トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 植物育成用ポットとフック利用の植物育成装置
【発明者】 【氏名】高橋 信之

【要約】 【課題】育成スペースの立体、平面の両方の育苗を有効利用できる植物育成装置。

【解決手段】植物育成用ポットにおいて空中育苗のための吊りフックと蔓性植物の蔓の固定この作業を吊りフックと蔓固定のフックとを一体化させて、かつ使い勝手にあわせフックを取り外し可能にする事により、空中育苗等の立体育苗や、地上部に置き並べる平面での育苗等の両作業での効率を図れる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
苗を育成するための筒状の容器をなす植物育成用のポットにおいて前記ポットの本体部に植物の蔓を固定しうる吊りフックを長手方向に沿って形成させたことを特徴とする植物育苗装置。
【請求項2】
前記ポット本体部に植物の蔓を固定しうる吊りフックを着脱可能に取り付けた事を特徴とする請求項1記載の植物育成装置。
【請求項3】
前記ポット本体部を2つの半割体によって形成し、この両半割体間を開閉可能に結合する結合部を設けた育成ポットの本体部に蔓を挟み固定すると共に、半割り体の開閉をも固定しうる吊フックを、着脱可能に取り付けた事を特徴をする請求項1、請求項2記載の植物育成装置。
【発明の詳細な説明】【発明の詳細な説明】
【技術分野】
【0001】
本発明は、植物苗等の育成に適する植物育成用のポット及び植物育成装置に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、植物苗の育成の際に同じ形状の小径のポットにて、つる性の苗を植え込み空中に吊るす育成方法と、地上部に置き並べ育成する方法において、同じ形状のポットで吊りフックと蔓固定と同時利用出来うる同じ形状のポットが無かった
【0003】
これに対して、蔓性苗の取り扱いの簡易化とスペースの有効利用を目的として、本発明者は、先に特許第2877730号によるポット利用の植物育成装置を考案した。しかし、育苗方法にて、地上部に置き並べたり、空中に吊るすなどの育苗方法の違いにより同じ形状のポットを求められた、しかるに、本発明の考案者の提案による同装置は、図9に示すごとく、育成用ポット102に蔓固定溝を保持した吊りフック100を形成した、又半割り体の育成ポット103に蔓固定溝を保持した吊りフック100を形成したこの吊りフック100を利用し網目状に張った架線等による保持部材104に引掛けて当該考案のポットを宙吊り保持するものである
【課題を解決しようとする課題】
【0004】
当考案の保持部材のポットを宙吊りにして育苗したり、宙吊りにせずに育苗する際特に育苗時や、又地上部に置き並べる際に、未発根な蔓を固定し発根後吊りフックを外せる事が出来る為に高効率な作業効率をはかれる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0005】
図1は、本発明の植物育成のポットの模式図である103は、両半割り体間を開閉可能にする結合部aとフランジ部bと固定穴cを設けた育苗ポット本体である。図2は、図1のフランジ部bの平面図である。図3は、フランジ部dと固定穴cを設けた育苗ポットの模式図102である。図4は、図3のフランジ部と固定穴cの平面図である。
【0006】
図5は、フランジ部と固定穴を設けた育成用ポット102に蔓固定溝を保持した吊りフック100をはめこみ固定した模式図である。図6は、両半割り体間を開閉可能にする結合部とフランジ部と固定穴を設けた育苗ポット103に蔓固定溝を保持した吊りフック100をはめこみ固定し、且つ両半割部の開閉部をも固定した模式図である。図7、図8は、フランジ部の固定穴に嵌め込まれた、外れ止め部101と蔓固定溝105を設けた吊りフック100の側面図である。
【0007】
図9は、網目状に張った架線等による保持部材104に引掛け吊るす当考案の空中育苗の模式図である。蔓性植物fを育成するポット102に蔓固定溝105を設けた吊りフック100をフランジ部dの固定穴cに蔓性植物fの蔓eを挟み固定し当該吊りフックにて保持部材104に引っ掛け吊るす、又蔓性植物fを両半割り体間を開閉可能にする結合部aとフランジ部b、固定穴cを設けた育成ポット103に蔓固定溝105を設けた吊りフック100をフランジ部bの固定穴cに蔓性植物fの蔓eを挟み固定し当該吊りフックにて保持部材104に引掛け吊るし育苗する模式図。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の両半割り体間を開閉可能にする結合部とフランジ部と固定穴を設けた育苗ポットの模式図
【図2】図1のポットのフランジ部の平面図
【図3】フランジ部と固定穴を設けた育苗ポットの模式図
【図4】図3のポットのフランジ部の平面図
【図5】フランジ部と固定穴を設けた育苗ポットに蔓固定溝を保持した吊りフックを嵌め込み固定した模式図
【図6】両半割り体間を開閉可能にする結合部とフランジ部、固定穴を設けた育苗ポットに蔓固定溝を保持した吊りフックを嵌め込み固定した模式図
【図7】蔓固定溝と外れ止め部を設けた吊りフックの側面図
【図8】蔓固定溝と外れ止め部を設けた吊りフックの側面図
【図9】育苗ポットにて両半割り体間を開閉可能にする為の結合部、フランジ部、固定穴を設けたポットに蔓性植物の蔓を挟み固定しうる吊りフックにて網目状架線に吊るす又は、フランジ部、固定穴を設けた育苗ポットに蔓性植物の蔓を挟み固定しうる吊りフックにて網目状架線に吊るす育苗の模式図
【符号の説明】
100 蔓固定溝を保持した吊りフック
101 外れ止め部
102 フランジ部、固定穴を設けたポット
103 両半割り体、フランジ部、固定穴設けたポット
104 網目状架線
105 蔓固定溝
a 結合部
b フランジ部
c 固定穴
d フランジ部
e 蔓
f 蔓性植物
【出願人】 【識別番号】591286339
【氏名又は名称】高橋 信之
【出願日】 平成19年4月17日(2007.4.17)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−263935(P2008−263935A)
【公開日】 平成20年11月6日(2008.11.6)
【出願番号】 特願2007−132146(P2007−132146)