トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 釣り用転倒浮き
【発明者】 【氏名】宮本 忠三

【要約】 【課題】感度調整機能を有した釣り用転倒浮きを提供する。

【解決手段】軸の上部にサルカンを、その下に目印と、軸心に貫通穴を有したフロートとフロートを挟むように位置決め具を配し、下端に錘又は錘などを取り付けるための環を設けた構成よりなり、フロートの位置を変えることにより浮きの感度が可変できる機能を有することを特徴とする釣り用転倒浮き。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
軸の上部にサルカンを、その下に目印と、軸心に貫通穴を有したフロートとフロートを挟むように位置決め具を配し、下端に錘を設けた構成よりなり、フロートの位置が可変できることを特徴とする釣り用転倒浮き。
【請求項2】
請求項1の錘を除き、軸の下端に錘を付けるための環を設けた構成よりなる請求項1記載の釣り用転倒浮き。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、フロートの位置を変えることにより、浮きの感度を可変できる機能を有した釣り用転倒浮きに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、釣りに使用する浮きとしては、軸心に貫通穴がある中通し浮きや、下端に環を設けた棒浮きや玉浮きなどがあるが、それらは、魚が餌に食いついて引張ると水中に引き込まれて釣り人に知らせる仕組みになっていた。
又、特開平2005−278612号公報が提供する釣り用転倒浮きは、浮きの感度を錘で微調整する仕組みになっていた。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
これらは、次のような問題点があった。
(イ)魚が餌に食いついて浮きが水中に引き込まれる時の抵抗が大きいと餌を放しやすいので出来るだけ抵抗を小さくしなければならない。釣り人は、より多くの釣果を得るために抵抗の小さい、いわゆる感度の良い浮きを求める。しかし感度の良い浮きは視認性が悪くて見失い易く、浮きの動きを目で追うのが大変であり、又、視認性を良くしようとすれば感度を犠牲にしなければならなかった。
(ロ)(イ)の理由で、感度の良い浮きは体積が小さいため、錘も軽いものしか負荷出来ないから、仕掛けを遠くへは飛ばすのが難しく、又、風の影響も受け易くて狙った場所に投入するのが難しかった。
(ハ)狙いのポイントや天候条件に合わせて仕掛けのバリエーションが多くあり、そのために小刻みに感度や質量の違う浮きが市販されている。故に、釣りに行く時は、いろんな条件に対応できるように多数の浮きを準備しなければならなかった。
(ニ)特開平2005−278612号公報が提供する釣り用転倒浮きは、質量の違う錘を準備し、取り替えて感度を調整する仕組みになっており面倒であった。
本発明は、これらの問題点を解決するためになされたものである。
【課題を解決するための手段】
【0004】
軸の上部にサルカンを、その下に目印と、軸心に貫通穴を有するフロートとフロートを挟むように位置決め具を配し、下端に錘を設けるか、あるいは錘を取り付けるための環を設けた構成よりなり、フロートの位置を変えることにより感度を可変する機能を有していることを特徴とする釣り用転倒浮きである。
【発明の効果】
【0005】
(イ)浮きの上端で魚信を捉えるため小さな力で浮きを倒すことが出来るので、浮きが大きくても高感度の浮きが作れる。
(ロ)高感度で、目印が大きい視認性の良い浮きが作れるので、浮きの動きを目で追うのが楽である。
(ハ)高感度で、質量の大きな浮きが作れるので、仕掛けを投入するのが楽であり、又、より遠くへ飛ばせるので狙えるポイントの範囲が広くなった。
(ニ)環つき浮きは下端に錘や籠などを付けることができるので、浮きを替えることなく簡単にフカセ釣りや籠釣りが選択できるので便利である。
(ホ)浮きが負担する仕掛けの重さを変えてもフロートの位置調整で簡単に最適な感度に調節できるので、仕掛けのバリエーションが多くても対応が楽である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
以下、本発明の実施の形態について説明する。
図1および図2は、本発明の第1の実施形態を示す。図1において軸(1)の上端にサルカン(2)を、その下に目印(3)と軸心に貫通穴を有したフロート(4)とフロート(4)を挟むように位置決め具(5)を配し、下端に錘(6)を設ける。位置決め具(5)は、ゴム環などの弾性体で作られ、フロート(4)を動かすのを妨げず、又、仕掛け投入時にずれないような保持力を有している。
本発明は以上のような構成よりなり、フロート(4)の一部が水面より上に出るような浮力を有して自立し、サルカン(2)に魚信が作用すると転倒するように、軸の長さと質量と重心の位置と浮力の作用点で決まる浮きの倒れ易さ(感度)が適切に設計されている。
浮きの重心はフロート(4)と錘(6)の間に有り、浮きを水に浮かべた時、浮力の作用点はフロート(4)が水中に没している部分に有って、その作用点に浮力が重心を支点として浮きを倒すまいとするモーメントを発生させる。一方、上端のサルカン(2)や目印(3)や図2(a)に示すウキ止め(7)から釣り針(11)までの仕掛けや餌などの質量が重心を支点として浮きを倒そうとするモーメントになる。
本発明では、浮きが転倒するか否かはフロートの位置で決まる。即ちフロート(4)を目印(3)側にずらすと重心から浮力の作用点までの距離が増すので浮きを倒すまいとするモーメントが大きくなり、それが倒そうとするモーメントを上まわると浮きが自立する。
よって、錘(6)の質量や目印(3)の大きさなどに制限されず、釣り人の要求に応じて高感度の浮きを提供することができ、仕掛けを変更した時でも簡単に最適な感度に設定できる。
図3は、本発明の第2の実施形態を示す。図3において、軸(1)の下端に環(12)を設け、他は、第1の実施形態と同一の構成よりなる。環(12)に錘や籠を付けることにより、第1の実施形態と同様の機能を備え、浮きを替えることなく簡単にフカセ釣りや籠釣りが選択できる。
【実施例】
0.5〜2号までの5段階の錘と、その錘に応じた浮力を有するフロートを設け、目印が直径6mm×長さ20mm〜直径8mm×長さ30mmで軸の長さが同じ167mmの5種類の本発明の釣り用転倒浮きを水に浮かべ、魚信の替わりに釣り針に錘を負荷した結果、どの浮きも0.55gの錘(ガンダマB)で釣り針が80mm沈んで浮きが横転した。比較のため同条件で市販の棒浮き0.5号で確かめた結果、釣り針が5mm沈み、浮きも5mm沈んだ。以上の結果より、本発明の釣り用転倒浮きは魚信がわかり易く、錘の質量や目印の大きさに制限されず高感度であることが確認できた。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本発明の第1の実施形態の正面図である。
【図2】本発明の第1の実施形態の実施例を示す図である。
【図3】本発明の第2の実施形態の正面図である。
【符号の説明】
【0008】
1 軸
2 サルカン
3 目印
4 フロート
5 位置決め具
6 錘
7 ウキ止め
8 道糸
9 ヨリモドシ
10 ハリス
11 釣り針
12 環
【出願人】 【識別番号】504161216
【氏名又は名称】宮本 忠三
【出願日】 平成19年2月19日(2007.2.19)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−200018(P2008−200018A)
【公開日】 平成20年9月4日(2008.9.4)
【出願番号】 特願2007−69451(P2007−69451)