トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 釣用容器
【発明者】 【氏名】染谷 京助

【要約】 【課題】側部と底部の接合面を底部に加重が掛かる方向にして接合力を強化した釣用容器を提供することである。

【解決手段】容器本体は、柔軟性を有する合成樹脂シ−トで形成された側部構成部材Aと底部構成部材Bで略直方体状の容器体に形成されている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
柔軟性を有する合成樹脂シ−トで形成した釣用容器において、容器本体は側部構成部材と底部構成部材を有し、前記側部構成部材と前記底部構成部材の少なくとも一方が二重に形成され、他方を内側と外側から挟んで溶着されていることを特徴とする釣用容器。
【請求項2】
前記側部構成部材と前記底部構成部材の接合部分は前記底部構成部材の底部に折曲部を介して前記側部構成部材へ向かう突片を一体に形成し、前記突片を前記側部構成部材の側壁の下端の内側と外側を挟んで溶着されていることを特徴とする請求項1記載の釣用容器。
【請求項3】
前記底部構成部材は内側と外側の間に発泡材を介在させたことを特徴とする請求項1又は2記載の釣用容器。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、魚釣り等のレジャ−に用いる釣用容器に関する。
【背景技術】
【0002】
従来から例えば特許文献1のようにEVA(エチレン酢酸ビニ−ル)等の合成樹脂シ−トで形成した釣用容器が用いられている。
これらの釣用容器は、撒き餌や生き餌用の餌入れ、魚入れ容器、水汲み用容器(バケツ)、濡れ物入れ容器、その他釣用小物入れなど多くの用途に使用されている。
しかし、特許文献1および特許文献2の容器では、側部と底部の接合において、両者の接合面を内側から外側に向けて突出するように接合しているので、釣糸が接触すると傷付きが発生する欠点がある。
【特許文献1】実開昭63−13562号公報
【特許文献2】特開2002−186394号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
解決しようとする問題点は、側部と底部の接合面を内側から外側に向けて突出するように接合しているので、釣糸が接触すると傷付きが発生する欠点があることである。
【0004】
本発明の目的は前記欠点に鑑み、側部と底部の接合面を底部に加重が掛かる方向にして接合力を強化した釣用容器を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の請求項1は、柔軟性を有する合成樹脂シ−トで形成した釣用容器において、容器本体は側部構成部材と底部構成部材を有し、前記側部構成部材と前記底部構成部材の少なくとも一方が二重に形成され、他方を内側と外側から挟んで溶着されていることを要旨とするものである。
本発明の請求項2は、前記側部構成部材と前記底部構成部材の接合部分は前記底部構成部材の底部に折曲部を介して前記側部構成部材へ向かう突片を一体に形成し、前記突片を前記側部構成部材の側壁の下端の内側と外側を挟んで溶着されていることを要旨とするものである。
本発明の請求項3は、前記底部構成部材は内側と外側の間に発泡材を介在させたことを要旨とするものである。
【発明の効果】
【0006】
本発明の請求項により、底部構成部材の突片と突片の間に側部構成部材の接合部が挿入されて溶着接合されると、底部構成部材の中に釣具等を収納した時に、接合部分に掛かる加重の方向が側部構成部材の上下の長手方向となり、突片の面と突片の面に対向する接合部の面の接合部分が上下の長手方向と同一方向となり、剥離し難くなる。
側部と底部を接合した部分が外側に向けて突出しないため釣糸の傷付きが防止できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
釣用容器の容器本体は、柔軟性を有する合成樹脂シ−トで形成された側部構成部材Aと底部構成部材Bが高周波加熱処理の溶着接合で接合され、略直方体状の容器体に形成されている。
側部構成部材Aは外側壁部材1と内側壁部材2の二重に形成されて中間に発泡材3が挟み込まれている。
外側壁部材1の側壁1aの下端部1cと内側壁部材2の側壁2aの下端部2cは重ねられて溶着接合されて底部構成部材Bの突片7d、8dと対向する接合部bとなって側部構成部材Aの下端部から下方に突出する突片を形成している。
底部構成部材Bは、外側底部材7と内側底部材8の二重でカップ状に形成されて中間に発泡材9が挟み込まれている。
側部構成部材Aと底部構成部材Bが合体される時は、突片7dと突片8の間に突片7d、8dと対向する接合部bが挿入されて高周波加熱処理用の電極Cと電極Fで挟み込んで高周波加熱処理の溶着接合で接合される。
【実施例1】
【0008】
以下、図示の実施例によって本発明を説明すると、図1から図5は第1実施例で、図1は釣用容器の斜視図、図2は釣用容器の断面側面図、図3は釣用容器の一部拡大断面側面図、図4は釣用容器の分解断面側面図、図5は釣用容器の側部と底部に高周波加熱処理用の電極を当てた断面側面図である。
【0009】
容器本体は、柔軟性を有する合成樹脂シ−トで形成された側部構成部材Aと底部構成部材Bが高周波加熱処理の溶着接合で接合され、略直方体状の容器体に形成されている。
側部構成部材Aや底部構成部材Bの合成樹脂シ−ト材料は、EVA(エチレン酢酸ビニ−ル)、PVC(ポリ塩化ビニ−ル)、PE(ポリエチレン)等防水性を有する材料が使用されている。
側部構成部材Aは外側壁部材1と内側壁部材2の二重に形成されて中間に合成樹脂の発泡材3が挟み込まれ、外側壁部材1と内側壁部材2は発泡材3を囲んで互いに溶着されている。
外側壁部材1は横断面矩形の筒状に側壁1aが形成されて上端部側の開口縁はフレ−ム4を内側に向けて巻き込んで円弧部1bとなっている。
内側壁部材2は横断面矩形の筒状に側壁2aが形成されて開口縁はフレ−ム4の外側に向けて円弧部1bを巻き込んでいる。
外側壁部材1と内側壁部材2はa部で溶着されると共に開口縁外側の端部2bが外側に突出されている。
外側壁部材1の側壁1aの下端部1cと内側壁部材2の側壁2aの下端部2cは重ねられて溶着接合されて突片7d、8dと対向する接合部bとなって側部構成部材Aの下端部から下方に突出する突片を形成している。
【0010】
側部構成部材Aの開口の上側には蓋体5が載せられ、側部構成部材Aの後側上縁に蓋体5が、薄い合成樹脂シ−トで形成された蓋連結部10で連結され、蓋連結部10以外の側部構成部材Aと蓋体5間は係合チャック6で開閉自在に閉じられている。
側部構成部材Aの長手方向両側には係止具11が固定されて係止具11にベルト12が取り付けられている。
【0011】
底部構成部材Bは、外側底部材7と内側底部材8を上下に重ねて周囲に上方への立ち上がり部Tを有するカップ状に形成されて中間に発泡材9が挟み込まれている。
なお、発泡材3、発泡材9は柔軟性を有し、断熱効果及び緩衝効果を有し、外側底部材7と内側底部材8は発泡材9を囲んで互いに溶着されている。
外側底部材7の底部7aの周囲に沿って一体に形成された湾曲した折曲部7bとこの折曲部7bの上部に外向きに屈曲した屈曲部7cを介して底部構成部材Bの周囲に沿って上向きに突出する突片7dが一体にカップ状に形成されている。
折曲部7bと屈曲部7cと突片7dは高周波加熱処理用の電極C、Dに挟まれて高周波加熱処理で形成される。
内側底部材8の底部8aの周囲に沿って一体に形成された湾曲した折曲部8bと折曲部8bの上部に内向きに屈曲した屈曲部8cを介して上向きに突出する突片8dが一体にカップ状に形成されている。
折曲部8bと屈曲部8cと突片8dは高周波加熱処理用の電極E、Fに挟まれて高周波加熱処理で形成される。
外側底部材7の折曲部7bと内側底部材8の折曲部8bは重ねられて溶着接合されている。
立ち上がり部Tの上端は、突片7dと突片8dが間隙Kを介してY字状に配されて接合部を形成し、その間隔は、外側壁部材1の側壁1aの下端部1cと内側壁部材2の側壁2aの下端部2cが重ねられて溶着接合された突片7d、8dと対向する接合部bの厚さより幾分広く形成されている。
【0012】
側部構成部材Aと底部構成部材Bが合体される時は、突片7dと突片8の間の間隙Kに突片7d、8dと対向する接合部(突片)bが挿入されて高周波加熱処理用の電極Cと電極Fで挟み込んで高周波加熱処理の溶着接合で接合される。
突片7dと突片8dの間に突片7d、8dと対向する接合部bが挿入されて溶着接合されると、底部構成部材Bの中に釣具等を収納した時に、接合部分に掛かる加重の方向が側部構成部材Aの上下の長手方向となり、突片7dの面と突片8の面と突片7d、8dと対向する接合部bの面の接合部分が上下の長手方向と同一方向となり、剥離し難くなる。
また、接合部(突片)bを両側から突片7d、8dで挟んで接合されるため接合が強固となり、また両者の接合部は外方に突出しない。
【0013】
前記のように釣用容器が構成されると、底部構成部材Bの突片7dと突片8dの間に側部構成部材Aの突片7d、8dと対向する接合部bが挿入されて溶着接合されると、溶着接合が強固になり、底部構成部材Bの中に釣具等を収納した時に、接合部分に掛かる加重の方向が側部構成部材Aの上下の長手方向となり、突片7dの面と突片8dの面と突片7d、8dと対向する接合部bの面の接合部分が上下の長手方向と同一方向となり、剥離し難くなる。
接合部が外方へ突出しないため釣糸が触れても傷付きが防止される。
【実施例2】
【0014】
図6は第2実施例で、図6は釣用容器の一部拡大断面側面図である。
【0015】
第2実施例では、側部構成部材Aの外側壁部材1の側壁1aの下端部1cに突片1dと突部1eが形成され、内側壁部材2の側壁2aの下端部2cに突片2dと突部2eが形成されている。
突部1eと突部2eを突き合わせることにより突片1dと突片2dの間に一定の間隔が形成されている。
底部構成部材Bの外側底部材7の底部7aの周囲に沿って一体に形成された湾曲した折曲部7bとこの折曲部7bを介して上向きに突出する突片7eが一体にカップ状に形成されている。
折曲部7bと突片7eは第1実施例図4と同様に高周波加熱処理用の電極C、Dに挟まれて高周波加熱処理で形成される。
内側底部材8の底部8aの周囲に沿って一体に形成された湾曲した折曲部8bと折曲部8bから上方に延びた突片8eが一体にカップ状に形成されている。
折曲部8bと突片8eは第1実施例図4と同様に高周波加熱処理用の電極E、Fに挟まれて高周波加熱処理で形成される。
外側底部材7の折曲部7bと内側底部材8の折曲部8b及び突片7eと突片8eは重ねられて溶着接合されて突片7eと突片8eで突片1d、2dと対向する接合部cとなっている。
突片1dと突片2dの間隔は、突片7eと突片8eの突片1d、2dと対向する接合部cの厚さより幾分広く形成されている。
他の構成は前記第1実施例と略同一である。
【0016】
側部構成部材Aと底部構成部材Bが合体される時は、突片1dと突片2dの間に突片7eと突片8eの突片1d、2dと対向する接合部cが挿入されて図示しない高周波加熱処理用の電極で挟み込んで高周波加熱処理の溶着接合で接合される。
突片1dと突片2dの間に突片1d、2dと対向する接合部cが挿入されて溶着接合されると、底部構成部材Bの中に釣具等を収納した時に、接合部分に掛かる加重の方向が側部構成部材Aの上下の長手方向となり、突片1dの面と突片2dの面と突片1d、2dと対向する接合部cの面の接合部分が上下の長手方向と同一方向となり、剥離し難くなる。
【実施例3】
【0017】
図7は第3実施例で、図7は釣用容器の一部拡大断面側面図である。
【0018】
第3実施例では、側部構成部材Aが一枚の柔軟性を有する合成樹脂シ−トで形成された壁部材2′で構成されている。
壁部材2′の側壁2aの下端部2cは突片7d、8dと対向する接合部dとなっている。
底部構成部材Bは前記第1実施例と略同一で、外側底部材7の突片7dと内側底部材8の突片8dの間隔は、突片7d、8dと対向する接合部dの厚さより幾分広く形成されている。
【0019】
側部構成部材Aと底部構成部材Bが合体される時は、底部構成部材Bの突片7dと突片8dの間に側部構成部材Aの突片7d、8dと対向する接合部dが挿入されて図示しない高周波加熱処理用の電極で挟み込んで高周波加熱処理の溶着接合で接合される。
【産業上の利用可能性】
【0020】
本発明は釣用容器全般に利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】第1実施例で、釣用容器の斜視図である。
【図2】同釣用容器の断面側面図である。
【図3】同釣用容器の一部拡大断面側面図である。
【図4】同釣用容器の分解断面側面図である。
【図5】同釣用容器の側部と底部に高周波加熱処理用の電極を当てた断面側面図である。
【図6】第2実施例で、釣用容器の一部拡大断面側面図である。
【図7】第3実施例で、釣用容器の一部拡大断面側面図である。
【符号の説明】
【0022】
A 側部構成部材
B 底部構成部材
1a、2a 側壁
1c、2c 下端部
7a、8a 底部
7b、8b 折曲部
1d、2d、7d、7e、8d、8e 突片
3、9 発泡材
【出願人】 【識別番号】000002495
【氏名又は名称】ダイワ精工株式会社
【出願日】 平成19年5月29日(2007.5.29)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−295317(P2008−295317A)
【公開日】 平成20年12月11日(2008.12.11)
【出願番号】 特願2007−142650(P2007−142650)