トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 釣り竿
【発明者】 【氏名】岩田 壮司

【氏名】谷川 尚太郎

【氏名】松本 聖比古

【要約】 【課題】釣り場を移動する際に仕掛けの巻き付き等を抑制しながら、実釣時には釣り操作の障害と成り難い釣り竿を提供する。

【解決手段】元竿3の竿元側端に装着する尻栓4の後端面に竿先側に向かう凹部と竿尻側に突出する凸部とを鋸歯状に配置した凹凸部4Cを形成し、凹部に係止孔4cを形成し、その係止孔4cに釣り針6を係止すべく構成してある。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
元竿の竿元側端に装着する尻栓の後端面に竿先側に向かう凹部を形成し、前記凹部に釣り針を係止する釣り針係止部を構成してある釣り竿。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、釣り場を移動する場合に仕掛けに取り付けられた釣り針の仕舞い処理に有用な機構を備えた釣り竿に関する。
【背景技術】
【0002】
釣り人は、良好な釣り場を求めて移動することがある。このような釣り場を移動する場合には、仕掛けを取り外さずに、移動する場合もある。
そうすると、仕掛けが竿に巻き付き仕舞い処理に苦慮することがある。その為に、釣り竿の外面に釣り針を係止するフックを設けたものがあった(特許文献1)
【0003】
【特許文献1】特開平7−289122号公報(段落番号〔0011〕、及び、図1〜図4)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記構成のものにあっては、釣り針を係止するフックが竿の外周面から突出する状態で設けられているので、実釣時には、リールシートの近傍に金属製のフックが突設されていることとなり、釣りの障害となりやすく改善の余地があった。
【0005】
本発明の目的は、釣り場を移動する際に仕掛けの巻き付き等を抑制しながら、実釣時には釣り操作の障害と成り難い釣り竿を提供する点にある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
〔構成〕
請求項1に係る発明の特徴構成は、元竿の竿元側端に装着する尻栓の後端面に竿先側に向かう凹部を形成し、前記凹部を、釣り針を係止する前記釣り針係止部に構成してある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0007】
〔作用効果〕
釣り針係止部を尻栓の後端面に凹部として形成してあるので、釣り竿の外側に突出することとならず、実釣時に障害と成り難く、かつ、尻栓に釣り針係止部を設けたので、他の専用の部材を導入してその部材に釣り針係止部を設ける必要がなく、尻栓自体を釣り針係止部材に兼用できるに至った。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
〔第1実施形態〕
鮎竿、渓流竿等の延べ竿に本願発明を適用する場合について説明する。
図1に示すように、延べ竿Aは、穂先竿1、二番竿等の中竿2、竿尻端に尻栓4を装着した元竿3を振出式に連結して構成し、穂先竿1の竿先端に糸連結部材1Aを取付け、その糸連結部材1Aに釣り糸aを取り付けて構成してある。
【0009】
尻栓4について説明する。図2(イ)(ロ)に示すように、尻栓4の後端面に、図示しない名版を取り付けるとともに、銘版の外周側で尻栓4の外縁部に釣り糸係止部を設けてある。釣り糸係止部は、竿先側に凹入する部分と竿尻側に突出する部分とを交互に配置した鋸歯状の凹凸部4Cを設けるとともに、凹部に係止孔4cを形成して構成してある。
尻栓4としては、合成樹脂または硬質ゴム等が使用できる。
【0010】
上記したように、凹部に係止孔4cを形成したので、係止孔4cに対して、尻栓4の外周面における竿先側から釣り針6の針先を係止孔4cに差込み、係止する。そうすると、釣り針6は、係止孔4cに差し込まれた状態で、前記凹凸部4Cの突部より後端側に突出しないので、尻栓4が他のものに接触しても釣り針6自体が接触することは少なく、釣り針6が傷むことは少ない。
【0011】
図2に示すように、鋸歯状の凹凸部4Cは尻栓4の後端面の円周方向の複数箇所に亘って設けてあるので、各凹部に係止孔4cを形成することができる。そうすると、各係止孔4cに別個の釣り針6を係止することができる。これによって、仕掛けに複数の釣り針6が取り付けられている釣りにも適用することができる。
【0012】
〔第2実施形態〕
ここでは、リールシート7に釣り針係止部を設ける形態について説明する。図3に示すように、リールシート7は、固定フード7Aを一体形成した筒状のシートベース7Bと、固定フード7Aに対向する状態で配置される可動フード7Cと、シートベース7Bに形成された雌ネジに螺合して可動フード7Cを駆動移動させるナット7Dとからなる。シートベース7Bのリール載置面7aとは竿軸線を挟んで180°反対側に、凹部又は貫通孔7bを設けて釣り針係止部に形成してある。
【0013】
このように、凹部又は貫通孔7bを形成することによって、図3に示すように、凹部又は貫通孔7bの外側から釣り針6の針先を差込み、その針先を凹部又は貫通孔7bの壁面に突き刺すことによって、釣り針6を係止する。ここに、凹部又は貫通孔7bを釣り針係止部と称する。
【0014】
釣り針係止部としてリールシート7に設けるものであっても、凹部又は貫通孔7bを採用したので、通常釣り時においては、邪魔に成り難く、取外す等の処理を必要としない。また、この凹部又は貫通孔7bは釣り操作時には使用しないものであるから、ゴム栓等によって蓋をすることを考えてもよい。
【0015】
〔第3実施形態〕
延べ竿Aが穂先竿1、中竿2、元竿3の複数本の竿体からなっているが、図4に示すように、その中竿2か元竿3の竿体に内外空間を連結させる貫通孔2a(3a)を形成する。この貫通孔2a(3a)内に釣り針6を挿入し、釣り針6の先端を竿体のない周面に引っ掛け係止することができる。
元竿3等の竿の厚みが厚い場合には、貫通孔2a(3a)ではなく、凹部であってもよい。
釣り針係止部として竿体に設けるものであっても、凹部又は貫通孔2a(3a)を採用したので、通常釣り時においては、邪魔に成り難く、取外す等の処理を必要としない。また、この凹部又は貫通孔2a(3a)は釣り操作時には使用しないものであるから、ゴム栓等によって蓋をすることを考えてもよい。
【0016】
〔第4実施形態〕
尻栓4について説明する。図5に示すように、尻栓4は、元竿3の後端開口の雌ネジ部3aに螺着される金属製又は硬質樹脂製の栓本体4Aと、栓本体4Aに対して着脱自在な弾性材製の装着体4Bとで構成する。栓本体4Aの後端面には係合突部4aが突設され、装着体4Bの前端面に係合凹部4bが形成され、係合突部4aに係合凹部4bを被せて係合することによって、栓本体4Aに装着体4Bを取り付けることができる。
装着体4Bとしては、ゴムや軟質樹脂で構成する。
【0017】
装着体4Bの後端面に前記した凹凸部4Cを形成し、凹部に係止孔4cを形成して、釣り糸係止部を構成する。装着体4Bをゴムや軟質樹脂で構成してあるので、釣り針6を係止するのを容易に行うことができるが、長期使用の間には損傷を受けることもあり、その場合は、装着体4Bを新たなものに交換することができる。
【0018】
〔第5実施形態〕
ここでは、釣り針6を挾持保持する釣り針係止部について説明する。図6(イ)に示すように、尻栓4の後端に竿先側に向けて凹入する凹入面部4Dを形成するとともに、凹入面部4Dから後方に向けて釣り針係止部を突設してある。釣り針係止部は、凹入面部4Dの前面から後方に向けて突設された左右の腕部分4d、4dと、腕部分4d、4dの間に形成された係止孔4eとで構成され、係止孔4eに向けて釣り針6を誘導すべく、腕部分4d、4dの先端から係止孔4eに向かう傾斜誘導面4f、4fを形成してある。傾斜誘導面4f、4fの奥は、腕部分が略当接する状態に狭くなっている。
尻栓4の凹入面部4Dを囲む縁部には、釣り針係止部に係止された釣り針6から延出される釣り糸aを尻栓4の後端面から突出しないように位置させる保持溝4Eが形成されている。
【0019】
以上のような構成を採る釣り針係止部に対して、図6(ロ)に示すように、釣り針6をその針先を向けて、又は、図示してはいないが、針先を後向きにして腕部分4d、4dの傾斜誘導面4f、4fに沿わせて移動させ、傾斜誘導面4f、4fの奥で当接状態にある部分を押し開くように差し入れることによって、係止孔4eに差し入れることができる。係止孔4eは、針径より僅かに小径に形成されており、弾性的に釣り針6を保持する構成となっている。したがって、腕部分4d、4dはゴム等の弾性変形可能な材料で形成するのが好適である。
釣り針6を係止孔4eに保持させた状態で釣り針6の先端を腕部分4dに突き差し係止してもよい。
【0020】
腕部分4d、4dについては弾性変形性の高い材料で成形するのが好ましい点を記載したが、できればゴムや軟質樹脂が望ましい。尻栓4をゴムや軟質樹脂で構成する場合には、腕部分4dを尻栓4と一体に形成してもよいが、尻栓4を金属等の硬質部材で形成する場合には、腕部分4d、4dをゴムや軟質樹脂で形成して接着剤等で接着固定することができる。
【0021】
〔第6実施形態〕
ここでは、釣り針6を挾持保持する釣り糸係止部として面ファスナー8を使用したものを説明する。図7(イ)(ロ)に示すように、尻栓4の後端に竿先側に向けて凹入する凹入面部4Dを形成するとともに、凹入面部4Dに二枚貝式の面ファスナー8を設けてある。つまり、面ファスナー8の鉤状またはループ状の突起8aを形成した一方ファスナー部8Aを凹入面部4Dの表面に取付固定するとともに、この一方ファスナー部8Aに対してループ状または鉤状の突起8aを形成した他方ファスナー部8Bを連結してある。
【0022】
図7(イ)(ロ)に示すように、一方のファスナー部8Aと他方のファスナー部8Bとは夫々の一端で一体的に連結する。連結する手段としては縫込み、接着等であってもよいが、鉤状又はループ状の突起8aを形成した基材を樹脂布または皮革等を使用して一体形成してもよい。
鉤状又はループ状の突起8aを対向する状態で一方のファスナー部8Aに対して他方のファスナー部8Bを重ね合わせる。
【0023】
このように構成された面ファスナー8の一方のファスナー部8Aと他方のファスナー部8Bとの間に釣り針6を寝かせる状態で挟み込むことによって、釣り針6は、鉤状突起8aとループ状突起8aとの間に挟まれる状態で位置するので、一方のファスナー部8Aと他方のファスナー部8Bとで係止されることとなる。面ファスナー8は、基材が薄いものであるから、一方のファスナー部8Aと他方のファスナー部8Bとで釣り針6を挾持係止するものであっても、尻栓4の後方に突出することとはならない。
【0024】
以上のように、面ファスナー8を使用することによって、釣り針6を寝かせて挾持係止することができ、釣り針6の先端を突き刺す等の措置を必要としないので、釣り針6を傷めることが少ない。
尻栓4の凹入面部4Dを囲む縁部には、釣り針係止部に係止された釣り針6から延出される釣り糸aを尻栓4の後端面から突出しないように位置させる保持溝4Eが形成されている。
【0025】
また、図7(ハ)に示すように、両ファスナー部8A、8Bの構成としては、樹脂布、皮革等の基材の周縁部だけに、鉤状又はループ状の突起8aを形成するとともに、周縁部の内側に釣り針6を載置する為のスポンジ製の載置部8bを形成することができる。このような構成によって、鉤状又はループ状の突起8a群内に釣り針6を寝かせて載置する場合に比べて突起8a等が釣り針6に押し潰される等の影響を受けることから解放される。
【0026】
〔別実施形態〕
(1) 本願発明は、振出竿だけでなく、並継竿、インロー継竿にも適用できる
【図面の簡単な説明】
【0027】
【図1】延べ竿において、釣り針を尻栓に係止した状態を示す側面図
【図2】(イ)尻栓の凹部の係止孔に釣り針を係止した状態を示す斜視図、(ロ)尻栓の凹凸部を示す背面図
【図3】リールシートに釣り針係止用の貫通孔を形成した状態を示す一部切欠き側面図
【図4】元竿等に釣り針係止用の貫通孔を形成した状態を示す縦断側面図
【図5】尻栓を栓本体と釣り針を係止する装着体とで構成する状態を示す縦断側面図
【図6】(イ)尻栓の後端面に釣り針を挾持する釣り針係止部を形成した状態を示す縦断側面図、(ロ)尻栓の後端面に釣り針係止部を形成した状態を示す斜視図
【図7】(イ)尻栓の後端面に面ファスナーによる釣り針係止部を形成した状態を示す縦断側面図、(ロ)面ファスナーによる釣り針係止部に釣り針を載置した状態を示す背面図、(ハ)面ファスナーの別実施形態を示す背面図
【符号の説明】
【0028】
1 穂先竿(竿体)
2 中竿(竿体)
2a 貫通孔
3 元竿(竿体)
3a 貫通孔
4 尻栓
4C 凹凸部(凹部)
4D 凹入面部(凹部)
6 釣り針
7 リールシート
7B シートベース
7b 凹部又は貫通孔
8 面ファスナー
【出願人】 【識別番号】000002439
【氏名又は名称】株式会社シマノ
【出願日】 平成19年2月23日(2007.2.23)
【代理人】 【識別番号】100107308
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修一郎


【公開番号】 特開2008−206416(P2008−206416A)
【公開日】 平成20年9月11日(2008.9.11)
【出願番号】 特願2007−43810(P2007−43810)