トップ :: A 生活必需品 :: A61 医学または獣医学;衛生学

【発明の名称】 生体組織の識別画像作成方法、装置およびプログラム
【発明者】 【氏名】畦元 将吾

【要約】 【課題】管腔状組織内における狭窄部位の種類別特定や、管腔状組織周辺部における腫瘍形成の確認といった医師等による診断を、十分に支援することが可能な生体組織の識別画像作成方法、装置およびプログラムを得る。

【構成】生体内の3次元画像データに基づき、指定された管腔状組織の長軸方向に沿った所定範囲内に亘る観察用画像を作成する観察用画像作成処理(ステップS1)と、観察用画像において、管腔状組織の位置を基準とした所定の探索領域を設定する探索領域設定処理(ステップS2)と、探索領域内において、生体内の注目部位に対応する特定画像領域を、他の画像領域と識別可能に表示する識別表示処理(ステップS3)と、を行う。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
生体内の3次元画像データに基づき、指定された管腔状組織の長軸方向に沿った所定範囲内に亘る観察用画像を作成する観察用画像作成処理と、
前記観察用画像において、前記管腔状組織の位置を基準とした所定の探索領域を設定する探索領域設定処理と、
前記探索領域内において、前記生体内の注目部位に対応する特定画像領域を、他の画像領域と識別可能に表示する識別表示処理と、
を行うことを特徴とする生体組織の識別画像作成方法。
【請求項2】
前記特定画像領域は、対応する前記注目部位の種類別に、互いに異なる色で表示されることを特徴とする請求項1記載の生体組織の識別画像作成方法。
【請求項3】
前記観察用画像作成処理は、
元画像に示された前記管腔状組織の長軸方向に沿って延びる経路線の一部を指定する外部からの指定操作を受けて、指定された部分の前記経路線に沿った経路画像を表示する経路画像表示処理を行った後、
前記経路画像に示された前記経路線を補正する外部からの補正操作を受けて、補正された前記経路線に沿った更新後の経路画像を表示する更新後経路画像表示処理を少なくとも1回行い、
前記観察用画像を作成するものであることを特徴とする請求項1または2記載の生体組織の識別画像作成方法。
【請求項4】
請求項1〜3のいずれかに記載された生体組織の識別画像作成方法における各処理を、コンピュータにおいて実行せしめる各ステップを備えてなることを特徴とする生体組織の識別画像作成プログラム。
【請求項5】
画像処理手段と画像表示手段と操作手段とを備えてなり、
前記画像処理手段は、
生体内の3次元画像データに基づき、前記操作手段を介して指定された管腔状組織の長軸方向に沿った所定範囲内に亘る観察用画像を作成する観察用画像作成手段と、
前記観察用画像において、前記管腔状組織の位置を基準とした所定の探索領域を設定する探索領域設定手段と、
前記探索領域内において、前記生体内の注目部位に対応する特定画像領域を、他の画像領域と識別可能に前記画像表示手段に表示せしめる識別表示指令手段と、
を備えてなるものであることを特徴とする生体組織の識別画像作成装置。
【請求項6】
前記観察用画像作成手段は、
元画像に示された前記管腔状組織の長軸方向に沿って延びる経路線の一部を指定する、前記操作手段を介した外部からの指定操作を受けて、指定された部分の前記経路線に沿った経路画像を、前記画像表示手段に表示せしめる経路画像表示指令手段と、
前記経路画像に示された前記経路線を補正する、前記操作手段を介した外部からの補正操作を受けて、補正された前記経路線に沿った更新後の経路画像を、前記画像表示手段に表示せしめる更新後経路画像表示指令手段と、
を備えてなることを特徴とする請求項5記載の生体組織の識別画像作成装置。

【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、画像診断を支援する技術に関するものであり、特に、CT(computed
tomography)、MRI(magnetic resonance imaging)、核医学等の画像診断システムにより得られた生体内の3次元画像データに基づき、血管、リンパ管、気管等の管腔状組織の内部または周辺部における注目部位(例えば、血管内において中性脂肪やコレステロールが付着した部位や石灰化した部位、または血管周辺において脂肪腫やのう胞等の腫瘍が形成されている部位)の診断を支援するのに好適な観察用画像を作成し得る生体組織の識別画像作成方法、装置およびプログラムに関する。
【背景技術】
【0002】
近年、CPR(curved planar reconstruction)と称される画像再構成手法が、画像診断システムにおいて広く用いられるようになっている。CPRとは、指定された任意の曲面に沿った3次元画像データを2次元画像に再構成する手法であり、最終的な画像の取得方法の違いにより、ProjectedCPR、StretchedCPR、StraightenedCPR等に分類される(下記非特許文献1の第380-382頁参照)。
【0003】
このCPR手法は、生体内を複雑に走行する管腔状組織の情報を2次元画像上に集約して表示するのに適しており、近年では特に、心臓の冠状血管や脳血管等の観察用画像の作成に適用され、血管内の狭窄部位の診断等に供されている。
【0004】
従来、CPR手法を用いて血管の観察用画像を作成するには、観察対象となる血管の長軸方向に沿って延びる芯線(中心線)を、その観察対象領域の全域に亘って予め特定する必要があるとされており、そのための手法が種々提案されている(下記特許文献1、2参照)。
【0005】
下記特許文献1には、特にCT画像診断システムにより得られた各断層画像上において、観察対象となる血管内に位置する2つの点(始点および終点)を、医師や技師等の操作者(実者)が指定することにより、血管の芯線を3次元的に特定することが可能な手法が記載されている。
【0006】
また、下記特許文献2には、CT画像診断システムにより得られた所定の画像上において、観察対象となる血管内の点を操作者が指定することにより、芯線の延伸方向を探索しつつ血管の芯線を3次元的に特定することが可能な手法が記載されている。
【0007】
一方、これらの手法とは異なり、MRI画像診断システムにより得られた3次元画像データを用いた場合でも、管腔状組織の観察用画像を適正に作成することが可能な手法が、本願出願人により提案され特許庁に対し開示されている(下記特許文献3参照)。この提案手法は、医師や技師等の操作者(実者)が指定した経路線を含むように作成した画像を、操作者が行う経路線の補正操作を受けて順次更新していくものである。
【0008】
【特許文献1】特開2004−283373号公報
【特許文献2】特開2004−313736号公報
【特許文献3】特願2006−171232号明細書
【非特許文献1】編集 栗林幸夫、佐久間肇 心臓血管疾患のMDCTとMRI 医学書院
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0009】
上記特許文献1〜3に記載された手法は、いずれも、上述した心臓の冠状血管や脳血管等の観察用画像を作成するために適用することが可能であり、これらの手法により得られた観察用画像は、医師等の操作者が血管内の狭窄部位の有無を診断する際には極めて有用なものである。
【0010】
しかしながら、得られた観察用画像は、それらの狭窄部位が、中性脂肪やコレステロールが付着した部位なのか、あるいは石灰化した部位なのかなどを特定する際には、十分に活用し得るものとはなっていない。
【0011】
また、脂肪腫やのう胞等の腫瘍は、血管やリンパ管等の周辺部に発生する確率が高いことが知られている。そこで、得られた観察用画像を用いて、血管周辺部に存在する腫瘍等の注目部位に関する診断を行えるようになれば、観察用画像の活用範囲がさらに広がることとなる。
【0012】
しかしながら、上記各手法により得られた観察用画像は、血管内の狭窄部位の診断支援を主目的とするものであり、血管周辺部に腫瘍等の注目部位が存在することを容易に診断し得るものとはなっていない。
【0013】
本発明は、上記事情に鑑みなされたものであり、管腔状組織内における狭窄部位の種類別特定や、管腔状組織周辺部における腫瘍形成の確認といった医師等による診断を、十分に支援することが可能な生体組織の識別画像作成方法、装置およびプログラムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0014】
本発明に係る生体組織の識別画像作成方法は、
生体内の3次元画像データに基づき、指定された管腔状組織の長軸方向に沿った所定範囲内に亘る観察用画像を作成する観察用画像作成処理と、
前記観察用画像において、前記管腔状組織の位置を基準とした所定の探索領域を設定する探索領域設定処理と、
前記探索領域内において、前記生体内の注目部位に対応する特定画像領域を、他の画像領域と識別可能に表示する識別表示処理と、
を行うことを特徴とする。
【0015】
この生体組織の識別画像作成方法において、前記特定画像領域は、対応する前記注目部位の種類別に、互いに異なる色で表示されることが好ましい。
【0016】
また、前記観察用画像作成処理は、
元画像に示された前記管腔状組織の長軸方向に沿って延びる経路線の一部を指定する外部からの指定操作を受けて、指定された部分の前記経路線に沿った経路画像を表示する経路画像表示処理を行った後、
前記経路画像に示された前記経路線を補正する外部からの補正操作を受けて、補正された前記経路線に沿った更新後の経路画像を表示する更新後経路画像表示処理を少なくとも1回行い、前記観察用画像を作成する処理とすることができる。
【0017】
また、本発明に係る生体組織の識別画像作成プログラムは、本発明に係る生体組織の識別画像作成方法における各処理を、コンピュータにおいて実行せしめる各ステップを備えてなることを特徴とする。
【0018】
また、本発明に係る生体組織の識別画像作成装置は、
画像処理手段と画像表示手段と操作手段とを備えてなり、
前記画像処理手段は、
生体内の3次元画像データに基づき、前記操作手段を介して指定された管腔状組織の長軸方向に沿った所定範囲内に亘る観察用画像を作成する観察用画像作成手段と、
前記観察用画像において、前記管腔状組織の位置を基準とした所定の探索領域を設定する探索領域設定手段と、
前記探索領域内において、前記生体内の注目部位に対応する特定画像領域を、他の画像領域と識別可能に前記画像表示手段に表示せしめる識別表示指令手段と、
を備えてなるものであることを特徴とする。
【0019】
この生体組織の識別画像作成装置において、前記観察用画像作成手段は、
元画像に示された前記管腔状組織の長軸方向に沿って延びる経路線の一部を指定する、前記操作手段を介した外部からの指定操作を受けて、指定された部分の前記経路線に沿った経路画像を、前記画像表示手段に表示せしめる経路画像表示指令手段と、
前記経路画像に示された前記経路線を補正する、前記操作手段を介した外部からの補正操作を受けて、補正された前記経路線に沿った更新後の経路画像を、前記画像表示手段に表示せしめる更新後経路画像表示指令手段と、を備えてなるものとすることができる。
【0020】
上記「経路線」とは、画像上に示された管腔状組織の内部に位置しつつ、該管腔状組織の長軸方向に沿って延びる曲線(直線を含む)を意味するものであり、芯線または中心線と称される曲線のように管腔状組織の横断面の中心位置を通るものとは概念を異にするものである。ただし、経路線が芯線(中心線)に相当するものである場合を排除するものではない。
【発明の効果】
【0021】
本発明においては、管腔状組織の位置を基準として所定の探索領域が設定され、この探索領域内において、前記生体内の注目部位(例えば、脂肪腫等の腫瘍が形成されている部位)に対応する特定画像領域が、他の画像領域と識別可能に表示される。
【0022】
したがって、観察用画像に示された生体内の領域に腫瘍等が存在する可能性があることを、医師等の操作者に容易に認識させることが可能となるので、管腔状組織内におけるコレステロール等により狭窄部位が発生していることや、管腔状組織の周辺部における腫瘍形成の確認といった医師等による診断を、十分に支援することが可能となる。
【0023】
特に、特定画像領域が、対応する注目部位の種類別に、互いに異なる色で表示されるようにしたものによれば、観察用画像内に複数種類の注目部位(例えば、脂肪腫、のう胞、その他の腫瘍)が存在する可能性があることを、医師等の操作者に容易に認識させることが可能となるので、管腔状組織内における狭窄部位の原因の種類別特定や、管腔状組織の周辺部における腫瘍等の種類別特定といった医師等による診断を、より効果的に支援することが可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0024】
以下、本発明の実施形態について図面を参照しつつ詳細に説明する。図1は本発明の一実施形態に係る生体組織の識別画像作成装置の構成を示すブロック図である。
【0025】
図1に示す生体組織の識別画像作成装置は、CT、MRI、核医学等の画像診断システムにより得られた生体内の3次元画像データに基づき、指定された、血管、リンパ管、腸管、気管、食道管等の管腔状組織の長軸方向に沿った所定範囲内に亘る観察用画像を作成するとともに、この観察用画像において、特定画像領域を他の画像領域と識別可能に表示するものであり、コンピュータ等からなる、画像処理手段としての画像処理装置1と、液晶パネル等からなる表示画面を有する、画像表示手段としての画像表示装置2と、マウスやキーボード等からなる、操作手段としての操作装置3とを備えてなる。
【0026】
画像処理装置1は、各種の演算処理を行うCPUおよびRAMやROM等の記憶装置などから構成される制御部11と、画像診断システムにより得られた生体内の3次元画像データを記憶する画像データ記憶部12と、画像処理された画像を記憶する作成画像記憶部13とを備えている。また、画像処理された画像を画像表示装置2に出力する作成画像出力インタフェース14と、操作装置3からの各種の操作入力を制御部に伝達する操作入力インタフェース15と、通信や記憶媒体等を介して入力された生体内の3次元画像データを制御部11に伝達する画像データインタフェース16とを備えている。
【0027】
なお、制御部11内の記憶装置内には、後述する各処理を画像処理装置1に実行せしめるための、本発明の一実施形態に係る生体組織の識別画像作成プログラムが格納されており、この識別画像作成プログラムを実行する制御部11により、本実施形態装置における観察用画像作成手段、探索領域設定手段、識別表示指令手段、経路画像表示指令手段、更新後経路画像表示指令手段、が構成されている。
【0028】
次に、本発明に係る生体組織の識別画像作成方法について説明する。図2〜図6は本発明の一実施形態に係る生体組織の識別画像作成方法の手順を示す図である。図2は識別画像作成処理のフローチャートであり、図3は図2に示す観察用画像作成処理のフローチャートである。また、図4は図3に示す経路画像表示処理のフローチャート、図5は図4および図6に示す変更後経路画像表示処理のフローチャート、図6は図3に示す更新後経路画像表示処理のフローチャートである。なお、本実施形態に係る生体組織の識別画像作成方法は、図1に示す生体組織の識別画像作成装置を用いて行われる。
【0029】
図2に示す識別画像作成処理では、まず、生体内の3次元画像データに基づき、指定された管腔状組織の長軸方向に沿った所定範囲内に亘る観察用画像を作成する観察用画像作成処理が行われる(図2のステップS1)。
【0030】
この観察用画像作成処理では、図3に示すように、元画像に示された管腔状組織の長軸方向に沿って延びる経路線の一部を指定する外部からの(操作者による)指定操作を受けて、指定された部分の経路線に沿った経路画像を表示する経路画像表示処理が行われ(図3のステップS10)、次いで、経路画像に示された経路線を補正する外部からの(操作者による)補正操作を受けて、補正された経路線に沿った更新後の経路画像を表示する更新後経路画像表示処理が行われる(図3のステップS20)。この更新後経路画像表示処理は、表示された更新後の経路画像を観察用画像とするという操作者からの指示があるまで通常は複数回繰り返し行われる(図3のステップS30)。
【0031】
上記経路画像表示処理は図4に示す手順に従って実施され、上記更新後経路画像表示処理は図6に示す手順に従って実施される。また、図4および図6に示す変更後経路画像表示処理は図5に示す手順に従って実施される。なお、図4〜図6は、上掲の特許文献3に記載された図3〜図5と同じものである。また、これらの図に示された各処理の具体的内容は、上掲の特許文献3に記載されているものと同様であり、本明細書中ではその詳細な説明は省略する。
【0032】
上記観察用画像作成処理により得られた観察用画像は、上記画像表示装置2(図1参照)の画面上に表示される。図7は観察用画像の表示例を示すものであり、この表示例では、StretchedCPR画像26、StraightenedCPR画像27、および断面画像28の3種類の画像が、画像表示装置2の画面上に表示されるようになっている。StretchedCPR画像26は、図4に示す経路曲面設定処理(図4のステップS13)により設定される経路曲面を平面に伸展させた状態の画像であり、StraightenedCPR画像27は、StretchedCPR画像26上の経路線23が直線となるように画像を再構成したものである。また、断面画像28は、StretchedCPR画像26に示された管腔状組織21の長軸方向の所定位置において経路線23と直交する断面に沿った画像である。
【0033】
StretchedCPR画像26およびStraightenedCPR画像27には、経路曲面上に位置する管腔状組織21(心臓の冠状血管)が、図4に示す経路線表示処理(図4のステップS12)により設定される経路線23と共に表示されている(詳しくは、上記特許文献3参照)。また、断面画像28には、管腔状組織21と共に、平面に伸展された経路曲面の傾きを示す直線状の傾斜線32が表示されている。この傾斜線32は、上記操作装置3(図1参照)を用いて操作者が画面上において傾きを変更することができるようになっており、傾斜線32の傾きが変更されると、図5に示す経路曲面向き変更処理(図5のステップS41)と同様の処理が実施され、これにより、管腔状組織21の観察方向を変更し得るように構成されている。なお、図7では、簡略化のため、管腔状組織21以外の他の生体組織の図示は省略している。
【0034】
上記観察用画像作成処理の後、探索領域設定処理が行われる(図2のステップS2)。この探索領域設定処理は、上記観察用画像(図7に示すStretchedCPR画像26またはStraightenedCPR画像27)において、管腔状組織21の位置を基準とした所定の探索領域を設定する処理であり、本実施形態では以下のように行われる。図8は探索領域の設定例を示す図である。
【0035】
すなわち図8に示す例では、StraightenedCPR画像27において、図中2点鎖線で示された長方形の内部領域として探索領域40が設定される。探索領域40の大きさおよび位置は任意に設定することが可能であるが、この例では、探索領域40の図中左右方向の長さが経路線23の長さと一致するように、かつ左右方向の両端位置が経路線23の始点SPおよび終点EPの各位置と一致するように設定されている。また、探索領域40の図中上下方向の両端位置は、経路線23の位置から上下方向に互いに等しい距離(例えば、人体内の実寸法に換算したときに、10〜20mmの数値範囲内の一定の距離)だけ離れた位置に設定されている。
【0036】
なお、探索領域40の大きさおよび位置の設定は、観察用画像としてのStraightenedCPR画像27が表示された際に、上記制御部11(図1参照)が予め格納されたプログラムに従って自動的に行うように構成されているが、上記操作装置3(図1参照)を用いて、操作者が探索領域40の大きさおよび位置の設定を指示し得るように構成することも可能である。
【0037】
上記探索領域設定処理に続いて、識別表示処理が行われる(図2のステップS3)。この識別表示処理は、上記探索領域40内において、生体内の注目部位に対応する特定画像領域を、他の画像領域と識別可能に表示する処理であり、本実施形態においては以下のように行われる。図9、図10は、特定画像領域が識別表示された画像例を、模式的に示す図であり、図9は上記管腔状組織21の内部に特定画像領域が表示された例を、図10は管腔状組織21の周辺部に特定画像領域が表示された例を、それぞれ示している。
【0038】
まず、事前に、冠状血管である管腔状組織21の内部および周辺部において、どのような部位を注目部位とするかが決定される。本実施形態においては、管腔状組織21の内部においては、(中性)脂肪が付着している部位、コレステロールが付着している部位、および石灰化している部位が、それぞれ注目部位とされており、管腔状組織21の周辺部においては、脂肪腫が形成されている部位、のう胞が形成されている部位、およびその他の2種の腫瘍(以下、便宜的に「腫瘍A」、「腫瘍B」と称す)が形成されている部位が、それぞれ注目部位とされている。
【0039】
次に、上記探索領域40内において、上記各注目部位に対応する特定画像領域が存在するか否かを探索する。探索領域40内の所定の領域が特定画像領域に該当するか否かの判別は、その領域が予め設定された所定の判別条件を満たすか否かによって行われる。この判別条件としては、例えば、その領域内の画像濃度値(CT値やMRIの信号強度値等を含む)が、上記各注目部位が撮像された場合に示す画像濃度値範囲内にあること、およびその領域が所定の大きさ(例えば、実寸法に換算した際に、1mm〜3cmの大きさ)を有することなどが挙げられる。
【0040】
なお、上記画像濃度値範囲は、上記各注目部位の種類別に事前に決定される。決定方法としては、画像濃度値としてCT値を用いる場合には、各注目部位の種類別に設定されているCT値の範囲を、画像濃度値範囲として用いることが可能である。また、脂肪が存在する部位を注目部位とする場合は、生体(人体)内において脂肪が存在することが既知な部分にROI(Region of interest;関心領域)を設定して測定を行い、そのROIにおける標準偏差等を事前に算定しておき、その算定結果を特定画像領域の判別に利用することも可能である。また、生体の個体差等の情報が事前に得られる場合には、その個体差情報に基づいて、上記画像濃度値範囲を補正するように構成することも可能である。
【0041】
上記探索により、特定画像領域が存在すると判別された場合には、その特定画像領域が他の画像領域と識別可能に表示される。また、対応する注目部位の種類が互いに異なる複数の特定画像領域が存在する場合には、それらの特定画像領域は互いに異なる色で表示される。図9に示す例では、冠状血管である管腔状組織21の内部において、(中性)脂肪が付着している部位、コレステロールが付着している部位、および石灰化している部位に、それぞれ対応する特定画像領域41、42および43が、互いに異なる色(例えば、赤色、青色、黄色)で表示されている。一方、図10に示す例では、管腔状組織21の周辺部において、脂肪腫が形成されている部位、のう胞が形成されている部位、腫瘍Aが形成されている部位、および腫瘍Bが形成されている部位に、それぞれ対応する特定画像領域44、45、46および47が、互いに異なる色(例えば、燈色、緑色、藍色、茶色)で表示されている。なお、特定画像領域41〜47以外の他の画像領域は着色されずに表示される。
【0042】
医師等の操作者は、図9に示す観察用画像を見ることにより、管腔状組織21の内部において、脂肪が付着している部位、コレステロールが付着している部位、および石灰化している部位が、それぞれ存在する可能性があることを容易に認識することが可能となる。また、図10に示す観察用画像を見ることにより、管腔状組織21の周辺部において、脂肪腫が形成されている部位、のう胞が形成されている部位、他の腫瘍Aが形成されている部位、および他の腫瘍Bが形成されている部位が、それぞれ存在する可能性があることを容易に認識することが可能となる。
【0043】
なお、図9および図10に示されている観察用画像は、図8に示すStraightenedCPR画像27であり、そこには上記経路曲面上に位置する画像情報のみが示されている。したがって、3次元的に管腔状組織21の内部および周辺部を探索した場合には、注目部位が存在するような場合でも、2次元的な画像情報のみ担持している特定の観察用画像上には、特定画像領域が表示されない場合もある。本実施形態では、上述したように医師等の操作者が、図8の断面画像28上に示された傾斜線32の傾きを、上記操作装置3(図1参照)を用いて変更することができるようになっており、傾斜線32の傾きが変更されると、上記経路曲面の向きが変更される処理が実施されるように構成されている。経路曲面の向きが変更されると、観察用画像に担持される画像情報が変更されるので、経路曲面の向き変更前には特定画像領域が表示されていない場合でも、経路曲面の向き変更後に、特定画像領域が表示されることもある。すなわち、本実施形態においては、経路曲面の向きを変更することによって、3次元的に管腔状組織21の内部および周辺部を探索することが可能となっている。
【0044】
このように本実施形態では、図8に示すStraightenedCPR画像27において、2次元的に探索領域40を設定しているが、これを3次元的に設定するように構成することも可能である。図11は探索領域を3次元的に設定する例を示している。すなわち、図11に示す例では、経路線23の位置を3次元空間上で特定した後、この経路線23と直交し、かつ経路線23の位置を中心とした所定の面積(例えば、実寸法に換算して3〜5cmの数値範囲内の一定の面積)を有する平面群(図11では円群、一部のみ図示)48からなる空間領域を探索領域40A(図中2点鎖線で示す)として設定している。
【0045】
この場合、上記探索領域40A内において、注目部位に対応する特定画像領域が存在するか否かを3次元的に探索し、存在する場合には、その特定画像領域内を通過する経路曲面を設定し、その経路曲面上に位置する画像情報を担持した観察用画像(StretchedCPR画像26またはStraightenedCPR画像27)を作成して表示するように構成することができる。表示された観察用画像上において、特定画像領域が色分けされて表示される点は、上述した実施形態と同様である。
【0046】
なお、このように3次元的に特定画像領域を探索する手法を採る場合には、観察用画像として、ボリュームレンダリング(VR)手法を用いて作成された3D画像を用いることも可能である。また、このような手法は、管腔状組織の芯線(中心線)の位置を3次元的に特定する、上掲の特許文献1、2に記載された方法にも適用することが可能である。
【0047】
以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明はかかる実施形態に限定されるものではなく、種々に態様を変更することが可能である。
【0048】
例えば、上記実施形態では、心臓の冠状血管を管腔状組織とした例を説明しているが、脳血管などの他の部位の血管や、リンパ管、腸管、気管、食道管等を管腔状組織とした場合でも、本発明を適用することが可能である。
【0049】
また、本発明は、CTまたはMRI画像診断システムにより得られた3次元画像データを用いる場合に有用であるが、核医学等の他の画像診断システムにより得られた画像データを用いる場合にも適用することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0050】
【図1】本発明の一実施形態に係る生体組織の識別画像作成装置のブロック図
【図2】識別画像作成処理のフローチャート
【図3】観察用画像作成処理のフローチャート
【図4】経路画像表示処理のフローチャート
【図5】変更後経路画像表示処理のフローチャート
【図6】更新後経路画像表示処理のフローチャート
【図7】観察用画像の表示例を示す図
【図8】探索領域の設定例を示す図
【図9】特定画像領域が識別表示された画像の一例を示す図
【図10】特定画像領域が識別表示された画像の他の例を示す図
【図11】探索領域を3次元的に設定する例を示す図
【符号の説明】
【0051】
1 画像処理装置
2 画像表示装置
3 操作装置
11 制御部
12 画像データ記憶部
13 作成画像記憶部
14 作成画像出力インタフェース
15 操作入力インタフェース
16 画像データインタフェース
21 管腔状組織
23 経路線
26 StretchedCPR画像
27 StraightenedCPR画像
28 断面画像
32 傾斜線
40、40A 探索領域
41〜47 特定画像領域
48 平面群
SP (経路線の)始点
EP (経路線の)終点
【出願人】 【識別番号】503313373
【氏名又は名称】株式会社AZE
【出願日】 平成18年6月21日(2006.6.21)
【代理人】 【識別番号】100097984
【弁理士】
【氏名又は名称】川野 宏


【公開番号】 特開2008−270(P2008−270A)
【公開日】 平成20年1月10日(2008.1.10)
【出願番号】 特願2006−171447(P2006−171447)