トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 ピンオンリ−ル
【発明者】 【氏名】片山 眞敏

【要約】 【課題】支持ピンに止着具の取付部とリ−ル部を直接嵌合支持して回動や回転をスム−ズにしたピンオンリ−ルを提供することである。

【解決手段】カップ状に形成されたケ−ス本体1とカップ状に形成された蓋部2が組み合わされてケ−ス本体1の開口1aを蓋部2で閉塞され、ケ−ス本体1の外側には支持ピン3で衣服等への止着具4を有する取付部4aが回動自在に支持され、止着具4に弾性金属材で形成された針ピン5が軸10で保持されている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ケ−ス本体に衣服等への止着具を有する取付部を設けたピンオンリ−ルにおいて、前記取付部は支持ピンにより前記ケ−ス本体に回動自在に支持されていると共に、前記支持ピンはケ−ス本体に設けたリ−ル部を回動自在に支持していることを特徴とするピンオンリ−ル。
【請求項2】
ケ−ス本体はその開口を閉塞する蓋部を有するケ−ス体からなり、支持ピンは前記蓋部の前記ケ−ス本体の開口の閉塞状態を維持していることを特徴とする請求項1記載のピンオンリ−ル。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、魚釣り等に用いるピンオンリ−ルに関する。
【背景技術】
【0002】
従来から特許文献1のようなピンオンリ−ルを衣服等へ止着し、ピンオンリ−ルから引き出された糸に係止片を介してラインカッタ−や針外し等の魚釣用小道具を取り付けていた。
特許文献1のピンオンリ−ルは、ケ−シング本体の外側中心に筒状の突片が突出されてこの筒状の突片の外周に、衣服等への止着用取付部に穿設された透孔が回動自在に嵌め込まれている。
ケ−シング本体に取り付けられたケ−シング蓋部材の中心の筒状のスプ−ル支持軸の先端がケ−シング本体の内側中心の凹部に嵌合されている。
ケ−シング本体とケ−シング蓋部材は筒状のスプ−ル支持軸の筒内に挿入されて螺合された組立ねじで固定され、組立ねじで取付部が抜け止めされている。
ケ−シング本体とケ−シング蓋部材の内部空間にはボビン状のスプ−ルが収容されて筒状のスプ−ル支持軸の外周に回転自在に嵌合され、スプ−ルの中心凹部に渦巻きバネが収容されている。
特許文献1のピンオンリ−ルでは、比較的小径の筒状の突片に衣服等への止着用取付部の透孔が回動自在に嵌め込まれ、比較的小径の筒状のスプ−ル支持軸にスプ−ルが回転自在に嵌合されているので、ケ−シングにゆがみが出ると、回動や回転がスム−ズに出来なくなることである。
【特許文献1】特開2005−210933号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
解決しようとする問題点は、ケ−シングにゆがみが出ると、衣服等への止着用取付部の回動やスプ−ルの回転がスム−ズに出来なくなることである。
【0004】
本発明の目的は前記欠点に鑑み、比較的太い支持ピンに止着具の取付部とリ−ル部を直接嵌合支持して回動や回転をスム−ズにしたピンオンリ−ルを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の請求項1は、ケ−ス本体に衣服等への止着具を有する取付部を設けたピンオンリ−ルにおいて、前記取付部は支持ピンにより前記ケ−ス本体に回動自在に支持されていると共に、前記支持ピンはケ−ス本体に設けたリ−ル部を回動自在に支持していることを要旨とするものである。
本発明の請求項2は、ケ−ス本体はその開口を閉塞する蓋部を有するケ−ス体からなり、支持ピンは前記蓋部の前記ケ−ス本体の開口の閉塞状態を維持していることを要旨とするものである。
【発明の効果】
【0006】
本発明により、ケ−ス本体に回り止め保持された支持ピンに止着具の取付部が回動自在に嵌合されると共に、支持ピンにリ−ル部が回転自在に嵌合されているので、取付部の回動とリ−ル部の回転がスム−ズになる。
請求項2によると、支持ピンはケ−ス本体の開口を蓋部で閉塞するように維持しているので、止着具やリ−ル部が確実に保持されている。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
ピンオンリ−ルは、合成樹脂や金属材でカップ状に形成されたケ−ス本体1と合成樹脂や金属材でカップ状に形成された蓋部2が組み合わされてケ−ス本体1の開口1aを蓋部2で閉塞されている。
ケ−ス本体1の外側には支持ピン3で衣服等への止着具4を有する取付部4aが回動自在に支持され、止着具4に弾性金属材で形成された針ピン5が軸10で保持されている。
ケ−ス本体1と蓋部2の内部にはリ−ル部6が支持ピン3で回転自在に支持され、リ−ル部6の内側凹部6a内に渦巻きばね7が収容されている。
リ−ル部6の糸巻き部6bには糸8が巻回されている。
糸8の先端には係止具9が取り付けられ、係止具9に爪切りなどの魚釣用小道具11が係止されている。
【実施例1】
【0008】
以下、図示の実施例によって本発明を説明すると、図1から図3は第1実施例で図1は衣服にピンオンリ−ルを装着した説明図、図2はピンオンリ−ルの正面面、図3はピンオンリ−ルの拡大断面側面図である。
【0009】
ピンオンリ−ルは、合成樹脂や金属材でカップ状に形成されたケ−ス本体1と合成樹脂や金属材でカップ状に形成された蓋部2が組み合わされてケ−ス本体1の開口1aを蓋部2で閉塞されている。
ケ−ス本体1の外側には支持ピン3で衣服等への止着具4を有する取付部4aが回動自在に支持され、止着具4に弾性金属材で形成された針ピン5が軸10で保持されている。
ケ−ス本体1と蓋部2の内部にはリ−ル部6が支持ピン3で回転自在に支持され、リ−ル部6の内側凹部6a内に渦巻きばね7が収容されている。
リ−ル部6の糸巻き部6bには糸8が巻回されている。
糸8の先端には係止具9が取り付けられ、係止具9に爪切りなどの魚釣用小道具11が係止されている。
【0010】
ケ−ス本体1の底部1bの中心に回り止め透孔1cが穿設され、筒部1dに糸8の引出し透孔1eが穿設されて透孔1eに環12が嵌合されている。
透孔1cは支持ピン3の回り止め孔に形成されている。
開口1aの外側は段部1fが形成されている。
蓋部2の筒部2aの内側は段部1fに嵌合され、蓋部2の底部2b中心に凹部2cが形成されて凹部2cの中心に透孔2dが穿設されている。
蓋部2の底部2bの外側には装飾板13が固定されている。
止着具4は細長い取付部4aと、取付部4aの中心に穿設された透孔4bと、取付部4aの一側両側に起立片4cが形成されて軸10が取り付けられ、軸10に針ピン5の一側環部が保持され、一端5aは取付部4aに押し当てられる。
取付部4aの他側片側に起立片4dが形成されると共に上側に折り曲げ部で係止部4eが形成されて係止部4eから取付部4a側に折り返し部4fが形成されている。
針ピン5の他端5bの先端は尖っていて他端5bは針ピンの弾性に抗して折り返し部4fを下側から乗り越えて係止部4eに係止される。
【0011】
支持ピン3は頭部3aと、止着具4の透孔4bが嵌合される円形部3bと、ケ−ス本体1の回り止め透孔1cに嵌合される円形部3cと、リ−ル部6の中心透孔6cが嵌合される円形部3dと、蓋部2の透孔2dが嵌合される円形部3eが形成されている。
頭部3aには6角穴3fが形成され、円形部3dと円形部3eの中心にねじ穴3gが形成されてねじ14が螺合されている。
止着具4の透孔4bが嵌合される円形部3bの長さは取付部4aの厚さより幾分長く形成されている。
円形部3dには渦巻きばね7の巻き心側の一端7aがはめ込まれる溝3hが形成されている。
リ−ル部6の糸巻き部6bの内側に渦巻きばね7の外側の他端7bがはめ込まれる溝6cが形成されている。
【0012】
このピンオンリ−ルを使用する時は、釣り人の衣服等に針ピン5の尖っている他端5bが差し込まれて後、他端5bが図3で2点鎖線aの状態から2点鎖線bのように針ピンの弾性に抗して折り返し部4fを下側から乗り越えて実線及び破線のように係止部4eに係止される。
次に魚釣用小道具11が使用される時は、魚釣用小道具11が引き下げられると、糸8が引き出されてリ−ル部6が渦巻きばね7の巻き込み力に抗して回転されて繰り出される。
魚釣用小道具11が使用後離されると、渦巻きばね7の巻き込み力でリ−ル部6が逆方向に回転されて糸8が巻き込まれる。
【0013】
前記のようにピンオンリ−ルが構成されると、ケ−ス本体1に回り止め保持された支持ピン3に止着具4の取付部4aが回動自在に嵌合されると共に、支持ピン3にリ−ル部6が回転自在に嵌合されているので、取付部4aとリ−ル部6が同じ支持ピン3で支持されて回動するため、ピンオンリ−ルに歪むような負荷がかかっても回動中心の軸方向が共通であるため取付部4aの回動とリ−ル部6の回転がスム−ズになる。
支持ピン3はケ−ス本体1の開口1aを蓋部2で閉塞するようにねじ14とで保持しているので、止着具4やリ−ル部6が確実に保持されている。
【実施例2】
【0014】
図4は第2実施例で、図4はピンオンリ−ルの拡大断面側面図である。
【0015】
第2実施例のピンオンリ−ルは、ケ−ス本体1′が合成樹脂の外側本体1gと合成樹脂または金属材の内側本体1hでカップ状に形成されている。
支持ピン3はねじの螺合に変えて蓋部2にカシメで固定されている。
第2実施例においても取付部4aとリ−ル部6が同じ支持ピン3で支持されているため取付部4aの回動とリ−ル部6の回転がスム−ズである。
また、支持ピン3はケ−ス本体1′の開口1aを蓋部2で閉塞するように確実に保持し、しかも、支持ピン3はカシメにより蓋部2に係合しているため第1実施例より構造が簡単でゆるみが防止されている。
他の構成は前記第1実施例と略同一である。
【産業上の利用可能性】
【0016】
本発明はピンオンリ−ルの全般に利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】第1実施例で、衣服にピンオンリ−ルを装着した説明図である。
【図2】同ピンオンリ−ルの正面面である。
【図3】同ピンオンリ−ルの拡大断面側面図である。
【図4】第2実施例で、ピンオンリ−ルの拡大断面側面図である。
【符号の説明】
【0018】
1、1′ ケ−ス本体
1a 開口
2 蓋部
3 支持ピン
4 止着具
4a 取付部
6 リ−ル部
【出願人】 【識別番号】000002495
【氏名又は名称】ダイワ精工株式会社
【出願日】 平成19年1月19日(2007.1.19)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−173061(P2008−173061A)
【公開日】 平成20年7月31日(2008.7.31)
【出願番号】 特願2007−9941(P2007−9941)