トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 ペット用吸液性シートおよびそのケージ壁面係止用具
【発明者】 【氏名】大石 幸男

【要約】 【課題】牡犬の排尿姿勢に適するように、壁面の所定位置にペットシートを取り付けることができ、しかもその際にペットシートが確実に展開した状態になり、またペットシートを繰り返し取り替えても取り付けを確実に行なうことができるペット用吸液性シートとすることである。

【解決手段】防水シート1に吸水性素材2を一体に重ねて設けたペット用吸液性シートAの縁部に複数の係止用孔部3を形成する。ペット用ケージ6の格子状壁面に対して任意の高さで固定可能な簡単な構造のクランプBを設け、このクランプBにフック7を設けたケージ壁面係止用具を用い、フック7に係止用孔部3を係止する。フック7から係止用孔部3が外れない限り、ペットの動きでシートが捲れたり、捩れたりしても自然に復帰し、当初の展開状態が常に維持される。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
防水シートに吸水性素材を一体に重ねて設けたペット用吸液性シートの縁部に複数の係止用孔部を形成してなるペット用吸液性シート。
【請求項2】
係止用孔部が、円孔または切り目状孔からなる係止用孔部である請求項1に記載のペット用吸液性シート。
【請求項3】
ペット用ケージの格子状壁面に対して任意の高さで固定可能なクランプを設け、このクランプにフックを設けた請求項1または2に記載のペット用吸液性シートのケージ壁面係止用具。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
この発明は、犬などのペットの尿などを吸収するペット用吸液性シートおよびそのケージ壁面係止用具に関するものである。
【背景技術】
【0002】
一般に、犬などの愛玩動物(ペット)の尿等を吸収するペット用吸液性シートとして、合成樹脂製の防水シートの片面に、高吸水性ポリマーなどを保持する不織布などの繊維層などからなる吸水性素材を一体に重ねて設けたものが周知である。
【0003】
このようなペット用吸液性シートは、単に「ペットシート」とも通称され、近年の種々のペット飼育ブームにおいて、特に室内で愛玩犬、猫、ウサギその他のペットを飼育する際に、衛生的にかつ簡便にそれらの世話をできるペット用品として広く用いられているものである。
【0004】
ところで、犬、猫などの小動物のペットの種類、特に犬の牡雌の習性によって排尿時の姿勢が異なっており、牡犬は片方の後足を挙げて直立状の物体に尿をかけるが、その行動は臭いを付けることによる縄張りを示威するためのマーキング行動という習性による。
【0005】
このような牡犬の排尿姿勢に対応するように、吸収マットの裏面に両面粘着テープを取り付け、シートはその中ほどで直角に折り曲げられるように折り目を付けておき、折り目でほぼ直角に曲げて床面から壁面までを連続的に覆った状態で前記接着テープにより固定可能なペットシートが知られている(特許文献1)。
【0006】
また、床面用の吸収マットの一辺から不透液性素材のフラップを延出させ、折り曲げてフラップを直立させ、壁面にフラップだけを接着テープで接着可能なペット用の排泄物吸収シートも知られている(特許文献2)。
【0007】
【特許文献1】実公平3−6205号公報
【特許文献2】特開2001−8568号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
しかし、上記した従来のペット用吸液性シート(以下、ペットシートと略称する。)は、その裏面や縁部に予め接着テープで取り付け可能にしたものであるから、使用直前に接着テープの表面を覆っている離型紙を剥がし、接着面を床面および壁面の予め決まった位置に押し付けると共に、ペットシートを展開しながら接着固定する必要があり、その作業によりペットシートが全体的に位置ずれしやすく、またペットがシートを一時的に剥がしたり引っ張ったりすると、接着力が弱くなったり再接着できなくなるので、ペットの排尿を衛生的に処理できる良好な状態にペットシートを失敗なくセットし、そのまま長時間維持することは容易なことではない。
【0009】
また、たとえペットシートを良好な状態にセットできても、1〜数日後には取り替える必要があり、そのときには床面や壁面に何度も同じ位置に接着テープを貼り代えることになり、当初のペットシートの接着剤が取り残された部分には塵埃が付着しやすくなっており、そのような塵埃付着面にはペットシートを確実に接着し難いという問題点もある。
【0010】
また、ペットシートを壁面などに接着するには、ペットシートの粘着面同士が接着されやすいため、設置作業が容易でないという問題点もある。
【0011】
また、マーキング行動をとらない雌犬だけを飼っている需要者には、このようなペットシートの壁面への接着性は不用であり、不要な部分に接着テープを設けたペットシートは製造コストも過剰で実用的でないという問題点もある。
【0012】
そこで、この発明の課題は、上記した問題点を解決して、マーキング行動による牡犬の排尿姿勢に適するように、壁面の所定位置にペットシートを取り付けることができ、しかもその際にペットシートが確実に展開した状態になり、またペットシートを繰り返し取り替えても取り付けを確実に行なうことができるペット用吸液性シートとすることである。
【課題を解決するための手段】
【0013】
上記の課題を解決するために、この発明においては、防水シートに吸水性素材を一体に重ねて設けたペット用吸液性シートの縁部に複数の係止用孔部を形成してなるペット用吸液性シートとしたのである。
【0014】
上記したように構成されるこの発明のペット用吸液性シートは、少なくとも防水シートを含むペット用吸液性シートの縁部に形成された複数の係止用孔部を、予め壁面などに設けられている係止可能なフックに係止するだけでシートが自重で下向きに展開されると共に、水平方向に適当な間隔で配置されたフックを使用することにより、水平方向にも張力が働いて確実に展開される。そして、その状態は、ペットの動きでシートが捲れたり、捩れたりしても自重や張力で自然に復帰して当初の展開状態が維持される。
【0015】
このようなペット用吸液性シートは、上記の構成を有するものであり、例えば円孔または切り目状孔からなる係止用孔部であるものを採用できる。
【0016】
また、上記したように、水平方向に適当な間隔をあけて配置したフックに係止され、吊り下げられたペット用吸液性シートが自重や張力で確実に展開されるように、その比較的簡易な手段として、ペット用ケージの格子状壁面に任意の高さで固定可能なクランプを設け、このクランプにフックを設けたペット用吸液性シートのケージ壁面係止用具を設けることができる。
【0017】
クランプは、壁面の格子を挟みつけることができるものであり、取り付ける格子の位置を選んで適当な位置にフックを固定して配置することができる。これにより、係止用孔部を掛けるフックの位置を所要の高さと間隔で簡易に配置することができる。
【発明の効果】
【0018】
この発明は、防水シートに吸水性素材を一体に重ねて設けたペット用吸液性シートの縁部に複数の係止用孔部を形成してなるペット用吸液性シートとしたので、マーキング行動による牡犬の排尿に最も適するように壁面に取り付けでき、しかもその際にペットシートが捩れることなく、完全に展開した状態に固定しやすく、またペットシートを何度も取り替えても特定の床面や壁面が汚れず、取替え作業が極めて簡単に行なえるペット用吸液性シートおよびそのケージ壁面係止用具となる利点がある。
【発明を実施するための最良の形態】
【0019】
この発明の実施形態を以下に添付図面に基づいて説明する。
図1に示すように、実施形態のペット用吸液性シートAは、方形状の防水シート(フィルム状の厚さのものも含めていう。以下、同じ)1に吸水性素材2を一体に重ねて設けたペット用吸液性シートAの縁部aに複数の係止用孔部3を縁の長手方向に間隔を開けて形成したものである。
【0020】
防水シート1は、衛生用品のオムツなどに用いられる防水性素材として周知なポリエチレンフイルムなど、水、尿、血液などの低粘度の液を不透過である熱可塑性樹脂フィルムからなるものである。そのような防水シート1の上に重ねて吸水性素材2として綿または不織布などの繊維層を重ね、この繊維層に粉粒体状の高吸水性樹脂4を分散状態に保持させており、これらの最上面を被覆するように不織布などからなる透液性シート5を重ね、このような積層状態のものの一対の縁部を熱溶着などにより接着し、他の一対の縁部aは最下層の熱可塑性樹脂フィルムと最上層の不織布とを直接重ねた状態で熱溶着し、この縁部aの長手方向に間隔を開けて複数の係止用孔部3を形成している。
【0021】
係止用孔部3は、図1に示した円孔状のものが代表例であるが、図2に示すように切り目状孔からなる係止用孔部3´(ペット用吸液性シートA´)であってもよく、または楕円孔、四角孔、三角孔その他の多角形孔などの周知形状の孔であってもよい。
【0022】
このような係止用孔部3、3´は、ペット用吸液性シートA、A´の吸液状態での重量を支持できる強度があるように、その形成位置、孔数、孔径、孔形状を調整して形成している。通常は、図示した方形状のペット用吸液性シートの隅部に各1個を直径5〜10mm程度の円孔となるように形成して好ましい結果を得ている。
【0023】
実施形態のペット用吸液性シートA、A´は、主として牡犬等のマーキング行動による排尿姿勢に適応するものではあるが、汎用のペット用吸液性シートとしても使用可能であり、牡雌を問わず、犬、猫、その他の小動物類のペットの衛生用品としても使用できるものである。
【0024】
上記した構造のペット用吸液性シートA、A´を壁面などに係止するには、係止用孔部3、3´に引っ掛けるフック7その他の突起部を家屋の内壁面などに設けるなどして、壁面などの適当な位置に予め1以上の係止用の突起部を設置しておけばよい。
【0025】
設置された突起部に対して、係止用孔部3、3´を掛けたり外したりする作業は片手でも行なうことができるため、この発明の実施形態のペット用吸液性シートの着脱作業は極めて簡単に行なえる。
【0026】
また、突起部を直接に家屋の内壁面に設置したくない場合には、係止用突起が予め設けられている動物飼育用ケージなどを使用することもできる。係止用突起は、ケージに対して以下のような手段で着脱可能に付設することができる。
【0027】
すなわち、図3に示すペット用吸液性シートの使用状態では、長方体や包囲柵状などの任意形状のペット用ケージ6の格子状壁面(下部付近)に対して任意の高さで固定可能な簡単な構造のクランプBを設け、このクランプBにフック7を設けたケージ壁面係止用具を用いてペット用吸液性シートを取り付けている。
【0028】
図示したクランプBは、格子の複数の縦材10に跨る長さの二枚一組の長方形状板材組8と、これらの板材組に形成された二対の孔およびこれらの孔に挿通可能なボルト・ナット9からなる。ボルト・ナット9は、2枚1組の長方形状板材組8の間隔を狭めて対向する板面を縦材10に圧接させて固定することができる。
【0029】
このようなクランプBは、通常、ステンレス鋼などの金属からなるものであると、機械的強度やその耐久性の点で好ましいが、プラスチックや木材などの軽量で柔らかな素材、その他の周知な素材で形成することもできる。
【0030】
そして、クランプBにはその長方形状板材組8と一体にフック7が設けられている。このようなフック7は、板材の表面に接着剤で固定されているものが代表例であるが、板材の一部を折り曲げたり、切り抜いたり、成型したり、組み付けたりして設けたものであってもよい。
【0031】
クランプBのペット用ケージ6に対する配置は、図示したようにペット用吸液性シートAの垂れ下がった下部縁付近がケージ底面に沿って5〜10cm程度折れ曲がるような高さに調整すれば、ケージ壁面からケージ底面に至る両面を牡犬の排尿姿勢で尿漏れがなく吸液できるように覆うことができる。ケージ底面には、底面用の吸液性シートAを別途用意して予め敷いておくことが、衛生的に好ましいことである。
【0032】
なお、底面用に用いる吸液性シートAは、ペット用吸液性シートAと同一形態のシートを用いてもよいのは勿論であり、他の形態のシートとしては、例えば布や紙などの使い捨て可能な代用の吸液性シート類を用いてもよく、さらにこれらのシート類をフレーム型のホルダに広げた状態で保持させてもよく、または床面にそのまま敷いて用いても良い。
【0033】
なお、前記したクランプBにフック7を設けたケージ壁面係止用具を用いることなく、周知構造のばね方式のペーパークリップや洗濯挟みなどにフックを接着固定してもよく、またはケージ壁面に直接にフックを接着または溶着等により固定したものを使用できるのは勿論である。
【0034】
このようにしてペット用ケージ6の内壁面の一部を牡犬などの排尿時に必要な部分を覆うようにすれば、ペット用吸液性シートAを、係止用孔部3を利用してフック7に係止するだけでシートが自重で下方に展開されると共に、水平方向には適当な間隔で配置されたフック7によって張力が働いて展開される。このような展開状態は、フック7から係止用孔部3が外れない限り、ペットの動きでシートが捲れたり、捩れたりしても自然に復帰するので、常に当初の展開状態が維持される。また、何度でもペット用吸液性シートAを架け替えても同じ状態にセットすることができる。
【0035】
また、図4〜図7に示すように、ペット用ケージを使用しない場合にも簡易な設置用具を設けてペット用吸液性シートを床面から直立状態に設置することができる。
【0036】
すなわち、図4および図5に示すペット用吸液性シートの設置用具Cは、一組のL字型板11からなるスタンド部品と、それらの間隔を保持する2本一組の直線状板12とからなり、それらの部品を交差状に重ねて固定する部分には面状ファスナ13等の固定部品を設け、必要に応じて自立した柵のように組み立ててペット用ケージを使用せずにペット用吸液性シートAを吊り下げて設置できるものである。スタンド部品のL字型板の一端には、その一部分をU字型に切り抜き、折り曲げて形成されたフック14を設けている。
【0037】
図5に示すように、設置用具Cを用いるには、2つのL字型板11を直立状態にしてそれらを適当な間隔に配置し、これらに架け渡すように2本の直線状板12を面状ファスナ13で組み付け、フック14にペット用吸液性シートAの係止用孔を引っ掛けて吊り下げるだけでよい。
【0038】
図6に示すペット用吸液性シートの設置用具Cは、上記した基本構造(図6中に鎖線で示した部分であり、図5に示すCと同じ。)の設置用具Cに1つのL字型板11と2本の直線状板12を追加して前記同様に組み付け、2枚のペット用吸液性シートを水平方向に並べて設置できるようにしたものである。
【0039】
図7に示すペット用吸液性シートの設置用具Cは、上記した基本構造(図7中に鎖線で示した部分)の設置用具Cに1つのL字型板11と長短各1本ずつの直線状板12、15を追加し、その際に長い直線状板12の端部は直角に折り曲げた状態のものを使用し、折り曲げた端面に面状ファスナ13を取り付け、図示のように、これらを基本構造部分に対して直交状に配置したものである。
【0040】
このように構成されたペット用吸液性シートの設置用具を用いると、壁面の隅部(いわゆる三角コーナー)などに沿わせてペット用吸液性シートを直立状に設置できるので、室内またはケージ内の空間を効率よく利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0041】
【図1】実施形態の一部を切り欠いて示す斜視図
【図2】他の実施形態の斜視図
【図3】実施形態の使用状態およびケージ壁面係止用具を示す斜視図
【図4】ペット用吸液性シートの設置用具の基本構造を示す部品分解斜視図
【図5】ペット用吸液性シートの設置用具の使用状態を示す斜視図
【図6】ペット用吸液性シートの設置用具の基本構造の応用例を示す斜視図
【図7】ペット用吸液性シートの設置用具の基本構造の他の応用例を示す斜視図
【符号の説明】
【0042】
1 防水シート
2 吸水性素材
3 係止用孔部
4 高吸水性樹脂
5 透液性シート
6 ペット用ケージ
7、14 フック
8 長方形状板材組
9 ボルト・ナット
10 縦材
11 L字型板
12、15 直線状板
13 面状ファスナ
、A ペット用吸液性シート
a 縁部
B クランプ
、C、C 設置用具
【出願人】 【識別番号】507058568
【氏名又は名称】大石 幸男
【出願日】 平成19年2月22日(2007.2.22)
【代理人】 【識別番号】100074206
【弁理士】
【氏名又は名称】鎌田 文二

【識別番号】100087538
【弁理士】
【氏名又は名称】鳥居 和久

【識別番号】100112575
【弁理士】
【氏名又は名称】田川 孝由

【識別番号】100084858
【弁理士】
【氏名又は名称】東尾 正博


【公開番号】 特開2008−199998(P2008−199998A)
【公開日】 平成20年9月4日(2008.9.4)
【出願番号】 特願2007−42358(P2007−42358)