トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 釣竿ケ−ス
【発明者】 【氏名】染谷 京助

【要約】 【課題】釣竿ケ−ス内に簡単に釣竿を係止収納出来る釣竿ケ−スを提供することである。

【解決手段】釣竿ケ−スのケ−ス本体1は縦長筒状に形成されて前側の縦方向が左右に開口され、ケ−ス本体1の内面に仕切り体4の左右の中央の仕切り取付部4aが取り付けられ、仕切り体4の左右は回動可能と成っている。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ケ−ス本体の内面に仕切り体を取り付け、前記仕切り体はその取付部にて回動可能とし、仕切り体とケ−ス本体の内面に互いに係合する係合部材を設けることを特徴とする釣竿ケ−ス。
【請求項2】
仕切り体は上方に開口を有し、内部に収納部が形成されていることを特徴とする請求項1記載の釣竿ケ−ス。
【請求項3】
ケ−ス本体の内面に仕切り体の上側を覆うカバ−体を設けることを特徴とする請求項1又は2記載の釣竿ケ−ス。
【請求項4】
仕切り体に仕切り体上側を覆うカバ−体を設けることを特徴とする請求項1又は2記載の釣竿ケ−ス。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、ケ−ス本体の内面に、内面側に向けて回動可能な仕切り体を取り付けて釣竿を収納する釣竿ケ−スの改良に関する。
【背景技術】
【0002】
従来釣竿ケ−スはケ−ス内に2本以上収納すると互いにぶつかり合って傷がつくなどのトラブルがあった。
特許文献1ではリ−ル付の釣竿を2本収納しているので、上下に位置移動可能な袋状の受け部材の中に一方の釣竿を収納すると共に、釣竿ケ−ス内の長手方向に複数の係止部を設けて係止部に装着体で2本の釣竿を夫々係止している。
【特許文献1】特開平11−113469号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
解決しようとする問題点は、複数の係止部を設けて係止部に装着体で2本の釣竿を夫々係止しているので、収納係止が面倒であることである。
【0004】
本発明の目的は前記欠点に鑑み、釣竿ケ−ス内に簡単に釣竿を係止収納出来る釣竿ケ−スを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明の請求項1は、ケ−ス本体の内面に仕切り体を取り付け、前記仕切り体はその取付部にて回動可能とし、仕切り体とケ−ス本体の内面に互いに係合する係合部材を設けることを要旨とするものである。
本発明の請求項2は、仕切り体は上方に開口を有し、内部に収納部が形成されていることを要旨とするものである。
本発明の請求項3は、ケ−ス本体の内面に仕切り体の上側を覆うカバ−体を設けることを要旨とするものである。
本発明の請求項4は、仕切り体に仕切り体上側を覆うカバ−体を設けることを要旨とするものである。
【発明の効果】
【0006】
本発明により、収納する釣竿に合わせてケ−ス本体内の仕切り状態を変更できるので、釣竿の挿脱が敏速容易になり、収納効率がアップする。
【発明を実施するための最良の形態】
【0007】
釣竿ケ−スのケ−ス本体1は縦長筒状に形成されて底部に硬質の有底筒部材2が固定され、ケ−ス本体1は前側の縦方向が左右に開口されて開口の両側には係合チャック3が取り付けられている。
ケ−ス本体1の内面に仕切り体4の左右の中央の仕切り取付部4aが取り付けられ、仕切り体4の左右は回動可能と成っている。
仕切り体4は布地やナイロン、塩化ビニ−ル、ポリプロピレン等で形成されている。
仕切り体4の左端4bの外面には縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材14が取り付けられ、左端4bの内面には縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材15が取り付けられている。
仕切り体4の右端4cの内面には縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材16が取り付けられ、右端4cの外面には縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材17が取り付けられている。
仕切り体4の左端4bの内面の縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材15と右端4cの内面の縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材16が係合されると図3、図5のように縦方向に筒状になって開口aが形成され、開口aから内部の収納部に釣竿5を収納することが出来る。
【実施例1】
【0008】
以下、図示の実施例によって本発明を説明すると、図1から図5は第1実施例で図1(a)は釣竿ケ−スの断面側面図で(b)は釣竿ケ−スの断面正面図、図2は釣竿ケ−スの要部拡大断面側面、図3は釣竿ケ−スの断面平面図、図4は図3の位置より上側から見た断面平面図、図5は釣竿ケ−スの内部の要部拡大斜視図である。
【0009】
釣竿ケ−スのケ−ス本体1は縦長筒状に形成されて底部に硬質の有底筒部材2が固定されている。
ケ−ス本体1の前側にはケ−ス本体の長手方向(縦方向)に開口Kが形成され、開口Kの両側には係合チャック3が取り付けられている。
ケ−ス本体1の内面の下側と上側に夫々仕切り体4、4′の左右の中央が取り付けられ、仕切り体4、4′はケ−ス本体1の内側に取り付けられた部分が仕切り体4、4′の取付部4a、4a′となり、仕切り体4、4′の左右端は取り付けをしない自由端となっており、仕切り体4、4′は取付部4a、4a′を中心に回動可能と成っている。
有底筒部材2内の底面に緩衝材10が固定されている。
ケ−ス本体1の外側材1aと内側材1bは一体に形成されている。
ケ−ス本体1の外側材1aと内側材1bは夫々布地やナイロン、塩化ビニ−ル、ポリプロピレン等の合成樹脂シ−トや織布で形成されている。
ケ−ス本体1の外側材1aと内側材1bの間にはポリエチレンボ−ド等の硬質合成樹脂板1cが包み込まれて湾曲筒状に形成され、外側材1a、内側材1b、硬質合成樹脂板1cでケ−ス本体1の周壁Sが形成されている。
ケ−ス本体1の外側には縦方向に肩掛けバンド11と取っ手ハンドル12が取り付けられ、上端に取っ手ハンドル13が取り付けられている。
【0010】
仕切り体4、4′は夫々布地やナイロン、塩化ビニ−ル、ポリプロピレン等で形成されている。
下側の仕切り体4の左端4bの外面には縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材14が取り付けられ、左端4bの内面には縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材15が取り付けられている。
仕切り体4の右端4cの内面には縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材16が取り付けられ、右端4cの外面には縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材17が取り付けられている。
上側の仕切り体4′の左端4b′の外面には縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材が取り付けられると共に、左端4b′の内面には縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材15′が取り付けられている。
上側の仕切り体4′の右端4c′の内面には縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材16′が取り付けられると共に、右端4c′の外面には縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材が取り付けられている。
【0011】
下側の仕切り体4の左端4bの内面の縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材15と右端4cの内面の縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材16が係合されると図3、図5のように縦方向に筒状になって開口aが形成され、開口aから内部の収納部に釣竿5を収納することが出来る。
上側の仕切り体4′についても同様である。
仕切り体4はケ−ス本体1の内面に複数個並設してもよい。
【0012】
ケ−ス本体1の内面の下側の仕切り体4の左端4bの位置の外側には縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材18が取り付けられている。
ケ−ス本体1の内面の下側の仕切り体4の右端4cの位置の外面には縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材19が取り付けられている。
ケ−ス本体1の内面の上側の仕切り体4′の位置の外側についても同様である。
ケ−ス本体1の内面の下側の係合部材18と下側の仕切り体4の左端4bの外面の縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材14が係合されると図3の左側の2点鎖線で示した仕切り体4の左端4bのように、ケ−ス本体1の内面と下側の仕切り体4の左端4bとの間が筒状になって開口bの内部の収納部に釣竿6を収納することが出来る。
ケ−ス本体1の内面の下側の係合部材19と下側の仕切り体4の右端4cの外面の縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材17が係合されると図3の右側の2点鎖線で示した仕切り体4の右端4cのように、ケ−ス本体1の内面と下側の仕切り体4の右端4cとの間が筒状になって開口cの内部の収納部に釣竿7を収納することが出来る。
下側の仕切り体4は左端4bと右端4cを係合した袋状のままケ−ス本体1の内面の左側または右側に振ってケ−ス本体1の内面の係合部材18、19の何れかに係合部材14または係合部材17を係合してもよい。
【0013】
下側の仕切り体4の左端4bおよび右端4cの夫々上側には横向きに帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材20、21、22、23が取り付けられている。
ケ−ス本体1の内面の下側の仕切り体4位置より上側にカバ−体8、8′が取り付けられている。
カバ−体8、8′は夫々布地やナイロン、塩化ビニ−ル、ポリプロピレン等で形成されている。
カバ−体8、8′には夫々横向きに帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材25、26が取り付けられている。
カバ−体8の係合部材25は図4のように、下側の仕切り体4の左端4bの係合部材21に係合される。
カバ−体8′の係合部材26は下側の仕切り体4の右端4cの係合部材22に係合される。
下側の仕切り体4は左端4bと右端4cを係合した筒状のままケ−ス本体1の内面の左側または右側に振ってカバ−体8の係合部材25を仕切り体4の右端4cの係合部材23に係合させたり、カバ−体8′の係合部材26を仕切り体4の左端4bの係合部材20に係合させてもよい。
【0014】
前記のように釣竿ケ−スが構成されると、仕切り体4を筒状に係合部材で閉じてその中に釣竿を収納すればよいので、釣竿の挿脱が敏速容易になり、収納効率がアップする。
袋状に係合部材で閉じた仕切り体4の中に納まる長さの図示しない継ぎ合わせるハンドルを収納してカバ−体8またはカバ−体8′を閉じて抜け止めしてもよい。
【実施例2】
【0015】
図6、図7は 第2実施例で図6は釣竿ケ−スの内部の要部拡大斜視図、図7は釣竿ケ−スの断面平面図である。
【0016】
第2実施例では仕切り体9は布地やナイロン、塩化ビニ−ル、ポリプロピレン等の合成樹脂シ−トや織布で袋状に有底に形成されるが底部なしであってもよい。
仕切り体9の一側は仕切り取付部9aでケ−ス本体1の内面に左右に回動可能に取り付けられている。
仕切り体9の自由端部9bの左右に縦方向に帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材27、28が取り付けられている。
ケ−ス本体1の内面の仕切り体9の自由端部9bの対向位置には夫々縦方向に帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材29、30が取り付けられている。
ケ−ス本体1の内面に図6のように仕切り体9、9′を複数個並設してもよい。
仕切り体9、9′の自由端部9bの左右の上側には横向きに帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材31、32、33と図示しない係合部材が取り付けられている。
【0017】
ケ−ス本体1の内面の下側の仕切り体9位置より上側にカバ−体8、8′が取り付けられている。
カバ−体8、8′は夫々布地やナイロン、塩化ビニ−ル、ポリプロピレン等で形成され、夫々横向きに帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材25、26が取り付けられている。
カバ−体8、8′で仕切り体9、9′の開口を覆う時には、仕切り体9の係合部材32にカバ−体8の係合部材25を係合し、仕切り体9′の係合部材33にカバ−体8′の係合部材26を係合する。
仕切り体9の係合部材31にカバ−体8′の係合部材26を係合してもよい。
【実施例3】
【0018】
図8は第3実施例で図8は釣竿ケ−スの内部の要部拡大斜視図である。
【0019】
第3実施例では仕切り体9、9′にカバ−体9c、9dが一体的に固定されている。
仕切り体9の自由端部9bの内側の上側には夫々横向きに帯状の雌のベルベット式面ファスナからなる係合部材32、33が取り付けられている。
カバ−体9c、9dには夫々横向きに帯状の雄のベルベット式面ファスナからなる係合部材25、26が取り付けられている。
他の構成は第2実施例と略同一である。
【産業上の利用可能性】
【0020】
本発明は釣竿ケ−スの全般に利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】第1実施例で(a)は釣竿ケ−スの断面側面図で(b)は釣竿ケ−スの断面正面図である。
【図2】同釣竿ケ−スの要部拡大断面側面である。
【図3】同釣竿ケ−スの断面平面図である。
【図4】同図3の位置より上側から見た断面平面図である。
【図5】同釣竿ケ−スの内部の要部拡大斜視図である。
【図6】第2実施例で釣竿ケ−スの内部の要部拡大斜視図である。
【図7】同釣竿ケ−スの断面平面図である。
【図8】第3実施例で釣竿ケ−スの内部の要部拡大斜視図である。
【符号の説明】
【0022】
1 ケ−ス本体
4、4′、9、9′ 仕切り体
4a、9a 仕切り取付部
8、8′、9c カバ−体
14、15、15′、16、16′、17、18、19 係合部材
a、b、c 開口
【出願人】 【識別番号】000002495
【氏名又は名称】ダイワ精工株式会社
【出願日】 平成18年12月28日(2006.12.28)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−161140(P2008−161140A)
【公開日】 平成20年7月17日(2008.7.17)
【出願番号】 特願2006−356022(P2006−356022)