トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 釣り用竿掛け
【発明者】 【氏名】斎藤 和彰

【氏名】片山 眞敏

【要約】 【課題】1本の釣竿を用いて釣りを行なう際に適用可能で、かつ取扱性の良い釣り用竿掛けを提供する。

【解決手段】本発明に係る釣り用竿掛け1は、脚部3を保持する台座2と、この台座2に着脱自在に取り付けられる竿保持部7、及び竿掛け用アーム部5とを有している。前記台座2に取り付けた竿掛け用アーム部5は、竿保持部7の回り止め盤10に当て付くことで脱落が防止されている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
脚部を保持する台座と、この台座に着脱自在に取り付けられる竿保持部、及び竿掛け用アーム部とを有する釣り用竿掛けであって、
前記台座に取り付けた竿掛け用アーム部は、前記竿保持部によって脱落が防止されていることを特徴とする釣り用竿掛け。
【請求項2】
前記竿掛け用アーム部と台座は互いに嵌合可能な凹凸部を有しており、
前記竿保持部は前記台座にネジ止めされると共に、前記竿掛け用アーム部はその取り外し方向に前記竿保持部に当接して脱落が防止されていることを特徴とする請求項1に記載の釣り用竿掛け。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、複数本の釣竿を使用する際に用いられる釣り用竿掛けに関する。
【背景技術】
【0002】
従来から、砂場や防波堤などで複数本の釣竿を用いて釣りを行なう場合、釣り用竿掛け(釣り用三脚と称することもある)が用いられている。一般的に、釣り用竿掛けは、特許文献1に開示されているように、台座と、この台座から下方に延びる3本の脚部と、台座から左右方向に延びて釣竿を安定して載せておくための波状に湾曲した竿掛け用アーム部とを有している。また、特許文献1に見られるように、前記台座の上方にV字状の竿掛け部を設けたものもある。
【0003】
このような釣り用竿掛けは、複数本の釣竿を使用するときは竿掛け用アーム部を左右に延ばし、左右に釣竿を離して載置し、仕掛けが絡まないようにすることができる。
【特許文献1】実開昭60−114674号
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、従来の釣り用竿掛けは、1本の釣竿で釣りを行なうときには竿掛け用アーム部が不要となり、また、その着脱も面倒なため取扱性に劣るという問題がある。特に、竿掛け用アーム部に釣竿を掛けていない状態で竿掛け用アーム部が左右に延びていると、風を受けて倒れ易くなるという不具合がある。
【0005】
本発明は、上記した問題に基づいてなされたものであり、1本の釣竿を用いて釣りを行なう際に適用可能で、かつ取扱性の良い釣り用竿掛けを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記した目的を達成するために、本発明の釣り用竿掛けは、脚部を保持する台座と、この台座に着脱自在に取り付けられる竿保持部、及び竿掛け用アーム部とを有しており、前記台座に取り付けた竿掛け用アーム部は、前記竿保持部によって脱落が防止されていることを特徴とする。
【0007】
上記した構成の釣り用竿掛けでは、複数本の釣竿を使用するときは、竿掛け用アーム部に夫々の釣竿を載置することができ、1本の釣竿を使用するときは、竿掛け用アーム部を取り外して竿保持部に掛けておくことができる。このため、竿掛け用アーム部によって風の影響を受けることがなくなる。また、竿掛け用アーム部は、竿保持部によって脱落が防止された状態であることから、竿保持部を台座から取り外すことで、容易に取り外すことが可能となり、取扱性が向上する。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、1本の釣竿を用いて釣りを行なう際に適用可能で、かつ取扱性の良い釣り用竿掛けが得られる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0009】
以下、本発明に係る釣り用竿掛けについて説明する。
図1から図5は、本発明に係る釣り用竿掛けの一実施形態を示す図であり、図1は、全体構成を示す正面図、図2は、竿保持部領域の一部側断面図、図3は、台座と竿掛け用アーム部の係合状態を示す一部上面断面図、図4は、台座から竿保持部と竿掛け用アーム部を取り外した状態を示す一部側断面図、そして、図5は、台座から竿掛け用アーム部を取り外して竿保持部のみを取り付けた状態を示す一部側断面図である。
【0010】
釣り用竿掛け1は、台座2と、この台座2に対して回動可能に軸着された三本の脚部3を備えている。三本の脚部3は、台座2に対して左右に並設されており、支軸3aによって、三本の脚部は並んで収納状態となり、かつ左右両側の脚部を左右及び後方側に開き、かつ中央の脚部を前方側に開くことで、起立状態で地面に設置可能となっている。なお、各脚部は、伸縮機構を備えていても良い。
【0011】
前記台座2は、正面視で略台形状に形成されており、正面側の側面に竿掛け用アーム部5が着脱可能に取り付けられ、その上面に竿保持部(竿保持装置)7が着脱可能に取り付けられている。
【0012】
前記竿掛け用アーム部5は、複数本の釣竿を掛ける(釣竿の基端側を載置する)ための、左右に延出する一対の波状のアーム部5aと、一対のアーム部5aの基端部を支持する支持部5bを備えている。この場合、アーム部5aは、支持部5bに対して固定されていても良いし、回動して折り畳めるように構成されていても良い。また、この竿掛け用アーム部5は、竿保持部7によって、脱落することが防止された状態となっている(詳細な構造については後述する)。
【0013】
竿掛け用アーム部5の支持部5bは、前記台座2に対して嵌合可能に構成されている。具体的には、台座2と支持部5bは、図3に示すように、互いに係合可能な凹凸部を有しており、これらが係合することで上下方向に沿って嵌合するようになっている。より具体的には、台座2の正面側には、上方側に開口し、断面L字形状に屈曲された一対の係止部2aが形成されており、支持部5bには、係止部2aが嵌り込むように溝部5cを具備した係合部5dが一体形成されている。これにより、竿掛け用アーム部の支持部5bに設けた係合部5dを、溝部5cと台座2の係止部2aが一致した状態で上方側の開口から溝部5cに沿って差し込むことで、竿掛け用アーム部5は台座2に対して着脱自在に取り付けることが可能となる。
【0014】
前記台座2の上面に取り付けられる竿保持部7は、略弓型形状で前後方向に延出した前方腕部7a及び後方腕部7bを有している。前方腕部7aの先端には、竿を載置する竿掛け部7cが一体形成されており、後方腕部7bの先端には、竿の基端部に対して上方側から当て付いて竿を受ける竿受け部7dが一体形成されている。すなわち、釣竿は、竿掛け部7c及び竿受け部7dによって保持されるようになって竿保持装置を形成している。なお、前記竿受け部7cは、釣竿を固定するクランプを備えていても良い。
【0015】
竿保持部7は、その中央部分に設けた貫通孔7eに、上方にツマミ9aを有するネジ9を差込み、回り止め盤10を介して台座2の上面に着脱可能にネジ止めされている。このため、回り止め盤10及び台座2には、貫通孔7eに一致するように雌ネジ部10e,2eが形成されている。また、回り止め盤10は、その下面側に形成された凸部10aが台座2の上面に形成された凹部2cに嵌合することで回動が規制されている。さらに、回り止め盤10の上面側には、方向選択可能な凸部10bが形成されており、竿保持部7の中央下面側に形成された凹部7fを凸部10bに嵌合させる際、竿保持部7の方向を選択できるように構成されている。
【0016】
前記竿保持部7を回り止め盤10を介して台座2に取り付けると、竿保持部7の下側、詳細には回り止め盤10の下面10dが台座2の前方側に設けた係止部2aの上方側開口を覆うようになっている。このとき、台座2に竿掛け用アーム部5が取り付けられていると、竿掛け用アーム部5の支持部5bから上方に延びて形成される抜け止め用突部5eが、竿保持部7の回り止め盤10の下面10d(度当てとして機能する)に当接し、竿掛け用アーム部5はぐらつくことなく、上方への移動が規制されて台座からの脱落が防止された状態となる。
【0017】
また、竿掛け用アーム部5を台座2から取り外すときは、図4に示すように、ネジ9を緩めて竿保持部7を取り外してから竿掛け用アーム部5の支持部5bの係合部5dを台座2の係止部2aから上方に引き抜いて、係止部2aと係合部5dの嵌合関係を解除する。
【0018】
なお、竿保持部7は、上述したように、回り止め盤10に対して、周方向に方向を替えて取り付けることができるため、例えば、竿受け部7cを竿掛け用アーム部5側に取り付けることも可能である。
【0019】
上記した構成の釣り用竿掛けによれば、多くの釣竿を使用するときは、左右のアーム部5aに釣竿を立て掛ければ良く、さらには、竿保持部7においても釣竿を保持することが可能である。
【0020】
また、1本の釣竿を使用するときは、図5に示すように、台座2に竿保持部7のみを取り付けるとバランスが取れ、釣り用竿掛けが倒れ難くなり、特に、風の影響を受け難くすることができる。もちろん、竿保持部7の回り止め盤10のみをネジ9で台座2に取り付けることで、竿掛け用アーム部5のみを台座2に取り付けて釣竿を掛けるようにしても良い。
【0021】
上記したように、竿掛け用アーム部5は、台座2に対して、竿保持部7(回り止め盤10)によって脱落が防止されている状態であることから、竿保持部7を台座2から取り外すだけで、台座2から容易に取り外すことができ、取扱性が良くなる。特に、本実施形態では、竿掛け用アーム部5は、台座2に対して上下方向に沿って着脱可能となっており、上方への取り外しを竿保持部7によって規制している構成であることから、構造が簡略化され、かつ取扱も簡単となる。
【0022】
以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明は、上記した実施形態に限定されることはなく、種々変形することが可能である。例えば、竿掛け用アーム部5は、竿保持部7によって、台座2からの脱落が阻止されていれば、両者の係合関係については、種々変形することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0023】
【図1】釣り用竿掛けの一実施形態を示す図であり、全体構成を示す正面図。
【図2】竿保持部領域の一部側断面図。
【図3】台座と竿掛け用アーム部の係合状態を示す一部上面断面図。
【図4】台座から竿保持部と竿掛け用アーム部を取り外した状態を示す一部側断面図。
【図5】台座から竿掛け用アーム部を取り外して竿保持部のみを取り付けた状態を示す一部側断面図。
【符号の説明】
【0024】
1 釣り用竿掛け
2 台座
2a 係止部
3 脚部
5 竿掛け用アーム部
5b 支持部
5d 係合部
7 竿保持部
10 回り止め盤
【出願人】 【識別番号】000002495
【氏名又は名称】ダイワ精工株式会社
【出願日】 平成19年1月19日(2007.1.19)
【代理人】 【識別番号】100097559
【弁理士】
【氏名又は名称】水野 浩司

【識別番号】100098589
【弁理士】
【氏名又は名称】西山 善章

【識別番号】100121083
【弁理士】
【氏名又は名称】青木 宏義

【識別番号】100138391
【弁理士】
【氏名又は名称】天田 昌行

【識別番号】100132067
【弁理士】
【氏名又は名称】岡田 喜雅


【公開番号】 特開2008−173069(P2008−173069A)
【公開日】 平成20年7月31日(2008.7.31)
【出願番号】 特願2007−10370(P2007−10370)