トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 支柱留め
【発明者】 【氏名】大西 生美

【要約】 【課題】土が軟らかくて安定せず、植物の重みなどで支柱が傾くのを解消する。

【解決手段】水に強いプラスチックなどの素材で、半円筒の上部と側面に板を付けた傾き防止用具を発明した。これを使用する場合は1個から2個を支柱の脇に差し込んで使う。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
半円筒の上部と側面に板を付けることによって土の抵抗を増し支柱を安定させる。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
この発明は、野菜や花などを支えるのに使う支柱が傾くのを防ぎ安定させるために、支柱にそって土に差込んで使う傾き防止用具に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来、支柱は土に差し込むことによって安定させて使うものであり、支柱の傾きを防ぐ用具はなかった。
【発明の開示】
【発明が解決しょうとする課題】
【0003】
本発明は、近年農業技術が向上し、野菜や花を植える土の配合方法も進み非常に良い状態の土に植えられるようになった。しかし良い土は軟らかい場合が多いので、支柱は安定せずグラグラして真っ直ぐや斜めの希望の位置に固定できない。以上のような状態をなくすためになされたものである。
【課題を解決するための手段】
【0004】
半円筒1を縦にし上部に板2を付け、円筒部の外側側面に板3を付ける。以上の構成よりなる支柱の傾き防止用具である。
【発明の効果】
【0005】
軟らかい土に支柱を立てると安定せず、紐やネットを付けるときの引っ張りかげんで傾いたり、植物の重さによっても傾くときがある。又植木鉢やプランターは底が浅い為いっそう安定が悪くなる。そこで本発明品の傾き防止用具を使うと、真っ直ぐにも斜めにも希望の位置に固定することが出来る。
【発明を実施するための最良の状態】
【0006】
半円筒1の上部に板2を付け側面に板3をつけ、これをプラスチックなどの水に強い素材で作る。真っ直ぐに立てる支柱には支柱に沿って差し込むと良いし、図3のように向かい合わせで2個使うと安定性が高まる。支柱を斜めに使う場合は、図4ように傾いた側に使う。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】 本発明の正面図である
【図2】 本発明の斜視図である
【図3】 本発明を2個使用する場合の図である
【図4】 本発明品を斜めの支柱に使用する場合の図である
【符号の説明】
【0008】
1 半円筒
2 上部用板
3 側面用板
【出願人】 【識別番号】591200232
【氏名又は名称】大西 生美
【出願日】 平成19年2月21日(2007.2.21)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−200021(P2008−200021A)
【公開日】 平成20年9月4日(2008.9.4)
【出願番号】 特願2007−75533(P2007−75533)