トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 釣り竿収納袋
【発明者】 【氏名】谷川 尚太郎

【氏名】松本 聖比古

【氏名】恐田 欣幸

【要約】 【課題】釣り竿収納袋自体に新たな機構を追加することによって、冷気の影響をよりよく回避することのできる釣り竿収納袋を提供する。

【解決手段】長尺状で弾性材製の袋本体2の一側面に、長手方向に沿った切れ目aを形成するとともに、袋本体2の内周面に、滑り止め用のラバー材cを形成する。袋本体2の内周面における長手方向中間位置と、袋本体2に収納される釣り竿1とに、その釣り竿1に対して袋本体2を着脱可能に構成する面ファスナー3を設けてある。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
弾性材製の袋本体の一側面に、長手方向に沿った切れ目を形成するとともに、袋本体の内周面に、滑り止め部を形成し、前記袋本体の内周面における長手方向中間位置に、前記袋本体に収納される竿に対して、前記袋本体を着脱可能に構成する装着固定部を設けてある釣り竿収納袋。
【請求項2】
前記袋本体の長手方向の一方側に位置する一方の半部分を、他方側に位置する他方の半部分に対して折り返すとともに、折り返した一方の半部分を前記切れ目の部分を利用して裏返し、裏返した一方の半部分を前記他方の半部分に、前記一方の半部分の切れ目と前記他方の半部分の切れ目が重なるように、被覆することができる請求項1記載の釣り竿収納袋。
【請求項3】
袋本体の外周面に、柔軟性材を施してある請求項1又は2記載の釣り竿収納袋。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、釣竿収納袋に関する。
【背景技術】
【0002】
釣竿収納袋の使用形態としては、釣竿収納袋内に竿を収納し、釣り場を移る場合や釣り場への往復時に携行するものである。その為に、釣竿収納袋の外面には、吊り下げ用の提げベルトが設けられているだけであり、その他の機構を設けるとしても、収納竿を保持する為の保持部を設けたり、釣り針等の小物を入れる収納部が設けられていることがあるだけである(特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開平11−276047号公報(段落番号〔0013〕、〔0014〕,及び、図1,2)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
釣り場における釣りを行っている場合を考えてみると、生き餌を使用する場合には、活き餌の体液やぬめり等が釣り人の手に付いたままで、竿の握り部を握ることが多く、活き餌を糠や粉等で覆って針に取り付けて仕掛けを使用する、所謂団子釣り等においては、特に、その糠や粉が釣り人の手について、それが竿に付着することになって、握り部を握る手が滑り易くなり、竿を安定して持ちにくいこともあった。
また、上記したような釣り竿が残餌によって汚されるといった点を考慮する必要のない一般の釣りであっても、極寒の地において釣り操作を行う場合には、手指が冷えすぎて十分に釣り竿の操作が行えないといった別個の問題がある。
【0005】
本発明の目的は、釣り竿収納袋自体に新たな機構を追加することによって、冷気の影響をよりよく回避することのできる釣り竿収納袋を提供する点にある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
〔構成〕
請求項1に係る発明の特徴構成は、弾性材製の袋本体の一側面に、長手方向に沿った切れ目を形成するとともに、袋本体の内周面に、滑り止め部を形成し、前記袋本体の内周面における長手方向中間位置に、前記袋本体に収納される竿に、前記袋本体を着脱可能に構成する装着固定部を設けてある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0007】
〔作用〕
袋を、釣り竿を収納するだけでなく、釣り操作時の補助具として使用する場合には、装着固定部が設けてあるので、その装着固定部で収納袋を釣り竿に固定して使用することができる。
袋本体の内周面に、滑り止め部を形成してあるので、手が活き餌の残渣等で滑り易い状況にあっても、袋本体で釣り竿を包んで滑り止め部を釣り竿に接触作用させて、袋本体の外周面と釣り竿を共握りすることによって、釣り竿を確り掴むことができる。
また、長手方向に沿った切れ目を形成してあるので、この切れ目より手を中に差し入れることができ、袋の中でその袋で覆われた釣り竿の握り部を握って、釣り操作を行い、釣り竿を握る手を冷気から保護することもできる。
【0008】
〔効果〕
以上のように、装着固定部、滑り止め部、及び、長手方向に沿った切れ目を設けているので、袋を釣り竿に固定して、滑り難く、手が冷えることを阻止した釣り操作を行うことのできる、釣り竿収納袋を構成することができた。
【0009】
請求項2に係る発明の特徴構成は、請求項1に係る発明において、前記袋本体の長手方向の一方側に位置する一方の半部分を、他方側に位置する他方の半部分に対して折り返すとともに、折り返した一方の半部分を前記切れ目の部分を利用して裏返し、裏返した一方の半部分を前記他方の半部分に、前記一方の半部分の切れ目と前記他方の半部分の切れ目が重なるように、被覆することができる点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0010】
〔作用〕
つまり、折り返した一方の半部分を前記切れ目の部分を利用して裏返し、裏返した一方の半部分を前記他方の半部分に、前記一方の半部分の切れ目と前記他方の半部分の切れ目が同じ側に位置するように、被覆することができる。
そうすると、一方の半部分と他方の半部分で釣り竿の元竿の握り部を覆うとともに、一方の半部分と他方の半部分の切れ目より釣り竿の元竿から穂先竿までを延出し、他方の半部分に形成した切れ目より他方の半部分内に手を差し入れて、一方の半部分で覆われた釣り竿の握り部をその一方の半部分とともに握り込み、釣り操作を行うことができる。
【0011】
〔効果〕
したがって、他方の半部分と一方の半部分との間に手を差入れて釣り竿の握り部を握ることができるので、手が冷えることを阻止できる。しかも、一方の半部分の内周面に形成された滑り止め部によって一方の半部分とともに釣り竿を握る手が滑ることはなく、釣り竿を握る手が安定する。さらに、釣り竿を滑りなく握れるものでありながら、他方の半部分と一方の半部分との間に手を差入れることとしてあるので、直接、釣り竿を握る必要がなく、釣り竿からの冷気の伝播を受けることがない。
このような効果を奏する釣り竿収納袋を構成するのに、釣り竿収納袋を半分に折って、一方の半部分を裏返し、その裏返した一方の半部分を他方の半部分に被覆できるだけの釣り竿収納袋の柔軟性を確保し、長手方向に沿った切れ目を設ける改造を施したからである。
【0012】
請求項3に係る発明の特徴構成は、請求項1又は2に係る発明において、袋本体の外周面に、柔軟性材を施してある点にあり、その作用効果は次の通りである。
【0013】
〔作用効果〕
つまり、釣り竿を収納した釣り竿収納袋の外周面と釣り竿とを共握りした場合に、袋本体の外周面に施された柔軟性材が直接手に接触するので、握る手に圧迫感を与えることはなく、良好な握り感覚を受けることができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0014】
〔第1実施形態〕
釣り竿収納袋Aについて説明する。図1に示すように、袋本体2は、縦長の袋であり、袋の側面に袋の長手方向に沿って切れ目aを形成して釣り竿1の取入れ用開口2aを形成するとともに、その開口2aを通して内部の竿収納空間Bに釣り竿1を取り入れ可能に構成してある。ここで記載した釣り竿1は、渓流竿であり、釣り竿収納袋A内に収納する際に、元竿1A内に中竿5、及び、穂先竿6を収納し、口栓4を取り付けた状態で、収納してある。
【0015】
図1に示すように、釣竿収納袋Aの袋本体2は、ポリウレタン樹脂の外面側にナイロン樹脂を積層したものであり、ナイロン樹脂の外面にニット製の被覆材(柔軟性材の一種)bを施してある。一方、ポリウレタン樹脂の内面側には、滑り止め部としてのラバー材cが施してあり、手でこの部分を握った場合に、滑り難い構成を採っている。
【0016】
ラバー材c以外に、袋本体2の外面に比べて摩擦係数の高い、皮、ゴム、ハイカコルク(ゴムとコルクの混合品)等を使用することができる。
尚、図示はしていないが、ラバー材c等を袋本体2の端部にも設けることによって、袋本体2の端部の強度を強化できて、口栓4を用いなくても、穂先竿等が元竿1Aから抜け出ることを抑制できる。
【0017】
釣り竿収納袋Aを、その釣り竿収納袋Aに収納した釣り竿1に固定する装着固定部について説明する。図1及び図3に示すように、袋本体2の長手方向の中間位置でその内周面に、面ファスナー3の一方を構成する面ファスナー部分3Aを接着固定する。この一方の面ファスナー部分3Aと対をなす他方の面ファスナー部分3Bを元竿1Aの所定位置に接着固定する。
このように、袋本体2と元竿1Aとに面ファスナー部分3A、3Bを設けることによって、釣り竿収納袋Aを元竿1Aに固定することができる。面ファスナー部分3A、3Bを、袋本体を着脱可能に構成する装着固定部と称する。
【0018】
次に、釣り竿収納袋Aを釣り操作に利用する場合について説明する。図2に示す、袋本体2の長手方向の一方側に位置する一方の半部分2Aを、他方側に位置する他方の半部分2Bに対して、切れ目aが外側に位置するように、折り返す。
折り返した後には、折り返した一方の半部分2Aを切れ目aの部分を利用して裏返す。
【0019】
裏返し状態に切り換えた後に、図3から図5に示すように、一方の半部分2Aを他方の半部分2Bに被せて覆う。つまり、一方の半部分2Aを他方の半部分2Bに被せた状態では、他方の半部分2Bの切れ目aと一方の半部分2Aの切れ目aとが同一側に位置し、他方の半部分2Bと一方の半部分2Aとの間に、図4に示すように、狭い間隙が繋がった空間gが形成される。
【0020】
図3及び図5に示すように、釣り竿収納袋Aを折り返しかつ裏返して、二重袋形態を作り出し、他方の半部分2Bの竿収納空間Bに元竿1Aを収納する。
元竿1Aを収納した状態では、元竿1Aに接着固定した面ファスナー部分3Bと、他方の半部分2Bに接着固定した面ファスナー部分3Aとが、互いに係合し、元竿1Aに釣り竿収納袋Aが固定される。
【0021】
図4に示すように、元竿1Aが釣り竿収納袋A内に固定されると、一方の半部分2Aの切れ目aより手を差し入れて、一方の半部分2Aと他方の半部分2Bとの間の空間g内に手を位置させる。
空間g内に手を入れて元竿1Aを握って釣り操作を行うことができるので、手が冷えるのを抑制しながら、釣を行うことができる。
【0022】
他方の半部分2Bの内周面に施されたラバー材cが元竿1Aの外周面に接触することとなるので、元竿1Aと他方の半部分2Bとが滑り難く、釣り竿を握る手が安定する。
一方の半部分2A及び他方の半部分2Bの外周面にはニット製の被覆材bを施してあるので、一方の半部分2Aを裏返した状態ではそのニット製の被覆材bが空間gの内周面に位置し、空間g内に差し入れた手はニット製の被覆材bの上から元竿1Aを握ることができるので、手触りがよく、温かみが感じられる。
【0023】
〔別実施形態〕
(1) 上記実施例において、切れ目aの部位に取り入れ用空間2aを閉塞する為に開閉ファスナー2bを設けてもよい。
(2) 袋本体2の内周面にラバー材cを設けているが、特にラバー材cを設ける必要はない。
(3) 袋本体2を着脱可能に構成する装着固定部としては、図示してはいないが、袋本体2の内周面に締め付けベルトを設けてもよい。この締め付けベルトを元竿1Aに巻回して袋本体2を元竿1Aに固定する構成を採ってもよい。
【図面の簡単な説明】
【0024】
【図1】釣り竿を釣り竿収納袋に収納する前の状態を示す斜視図
【図2】釣り竿を釣り竿収納袋に収納した状態を示す側面図
【図3】一方の半部分を他方の半部分に対して折り曲げた状態から裏返して他方の半部分に被せた状態を示す側面図
【図4】一方の半部分を裏返して他方の半部分に被せたものに、元竿を挿入し手を差し入れた状態を示す縦断正面図
【図5】一方の半部分を裏返した状態で他方の半部分に被せたものに、元竿を収納して釣り操作時に使用される状態を示す斜視図
【符号の説明】
【0025】
2 袋本体
2A 一方の半部分
2B 他方の半部分
3 面ファスナー(装着固定部)
a 切れ目
b 柔軟性材
c 滑り止め部
【出願人】 【識別番号】000002439
【氏名又は名称】株式会社シマノ
【出願日】 平成19年1月12日(2007.1.12)
【代理人】 【識別番号】100107308
【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修一郎


【公開番号】 特開2008−167700(P2008−167700A)
【公開日】 平成20年7月24日(2008.7.24)
【出願番号】 特願2007−4478(P2007−4478)