トップ :: A 生活必需品 :: A61 医学または獣医学;衛生学

【発明の名称】 医療画像情報管理システム
【発明者】 【氏名】木村 誠

【氏名】河村 洋祐

【要約】 【課題】画像サーバが通常の運用中においてもDB1からDB2へデータを移行することが可能な医療画像情報管理システムを実現する。

【構成】撮像装置で得られた画像データの管理情報を格納するデータベース部を有する画像サーバと、前記ネットワークに接続されると共に前記画像サーバに管理され、前記画像データを格納するストレージ部と、前記ネットワークに接続され、前記ストレージ部に格納された画像データの画像を表示する画像ビューアを備えた医療画像情報管理システムにおいて、
【特許請求の範囲】
【請求項1】
コンピュータ・ネットワークに接続された複数の撮像装置と、前記ネットワークに接続され、前記撮像装置で得られた画像データの管理情報を格納するデータベース部を有する画像サーバと、前記画像サーバに管理され、前記画像データを格納するストレージ部と、前記ネットワークに接続され、前記ストレージ部に格納された画像データの画像を表示する画像ビューアを備えた医療画像情報管理システムにおいて、
前記画像サーバを新画像サーバに交換するに際しては、前記コンピュータ・ネットワークに前記新画像サーバ及び移行ツールを接続し、この移行ツールの命令に従って前記画像サーバに管理されたデータを新画像サーバのデータベースに移行することを特徴とする医療画像情報管理システム。
【請求項2】
前記撮像装置は、CT装置、MR装置、レントゲン装置を含む医療画像を撮影する装置であることを特徴とする請求項1記載の医療画像情報管理システム。
【請求項3】
前記画像サーバの機能は、DICOM規格をサポートすることを特徴とする請求項1記載の医療画像情報管理システム。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、種々の撮像装置より得られた患者の医療画像情報を管理する医療画像情報管理システムに関し、画像サーバを交換するに際して好適な医療画像情報管理システムに関するものである。
【背景技術】
【0002】
医療画像分野にあっては、従来、図4に示すような医療画像情報管理システムが知られている。
【0003】
図4の例では、コンピュータ・ネットワークNに、撮像装置であるCT装置1、MR装置2、レントゲン装置3等が接続され、これらの撮像装置1,2,3で取得された患者の画像データ等は画像サーバS1およびストレージSTSに格納される。そして、必要に応じて医師等は、画像ビューア4で所望の画像を呼び出す。
【0004】
詳しくは、CT装置1、MR装置2、レントゲン装置3等で撮像した画像データは、コンピュータ・ネットワークNを介して画像サーバS1へ送信される。画像サーバS1はDICOM規格(Digital Imaging Communications in Medicine:医用ディジタル画像と通信に関する標準規格)を備えており、患者情報、フォルダ情報等はデータベース部DB1に格納され、画像データそのものはストレージ部STSに格納される。
【0005】
このような従来の医療画像情報管理システムは、例えば、下記の特許文献等に開示されている。
【0006】
【特許文献1】特開2000−316816号公報
【0007】
ところで、上述の構成の医療画像情報管理システムにおいて、画像サーバS1のデータベースの容量が満杯に近くなったり画像サーバそのものが古くなったりして画像サーバを交換することが必要となる。
【0008】
なお、以降では交換が必要なサーバを旧画像サーバS1といい、新しいサーバを新画像サーバS2という。
画像サーバの交換に先立って新画像サーバをコンピュータ・ネットワークNに接続する。
図4はコンピュータ・ネットワークNに新データベースDB2を有する新画像サーバS2を接続した状態を示している。
以下、データ移行作業の手順について説明する。
【0009】
1.作業者はデータ移行のため、旧画像サーバS1の記憶媒体挿入口(図示省略)に外部記憶媒体(図示省略)を挿入する。
2.作業者はバックアップ取得のため、旧画像サーバS1の運用を停止し、旧画像サーバS1に対して旧データベースDB1のバックアップを取得する命令を入力する。
【0010】
3.旧画像サーバS1は接続する旧データベースDB1から、外部記憶媒体TPにDB1のバックアップを取る。
4.外部記憶媒体TPに旧データベースDB1に格納された全てのバックアップが保存される。
5.作業者は外部記憶媒体TPに保存が完了した後、旧画像サーバS1に対して運用を開始する命令を入力する。
【0011】
6.作業者は、新画像サーバS2の記憶媒体挿入口(図示省略)にバックアップを取得した外部記憶媒体TPを挿入する。
7.作業者は、新画像サーバS2を介して新データベースDB2に外部記憶媒体TP内のバックアップを復元する命令を入力する。
【0012】
8.新データベースDB2に、外部記憶媒体TP内全てのバックアップが復元する。
9.作業者は、あるタイミングで、旧画像サーバS1から新画像サーバS2に、運用を切り替える。
これにより画像ビューア4は、新画像サーバS2から従来のデータを取得し、画像を表示することができる。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0013】
しかしながら、上述の医療画像情報管理システムにおいては、データ移送時に下記のような問題があった。
1.作業者が一度、旧画像サーバの運用を停止し、外部磁気媒体に旧データベースのバックアップを全て保存するまで、サーバの運用ができない(画像ビューアからデータが取得できない)。
【0014】
そのため、新画像サーバで運用を開始するまで、バックアップを取得中、通常の業務を中断しなければならない。
2.バックアップは磁気テープによりおこなわれるが、データ量多いほど、運用中断時間がかかってしまう。
【0015】
3.作業者は移行データのバックアップを取得し、新画像サーバに移行を完了するまで、当該作業に専念する必要があるため、移行データ量が多いほど、作業工数がかかってしまう。
【0016】
従って本発明の目的は、画像サーバが通常の運用中においてもDB1からDB2へデータを移行することを可能とする。
【課題を解決するための手段】
【0017】
上記した課題を解決した本発明は、次の通りである。
(1)コンピュータ・ネットワークに接続された複数の撮像装置と、前記ネットワークに接続され、前記撮像装置で得られた画像データの管理情報を格納するデータベース部を有する画像サーバと、前記画像サーバに管理され、前記画像データを格納するストレージ部と、前記ネットワークに接続され、前記ストレージ部に格納された画像データの画像を表示する画像ビューアを備えた医療画像情報管理システムにおいて、
前記画像サーバを新画像サーバに交換するに際しては、前記コンピュータ・ネットワークに前記新画像サーバ及び移行ツールを接続し、この移行ツールの命令に従って前記画像サーバに管理されたデータを新画像サーバのデータベースに移行することを特徴とする医療画像情報管理システム。
【0018】
(2)前記撮像装置は、CT装置、MR装置、レントゲン装置を含む医療画像を撮影する装置であることを特徴とする請求項1記載の医療画像情報管理システム。
【0019】
(3)前記画像サーバの機能は、DICOM規格をサポートすることを特徴とする請求項1記載の医療画像情報管理システム。
【発明の効果】
【0020】
以上説明したことから明らかなように、本発明によれば次のような効果がある。
画像サーバを新画像サーバに交換するに際し、コンピュータ・ネットワークに新画像サーバ及び移行ツールを接続し、この移行ツールの命令に従って画像サーバに管理されたデータを新画像サーバのデータベースに移行する。このことにより、作業者の負担と作業工数を削減し、移行データ量の多さに依存せず、一定の作業で移行作業を可能とした医療画像情報管理システムを提供することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0021】
図1は本発明の医療画像情報管理システムの一実施例の要部ブロック図である。
尚この図で、図2に表した従来のブロック図と符号が同じものはその機能は同じであるので詳しい説明は省略する。
【0022】
本発明システムの特徴は、画像ビューア4を介してネットワークNに移行ツールTを接続した点にある。
即ち、この移行ツールTを用いて旧データベースS1から新データベースS2にデータを移行させる。なお、この移行ツールTは画像ビューア4に内蔵してもよくネットワークNに接続する場所であればよい。
【0023】
尚、この図1の本発明システムにおいて、CT装置1、MR装置2、レントゲン装置3、画像ビューワ4、画像サーバS1,S2、データベース部DB1、ストレージ部STはそれぞれ、A病院、B医療センター、C大学等というように、別の機関、または同じ病院でも異なる場所の建屋等に設置されるコンピュータ・システムであってよく通信ネットワークにより接続されていれば設置場所は問わない。
【0024】
このような構成の本発明システムの動作を次に説明する。
1.画像サーバS1の交換に先立って、新画像サーバS2及びこの新画像サーバを介してコンピュータ・ネットワークNに接続する移行ツールTを設ける。この時点においては、画像ビューア4は旧画像サーバS1経由で旧データベースDB1にアクセスし、検索内容からストレージSTSより、所望の画像データを取得している。
この時、まだ新データベースDB2にはデータが無い。
【0025】
2.次に、図2に示すように移行ツールTはデータ移行命令を発する。この移行命令は、新画像サーバS2→ネットワークN→旧画像サーバS1を介して矢印イで示すように旧データベースDB1に伝えられる。その結果、新画像サーバS2はデータの一部を新データベースDB2にコピーする。コピーは矢印イ→ロ→ハで示すように旧画像サーバS1→ネットワークN→新画像サーバS2を介して行われる。
【0026】
移行ツールTからの移行命令は通常業務に差し支えのない時間帯(例えば深夜)に複数回に分けて行われる。
即ち、画像ビューア4は図1に示す動作を行っており画像を取得可能である。
【0027】
3.移行ツールTは全てのデータベースの移行を終了した後、画像サーバS1、S2に対し、作業が完了した旨を通知する。
【0028】
4.作業者は、移行ツールTからの完了通知を見て、あるタイミングで図3に示すようにストレージSTSを旧画像サーバS1から新画像サーバS2へつなぎ替え、旧データベースDB1から新データベースDB2へ運用を変更する。
以上の動作により、画像ビューア4は新画像サーバS2経由で新データベースDB2にアクセスし、図1に示す動作と同様に、ストレージSTSより、所望の画像データを取得することが可能となる。
【0029】
本発明の移行ツールTを用いれば、画像ビューア4から画像データを取得する際、データの移行作業を行っている際にも、タイムシェアリングにより通常の運用が可能となる。また、作業者はデータ移行のための作業時間を、従来の移行作業に比べ、大幅に削減することが可能となる。
【0030】
なお、本実施例では一つの画像ビューアに対して新旧一つずつの画像サーバを示したが、より大規模なネットワークに適用し、多くのが画像ビューアと画像サーバを有するような場合においても、このような移行ツールTを用いてスケジューリング運用することにより、同時に複数のデータベースの移行作業を進めることが可能となる。
そして、負荷の少ない夜間帯にスケジューリングすることで、従来以上に通信トラフィックの有効活用を図ることが可能となる。
また、医療画像分野に限らず、24時間365日運用に近い分野の応用も可能となる。
【0031】
以上の説明は、本発明の説明および例示を目的として特定の好適な実施例を示したに過ぎない。
従って本発明は、上記実施例に限定されることなく、その本質から逸脱しない範囲で更に多くの変更、変形を含むものである。
【図面の簡単な説明】
【0032】
【図1】本発明の医療画像情報管理システムを表わす構成ブロック図である。
【図2】本発明の医療画像情報管理システムにおけるデータベースのデータの流れを示す図である。
【図3】本発明の医療画像情報管理システムにおけるデータベースのデータの流れを示す図である。
【図4】従来の医療画像情報管理システムを表わす構成ブロック図である。
【符号の説明】
【0033】
1 CT装置
2 MR装置
3 レントゲン装置
4 画像ビューア
S1,S2 画像サーバ
DB1,DB2 データベース部
STS ストレージ部
N コンピュータ・ネットワーク
T 移送ツール
【出願人】 【識別番号】000006507
【氏名又は名称】横河電機株式会社
【出願日】 平成18年7月20日(2006.7.20)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−23009(P2008−23009A)
【公開日】 平成20年2月7日(2008.2.7)
【出願番号】 特願2006−197556(P2006−197556)