トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 根ぐされ防止植木鉢
【発明者】 【氏名】齋藤 榮二

【要約】 【課題】受皿に置いた植木鉢に水遣りをし、受皿に溜まった水により植木鉢の底が、水に浸り植物が根ぐされる。それを防ぐための根ぐされ防止植木鉢を提供する。

【解決手段】天板の側面に、天板を支持する脚部を設け、植木鉢を載せるための載置台とし、天板の表面より裏面に貫通する複数の孔を設け、上面を開口した容器の内側に、載置台を着脱自在に置き、このとき、載置台の天板の高さは、容器の上面より上に位置するようにした、根ぐされ防止植木鉢。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
天板の側面に、天板を支持する脚部を設け、植木鉢を載せるための載置台とし、天板の表面より裏面に貫通する複数の孔を設け、上面を開口した容器の内側に、載置台を着脱自在に置き、このとき、載置台の天板の高さは、容器の上面より上に位置するようにした、根ぐされ防止植木鉢。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、受皿に置いた植木鉢に水遣りをし、受皿に溜まった水により植木鉢の底が、水に浸り植物が根ぐされる。それを防ぐための根ぐされ防止植木鉢に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、受皿に置かれた植木鉢に水遣りした時、遣り過ぎた水が溜まりあわてて水を捨てたり、気付かずに放置し植木鉢の植物を、根ぐされさせたものである。
又、受皿に水が溜まることを気にしすぎて、水を十分与えず植木鉢の植物を枯らしたものである。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
そのために、次のような問題点があった。
(イ)受皿に溜まった水をすぐに取り除かなかったために、植木鉢の植物が根ぐされた。
(ロ)受皿に水が溜まることを気にするあまり、水が少なすぎて植物が枯れた。
本発明は以上の問題点を解決しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0004】
天板の側面に、天板を支持する脚部を設け、植木鉢を載せるための載置台とする。
天板の表面より裏面に貫通する複数の孔を設ける。上面を開口した容器の内側に、載置台を着脱自在に置く。このとき、載置台の天板の高さは容器上面より上に位置するようにする。以上を特徴とする根ぐされ防止鉢木植である。
【発明の効果】
【0005】
本発明は、植木鉢への水遣り時、水を遣り過ぎても植木鉢の底が、水に浸されないので根ぐされの心配が無く、安心して十分に水遣りが出来る。又、受皿に溜まった水が蒸発して植木鉢の植物に湿りを与え育生にも良い環境となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
以下、本発明の実施形態を説明する。
(イ)円形又は方形の平板状からなる天板(2)の側面に、天板を支持する脚部(3)を設け、植木鉢を載せるための載置台(1)とする。
(ロ)天板(2)の表面より裏面に貫通する孔(4)を複数設ける。
(ハ)上面を開口した円形又は方形の容器(5)の開口部(6)内側に、載置台(1)を着脱自在に置く。このとき、載置台(1)の天板(2)の高さは容器(5)の上面より上に位置するようにする。
本発明は以上の構造によりなるので本発明を使用するときは、容器(5)の内側に置かれた載置台(1)の上に植物(8)を生けた植木鉢(7)を載せる。
植木鉢(7)に水遣りをすると、植木鉢(7)の底から抜け出た水は、天板(2)上に流れ、天板(2)の孔(4)を通過して下へ落ちる。そして、容器(5)の内側に溜まる。このとき、植木鉢(7)は載置台(1)の上に載っているために、容器(5)に溜まった水(9)に浸されることがない。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 本発明の斜視図
【図2】 本発明の断面図
【図3】 本発明の使用状態を示す断面図
【符号の説明】
【0008】
1 載置台
2 天板
3 脚部
4 穴
5 容器
6 開口部
7 植木鉢
8 植物
9 溜まった水
【出願人】 【識別番号】507176909
【氏名又は名称】齋藤 榮二
【出願日】 平成19年5月2日(2007.5.2)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−271938(P2008−271938A)
【公開日】 平成20年11月13日(2008.11.13)
【出願番号】 特願2007−144124(P2007−144124)