トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 尻栓
【発明者】 【氏名】谷口 一真

【氏名】松本 聖比古

【要約】 【課題】振出竿における各竿体の伸縮操作を円滑に維持しながら、竿体内への砂等の侵入を抑制できる尻栓及び振出竿を提供する。

【解決手段】元竿1の尻端開口部内に装着される取付筒軸部6Aとその取付筒軸部6Aの一端に形成してある摘み部6Bとを備える。取付筒軸部6Aの内部空間をその取付筒軸部6Aの摘み部存在側とは反対側に形成した開口6bを通して外部に開放する。取付筒軸部6Aの雄ネジ部6Cに内部空間と連通する貫通孔6cを形成してある。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
振出式竿体群の元竿の尻端開口部内に装着される取付筒軸部とその取付筒軸部の一端に形成してある摘み部とを備え、前記取付筒軸部の内部空間を前記摘み部存在側とは反対側に形成した開口を通して竿体内部に開放するとともに、前記取付筒軸部の周面に前記内部空間と連通する貫通孔を形成してある尻栓。
【請求項2】
前記取付筒軸部に雄ネジ部を形成して前記竿体の前記尻端開口部に螺着可能に構成するとともに、前記貫通孔を前記雄ネジ部に形成してある請求項1記載の尻栓。
【請求項3】
前記取付筒軸部に雄ネジ部を形成し、前記竿体の前記尻端開口部に螺着可能に構成するとともに、前記雄ネジ部と前記摘み部との間に筒状部を形成し、前記貫通孔を前記筒状部の周面に形成してある請求項1記載の尻栓。
【請求項4】
前記取付筒軸部に雄ネジ部を形成し、前記竿体の前記尻端開口部に螺着可能に構成するとともに、前記雄ネジ部と前記摘み部との間に筒状部を形成し、前記貫通孔を前記筒状部の周面と前記雄ネジ部に亘って形成し、前記摘み部の前記取付筒軸部に対向する面に、前記筒状部に通じる誘導溝を形成してある請求項1記載の尻栓。
【請求項5】
前記取付筒軸部の内側に調節用筒状体を前記取付筒軸部の軸芯回りで回動可能に装入配置するとともに、前記調節用筒状体の周面に連通孔を形成し、前記貫通孔と前記連通孔とを周方向で重なり合う部分を介して前記調節用筒状体の内部空間を外方に連通させてある請求項1記載の尻栓。
【請求項6】
請求項1から4のうちのいずれか一つに記載の尻栓を備えた振出竿。
【請求項7】
請求項1から4のうちのいずれか一つに記載の尻栓を備えた玉の柄。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、釣り竿用又は玉の柄用の尻栓に関する。
【背景技術】
【0002】
従来の尻栓においては、竿体の尻端開口部内に装着される取付筒軸部としての雄ネジ部とその雄ネジ部の一端に形成してある摘み部としての円筒状の本体部とを備え、前記取付筒軸部の内部空間をその取付筒軸部の前記摘み部存在側とは反対側に形成した開口を通して外部に開放するように、本体部に軸線方向に沿った貫通孔を形成し、本体部の竿元側端面に前記貫通孔に繋がる開口を形成し、その開口を網状部材で覆っている(特許文献1参照)。
このような構成によって、小径竿体を大径竿体に対して出し入れする場合に、大径竿体の内部空間への空気の出入りを可能として、空気の出入りがない場合に比べて、小径竿体の出し入れを円滑に行える構成を採っている。
【0003】
【特許文献1】特開2000−157113号公報(公報第3欄第30行から第3欄第35行、及び、図4)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記構成においては、尻栓の竿元側端に開口が形成されているので、網状部材が設けられてはいても、その網状部材を通して砂等が入り易く、かつ、元竿を立てて釣り場に立てかけた場合に網状部材が傷つき易く、改善の余地があった。
【0005】
本発明の目的は、振出竿又は玉の柄における各竿体の伸縮操作を円滑に維持しながら、竿体内への砂等の侵入を抑制できる尻栓を提供する点にある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
〔構成〕
請求項1に係る発明の特徴構成は、振出式竿体群の元竿の尻端開口部内に装着される取付筒軸部とその取付筒軸部の一端に形成してある摘み部とを備え、前記取付筒軸部の内部空間を前記摘み部存在側とは反対側に形成した開口を通して竿体内部に開放するとともに、前記取付筒軸部の周面に前記内部空間と連通する貫通孔を形成してある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0007】
〔作用〕
貫通孔を通して、尻栓の内部空間及び元竿等の各竿体の内部空間が竿体外方の空間と空気の流通が可能となるので、各竿体の出し入れを円滑に行うことができる。
しかも、その為に貫通孔の設ける位置を、尻栓の竿尻端側に位置する摘み部ではなく、摘み部より竿先側に位置する取付筒軸部に設けたので、砂が侵入しにくく、尻栓を釣り場に接地させて竿を立て掛ける状態に設置しても、尻栓が傷むことが少ない。
【0008】
〔効果〕
したがって、竿体の出し入れが容易に行える振出竿または玉の柄を構成できながら、尻栓内に砂等が入り難くまた傷み難い尻栓を設けることができた。
【0009】
請求項2に係る発明の特徴構成は、前記取付筒軸部に雄ネジ部を形成して前記竿体の前記尻端開口部に螺着可能に構成するとともに、前記貫通孔を前記雄ネジ部に形成してある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0010】
〔作用効果〕
請求項1の作用効果を奏するとともに、次ぎのような作用効果を奏する。摘み部を元竿の竿尻端より離間させることによって、雄ネジ部に形成した貫通孔を元竿の外部に臨ませることができ、外気との流通を容易に行えるようになる。
この場合に、元竿の竿尻端に対する摘み部の間隔を調節することによって、貫通孔の外部に臨む面積を調整でき、尻栓の内部空間との流通量を調節できる。
しかも、貫通孔を雄ネジ部に形成することによって、貫通孔を形成するために雄ネジ部を形成しない筒状部分を設ける必要がなく、尻栓構造の簡素化が図れる。
【0011】
請求項3に係る発明の特徴構成は、前記取付筒軸部に雄ネジ部を形成し、前記竿体の前記尻端開口部に螺着可能に構成するとともに、前記雄ネジ部と前記摘み部との間に筒状部を形成し、前記貫通孔を前記筒状部の周面に形成してある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0012】
〔作用効果〕
摘み部を元竿の竿尻端より離間させると、筒状部に形成した貫通孔が元竿の竿尻端より外方に臨み、尻栓の内部空間内への空気の流通が可能になる。
しかも、雄ネジの形成されていない筒状部に貫通孔を形成するので、雄ネジの機能を損なうことが少なく、尻栓の装脱着操作が容易である。
【0013】
請求項4に係る発明の特徴構成は、前記取付筒軸部に雄ネジ部を形成し、前記竿体の前記尻端開口部に螺着可能に構成するとともに、前記雄ネジ部と前記摘み部との間に筒状部を形成し、前記貫通孔を前記筒状部の周面と前記雄ネジ部に亘って形成し、前記摘み部の前記取付筒軸部に対向する面に、前記筒状部に通じる誘導溝を形成してある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0014】
〔作用効果〕
雄ネジ部と筒状部とに亘って貫通孔を形成してあるので、貫通孔を大きな面積で確保できる。しかも、取付筒軸部に筒状部を形成してあるので、筒状部と元竿内周面との間に空気の流通路を形成でき、この流通路に向けて摘み部の前記取付筒軸部に対向する面に設けた誘導路を介して空気の導入を図ることができる。
このような空気の流通路の形成によって、尻栓を奥まで装着して摘み部の前記取付筒軸部に向かう面が元竿の竿尻端面に密着する状態になっても、竿尻端面より誘導路が離間し空気を誘導することができ、尻栓の緩みを生ずることなく、空気の導入が可能になる。
【0015】
請求項5に係る発明の特徴構成は、前記取付筒軸部の内側に調節用筒状体を前記取付筒軸部の軸芯回りで回動可能に装入配置するとともに、前記調節用筒状体の周面に連通孔を形成し、前記貫通孔と前記連通孔とを周方向で重なり合う部分を介して前記調節用筒状体の内部空間を外方に連通させてある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0016】
〔作用効果〕
貫通孔と連通孔とが重なり合う部分及び調節用筒状体の内部空間を通して元竿の内部空間に外気を流通させることができる。そして、調節用筒状体を軸芯回りで回転させることによって、前記重なり合う部分の面積を変更し、流通量の調節を行うことができる。
このように、調節用筒状体を積極的に導入することによって、流通量を細かく調節できる。しかも、前記したように、流通量を調節する為に尻栓を緩める必要がなく、尻栓を紛失する等の不都合を回避できる。
【0017】
請求項6に係る発明の特徴構成は、請求項1から5のうちのいずれか一つに記載の尻栓を備えた振出竿である点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0018】
〔作用効果〕
このように尻栓に改造を施すことによって、伸縮操作の容易な釣り竿を提供できるに至った。
【0019】
請求項7に係る発明の特徴構成は、請求項1から5のうちのいずれか一つに記載の尻栓を備えた玉の柄である点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0020】
〔作用効果〕
このように尻栓に改造を施すことによって、伸縮操作の容易な玉の柄を提供できるに至った。
【発明を実施するための最良の形態】
【0021】
〔第1実施形態〕
鮎竿等の伸縮式竿Aに基づいて説明する。図1に示すように、元竿1、元上2、元上々3、及び、図示しない他の中竿、穂先竿を配置して釣り竿を構成する。
図1に示すように、元竿1の竿尻側端部の内部にゴム製の保持リング4を装着するとともに、この保持リング4の内部に穂先竿等の竿尻端を受け止める座ゴム5を配置し、座ゴム5の竿尻側に尻栓6を配置してある。
【0022】
元竿1と元上2との伸縮構造について説明する。図1及び図2に示すように、保持リング4における座ゴム5の装着位置より竿先側に、元上2の竿尻側大径膨出部2Bを内嵌する嵌合座面4Aを形成するとともに、元竿1の竿先側内周面1Aで元上2の竿先側大径膨出部2Aを内嵌すべく、かつ、元竿1の竿先側内周面1Aで元上2の竿尻側大径膨出部2Bを内嵌すべく、元竿1を構成してある。
【0023】
以上のような構成を採ることにより、図1(イ)に示すように、元上2の竿尻側大径膨出部2Bを保持リング4の嵌合座面4Aに内嵌保持するとともに、元上2の竿先側大径膨出部2Aを元竿1の竿先側内周面1Aに内嵌することによって、元上2を収縮状態に保持する。
図1(ロ)に示すように、元上2の竿尻側大径膨出部2Bを元竿1の竿先側内周面1Aに内嵌することによって、元上2を伸長状態に保持する。
これによって、元上2を元竿1に対して収縮状態と伸長状態の2状態に伸縮操作可能に構成して、伸縮式竿Aを構成する。
【0024】
尻栓6について説明する。図1〜図3に示すように、尻栓6は、竿体としての元竿1の尻端開口部内に螺着される取付筒軸部6Aと、その取付筒軸部6Aの一端に形成してある摘み部6Bとを備えている。取付筒軸部6Aの内部空間6aを、その取付筒軸部6Aの摘み部存在側とは反対側に形成した開口6bを通して竿体内部に開放するとともに、取付筒軸部6Aの雄ネジ部6Cの周面に内部空間6aと連通する貫通孔6cを形成してある。
【0025】
上記のような尻栓6の構成によって、図1(ロ)及び図2に示すように、尻栓6を保持リング4に対して緩めて、摘み部6Bを元竿1の竿尻端から離間する状態にして、貫通孔6cを保持リング4の後端の鍔部4Bと摘み部6Bとの間に位置させて、貫通孔6cを通して、釣り竿の外側空間と尻栓6の内部空間6a、牽いては、元竿1、元上2等の釣り竿の内部空間とを連通させることができる。
【0026】
上記のような構成を採ることによって、釣り竿及び尻栓6の内部空間6a内に空気が閉じ込められて元上2が収縮する際に、その閉じ込められた空気が圧縮されて大きな抵抗圧力を発揮することを抑制できる。つまり、尻栓6の内部空間6aに位置する空気が元上2の収縮作動を受けて、貫通孔6cから外部空間に逃げることができ、空気が閉じ込められることはない。
したがって、元上2の収縮作動が円滑に行われる。
【0027】
一方、伸長作動させる場合には、今度は、内部空間が広がることによって内部圧力が低下し、空気圧の影響を受けて、元上2を伸長作動するのに抵抗を感じる度合いが大きくなるが、尻栓6に形成した貫通孔6cを通して内部空間6aに外気を流入させることができ、内部空間6aが負圧となることはない。
【0028】
〔第2実施形態〕
(1)尻栓6の実施形態について説明する。図3に示すように、取付筒軸部6Aと摘み部6Bとを形成し、取付筒軸部6Aに雄ネジ部6Cを形成する。雄ネジ部6Cと摘み部6Bとの間にネジのない筒状部6Dを形成し、前記貫通孔6cを筒状部6Dの周面に形成する。
これによって、ネジの形成されていない筒状部6Dに貫通孔6cを形成することができ、ネジに対する製作上の影響を抑制することができる。
【0029】
〔第3実施形態〕
図4(イ)(ロ)に示すように、尻栓6に貫通孔6cを形成するのに、雄ネジ部6Cから筒状部6Dに掛けて貫通孔6cを形成する。ここでは、筒状部6Dの外径を雄ネジ部6Cの外径より小さくする。
このような貫通孔6cの構成によって、図4(イ)に示すように、尻栓6を保持リング4に対して少し緩めるだけで、筒状部6Dの外周面と保持リング4の雌ネジ部4aとの比較的広い空間に空気が導入され、貫通孔6cを通して尻栓6内に空気が導入され易い。
尚、尻栓6の摘み部6Bを保持リング4の鍔部4Bに当接させた状態で空気を貫通孔6cに導入する場合には、図4(イ)(ロ)に示すように、尻栓6の摘み部6Bの保持リング4の鍔部4Bに当接する面の円周方向一部分に、切欠凹部状の誘導溝6dを形成してもよい。
そうすると、摘み部6Bを鍔部4Bに密接させる状態であっても、誘導溝6dを介して尻栓6の内部空間6aを外部に連通させることができ、尻栓6を緩める必要がない。
【0030】
〔第4実施形態〕
尻栓6の実施形態について説明する。ここでは、尻栓6の構造として、二重構造を採用し、外気への開口度を調節できるようにする。図5(イ)(ロ)に示すように、尻栓6の雄ネジ部6Cに貫通孔6cを形成するとともに、尻栓6の内部空間6aに調節用筒状体6Eを内部空間6aの内周面に密接する状態でかつ尻栓6の軸芯周りで回動可能に装入する。
【0031】
調節用筒状体6Eの周面には、空気を導入する連通孔6eを穿設するとともに、調節用筒状体6Eの竿尻端を閉塞する閉塞壁6fを形成し、閉塞壁6fの外周縁部分をフランジ状に延出し、尻栓6の摘み部6B内に嵌入保持させている。閉塞端6fの後面には、二つの凹部が形成してあり、二つの凹部の中間に立設するリブ部分6gを親指と人差し指とで摘まむことによって、調節用筒状体6Eを回転操作可能に構成する。
【0032】
以上のような構成によって、調節用筒状体6Eを尻栓6の内部空間6a内に装着すると、調節用筒状体6Eに形成した連通孔6eと尻栓6の貫通孔6cとが一致した場合に、調節用筒状体6Eの内部空間と尻栓6の外部空間とが連通状態となる。
前記したリブ部分6gを持って調節用筒状体6Eを回転操作して、連通孔6eと貫通孔6cとの重なり代を少なくしていくと、前記した連通状態が閉塞方向に向かい重なり代がなくなると、連通状態が解消する。
このように連通状態を解消することが可能であるので、風が強く砂埃が入り込み易い状況に対応した調節が可能になる。
【0033】
〔別実施形態〕
(1) ここでは、玉の柄Bに本発明を適用した状態を説明する。図7に示すように、穂先竿7の竿先端に口ゴムを介して玉網8を取り付けるとともに、振出方式で複数本の中竿9を連設し、竿尻端の元竿10に尻栓11を取付ている。この尻栓11に第1実施形態で施したと同様の貫通孔を設ける。
このような尻栓11の構造を採用することによって、元竿等の竿体の内部空間が閉塞空間になることはなく、次ぎのような、問題を解消できる。
【0034】
つまり、竿体の収納空間が閉塞空間となると、魚が掛かって足元側に引き寄せ、玉網8を入れて掬い取ろうとする場合に、玉の柄Bを前後に短いストロークで素早く振って玉網8を水面に伸ばそうとする。その場合に、前記したように、竿体の内部空間が閉塞空間になると、その閉塞空間内が竿体の竿先側への移動によって負圧となり、その為に、竿体はその負圧と大気圧との差により押し戻される圧力を受ける。このために、上記したように、玉網8を水面に伸ばそうと操作しても、円滑に各竿体が延び切らず、玉網8の引き出しに苦慮することがあった。
【0035】
そこで、上記したように、尻栓11に貫通孔を設けることによって、各竿体での負圧状態が解消され、竿体が円滑に伸長作動し、釣り操作が円滑に行えることとなる。
【0036】
(2) 図1及び2に示す尻栓6に代えて、次ぎのような尻栓6を使用してもよい。図6に示すように、取付筒軸部6Aの一端に形成してある摘み部6Bにおけるその取付筒軸部6Aに対向する面に、摘み部6Bの最大径部分より僅かに小径の筒状部を形成するとともに、図6に示すように、尻栓6を奥までキッチリと締め込んだ状態において、筒状部を保持リング4の鍔部4Bに当接するように構成してある。
このような構成において、貫通孔6cを雄ネジ部6Cに形成するとともに、雄ネジ部6Cだけに止まらず、摘み部6Bの筒状部に至る範囲に亘って形成する。筒状部では、保持リング4の鍔部4Bに当接した面において凹入する状態で誘導溝部分を形成し、空気を貫通孔6cに誘導できる構成を採っている。
このような構成によって、尻栓6を奥までキッチリと締め込んだ状態においても誘導溝部分を介して空気を導入でき、空気を竿体内に導入するに有用な機構とすることができた。
【0037】
(3) 前記したような尻栓6を装着する竿としては、必ずしも、伸縮式竿に限定されるものではなく、振出竿であればよい。
【0038】
(4) 尻栓6に形成する貫通孔6cの数、形状は、任意に選択できる。
(5) 尻栓6を保持リング4に取り付ける構成として、雄ネジ部6Cで螺合する構成を採ったが、圧接する状態で取り付けるものであってもよい。
【図面の簡単な説明】
【0039】
【図1】(イ)伸縮式竿の元上を元竿内に収納した状態で、元竿に尻栓を取付た状態を示す縦断側面図、(ロ)伸縮式竿の元上を元竿から引き出した状態で、元竿に取り付けた尻栓を緩めて後方に引き出した状態を示す縦断側面図
【図2】雄ネジ部に貫通孔を形成した尻栓を緩めて後方に引き出した状態を示す縦断側面図
【図3】貫通孔を尻栓の筒状部に形成してある別実施構造を示す縦断側面図
【図4】(イ)貫通孔を筒状部と雄ネジ部とに亘って形成した尻栓を元竿に装着した状態を示す縦断側面図、(ロ)貫通孔を筒状部と雄ネジ部とに亘って形成した尻栓を示す斜視図
【図5】(イ)尻栓内に調節用筒状体を設けた状態を示す縦断側面図、(ロ)尻栓内に調節用筒状体を装入する前の状態を示す斜視図、
【図6】貫通孔を雄ネジ部と大径筒状部に亘って形成した別実施構造を示す縦断側面図
【図7】玉の柄を示す斜視図
【符号の説明】
【0040】
1 元竿
6 尻栓
6A 取付筒軸部
6B 摘み部
6C 雄ネジ部
6D 筒状部
6E 調節用筒状体
6b 開口
6c 貫通孔
6e 連通孔
【出願人】 【識別番号】000002439
【氏名又は名称】株式会社シマノ
【出願日】 平成19年2月22日(2007.2.22)
【代理人】 【識別番号】100107308
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修一郎


【公開番号】 特開2008−200003(P2008−200003A)
【公開日】 平成20年9月4日(2008.9.4)
【出願番号】 特願2007−42493(P2007−42493)