トップ :: A 生活必需品 :: A61 医学または獣医学;衛生学

【発明の名称】 医療用入れ替えチューブ
【発明者】 【氏名】竹内 弘久

【要約】 【課題】医療用、例えば胃瘻入れ替えチューブの入れ替えを容易かつ安定・安全に行うこと。

【解決手段】バルーン4を取り付けたバルーン先端部1aと、前記バルーン先端部に連接した本体部1bとからなるカテーテルチューブ1を有する医療用入れ替えチューブにおいて、前記本体部1bの直径を前記バルーン先端部1aの直径よりも1フレンチかける2の倍数分だけ太くしたことを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
バルーンを取り付けたバルーン先端部と、前記バルーン先端部に連接した本体部とからなるカテーテルチューブを有する医療用入れ替えチューブにおいて、
前記本体部の直径を前記バルーン先端部の直径よりも1フレンチかける2の倍数分だけ太くしたことを特徴とする医療用入れ替えチューブ。
【請求項2】
前記本体部の直径を前記バルーン先端部の直径よりも1フレンチかける2の倍数分だけ徐々に太くした請求項1に記載の医療用入れ替えチューブ。
【請求項3】
前記バルーン先端部の先端に丸みを形成した請求項1に記載の医療用入れ替えチューブ。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、操作の安全性及び容易性の向上を図った医療用、例えば胃瘻(いろう)、入れ替え用チューブに関する。
【背景技術】
【0002】
例えば、脳血管障害等により経口的に栄養摂取が困難となった場合、胃瘻による患者への栄養療法として、人体の腹部に造設した第二の口から栄養補給を行うものの一つにPEGがある。ここで、PEGとは、Percutaneous(経皮)、Endoscopic(内視鏡的)、Gastrostomy(胃瘻造設術)の頭文字を取った医療専門用語であって、このPEGに用いられるのが胃瘻入れ替え用チューブである。
【0003】
この種の胃瘻入れ替え用チューブでは、図5に示すように、PEGで内視鏡を使って腹部(腹壁)に小さな口(胃瘻)を造設して、この胃瘻に、先端にバルーンを有する胃瘻入れ替え用チューブを挿入してから、バルーンを膨張させて胃壁に確保し、チューブから直接患者の胃に体外から栄養を投与するようになっている。
【0004】
従来の胃瘻入れ替えチューブには、ガイドワイヤー・交換用ロッドを用いて入れ替えを容易にしたもの、またチューブの先端を細く形成して入れ替えを容易にしたものがあった(特許文献1、特許文献2及び非特許文献1参照)。
【0005】
しかしながら、従来のこの種の胃瘻入れ替え用チューブでは、その先端部と瘻孔部の直径が同一サイズであるが、実際は先端のバルーン部がチューブの外側にバルーンを付着させているため若干太かったため、その入れ替え操作が難しく、また、チューブのサイズアップを図れず、入れ替え時に難渋した場合、胃瘻造設時よりも口径が小さいチューブに入れ替えざるを得なかった。なぜなら、造設時のカテーテル(例えばクリーニー製イントロデュサー胃瘻造設カテーテル)は、13Fr(フレンチ)、15Frの2種類で、入れ替えカテーテルは12Fr、14Fr、16Fr、18Fr…と偶数のフレンチであり、例えば15Frのカテーテルで造設した場合は、入れ替え時14Fr、16Frが可能となる。ここで、16Frのカテーテルが挿入困難なときは、14Frのカテーテルを挿入し、当然サイズダウンとなる。
【0006】
そのため、胃瘻入れ替え用チューブ等の医療用入れ替えチューブの操作の安全性及び容易性が不十分であった。
【特許文献1】特開平11−262527号公報
【特許文献2】特開2001−29434号公報
【非特許文献1】クリエートメディック株式会社、医療機器承認番号:21600BZZ00449、胃瘻交換用カテーテル(コンパクトタイプ)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明が解決しようとする課題は、医療用、例えば胃瘻入れ替え、チューブの入れ替え操作が困難であるとともに、そのサイズアップが容易ではなく、結局、十分な安全性が図れない点である。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明は、バルーンを取り付けたバルーン先端部と、前記バルーン先端部に連接した本体部とからなるカテーテルチューブを有する医療用入れ替えチューブにおいて、前記本体部の直径を前記バルーン先端部の直径よりも1フレンチかける2の倍数分だけ太くしたことを特徴とする。
【発明の効果】
【0009】
医療用、例えば胃瘻入れ替え用、チューブの入れ替えが容易かつ安定・安全に行うことができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
添付した図1から図4に沿って、本発明の医療用入れ替えチューブをバルーンタイプ胃瘻入れ替え用チューブの実施例について、以下に説明する。
【0011】
図1に示すように、本発明の一実施例のバルーンタイプ胃瘻入れ替え用チューブは、シリコンゴムから形成されたカテーテルチューブ1と、その基端部に取り付けた二又状ファネル部6と、カテーテルチューブ1の先端に丸みを形成した他端部8に取り付けたバルーン4と、カテーテルチューブ1の中央部に着脱、軸方向に移動可能に取り付けた固定板7(任意の形状でもかまわない)と、カテーテルチューブ1を貫通する均一内径のメインルーメン2(図3及び図4参照)と、カテーテルチューブ1の壁部をその長手方向に縦貫したバルーンルーメン5(端部に図示しないバルブを設けた膨張回路に接続されている)と、から構成されている。
【0012】
二又状ファネル部6には、栄養剤、薬液・薬剤が収納され、メインルーメン2の孔により胃瘻を経て患者の胃内に投与され、また、バルーンルーメン5からは、液体(滅菌蒸留水)がバルーン4の内部に供給されて、バルーン4を膨らませるようになっている。
【0013】
本発明の実施例のバルーンタイプ胃瘻入れ替え用チューブを用いる際には、患者の腹壁と胃壁に形成した胃瘻(小穴)(図5参照)にカテーテルチューブ1をその先端部8から挿入し、バルーンルーメン5から液体(滅菌蒸留水)をその内部に供給して、バルーン4を胃体部内壁に接触させてから膨張させ、また、腹壁に固定板7を接触させて、その摩擦抵抗によりカテーテルチューブ1を固定させる。その後、カテーテルチューブ1のメインルーメン2からファネル部6に収納した栄養剤、薬液・薬剤等をカテーテルチューブ1の先端部8から患者の胃の内部に投与して、栄養の補給を行うようにする。
【0014】
とくに、本発明の実施例のバルーンタイプ胃瘻入れ替え用チューブでは、図1に示すように、カテーテルチューブ1の先端バルーン部1aの直径よりも瘻孔部を含めたカテーテルチューブ本体部1bの直径を同じ素材(シリコンゴム)からなる外側カテーテルで図4に示すように覆って2フレンチの倍数(Fr;約0.33mm)以上の差を設けて太く構成する。ここで、先端バルーン部1aからチューブ本体部1bへの太さは、徐々に大きくなるようにする。
【0015】
例えば、交換用のカテーテルチューブ1では、殆んど市販品では、そのサイズとして14,16,18,20……フレンチ;すなわち2の倍数のフレンチを採用していて、2フレンチ毎に数が大きくなるごとに、サイズが大きくなる太さを採用している。
【0016】
したがって、先端バルーン部1aの直径が、従来例の胃から腹部皮膚への瘻孔部の太さよりも小さく形成されているため、カテーテルチューブ1の挿入、入れ替え等が容易にできるとともに、カテーテルチューブ本体の瘻孔に位置する部分と、その本体部1bの直径が先端バルーン部1aの直径よりも2フレンチの倍数の差で太く形成されているので、チューブに硬さ(こし)ができて挿入し易くなり、カテーテルチューブの入れ替え後に瘻孔のサイズアップを図ることができ、かつ、次回のカテーテルチューブの入れ替えが安定かつ安全にできるようになる。
【0017】
とくに、カテーテルチューブ1のメインルーメン2の内径が栄養投与部(ファネル部6)からその先端まで同一寸法であるので、栄養投与の圧力が一定となり、カテーテルチューブ1が詰まることなく完全に栄養投与ができる。さらに、カテーテルチューブ1の最先端部に丸みrを形成してあるので、挿入時の人体組織損傷の危険を回避できる。
【0018】
またさらに、チューブ1が抜けてしまい、瘻孔が小さくなってしまった場合でも、本発明のカテーテルチューブをレスキュー用として使用して胃瘻の拡張ができ、すぐに元のサイズのチューブを挿入することが可能となる。
【0019】
さらに、本発明の入れ替えチューブは、膀胱瘻入れ替えチューブ、ドレーンチューブとしても利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】本発明の一実施例のバルーンタイプ胃瘻入れ替え用チューブの側面図である。
【図2】図1に示した入れ替え用チューブの先端部の部分拡大図であって、バルーンを膨らませた状態を示す。
【図3】図1に示した入れ替え用チューブの先端バルーン部のA−A矢視断面図である。
【図4】図1に示した入れ替え用チューブ本体のB−B矢視断面図であって、瘻孔部及び基端部の直径をバルーン部の直径よりも2フレンチ太くした外側カテーテルを示す。
【図5】バルーンタイプ胃瘻入れ替え用チューブを胃瘻(瘻孔部)に挿入して、バルーンを膨張させた概念図を示す。
【符号の説明】
【0021】
1 カテーテルチューブ
1a 先端バルーン部
1b チューブ本体部
2 メインルーメン
3 外側カテーテル
4 バルーン
5 バルーンルーメン
6 ファネル部
7 固定板
【出願人】 【識別番号】507028815
【氏名又は名称】竹内 弘久
【出願日】 平成19年1月26日(2007.1.26)
【代理人】 【識別番号】100094651
【弁理士】
【氏名又は名称】大川 晃


【公開番号】 特開2008−178620(P2008−178620A)
【公開日】 平成20年8月7日(2008.8.7)
【出願番号】 特願2007−15770(P2007−15770)