音源IC763c、液晶制御基板758及びランプ駆動基板46の各種検査を行うためのテストコマンドを送信する。
【0197】
ステップS40又はステップS46に続いて、割り込み初期設定を行う(ステップS48)。この設定は、後述する主制御側タイマ割り込み処理が行われるときの割り込み周期を設定するものである。本実施形態では4msに設定されている。ステップS48に続いて、割り込み許可設定を行う。(ステップS50)。この設定によりステップS48で設定した割り込み周期、つまり4msごとに主制御側タイマ割り込み処理が繰り返し行われる。
【0198】
ステップS50に続いて、ウォッチドックタイマクリアレジスタWCLに値Aをセットする(ステップS52)。このウォッチドックタイマクリアレジスタWCLに、値A、値Bそして値Cを順にセットすることによりウォッチドックタイマがクリア設定される。ステップS52に続けて、停電信号が入力されているか否かを判定する(ステップS54)。上述したように、パチンコ機1の電源を遮断したり、停電又は瞬停したりするときには、電圧が停電予告電圧以下となると停電予告として停電信号が入力される。ステップS54の判定は、この停電信号に基づいて行う。ステップS54で停電信号の入力がないときには非当落乱数更新処理を行う(ステップS56)。
【0199】
この非当落乱数更新処理では、上述した、普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数や変動パターン決定用乱数等を更新する。例えば、普通図柄の当たり判定用乱数を更新するカウンタは、普通図柄の当たり判定用乱数の下限値から上限値までの範囲を、後述する主制御側タイマ割り込み処理が行われるごとに値1ずつ増える(カウントアップする)。このカウンタは、非当落乱数更新処理により普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数が設定(更新)されると、この普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数から上限値までカウントアップし、続けて下限値から普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数までカウントアップする。そして再び非当落乱数更新処理により普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数が更新される。このように、非当落乱数更新処理では、当落判定(大当り判定)にかかわらない乱数を更新する。なお、上述した、特別図柄の当たり判定用初期値決定用乱数や変動パターン決定用乱数等もこの非当落乱数更新処理により更新される。特別図柄の当たり判定用初期値決定用乱数等は、上述した普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数の更新方法と同一であり、その説明を省略する。
【0200】
ステップS56に続けて、再びステップS52に戻り、ウォッチドックタイマクリアレジスタWCLに値Aをセットし、ステップS54で停電信号があるか否かを判定し、この停電信号の入力がなければ、ステップS56で非当落乱数更新処理を行い、ステップS52〜ステップS56を繰り返し行う。なお、このステップS52〜ステップS56の処理を「主制御側メイン処理」という。
【0201】
一方、ステップS54で停電信号の入力があったときには、割り込み禁止設定を行う(ステップS58)。この設定により後述する主制御側タイマ割り込み処理が行われなくなり、主内蔵RAMへの書き込みを防ぎ、遊技情報の書き換えを保護している。ステップS58に続いて、チェックサムの算出を行ってこの算出した値を記憶する(ステップS60)。このチェックサムは、上述したチェックサムの値及びバックアップフラグBK−FLGの値の記憶領域を除く、主内蔵RAMの作業領域の遊技情報を数値とみなしてその合計を算出する。ステップS60に続いて、バックアップフラグBK−FLGに値1をセットする。(ステップS62)、これによりバックアップ情報の記憶が完了する。ステップS62に続いて、主内蔵RAMへのアクセスの禁止設定を行う(ステップS64)。この設定により主内蔵RAMへのアクセスが禁止され書き込み及び読み出しができなくなり、主内蔵RAMに記憶されているバックアップ情報が保護される。ステップS64に続いてウォッチドックタイマのクリア設定を行う(ステップS66)。このクリア設定は、上述したように、ウォッチドックタイマクリアレジスタWCLに値A、値Bそして値Cを順にセットすることにより行われる。ステップS66に続けて、無限ループに入る。この無限ループでは、ウォッチドックタイマクリアレジスタWCLに値A、値Bそして値Cを順にセットしないためウォッチドックタイマがクリア設定されなくなる。このため、主制御MPU765aにリセットがかかり、その主制御MPU765aは、この主制御側電源投入時処理を再び行う。なお、ステップS58〜ステップS66の処理及び無限ループを「主制御側電源断時処理」という。
【0202】
パチンコ機1(主制御MPU765a)は、停電したとき又は瞬停したときにはリセットがかかり、その後の電力の復旧により主制御側電源投入時処理を行う。
【0203】
なお、ステップS34では主内蔵RAMに記憶されているバックアップ情報が正常なものであるか否かを検査し、続いてステップS36では主制御側電源断時処理が正常に終了された否かを検査している。このように、主内蔵RAMに記憶されているバックアップ情報を2重にチェックすることによりバックアップ情報が不正行為により記憶されたものであるか否かを検査している。
【0204】
<3.主制御側タイマ割り込み処理>
次に、主制御側タイマ割り込み処理について説明する。この主制御側タイマ割り込み処理は、図38及び図39に示した主制御側電源投入時処理において設定された割り込み周期(本実施形態では、4ms)ごとに繰り返し行われる。
【0205】
主制御側タイマ割り込み処理が開始されると、主制御基板765の主制御MPU765aは、図40に示すように、タイマ割り込みを禁止に設定してレジスタの切替(退避)を行う(ステップS70)。ここでは、上述した主制御側メイン処理で使用していた汎用記憶素子(汎用レジスタ)から補助レジスタに切り替える。この補助レジスタを主制御側タイマ割り込み処理で使用することにより汎用レジスタの値が上書きされなくなる。これにより、主制御側メイン処理で使用していた汎用レジスタの内容の破壊を防いでいる。
【0206】
ステップS70に続いて、ウォッチドックタイマクリアレジスタWCLに値Bをセットする(ステップS72)。このとき、ウォッチドックタイマクリアレジスタWCLには、主制御側電源投入時処理(主制御側メイン処理)のステップS52においてセットされた値Aに続いて値Bがセットされる。
【0207】
ステップS72に続いて、スイッチ入力処理を行う(ステップS74)。このスイッチ入力処理では、主制御I/Oポート765bの入力端子に入力されている各種信号を読み取り、入力情報として主内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶する。例えば、普通図柄始動口96に入球した遊技球を検出する第1始動口センサ317からの検出信号、特別図柄始動口82に入球した遊技球を検出する第2始動口センサ318からの検出信号、大入賞口141に入球した遊技球を検出する入賞口センサ330からの検出信号、下部側大入賞口83に入球した遊技球を検出するカウントセンサ319からの検出信号、特定ポケット343から流出した遊技球を検出するV入賞センサ331からの検出信号、普通ポケット344から流出した遊技球を検出する排出センサ313からの検出信号、搬入片341の位置が受入位置又は投入位置のいずれに移動しているかを検出する振分装置駆動センサ403からの検出信号や、後述する賞球制御処理で送信した賞球コマンドを払出制御基板775が正常に受信した旨を伝える払出制御基板775からのACK信号、をそれぞれ読み取り、入力情報記憶領域に記憶する。
【0208】
ステップS74に続いて、タイマ減算処理を行う(ステップS76)。このタイマ減算処理では、例えば、後述する特別図柄及び特別電動役物制御処理で決定される変動表示パターンに従って特別図柄表示器332が点灯する時間、後述する普通図柄及び普通電動役物制御処理で決定される普通図柄変動表示パターンに従って特別図柄表示器332が点灯する時間のほか、主制御基板765(主制御MPU765a)が送信した各種コマンドを払出制御基板775が正常に受信した旨を伝えるACK信号が入力されているか否かを判定する際にその判定条件として設定されているACK信号入力判定時間等の時間管理を行う。具体的には、特別図柄の変動表示パターン又は普通図柄の変動表示パターンの変動時間が5秒間であるときには、タイマ割り込み周期が4msに設定されているので、このタイマ減算処理を行うごとに変動時間を4msずつ減算し、その減算結果が値0になることで特別図柄の変動表示パターン又は普通図柄の変動表示パターンの変動時間を正確に計っている。
【0209】
本実施形態では、ACK信号入力判定時間として100msが設定されており、このタイマ減算処理を行うごとにACK信号入力判定時間が4msずつ減算し、その減算結果が値0になることでACK信号入力判定時間を正確に計っている。なお、これらの各種時間及びACK信号入力判定時間は、時間管理情報として主内蔵RAMの時間管理情報記憶領域に記憶される。
【0210】
ステップS76に続いて、当落乱数更新処理を行う(ステップS78)。この当落乱数更新処理では、上述した、普通図柄の当たり判定用乱数及び普通図柄決定用乱数を更新する。またこれらの乱数に加えて、主制御側電源投入時処理(主制御側メイン処理)におけるステップS56の非当落乱数更新処理で更新される、普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数等も更新する。普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数等は、主制御側メイン処理及びこの主制御側タイマ割り込み処理においてそれぞれ更新されることでランダム性をより高めている。一方、普通図柄の当たり判定用乱数及び普通図柄決定用乱数は、当落判定(普通当り判定)にかかわる乱数であるためこの当落乱数更新処理が行われるごとにのみ、それぞれのカウンタがカウントアップする。例えば、普通図柄の当たり判定用乱数を更新するカウンタは、普通図柄の当たり判定用乱数の下限値から上限値までの範囲を、主制御側タイマ割り込み処理が行われるごとにカウントアップする。このカウンタは、普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数から上限値までをカウントアップし、続けて下限値から初期値までをカウントアップする。普通図柄の当たり判定用乱数の下限値から上限値までの範囲をカウンタがカウントアップし終えると、この当落乱数更新処理により普通図柄の当たり判定用初期値決定用乱数は更新される。なお上述した、特別図柄の当たり判定用乱数や当たり判定用初期値決定用乱数もこの当落乱数更新処理により更新される。特別図柄の当たり判定用乱数等は、上述した普通図柄の当たり判定用乱数の更新方法と同一であり、その説明を省略する。
【0211】
ステップS78に続いて、賞球制御処理を行う(ステップS80)。この賞球制御処理では、上述した入力状態記憶領域から入力情報を読み出してこの入力情報に基づいて遊技球を払い出す賞球コマンドを作成したり、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状態を確認するセルフチェックコマンドを作成したりする。そして作成した賞球コマンドやセルフチェックコマンドを払出制御基板775に送信する。例えば、下部側大入賞口83に遊技球が1球、入球すると、賞球として15球を払い出す賞球コマンドを作成して払出制御基板775に送信したり、この賞球コマンドを払出制御基板775が正常に受信した旨を伝えるACK信号が所定時間内に入力されないときには主制御基板65と払出制御基板775との基板間の接続状態を確認するセルフチェックコマンドを作成して払出制御基板775に送信したりする。なお、これらの詳細な説明は後述する。
【0212】
ステップS80に続いて、賞球チェック処理を行う(ステップS82)。この賞球チェック処理では、賞球に関する異常状態を確認する。例えば、大当り遊技状態でないときに下部側大入賞口83に遊技球が入球すると、異常状態として賞球異常報知コマンドを作成し、送信情報として上述した送信情報記憶領域に記憶する。(なお、この異常状態の確認は、入力情報記憶領域から入力情報を読み出してこの入力情報に基づいて行う)。ステップS82に続いて、コマンド受信処理を行う(ステップS84)。払出制御基板775は、その詳細な説明は後述するが、例えば球払出装置170が球がみを起こして遊技球を払い出せない状態等の状態コマンドを送信する。ステップS84のコマンド受信処理では、この状態コマンドを正常に受信すると、その旨を払出制御基板775に伝える情報を、出力情報として主内蔵RAMの出力情報記憶領域に記憶する。また、その詳細な説明は後述するが、正常に受信した状態コマンドを整形して送信情報として上述した送信情報記憶領域に記憶する。
【0213】
ステップS84に続いて、特別図柄及び特別電動役物制御処理を行う(ステップS86)。この特別図柄及び特別電動役物制御処理では、上述した入力情報記憶領域から入力情報を読み出してこの入力情報に基づいて、第2始動口センサ318からの検出信号が入力端子に入力されていたか否かを判定する。この判定結果に基づいて、検出信号が入力端子に入力されていたときには、上述した特別図柄の当たり判定用乱数及び変動パターン決定用乱数等を更新する各種カウンタの値を抽出して始動情報として主内蔵RAM316の処理領域に記憶する。なお、この始動情報記憶領域には、1つのみ始動情報記憶ブロックが設けられており、この始動情報記憶ブロックに始動情報が記憶される。そして、この始動情報が特別図柄の保留に相当しており、本実施形態では特別図柄の最大保留数は「1」である。そして、始動情報記憶ブロックの数を保留球として、特別保留球ランプ322を点灯させるように点灯信号の出力を設定し、出力情報として上述した出力情報記憶領域に記憶する。
【0214】
そして、始動情報記憶ブロックから主内蔵RAM316の処理領域に読み出された始動情報に基づいて、特別図柄の当たり判定用乱数の値を取り出して主内蔵ROMに予め記憶されている特別当たり判定値と一致するか否かを判定(大当たりまたは小当たりであるか否かの判定)して、これらの判定結果により決定された遊技状態が決定する。この決定した遊技状態に、上述した特別図柄の変動パターン決定用乱数に基づいて特別図柄の変動パターン等を決定して遊技演出コマンドを作成し、送信情報として上述した送信情報記憶領域に記憶する。また、発生させる遊技状態に応じて、例えば、大当たり遊技状態となるときには、下部側大入賞口83を開閉動作させるようアタッカ駆動機構339への駆動信号の出力を設定し、出力情報として上述した出力情報記憶領域に記憶する。また、小当たり遊技状態となるときには、大入賞口141を開閉動作させるよう大入賞口開閉機構335への駆動信号の出力を設定し、出力情報として上述した出力情報記憶領域に記憶する。なお、特別図柄及び特別電動役物制御処理の詳細については後述する。
【0215】
ステップS86に続いて、普通図柄及び普通電動役物制御処理を行う(ステップS88)。ここで、普通電動役物制御処理では、普通電動役物81の動作制御が行われる。この普通図柄及び普通電動役物制御処理では、上述した入力情報記憶領域から入力情報を読み出してこの入力情報に基づいて、第1始動口センサ317からの検出信号が入力端子に入力されていたか否かを判定する。この判定結果に基づいて、検出信号が入力端子に入力されていたときには、上述した普通図柄の当たり判定用乱数及び変動パターン決定用乱数等を更新する各種カウンタの値を抽出して始動情報として主内蔵RAMの始動情報記憶領域に記憶する。この始動情報記憶領域には、始動情報記憶ブロック0〜3(4つの始動情報記憶ブロック)が設けられており、各始動情報記憶ブロックに始動情報が時系列で記憶されるようになっている。なお、各始動情報が普通図柄の保留に相当しており、本実施形態では普通図柄の最大保留数は「4」である。そして、始動情報記憶ブロックの数を保留球として、普通保留球ランプ323を点灯させるように点灯信号の出力を設定し、出力情報として上述した出力情報記憶領域に記憶する。
【0216】
そして、始動情報記憶ブロック0から主内蔵RAM316の処理領域に読み出された始動情報に基づいて、普通図柄の当たり判定用乱数の値を取り出して主内蔵ROMに予め記憶されている普通当たり判定値と一致するか否かを判定(普通当たりであるか否かの判定)して、これらの判定結果により決定された遊技状態が決定する。この決定した遊技状態に、上述した普通図柄の変動パターン決定用乱数に基づいて普通図柄の変動パターン等を決定して遊技演出コマンドを作成し、送信情報として上述した送信情報記憶領域に記憶する。また、発生させる遊技状態に応じて、例えば普通当たり遊技状態となるときには、特別図柄始動口82が入球可能な態様(許球態様)に切り替わるように、普通役物駆動機構334への駆動信号の出力を設定し、出力情報として上述した出力情報記憶領域に記憶する。なお、普通図柄及び普通電動役物制御処理の詳細については後述する。
【0217】
ステップS88に続いて、ポート出力処理を行う(ステップS90)。このポート出力処理では、主制御I/Oポート765bの出力端子から、上述した出力情報記憶領域から出力情報を読み出してこの出力情報に基づいて各種信号を出力する。例えば、出力情報に基づいて出力端子から、払出制御基板775からの状態コマンドを正常に受信したときにはACK信号を払出制御基板775に出力したり、大当たり遊技状態であるときには、下部側大入賞口83の開閉動作を行うアタッカ駆動機構339に駆動信号を出力したり、大当たり遊技状態である旨を伝える大当たり信号を外部端子板371に出力したりする。
【0218】
ステップS90に続いて、サブ統合基板コマンド送信処理を行う(ステップS92)。このサブ統合基板コマンド送信処理では、上述した送信情報記憶領域から送信情報を読み出してこの送信情報をサブ統合基板763に送信する。この送信情報には、上述したように、遊技演出コマンド、RAMクリア報知コマンド、テストコマンド、賞球異常報知コマンド及び状態コマンド等がある。この送信情報のほかに、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状態を確認するときにセットされるセルフチェックフラグの値に基づいてその接続状態に不具合が生じているときには接続不具合コマンドを作成してサブ統合基板763に送信する。
【0219】
ステップS92に続いて、ウォッチドックタイマクリアレジスタWCLに値Cをセットする(ステップS94)。このとき、ウォッチドックタイマクリアレジスタWCLには、ステップS72においてセットされた値Bに続いて値Cがセットされる。これにより、ウォッチドックタイマクリアレジスタWCLには、値A、値Bそして値Cが順にセットされ、ウォッチドックタイマがクリア設定される。ステップS94に続いて、レジスタの切替(復帰)を行う(ステップS96)。この復帰は、ステップS70でスタックに積んで退避した内容を読み出してレジスタに書き込むことにより行われる。ステップS96に続いて、割り込み許可の設定を行い(ステップS98)、このルーチンを終了する。
【0220】
<4.賞球コマンド及びセルフチェックコマンド送信処理>
次に、賞球コマンド及びセルフチェックコマンド送信処理について説明する。この賞球コマンド及びセルフチェックコマンド送信処理では、賞球として払い出す遊技球の球数を指示する賞球コマンドや主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状況を確認するセルフチェックコマンドを払出制御基板775に送信する。
【0221】
賞球コマンド及びセルフチェックコマンド送信処理が開始されると、主制御基板765の主制御MPU765aは、図41に示すように、セルフチェックフラグSCHK−FLGが値1であるか否かを判定する(ステップS100)。このセルフチェックフラグSCHK−FLGは、後述するACK信号入力判定処理において、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状態を確認するセルフチェックコマンドを作成して送信するときにセットされるフラグであり、セルフチェックコマンドを送信するとき値1、セルフチェックコマンドを送信しないとき値0にそれぞれ設定されている。なお、セルフチェックフラグSCHK−FLGは初期値として値0、つまりセルフチェックコマンドを送信しない状態に設定されている。
【0222】
ステップS100でセルフチェックフラグSCHK−FLGが値1でない(値0である)とき、つまりセルフチェックコマンドを送信しないときには、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状態に不具合が生じていないとして、賞球コマンド送信処理を行う(ステップS102)。この賞球コマンド送信処理では、例えば、下部側大入賞口83に遊技球が1球、入球すると、賞球として15球を払い出す賞球コマンドを作成して払出制御基板775に送信する。その賞球コマンドを払出制御基板775に送信すると、賞球コマンドを消去するようになっている。つまり作成した賞球コマンドは、一度のみ主制御基板765(主制御MPU765a)から払出制御基板775に送信することでき、送信後、破棄されるようになっている。
【0223】
一方、ステップ100でセルフチェックフラグSCHK−FLGが値1であるとき、つまりセルフチェックコマンドを送信するときには、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状態に不具合が生じているとして、セルフチェックフラグSCHK−FLGに値0をセットし(ステップS104)、セルフチェックコマンド送信処理(ステップS106)を行い、このルーチンを終了する。このセルフチェックコマンド送信処理では、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状態を確認するセルフチェックコマンドを作成して払出制御基板775に送信する。なお、ステップS102の賞球コマンド送信処理及びステップS106のセルフチェックコマンド送信処理を開始すると、上述したACK信号入力判定時間(本実施形態では、100ms)の計時を開始するようになっている。
【0224】
ステップS104でセルフチェックフラグSCHK−FLGの値を値0にセットすることによって(つまりセルフチェックフラグSCHK−FLGKの値を値1から値0にセットしたことによって)、ステップS106で送信したセルフチェックコマンドが、後述するACK信号入力判定処理において払出制御基板775が正常にセルフチェックコマンドを受信した旨のACK信号が入力されると、ステップS102で賞球コマンド送信処理を行う。このとき、賞球コマンド送信処理では、賞球として払い出す遊技球があればその球数の賞球コマンドを作成して払出制御基板775に送信する。一方、ステップS106で送信したセルフチェックコマンドが、後述するACK信号入力判定処理において払出制御基板775が正常にセルフチェックコマンドを受信した旨のACK信号が入力されないと、再びステップS106でセルフチェックコマンドを作成して払出制御基板775に送信し、ACK信号が入力されない限り繰り返しセルフチェックコマンドを払出制御基板775に送信することとなる。
【0225】
このように、主制御基板765(主制御MPU765a)は、賞球コマンドを払出制御基板775に送信して払出制御基板775からのACK信号が入力されないときにはチェックコマンドを払出制御基板775に送信する。これにより、例えば、主制御基板765と払出制御基板775との基板間を電気的に接続するケーブルのコネクタが外れかかっていたり、そのケーブルが断線していたり等の接続不具合を簡単に確認することができる。
【0226】
また、例えば、ACK信号が主制御基板765に入力されないよう払出制御基板775とは別体に不正基板(所謂、ぶら下がり基板)を設け、遊技者がリモコン操作によってその不正基板のプログラムを開始させる不正行為を行っても、主制御基板765(主制御MPU765a)は、ACK信号が入力されないときには賞球コマンドを再送信するのではなくチェックコマンドを払出制御基板775に送信する。これにより、不正基板を用いた不正行為により遊技者が遊技球を不正に獲得することを防止するとともに、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状態を安全に確認することができる。なお、上述した、賞球コマンド及びセルフチェックコマンドの詳細な説明は後述する。
【0227】
<5.ACK信号入力判定処理>
次に、ACK信号入力判定処理について説明する。このACK信号入力判定処理では、払出制御基板775が正常に賞球コマンドやセルフチェックコマンドを受信したか否かを判定する。
【0228】
ACK信号入力判定処理が開始されると、主制御基板765の主制御MPU765aは、図42に示すように、ACK信号入力判定時間が経過したか否かを判定する(ステップS110)。この判定は、図40に示した主制御側タイマ割り込み処理におけるステップS76のタイマ減算処理で減算したACK信号入力判定時間に基づいて行う。具体的には、そのACK信号入力判定時間は、時間管理情報として主内蔵RAMの時間管理情報記憶領域に記憶されている。ステップS110では、この時間管理情報記憶領域から時間管理情報を読み出してACK信号入力判定時間が経過したか否かを判定する。
【0229】
ステップS110でACK信号入力判定時間が経過していないときには、ACK信号が入力されているか否かを判定する(ステップS112)。この判定は、図40に示した主制御側タイマ割り込み処理におけるステップS74のスイッチ入力処理で払出制御基板775からのACK信号に基づいて行う。具体的には、そのACK信号は入力情報として主内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶されている。ステップS112では、この入力情報記憶領域から入力情報を読み出してACK信号が入力されているか否かの判定を行う。
【0230】
ステップS112でACK信号が入力されているときにはセルフチェックフラグSCHK−FLGに値0をセットし(ステップS114)、このルーチンを終了する。一方、ステップS112でACK信号が入力されていないときにはそのままこのルーチンを終了する。セルフチェックフラグSCHK−FLGは、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状態を確認するセルフチェックコマンドを送信するとき値1、セルフチェックコマンドを送信しないとき値0にそれぞれ設定されている。ACK信号が入力されているときには、ステップS114でセルフチェックフラグSCHK−FLGに値0、つまりセルフチェックコマンドを送信しない状態にすることで、例えば、主制御基板765がノイズの影響を受けてもセルフチェックフラグSCHK−FLGの値が変化しないようにしている。
【0231】
一方、ステップS110でACK信号入力判定時間が経過しているときは、セルフチェックフラグSCHK−FLGKに値1、つまりセルフチェックコマンドを送信する状態に設定し(ステップS116)、このルーチンを終了する。ステップS116でセルフチェックフラグSCHK−FLGKに値1をセットすることで、図41に示した賞球コマンド及びセルフチェックコマンド送信処理におけるステップS106でセルフチェックコマンド送信処理を行い、セルフチェックコマンドを作成して払出制御基板775に送信する。
【0232】
<6.普通図柄及び普通電動役物制御処理>
次に、普通図柄及び普通電動役物制御処理(第1遊技処理)の詳細について説明する。図43は第1遊技処理の一例を示すフローチャートであり、図44は第1始動検出処理の一例を示すフローチャートであり、図45は第1抽選・変動開始処理の一例を示すフローチャートであり、図46は第1抽選変動表示パターン設定処理の一例を示すフローチャートであり、図47は第1変動中処理の一例を示すフローチャートであり、図48は第1当たり役物作動処理の一例を示すフローチャートであり、図49は没入位置センサからの検出信号が有効又は無効となるタイムチャートである。
【0233】
図40に示した主制御側タイマ割り込み処理におけるステップS88の普通図柄及び普通電動役物制御処理を、以下では「第1遊技処理」として説明する。主制御MPU765aは、図43に示すように、「第1遊技処理」として、第1始動検出処理(ステップS8800)、第1抽選・変動開始処理(ステップS8802)、第1抽選変動表示パターン設定処理(ステップS8804)、第1変動中処理(ステップS8806)、および、第1当たり役物作動処理(ステップS8808)を順に行う。以下、各処理の詳細について説明する。
【0234】
まず、図44に示すように、主制御MPU765aは、第1始動検出処理が開始されると、第1始動検出フラグがONであるか否かを判別する(ステップS8810)。なお、第1始動検出フラグは、普通図柄始動口96に遊技球が入球したことが第1始動口センサ317により検出されると、スイッチ入力処理(ステップS74)によりONにセットされる。そして、第1始動検出フラグがONであれば(ステップS8810におけるYES)、さらに第1保留手段603による普図保留球数カウントが4より小さいか否かを判別する(ステップS8812)。普図保留球数カウントが4より小さければ(ステップS8812におけるYES)、普通図柄当たり判定用乱数抽出手段601が抽出した乱数を第1保留手段603に保留する第1始動記憶格納処理を実行する(ステップS8814)。具体的には、この第1始動記憶格納処理では、普通図柄の当たり判定用乱数及び変動パターン決定用乱数等が始動情報として主内蔵RAMの普図保留についての始動情報記憶領域に記憶される。なお、第1始動記憶格納処理(ステップS8814)の実行後は、第1始動検出処理を終了する。また、第1始動検出フラグがOFFである場合(ステップS8810におけるNO)や、普図保留球数カウントが4以上である場合(ステップS8812におけるNO)も、第1始動検出処理を終了する。
【0235】
次に、図45に示すように、主制御MPU765aは、第1抽選・変動開始処理が開始されると、第1ジョブフラグが「0」であるか否かを判別する(ステップS8820)。第1ジョブフラグは、普通図柄に関する処理段階を指示するためのフラグである。ここで、普通図柄の図柄変動が行われていない場合(例えば、演出表示装置115においてデモ画面が表示されている状態)には、第1ジョブフラグが「0」にセットされている。そして、第1ジョブフラグが「0」でなければ(ステップS8820におけるNO)、普通図柄に関する他の処理(例えば、普通図柄の図柄変動中)が実行されているから、第1抽選・変動開始処理を終了する。
【0236】
第1ジョブフラグが「0」であれば(ステップS8820におけるYES)、さらに第1保留手段603に第1始動記憶があるか否かを判別する(ステップS8822)。第1始動記憶がある場合には(ステップS8822におけるYES)、第1始動記憶移行処理を実行する(ステップS8824)。具体的には、この第1始動記憶移行処理では、普図保留の始動情報記憶ブロック0に記憶された始動情報が読み出されて、所定の処理領域に記憶される。その後、始動情報記憶ブロック1の始動情報が始動情報記憶ブロック0に、始動情報記憶ブロック2の始動情報が始動情報記憶ブロック1に、始動情報記憶ブロック3の始動情報が始動情報記憶ブロック2に、始動情報記憶ブロック4の始動情報が始動情報記憶ブロック3に、それぞれシフトされる。なお、ステップS8822において第1始動記憶が0であれば(ステップS8822におけるNO)、第1抽選・変動開始処理を終了する。
【0237】
ステップS8824において第1始動記憶移行処理を行ったのち、所定の処理領域に記憶されている始動情報の当たり判定乱数が第1当たり値であるか否かを判別する(ステップS8826)。このとき、第1当たり値であれば(ステップS8826におけるYES)、第1抽選第1当たりフラグをONにする(ステップS8828)。第1抽選第1当たりフラグは、長当たりに当選した場合にセットされるフラグである。第1当たり値でなければ(ステップS8826におけるNO)、所定の処理領域に記憶されている始動情報の当たり判定乱数が第2当たり値であるか否かを判別する(ステップS8830)。このとき、第2当たり値であれば(ステップS8830におけるYES)、第1抽選第2当たりフラグをONにする(ステップS8832)。第1抽選第2当たりフラグは、短当たりに当選した場合にセットされるフラグである。なお、第1当たり値および第2当たり値のいずれでもなければ(ステップS8830におけるNO)、第1抽選第1当たりフラグおよび第1抽選第2当たりフラグのいずれもONにされない(OFFのままである)。その後、先述の第1ジョブフラグに「1」をセットして(ステップS8834)、第1抽選・変動開始処理を終了する。
【0238】
なお、本実施形態では、普通図柄の当たり判定用乱数の値は107種類だけ用意されている。そして、これらの当たり判定用乱数のうちで、53種類の乱数値が当たりに当選したことを示す当たり判定値(つまり、第1当たり値および第2当たり値)と一致し、54種類の乱数値が外れ(落選)であることを示す当たり判定値と一致する。さらに、これらの当たりに当選したことを示す当たり判定値のうちで、2種類の乱数値が長当たりに当選したことを示す当たり判定値(つまり、第1当たり値)と一致し、種類の乱数値が短当たりに当選したことを示す当たり判定値(つまり、第2当たり値)と一致する。つまり、本実施形態では、長当たりに当選する確率よりも、短当たりに当選する確率の方が格段に高く設定されている。
【0239】
次に、図46に示すように、主制御MPU765aは、第1抽選変動表示パターン設定処理が開始されると、第1ジョブフラグが「1」であるか否かを判別する(ステップS8840)。第1ジョブフラグが「1」でなければ(ステップS8840におけるNO)、第1抽選変動表示パターン設定処理を終了する。
【0240】
第1ジョブフラグが「1」であれば(ステップS8840におけるYES)、さらに先述の第1抽選第1当たりフラグがONであるか否かを判別する(ステップS8842)。このとき、第1抽選第1当たりフラグがONであれば(ステップS8842におけるYES)、第1抽選第1当たり時変動表示パターン設定処理を実行する(ステップS8844)。この第1抽選第1当たり時変動表示パターン設定処理は、長当たりの抽選結果に対応する変動表示パターンを設定する処理である。
【0241】
第1抽選第1当たりフラグがONでなければ(ステップS8842におけるNO)、先述の第1抽選第2当たりフラグがONであるか否かを判別する(ステップS8846)。このとき、第1抽選第2当たりフラグがONであれば(ステップS8846におけるYES)、第1抽選第2当たり時変動表示パターン設定処理を実行する(ステップS8848)。この第1抽選第2当たり時変動表示パターン設定処理は、短当たりの抽選結果に対応する変動表示パターンを設定する処理である。
【0242】
一方、第1抽選第2当たりフラグがONでなければ(ステップS8846におけるNO)、第1抽選第1当たりフラグおよび第1抽選第2当たりフラグのいずれもがOFFであるため、第1抽選外れ時変動表示パターン設定処理を実行する(ステップS8850)。この第1抽選外れ時変動表示パターン設定処理は、はずれの抽選結果に対応する変動表示パターンを設定する処理である。
【0243】
その後、第1抽選第1当たり時変動表示パターン設定処理、第1抽選第2当たり時変動表示パターン設定処理および第1抽選外れ時変動表示パターン設定処理のいずれかで設定された変動パターンに応じた変動時間をタイマにセットし(ステップS8852)、普図LED作動フラグをONにセットする(ステップS8854)。この普図LED作動フラグがONにセットされると、普通図柄表示器333(LED84)での図柄変動が開始される。その後、先述の第1ジョブフラグに「2」をセットし(ステップS8856)、第1抽選変動表示パターン設定処理を終了する。
【0244】
なお、この第1抽選変動表示パターン設定処理で設定された変動パターンは、図40に示したサブ統合基板コマンド送信処理(ステップS92)によってサブ統合基板763に送信される。
【0245】
次に、図47に示すように、主制御MPU765aは、第1変動中処理が開始されると、第1ジョブフラグが「2」であるか否かを判別する(ステップS8860)。第1ジョブフラグが「2」でなければ(ステップS8860におけるNO)、第1変動中処理を終了する。一方、第1ジョブフラグが「2」であれば(ステップS8860におけるYES)、さらにステップS8852でタイマにセットされた変動時間がタイムアップしたか否かを判別する(ステップS8862)。タイマにセットされた変動時間がタイムアップしていなければ(ステップS8862におけるNO)、第1変動中処理を終了する。
【0246】
タイマにセットされた変動時間がタイムアップしていれば(ステップS8862におけるYES)、普図LED作動フラグをOFFにセットする(ステップS8864)。この普図LED作動フラグがOFFにセットされると、普通図柄表示器333(LED84)での図柄変動が終了する。そして、サブ統合基板763により実行される普通図柄の図柄変動を停止して、演出表示装置115に抽選結果を確定表示する確定停止コマンドをセットする(ステップS8866)。なお、この確定停止コマンドは、図40に示したサブ統合基板コマンド送信処理(ステップS92)によってサブ統合基板763に送信される。
【0247】
そして、第1抽選第1当たりフラグまたは第1抽選第2当たりフラグがONであるか否かを判断する(ステップS8868)。第1抽選第1当たりフラグまたは第1抽選第2当たりフラグがONであれば(ステップS8868におけるYES)、先述の第1ジョブフラグに「3」をセットして(ステップS8870)、第1変動中処理が終了する。一方、第1抽選第1当たりフラグおよび第1抽選第2当たりフラグのいずれもがONでなければ(ステップS8868におけるNO)、先述の第1ジョブフラグに「0」をセットして(ステップS8872)、第1変動中処理が終了する。
【0248】
次に、図48に示すように、主制御MPU765aは、第1当たり役物作動処理が開始されると、第1ジョブフラグが「3」であるか否かを判別する(ステップS8880)。第1ジョブフラグが「3」でなければ(ステップS8880におけるNO)、第1当たり役物作動処理を終了する。
【0249】
第1ジョブフラグが「3」であれば(ステップS8880におけるYES)、さらに先述の第1抽選第1当たりフラグがONであるか否かを判別する(ステップS8882)。このとき、第1抽選第1当たりフラグがONであれば(ステップS8882におけるYES)、普通電動役物81の動作時間(特別図柄始動口82の開放時間)として、長開放用時間(例えば「5700ms」)をタイマにセットする(ステップS8884)。
【0250】
そして、サブ統合基板763により実行される長当たりに対応する演出パターンを指示するコマンドである第1当たり電役開放演出パターンコマンドを送信する(ステップS8886)。
【0251】
一方、第1抽選第1当たりフラグがONでなければ(ステップS8882におけるNO)、第1抽選第2当たりフラグがONであることを意味する。そこで、有利遊技(時短遊技)中であるか否かを判別し(ステップS8888)、有利遊技中であれば(ステップS8888におけるYES)、短当たりであるにも拘らず、普通電動役物81の動作時間(特別図柄始動口82の開放時間)として、長開放用時間(例えば「5700ms」)をタイマにセットし(ステップS8884)、上記と同様に第1当たり電役開放演出パターンコマンドを送信する(ステップS8886)。
【0252】
一方、有利遊技中でなければ(ステップS8888におけるNO)、普通電動役物81の動作時間(特別図柄始動口82の開放時間)として、短開放用時間(例えば「108ms」)をタイマにセットする(ステップS8890)。なお、有利遊技中でない状態で短当たりに当選した場合には、ステップS8886のような第1当たり電役開放演出パターンコマンドの送信は行われない。つまり、短当たりに当選しても、演出表示装置115では短当たりに当選したことは演出表示されずに、普通電動役物81の動作により特別図柄始動口82が短期間だけ開放されることになる。
【0253】
その後、普通役物駆動機構334により普通電動役物81を動作させて、特別図柄始動口82の開放動作を行う電役開放制御を行う(ステップS8892)。そして、タイマがセットされた所定時間(長開放用時間または短開放用時間)経過したか否かを判定する(ステップS8894)。タイマが所定時間経過していれば(ステップS8894のおけるYES)、普通役物駆動機構334により普通電動役物81を停止させて、特別図柄始動口82の閉鎖動作を行う電役閉鎖制御を行い(ステップS8896)、その後、先述の第1ジョブフラグに「0」をセットし(ステップS8898)、第1当たり役物作動処理を終了する。なお、タイマが所定時間経過していなければ(ステップS8894のおけるNO)、ステップS8894に戻り、タイマが所定時間経過するまで電役開放制御を実行する。
【0254】
なお、図48に示す第1当たり役物作動処理は、実際には主制御基板765における処理とサブ統合基板763における処理とが、各基板におけるタイマ割り込みに従って独立して実行される。しかし、本実施形態では、説明の便宜と理解の容易のため、主制御基板765における処理とサブ統合基板763における処理とを、一連の処理として連続したシーケンシャル処理として説明している。
【0255】
次に、図49に示すように、特別始動口ユニット530のソレノイド548がOFFからONすると、特別始動口ユニット530の受止誘導部材535が前進して没入位置から突出位置に移動する(タイミングs0)。このタイミングs0では、特別始動口ユニット530の第2始動口センサ318(遊技球検出手段553)からの検出信号が有効となるとともに、特別始動口ユニット530の没入位置センサ556からの検出信号も有効となる。そして、上述したように、ソレノイド548がOFFからONして最大で5700ms経過したのちソレノイド548がONからOFFし、受止誘導部材535が後退して突出位置から没入位置に移動する(タイミングs1)。このタイミングs1から最大で500ms経過するタイミングs2までの期間では没入位置センサ556からの検出信号の有無が判別される。またタイミングs1から4000ms経過したのち第2始動口センサ318からの検出信号が無効となる。(タイミングs3)。
【0256】
ここで、タイミングs1からタイミングs2までの500msの期間において、没入位置センサ556からの検出信号の有無が判別されているが、これは、タイミングs1では、ソレノイド548がONからOFFし、受止誘導部材535が後退して突出位置から没入位置に移動するために500msの期間では受止誘導部材535が正常に突出位置から没入位置に移動できたか否かを判別している。これにより、タイミングs1からタイミングs2までの500ms期間以外において、例えば受止誘導部材535の突起536を針金等によって引っかけて受止誘導部材535の位置を突出位置にある状態に維持して不正に遊技球を入球させる不正行為が行われると、没入位置センサ556からの検出信号によりその不正行為を検出することができる。
【0257】
また、タイミングs1からタイミングs3までの4000msの期間において、第2始動口センサ318からの検出信号が継続して有効化されているが、これは、タイミングs1では、ソレノイド548がONからOFFし、受止誘導部材535が後退して突出位置から没入位置に移動する際に、受止誘導部材535で受け止めた遊技球を入賞と判別するために第2始動口センサ318からの検出信号が有効化される(具体的には、上述した、主内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶された入力情報のうち、第2始動口センサ318からの検出信号が有効化される)。これにより、タイミングs0からタイミングs3までの最大で9700msの期間(=タイミングs0からタイミングs1までの期間MAX5700ms + タイミングs1からタイミングs3までの4000ms期間)以外において、第2始動口センサ318からの検出信号からの検出信号を無効化することによって、例えば上述した不正行為が行われても、そのような不正な遊技球による入賞が無効化される(具体的には、主内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶された入力情報のうち、第2始動口センサ318からの検出信号が無効化される)。
【0258】
このように、タイミングs1からタイミングs2までの500ms期間以外において第2始動口センサ318からの検出信号によって不正行為が検知され、タイミングs0からタイミングs3までの最大で9700msの期間以外において第2始動口センサ318からの検出信号によって不正な遊技球による入賞が無効化される。
【0259】
また、タイミングs1からタイミングs3までの4000msの期間において、第2始動口センサ318からの検出信号は継続して有効化されているため、この期間に、上述した不正行為によって受入誘導部材535を針金等で引っかけて維持すれば、次々と入賞させた遊技球を有効と判断させることができるが、少なくともタイミングs2〜タイミングs3までの3500msの期間(=タイミングs1からタイミングs3までの4000ms期間 − タイミングs1からタイミングs2までのMAX500ms期間)では、受入誘導部材535が没入位置に本来位置していなければならないタイミングs1からタイミングs2までのMAX500ms期間を超えて没入位置センサ556からの検出信号があれば、不正行為が行われていることを検知することができる。
したがって、不正行為による遊技の進行を防止することができる。
【0260】
<7.特別図柄及び特別電動役物制御処理>
次に、特別図柄及び特別電動役物制御処理(第2遊技処理)の詳細について説明する。図50は第2遊技処理の一例を示すフローチャートであり、図51は第2始動検出処理の一例を示すフローチャートであり、図52は第2抽選・変動開始処理の一例を示すフローチャートであり、図53は第2抽選変動表示パターン設定処理の一例を示すフローチャートであり、図54は第2変動表示パターン設定処理において選択される変動パターンの一例を示す一覧表であり、図55は第2変動中処理の一例を示すフローチャートであり、図56は第2小当たり役物作動処理の一例を示すフローチャートであり、図57は特別図柄、大入賞口、大入賞口に遊技球が入賞したことを検知する入賞口センサの検知タイマ、ソレノイドおよび回転式振分装置の動作原理を示すタイムチャートであり、図58は振分装置駆動センサからの検出信号が有効又は無効となるタイムチャートであり、図59は第2大当たりオープニング処理の一例を示すフローチャートであり、図60は特別電動役物大当たり制御処理の一例を示すフローチャートである。
【0261】
図40に示した主制御側タイマ割り込み処理におけるステップS86の特別図柄及び特別電動役物制御処理を、以下では「第2遊技処理」として説明する。主制御MPU765aは、図50に示すように、「第2遊技処理」として、第2始動検出処理(ステップS8600)、第2抽選・変動開始処理(ステップS8602)、第2抽選変動表示パターン設定処理(ステップS8604)、第2変動中処理(ステップS8606)、第2小当たり役物作動処理(ステップS8608)、第2大当たりオープニング処理(ステップS8610)、および、特別電動役物大当たり制御処理(ステップS8612)を順に行う。以下、各処理の詳細について説明する。
【0262】
まず、図51に示すように、主制御MPU765aは、第2始動検出処理が開始されると、第2始動検出フラグがONであるか否かを判別する(ステップS8620)。なお、第2始動検出フラグは、特別図柄始動口82に遊技球が入球したことが第2始動口センサ318により検出されると、スイッチ入力処理(ステップS74)によりONにセットされる。第2始動検出フラグがONであれば(ステップS8620におけるYES)、特別図柄始動口82への入賞が不正になされたものでないかを確認する不正入賞確認処理を実行する(ステップS8622)。例えば、この不正入賞確認処理では、特別図柄始動口82の本来の開放タイミングでないタイミングで、普通電動役物81による特別図柄始動口82の開放動作が行われたり第2始動口センサ318によって遊技球が検出されたりした場合は、警告(アラート)を発する等の処理が行われる。そして、第2保留手段613による特図保留球数カウントが1より小さいか否かを判別する(ステップS8624)。特図保留球数カウントが1より小さければ(ステップS8624におけるYES)、特別図柄当たり判定用乱数抽出手段611が抽出した乱数を第2保留手段613に保留する第2始動記憶格納処理を実行する(ステップS8626)。具体的には、この第2始動記憶格納処理では、特別図柄の当たり判定用乱数及び変動パターン決定用乱数等が始動情報として主内蔵RAMの特図保留についての始動情報記憶領域に記憶される。なお、第2始動記憶格納処理(ステップS8626)の実行後は、第2始動検出処理を終了する。また、第2始動検出フラグがOFFである場合(ステップS8620におけるNO)や、特図保留球数カウントが1以上である場合(ステップS8624におけるNO)も、第2始動検出処理を終了する。
【0263】
次に、図52に示すように、主制御MPU765aは、第2抽選・変動開始処理が開始されると、第2ジョブフラグが「0」であるか否かを判別する(ステップS8630)。第2ジョブフラグは、特別図柄に関する処理段階を指示するためのフラグである。ここで、特別図柄の図柄変動が行われていない場合(例えば、演出表示装置115においてデモ画面が表示されている状態)には、第2ジョブフラグが「0」にセットされている。そして、第2ジョブフラグが「0」でなければ(ステップS8630におけるNO)、特別図柄に関する他の処理(例えば、特別図柄の図柄変動中)が実行されているから、第2抽選・変動開始処理を終了する。
【0264】
第2ジョブフラグが「0」であれば(ステップS8630におけるYES)、さらに第2保留手段613に第2始動記憶があるか否かを判別する(ステップS8632)。第2始動記憶がある場合には(ステップS8632におけるYES)、第2始動記憶移行処理を実行する(ステップS8634)。具体的には、この第2始動記憶移行処理では、特図保留の始動情報記憶ブロックに記憶された始動情報が読み出されて、所定の処理領域に記憶される。なお、ステップS8632において第2始動記憶が0であれば(ステップS8632におけるNO)、第2抽選・変動開始処理を終了する。
【0265】
ステップS8634において第2始動記憶移行処理を行ったのち、所定の処理領域に記憶されている始動情報の当たり判定乱数が大当たり値であるか否かを判別する(ステップS8636)。このとき、大当たり値であれば(ステップS8636におけるYES)、第2大当たりフラグをONにする(ステップS8638)。第2大当たりフラグは、大当たりに当選した場合にセットされるフラグである。一方、大当たり値でなければ(ステップS8636におけるNO)、当該当たり判定乱数が小当たり値であるか否かを判別する(ステップS8640)。このとき、小当たり値であれば(ステップS8640におけるYES)、第2小当たりフラグをONにする(ステップS8642)。第2小当たりフラグは、小当たりに当選した場合にセットされるフラグである。なお、大当たり値および小当たり値のいずれでもなければ(ステップS8640におけるNO)、第2大当たりフラグおよび第2小当たりフラグのいずれもONにされない(OFFのままである)。その後、先述の第2ジョブフラグに「1」をセットして(ステップS8644)、第2抽選・変動開始処理を終了する。
【0266】
なお、本実施形態では、特別図柄の当たり判定用乱数の値は337種類だけ用意されている。そして、これらの当たり判定用乱数のうちで、2種類の乱数値が大当たりに当選したことを示す当たり判定値(つまり、大当たり値)と一致し、333種類の乱数値が小当たりに当選したことを示す当たり判定値(つまり、小当たり値)と一致し、2種類の乱数値が外れ(落選)であることを示す当たり判定値と一致する。つまり、本実施形態では、大当たりに当選する確率よりも、小当たりに当選する確率の方が格段に高く設定されている。ただし、外れの乱数値は必ずしも用意されている必要はない。
【0267】
このように、本実施形態のパチンコ機1は、特別図柄当否判定手段612による抽選処理の結果が大当たりであるとき、および、特別図柄当否判定手段612による抽選処理の結果が小当たりであって且つ回転式振分装置294の特定ポケット343に遊技球が入球したときに、特別遊技が発生する。
【0268】
次に、図53に示すように、主制御MPU765aは、第2抽選変動表示パターン設定処理が開始されると、第2ジョブフラグが「1」であるか否かを判別する(ステップS8650)。第2ジョブフラグが「1」でなければ(ステップS8650におけるNO)、第2抽選変動表示パターン設定処理を終了する。
【0269】
第2ジョブフラグが「1」であれば(ステップS8650におけるYES)、さらに先述の第2大当たりフラグがONであるか否かを判別する(ステップS8652)。このとき、第2大当たりフラグがONであれば(ステップS8652におけるYES)、大当たりの抽選結果に対応する変動パターンである第2抽選大当たり時変動表示用パターンを選択する(ステップS8654)。具体的には、後述する変動パターンの一覧表のテーブル7〜9のなかからいずれか一つのテーブルに選択決定される。なお、ステップS8654では、特別図柄表示器332(LED87)の停止(点灯)態様も決定される。
【0270】
第2大当たりフラグがONでなければ(ステップS8652におけるNO)、さらに先述の第2小当たりフラグがONであるか否かを判別する(ステップS8656)。このとき、第2小当たりフラグがONであれば(ステップS8656におけるYES)、小当たりの抽選結果に対応する変動パターンである第2抽選小当たり時変動表示用パターンを選択する(ステップS8658)。具体的には、後述する変動パターンの一覧表のテーブル4〜6のなかからいずれか一つのテーブルに選択決定される。なお、ステップS8656では、特別図柄表示器332(LED87)の停止(点灯)態様も決定される。
【0271】
一方、第2小当たりフラグがONでなければ(ステップS8856におけるNO)、第2大当たりフラグおよび第2小当たりフラグのいずれもがOFFであるため、外れの抽選結果に対応する変動パターンである第2抽選外れ時変動表示用パターンを選択する(ステップS8660)。具体的には、後述する変動パターンの一覧表のテーブル1〜43のなかからいずれか一つのテーブルに選択決定される。なお、ステップS8660では、特別図柄表示器332(LED87)の停止(点灯)態様も決定される。
【0272】
その後、第2抽選大当たり時変動表示用パターン、第2抽選小当たり時変動表示用パターンおよび第2抽選外れ時変動表示用パターンのうち、いずれか設定された変動パターンを当落情報コマンド(つまり、大当たり、小当たりおよび外れのいずれかを示すコマンド)とともにセットする(ステップS8662)。さらに、第2抽選大当たり時変動表示用パターン、第2抽選小当たり時変動表示用パターンおよび第2抽選外れ時変動表示用パターンのうち、いずれか設定された変動パターンに応じた変動時間をタイマにセットし(ステップS8664)、特図LED作動フラグをONにセットする(ステップS8666)。この特図LED作動フラグがONにセットされると、特別図柄表示器332(LED87)での図柄変動が開始される。その後、先述の第2ジョブフラグに「2」をセットし(ステップS8668)、第2抽選変動表示パターン設定処理を終了する。
【0273】
ところで、この第2抽選変動表示パターン設定処理で設定された変動パターンは、図40に示したサブ統合基板コマンド送信処理(ステップS92)によってサブ統合基板763に送信される。
【0274】
ここで、変動パターンの一覧表について、図54に基づき説明する。
【0275】
第2大当たりフラグがONであるとき、テーブル7およびテーブル8が、それぞれ、30%の比率で選択決定され、テーブル9が40%の比率で選択決定される。テーブル7が選択決定されると楽曲Aが出力され、テーブル8が選択決定されると楽曲Bが出力され、テーブル9が選択決定されると楽曲Cが出力される。テーブル7、テーブル8およびテーブル9では、いずれのテーブルにおいても、『「前奏」で一旦停止後大当たり表示』および『歌いきった後大当たり表示』のいずれかの表示パターンに選択決定される。ただし、これらの表示パターンは、いずれも5パターンの表示パターンが記憶されている。換言すれば、5パターンの『「前奏」で一旦停止後大当たり表示』および5パターンの『歌いきった後大当たり表示』の合計10パターンの表示パターンのなかから、いずれかの表示パターンに選択決定される。
【0276】
第2大当たりフラグおよび第2小当たりフラグのいずれもがOFFであるとき、テーブル1およびテーブル2が、それぞれ、40%の比率で選択決定され、テーブル3が20%の比率で選択決定される。テーブル1が選択決定されると楽曲Aが出力され、テーブル2が選択決定されると楽曲Bが出力され、テーブル3が選択決定されると楽曲Cが出力される。テーブル1、テーブル2およびテーブル3では、いずれのテーブルにおいても、5パターンの『「前奏」で停止』の表示パターンのなかから、いずれかの表示パターンに選択決定される。
【0277】
第2小当たりフラグがONであるとき、テーブル4およびテーブル5が、それぞれ、40%の比率で選択決定され、テーブル6が20%の比率で選択決定される。テーブル4が選択決定されると楽曲Aが出力され、テーブル5が選択決定されると楽曲Bが出力され、テーブル6が選択決定されると楽曲Cが出力される。
【0278】
テーブル4、テーブル5およびテーブル6では、いずれのテーブルにおいても、『「第1フレーズ」で停止』、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』が、それぞれ、50%、30%および20%の比率で、いずれかの表示パターンに選択決定される。ここで、各楽曲は、第1フレーズ、第2フレーズ、第3フレーズの順で進んでいく。つまり、『「第2フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定されると、第1フレーズを経たのちに第2フレーズに至って特別図柄の変動を停止し、『「第3フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定されると、第1フレーズおよび第2フレーズを経たのちに第3フレーズに至って特別図柄の変動を停止する。逆に『「第1フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定された場合には、第2フレーズおよび第3フレーズに至ることなく第1フレーズで特別図柄の変動を停止する。また、『「第2フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定された場合には、第1フレーズを経るものの第3フレーズに至ることなく第2フレーズで特別図柄の変動を停止する。従って、『「第1フレーズ」で停止』、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』のなかで、特別図柄の変動時間が最も短いのは『「第1フレーズ」で停止』の表示パターンであり、特別図柄の変動時間が最も長いのは『「第3フレーズ」で停止』の表示パターンである。
【0279】
このように、『「第1フレーズ」で停止』、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』を、それぞれ、50%、30%および20%の比率で、いずれかの表示パターンに選択決定するようにしたのは、小当たり時における特別図柄の変動時間が極力短くなるように配慮したものである。つまり、小当たりの都度長時間に亘って特別図柄の変動表示を行うと遊技機の回転効率(単位時間当たりの変動回数)が低下するため、『「第1フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定される比率を最も高くし、『「第3フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定される比率を最も低くしたものである。また、『「第1フレーズ」で停止』、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』のいずれかに選択決定される比率は、それぞれ、50%、30%および20%に限られるものではなく、例えば、50%、33%および17%であってもよい。ただし、『「第1フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定される比率と、『「第3フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定される比率と、の差が顕著であると、第1フレーズより先のステップに進む割合が低くなり、遊技者の遊技意欲を却って減退させてしまうこととなる。従って、『「第1フレーズ」で停止』、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』のいずれかに選択決定される比率は、『「第1フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定される比率が最も高く且つ『「第3フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定される比率が最も低いものであると共に、その差は10〜30%程度であることが好ましい。
【0280】
また、『「第1フレーズ」で停止』、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』の各表示パターンは、いずれも10パターンの表示パターンが記憶されている。換言すれば、10パターンの『「第1フレーズ」で停止』、10パターンの『「第2フレーズ」で停止』および10パターンの『「第3フレーズ」で停止』の合計30パターンの表示パターンのなかから、いずれかの表示パターンに選択決定される。
【0281】
テーブル4、テーブル5およびテーブル6において、10パターンの『「第1フレーズ」で停止』は、それぞれ、特別図柄の変動時間が異なっている。同様に、10パターンの『「第2フレーズ」で停止』および10パターンの『「第3フレーズ」で停止』についても、それぞれ、特別図柄の変動時間が異なっている。なお、この特別図柄の変動時間が異なるそれぞれ10パターンの表示パターンは、回転式振分装置294に形成されている特定ポケット343への理論上の入球確率の逆数と一致している。そして、10パターンの表示パターンのうちいずれか一つの表示パターンが特定ポケット343に対応している。つまり、10パターンの表示パターンのうち、特別図柄の変動時間が最も少ない表示パターンと特別図柄の変動時間が最も多い表示パターンとの時間差分の間に、いずれか一の特定ポケット343から回転式振分装置294の回転方向における次の特定ポケット343の1個前の普通ポケット344まで回転式振分装置294が回転することになる。換言すれば、回転式振分装置294の回転によって、いずれか一の特定ポケット343が流入口347を通過してから次の特定ポケット343の1個前の普通ポケット344が流入口347を通過するまでの時間が、特別図柄の変動時間が最も少ない表示パターンと特別図柄の変動時間が最も多い表示パターンとの差分の時間に相当する。本実施形態では、各特定ポケット343の間の位相差が120°なので、特別図柄の変動時間が最も少ない表示パターンと特別図柄の変動時間が最も多い表示パターンとの差分の時間の間に、回転式振分装置294が120°回転することとなる。
【0282】
より詳しくは、テーブル4において、『「第1フレーズ」で停止』の表示パターンは、特別図柄の変動時間が10000ms、10400ms、10800ms、11200ms、11600ms、12000ms、12400ms、12800ms、13200msおよび13600msの10パターンである。また、『「第2フレーズ」で停止』の表示パターンは、特別図柄の変動時間が16000ms、16400ms、16800ms、17200ms、17600ms、18000ms、18400ms、18800ms、19200msおよび19600msの10パターンである。そして、『「第3フレーズ」で停止』の表示パターンは、特別図柄の変動時間が22000ms、22400ms、22800ms、23200ms、23600ms、24000ms、24400ms、24800ms、25200msおよび25600msの10パターンである。
【0283】
また、テーブル5において、『「第1フレーズ」で停止』の表示パターンは、特別図柄の変動時間が10500ms、10900ms、11300ms、11700ms、12100ms、12500ms、12900ms、13300ms、13700msおよび14100msの10パターンである。また、『「第2フレーズ」で停止』の表示パターンは、特別図柄の変動時間が16500ms、16900ms、17300ms、17700ms、18100ms、18500ms、18900ms、19300ms、19700msおよび20100msの10パターンである。そして、『「第3フレーズ」で停止』の表示パターンは、特別図柄の変動時間が22500ms、22900ms、23300ms、23700ms、24100ms、24500ms、24900ms、25300ms、25700msおよび26100msの10パターンである。
【0284】
さらに、テーブル6において、『「第1フレーズ」で停止』の表示パターンは、特別図柄の変動時間が11000ms、11400ms、11800ms、12200ms、12600ms、13000ms、13400ms、13800ms、14200msおよび14600msの10パターンである。また、『「第2フレーズ」で停止』の表示パターンは、特別図柄の変動時間が17000ms、17400ms、17800ms、18200ms、18600ms、19000ms、19400ms、19800ms、20200msおよび20600msの10パターンである。そして、『「第3フレーズ」で停止』の表示パターンは、特別図柄の変動時間が23000ms、23400ms、23800ms、24200ms、24600ms、25000ms、25400ms、25800ms、26200msおよび26600msの10パターンである。
【0285】
このように、テーブル4〜6のいずれのテーブルにおいても、また、いずれの表示パターンにおいても、特別図柄の変動時間が最も少ない表示パターンと特別図柄の変動時間が最も多い表示パターンとの時間差は3600msとなる。回転式振分装置294は、この3600msの間に、いずれか一の特定ポケット343が常に流入口347(図24参照)を通過することとなる。また、いずれの表示パターンに選択決定されたとしても特定ポケット343への理論上の入球確率の逆数と同じ数である10パターンの表示パターンがあり、このうちいずれか1パターンの変動時間は必ず特定ポケット343が流入口347を通過するように設定されている。さらに、搬入片341内に保持された遊技球が流入口347に上昇させられるのは(つまり、搬入片341が受入位置から投入位置に移動させられるのは)、大入賞口141が開放してから一定時間経過後である。従って、特定ポケット343への理論上の入球確率は、特別図柄始動口82への入賞タイミングに拘わらず、常に10分の1となる。
【0286】
なお、特別図柄始動口82への入賞タイミングに拘わらず特定ポケット343への理論上の入球確率が常に10分の1となるためには、特定ポケット343への理論上の入球確率の逆数と選択決定される表示パターンの数とが同じ数である必要はなく、選択決定される表示パターンの数が特定ポケット343への理論上の入球確率の逆数の整数倍であれば良い。また、搬入片341内に保持された遊技球が流入口347に上昇させられるのは、大入賞口141が開放してから一定時間経過後であることに限られず、大入賞口141が閉鎖してから一定時間経過後であってもよい。
【0287】
ここで、特別図柄始動口82への入賞タイミングに拘わらず、特定ポケット343への理論上の入球確率が常に一定(本実施形態では10分の1)となる理論について説明する。
【0288】
本実施形態によれば、回転式振分装置294の特定ポケット343は一定の時間(本実施形態では4000ms)毎におとずれる(つまり、当選タイミングが一定の時間毎におとずれる)。また、この一定の時間は、複数の演出画像の数(本実施形態では10個)と、各演出画像の演出時間の差(本発明の所定時間に相当し、本実施形態では400ms)とを乗じた値に相当する。当選タイミングとしての特定時間(1回の当選タイミングがおとずれた際に回転式振分装置294に案内された遊技球が特定ポケット343に入球し得る時間であり、本実施形態では400ms)は、各演出画像の演出時間の差とほぼ同じ時間となる。数式で表すと、一定の時間をT[ms]、演出画像の数をN[個]、所定時間をΔs[ms]、特定時間をt[ms]、当選演出画像の数をn個としたとき、「T×α≒N×Δs」および「t×α≒n×Δs」の両式が成立することが要件となる。ただし、αは定数(整数)であり、本実施形態のようにn=1の場合には、α=1となる。
【0289】
上記の両式が成立すると、当選演出画像の数であるn(本実施形態では1)を複数の演出画像の数Nで除した値(本実施形態では10分の1)と、一定の時間Tに対する特定時間tの比率(本実施形態では10分の1)と、が同じ時間となる。これにより、意図的に任意の演出画像に偏るように演出画像選択決定手段(ステップS8604)により選択決定されることがない限り、複数の演出画像のうち任意の演出画像(当選タイミングとなる演出画像であって、本実施形態では一つの演出画像)が選択決定された場合にのみ、開閉装置(大入賞口ユニット146)から受け入れられた遊技球のうち1球の遊技球が当選タイミングで機械的抽選装置(回転式振分装置294)に案内されることとなる。つまり、「n/N=t/T」の関係式(本実施形態ではn=1)が成立し、特別図柄始動口82への入賞タイミングに拘らず、特定ポケット343への理論上の入球確率が常に一定となり、当選タイミングを狙い打ちすることが不可能となる。
【0290】
従って、特別図柄始動口82への遊技球の受け入れタイミングに拘らず、複数の演出画像Nに対する当選演出画像nの比率(本実施形態では10分の1)と、一定の時間Tに対する特定時間tの比率(本実施形態では10分の1)と、がほぼ同じになる。よって、遊技者の技量によって特別遊技が発生する確率が変化することがないので、いずれの遊技者にとっても公平性を担保した遊技機を提供することができる。つまり、開閉装置から受け入れた遊技球が回転式振分装置294に案内され易いタイミングで狙い打ちを行うといったことができない。なお、「ほぼ同じ」とは、遊技者の技量によって特別遊技が発生する確率が変化する程度に同じであれば良いことを意味するが、極めて同一に近い方が好ましい。
【0291】
ところで、本実施形態では、回転式振分装置294の特定ポケット343が一定の時間毎におとずれる(つまり、当選タイミングが一定の時間毎におとずれる)が、必ずしも、これに限られない。例えば、回転式振分装置294が一定の時間毎の規則的な周期で作動し且つ当該周期の一周期内に少なくとも1回以上当選タイミングがおとずれる場合であっても、以下の条件を満たせば、特定ポケット343への理論上の入球確率が常に一定となる。
【0292】
回転式振分装置294が一定の時間毎の規則的な周期で作動し且つ当該周期の一周期内に少なくとも1回以上当選タイミングがおとずれる場合、特定ポケット343への理論上の入球確率が常に一定となるためには、以下の条件を満たす必要である。当該条件としては、一周期に要する一定の時間が、複数の演出画像の数と各演出画像の演出時間の差(本発明の所定時間に相当する)とを乗じた値の整数倍に相当すること、および、一周期内におとずれる特定時間の総和(つまり、一周期内におとずれる当選タイミング各々の特定時間の総和)が当選演出画像の数と所定時間とを乗じた値の前記整数倍であること、が該当する。この条件を満たせば、特別図柄始動口82への遊技球の受け入れタイミングに拘らず、複数の演出画像に対する当選演出画像の比率と、一周期に要する一定の時間に対する一周期内におとずれる特定時間の総和の比率と、がほぼ同じになる。例えば、一周期に要する一定の時間が8000ms、演出画像の数が20個、所定時間が400ms、当選演出画像の数が2個とすると、一周期内におとずれる特定時間の総和は800msとなる。数式で表すと、一定の時間をT[ms]、演出画像の数をN[個]、所定時間をΔs[ms]、一周期内におとずれる特定時間の総和をΣt[ms]、当選演出画像の数をn[個]としたとき、「T≒N×Δs×α」および「Σt≒n×Δs×α」の両式が成立することが要件となる。ただし、αは定数(整数)である。
【0293】
上記の両式が成立すると、当選演出画像の数であるn[個]を複数の演出画像の数であるN[個]で除した値(例えば10分の1)と、一定の時間に対する一周期内におとずれる特定時間の総和の比率(例えば10分の1)と、が同じ値となる。これにより、意図的に任意の演出画像に偏るように演出画像選択決定手段(ステップS8604)により選択決定されることがない限り、複数の演出画像のうち任意の当選演出画像が選択決定された場合にのみ、開閉装置(大入賞口ユニット146)から受け入れられた遊技球のうち1球の遊技球が当選タイミングで機械的抽選装置(回転式振分装置294)に案内されることとなる。つまり、「n/N=Σt/T」の関係式が成立し、特別図柄始動口82への入賞タイミングに拘らず、特定ポケット343への理論上の入球確率が常に一定となり、当選タイミングを狙い打ちすることが不可能となる。
【0294】
また、テーブル4〜6のいずれのテーブルにおいても、第1フレーズから第2フレーズに至るまで6000ms要する。さらに、特定ポケット343は120°の間隔で設けられており、回転式振分装置294の回転速度は3600ms/120°である。ここで、搬入片341が受入位置から投入位置に移動させられるのは、表示パターンに拘わらず常に大入賞口141が開放してから一定時間経過後なので、第1フレーズで仮に停止したならば普通ポケット344に入球するタイミングであったとしても、第2フレーズまで進むことによって特定ポケット343に入球するタイミングになる場合がある。例えば、第1フレーズの終了から第2フレーズの終了に至るまでの時間と、一の特定ポケット343から回転式振分装置294の回転方向における次の特定ポケット343に至るまでの時間と、が同じであるとすると、第1フレーズで仮に停止したならば普通ポケット344に入球する(特定ポケット343に入球しない)タイミングであれば、第1フレーズで停止せずに第2フレーズまで進んだとしても、第2フレーズで停止するのが普通ポケット344に入球する(特定ポケット343に入球しない)タイミングとなる。従って、第1フレーズの終了から第2フレーズの終了に至るまでの時間と、一の特定ポケット343から回転式振分装置294の回転方向における次の特定ポケット343に至るまでの時間と、を異ならせることによって、搬入片341が受入位置から投入位置に移動させられるタイミングを、第1フレーズで変動停止する場合と第2フレーズで変動停止する場合とで変えることができる。これにより、第1フレーズで仮に停止したならば普通ポケット344に入球するタイミングであって且つ第1フレーズで停止することなく変動時間が長くなった場合であっても、徒に変動時間が長くなるのみでなく、特定ポケット343に入球する期待感を遊技者に与えることによって、興趣の低下を抑制できる。また、大入賞口141が開放した際に特定ポケット343がどの回転位置にあるかによって、どのフレーズで変動が停止すれば遊技球が特定ポケット343に入球する可能性があるかを予測するといった楽しみも増え、興趣の低下を抑制できる。
【0295】
なお、本実施形態では、特別図柄の変動開始から第1フレーズの終了までの時間と、一の特定ポケット343から回転式振分装置294の回転方向における次の特定ポケット343に至るまでの時間と、も異なっている。さらに、第2フレーズの終了から第3フレーズの終了に至るまでの時間と、一の特定ポケット343から回転式振分装置294の回転方向における次の特定ポケット343に至るまでの時間と、も異なっている。これにより、第1フレーズおよび第2フレーズのいずれで仮に停止した場合に普通ポケット344に入球するタイミングであったとしても、徒に変動時間が長くなるのみでなく、第3フレーズで停止した場合に特定ポケット343に入球する期待感を遊技者に与えることによって、興趣の低下を抑制できる。
【0296】
ところで、上述のように、遊技機の回転効率を高めるために、『「第1フレーズ」で停止』の表示パターンに選択決定される比率を最も高くしたとき、特別図柄の変動が第1フレーズで停止すると仮定して特別図柄始動口82に遊技球を入賞させることによって、特定ポケット343への理論上の入球確率を高めることができる可能性がある。より詳しくは、図39のステップS203における大当たり判定処理において小当たりであるとき、大入賞口141が開放してから搬入片341内に保持された遊技球が流入口347に上昇させられるまでの時間が一定である。従って、特別図柄始動口82に遊技球が入賞してから大入賞口141が開放されるまでの時間が仮に一定であれば、特別図柄の変動が第1フレーズで停止すると仮定して特定ポケット343が流入口347を通過するタイミングと、搬入片341内に保持された遊技球が流入口347に上昇させられるタイミングと、が合うように特別図柄始動口82に遊技球を入賞させると、特定ポケット343への理論上の入球確率を高めることができてしまう。ところが、本実施形態では、『「第1フレーズ」で停止』、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』の各表示パターンは、それぞれ、特別図柄の変動時間が異なる10パターンの表示パターンが記憶されている。つまり、特別図柄始動口82に遊技球が入賞してから大入賞口141が開放されるまでの時間が、選択決定される表示パターンによって異なることとなる。また、回転式振分装置294の回転速度が一定である場合の特定ポケット343への理論上の入球確率の逆数と、変動時間が異なる各表示パターンのパターン数とが同じある。また、10パターンの各表示パターンのうちいずれか一つの表示パターンの変動時間は、特定ポケット343が流入口347を通過するタイミングと、搬入片341内に保持された遊技球が流入口347に上昇させられるタイミングと、が合致するように設定されているので、特別図柄始動口82への遊技球の入賞タイミングに拘わらず、特定ポケット343への理論上の入球確率は常に一定の10分の1となる。これにより、遊技者の技量に拠らず、誰が遊技を行っても、特定ポケット343への理論上の入球確率が変わることがない。
【0297】
ところで、従来では、所定の開閉装置から遊技球が受け入れられると、例えば回転式役物の内部に形成された複数の選択口の周りを遊技球が転動すること等によって、遊技球が特定の選択口に受け入れられて当選となるか否かの機械的な抽選処理を行なうことが一般的であった。このような従来の遊技機では、実際にいずれかの選択口に遊技球が受け入れられるまで抽選結果を予測することが非常に困難であり、逆にいえば、遊技者が機械式抽選に当選するか否かを予測するという楽しみを完全に損ねていた。
【0298】
この点、本実施形態では、大入賞口141に入賞した遊技球は、搬入片341により一旦保持されたのちに所定のタイミングで回転式振分装置294に投入されて機械的抽選が行なわれる。そのため、機械的抽選時に遊技球が不要に回転動作等することがなく、搬入片341により遊技球が投入されるタイミングによって、特定ポケット343に遊技球が振分けられるか否かを事前にある程度予測可能である。つまり、遊技者は機械的抽選の当落を予想するという楽しみを有するのみならず、その予測が当選である場合にはさらなる興奮と喜びを得ることができる。また、搬入片341により遊技球が投入されるタイミングは、開閉装置が開放態様となってから常に一定の時間が経過したのちなので、作為的に遊技者に不利な動作が行われたといった疑念を抱くこともない。
【0299】
さらに、従来の遊技機では、特別図柄始動口82への入賞に基づいて演出表示装置115で画像演出が実行される一方で、上記機械的な抽選処理が並行して行なわれると、機械的抽選に用いられる遊技球の動きにのみ遊技者の関心が集中し、演出表示装置115での画像演出が無意味なものとなっていた。しかし、本実施形態では、遊技球が大入賞口141に入賞してから回転式振分装置294でいずれかの領域に振分けられるまでの時間は、従来の遊技機において遊技球が所定の開閉装置に受け入れられてから回転式役物でいずれかの選択口に振分けられるまでの時間よりも、大幅に短くなっている。つまり、本実施形態では、機械的抽選が行われるに際して遊技球の動きに面白みを持たせるのではなく、開閉装置から受け入れた遊技球を単に機械的抽選装置まで転動させているだけにすぎない。そのため、演出表示装置115での画像演出と機械的抽選が同時に実行されても、その画像演出と遊技球の動きとを各々異なるタイミングで注視するだけの時間な余裕が与えられるため、演出表示装置115での画像演出が無意味となることがなく、また遊技者は安心して機械的抽選を楽しむことができる。
【0300】
次に、図55に示すように、主制御MPU765aは、第2変動中処理が開始されると、第2ジョブフラグが「2」であるか否かを判別する(ステップS8670)。第2ジョブフラグが「2」でなければ(ステップS8670におけるNO)、第2変動中処理を終了する。一方、第2ジョブフラグが「2」であれば(ステップS8670におけるYES)、さらにステップS8660でタイマにセットされた変動時間がタイムアップしたか否かを判別する(ステップS8672)。タイマにセットされた変動時間がタイムアップしていなければ(ステップS8672におけるNO)、第2変動中処理を終了する。
【0301】
タイマにセットされた変動時間がタイムアップしていれば(ステップS8672におけるYES)、特図LED作動フラグをOFFにセットする(ステップS8674)。この特図LED作動フラグがOFFにセットされると、特別図柄表示器332(LED87)での図柄変動が終了する。そして、サブ統合基板763により実行される特別図柄の図柄変動を停止して、演出表示装置115に抽選結果を確定表示する確定停止コマンド(具体例を削除)をセットする(ステップS8676)。なお、この確定停止コマンドは、図40に示したサブ統合基板コマンド送信処理(ステップS92)によってサブ統合基板763に送信される。
【0302】
そして、第2大当たりフラグがONであるか否かを判断する(ステップS8678)。第2大当たりフラグがONであれば(ステップS8678におけるYES)、先述の第2ジョブフラグに「4」をセットし(ステップS8680)、第2変動中処理が終了する。一方、第2大当たりフラグがONでなければ(ステップS8678におけるNO)、第2小当たりフラグがONであるか否かを判断する(ステップS8682)。第2小当たりフラグがONであれば(ステップS8682におけるYES)、先述の第2ジョブフラグに「3」をセットし(ステップS8684)、第2変動中処理が終了する。一方、第2大当たりフラグおよび第2小当たりフラグのいずれもがONでなければ(ステップS8682におけるNO)、先述の第2ジョブフラグに「0」をセットし(ステップS8686)、第2変動中処理が終了する。
【0303】
次に、図56に示すように、主制御MPU765aは、第2小当たり役物作動処理が開始されると、第2ジョブフラグが「3」であるか否かを判別する(ステップS8690)。第2ジョブフラグが「3」でなければ(ステップS8690におけるNO)、第2小当たり役物作動処理を終了する。
【0304】
第2ジョブフラグが「3」であれば(ステップS8690におけるYES)、サブ統合基板763により実行される小当たりに対応する演出パターンを指示するコマンドである第2小当たり開放演出パターンコマンドを送信する(ステップS8692)。具体的には、第2小当たり開放演出パターンコマンドを送信し、これを受信したサブ統合基板763は遊技者に大入賞口141を狙わせるような演出パターンを演出表示装置115に表示するが、詳細は後述する。
【0305】
そして、可動片142の動作時間(大入賞口141の開放時間)をタイマにセット(第2小当たり開放第1タイマをセット)して(ステップS8694)、大入賞口開閉機構335により可動片142を動作させて、大入賞口141の開放動作を行う上特別電動役物開放制御を行う(ステップS8696)。このステップS8696では、図36に示したV入賞センサ331(図28に示した遊技球検出手段384)からの検出信号を受け入れるV入賞有効期間が開始される。そして、図18に示した、大入賞口ユニット142の大入賞口141に遊技球が入球したか否かを判別する(ステップS8698)。この判別は、大入賞口ユニット142の入賞口センサ330からの検出信号に基づいて行う。大入賞口ユニット142の大入賞口141に遊技球が入球した場合は(ステップS8698におけるYES)、排出整合カウンタの値に値1を加算(インクリメント)する。この排出整合カウンタは、大入賞口ユニット142の大入賞口141に入球した遊技球が図27に示した案内通路340及び図28に示した搬入片341に停留されている球数をカウントするものである。具体的には、排出整合カウンタは、大入賞口ユニット142の大入賞口141に遊技球が入球して入賞口センサ330で検出されると、その値に値1が加算(インクリメント)される一方、案内通路340及び搬入片341にそれぞれ停留された遊技球が図28に示した回転式振分装置294から排出される際に図28に示した遊技球検出手段384〜386(図36に示した、V入賞センサ331、排出センサ313,313’)で検出されると、その値から値1が減算(デクリメント)される。
【0306】
排出整合カウンタの値に値1を加算(インクリメント)した後、センター役物91内に入賞したことを示す役物入力信号をサブ統合基板763に出力し(ステップS8700)、サブ統合基板763では役物入力信号に基づいて演出表示装置115等において所定の演出動作を行う。
【0307】
そして、遊技球が大入賞口141に入賞してからの経過時間をカウントするタイマをセット(第2小当たり開放第2タイマをセット)して(ステップS8702)、大入賞口141が開放中か(可動片142が開放態様か)否かを判別する(ステップS8704)。大入賞口141が開放中であれば(ステップS8704におけるYES)、第2小当たり開放第1タイマが所定時間経過したか否かを判別する(ステップS8706)。第2小当たり開放第1タイマが所定時間経過していれば(ステップS8706におけるYES)、大入賞口開閉機構335により可動片142を動作させて、大入賞口141の閉鎖動作を行う上特別電動役物閉鎖制御を行う(ステップS8708)。
【0308】
上特別電動役物閉鎖制御(ステップS8708)の実行後、大入賞口141が開放中でない場合(ステップS8704におけるNO)、あるいは、第2小当たり開放第2タイマが所定時間を経過していない場合は(ステップS8706におけるNO)、V入賞センサ331により遊技球が検出された(つまり、V入賞センサ331がON)か否かを判別する(ステップS8710)。V入賞センサ331がONであれば(ステップS8710におけるYES)、排出整合カウンタの値から値1を減算し、センター役物91内の特定ポケット343に遊技球が入賞したことを示す役物内特定検出信号をサブ統合基板763に出力し(ステップS8712)、サブ統合基板763では役物内特定検出信号に基づいて演出表示装置115等において所定の演出動作を行う。そして、第2小当たり遊技大当たりフラグをONにし(ステップS8714)、先述の第2ジョブフラグに「4」をセットし(ステップS8682)、第2小当たり役物作動処理を終了する。なお、ステップ8710でV入賞センサ331がONであれば、搬入片341が受入位置から投入位置に移動しているため、案内通路340に停留されている遊技球は、上述したように、図25に示した排出口348に流入して排出センサ313’で検出され、検出されるごとに排出整合カウンタの値から値1が減算(デクリメント)される。また、第2小当たり遊技大当たりフラグは、小当たり遊技を経由して大当たりに当選した場合にセットされるフラグである。
【0309】
一方、V入賞センサ331がONでなければ(ステップS8710におけるNO)、排出センサ313により遊技球が検出された(つまり、排出センサ313がON)か否かを判別する(ステップS8718)。排出センサ313がONでなければ(ステップS8718におけるNO)、さらに第2小当たり開放第2タイマが所定時間(ここでは、20秒)を経過したか否かを判別する(ステップS8720)。第2小当たり開放第2タイマが所定時間を経過していれば(ステップS8720におけるYES)、大入賞口141に入賞してからの経過時間が20秒を経過したため、ステップS8696で開始したV入賞有効期間を終了してV入賞センサ331からの検出信号を受け付けない状態(無効化)に設定し、後述する排出検出信号を出力して(ステップS8722)、先述の第2ジョブフラグに「0」をセットし(ステップS8726)、第2小当たり役物作動処理を終了する。これにより、特定ポケット343に遊技球が入賞(つまり、V入賞)してから20秒が経過すると、案内通路340及び搬入片341に遊技球が停留されているか否かにかかわらず、次の処理に進むことが可能となる。なお、第2小当たり開放第2タイマが所定時間を経過していなければ(ステップS8720におけるNO)、ステップS8704に戻る。
【0310】
また、排出センサ313がONであれば(ステップS8718におけるYES)、図23に示した、回転体297の普通ポケット344に遊技球が入賞したことを意味し、その遊技球が排出センサ313で検出されて排出整合カウンタの値から値1が減算(デクリメント)される。そして、入賞口センサ330による検出数(入賞数)と排出センサ313による検出数(排出数)が同じであるか否かを判別する。(ステップS8724)。この判別は、上述した排出整合カウンタに基づいて行う。具体的には、排出整合カウンタは、上述したように、大入賞口ユニット142の大入賞口141に入球した遊技球が案内通路340及び搬入片341に停留されている球数をカウントするものであり、案内通路340及び搬入片341に遊技球が停留されていない状態では排出整合カウンタの値が値0となる。
【0311】
入賞数と排出数が同じ、つまり排出整合カウンタの値が値0であれば(ステップS8724におけるYES)、ステップS8696で開始したV入賞有効期間を終了してV入賞センサ331からの検出信号を受け付けない状態(無効化)に設定し、案内通路340及び搬入片341に停留されている遊技球の排出が完了したことを示す排出検出信号をサブ統合基板763に出力し(ステップS8722)、サブ統合基板763では排出検出信号に基づいて演出表示装置115等において所定の演出動作を行う。そして、先述の第2ジョブフラグに「0」をセットし(ステップS8726)、第2小当たり役物作動処理を終了する。一方、入賞数と排出数が同じでなければ(ステップS8724におけるNO)、センター役物91内からの遊技球の排出が完了していないことを示すから、ステップS8704に戻る。
【0312】
なお、センター役物91内に入賞しなかった場合は(ステップS8698におけるNO)、第2小当たり開放第1タイマが所定時間経過したか否かを判別する(ステップS8728)。第2小当たり開放第1タイマが所定時間経過していれば(ステップS8728におけるYES)、先述と同様に上特別電動役物閉鎖制御を行って大入賞口141を閉鎖する(ステップS8729)。一方、第2小当たり開放第2タイマが所定時間を経過していない場合は(ステップS8706におけるNO)、ステップS8698に戻る。
【0313】
ここで、小当たり時の動作原理について、図57に基づき説明する。
【0314】
第2小当たりフラグがONであるとき、特別図柄の変動が停止すると、1000msのインターバル期間を経て、大入賞口141を開放させて入賞口センサ330の検知タイマを作動させると共にソレノイド400をONする。これにより、大入賞口141に遊技球が入賞すると入賞口センサ330によって入賞が検知され、搬入片341が投入位置から受入位置となる。なお、大入賞口141が開放した際に検知タイマを作動させるのは、大入賞口141が開放していないにも拘わらず不正等によって大入賞口141に強制的に遊技球を入賞させた場合に検知しないようにするためである。また、大入賞口141が開放した際にソレノイド400をONとするのは、通電時間を短くすることによってソレノイド400の長寿命化を図るためである。従って、搬入片341は、常には投入位置にあって、大入賞口141が開放してから所定期間経過したのちに受入位置となる。
【0315】
大入賞口141は、例えば最大で1600ms開放するが、開放中に入賞口センサ330によって遊技球の入賞が検出されると閉鎖する。なお、入賞口センサ330は案内通路340の流入する途中に設けられており、遊技球が大入賞口141に入賞してから入賞口センサ330に至るまでに所定の時間を要する。従って、入賞口センサ330の検知タイマの作動時間は、大入賞口141の開放時間よりも長く設定されている。本実施形態では、入賞口センサ330の検知タイマの作動時間は、大入賞口141が開放してから3100msに設定されている。また、大入賞口141は遊技球が1球入賞したときに閉鎖するが、遊技球が大入賞口141に入賞してから入賞口センサ330に至るまでに所定の時間を要することから、場合によっては2〜3球入賞する場合もある。ただし、搬入片341内に保持できる遊技球は1球のみであり、2球目以降の遊技球は、搬入片341が投入位置となったときに排出口348から排出される。さらに、ソレノイド400は、大入賞口141が開放してから3600ms経過後にONからOFFとなる。これにより、搬入片341が受入位置から投入位置となり、搬入片341内に保持されていた遊技球が流入口347に至り、特定ポケット343および普通ポケット344のいずれかに入球する。ソレノイド400がONである時間を入賞口センサ330の検知タイマの作動時間よりも長くしているのは、入賞口センサ330によって検出された遊技球が流入口347に至ることなく排出口348から排出されてしまうことを防止するためである。以上より、大入賞口141に入賞した遊技球は、確実に流入口347に至ることとなり、特定ポケット343および普通ポケット344のいずれかに必ず入球することとなる。
【0316】
ところで、ソレノイド400がONからOFFとなるのは、大入賞口141が開放してから3600msの一定時間が経過したのちであり、これは不変のものである。しかしながら、大入賞口141に遊技球が入賞するタイミングはその都度異なる。従って、大入賞口141が開放してから搬入片341が受入位置から投入位置に変位するまでの時間が一定であるにも拘わらず、遊技者は、遊技球を大入賞口141に入賞させるタイミングによって特定ポケット343に入球させることができると錯覚する可能性がある。これは、大入賞口141に遊技球が入賞してから(大入賞口141が閉鎖してから)、搬入片341が受入位置から投入位置に変位するまでの時間が、その都度異なることによるものである。つまり、特定ポケット343に入球するか否かについては、遊技者自身によって操作できるものではなく選択決定される特別図柄の変動時間によって決まるにも拘わらず、遊技者は、大入賞口141に入賞させるタイミングによって特定ポケット343に入球する可能性があるように錯覚する。これは、1球の遊技球が大入賞口141に入賞したことを入賞口センサ330によって検出したときに大入賞口141を閉鎖することにより生じるものである。
【0317】
なお、ソレノイド400をONからOFFにするタイミング(つまり搬入片341を受入位置から投入位置に変位させるタイミング)は、大入賞口141が開放してから一定時間経過したのちに限られない。例えば、特別図柄の変動が停止してから一定時間経過したのち、または、入賞口センサ330の検知タイマの作動が停止してから一定時間経過したのちに、ソレノイド400をONからOFFにしてもよい。
【0318】
次に、図58に示すように、大入賞口141が開放されるとともにソレノイド400がOFFからONとなると(タイミングt0)、上述したように、大入賞口141は最大で1600ms経過したのち閉鎖され(タイミングt1)、ソレノイド400は3600ms経過したのちONからOFFとなる(タイミングt1)。このタイミングt1では、図28に示した搬入片341の位置、つまり受入位置又は投入位置のいずれかを検出する振分装置駆動センサ403からの検出信号を有効から無効にする。具体的には、上述した、主内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶された入力情報のうち、振分装置駆動センサ403からの検出信号が無効化される。タイミングt2から1600ms経過したのち、振分装置駆動センサ403からの検出信号を無効から有効にする(タイミングt3)。具体的には、内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶された入力情報のうち、振分装置駆動センサ403からの検出信号が有効化される。ここで、タイミングt2からタイミングt3までの1600msの期間のみ、振分装置駆動センサ403からの検出信号を無効化している理由について説明する。上述したように、例えば図24に示した、搬入片341によって遊技球が入流口347に持ち上げられて普通ポケット344に送り出される際に、回転体297が回転しているため、その頻度は極めて小さいが、ごくまれに普通ポケット344と流入口347との間で遊技球が噛み込む球ガミが生じることがある。普通ポケット344と流入口347との間で球ガミが生じると、普通ポケット344から流入口347に遊技球が弾かれて逆流し、搬入片341に衝突したりする。この衝突によって搬入片341は投入位置から受入位置に押し戻され、再び投入位置に戻る動きとなる。このように、逆流した遊技球の衝突によって、短い時間の間に、搬入片314の位置、つまりリンクアーム402がリンク軸402を中心として図28中反時計回りそして時計回りに回転することとなり、振分装置駆動センサ403からの検出信号が不安定となる。そこで、球ガミが生じ可能性のある、タイミングt2からタイミングt3までの1600msの期間では、振分装置駆動センサ403からの検出信号を無効化することによって、振分装置駆動センサ403からの不安定な検出信号による誤検出を防止することができる。したがって、球ガミが生じても搬入片341の位置を正確に検出することができる。
【0319】
次に、図59に示すように、主制御MPU765aは、第2大当たりオープニング処理が開始されると、第2ジョブフラグが「4」であるか否かを判別する(ステップS8730)。第2ジョブフラグが「4」でなければ(ステップS8730におけるNO)、第2大当たりオープニング処理を終了する。
【0320】
第2ジョブフラグが「4」であれば(ステップS8730におけるYES)、第2大当たりフラグがONであるか否かを判別する(ステップS8732)。ここで、第2大当たりフラグがONであれば(ステップS8732におけるYES)、特別図柄の組み合わせによって大当たりに当選したことを示すから、サブ統合基板763により実行される大当たりの開始ラウンドに対応する演出パターンを指示するコマンドである第2大当たりオープニングコマンドをセットする(ステップS8734)。具体的には、第2大当たりオープニングコマンドを送信し、これを受信したサブ統合基板763は大当たり遊技を開始する演出パターンを演出表示装置115に表示する。そして、大当たり遊技開始ラウンドの実行時間をカウントするための第2大当たりオープニングタイマをセットし(ステップS8736)、大当たり遊技開始ラウンドの「1」をラウンドカウンタにセットする(ステップS8738)。そして、先述の第2ジョブフラグに「5」をセットし(ステップS8740)、第2大当たりオープニング処理を終了する。
【0321】
一方、第2大当たりフラグがONでなければ(ステップS8732におけるNO)、特定ポケット343を通過して大当たりに当選したことを示すから、サブ統合基板763により実行される小当たり経由の大当たりの開始ラウンドに対応する演出パターンを指示するコマンドである第2小当たり遊技大当たりオープニングコマンドをセットする(ステップS8742)。具体的には、第2小当たり遊技大当たりオープニングコマンドとしてコマンドを送信し、これを受信したサブ統合基板763は大当たり遊技を開始する演出パターンを、特別図柄の組み合わせによる大当たりとは異なる演出態様で演出表示装置115に表示する。そして、大当たり遊技開始ラウンドの実行時間をカウントするための第2小当たり遊技大当たりオープニングタイマをセットし(ステップS8744)、大当たり遊技開始ラウンドの「2」をラウンドカウンタにセットする(ステップS8746)。これは、大当たり遊技開始ラウンドの「1」は、小当たり遊技での大入賞口141の開放動作によって既に実行されたものとみなすためである。そして、先述の第2ジョブフラグに「5」をセットし(ステップS8740)、第2大当たりオープニング処理を終了する。
【0322】
なお、この第2大当たりオープニング処理で設定された演出パターン(第2大当たりオープニングコマンドおよび第2小当たり遊技大当たりオープニングコマンド)は、図40に示したサブ統合基板コマンド送信処理(ステップS92)によってサブ統合基板763に送信される。
【0323】
次に、図60に示すように、主制御MPU765aは、特別電動役物大当たり処理(特別遊技)が開始されると、第2ジョブフラグが「5」であるか否かを判別する(ステップS8750)。第2ジョブフラグが「5」でなければ(ステップS8750におけるNO)、特別電動役物大当たり処理を終了する。
【0324】
第2ジョブフラグが「5」であれば(ステップS8750におけるYES)、第2大当たりオープニングタイマまたは第2小当たり遊技大当たりオープニングタイマによりカウントされる大当たりオープニングタイムがアップしたか否かを判別する(ステップS8752)。大当たりオープニングタイムがアップしていなければ(ステップS8752におけるNO)、特別電動役物大当たり処理を終了する。
【0325】
一方、大当たりオープニングタイムがアップしていれば(ステップS8752におけるYES)、アタッカ駆動機構339により下部側大入賞口83(開閉装置)を開放する(ステップS8754)。そして、この開閉装置の開放時間が経過した否かを判別し(ステップS8756)、開放時間が経過していれば(ステップS8756におけるYES)アタッカ駆動機構339により下部側大入賞口83(開閉装置)を閉鎖する(ステップS8758)。また、開閉装置の開放時間が経過していなくても(ステップS8756におけるNO)、当該開閉装置に最大入賞数の遊技球が入賞した場合には(ステップS8760におけるYES)、アタッカ駆動機構339により下部側大入賞口83(開閉装置)を閉鎖する(ステップS8758)。なお、開閉装置に最大入賞数の遊技球が入賞していなければ(ステップS8760におけるNO)、ステップS8756に戻る。
【0326】
下部側大入賞口83(開閉装置)の閉鎖後は、当該開放装置の開閉動作があらかじめ定められたラウンド回数(ここでは、15ラウンド)に達したか否かを判別する(ステップS8762)。具体的には、このラウンド回数の判別は、ラウンドカウンタに記憶された値が「15」に至ったか否かに基づいて実行される。所定のラウンド回数に達していれば(ステップS8762におけるYES)、大当たりフラグ(第2大当たりフラグまたは第2小当たり遊技大当たりフラグ)をOFFにセットする(ステップS8764)。そして、先述の第2ジョブフラグに「0」をセットして(ステップS8766)、特別電動役物大当たり処理を終了する。一方、所定のラウンド回数に達していなければ(ステップS8762におけるNO)、ラウンドカウンタを1加算する(ステップS8768)。そして、サブ統合基板763により実行される大当たり遊技ラウンド間のインターバルに対応する演出パターンを指示するコマンドであるインターバルコマンドを送信して(ステップS8770)、ステップS8754に戻る。
【0327】
ところで、図示しないが、所定の条件が成立した場合(例えば、上記の特別電動役物大当たり処理によって、所定のラウンド回数が実行された(つまり、大当たり遊技の一連の動作が全て実行された))ことを条件として、当該特別電動役物大当たり処理の後処理として時短機能作動処理を実行する。この時短機能作動処理は、特別図柄始動口82への遊技球の入球確率をより高い確率に可変設定するための処理である。より具体的には、有利遊技実行手段608が有利遊技(時短遊技)にある旨判断したときは、その旨を普通当たり遊技実行手段607に出力する。これにより、普通当たり遊技実行手段607は、いわゆる開放延長機能を作動させるようになり、普通電動役物81の動作時間として必ず長開放用時間(例えば「5700ms」)を採用するようになる。
【0328】
なお、図56に示す第2小当たり役物作動処理、および、図60に示す特別電動役物大当たり処理は、実際には主制御基板765における処理とサブ統合基板763における処理とが、各基板におけるタイマ割り込みに従って独立して実行される。しかし、本実施形態では、説明の便宜と理解の容易のため、主制御基板765における処理とサブ統合基板763における処理とを、一連の処理として連続したシーケンシャル処理として説明している。
【0329】
[払出制御基板の各種制御処理]
次に、払出制御基板775が行う各種制御処理について、図61〜図70に基づき説明する。まず、払出制御側電源投入時処理について説明し、続いて払出制御側タイマ割り込み処理、各種賞球ストック数加算処理、賞球ストック監視処理、払出球抜き判定設定処理、払出設定処理、球抜き設定処理について説明する。なお、図61は払出制御側電源投入時処理の一例を示すフローチャートである。図62は図61の払出制御側電源投入時処理のつづきを示すフローチャートである。図63は図62に続いて払出制御側電源投入時処理のつづきを示すフローチャートである。図64は払出制御側タイマ割り込み処理の一例を示すフローチャートである。図65は賞球用賞球ストック数加算処理の一例を示すフローチャートである。図66は貸球用賞球ストック数加算処理の一例を示すフローチャートである。図67はストック監視処理の一例を示すフローチャートである。図68は払出球抜き判定設定処理の一例を示すフローチャートである。図69は払出設定処理の一例を示すフローチャートである。図70は球抜き設定処理の一例を示すフローチャートである。なお、賞球用賞球ストック数加算処理、貸球用賞球ストック数加算処理、ストック監視処理、払出球抜き判定設定処理は、後述する払出制御側電源投入処理におけるステップS264の主要動作設定処理の一処理として行われ、賞球用賞球ストック数加算処理、貸球用賞球ストック数加算処理、ストック監視処理、そして払出球抜き判定設定処理の順番で優先順位が設定されている。
【0330】
<1.払出制御側電源投入時処理>
パチンコ機1に電源が投入されると、払出制御基板775の払出制御MPU775aは、図61〜図63に示すように、払出制御側電源投入時処理を行う。この払出制御側電源投入時処理が開始されると、払出制御MPU775aは、割り込みモードの設定を行う(ステップS200)。この割り込みモードは、払出制御MPU775aの割り込みの優先順位を設定するものである。本実施形態では、後述する払出制御側タイマ割り込み処理が優先順位として最も高く設定されており、この払出制御側タイマ割り込み処理の割り込みが発生すると、優先的にその処理が行われる。ステップS200に続いて、入出力設定(I/Oの入出力設定)を行う(ステップS202)。このI/Oの入出力設定では、払出制御MPU775aのI/Oポートの入出設定等を行う。ステップS202に続いて、ウェイトタイマ処理1を行う(ステップS204)。電源投入時から所定電圧となるまでの間では電圧がすぐに上がらない。一方、停電又は瞬停(突発的に電力の供給が一時停止する現象)となるときでは電圧が下がり、停電予告電圧以下となると停電予告として停電信号が入力される。電源投入時から所定電圧に上がるまでの間では電圧が停電予告電圧以下となると停電信号が入力される。そこで、ウェイトタイマ処理1では、電源投入後、電圧が停電予告電圧より高くなるまで待っている。本実施形態では、この待ち時間(ウェイトタイマ)として200ミリ秒(ms)が設定されている。ステップS204に続いて、RAMクリアスイッチ769が操作されているか否かを判定する(ステップS206)。この判定は、RAMクリアスイッチ769が操作され、その操作信号(検出信号)が払出制御MPU775aに入力されているか否かにより行う。検出信号が入力されているときにはRAMクリアスイッチ769が操作されていると判定し、一方、検出信号が入力されていないときにはRAMクリアスイッチ769が操作されていないと判定する。
【0331】
ステップS206でRAMクリアスイッチ769が操作されているときには、払出RAMクリア報知フラグHRCL−FLGに値1をセットし(ステップS208)、一方、ステップS206でRAMクリアスイッチ769が操作されていないときには、払出RAMクリア報知フラグHRCL−FLGに値0をセットする(ステップS210)。この払出RAMクリア報知フラグHRCL−FLGは、払出制御MPU775aに内蔵されたRAM(以下、「払出内蔵RAM」と記載する。)に記憶されている、例えば賞球ストック数、実球計数、駆動指令数及び各種フラグ(及び、各種情報記憶領域に記憶されている各種情報)等の払い出しに関する払出情報(その詳細な説明は後述する。)を消去するか否かを示すフラグであり、払出情報を消去するとき値1、払出情報を消去しないとき値0にそれぞれ設定されている。なお、ステップS208及びステップS210でセットされた払出RAMクリア報知フラグHRCL−FLGは、払出制御MPU775aの汎用記憶素子(汎用レジスタ)に記憶される。
【0332】
ステップS208又はステップS210に続いて、球抜きスイッチ779が操作されているか否かを判定する(ステップS212)。この判定は、球抜きスイッチ779が操作され、その操作信号(検出信号)が払出制御MPU775aに入力されているか否かにより行う。検出信号が入力されているときには球抜きスイッチ779が操作されていると判定し、一方、検出信号が入力されていないときには球抜きスイッチ779が操作されていないと判定する。
【0333】
ステップS212で球抜きスイッチ779が操作されているときには、球抜きフラグRMV−FLGに値1をセットし(ステップS214)、一方、ステップS212で球抜きスイッチ779が操作されていないときには、球抜きフラグRMV−FLGに値0をセットする(ステップS216)。この球抜きフラグRMV−FLGは、球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球を排出するか否かを示すフラグであり、遊技球を排出するとき値1、遊技球を排出しないとき値0にそれぞれ設定されている。なお、ステップS214及びステップS216でセットされた球抜きフラグRMV−FLGは、払出制御MPU775aの汎用記憶素子(汎用レジスタ)に記憶される。
【0334】
ステップS214又はステップS216に続いて、払出内蔵RAMへのアクセスを許可する設定を行う(ステップS220)。この設定により払出内蔵RAMへのアクセスができ、例えば払出情報の書き込み(記憶)又は読み出しを行うことができる。ステップS220に続いて、スタックポインタの設定を行う(ステップS222)。スタックポインタは、例えば、使用中の記憶素子(レジスタ)の内容を一時記憶するためにスタックに積んだアドレスを示したり、サブルーチンを終了して本ルーチンに復帰するときの本ルーチンの復帰アドレスを一時記憶するためにスタックに積んだアドレスを示したりするものであり、スタックが積まれるごとにスタックポインタが進む。ステップS222では、スタックポインタに初期アドレスをセットし、この初期アドレスから、レジスタの内容、復帰アドレス等をスタックに積んで行く。そして最後に積まれたスタックから最初に積まれたスタックまで、順に読み出すことによりスタックポインタが初期アドレスに戻る。
【0335】
ステップS222に続いて、払出RAMクリア報知フラグHRCL−FLGが値0である否かを判定する(ステップS224)。上述したように、払出RAMクリア報知フラグHRCL−FLGは、払出情報を消去するとき値1、払出情報を消去しないとき値0にそれぞれ設定されている。ステップS224で払出RAMクリア報知フラグHRCL−FLGが値0であるとき、つまり払出情報を消去しないときには、チェックサムの算出を行う(ステップS226)。このチェックサムは、払出内蔵RAMに記憶されている払出情報を数値とみなしてその合計を算出するものである。ステップS226に続いて、算出したチェックサムの値が後述する払出制御側電源断時処理(電源断時)において記憶されているチェックサムの値と一致しているか否かを判定する(ステップS228)。一致しているときには、払出バックアップフラグHBK−FLGが値1であるか否かを判定する(ステップS230)。この払出バックアップフラグHBK−FLGは、払出情報、チェックサムの値及び払出バックアップフラグHBK−FLGの値等の払出バックアップ情報を後述する払出制御側電源断時処理において払出内蔵RAMに記憶保持したか否かを示すフラグであり、払出制御側電源断時処理を正常に終了したとき値1、払出制御側電源断時処理を正常に終了していないとき値0にそれぞれ設定されている。
【0336】
ステップS230で払出バックアップフラグHBK−FLGが値1であるとき、つまり払出制御側電源断時処理を正常に終了したときには、復電時として払出内蔵RAMの作業領域を設定する(ステップS232)。この設定は、払出バックアップフラグHBK−FLGを値0にセットするほか、払出制御MPU775aに内蔵されたROM(以下、「払出内蔵ROM」と記載する。)から復電時情報を読み出し、この復電時情報を払出内蔵RAMの作業領域にセットする。ここで「復電時」とは、上述したように、電源を遮断した状態から電源を投入した状態に加えて、停電又は瞬停からその後の電力の復旧した状態も含める。
【0337】
一方、ステップS224で払出RAMクリア報知フラグHRCL−FLGが値0でない(値1である)とき、つまり払出情報を消去するときには、又はステップS228でチェックサムの値が一致していないときには、又はステップS230で払出バックアップフラグHBK−FLGが値1でない(値0である)とき、つまり払出制御側電源断時処理を正常に終了していないときには、払出内蔵RAMの全領域をクリアし(ステップS234)、初期設定として払出内蔵RAMの作業領域を設定する(ステップS236)。この設定は、払出内蔵ROMから初期情報を読み出してこの初期情報を払出内蔵RAMの作業領域にセットする。
【0338】
ステップS232又はステップS236に続いて、割り込み初期設定を行う(ステップS238)。この設定は、後述する払出制御側タイマ割り込み処理が行われるときの割り込み周期を設定するものである。本実施形態では1.75msに設定されている。ステップS238に続いて、割り込み許可設定を行う(ステップS240)。この設定によりステップS238で設定した割り込み周期、つまり1.75msごとに払出制御側タイマ割り込み処理が繰り返し行われる。
【0339】
ステップS240に続いて、停電信号が入力されているか否かを判定する(ステップS242)。上述したように、パチンコ機1の電源を遮断したり、停電又は瞬停したりするときには、電圧が停電予告電圧以下となると停電予告として停電信号が入力される。ステップS242の判定は、この停電信号に基づいて行う。ステップS242で停電信号の入力がないときには1.75ms経過フラグHT−FLGが値1であるか否かを判定する(ステップS244)。この1.75ms経過フラグHT−FLGは、後述する、1.75msごとに処理される払出制御側タイマ割り込み処理で1.75msを計時するフラグであり、1.75ms経過したとき値1、1.75ms経過していないとき値0にそれぞれ設定される。ステップS244で1.75ms経過フラグHT−FLGが値0であるとき、つまり1.75ms経過していないときには、ステップS242に戻り、停電信号が入力されているか否かを判定する。一方、ステップS244で1.75ms経過フラグHT−FLGが値1であるとき、つまり1.75ms経過したときには、1.75ms経過フラグHT−FLGに値0をセットし(ステップS246)、外部ウォッチドックタイマ(外部WDT)775cにクリア信号をONする(ステップS248)。この外部WDT775cは、払出制御MPU775aの動作(システム)を監視するためのものであり、一定期間にクリアされないときには払出制御MPU775aにリセットがかかる(払出制御MPU775aのシステムが暴走していないかを定期的に診断している)。
【0340】
ステップS248に続いて、ポート出力処理を行う(ステップS250)。このポート出力処理では、払出制御I/Oポート775bの出力端子から、払出内蔵RAMの出力情報記憶領域から各種情報を読み出してこの各種情報に基づいて各種信号を出力する。出力情報記憶領域には、例えば、主制御基板765からの払い出しに関する各種コマンドを正常に受信した旨を伝えるACK情報、球払出装置170への駆動制御を行う駆動情報、球払出装置が実際に遊技球を払い出した球数の賞球数情報、エラーLED表示器777に表示するLED表示情報、プリペイドカードユニット1aからの貸球要求信号を正常に受信した旨を伝える受信完了情報等の各種情報が記憶されており、この出力情報に基づいて出力端子から、主制御基板765からの払い出しに関する各種コマンドを正常に受信したときにはACK信号を主制御基板765に出力したり、球払出装置170に駆動信号を出力したり、球払出装置170が実際に遊技球を払い出した球数を賞球数信号として出力したり(本実施形態では、球払出装置170が実際に10個の遊技球を払い出すごとに賞球数信号を出力している。)、エラーLED表示器777に表示信号を出力したり、プリペイドカードユニット1aからの貸球要求信号を正常に受信したときには受信完了信号をプリペイドカードユニット1aに出力したりする。
【0341】
ステップS250に続いて、ポート入力処理を行う(ステップS252)。このポート入力処理では、払出制御I/Oポート775bの入力端子に入力されている各種信号を読み取り、入力情報として払出内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶する。例えば、エラー解除スイッチ778の操作信号、回転角スイッチ106からの検出信号、計数スイッチ105からの検出信号、満タンスイッチ107からの検出信号、プリペイドカードユニット1aからの貸球要求信号及び接続信号、後述するコマンド送信処理で送信した各種コマンドを主制御基板765が正常に受信した旨を伝える主制御基板765からのACK信号、をそれぞれ読み取り、入力情報として入力情報記憶領域に記憶する。
【0342】
ステップS252に続いて、タイマ更新処理を行う(ステップS254)。このタイマ更新処理では、その詳細な説明は後述するが、球払出装置170が球がみを起こしているか否かの判定を行う際にその判定条件として設定されている球がみ判定時間、球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球を排出する際に設定されている球抜き判定時間、下皿31が満タンであるか否かの判定を行う際にその判定条件として設定されている満タン判定時間、球払出装置170に設けられた図示しない球切れスイッチからの検出信号により球払出装置170に取り込まれた遊技球の球数が所定数以上となっているか否かの判定を行う際にその判定条件として設定されている球切れ判定時間等の時間管理を行う。例えば、球がみ判定時間が5005msに設定されているときには、タイマ割り込み周期が1.75msに設定されているので、このタイマ更新処理を行うごとに球がみ判定時間を1.75msずつ減算し、その減算結果が値0になることで球がみ判定時間を正確に計っている。
【0343】
本実施形態では、球抜き判定時間として60060ms、満タン判定時間として504ms、球切れ判定時間として119msがそれぞれ設定されており、このタイマ更新処理を行うごとに球抜き判定時間及び満タン判定時間を1.75msずつ減算し、その減算結果が値0になることで球抜き判定時間及び満タン判定時間を正確に計っている。なお、これらの各種判定時間は、時間管理情報として払出内蔵RAMの時間管理情報記憶領域に記憶される。
【0344】
ステップS254に続いて、CR通信処理を行う(ステップS256)。このCR通信処理では、上述した入力情報記憶領域から入力情報を読み出してこの入力情報に基づいて、プリペイドカードユニット1aからの貸球要求信号が入力されているか否かを判定したり、プリペイドカードユニット1aからの接続信号が入力されているか否かを判定したりする。貸球要求信号が入力され、この貸球要求信号を正常に受信したときには、その旨を伝える受信完了情報を上述した出力情報記憶領域に記憶するとともに、その貸球要求信号を貸球情報として払出内蔵RAMの貸球情報記憶領域に記憶する。一方、貸球要求信号を正常に受信できなかったときには、その旨を伝える貸球要求エラー情報を払出内蔵RAMの状態情報記憶領域に記憶する。
【0345】
接続信号が入力されているときには、プリペイドカードユニット1aとの接続が正常であるとしてその旨を伝えるCR接続情報を状態情報記憶領域に記憶する。なお、接続信号が入力されていないときには、プリペイドカードユニット1aとの接続が異常であるとしてその旨を伝えるCR接続情報を状態情報記憶領域に記憶する。
【0346】
ステップS256に続いて、満タン及び球切れチェック処理を行う(ステップS258)。この満タン及び球切れチェック処理では、上述した入力情報記憶領域から入力情報を読み出してこの入力情報に基づいて、満タンスイッチ107からの検出信号により下皿31が遊技球で満タンとなっているか否かを判定したり、球払出装置170に設けられた球切れスイッチからの検出信号により球払出装置170に取り込まれた遊技球の球数が所定数以上となっているか否かを判定したりする。例えば、下皿31が遊技球で満タンとなっているか否かの判定は、タイマ割り込み周期1.75msを利用して、今回の満タン及び球切れチェック処理で満タンスイッチ107からの検出信号がON、前回(1.75ms前)の満タン及び球切れチェック処理で満タンスイッチ107からの検出信号がOFFとなったとき、つまり満タンスイッチ107からの検出信号がOFFからONに遷移したときには、ステップS254のタイマ更新処理で上述した満タン判定時間(504ms)の計時を開始する。そしてタイマ更新処理で満タン判定時間が値0となったとき、つまり満タン判定時間となったときには、この満タン及び球切れチェック処理で満タンスイッチ107からの検出信号がONであるか否かを判定する。この判定では、満タンスイッチ107からの検出信号がONであるときには、下皿31が遊技球で満タンであるとしてその旨を伝える満タン情報を上述した状態情報記憶領域に記憶する。一方、満タンスイッチ107からの検出信号がOFFであるときには、下皿31が遊技球で満タンでないとしてその旨を伝える満タン情報を状態情報記憶領域域に記憶する。
【0347】
球払出装置170に取り込まれた遊技球の球数が所定数以上となっているか否かの判定も、タイマ割り込み周期1.75msを利用して、今回の満タン及び球切れチェック処理で球切れスイッチからの検出信号がON、前回(1.75ms前)の満タン及び球切れチェック処理で球切れスイッチからの検出信号がOFFとなったとき、つまり球切れスイッチからの検出信号がOFFからONに遷移したときには、ステップS254のタイマ更新処理で上述した球切れ判定時間(119ms)の計時を開始する。そしてタイマ更新処理で球切れ判定時間が値0となったとき、つまり球切れ判定時間となったときには、この満タン及び球切れチェック処理で球切れスイッチからの検出信号がONであるか否かを判定する。この判定では、球切れスイッチからの検出信号がONであるときには、球払出装置170に取り込まれた遊技球の球数が所定数以上であるとしてその旨を伝える球切れ情報を状態情報記憶領域に記憶する一方、球切れスイッチからの検出信号がOFFであるときには、球払出装置170に取り込まれた遊技球の球数が所定数以上でないとしてその旨を伝える球切れ情報を状態情報記憶領域に記憶する。
【0348】
ステップS258に続いて、コマンド受信処理を行う(ステップS260)。このコマンド受信処理では、主制御基板765からの払い出しに関する各種コマンドを受信する。この各種コマンドを正常に受信したときには、その旨を伝えるACK情報を上述した出力情報記憶領域に記憶する。一方、各種コマンドを正常に受信できなかったときには、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続に異常が生じている旨を伝える接続異常情報を上述した状態情報記憶領域に記憶する。なお、主制御基板765からの払い出しに関する各種コマンドの詳細な説明は後述する。
【0349】
ステップS260に続いて、コマンド解析処理を行う(ステップS262)。このコマンド解析処理では、ステップS260で受信したコマンドの解析を行い、その解析したコマンドを受信コマンド情報として払出内蔵RAMの受信コマンド情報記憶領域に記憶する。
【0350】
ステップS262に続いて、主要動作設定処理を行う(ステップS264)。この主要動作設定処理では、賞球、貸球、球抜き及び球がみ等の動作設定を行ったり、未払い出しの球数(賞球ストック数)を監視したりする。なお、これらの動作設定や監視の詳細な説明は後述する。
【0351】
ステップS264に続いて、LED表示データ作成処理を行う(ステップS266)。このLED表示データ作成処理では、上述した状態情報記憶領域から各種情報を読み出し、払出制御基板775のエラーLED表示器777に表示する表示データを作成してLED表示情報として上述した出力情報記憶領域に記憶する。例えば、状態情報記憶領域から上述した球切れ情報を読み出し、この球切れ情報に対応する表示データを作成してLED表示情報を出力情報記憶領域に記憶する。
【0352】
ステップS266に続いて、コマンド送信処理を行う(ステップS268)。このコマンド送信処理では、上述した状態情報記憶領域から各種情報を読み出し、この各種情報に基づいてコマンドを作成して主制御基板765に送信する。
【0353】
ステップS268に続いて、外部ウォッチドックタイマ(外部WDT)775cへのクリア信号をOFFする(ステップS270)。これにより、外部WDT775cをクリアし、払出制御MPU775aにリセットがかからないようにするとともに、外部WDT775cの計時を開始する。
【0354】
ステップS270に続けて、再びステップS242に戻り、停電信号が入力されているか否かを判定し、この停電信号の入力がなければ、ステップS244で1.75ms経過フラグHT−FLGが値1であるか否かを判定し、この1.75ms経過フラグHT−FLGが値1であるとき、つまり1.75ms経過したときには、ステップS246で1.75ms経過フラグHT−FLGに値0をセットし、ステップS248で外部WDT775cにクリア信号を出力し、ステップS250でポート出力処理を行い、ステップS252でポート入力処理を行い、ステップS254でタイマ更新処理を行い、ステップS256でCR通信処理を行い、ステップS258で満タン及び球切れチェック処理を行い、ステップS260でコマンド受信処理を行い、ステップS262でコマンド解析処理を行い、ステップS264で主要動作設定処理を行い、ステップS266でLED表示データ作成処理を行い、ステップS268でコマンド送信処理を行い、ステップS270で外部WDT775cにクリア信号を出力し、ステップS242〜ステップS270を繰り返し行う。なお、このステップS242〜ステップS270の処理を「払出制御側メイン処理」という。
【0355】
主制御基板765による遊技の進行に応じて払出制御側メイン処理の処理内容が異なってくる。このため、払出制御MPU775aの処理に要する時間が変動することとなる。そこで、払出制御MPU775aは、ステップS250のポート出力処理において、主制御基板765からの払い出しに関する各種コマンドを正常に受信した旨を伝えるACK信号を、優先して主制御基板765に出力している。これにより、払出制御MPU775aは、変動する他の処理を十分に行えるよう、その処理時間を確保している。
【0356】
一方、ステップS242で停電信号の入力があったときには、割り込み禁止設定を行う(ステップS272)。この設定により後述する払出制御側タイマ割り込み処理が行われなくなり、払出内蔵RAMへの書き込みを防ぎ、上述した払出情報の書き換えを保護している。ステップS272に続いて、球払出装置170への駆動信号の出力を停止する(ステップS274)。これにより、遊技球の払い出しを停止する。ステップS274に続いて、外部WDT775cにクリア信号をON/OFFする(ステップS276)。これにより、外部WDT775cをクリアする。ステップS276に続いて、チェックサムの算出を行ってこの算出した値を記憶する(ステップS278)。このチェックサムは、ステップS226で算出したチェックサムの値及び払出バックアップフラグHBK−FLGの値の記憶領域を除く、払出内蔵RAMの作業領域の払出情報を数値とみなしてその合計を算出する。ステップS278に続いて、払出バックアップフラグHBK−FLGに値1をセットする。(ステップS280)、これにより払出バックアップ情報の記憶が完了する。ステップS280に続いて、払出内蔵RAMへのアクセスの禁止設定を行う(ステップS282)。この設定により払出内蔵RAMへのアクセスが禁止され書き込み及び読み出しができなくなり、払出内蔵RAMに記憶されている払出バックアップ情報が保護される。ステップS282に続いて、無限ループに入る。この無限ループでは、外部WDT775cにクリア信号をON/OFFしない。このため、払出制御MPU775aにリセットがかかり、その後払出制御MPU775aは、この払出制御側電源投入時処理を再び行う。なお、ステップS272〜ステップS282の処理及び無限ループを「払出制御側電源断時処理」という。
【0357】
パチンコ機1(払出制御MPU775a)は、停電したとき又は瞬停したときにはリセットがかかり、その後の電力の復旧により払出制御側電源投入時処理を行う。
【0358】
なお、ステップS228では払出内蔵RAMに記憶されている払出バックアップ情報が正常なものであるか否かを検査し、続いてステップS230では払出制御側電源断時処理が正常に終了されたか否かを検査している。このように、払出内蔵RAMに記憶されている払出バックアップ情報を2重にチェックすることにより払出バックアップ情報が不正行為により記憶されたものであるか否かを検査している。
【0359】
<2.払出制御側タイマ割り込み処理>
次に、払出制御側タイマ割り込み処理について説明する。この払出制御側タイマ割り込み処理は、図61〜図63に示した払出制御側電源投入時処理において設定された割り込み周期(本実施形態では、1.75ms)ごとに繰り返し行われる。
【0360】
払出制御側タイマ割り込み処理が開始されると、払出制御基板775の払出制御MPU775aは、図64に示すように、タイマ割り込みを禁止に設定してレジスタの切替(退避)を行う(ステップS290)。ここでは、上述した払出制御側メイン処理で使用していた汎用記憶素子(汎用レジスタ)から補助レジスタに切り替える。この補助レジスタを払出制御側タイマ割り込み処理で使用することにより汎用レジスタの値が上書きされなくなる。これにより、払出制御側メイン処理で使用していた汎用レジスタの内容の破壊を防いでいる。
【0361】
ステップS290に続いて、1.75ms経過フラグHT−FLGに値1をセットする(ステップS292)。この1.75経過フラグHT−FLGは、この払出制御側タイマ割り込み処理が行われるごとに、つまり1.75msごとに1.75msを計時するフラグであり、1.75ms経過したとき値1、1.75ms経過していないとき値0にそれぞれ設定されている。ステップS292に続いて、レジスタの切替(復帰)を行う(ステップS294)。この復帰は、ステップS290でスタックに積んで退避した内容を読み出してレジスタに書き込むことにより行われる。ステップS294に続いて、割り込み許可の設定を行い(ステップS296)、このルーチンを終了する。
【0362】
<3.各種賞球ストック数加算処理>
次に、各種賞球ストック数加算処理について説明する。この各種賞球ストック数加算処理には、賞球用賞球ストック数加算処理と貸球用賞球ストック数加算処理とがあり、賞球用賞球ストック数加算処理は主制御基板765からの後述する賞球コマンドに基づいて払い出す球数を加算する処理であり、貸球用賞球ストック数加算処理はプリペイドカードユニット1aからの貸球要求信号に基づいて払い出す球数を加算する処理である。まず、賞球用賞球ストック数加算処理について説明し、続いて貸球用賞球ストック数加算処理について説明する。なお、本実施形態では、賞球用賞球ストック数加算処理が優先的に行われるように設定されており、この賞球用賞球ストック数加算処理で加算された賞球ストック数に応じた遊技球が球払出装置170で払い出されたあと、貸球用賞球ストック数加算処理が行われるように設定されている。
【0363】
賞球用賞球ストック数加算処理が開始されると、払出制御基板775の払出制御MPU775aは、図65に示すように、賞球コマンドがあるか否かを判定する(ステップS300)。この判定は、図63に示した払出制御側電源投入時処理(払出制御側メイン処理)におけるステップS262のコマンド解析処理で解析したコマンドに基づいて行う。具体的には、その解析したコマンドは受信コマンド情報として払出内蔵RAMの受信コマンド情報記憶領域に記憶されている。ステップS300では、この受信コマンド情報記憶領域から受信コマンド情報を読み出して賞球コマンドであるか否かの判定を行う。
【0364】
ステップS300で受信コマンド情報が賞球コマンドであるときには、この賞球コマンドに対応する賞球数PBVを、賞球数情報テーブルから読み出す(ステップS302)。この賞球数情報テーブルは、その詳細な説明は後述するが、賞球コマンドと賞球数PBVとを対応付けて払出制御ROMに予め記憶されている情報テーブルである。ステップS302に続いて、払出内蔵RAMから賞球ストック数PBSを読み出す(ステップS304)。この賞球ストック数PBSは、球払出装置170で遊技球を未だ払い出していない数、つまり未払い出しの球数を表しており、本実施形態では、2バイト(16ビット)の記憶容量を有している。これにより、賞球ストック数PBSは、0〜65535個までの未払い出しの球数を記憶することができるようになっている。ステップS304で読み出した賞球ストック数PBSにステップS302で読み出した賞球数PBVを加算し(ステップS306)、このルーチンを終了する。なお、ステップS306で加算したあと、ステップS300で読み出した賞球コマンドを受信コマンド情報記憶領域から消去する。
【0365】
一方、ステップS300で受信コマンド情報が賞球コマンドでないときには、そのままこのルーチンを終了する。
【0366】
次に、貸球用賞球ストック数加算処理について説明する。この貸球用賞球ストック数加算処理が開始されると、払出制御基板775の払出制御MPU775aは、図66に示すように、貸球要求信号があるか否かを判定する(ステップS310)。この判定は、図63に示した払出制御側電源投入時処理(払出制御側メイン処理)におけるステップS252のポート入力処理でプリペイドカードユニット1aからの貸球要求信号に基づいて行う。具体的には、その貸球要求信号は入力情報として払出内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶されている。ステップS310では、この入力情報記憶領域から入力情報を読み出して貸球要求信号があるか否かの判定を行う。
【0367】
ステップS310で貸球要求信号があるときには、払出内蔵RAMから賞球ストック数PBSを読み出し(ステップS312)、この賞球ストック数PBSに貸球数RBVを加算し(ステップS314)、このルーチンを終了する。貸球数RBVは固定値であり、払出制御ROMに予め記憶されている。本実施形態では、貸球数RBVとして値25が設定されている。なお、ステップS314で加算したあと、ステップS310で読み出した貸球要求信号を入力情報記憶領域から消去する。また、本実施形態では、賞球を優先している(賞球と貸球とを区別して管理している)。このため、貸球要求信号があるときであっても、貸球要求信号を保持し、賞球の払い出しの完了をもって、貸球の払い出しを行う。したがって、賞球ストックPBSが値0になってから貸球の払い出しを行うようになっている。
【0368】
一方、ステップS310で貸球要求信号がないときには、そのままこのルーチンを終了する。
【0369】
<4.ストック監視処理>
次に、ストック監視処理について説明する。このストック監視処理は、遊技者が遊技中に下皿31に遊技球を満タンにした状態(ストックした状態)で遊技を続けていないか監視する処理である。
【0370】
ストック監視処理が開始されると、払出制御基板775の払出制御MPU775aは、図67に示すように、払出内蔵RAMから賞球ストック数PBSを読み出し(ステップS320)、読み出した賞球ストック数PBSが注意的しきい値TH1以上であるか否かを判定する(ステップS322)。注意的しきい値TH1は、本実施形態では値50に設定されている。ステップS322で賞球ストック数PBSが注意的しきい値TH1以上であるときには、注意フラグCA−FLGに値1をセットする(ステップS324)。この注意フラグCA−FLGは、遊技者が下皿31に遊技球のストックを開始し、遊技球の未払い出し数(上述した賞球ストック数)が注意的しきい値TH1以上に達している旨を示すフラグであり、注意的しきい値TH1以上に達しているとき値1、注意的しきい値TH1以上に達していないとき値0にそれぞれ設定されている。
【0371】
ステップS324に続いて、ステップS320で読み出した賞球ストック数PBSが警告的しきい値TH2以上であるか否かを判定する(ステップS326)。警告的しきい値TH2は、本実施形態では値300に設定されている。ステップS326で賞球ストック数PBSが警告的しきい値TH2以上であるときには、警告フラグWA−FLGに値1をセットし(ステップS328)、このルーチンを終了する。この警告フラグWA−FLGは、遊技者が下皿31に遊技球のストックを開始し、遊技球の未払い出し数(上述した賞球ストック数)が警告的しきい値TH2以上に達している旨を示すフラグであり、警告的しきい値TH2以上に達しているとき値1、警告的しきい値TH2以上に達していないとき値0にそれぞれ設定されている。
【0372】
一方、ステップS322で賞球ストック数PBSが注意的しきい値TH1未満であるときには、注意フラグCA−FLGに値0をセットし(ステップS330)し、このルーチンを終了する。一方、ステップS326で賞球ストック数PBSが警告的しきい値TH2未満であるときには、警告フラグWA−FLGに値0をセットし(ステップS332)、このルーチンを終了する。
【0373】
遊技状態が大当りとなり、遊技者がリラックスして演出表示装置115で繰り広げられる演出に見入ったり、装飾物本体302の役物動作に見入ったりしていると、遊技者は、うっかりして1ラウンドの間、賞球として払い出された遊技球を、下皿31から下皿用球排出ボタン(図示外)を操作して抜かないことがある。この状態で遊技を続けると、上述したように、賞球ストック数PBSの値は増加し、注意的しきい値TH1、そして警告的しきい値TH2以上となり、その詳細な説明は後述するが、警告演出として、スピーカ18,57から案内音声が流れることとなる。そうすると、遊技者は、遊技状態が大当りというリラックスした状態でいられるにもかかわらず、うっかりして下皿31から遊技球を抜かないでいると、警告演出が行われることとなり、いらだつ事態になりかねない。
【0374】
そこで、その不快感を極力防止するために本実施形態では、上述したように、警告的しきい値TH2に値300を設定している。この警告的しきい値TH2は、2ラウンド分の賞球として払い出す遊技球の球数に設定されている。例えば、下部側大入賞口83に遊技球が1個入球すると、賞球として15個払い出す場合には、1ラウンド分(本実施形態では、下部側大入賞口83が閉鎖状態から開放状態となったとき、15個の遊技球の入球又は開放状態となってから30秒の経過により、下部側大入賞口83が開放状態から閉鎖状態に再び戻るようになっている。)の賞球として払い出す遊技球の球数は、下部側大入賞口83に遊技球が10個入球すると、150個(=15×10)となり、2ラウンド分では300個(150×2)となる。なお、賞球ストック数PBSの記憶容量が1バイト(8ビット)である場合には、0〜255個までの未払い出しの球数しか記憶することができないため、上述したように、本実施形態では、賞球ストック数PBSの記憶容量を2バイト(16ビット)にすることによって、256個以上の未払い出しの球数を記憶することができるようになっている。
【0375】
一方、注意的しきい値TH1は値50に設定されているが、これは、賞球ストック数PBSが警告的しきい値TH2に達するまえの段階で、その詳細な説明は後述するが、注意演出として賞球ランプ396を点灯することによって、例えばホールの店員に対して遊技者の遊技を注意する旨を伝えることができ、ホールの店員は遊技者に下皿31から遊技球を抜く旨を伝えることができる。これにより、遊技者は下皿31に遊技球を満タンにした状態でさらに遊技を継続することを防止することができる。また、遊技者は、遊技状態が大当りというリラックスした状態でいられるにもかかわらず、うっかりして下皿31から遊技球を抜かないでいても、注意演出による告知の段階で、ホールの店員から下皿31から遊技球を抜く旨を伝えられ、いらだつ事態を防止することができる。
【0376】
なお、本実施形態では、注意的しきい値TH1は、1バイト(8ビット)で表せる上限値255の約5分の1に相当する値50に設定されており、上述した警告的しきい値TH2の値300の6分の1に設定されている。これにより、ホールの店員に対してできるだけ早い段階で遊技者の遊技に注意を促す旨を伝えることができるようになっている。
【0377】
<5.払出球抜き判定設定処理>
次に、払出球抜き判定設定処理について説明する。この払出球抜き判定設定処理は、球払出装置170で遊技球を、上皿51及び下皿31に払い出すか、球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球をパチンコ機1から排出するか、又はこのような払い出しや排出を行わないか、いずれかに設定する処理である。
【0378】
払出球抜き判定設定処理が開始されると、払出制御基板775の払出制御MPU775aは、図68に示すように、球がみ中フラグPBE−FLGが値1であるか否かを判定する(ステップS340)。この球がみ中フラグPBE−FLGは、その詳細な説明は後述するが、球払出装置170が球がみ動作を行っているとき値1、球がみ動作を行っていないとき値0にそれぞれ設定されている。
【0379】
ステップS340で球がみ中フラグPEB−FLGが値1でない(値0である)とき、つまり球がみ動作を行っていないときには、賞球ストック数PBSを払出内蔵RAMから読み出し(ステップS342)、読み出した賞球ストック数PBSが値0より大きいか否かを判定する(ステップS344)。この判定は、球払出装置170による遊技球の払い出しにおいて未払い出しの球数があるか否かを判定している。
【0380】
ステップS344で賞球ストック数PBSが値0より大きいとき、つまり未払い出し球数があるときには、下皿31が遊技球で満タンであるか否かを判定する(ステップS346)。この判定は、図63に示した払出制御側電源投入時処理(払出制御側メイン処理)におけるステップS258の満タン及び球切れチェック処理で記憶された満タン情報に基づいて行う。具体的には、満タン情報は払出内蔵RAMの状態情報記憶領域に記憶されている。ステップS346では、この状態情報記憶領域から満タン情報を読み出して下皿31が遊技球で満タンであるか否かを判定する。
【0381】
ステップS346で下皿31が遊技球で満タンでないときには、後述する払出設定処理を行い(ステップS348)、このルーチンを終了する。これにより、上皿51及び下皿31に遊技球が払い出される。一方、ステップS346で下皿31が遊技球で満タンであるときには、そのままこのルーチンを終了する。本実施形態のパチンコ機1では、下皿31が遊技球で満タンになると球払出装置170を強制停止する。この球払出装置170が強制停止中に賞球が発生すると、球払出装置170による未払い出しの球数が増え、図65に示した賞球用賞球ストック数算出処理によって賞球ストック数PBSが加算されて増加することとなる。
【0382】
一方、ステップS340で球がみ中フラグPBE−FLGが値1、つまり球がみ動作を行っているときには、又はステップS344で賞球ストック数PBSが値0より大きくない(値0である)とき、つまり未払い出し球数がないときには、球抜きフラグRMV−FLGが値1であるか否かを判定する(ステップS350)。この球抜きフラグRMV−FLGは、上述したように、球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球を排出するか否かを示すフラグであり、遊技球を排出するとき値1、遊技球を排出しないとき値0にそれぞれ設定されている。ステップS350の判定は、図61に示した払出制御側電源投入時処理におけるステップS214の判定結果に基づいて行う。つまり、払出制御基板775の球抜きスイッチ779からの操作信号が入力されると、払出制御側電源投入時処理におけるステップS214で球抜きフラグRMV−FLGに値1をセットし、一方、操作信号が入力されないと、払出制御側電源投入時処理におけるステップS216で球抜きフラグRMV−FLGに値0をセットする。
【0383】
ステップS350で球抜きフラグRMV−FLGが値1であるとき、つまり球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球を排出するときには、後述する球抜き設定処理を行い(ステップS352)、このルーチンを終了する。これにより、球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球が排出される。
【0384】
ここで、電源を遮断し、その後球抜きスイッチ779を押したまま電源投入すると、この払出球抜き判定設定処理のステップS352で球抜き設定処理を行うこととなり、球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球を排出することができるようになっている。この排出を終了すると、球抜きフラグRMV−FLGに値0をセットする。
【0385】
一方、ステップS350で球抜きフラグRMV−FLGが値0であるとき、つまり球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球を排出しないときには、そのままこのルーチンを終了する。これにより、遊技球の払い出しや排出が行われない。
【0386】
次に、払出設定処理について説明する。この払出設定処理では球払出装置170を駆動して遊技球を払い出す設定を行う処理ある。
【0387】
払出設定処理が開始されると、払出制御基板775の払出制御MPU775aは、図69に示すように、駆動指令数DRVを払出内蔵RAMから読み出す(ステップS360)。この駆動指令数DRVは、球払出装置170で払い出す遊技球の球数を指令するものであり、賞球ストック数PBSと同値である。ステップS360に続いて、駆動指令数DRVが値0であるか否かを判定する(ステップS362)。この判定は、球払出装置170で払い出す遊技球の球数が残っているか否かを駆動指令数DRVに基づいて判定する。ステップS362で駆動指令数DRVが値0であるとき、つまり球払出装置170で払い出す遊技球の球数がゼロ個であるときには、球払出装置170への駆動信号の出力停止(停止)を設定する(ステップS364)。この設定では、球払出装置170に駆動信号を停止する駆動情報を設定して上述した払出内蔵RAMの出力設定記憶領域に記憶する。ステップS364に続いて、払出内蔵RAMから賞球ストック数PBSを読み出し(ステップS366)、実球計数PBを読み出す(ステップS368)。この実球計数PBは、球払出装置170が実際に払い出した遊技球の球数をカウントしたものである。このカウントは、その詳細な説明は後述するが、図63に示した払出制御側電源投入時処理(払出制御側メイン処理)におけるステップS252のポート入力処理で、球払出装置170の計数スイッチ105からの検出信号に基づいて行う。
【0388】
ステップS368に続いて、ステップS366で読み出した賞球ストック数PBSからステップS368で読み出した実球計数PBを引いた値を、賞球ストック数PBS及び駆動指令数DRVにセットし(ステップS370)、実球計数PBに値0をセットし(ステップS372)、このルーチンを終了する。なお、駆動指令数DRV及び実球計数PBが値0であるときには、ステップS372では、ステップS366で読み出した賞球ストック数PBSの値がそのまま駆動指令数DRVにセットされる。
【0389】
一方、ステップS362で駆動指令数DRVが値0でないとき、つまり球払出装置170で払い出す遊技球の球数があるときには、球払出装置170への駆動信号の出力を設定する。(ステップS374)。この設定では、球払出装置170に駆動信号を出力する駆動情報を設定して出力設定記憶領域に記憶する。ステップS374に続いて、回転角スイッチ106からの検出信号があるか否かを判定する(ステップS376)。この判定は、図63に示した払出制御側電源投入時処理(払出制御側メイン処理)におけるステップS252のポート入力処理で、回転角スイッチ106からの検出信号に基づいて行う。具体的には、その検出信号は入力情報として払出内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶されている。ステップS376では、この入力情報記憶領域から入力情報を読み出して回転角スイッチ106からの検出信号があるか否かの判定を行う。
【0390】
ステップS376で回転角スイッチ106からの検出信号があるときには、駆動指令数DRVに値1だけ引き(デクリメントし、ステップS378)、計数スイッチ105からの検出信号があるか否かを判定する(ステップS380)。この判定は、図63に示した払出制御側電源投入時処理(払出制御側メイン処理)におけるステップS252のポート入力処理で、計数スイッチ105からの検出信号に基づいて行う。具体的には、その検出信号は入力情報として払出内蔵RAMの入力情報記憶領域に記憶されている。ステップS380では、この入力情報記憶領域から入力情報を読み出して計数スイッチ105からの検出信号があるか否かの判定を行う。
【0391】
ステップS380で計数スイッチ105からの検出信号があるときには、実球計数PBに値1だけ足し(インクリメントし、ステップS382)、このルーチンを終了する。ステップS382で実球計数PBをインクリメントすることで実球計数PBをカウントアップすることとなる。一方、ステップS380で計数スイッチ105からの検出信号がないときには、そのままこのルーチンを終了する。
【0392】
一方、ステップ276で回転角スイッチ106からの検出信号がないときには、球がみ判定時間が経過したか否かを判定する(ステップS384)。この判定は、図63に示した払出制御側電源投入時処理(払出制御側メイン処理)におけるステップS254のタイマ更新処理で更新した球がみ判定時間に基づいて行う。具体的には、その球がみ判定時間は、時間管理情報として払出内蔵RAMの時間管理情報記憶領域に記憶されている。ステップS384では、この時間管理情報記憶領域から時間管理情報を読み出して球がみ判定時間が経過したか否かを判定する。なお、球がみ判定時間中には球払出装置170は、球がみ動作を行う。この球がみ動作は、球払出装置170の球通路(図示外)に取り込まれた遊技球が球詰まりした状態等を解消するために行う。
【0393】
ステップS384で球がみ判定時間が経過していないときには、球がみ動作を行うよう球払出装置170への駆動信号の出力を設定する(ステップS386)。この設定では、球払出装置170に駆動信号を出力する駆動情報を設定して上述した払出内蔵RAMの出力設定記憶領域に記憶する。ステップS386に続いて、球がみ中フラグPBE−FLGに値1をセットし(ステップS388)、このルーチンを終了する。この球がみ中フラグPBE−FLGは、球払出装置170による球がみ動作を行っているとき値1、球がみ動作を行っていないとき値0にそれぞれ設定されている。一方、ステップS384で球がみ判定時間が経過したときには、球がみ動作を終了するよう球払出装置170への駆動信号の停止を設定する(ステップS390)。この設定では、球払出装置170に駆動信号を停止する駆動情報を設定して出力設定記憶領域に記憶する。ステップS390に続いて、球がみ中フラグPBE−FLGに値0をセットし(ステップS392)、このルーチンを終了する。
【0394】
次に、球抜き設定処理について説明する。この球抜き設定処理では、球払出装置170を駆動して、球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球を排出する。
【0395】
球抜き設定処理が開始されると、払出制御基板775の払出制御MPU775aは、図70に示すように、球抜き判定時間が経過したか否かを判定する(ステップS400)。この判定は、図63に示した払出制御側電源投入時処理(払出制御側メイン処理)におけるステップS254のタイマ更新処理で更新した球抜き判定時間に基づいて行う。具体的には、その球抜き判定時間は、時間管理情報として払出内蔵RAMの時間管理情報記憶領域に記憶されている。ステップS400では、この時間管理情報記憶領域から時間管理情報を読み出して球抜き判定時間が経過したか否かを判定する。なお、球抜き判定時間中には球払出装置170は、球抜き動作を行う。この球抜き動作は、球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球を排出するために行う。
【0396】
ステップS400で球抜き判定時間が経過していないときには、球抜き動作を行うよう球払出装置170への駆動信号の出力を設定する(ステップS402)。この設定では、球払出装置170に駆動信号を出力する駆動情報を設定して上述した払出内蔵RAMの出力設定記憶領域に記憶する。ステップS402に続いて、球抜きフラグRMV−FLGに値1をセットし(ステップS404)、このルーチンを終了する。この球抜きフラグRMV−FLGは、上述したように、球タンク136及びタンクレール150に貯留されている遊技球を排出するか否かを示すフラグであり、遊技球を排出するとき値1、遊技球を排出しないとき値0にそれぞれ設定されている。一方、ステップS400で球抜き判定時間が経過したときには、球抜き動作を終了するよう球払出装置170への駆動信号の停止を設定し(ステップS406)、このルーチンを終了する。この設定では、球払出装置170に駆動信号を停止する駆動情報を設定して出力設定記憶領域に記憶する。
【0397】
[払い出しに関する各種コマンド等]
次に、払い出し関する各種コマンド等について説明する。まず、主制御基板765から払出制御基板775に送信する払い出しに関するコマンド(賞球コマンド)について説明し、続いて払出制御基板775から主制御基板765に送信するパチンコ機1の状態コマンド、この状態コマンドを整形した整形状態コマンドについて説明する。図71は払い出しに関するコマンドの一例を示す賞球数情報テーブルであり、図72は状態コマンドの一例を示すテーブルであり、図73は状態コマンドを整形した整形状態コマンドの一例を示すテーブルである。
【0398】
<1.賞球コマンド>
賞球コマンドは、1バイト(8ビット)の記憶容量を有するコマンドであり、主制御基板65から払出制御基板775に送信する払い出しに関するコマンドである。例えば、パチンコ機1にプリペイドカードユニット1a(パチンコ機と通信して、パチンコ機に供給する遊技球を、パチンコ機の払出モータを駆動して上皿に貸球として払い出す装置(「CR機」という。))が隣接して配置されている場合には、図71(a)に示すように、主制御基板765から払出制御基板775に送信する賞球コマンドには、コマンド10H〜コマンド1EH(「H」は16進数を表す。)が用意されており、コマンド10Hでは賞球1個が指定され、コマンド11Hでは賞球2個が指定され、コマンド1EHでは賞球15が指定されている。この指定された賞球数だけ、払出制御基板775は、球払出装置170を駆動して遊技球を払い出す制御を行う。
【0399】
また、パチンコ機1に貸球機(遊技球を上皿に貸球として直接払い出す装置(「一般機(現金機)」という。))が隣接して配置されている場合には、図71(b)に示すように、主制御基板765から一般機に送信する賞球コマンドには、コマンド20H〜コマンド2EHが用意されており、コマンド20Hでは賞球1個が指定され、コマンド21Hでは賞球2個が指定され、コマンド2EHでは賞球15が指定されている。この指定された賞球数だけ、一般機は遊技球を払い出す制御を行う。
【0400】
なお、CR機及び一般機の共通のコマンド(セルフチェックコマンド)として、図71(c)に示すように、コマンド30Hが用意されており、このコマンド30Hではセルフチェックが指定されている。このセルフチェックコマンドは、賞球を払い出すためのものではなく、主制御基板765と払出制御基板775との基板間の接続状態を確認するためのものであり、CR機及び一般機において共通に用いられる。
【0401】
ここで、CR機と一般機(現金機)について説明する。CR機では、貸し受けたい球数に相当するプリペイドカードを予め券売機で購入し、パチンコ機1に隣接して配置されたプリペイドカードユニット1aにそのプリペイドカードを挿入することでパチンコ機1(球払出装置170)から貸球として遊技球が払い出される。具体的には、プリペイドカードは、プリペイドカードユニット1aに挿入されると、プリペイドカードユニット(図示外)に内蔵されたカードリーダーによってプリペイドカードから残金情報が読み取られるようになっている。プリペイドカードユニット1aは、その残金情報に基づいてパチンコ機1に貸球要求信号を出力し、パチンコ機1は球払出装置170から貸球として遊技球を払い出す。一方、一般機(現金機)では、貸球用の専用機をパチンコ機1’に隣接して配置されている。その貸球用の専用機に現金を入れることで、貸球用の専用機は、その現金に基づいて貸球として遊技球を払い出す。
【0402】
CR機は、一般機に許可されていない確率変動機能を有しており、一般機に比べて射幸性の面で遊技者の人気が高い。このため、CR機については、ホールの脱税対策として、売り上げを第三者機関で管理される仕組みとなっている。具体的には、プリペイドカードユニット1aは、売り上げ情報収集端末と赤外線通信を行うことができるようなっており、売り上げ情報収集端末がプリペイドカード会社の情報収集センターと有線で接続されている。これにより、プリペイドカード会社はホールの売り上げ情報を管理できるようになっている。
【0403】
ところで、一般機用として払出制御基板775’が搭載されたパチンコ機1’に、確率変動機能を備えたCR機用の遊技盤5を、一般機用の遊技盤5’に替えて装着すると、一般機用のパチンコ機1’にもかかわらず、確率変動機能を有したCR機で遊技者に遊技を行わせることができる。このため、遊技者は人気の高いCR機を好んで遊技を行うこととなる。そうすると、一般機用として払出制御基板775’が搭載されたパチンコ機1’は、上述したように、パチンコ機1’に隣接して配置されており、プリペイドカード会社の情報収集センターと接続されていないため、売り上げ情報が第三者機関に伝わらなくなる。これにより、ホールは、このような不正遊技を遊技者に提供することによって売り上げを不正に獲得している。
【0404】
本実施形態では、賞球コマンドは、1バイト、つまり8ビットの記憶容量を有しており、その8ビットのうちの上位4ビットを、CR機用の賞球コマンド又は一般機用の賞球コマンドに識別できる情報として用いる。一方その8ビットの下位4ビットを、遊技者に払い出す遊技球の球数を指定する情報として用いている。上述したように、CR機用の賞球コマンドは10H〜コマンド1EH、一般機用の賞球コマンドは20H〜コマンド2EHにそれぞれ予め設定されている。このように、上位4ビットに値1をCR機用に指定し、上位4ビットに値2を一般機用に指定することによって、電源投入時に図示しない送信用のレジスタが初期化されて値0(デフォルト値)となっても、下位4ビットが値0となり賞球1個を指示するものとなるが、上位4ビットが値0であるためCR機用の賞球コマンド、一般機用の賞球コマンドのいずれにも該当しない。これにより、電源投入時においてデフォルト値が払出制御基板775に送信されても、払出制御基板775は無効なコマンドとして破棄する。また、セルフチェックコマンドもまた1バイト、つまり8ビットの記憶容量を有しており、その8ビットのうち上位4ビットを、CR機及び一般機の共通コマンドであるセルフチェックコマンドとして用いている。上述したように、セルフチェックコマンドは30Hである。このように、隣接する同一の2ビットの情報でCR機用の賞球コマンド、一般機用の賞球コマンド、セルフチェックコマンドのいずれかを指定することができるため、CR機用の払出制御基板775ではCR機用の賞球コマンド及びセルフチェックコマンドを受信すると、隣接する同一の2ビットの情報に基づいてCR機用の賞球コマンド及びセルフチェックコマンドを判別して受け入れ、一方一般機用の払出制御基板775’では一般機用の賞球コマンド及びセルフチェックコマンドを受信すると、隣接する同一の2ビットの情報に基づいて一般機用の賞球コマンド及びセルフチェックコマンドを判別して受け入れる。これにより、例えば一般機用のパチンコ機1’に、確率変動機能を備えた主制御基板765を搭載したCR機用の遊技盤5が装着されても、パチンコ機1’に装着された一般機用の払出制御基板775’は、CR機用の賞球コマンドを正常に受信すると、その旨を主制御基板765にACK信号を出力するが、その受信したCR機用の賞球コマンドを破棄するようになっている。したがって、一般機用の遊技盤5’をCR機用の遊技盤5に替えて遊技者に遊技を行わせても、遊技者に賞球として遊技球が払い出されることがない。
【0405】
<2.状態コマンド>
状態コマンドは、1バイト(8ビット)の記憶容量を有するコマンドであり、払出制御基板775から主制御基板765に送信するコマンドである。状態コマンドには、図72に示すように、枠状態、エラー解除ナビ及びストック表示に区分されており、枠状態、エラー解除、そしてストック表示の順で優先順位が設定されている。枠状態には、球切れ、球抜き中、接続異常及びCR未接続が用意されており、球切れではビット0(B0、「B」はビットを表す。)に値1がセットされ、球抜き中ではビット2(B2)に値1がセットされ、接続異常ではビット3(B3)に値1がセットされ、CR未接続ではビット4(B4)に値1がセットされる。なお、状態コマンドのうち、枠状態である旨を伝えるビット5(B5)〜ビット7(B7)にはB5に値1、B6に値0、そしてB7に値0がセットされている。
【0406】
エラー解除ナビには、球がみ、計数スイッチエラー及びリトライ上限エラーが要されており、球がみではビット2(B2)に値1がセットされ、計数スイッチエラーではビット3(B3)に値1がセットされ、リトライ上限エラーではビット4(B4)に値1がセットされる。ここで、「計数スイッチエラー」とは、球払出装置170の計数スイッチ105の不具合が生じているか否かを示すものである。「リトライ上限エラー」とは、つじつまの合わない払い出しが繰り返し行われたことを示すものである。なお、状態コマンドのうち、エラー解除ナビである旨を伝えるビット5(B5)〜ビット7(B7)にはB5に値0、B6に値1、そしてB7に値0がセットされている。
【0407】
ストック表示には、50個以上のストック中、300個以上のストック中が要されており、50個以上のストック中ではビット0(B0)に値1がセットされ、300個以上のストック中ではビット1(B1)に値1がセットされる。なお、状態コマンドのうち、ストック表示である旨を伝えるビット5(B5)〜ビット7(B7)にはB5に値1、B6に値1、そしてB7に値0がセットされている。
【0408】
<3.整形状態コマンド>
主制御基板765の主制御MPU765aは、サブ統合基板763に各種コマンドを送信する。これらの各種コマンドは、2バイト(16ビット)の記憶量領を有するコマンドであり、1バイト(8ビット)の記憶容量を有し、コマンドの種類を示すステータスと、1バイト(8ビット)の記憶容量を有し、演出のバリエーションを示すモードと、から構成されている。主制御MPU765aは、払出制御基板775から上述した状態コマンドを受信すると、図73に示すように、付加情報である「10000001B(=81H)」をステータスに設定するとともに、受信した状態コマンドをモードに設定して2バイト(16ビット)の記憶容量を有する整形状態コマンドに整形する。この整形状態コマンドは、図40に示した主制御側タイマ割り込み処理におけるステップS92のサブ統合基板コマンド送信処理の一処理として行われ、サブ統合基板763に送信される。なお、整形状態コマンドの詳細な説明は、上述した状態コマンドの内容と同一であるためその説明を省略する。
【0409】
[演出表示装置における演出表示の詳細について]
図74に基づき説明する。図74は、サブ統合基板における制御処理、及び液晶制御基板における制御処理の内容を示している。
【0410】
サブ統合基板763では、図74に示すように、主制御基板765から普通図柄または特別図柄の変動開始コマンドを受け取ると(ステップS501においてYES)、受け取ったこれらの変動開始コマンドを基に、演出表示装置115における普通図柄または特別図柄の変動態様を設定する(ステップS502)。具体的には、変動表示パターンコマンドに対応した変動表示パターンを設定するとともに、当否コマンドに基づいて装飾図柄列における最終停止図柄を決定する。また、サブ統合基板763は、乱数発生手段(図示しない)を有しており、乱数を取得するとともに、取得された乱数に応じて当り予告の演出態様を付加する。さらに、サブ統合基板763では、決定されたこれらの変動態様を、液晶制御基板758に対する変動開始コマンドとして設定する(ステップS503)。具体的には、変動表示パターンコマンド、最終停止図柄コマンド、及び演出パターンコマンド等を設定する。そして、設定されたこれらの変動開始コマンドを、液晶制御基板758に送信する(ステップS504)。これにより、液晶制御基板758では、抽選結果に応じた演出表示を行なったり、その演出表示に合せて音声等を発生させることが可能になる。
【0411】
一方、液晶制御基板758では、サブ統合基板763から変動開始コマンドを受け取ると(ステップS601においてYES)、その変動開始コマンドを基に、演出表示装置115における変動態様を設定(ステップS602)し、その後、演出表示装置115を制御する(ステップS603)。具体的には、変動表示パターンコマンドに対応した変動表示パターンを設定するとともに、最終停止図柄コマンドに基づいて、装飾図柄列の最終停止図柄を設定する。また、演出パターンコマンドに対応した演出を決定するとともに、より具体的な演出態様を付加する。つまり、液晶制御基板758は、乱数発生手段(ランダムカウンタ)を有しており、演出表示装置115における夫々の変動パターンに対して、より具体的な演出態様を付加することを可能にしている。このように、本例では、変動パターンの選択処理が、主制御基板765、サブ統合基板763、及び液晶制御基板758において分担されており、これにより、主制御基板765及びサブ統合基板763における処理の負担を軽減するとともに、変動パターンの複雑化、ひいては演出の興趣を向上させている。
【0412】
なお、図74に示すフローチャートでは、サブ統合基板763及び液晶制御基板758におけるコマンド受信処理のうち、特に演出の制御に関する変動開始コマンドの受信処理のみを説明している。つまり、ここでは、電源投入時のコマンドや異常時のコマンドに対する処理は省略している。
【0413】
ところで、本例の演出表示装置115に表示される演出画像には、周期性をもって変動表示される装飾図柄、及び装飾図柄の変動中に複数の画像を予め定めた順序に従って段階的に発展表示させることが可能なステップ演出等が含まれている。以下、装飾図柄、及びステップ演出について詳細に説明する。
【0414】
[演出表示装置における装飾図柄について]
次に、演出表示装置115における表示態様について、図75を参照しつつ説明する。図75は、演出表示装置に表示される表示領域を説明するための図である。
【0415】
図75に示すように、演出表示装置115は、水平方向を長辺とする長方形の画像表示領域1150を有しており、この表示領域の一部が、回転式振分装置294によって覆われている。具体的には、長方形の画像表示領域1150の右上の角部と、この角部を形成する上辺の右側ほぼ半分と、同じく右上の角部を形成する右辺の上側の2分の1以上と、を含む領域が、回転式振分装置294によって覆われている。つまり、画像表示領域1150は、回転式振分装置294によって覆潰されている。なお、「覆潰」とは、覆われることによって、当該覆われた領域が潰されていることを意味する。また、回転式振分装置294によって覆われた領域は、回転式振分装置294によって被せ隠されていることから、「掩覆」されていると称することもできる。
【0416】
ところで、長方形の画像表示領域1150のうちで、回転式振分装置294によって覆われていない領域は、遊技者により視認可能な可視領域1150aとなる。従って、画像表示領域1150は、可視領域1150aと覆潰領域1150b(隠蔽領域または掩覆領域とも称する)とを有することとなる。さらにこの可視領域1150aは、演出表示装置115の全領域のうち大部分を占める主要な抽選情報表示領域1151と、当該抽選情報表示領域1151よりも控えめに演出表示装置115の全領域のうち下方の一部分のみを占める遊技情報表示領域1152と、から構成されている。なお、図75において、長方形の画像表示領域1150は一転鎖線で表示された領域であり、覆潰領域1150bは回転式振分装置294によって隠れた領域であって一転鎖線で符号の引出線が引かれた領域である。
【0417】
また、回転式振分装置294は、遊技盤5(遊技板5a)の後面側であって、且つ、遊技領域37の内側と遊技領域37の外側とに跨って配置されている。具体的には、円板状の回転式振分装置294は、この円板面と遊技板5aの面とが平行であって、且つ遊技領域37の内側に形成された開口部124と遊技領域37の外側とに跨って遊技板5aに固定して取り付けられている。そのため、正面視において、回転式振分装置294は、遊技盤5(遊技板5a)の背後に被覆されている部分と、遊技領域37の内側にて視認可能となる部分(視認可能領域294a)と、を有している。そして、この視認可能領域294aにおいて、遊技者が回転式振分装置294の役物動作を視認することができるように構成されている。なお、演出表示装置115は、遊技板5aとの間に所定の空間を隔てて遊技板5aよりも後方に配置されており、且つ画像表示領域1150の表示面と遊技板5aの面とが平行となっている。これにより、回転式振分装置294と画像表示領域1150の表示面とが平行となる。
【0418】
ここで、回転式振分装置294は、時計回りに回転しており、さらに遊技者から見て画像表示領域1150の右上方において当該画像表示領域1150を覆っている。従って、回転式振分装置294は、覆潰領域115bにおいては下方から上方に向けて、各領域(特定ポケット343、普通ポケット344)が移動する。
【0419】
なお、「遊技領域の内側」とは、正面視で外レール76によって区画形成された内側領域であり、より詳細には、正面視で開口部124と外レール76とで挟まれた領域をいう。また、「遊技領域の外側」とは、正面視で外レール76によって区画形成された外側領域であり、より詳細には、正面視で前構成部材79が形成された領域をいう。
【0420】
また、この回転式振分装置294の視認可能領域294aは、回転式振分装置294の全体のうちほぼ半分である。一方、特定ポケット343は、等間隔で3つ設けられている(つまり、120度間隔で設けられている)。従って、視認可能領域294aにおいて常に一つ以上の特定ポケット343が現れることとなる。これにより、いかなるタイミングで大入賞口ユニット146に遊技球が入賞したとしても、当該遊技球が常に特定ポケット343に入球するのではないかといった期待感を持ち続けることができ、興趣の低下を抑制できる。
【0421】
さらに、案内通路340を流下して搬入片341に保持されている遊技球は、上述したように遊技球搬入装置380によって回転式振分装置294の流入口347への持ち上げられるが、この搬入片341および流入口347は、いずれも視認可能領域294aに位置している。しかも、案内通路340は、この案内通路340を転動する遊技球を視認できるように透明な樹脂部材で構成されている。従って、大入賞口ユニット146に入賞した遊技球が回転式振分装置294に設けられたいずれかの領域(特定ポケット343、普通ポケット344)に入球するまでの過程を観察することができる。しかも、遊技球が特定ポケット343に入球すると特別遊技が発生することから、この特別遊技の発生に関わる重要な搬入片341、流入口347および領域(特定ポケット343、普通ポケット344)が、いずれも視認可能領域294aに位置している。つまり、回転式振分装置294を、遊技領域37の内側と遊技領域37の外側とに跨って配置させたとしても、特別遊技の発生に関わる重要な搬入片341、流入口347および領域(特定ポケット343、普通ポケット344)を少なくとも視認可能領域294aに位置させれば良いので、回転式振分装置294を大型化できると共に遊技領域37を有効に使うことができる。また、回転式振分装置294を大型化することによって回転速度を遅くすることができることから、特別遊技の発生に関わる重要な搬入片341、流入口347および領域(特定ポケット343、普通ポケット344)を視認可能領域294aに位置させることによって、遊技球がいずれかの領域(特定ポケット343、普通ポケット344)に入球する態様を観察することができ、興趣の低下を抑制できる。
【0422】
ところで、回転式振分装置294は、遊技板5aの後方であって且つ演出表示装置115の近傍、より具体的には、遊技板5aと演出表示装置115との間に設けられた空間に配置されている。なお、「遊技板5aの後方であって且つ演出表示装置115の近傍」とは、奥行き方向に遊技板5aよりも演出表示装置115側であることを意味する。回転式振分装置294の配置位置について具体的に説明すると、回転式振分装置294の円板面と演出表示装置115の画像表示領域1150面とがほぼ重なるように対向して、回転式振分装置294が配置されている。これにより、演出表示装置115の画像表示領域1150と回転式振分装置294とが融合的となる。つまり、演出表示装置115の画像表示領域1150と回転式振分装置294とが奥行き方向における距離が大きくなることなく、ほぼ同一平面上に近くなる。これにより、演出表示装置115の画像表示領域1150と回転式振分装置294との間で遠近感を感じることなく、画像表示領域1150における表示および回転式振分装置294の動作の両方を注視して観測することが可能となる。とくに、本実施形態の遊技機では、回転式振分装置294に設けられる特定ポケット343に遊技球が入球したときに特別遊技が発生する。つまり、大入賞口ユニット146への遊技球の入賞タイミング如何によって特別遊技が発生するか否かが決定される。このように、大入賞口ユニット146への遊技球の入賞タイミングは、特別遊技の発生有無について重大な影響を及ぼすことから、大入賞口ユニット146への入賞タイミングと回転式振分装置294の回転動作との間には、特別遊技の発生について密接な関連性がある(つまり大入賞口ユニット146に入賞したときに特定ポケット343がどの位置にあるかが重要となる)。また、大入賞口ユニット146が開放されるタイミングは、画像表示領域1150において特別図柄の変動表示が停止してから一定時間経過後であることから、画像表示領域1150における表示態様と回転式振分装置294の動作とを同時に注視することによって、特別遊技が発生するか否かを予測することが可能となり、興趣の低下を抑制できる。
【0423】
抽選情報表示領域1151では、普通図柄当否判定手段602にかかる演出、特別図柄当否判定手段612にかかる演出、または、センター役物91内の第1の遊技領域に遊技球が進入した場合における役物抽選にかかる演出等が表示される。なお、「役物抽選にかかる演出」とは、センター役物91内の第1の遊技領域に遊技球が進入してから回転式振分装置294によって遊技球が振り分けられるまでの間に、抽選情報表示領域1151に表示される演出である。
【0424】
そして、この抽選情報表示領域1151は、普通図柄に対応する装飾図柄として、水平方向に並べて表示される左・右の2つの装飾図柄列のみが設定されており、装飾図柄列毎に変動表示されるようになっている。本実施形態では、水平方向を有効ラインとしているため、左・右2つの装飾図柄列の組み合わせにより、普通図柄当否判定手段602による抽選結果が表示される。また、一連の装飾図柄は、「0」〜「9」の数字を各々付した主装飾図柄と、絵図柄からなる副装飾図柄とにより構成されており、数字の昇順又は降順に主装飾図柄が表示されると共に各主装飾図柄の間に副装飾図柄が配されて一連の装飾図柄列が構成されている。そして、普通図柄画像表示制御手段631(図37参照)は、主装飾図柄と副装飾図柄とが周期性を持って左上方から右下方に向けて変動表示制御している(つまり、覆潰領域115bにおいては各領域(特定ポケット343、普通ポケット344)が移動する方向とは異なる)。具体的には、回転式振分装置294の外周に沿って円弧を描く態様で装飾図柄の変動表示が行われる。従って、装飾図柄の変動方向における長さをより一層長くすることができ、変動方向に多くの図柄を表示できる。また、円弧を描く態様で装飾図柄の変動表示を行うことにより、装飾図柄が浮き上がったように表示され、立体的な視覚的効果が得られる。その後、装飾図柄は、左装飾図柄列→右装飾図柄列の順に変動表示が停止し、その停止時に二つの装飾図柄が普通当り装飾図柄の組み合わせで揃えば普通当りとして「特別図柄始動口82に入賞させるように操作すること」、具体的には、「左に入れろ」が表示されるようになっている。本実施形態では、「3,3」の組み合わせおよび「7,7」の組み合わせが普通当りとなっている。そして、二つの装飾図柄列のうち最初に停止する停止図柄列(左装飾図柄列)が「3」または「7」で停止した場合には、これらの装飾図柄をリーチ形成図柄として、リーチ状態が成立する。なお、本実施形態において、主装飾図柄と副装飾図柄とが周期性を持って左上方から右下方に向けて変動表示制御されるのは、画像表示領域1150における可視領域1150aに沿って(具体的には回転式振分装置294の外縁に沿って)表示することによって、普通図柄の変動態様を視認しやすくするためである。また、このように装飾図柄列を変動表示することによって、各装飾図柄を大きく表示することができると共に、装飾図柄の変動方向において複数の装飾図柄を視認できる。これにより、装飾図柄列を構成する装飾図柄の配列を、必ずしも昇順または降順のような定期性を持たせる必要がなくなり、設計上の幅が広くなる。とくに、装飾図柄列を2つにすることによって、重厚感を排除できる。つまり、装飾図柄列が3つである場合、この3つの装飾図柄が例えばぞろ目で揃うと、遊技者は特別遊技が発生するといった期待感を持つこととなる。しかし、本実施形態のパチンコ機1では、装飾図柄が例えば「7,7」のぞろ目で揃ったとしても、特別始動口96への入賞が可能となるのみであり、即座に特別遊技が発生するわけではない。従って、装飾図柄列を2つにすることによって、装飾図柄が例えば「7,7」のぞろ目で揃った場合に、特別遊技が即座に発生しない構成であったとしても、特別遊技が即座に発生しないことに起因する興趣の低下を抑制できる。
【0425】
また、装飾図柄は、左上方から右下方に向けて変動するに際し、装飾図柄の大きさが次第に大きくなっている。これにより、装飾図柄が奥側から手前側に向けて立体的に変動表示しているような視覚的効果が得られる。しかも、左上方では、2つの装飾図柄が明確に独立して(つまり分離して)表示される一方、右下方では、2つの装飾図柄が互いに重なるように表示される。さらに、左下方では、各装飾図柄列の前後方向における図柄も重なる。つまり、装飾図柄の停止位置を通過してしまった装飾図柄については、明確に視認できる態様で表示する必要がない。これにより、本実施形態のように回転式振分装置294に覆潰されることによって画像表示領域1150の大きさが制限された場合であっても、可視領域1150aを有効に使うことができる。
【0426】
また、本実施形態では、二つの装飾図柄列のうち覆潰領域1150bの近い右側の装飾図柄列を構成する図柄が、左側の装飾図柄列を構成する図柄よりも小さく表示されている。これにより、装飾図柄が停止した場合にも、画像表示領域1150における表示に遠近感を持たせることができ、画像表示領域1150における表示が立体的に見えるといった視覚的効果が得られる。
【0427】
ところで、画像表示領域1150は、回転式振分装置294に覆潰されて演出表示装置115が異形形成されているが(つまり覆潰領域1150bが形成されているが)、必ずしもこれに限定されるものではない。ただし、覆潰領域1150bが形成されずに、画像表示領域1150の全てが可視領域1150aである場合には、装飾図柄を左上方から右下方に向けて変動表示すると、装飾図柄が表示されない領域ができてしまい、不自然であるばかりでなく、遊技を行う過程においてこの表示されない領域が気になり、遊技に集中できなくなってしまうといった弊害がある。従って、本実施形態のように、画像表示領域1150の一部を回転式振分装置294によって覆潰することによって、これまでにない斬新な表示領域を形成できるのみでなく、左上方から右下方に向かう斜め方向の変動表示を行うことができ、さらに、遊技領域37を徒に狭くすることなく回転式振分装置294を大型化することができる。
【0428】
一方、遊技情報表示領域1152は、普通保留球ランプ323の表示に対応する保留対応表示領域1153と、普通図柄表示器333の表示に対応する普通図柄対応表示領域1154と、特別図柄表示器332の表示に対応する特別図柄対応表示領域1155と、を有している。つまり、保留対応表示領域1153は普通図柄の変動表示制御の保留状態を示す。また、普通図柄対応表示領域1154、普通図柄の変動表示および普通図柄当否判定手段602による抽選結果を表示する。さらに、特別図柄対応表示領域1155は、特別図柄の変動表示および特別図柄当否判定手段612による抽選結果を表示する。
【0429】
保留対応表示領域1153では、普通図柄の保留数に対応する表示態様が表示される。つまり、保留対応表示領域1153では、例えば普通図柄の保留数が1個であれば1目盛分の表示領域が明るい色で表示され、2個であれば2目盛分の表示領域が明るい色で表示される。
【0430】
普通図柄対応表示領域1154では、楕円形状の表示領域が点滅表示され、その表示態様によって、普通図柄当否判定手段602による抽選結果を把握することができる。なお、普通図柄当否判定手段602による抽選結果が導出されるに際し、普通図柄表示器333において普通図柄が変動している間、楕円形状の表示領域が点滅表示される。
【0431】
特別図柄対応表示領域1155では、楕円形状の表示領域が点滅表示され、その表示態様によって、特別図柄当否判定手段612による抽選結果を把握することができる。なお、特別図柄当否判定手段612による抽選結果が導出されるに際し、特別図柄表示器332において特別図柄が変動している間、楕円形状の表示領域が点滅表示される。
【0432】
ここで、普通図柄対応表示領域1154では、普通図柄表示器333において普通図柄が変動している間は、当該普通図柄の変動に対応してその楕円形状の表示領域が点滅表示されると共に、普通図柄表示器333において普通図柄についての抽選処理の結果が表示されると、当該表示領域が点灯または消滅した態様で停止表示される。従って、抽選情報表示領域1151において特別図柄当否判定手段612にかかる演出が表示されることによって普通図柄当否判定手段602にかかる演出が表示されていない場合であっても、普通図柄対応表示領域1154では当該表示領域が点滅表示されることとなる。
【0433】
また、特別図柄対応表示領域1155では、特別図柄表示器332において特別図柄が変動している間、当該特別図柄の変動に対応してその楕円形状の表示領域が点滅表示されると共に、特別図柄表示器332において特別図柄についての抽選処理の結果が表示されると、当該表示領域が点灯または消滅した態様で停止表示される。
【0434】
なお、本例では、演出表示装置115における装飾図柄列の変動は、普通図柄画像表示制御手段631および特別図柄画像表示制御手段632(図37参照)によって制御され、変動開始時期を、普通図柄の変動開始後とし、装飾図柄列の変動停止を普通図柄の変動停止前としている。これにより、普通図柄の変動表示の開始時と停止時には、演出表示装置115での演出表示を行わないことで、普通図柄の変動表示に対して演出表示装置115での紛らわしい表示を行うことを防止するとともに、演出表示装置115の演出中に普通当りか否かを認識させること、つまり演出の効果を損なうことを防止している。
【0435】
次に、遊技の進行に伴って演出表示装置115に表示される一連の画像について、図76〜図79を参照しつつ説明する。図76〜図79は遊技の進行に伴って演出表示装置115に表示される一連の流れを示す図である。より詳しくは、図76および図77は、普通図柄当否判定手段にかかる演出を示す図である。図78は、特別図柄当否判定手段にかかる演出を示す図である。図79は、役物抽選にかかる演出を示す図である。ただし、図77(a)、図78(a)〜(e)については、便宜上、演出表示装置115の周辺部材についても示している。
【0436】
普通図柄および特別図柄のいずれも保留数がゼロであるとき、演出表示装置115における表示は、図76(a)に示される表示となる。つまり、抽選情報表示領域1151では2つの装飾図柄が停止表示され、保留対応表示領域1153では普通図柄の保留数がゼロである旨が表示される。また、普通図柄対応表示領域1154では楕円形状の表示領域が点滅表示されず、特別図柄対応表示領域1155では楕円形状の表示領域が点滅表示されない。
【0437】
普通図柄始動口96を遊技球が通過すると、普通図柄表示器333における普通図柄の変動が開始されると共に、2つの装飾図柄の変動表示が開始される。これにより、普通図柄の変動が開始したことを把握できる。さらに、普通図柄表示器333において普通図柄が変動している間ひいては2つの装飾図柄が変動している間、普通図柄対応表示領域1154において楕円形状の表示領域が点滅表示される。なお、普通図柄の変動は、普通図柄当否判定手段602による抽選処理の結果を導出する前提として行われるものである。
【0438】
そして、普通図柄の変動が行われている間に遊技球が普通図柄始動口96を通過すると、普通図柄始動口96を通過した遊技球の個数分だけ、所定の範囲内(本実施形態では4個)で普通図柄の変動表示制御が保留される。普通図柄の変動表示制御が保留されたことは、保留対応表示領域1153における表示により把握できる(図76(b)参照)。図76(b)によれば、普通図柄の保留数が1個であることを把握できる。
【0439】
普通図柄当否判定手段602による抽選処理の結果は、変動表示が行われている2つの装飾図柄の全図柄が停止表示された場合の組み合わせによって導出される。この2つの装飾図柄は、左図柄→右図柄の順で停止表示するが、左図柄が特定図柄(ここでは、「7」)で停止表示されたときに(図76(c)参照)、リーチ状態の発生を導出する演出(ここでは、「ON AIR」の演出画像表示)が行われて(図76(d)参照)、その後にリーチ変動が行われる。
【0440】
なお、「リーチ変動」とは、最終停止図柄(本実施形態では右図柄)となる装飾図柄以外の装飾図柄(本実施形態では左図柄)が、所定時間継続して、特定の表示結果(本実施形態では「3」または「7」)となった状態で停止、揺動、拡大縮小もしくは変形している状態、または、複数の装飾図柄が同一図柄で同期して変動したり、表示図柄の位置が入れ替わったりして、最終結果が表示される前で大当たり発生の可能性が継続している状態を意味する。
【0441】
普通図柄当否判定手段602による抽選処理の結果が当たりであるとき、2つの装飾図柄が全て同じ特定図柄で停止表示され(図76(e)参照)、その後、普通電動役物81が作動して特別図柄始動口82に遊技球が入賞しやすくなる。そして、抽選情報表示領域1151では、2つの装飾図柄の表示に代えて、特別図柄始動口82に向けて遊技球を狙うことを促す表示が行われる(図77(a)参照)。本実施形態では、演出表示装置115の左側に配置される特別図柄始動口82に遊技球を狙うことを促すべく、左を指す矢印が表示される。
【0442】
なお、抽選情報表示領域1151において、普通図柄当否判定手段602にかかる演出に代えて特別図柄当否判定手段612にかかる演出が行われる場合であっても、普通図柄の変動表示制御が保留されていれば、普通図柄当否判定手段602による抽選が行われると共に、普通図柄の変動表示制御の保留が解除されて2つの装飾図柄による変動表示の表示態様が内部的に決定される。そして、普通図柄当否判定手段602による抽選が当たりであるとき(つまり、2つの装飾図柄が全て同じ特定図柄で停止表示すると内部的に決定されたとき)、特別図柄当否判定手段612にかかる演出が行われていたとしても、普通電動役物81が作動して特別図柄始動口82に遊技球が入賞しやすくなる。つまり、演出表示装置115において普通図柄当否判定手段602にかかる演出が表示されているか否かにかかわらず、2つの装飾図柄が全て同じ図柄で停止表示すると内部的に決定されれば、普通電動役物81が作動して特別図柄始動口82に遊技球が入賞しやすくなる。これにより、特別図柄当否判定手段612にかかる演出表示の有無にかかわらず、普通図柄当否判定手段602による抽選処理の効率を高めることができる。
【0443】
このように、特別図柄始動口82に遊技球が入賞すると、抽選情報表示領域1151では、普通図柄当否判定手段602にかかる演出よりも特別図柄当否判定手段612にかかる演出が優先して行われる。つまり、特別図柄始動口82に遊技球が入賞すると、抽選情報表示領域1151では、普通図柄当否判定手段602による抽選処理の結果を導出するために2つの装飾図柄の変動表示が行われていたとしても、当該2つの装飾図柄の変動表示に代えて、特別図柄当否判定手段612にかかる演出が行われる。これにより、遊技者から見れば、2つの装飾図柄の変動表示が中止したように見える。
【0444】
一方、普通図柄当否判定手段602による抽選処理の結果が外れであるときは、普通図柄の変動表示制御が保留されていることを条件に、普通図柄表示器333において普通図柄の変動に対応して、2つの装飾図柄の変動表示が繰り返し行われる。
【0445】
なお、抽選情報表示領域1151において、上述のように、普通図柄当否判定手段602にかかる演出に代えて特別図柄当否判定手段612にかかる演出が表示されたとしても、普通図柄対応表示領域1154では楕円形状の表示領域が点滅表示されている。従って、抽選情報表示領域1151において普通図柄当否判定手段602による抽選結果に応じた表示を視認できない場合であっても、普通図柄対応表示領域1154における表示を視認できるので、普通図柄が変動していること等、現在の状況を把握することができる。また、特別図柄当否判定手段612にかかる演出は、演出表示装置115の大部分の領域を占める抽選情報表示領域1151に表示されるので、特別図柄当否判定手段612にかかる演出が妨げられることもなく、興趣の低下を抑制できる。
【0446】
次に、特別図柄始動口82に遊技球が入賞すると、特別図柄表示器332において特別図柄が変動している間、抽選情報表示領域1151において「楽曲名」および「アーティスト名」の表示とともに後述するランクアップ演出が行われる(図78(a)参照)。なお、このランクアップ演出時には、当該「アーティスト名」に示された人物が当該「楽曲名」に示された楽曲を歌唱する演出が、スピーカ18,57および演出表示装置115にて実行される。これにより、特別図柄の変動が開始したことを把握できる。さらに、特別図柄表示器332における特別図柄が変動している間ひいてはランクアップ演出が実行されている間、特別図柄対応表示領域1155における楕円形状の表示領域が点滅表示される。なお、特別図柄の変動は、特別図柄当否判定手段612による抽選処理の結果を導出する前提として行われるものである。
【0447】
特別図柄表示器332における変動が停止すると、これに伴って特別図柄対応表示領域1155における楕円形状の表示領域が所定の態様で停止表示される(図78(b)または(d)参照)。これにより、遊技者は、特別図柄当否判定手段612による抽選処理の結果が導出されたことを把握できる。
【0448】
ここで、特別図柄当否判定手段612による抽選処理の結果が小当たりであると(図78(b)参照)、抽選情報表示領域1151ではランクアップ演出に代えて、大入賞口141に向けて遊技球を狙うことを促す表示が行われる(図78(c)参照)。本実施形態では、演出表示装置115の上方に形成された大入賞口141に遊技球を狙うことを促すべく、上を指す矢印が表示される。
【0449】
一方、特別図柄当否判定手段612による抽選処理の結果が大当たりであると(図78(d)参照)、抽選情報表示領域1151ではランクアップ演出の点滅表示に代えて、「大当たり」の文字が表示され(図78(e)参照)、その後、特別遊技が発生する。
【0450】
なお、特別図柄の変動が停止し、且つ、特別図柄の変動が停止したときに普通図柄の変動表示制御が保留されていれば、普通図柄表示器333において普通図柄の変動が再び開始され、図76(a)〜(e)の一連の処理が繰り返される。また、普通図柄対応表示領域1154においても、普通図柄表示器333において普通図柄が変動している間、楕円形状の表示領域が点滅表示される。ただし、このとき、普通図柄対応表示領域1154では、演出表示装置115の上方に形成された大入賞口141に遊技球を狙うことを促す旨の表示が行われているため、2つの装飾図柄は表示されない。
【0451】
ところで、普通図柄当否判定手段602による抽選処理の結果が当たりとなって、抽選情報表示領域1151において特別図柄始動口82に向けて遊技球を狙うことを促す表示が行われたにも拘わらず、特別図柄始動口82に遊技球が入賞しなかったとき、再び、2つの装飾図柄が表示される(図77(b)参照)。ただし、このとき、2つの装飾図柄による変動表示の表示態様が内部的に決定されていたとしても、当該決定されていた表示態様による変動表示に代えて、特定の表示態様による変動表示が行われる。本実施形態では、この特定の表示態様は、2つの装飾図柄を高速でスクロール変動する表示態様である。
【0452】
大入賞口141に遊技球が入賞してセンター役物91内の第1の遊技領域に遊技球が進入すると、当該第1の遊技領域に進入した遊技球が回転式振分装置294によって振り分けられるまで、抽選情報表示領域1151では役物抽選にかかる演出が行われる(図79(a)参照)。図79(a)では役物抽選にかかる特定の演出表示のみを示しているが、実際には、これに関連した演出表示が行われる。なお、この役物抽選にかかる演出の詳細は後述する。
【0453】
そして、センター役物91内の第1の遊技領域に遊技球が進入することによって役物抽選が行われたとき、その抽選結果に応じて、図79(b)または図79(c)が表示される。本実施形態では、センター役物91内の第1の遊技領域に進入した遊技球が特定ポケット343に受け入れられると、抽選情報表示領域1151において「大当たり」の文字が表示され(図79(b)参照)、その後、特別遊技が発生する。
【0454】
一方、センター役物91内の第1の遊技領域に進入した遊技球が、特定ポケット343ではなく普通ポケット344に受け入れられると、抽選情報表示領域1151において2つの装飾図柄の変動表示に戻る(図79(c)参照)。ただし、このとき、2つの装飾図柄による変動表示の表示態様が決定されていたとしても、当該決定されていた表示態様による変動表示が行われることなく、特定の表示態様(本実施形態では2つの装飾図柄を高速でスクロール変動する表示態様)による変動表示が行われる。
【0455】
[特別図柄の表示態様および回転式振分装置の回転動作について]
図80、図81および図82に基づき説明する。図80〜図82は、小当たり時における特別図柄の表示態様と回転式振分装置の回転動作との関係の一例を示す図であって、図80は第1フレーズまで、図81は第1フレーズから第2フレーズまで、図82は第2フレーズから第3フレーズまでを示している。
【0456】
前述のとおり、回転式振分装置294は、長方形の表示領域を有する演出表示装置115の右上方部分の表示領域を覆うように配置されている。これにより、演出表示装置115における特別図柄の表示態様と回転式振分装置294の回転動作とを同時に視認できるので、特別図柄の変動が停止したときに、特定ポケット343がどの位置にあるのかを把握できる。しかも、前述のとおり、特別図柄の変動が停止してから大入賞口141が開放するまでは1000msと一定であり、また、大入賞口141が開放してから搬入片341が受入位置から投入位置に変位するまでの時間も3600msと一定である。従って、特別図柄の変動が停止したときに特定ポケット343がどの回転位置にあるかで、搬入片341が受入位置から投入位置に変位するタイミングと特定ポケット343が流入口347と対向する部位を通過するタイミングとが合致するか否かを把握できる。
【0457】
さらに、回転式振分装置294は、その一部が視認できないように遊技盤5に覆われている。回転式振分装置294が遊技盤5に覆われている部位は、演出表示装置115の表示領域を覆っている部位および流入口347と対向する部位を除く部位である。また、流入口347は、特定ポケット343や普通ポケット344が演出表示装置115の表示領域を覆う部位を経たのちであって且つ遊技盤5に覆われた部位に至るまでの位置に設けられている。本実施形態では、演出表示装置115の長方形の表示領域の上辺に沿う位置に設けられている。回転式振分装置294は時計回りに回転することから、特定ポケット343および普通ポケット344は、演出表示装置115の表示領域を覆う部位を経て且つ遊技盤5に覆われた部位に至る前に流入口347に至ることとなる。つまり、特定ポケット343は、常には遊技盤5に覆われて隠れていると共に、流入口347と対向する部位に至る前(つまり遊技球の入球に拘わるとき)にのみ視認可能となる。これにより、搬入片341が受入位置から投入位置に変位するタイミングと、特定ポケット343が流入口347と対向する部位を通過するタイミングと、が合致するか否かをより一層容易に把握できるようになる。
【0458】
ところで、特別図柄の変動は、ランクアップ演出により行われる。より詳しくは、ランク圏外(図示せず)から10位、9位、8位・・・と順位がランクアップしていき、いずれの順位で停止したかによって、図50のステップS8600における第2抽選・変動開始処理における抽選結果(図37の特別図柄当否判定手段612により決定された結果)が、大当たりであるか小当たりであるかまたは外れであるかを把握できる。本実施形態では、小当たりのとき、『「第1フレーズ」で停止』、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』のいずれかの表示態様に選択決定されるが(図54参照)、『「第1フレーズ」で停止』に選択決定された場合は8位で変動停止し、『「第2フレーズ」で停止』に選択決定された場合は5位で変動停止し、『「第3フレーズ」で停止』に選択決定された場合は2位で変動停止する。一方、大当たりであるときは、ランクアップ演出においていずれの順位でも停止することなく最上位ランクである1位に至る。これにより、遊技者は、大当たり判定処理の結果を把握することができる。なお、ランクアップ演出の際、楽曲が出力される。より詳しくは、ランク圏外では前奏が出力され、第1フレーズ、第2フレーズおよび第3フレーズでは、それぞれ、楽曲の主要部分(サビ)が出力される。ここで、第1フレーズは、楽曲の主要部分の一部のフレーズである。第2フレーズは、第1フレーズよりもさらに楽曲が進んだ部分のフレーズである。第3フレーズは、第2フレーズよりもさらに楽曲が進んだ部分である。
【0459】
特別図柄の変動が開始すると、演出表示装置115の表示領域には圏外が表示されると共に楽曲の前奏が出力され、その後、一旦、演出表示装置115の表示領域が暗くなり、光が走るように表示される。これは、演出表示装置115における表示が更新されることを把握できるようにするためである。その後、図80に示すように、ランキング10位を示す『10』、9位を示す『9』および8位を示す『8』が、演出表示装置115の表示領域において、上方から下方に表示されると共に、第1フレーズが出力される。なお、演出表示装置115の表示領域には、ランキングを示す複数の数字が表示されるが、現在、どのランキングにあるかについては、ランキングを示す数字の色彩によって把握できる。例えば、図80(a)では現在10位であることが把握でき、図80(b)では現在9位であることが把握でき、図80(c)では現在8位であることが把握できる。
【0460】
特別図柄の表示態様として図54に示される『「第1フレーズ」で停止』に選択決定されると、図80(c)の態様で特別図柄の変動が停止し、ランキング8位である旨が表示される。一方、特別図柄の表示態様として図54に示される『「第2フレーズ」で停止』または『「第3フレーズ」で停止』に選択決定されたとき、ランキング8位が表示されたのちに、ランキング8位で変動が停止することなく、一旦、演出表示装置115の表示領域が暗くなり、光が走るように表示される。その後、図81に示すように、ランキング7位を示す『7』(図81(a)参照)、6位を示す『6』(図81(b)参照)および5位を示す『5』(図81(c)参照)が、演出表示装置115の表示領域において、上方から下方に表示されると共に、第2フレーズが出力される。
【0461】
ここで、特別図柄の表示態様として図54に示される『「第2フレーズ」で停止』に選択決定されると、図81(f)の態様で特別図柄の変動が停止し、ランキング5位である旨が表示される。一方、特別図柄の表示態様として図54に示される『「第3フレーズ」で停止』に選択決定されたとき、ランキング5位が表示されたのちに、ランキング5位で変動が停止することなく、一旦、演出表示装置115の表示領域が暗くなり、光が走るように表示される。その後、図82に示すように、ランキング5位を示す『5』(図82(a)参照)、4位を示す『4』(図82(b)参照)、3位を示す『3』(図82(c)参照)および2位を示す『2』(図82(d)参照)が、演出表示装置115の表示領域において、上方から下方に表示されると共に、第3フレーズが出力される。
【0462】
このように、特別図柄の変動は、複数のランキング順位が上方から下方に並べて予め表示されており、これら複数のランキング順位のうちいずれか一のランキング順位の表示色を変えることによって行われる。従って、この特別図柄の変動が行われている間、遊技者の目線は下方から上方に向かうこととなり、この方向は、覆潰領域115bにおいて各領域(特定ポケット343、普通ポケット344)が移動する方向とほぼ同じ方向である。従って、回転式振分装置294に設けられた各領域(特定ポケット343、普通ポケット344)と演出表示装置115に表示されるランキング順位の両方を同時に視認できる。これにより、大入賞口ユニット146から受け入れた遊技球が特定ポケット343に入球するか否かを事前に予測するといった楽しみを堪能でき、興趣の低下を抑制できる。とくに、演出画像の表示時間および回転方向における特定ポケット343の位置の両方が、特別遊技の発生に大きな影響を及ぼすので、その効果は顕著である。
【0463】
なお、図50のステップS8600における第2抽選・変動開始処理における抽選結果(図37の特別図柄当否判定手段612により決定された結果)が大当たりであると判定され、且つ、図54に示される『歌いきった後大当たり表示』の表示態様に選択決定されると、特別図柄の変動がいずれのランキングでも停止することなく、ランキング1位であることを示す『1』が表示される。そして、その後、大当たり遊技が実行される。
【0464】
また、ランキングを示す数字に隣接する位置には、楽曲のタイトルおよび当該楽曲を歌うアーティスト名が表示される。特別図柄が変動している間は、ランキングを示す数字に隣接する位置に表示される楽曲のタイトルおよびアーティスト名は、複数の楽曲のタイトルおよび複数のアーティスト名がスクロール変動表示されている。そして、ランキングを示す数字に隣接する位置に特定の楽曲および当該特定の楽曲を歌うアーティスト名が停止表示されると、特別図柄の変動が停止したことを把握できる。
【0465】
ところで、図80(c)、図81(c)および図82(c)のそれぞれについて、回転式振分装置294の特定ポケット343の位置が異なっている。つまり、ランキング8位で変動停止する場合と、ランキング5位で変動停止する場合と、ランキング2位で変動停止する場合と、で回転式振分装置294の回転方向における特定ポケット343の位置が異なっている。これは、第1フレーズの終了から第2フレーズの終了に至るまでの時間および第2フレーズの終了から第3フレーズに至るまでの時間が、一の特定ポケット343から回転式振分装置294の回転方向における次の特定ポケット343に至るまでの時間と、異なるからである。
【0466】
また、本実施形態では、前述のとおり、『「第1フレーズ」で停止』、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』の各表示態様は、それぞれ、変動時間が異なる10パターンの表示態様が記憶されている。従って、図50のステップS8600における第2抽選・変動開始処理における抽選結果(図37の特別図柄当否判定手段612により決定された結果)が小当たりであるとき、特別図柄の表示態様が遊技者から見て同じように見えたとしても、選択決定されるパターンによって特別図柄の変動中における回転式振分装置294の回転数が異なることとなる。これについて、図83および図84に基づき説明する。図83および図84は、小当たり時に『「第1フレーズ」で停止』の表示態様に選択決定された場合における特別図柄の表示態様、回転式振分装置の回転動作および搬入片の動作について示す図であって、図83は変動時間が最短の10000ms、図84は変動時間が最長の13600msの表示態様の場合の図である。
【0467】
図83において、特別図柄の変動が開始すると、演出表示装置115にはランキング10位よりも下位の「注目」が表示される(図83(a)参照)と共に、選択決定された表示態様に相当する楽曲の「前奏」が出力される。図83(a)では一の特定ポケット343が鉛直下方よりも若干左方向(時計の時刻で表すと約6時30分の場合の短針の方向)を向いているが、当該特定ポケット343がどの方向を向いているかは、特別図柄の変動が開始するタイミングによって決まる。そして、ランキングを示す順位が上から下にスクロール表示される。図83は、『「第1フレーズ」で停止』の表示態様に選択決定された場合における特別図柄の表示態様を示しているので、スクロール表示は、ランキング8位を示す文字「8」で停止する。また、この「8」に隣接して表示されている楽曲名およびアーティスト名の変動も停止する。スクロール表示、楽曲名およびアーティスト名の変動の停止が、特別図柄の変動停止に相当する。なお、本実施形態では回転式振分装置294に3つの特定ポケット343が形成されているので、説明の便宜上、前記一の特定ポケット343のみ、当該特定ポケット343に付随して記載されている「NO.1」の文字を黒抜きで表示している。
【0468】
ランキング8位で示す文字「8」で特別図柄の変動が停止すると、これに応じて大入賞口141が開放する。なお、本実施形態では、回転式振分装置294の回転速度は10800[ms/回転]であり、特別図柄の変動時間が10000msなので、特別図柄の変動が開始してから停止するまでの間に1周近く移動している(図83(b)参照)。より具体的には、回転式振分装置294の回転動作によって一の特定ポケット343が、図示されていないが、鉛直下方よりも若干右方向(時計の時刻で表すと約5時30分の場合の短針の方向)を向いている。大入賞口141が開放してから最初に大入賞口141内に入賞した遊技球は、受入位置にある搬入片341内に保持される(図83(c)参照)。なお、大入賞口141内に遊技球が2球以上入賞した場合には、図83(c)に示すように、搬入片341内に保持された遊技球に連なって滞留する。そして、大入賞口141が開放してから3600ms経過すると、搬入片341が受入位置から投入位置に変位し、搬入片341内に保持されている遊技球は、流入口347に送られる。そして遊技球が流入口347に滞留しているときに、いずれかの領域343,344が流入口347と対向すると、当該流入口347と対向した領域343,344に入球する。図83(d)では、遊技球が流入口347に滞留しているときに、先ず最初に一の特定ポケット343が流入口347と対向するので、当該一の特定ポケット343に遊技球が入球する。そして、一の特定ポケット343に入球した遊技球は、特定出口360から流出され、遊技球検出手段384によって検出されて、大当たり遊技が行われる。
【0469】
図84において、特別図柄の変動が開始すると、図83と同様に、演出表示装置115にはランキング10位よりも下位の「注目」が表示される(図84(a)参照)と共に、選択決定された表示態様に相当する楽曲の「前奏」が出力される。また、一の特定ポケット343がどの方向を向いているかについては特別図柄の変動が開始するタイミングによって決まるが、図83(a)と同様に、一の特定ポケット343が鉛直下方よりも若干左方向を向いているものとする。そして、ランキングを示す順位が上から下にスクロール表示される。なお、図84では、図83の場合よりも特別図柄の変動時間が3600ms長いので、ランキング10位よりも下位の「注目」が3600ms長く表示されると共に、楽曲の「前奏」が3600ms長く出力される。そして、図84は、『「第1フレーズ」で停止』の表示態様に選択決定された場合における特別図柄の表示態様を示しているので、スクロール表示は、ランキング8位を示す文字「8」で停止する。また、この「8」に隣接して表示されている楽曲名およびアーティスト名の変動も停止する。
【0470】
ランキング8位で示す文字「8」で特別図柄の変動が停止すると、これに応じて大入賞口141が開放する。なお、本実施形態では、回転式振分装置294の回転速度は10800[ms/回転]であり、特別図柄の変動時間が13600msなので、特別図柄の変動が開始してから停止するまでの間に5/4周程度移動している(図84(b)参照)。より具体的には、回転式振分装置294の回転動作によって一の特定ポケット343が、図示されていないが、鉛直下方よりも若干右方向(時計の時刻で表すと約8時30分の場合の短針の方向)を向いている。大入賞口141が開放してから最初に大入賞口141内に入賞した遊技球は、図83と同様に、受入位置にある搬入片341内に保持される(図84(c)参照)。そして、大入賞口141が開放してから3600ms経過すると、搬入片341が受入位置から投入位置に変位し、搬入片341内に保持されている遊技球は、流入口347に送られる。そして遊技球が流入口347に滞留しているときに、いずれかの領域343,344が流入口347と対向すると、当該流入口347と対向した領域343,344に入球する。図84(d)では、遊技球が流入口347に滞留しているときに、先ず最初に一の特定ポケット343よりも5個後の普通ポケット344が流入口347と対向するので、流入口347と対向する当該普通ポケット344に遊技球が入球する。そして、当該普通ポケット344に入球した遊技球は、普通出口361から流出される。なお、このとき、大当たり遊技は行われない。
【0471】
このように、特別図柄の変動時間は10パターンのなかからいずれか一つに選択決定されるので、特別図柄の変動が開始されたときの特定ポケット343の位置と、流入口347に送られた遊技球が特定ポケット343に入球するか否かと、の間に相関関係がない。つまり、特定ポケット343に遊技球が入球するか否かは、特別図柄の変動が開始されたときの特定ポケット343の位置によって決まるのではなく、選択決定される表示態様の変動時間によって決まる。なお、特別図柄始動口82に遊技球が入賞してから特別図柄の変動が開始するまでの時間は一定である。これにより、特別図柄始動口82への遊技球の入賞タイミングを図ることによって大当たり遊技を発生させることはできず、遊技者の技量によって理論上の大当たり発生確率を高めることはできない(つまり、特別図柄始動口82への入賞タイミングの狙い打ちを行っても理論上の大当たり遊技の発生確率に影響しない)。
【0472】
また、本実施形態では、同じ表示態様について10パターンの変動時間が設定されていると共に、回転式振分装置294の回転速度が一定であって且つ役物上の特定ポケット343への入球確率が10分の1である。さらに、最長変動時間と最短変動時間との差分の時間(本実施形態では3600ms)の間に、流入口347と対向する特定ポケット343は一つのみである。従って、遊技者が、いかなるタイミングで特別図柄始動口82に遊技球を入賞させたとしても、理論上の大当たり発生確率が10分の1となる。
【0473】
なお、本実施形態では、回転式振分装置294に3つの特定ポケット343が形成されているが、この数は限られるものではなく、回転式振分装置294の回転速度が一定である限り、特別図柄の最長変動時間と最短変動時間との差分の時間の間に、流入口347と対向する特定ポケット343の数が1つであればよい。
【0474】
また、図83および図84においては、特別図柄の表示態様として『「第1フレーズ」で停止』が選択決定された場合について説明したが、『「第2フレーズ」で停止』および『「第3フレーズ」で停止』が選択決定された場合についても、『「第1フレーズ」で停止』が選択決定された場合と同様に、いかなるタイミングで特別図柄始動口82に遊技球を入賞させたとしても、理論上の大当たり発生確率が10分の1となる。
【0475】
ところで、本実施形態では、特別図柄の変動時間として10パターンを設けることで、遊技球が特別図柄始動口82に入賞した時点から起算して、搬入片341によって回転式振分装置294に投入されるまでの経過時間(言い換えれば、回転式振分装置294でいずれかの領域に振分けられるまでの経過時間)が10通りとなるようにした場合を例示した。しかし、この経過時間として所定数(ここでは、10通り)を具備することができるのであれば、他の手法を採用してもよい。
【0476】
例えば、特別図柄の変動時間として複数パターンを設けるのに代えて、特別図柄の変動時間を一定とし、大入賞口141が開放してから搬入片341が投入位置に変位するまでの待機時間として複数タイミングパターンを設けてもよい。この場合は、あらかじめROMに当該待機時間として10パターンを記憶させておき、振分装置駆動機構336が大入賞口141の開放するに際して(または特別図柄の抽選結果を判定するに際して)、タイミングパターン選択決定手段によってROMから当該10通りのタイミングパターンのうちのいずれか一つのタイミングパターンを選択すればよい。そして、振分装置駆動機構336は、その選択したタイミングパターンに基づく待機時間に基づいて、搬入片341を受入位置から投入位置に変位させればよい。
【0477】
なお、大入賞口141が開放してから搬入片341が投入位置に変位するまでの待機時間として複数パターンを設ける場合であっても、以下の条件を満たせば、特定ポケット343への理論上の入球確率が常に一定となる。
【0478】
回転式振分装置294が一定の時間毎の規則的な周期で作動し且つ当該周期の一周期内に少なくとも1回以上当選タイミングがおとずれる場合、特定ポケット343への理論上の入球確率が常に一定となるためには、以下の条件を満たす必要である。当該条件としては、一周期に要する一定の時間が、複数のタイミングパターンの数と各タイミングパターンの所要時間の差(本発明の所定時間に相当する)とを乗じた値の整数倍に相当すること、および、一周期内におとずれる特定時間の総和(つまり、一周期内におとずれる当選タイミング各々の特定時間の総和)が当選タイミングパターンの数と所定時間とを乗じた値の前記整数倍であること、が該当する。この条件を満たせば、特別図柄始動口82への遊技球の受け入れタイミングに拘らず、複数のタイミングパターンに対する当選タイミングパターンの比率と、一周期に要する一定の時間に対する一周期内におとずれる特定時間の総和の比率と、がほぼ同じになる。例えば、一周期に要する一定の時間が8000ms、タイミングパターンの数が20個、所定時間が400ms、当選タイミングパターンの数が2個とすると、一周期内におとずれる特定時間の総和は800msとなる。数式で表すと、一定の時間をT[ms]、タイミングパターンの数をN[個]、所定時間をΔs[ms]、一周期内におとずれる特定時間の総和をΣt[ms]、当選タイミングパターンの数をn[個]としたとき、「T≒N×Δs×α」および「Σt≒n×Δs×α」の両式が成立することが要件となる。ただし、αは定数(整数)である。
【0479】
上記の両式が成立すると、当選タイミングパターンの数であるn[個]を複数のタイミングパターンの数であるN[個]で除した値(例えば10分の1)と、一定の時間に対する一周期内におとずれる特定時間の総和の比率(例えば10分の1)と、が同じ値となる。これにより、意図的に任意のタイミングパターンに偏るようにタイミングパターン選択決定手段により選択決定されることがない限り、複数のタイミングパターンのうち任意の当選タイミングパターンが選択決定された場合にのみ、開閉装置(大入賞口ユニット146)から受け入れられた遊技球のうち1球の遊技球が当選タイミングで機械的抽選装置(回転式振分装置294)に案内されることとなる。つまり、「n/N=Σt/T」の関係式が成立し、特別図柄始動口82への入賞タイミングに拘らず、特定ポケット343への理論上の入球確率が常に一定となり、当選タイミングを狙い打ちすることが不可能となる。
【0480】
なお、本実施形態のパチンコ機1では、回転式振分装置294の演出動作をさらに興趣の高いものとするため、各種の工夫が施されている。例えば、先述のように、LED基板381において半円弧上に配設された複数のLEDは、回転体297の外周部に形成された特定ポケット343および普通ポケット344を介して、正面側の遊技者からその発光態様を視認可能となっている。そして、LED基板381が有する複数のLEDの発光態様によって、回転式振分装置294の演出動作に遊技者がより強い関心を惹くようにすることが可能となっている。
【0481】
より具体的には、抽選情報表示領域1151において2つの装飾図柄の変動表示やランクアップ演出が実行されているときは、LED基板381が有する複数のLEDのうちで、少なくとも特定ポケット343の背後に位置するLEDが発光するように発光制御される。そして、遊技者からすれば、回転式振分装置294によって時計回り方向に回転する特定ポケット343を追いかけるように、LED基板381の各LEDも時計回り方向に順次発光しているように見える。これにより、回転式振分装置294の演出動作が煌びやかに装飾されるとともに、特定ポケット343の現在位置がより強調的に示唆されるため、遊技者の当たりへの期待感を一層高めることができる。
【0482】
さらに、抽選情報表示領域1151においてリーチ状態や当たり(小当たりまたは大当たり)の発生を導出する演出が実行される際に、LED基板381が有する複数のLEDは全点灯状態となるように発光制御される。これにより、回転式振分装置294の演出動作がさらに煌びやかに装飾されるとともに、遊技者に対して視覚的に最も大きなインパクトが付与されるため、遊技者はリーチ状態や当たり(小当たりまたは大当たり)の発生を確実に把握することができる。
【0483】
以上説明した本実施形態のパチンコ機1によれば、遊技盤5、入賞口ユニット499、特別始動口ユニット530、主制御基板765を備えている。遊技盤5は、発射装置194により発射された遊技球が流下可能な遊技領域37を有している。入賞口ユニット499は、遊技盤5の遊技領域の所定位置に配設され、かつ、遊技球を受け入れ可能な普通図柄始動口96が設けられている。特別始動口ユニット530は、遊技盤5の遊技領域37の所定位置に配設され、かつ、遊技球を受け入れ可能な特別図柄始動口82が設けられている。主制御基板765は、遊技盤5の後側に装着され、かつ、普通図柄始動口96及び特別図柄始動口82に遊技球が入球したことに基づいて遊技の進行を制御するマイクロプロセッサである主制御MPU765aが実装されている。
【0484】
入賞口ユニット499は、少なくとも、第1始動口センサ317を備えており、この第1始動口センサ137は普通図柄始動口96を通過した遊技球を検出する。
【0485】
特別始動口ユニットは、少なくとも、受止誘導部材535、流出口541、第2始動口センサ318(遊技球検出手段553)、没入位置センサ556、ソレノイド548を備えている。受止誘導部材535は、特別始動口ユニット530の奥側に設けた没入位置と遊技盤5から遊技者側に突出する突出位置との間を摺動することができ、突出位置で受け止めた遊技球を特別始動口ユニット530の奥側に誘導することができる。流出口541は、特別始動口ユニット530の奥側に設けられており、受止誘導部材535で受け止めて誘導された遊技球を受止誘導部材535から流出させることができる。第2始動口センサ318(遊技球検出手段553)は流出口541に流出する遊技球を検出し、没入位置センサ556は受止誘導部材535が没入位置にあるか否かを検出する。ソレノイド548は、受止誘導部材535を没入位置又は突出位置のいずれか一方に移動させることができる。
【0486】
主制御基板765に実装されたマイクロプロセッサである主制御MPU765aは、図45の第1抽選・変動開始処理抽選制御手段で入賞口ユニット499の第1始動口センサ317による遊技球の通過が検出された際に、特別始動口ユニット530の受止誘導部材535を没入位置から突出位置に移動させるか否かの抽選を行う。図49(a),(b)のタイムチャートで特別始動口ユニット530のソレノイド548を駆動制御して特別始動口ユニット530の受止誘導部材535を没入位置から突出位置に移動させたり、突出位置から没入位置に移動させたりする。図49(c)のタイムチャートで特別始動口ユニット530の第2始動口センサ318(遊技球検出手段553)による遊技球の流出が検出された際に、その検出を有効又は無効のいずれか一方に設定する。図52の第2抽選・変動開始処理で図49(c)のタイムチャートで特別始動口ユニット530の第2始動口センサ318(遊技球検出手段553)による遊技球の流出が検出された際に、その検出が有効に設定されているときのみ、遊技者に有利な大当たり遊技とするか否かの当落を判定する。図49(d)のタイムチャートで特別始動口ユニット530の受止誘導部材535が特別始動口ユニット530の没入位置センサ556により検出されたか否かを判定する。図49(c),(d)のタイムチャートで不正行為が行われているか否かを判定する。
【0487】
主制御基板765に実装されたマイクロプロセッサである主制御MPU765aは、図45の第1抽選・変動開始処理抽選制御手段による抽選結果が特別始動口ユニット530の受止誘導部材535を没入位置から突出位置に移動させる場合には、図49(a),(b)のタイムチャートにより特別始動口ユニット530のソレノイド548を駆動制御して特別始動口ユニット530の受止誘導部材535を没入位置から突出位置に図49のタイミングs0からタイミングs1までの期間だけ移動させるとともに図49の(c)のタイムチャートにより特別始動口ユニット530の第2始動口センサ318(遊技球検出手段553)による遊技球の流出が検出された際に、その検出を有効に設定する。そしてタイミングs0からタイミングs1までの期間が経過したのちには、図49(a),(b)のタイムチャートにより特別始動口ユニット530のソレノイド548を駆動制御して特別始動口ユニット530の受止誘導部材535を突出位置から没入位置に移動させるとともに図49(d)のタイムチャートにより特別始動口ユニット530の受止誘導部材535が特別始動口ユニット530の没入位置センサ556により図49のタイミングs1からタイミングs2までの期間内に検出されたか否かを判定し、その判定により特別始動口ユニット530の受止誘導部材535が特別始動口ユニット530の没入位置センサ556により検出されるときには図49(c),(d)のタイムチャートにより不正行為が行われていないと判定する一方、その判定により特別始動口ユニット530の受止誘導部材535が特別始動口ユニット530の没入位置センサ556により検出されないときには図49(c),(d)のタイムチャートにより不正行為が行われていると判定する。そしてタイミングs1からタイミングs2が経過し、かつ、図49(d)のタイムチャートにより特別始動口ユニット530のソレノイド548を駆動制御して特別始動口ユニット530の受止誘導部材535を突出位置から没入位置に移動させる際に、こぼし損ねた遊技球が特別始動口ユニット530の特別図柄始動口82に受け入れられて特別始動口ユニット530の第2始動口センサ318(遊技球検出手段553)によりその遊技球の流出が検出され得る期間である、図49のタイミングs1からタイミングs3までの期間が経過したのちには、図49(c)のタイムチャートにより特別始動口ユニット530の第2始動口センサ318(遊技球検出手段553)による遊技球の流出が検出された際に、その検出を無効に設定する。
【0488】
このように、受止誘導部材535が突出位置に図49のタイミングs0からタイミングs1までの期間だけ移動されたのち、突出位置から没入位置に移動して受止誘導部材535がそのタイミングs0からタイミングs1までの期間経過後に没入位置センサ556により検出されない場合には、図49(c),(d)のタイムチャートにより不正行為が行われていると判定される。これにより、例えば針金等によって受止誘導部材535を引っかけて受止誘導部材535の位置を突出位置にある状態に維持して不正に遊技球を入球させる不正行為が行われても、没入位置センサ556によってその不正行為を検知することができる。また、図52の第2抽選・変動開始処理により特別始動口ユニット530の第2始動口センサ318(遊技球検出手段553)による遊技球の流出が検出された際に、その検出が有効に設定されているときのみ、遊技者に有利な大当たり遊技とするか否かの当落を判定するため、無効と設定された期間(図49のタイミングs0からタイミングs3までの期間以外)では、例えば上述した不正行為が行われても、そのような不正な遊技球による特別図柄始動口82への入賞が無効化される。したがって、不正行為による遊技の進行を防止することができる。
【0489】
[別例]
なお、本発明は上述した実施形態に何ら限定されるものではなく、本発明の技術的範囲に属する限り種々の態様で実施し得ることはいうまでもない。
【0490】
例えば、上述した実施形態では、パチンコ機1を例にとって説明したが、本発明が適用できる遊技機はパチンコ機に限定されるものではなく、パチンコ機以外の遊技機、例えばスロットマシン又はパチンコ機とスロットマシンとを融合させた融合遊技機(遊技球を用いてスロット遊技を行うもの。)などにも適用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0491】
【図1】パチンコ機の外枠の一側に本体枠が開かれその本体枠の一側に前面枠が開かれた状態を示す斜視図である。
【図2】パチンコ機の前側全体を示す正面図である。
【図3】遊技領域を示す拡大正面図である。
【図4】パチンコ機の本体枠と遊技盤とを分離して斜め右上前方から示す斜視図である。
【図5】パチンコ機の後側全体を示す背面図である。
【図6】パチンコ機の後側全体を右上後方から示す斜視図である。
【図7】図6に示すパチンコ機の斜視図から後ろカバー及び各種制御基板等を取り外した状態を示す斜視図である。
【図8】パチンコ機の本体枠に各種部材が組み付けられた状態を斜め右上後方から示す斜視図である。
【図9】本体枠単体を斜め右上後方から示す斜視図である。
【図10】各種の制御基板ボックスが装着された遊技盤を右下後方から示す斜視図である。
【図11】遊技領域を右上前方から示す斜視図である。
【図12】表示装置枠を示す正面図である。
【図13】表示装置枠の前側ユニットと後側ユニットとを分離した状態を右上前方から示す斜視図である。
【図14】前側ユニットにおける各構成を分離した状態を右上前方から示す分解斜視図である。
【図15】前側ユニットを左上前方から示す斜視図である。
【図16】前側ユニットを右上後方から示す斜視図である。
【図17】後側ユニットにおける各構成を分離した状態を右上前方から示す分解斜視図である。
【図18】可動片の開閉機構を示す説明図である。
【図19】開閉部材駆動機構の各構成を分離した状態を左上後方から示す分解斜視図である。
【図20】複合転動振分装置を示す平面図である。
【図21】複合転動振分装置のA−Aにおける断面図である。
【図22】ステージ下電飾の構成を示す説明図である。
【図23】回転式振分装置を左上前方から示す斜視図である。
【図24】回転式振分装置を示す正面図である。
【図25】回転式振分装置から回転体及び搬入片を除去した状態を示す説明図である。
【図26】回転式振分装置の各構成を分離した状態を左上前方から示す分解斜視図である。
【図27】回転式振分装置の各構成を分離した状態を左上後方から示す分解斜視図である。
【図28】回転式振分装置の内部構成を示す説明図である。
【図29】特別始動口ユニットを示す正面図である。
【図30】特別始動口ユニットを右上前方から示す斜視図である。
【図31】特別始動口ユニットの各構成を分離した状態を左上後方から示す分解斜視図である。
【図32】特別始動口ユニットを縦方向に切断した切断斜視図である。
【図33】入賞口ユニットを示す正面図である。
【図34】入賞口ユニットを右上前方から示す斜視図である。
【図35】図33におけるB−B断面を示す断面図である。
【図36】パチンコ機の電気的構成をブロック図として示したものである。
【図37】主基板および周辺基板の機能的な構成を概略的に示す機能ブロック図である。
【図38】主制御側電源投入時処理の一例を示すフローチャートである。
【図39】図38の主制御側電源投入時処理のつづきを示すフローチャートである。
【図40】主制御側タイマ割り込み処理の一例を示すフローチャートである。
【図41】賞球コマンド及びセルフチェックコマンド送信処理の一例を示すフローチャートである。
【図42】ACK信号入力判定処理の一例を示すフローチャートである。
【図43】第1遊技処理の一例を示すフローチャートである。
【図44】第1始動検出処理の一例を示すフローチャートである。
【図45】第1抽選・変動開始処理の一例を示すフローチャートである。
【図46】第1抽選変動表示パターン設定処理の一例を示すフローチャートである。
【図47】第1変動中処理の一例を示すフローチャートである。
【図48】第1当たり役物作動処理の一例を示すフローチャートである。
【図49】没入位置センサからの検出信号が有効又は無効となるタイムチャートである。
【図50】第2遊技処理の一例を示すフローチャートである。
【図51】第2始動検出処理の一例を示すフローチャートである。
【図52】第2抽選・変動開始処理の一例を示すフローチャートである。
【図53】第2抽選変動表示パターン設定処理の一例を示すフローチャートである。
【図54】第2変動表示パターン設定処理において選択される変動パターンの一例を示す一覧表である。
【図55】第2変動中処理の一例を示すフローチャートである。
【図56】第2小当たり役物作動処理の一例を示すフローチャートである。
【図57】特別図柄、大入賞口、大入賞口に遊技球が入賞したことを検知する入賞口センサの検知タイマ、ソレノイドおよび回転式振分装置の動作原理を示すタイムチャートである。
【図58】振分装置駆動センサからの検出信号が有効又は無効となるタイムチャートである。
【図59】第2大当たりオープニング処理の一例を示すフローチャートである。
【図60】特別電動役物大当たり制御処理の一例を示すフローチャートである。
【図61】払出制御側電源投入時処理の一例を示すフローチャートである。
【図62】図61の払出制御側電源投入時処理のつづきを示すフローチャートである。
【図63】図62に続いて払出制御側電源投入時処理のつづきを示すフローチャートである。
【図64】払出制御側タイマ割り込み処理の一例を示すフローチャートである。
【図65】賞球用賞球ストック数加算処理の一例を示すフローチャートである。
【図66】貸球用賞球ストック数加算処理の一例を示すフローチャートである。
【図67】ストック監視処理の一例を示すフローチャートである。
【図68】払出球抜き判定設定処理の一例を示すフローチャートである。
【図69】払出設定処理の一例を示すフローチャートである。
【図70】球抜き設定処理の一例を示すフローチャートである。
【図71】払い出しに関するコマンドの一例を示す賞球数情報テーブルである。
【図72】状態コマンドの一例を示すテーブルである。
【図73】状態コマンドを整形した整形状態コマンドの一例を示すテーブルである。
【図74】サブ統合基板における制御処理、及び液晶制御基板における制御処理の内容を示している。
【図75】演出表示装置に表示される表示領域を説明するための図である。
【図76】普通図柄当否判定手段にかかる演出を示す図である。
【図77】普通図柄当否判定手段にかかる演出を示す図である。
【図78】特別図柄当否判定手段にかかる演出を示す図である。
【図79】役物抽選にかかる演出を示す図である。
【図80】小当たり時における特別図柄の表示態様と回転式振分装置の回転動作との関係の一例を示す図である。
【図81】小当たり時における特別図柄の表示態様と回転式振分装置の回転動作との関係の一例を示す図である。
【図82】小当たり時における特別図柄の表示態様と回転式振分装置の回転動作との関係の一例を示す図である。
【図83】小当たり時に『「第1フレーズ」で停止』の表示態様に選択決定された場合における特別図柄の表示態様、回転式振分装置の回転動作および搬入片の動作について示す図である。
【図84】小当たり時に『「第1フレーズ」で停止』の表示態様に選択決定された場合における特別図柄の表示態様、回転式振分装置の回転動作および搬入片の動作について示す図である。
【符号の説明】
【0492】
1 パチンコ機(パチンコ機)
1a プリペイドカードユニット
2 外枠
3 本体枠
4 前面枠
5 遊技盤(遊技盤)
5a 遊技板
6 下受板
7 ヒンジ機構
11 前枠体
12 遊技盤装着枠
13 機構装着体
14 外枠側ヒンジ具
15 本体枠側ヒンジ具
16 スピーカボックス部
17 スピーカ装着板
18 スピーカ
19 発射レール
21 複合転動振分装置
22 第一転動領域
23 第二転動領域
24 特定出口
25 普通出口
26 特定流出路
27 普通流出路
28 段差部
30 下部前面板
31 下皿
32 操作ハンドル
33 灰皿
34 球排出レバー
36 ヒンジ機構
37 遊技領域(遊技領域)
38 開口窓
39 窓枠
40 仕切板
41 外周壁
42 ステージ左余地
43 右キャノピー
44 ワープ出口
45 進入路
46 ランプ駆動基板
50 透明板
51 上皿
52 サイド装飾装置
53 音響電飾装置
54 サイド装飾体
55 レンズ
56 透明カバー体
57 スピーカ
58 スピーカカバー
60 ワープ通路
61 投光装飾体
62 流出部
63 ワープ流入口
65 主制御基板
70 施錠装置
71 閉止具
72 本体枠施錠フック
73 閉止具
74 扉施錠フック
75 シリンダー錠
76 外レール
77 内レール
78 案内レール
78a 発射口
79 前構成部材
81 普通電動役物
82 特別図柄始動口(特定始動口)
83 下部側大入賞口
84 LED
85 LED
86 LED
87 LED
90 球アウト口
91 センター役物
96 普通図柄始動口(始動口)
98 アタッカ装置
99 開閉部材
100 ステージ下電飾
101 レンズ
102 リフレクター
103 円形切欠部
104 LED基板
105 計数スイッチ
106 回転角スイッチ
107 満タンスイッチ
108 払出中継基板
115 演出表示装置
117 表示装置制御基板ボックス
118 ボックス装着台
120 前側ユニット
121 後側ユニット
123 誘導壁
124 開口部
125 装飾フレーム
129 電飾体
130 副制御基板ボックス
132 主制御基板ボックス
133 タンク装着部
134 レール装着部
135 払出装置装着部
136 球タンク
137 底板部
138 放出口
139 レール構成部材
140 拡張開口部
141 大入賞口
142 可動片
143 上蓋
144 受止部
145 中枠
146 大入賞口ユニット
147 遊技球検出手段
148 ソレノイド支持部
150 タンクレール
151 前壁部
152 後壁部
155 レール棚
156 整流体
157 軸
158 レール受け部
160 大入賞口開閉駆動手段
161 ソレノイド
162 プランジャー
163 リンクアーム
164 リンク軸
170 球払出装置
172 払出モータ
173 開口部
192 発射モータ
193 取付基板
194 発射装置
195 電源基板
196 電源基板ボックス
198 払出制御基板ボックス
210 カバー
210 後カバー体
211 カバーヒンジ機構
212 後壁部
213 周壁部
213a 壁部
213b 壁部
213c 上側壁部
214 ヒンジ体
215 ヒンジピン
216 ヒンジ体
217 弾性閉止体
218 検査用コネクタ
230 放熱孔
231 放熱孔
232 放熱孔
233 放熱孔
235 封印部
237 コード保持体
238 分電基板
239 基板コネクタ
252 インターフェース基板
253 下皿用球誘導体
254 基板ボックス
271 排出路ユニット
272 左始動口排出路
273 右排出路ユニット
274 振分装置排出路
276 ステップ
291 開口部
292 後側フレーム
294 回転式振分装置
294a 視認可能領域
296 大入賞口取付基部
297 回転体
300 背面板
301 側面板
302 装飾物本体
302 大入賞口取付窓
313 排出センサ
313’ 排出センサ
317 第1始動口センサ(通過センサ)
318 第2始動口センサ(流出センサ)
319 カウントセンサ
322 特別保留球ランプ
323 普通保留球ランプ
330 入賞口センサ
331 V入賞センサ
332 特別図柄表示器
333 普通図柄表示器
334 普通役物駆動機構
335 大入賞口開閉機構
336 振分装置駆動機構
339 アタッカ駆動機構
340 案内通路
341 搬入片
342 回転体ケース
343 特定ポケット
344 普通ポケット
346 外周壁
347 流入口
348 排出口
349 回転体受面
360 特定出口
361 普通出口
361’ 球排出用出口
362 回転位置センサ
363 回転位置検出板
364 回転軸
365 基板
366 装飾板
367 窓部
368 回転駆動ギア
369 回転体モータ
371 外部端子板
372 発射制御基板
380 遊技球搬入装置
381 LED基板
382 回転体裏蓋
383 中枠
384 遊技球検出手段
385 遊技球検出手段
386 遊技球検出手段
387 第一流出路
388 第二流出路
389 第三流出路
394 装飾ランプ
395 演出ランプ
396 賞球ランプ
397 階調ランプ
400 ソレノイド
401 プランジャー
402 リンクアーム
403 振分装置駆動センサ
404 リンク軸
405 回転体駆動手段
433 普通図柄変動制御手段
499 入賞口ユニット(始動口ユニット)
500 普通入賞口
501 入賞通路
502 普通入賞装置
506 上面傾斜部
507 振分用突起部
508 障害釘
508a 右側障害釘
508b 左側障害釘
510 ベース板
511 釘貫通孔
512 進入阻止部材
513 下面
514 入賞口
516 ケース部材
517 送通路
530 特別始動口ユニット(特定始動口ユニット)
531 入賞通路
532 特別入賞装置
534 傾斜面
535 受止誘導部材(受止誘導部材)
536 突起
538 入賞装置ケーシング
539 壁部
540 伝達機構
541 流出口
542 開口部
543 可動誘導壁
545 前側ケース部
546 後側ケース部
547 フランジ部
548 ソレノイド(ソレノイド)
549 プランジャー
551 アーム部材
553 遊技球検出手段(流出センサ)
554 制動ゲート部材
556 没入位置センサ(収容位置センサ)
557 取付孔
558 進入防止部材
601 普通図柄当たり判定用乱数抽出手段
602 普通図柄当否判定手段
603 第1保留手段
604 第1保留解除手段
605 普通図柄表示制御手段
606 普通図柄保留表示制御手段
607 普通当たり遊技実行手段
608 有利遊技実行手段
611 特別図柄当たり判定用乱数抽出手段
612 特別図柄当否判定手段
613 第2保留手段
614 第2保留解除手段
615 特別図柄表示制御手段
616 特別図柄保留表示制御手段
617 小当たり遊技実行手段
618 大当たり遊技実行手段
620 コマンド送信手段
621 排出判断手段
622 入賞判断手段
623 賞球払出手段
630 コマンド受信手段
631 普通図柄画像表示制御手段
632 特別図柄画像表示制御手段
758 液晶制御基板
758a 液晶制御MPU
758b 液晶制御ROM
758c VDP
758d 画像ROM
763 サブ統合基板
763a サブ統合MPU
763b サブ統合ROM
763c 音源IC
763d 音ROM
765 主制御基板(主制御基板)
765a 主制御MPU(マイクロプロセッサ)
765b 主制御I/Oポート
769 RAMクリアスイッチ
775 払出制御基板
775a 払出制御MPU
775b 払出制御I/Oポート
775c 外部WDT
777 エラーLED表示器
778 エラー解除スイッチ
779 球抜きスイッチ
780 主基板
781 周辺基板
1150 画像表示領域
1150a 可視領域
1150b 隠蔽領域
1151 抽選情報表示領域
1152 遊技情報表示領域
1153 保留対応表示領域
1154 普通図柄対応表示領域
1155 特別図柄対応表示領域
【出願人】 【識別番号】000148922
【氏名又は名称】株式会社大一商会
【出願日】 平成19年2月20日(2007.2.20)
【代理人】 【識別番号】100084227
【弁理士】
【氏名又は名称】今崎 一司


【公開番号】 特開2008−200227(P2008−200227A)
【公開日】 平成20年9月4日(2008.9.4)
【出願番号】 特願2007−38765(P2007−38765)