トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 緑化工法およびこれに用いる表土採取装置並びに緑化構造体
【発明者】 【氏名】小畑 秀弘

【要約】 【課題】採取した表土の有効活用により、自然環境の保護を図りつつ好適な緑化の達成に寄与し、併せて施工コストの低減化を実現できる緑化工法およびこれに用いる表土採取装置並びに緑化構造体を提供すること。

【解決手段】緑化対象地1に凹入部3を複数設け、埋土種子入り表土を含む植生材料2を該凹入部3に収容する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
緑化対象地に凹入部を複数設け、埋土種子入り表土を含む植生材料を該凹入部に収容することを特徴とする緑化工法。
【請求項2】
前記緑化対象地に、肥料袋および/または網状体を設置する請求項1に記載の緑化工法。
【請求項3】
請求項1または2に記載の緑化工法における前記表土の採取に用いられる表土採取装置であって、対向する一対のガイド溝を有し表土層に差し込まれる差し込み枠と、前記ガイド溝に沿って摺動する摺動板とを備え、前記ガイド溝の奥まで摺動した状態の前記摺動板と差し込み枠とによって表土保持部が形成されるように構成してある表土採取装置。
【請求項4】
緑化対象地に設けられた複数の凹入部と、該凹入部に収容され埋土種子入り表土を含む植生材料とを備えたことを特徴とする緑化構造体。
【請求項5】
前記緑化対象地に敷設された肥料袋および/または網状体を備えた請求項4に記載の緑化構造体。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、例えば法面の緑化に用いて好適であり、ひいては現地植生の導入の容易化にも寄与する緑化工法およびこれに用いる表土採取装置並びに緑化構造体に関する。
【背景技術】
【0002】
従来より、森林や地山等の土壌において、落葉層を除いた地表(表層)より深さ5〜10cmの範囲にある表土層には他の層よりも埋土種子が特に多く含まれていることが知られている。そこで、前記表土層中の土(表土シードバンク)をエアにより採取し、吹付基材に混入したうえ、これを緑化対象地に吹き付けるという緑化工法が既に実施されている。
【0003】
上記緑化工法では、緑化対象地周辺(周域)から表土シードバンクを採取することにより、当該緑化対象地に周辺植物(在来種)のみを導入することができ、移入種(外来種)を用いずにすむ。従って、この緑化工法は、生態系の攪乱の防止等の点で好適であるうえ、表土シードバンクの採取にエアが用いられるため、その採取時に林床を荒らすおそれもなく、自然環境の保護の点で非常に優れている。
【0004】
【特許文献1】特開2001−098557号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、上記施工に十分な量の表土シードバンクを得るためには、広大な面積にわたって表土シードバンクの採取を行う必要があり、そのような採取は自然環境の保護の面から望ましいとはいえなかった。また、上記吹付基材の採取や吹き付けには大型の機械が必要であり、コスト高となっていた。
【0006】
本発明は上述の実情に鑑みてなされたもので、その目的は、採取した表土の有効活用により、自然環境の保護を図りつつ好適な緑化の達成に寄与し、併せて施工コストの低減化を実現できる緑化工法およびこれに用いる表土採取装置並びに緑化構造体を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記目的を達成するために、本発明に係る緑化工法は、緑化対象地に凹入部を複数設け、埋土種子入り表土を含む植生材料を該凹入部に収容することを特徴としている(請求項1)。ここで、植生材料は、前記表土をその一部として含んでいてもよいし、前記表土のみから構成されていてもよい。
【0008】
また、上記緑化工法において、前記緑化対象地に、肥料袋および/または網状体を設置することが望ましい(請求項2)。
【0009】
また、上記目的を達成するために、本発明に係る表土採取装置は、請求項1または2に記載の緑化工法における前記表土の採取に用いられる表土採取装置であって、対向する一対のガイド溝を有し表土層に差し込まれる差し込み枠と、前記ガイド溝に沿って摺動する摺動板とを備え、前記ガイド溝の奥まで摺動した状態の前記摺動板と差し込み枠とによって表土保持部が形成されるように構成してある(請求項3)。
【0010】
さらに、上記目的を達成するために、本発明に係る緑化構造体は、緑化対象地に設けられた複数の凹入部と、該凹入部に収容され埋土種子入り表土を含む植生材料とを備えたことを特徴としている(請求項4)。ここで、植生材料は、前記表土をその一部として含んでいてもよいし、前記表土のみから構成されていてもよい。
【0011】
また、上記緑化構造体において、前記緑化対象地に敷設された肥料袋および/または網状体を備えていることが望ましい(請求項5)。
【発明の効果】
【0012】
請求項1〜5に係る発明では、採取した表土の有効活用により、自然環境の保護を図りつつ好適な緑化の達成に寄与する緑化工法およびこれに用いる表土採取装置並びに緑化構造体が得られる。
【0013】
すなわち、請求項1に係る発明では、植生材料を収容した凹入部内は、植物種子にとって生育に好適な環境が整った状態となっているので、緑化対象地において当該植物種子が良好に生育することによって、早期かつ好適に緑化対象地の緑化を達成することができる緑化工法が得られる。
【0014】
また、前記埋土種子を含む表土を例えば法面に直接散布した場合には、流亡等によって多量の表土を浪費することになるが、本発明では、前記表土を凹入部内に収容するようにしてあるので、上記のような浪費の問題が生じないうえ、前記表土による緑化は面状ではなく点状に行うので、少量の表土を非常に有効に使用することができる。
【0015】
さらに、緑化対象地周域から採取した埋土種子を用いれば、緑化対象地の周辺の植物環境(自然環境)と調和のとれた緑化や現地植生の復活を実現することができ、自然環境の保護に大いに寄与するという効果が得られる。
【0016】
請求項2に係る発明では、肥料袋および/または網状体の設置により、法面等の緑化対象地の浸食防止を図ることができる上、肥料袋および/または網状体の飛来種子捕捉効果によって緑化を容易に達成することができる緑化工法が得られる。
【0017】
すなわち、請求項2に係る発明において、前記緑化対象地に肥料袋を設置する場合には、この肥料袋内の肥料等によって上記植物種子の生育がより促進され、それだけ緑化対象地の緑化に好影響を及ぼすことになる。
【0018】
また、前記肥料袋を緑化対象地としての法面に設置するに際して、肥料袋が法面の等高線とほぼ平行となるようにすれば、流亡土砂や周囲からの木の葉等が当該肥料袋によって堰止められ堆積することにより、その山側に植生基盤が小段状に形成されることになる。そして、この小段において植物が生長し易くなるいわゆる小段効果によって、法面に対する植生の積極的な導入が図られ、緑化が早期にかつ良好に実現することになる。すなわち、ここでいう小段効果とは、土砂等が堆積することにより例えば法面よりも勾配が緩い生育基盤層が小段状に形成され、この小段において植物が生長し易くなる効果をいう。
【0019】
一方、緑化対象地に網状体を設置する場合には、この網状体の法面侵食防止効果および/または飛来種子捕捉効果(飛来種子をその待ち受け箇所に定着させる効果)によって、法面の緑化被覆をその全面に渡って極めて良好にかつ確実に達成することができる緑化工法が得られる。
【0020】
しかも、請求項2に係る緑化工法では、前記表土を森林等から採取すれば、当該表土中に含まれ凹入部から生長する埋土種子は、主に鳥散布型の種類の種子となるのに対し、前記肥料袋の山側に堆積した植生基盤中の植物種子または網状体によって捕捉された植物種子は、風散布型の種類の種子(飛来種子)であるので、緑化対象地上において多様な植生の発達を促進することも可能となる。
【0021】
また、請求項3に係る発明では、前記表土の採取を容易に行うことのできる表土採取装置が得られる。そのうえ、当該表土採取装置を前記凹入部の形成に用いれば、必然的に、表土採取装置により形成された凹入部の大きさと、表土採取装置により採取された表土の量(体積)とがほぼ一致することになる。従って、この場合には、凹入部に収容する必要最小限の表土の採取を行うことができ、表土の採取量が不十分であったり、表土が無駄に多く採取されることを確実に防止することができ、作業効率の向上を図ることができると共に、環境保護の面でより望ましい緑化の実現に寄与することができる。
【0022】
また、請求項4および5に係る発明では、上記効果を奏する緑化構造体が得られる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0023】
図1は本発明の一実施の形態に係る緑化構造体およびこの緑化構造体を形成する緑化工法の構成を概略的に示す説明図、図2(A)〜(F)は前記緑化工法の各工程を概略的に示す説明図である。
【0024】
まず、この実施の形態に係る緑化構造体は、図1に示すように緑化対象地としての法面1に敷設された状態で、当該法面1において緑化用植物を良好に生育させるように構成されている。
【0025】
具体的に説明すると、前記緑化構造体は、図1に示すように、法面1に設けられ植生材料2(図2(E)参照)を収容する複数の凹入部3と、前記法面1に敷設された肥料袋4および網状体5とを備えている。
【0026】
ここで、前記植生材料2は、前記法面1周域(近傍)9の埋土種子入り表土10(図2(C)参照)のみからなり、この表土10は、法面1の周域9の地山や森林等から採取されたいわゆる表土シードバンクである。
【0027】
また、前記凹入部3は、法面1の等高線とほぼ平行に延びる二つの辺6a,6bと、前記等高線とほぼ垂直に延びる二つの辺6c,6dとからなるほぼ矩形状の開口6を有している。なお、この開口6は、例えば、10〜15cm四方の大きさとなっている。
【0028】
そして、前記凹入部3は、山側の辺6aから鉛直下向きに延びる面3aと、谷側の辺6bから法面1と垂直な向きに延びる面3bと、左右の両辺6c,6dから鉛直下向きに延びる面3c,3cとで構成されており、その深さは例えば5〜15cm程度となっている。
【0029】
また、前記凹入部3は、1〜5個/m2 程度の密度で法面1上に千鳥状に点在配置されており、この実施の形態では、2個/m2 程度の密度で設けられている。
【0030】
一方、前記肥料袋4は、遅効性肥料や速効性肥料、ピートモス、バーク堆肥や保水材などの生育補助材や土壌改良材のうち少なくとも 1種以上を適宜混合してなる植生基材4a(図2(E)参照)を収容している。また、この植生基材4aには、法面1周域の地山や森林等から採取された表土シードバンクや植物種子を混合する事も可能である。そして、肥料袋4は、前記植生基材4aを通さず、かつ、通気性および透水性を有するシート状体を用いて形成されている。当該シート状体としては、例えば、不織布、フェルト、布(織布)、編織物、ジュート布、水分解性プラスチック、薄綿などで形成されたものが挙げられる。
【0031】
なお、前記肥料袋4内に植物種子が収容される場合には、その通芽を阻害しないように前記シート状体を形成することが望ましい。具体的には、前記シート状体は、前記植物種子の生育を阻害しないように、その一部または全部が、腐食性繊維(例えば椰子等の繊維)などの将来的には腐食する材料によって形成されていることが望ましく、前記腐食性繊維として、1年程度で腐食するものと、10年程度で腐食するものとを組み合わせてシート状体を形成するのがより好適である。
【0032】
そして、前記肥料袋4は細長い袋状に形成されており、法面1上に敷設される前記網状体5によって保持される。詳しく説明すると、まず、網状体5は、図1に示すように、固定部材(例えばほぼL字型のアンカーピン)7の打設により法面1に固定され、その状態で法面1の侵食防止効果または飛来種子捕捉効果の少なくとも一方(この実施の形態では両方)を発揮するように構成されている。この実施の形態では、網状体5は、前記固定部材7により法面1を全面的に覆うように敷設され、前記凹入部3も同様に覆われることになる。
【0033】
そして、前記網状体5には、適宜の間隔をおいて前記肥料袋4を収容するための筒状の収容部5aが形成されており、この収容部5a内にそれぞれ肥料袋4が収容され保持されることになる。ここで、法面1上において網状体5により保持された各肥料袋4は、図1に示すように、法面1の等高線とほぼ平行に延びた状態となる。
【0034】
また、前記網状体5は、耐久性に富む繊維(例えばナイロンやポリエステル、アラミド、カーボン、ガラス、ポリアセタール等の繊維)あるいは腐食性繊維(例えば椰子等の繊維)を用いて、または、前記耐久性に富む繊維と腐食性繊維とを編組して、目合い5〜10mm程度の格子状に成形したものである。なお、前記網状体5は、法面1上における植物種子の生育を阻害しないように、その一部または全部が、腐食性繊維(例えば椰子等の繊維)などの将来的には腐食する材料によって形成されていることが望ましく、前記腐食性繊維として、1年程度で腐食するものと、10年程度で腐食するものとを組み合わせて網状体5を形成するのがより好適である。ここで、前記網状体5は、法面1に凹凸があってもそれに沿わせて張設することができる程度以上の柔軟性を有している。このことは、前記肥料袋4についても同様である。
【0035】
次に、前記緑化工法について説明する。この緑化工法は、上記緑化構造体を法面1に形成することにより完了する。具体的に述べると、まず、図2(A)および(B)に示すように、法面1の適宜の箇所に凹入部3を設ける。この実施の形態では、前記凹入部3の形成に表土採取装置8(詳細は後述する)を用いる。
【0036】
続いて、図2(C)および(D)に示すように、前記表土採取装置8を用いて予め採取した法面1の周域9の埋土種子入り表土10を前記凹入部3内に充填する。
【0037】
その後、図2(E)に示すように、各収容部5a内に肥料袋4を収容した前記網状体5を法面1に敷設し、前記固定部材7により肥料袋4を網状体5とともに法面1に固定する。以上により、前記緑化構造体が形成されたことになり、前記緑化工法は完了する。
【0038】
上記緑化工法により緑化構造体を形成した状態の法面1においては、緑化構造体の凹入部3内に植物種子を含む植生材料2が収容されており、凹入部3内は植物種子にとって生育に好適な環境が整った状態となっている。従って、図2(F)に示すように、前記植物種子が良好に生育し、早期かつ好適に法面1の緑化が達成されることになる。
【0039】
また、前記植物種子として、この実施の形態では、法面1周域から採取した埋土種子を用いるようにしているので、法面1の周辺の植物環境(自然環境)と調和のとれた緑化を実現することができる。
【0040】
さらに、前記埋土種子入りの表土シードバンクを例えば法面1に直接散布した場合には、流亡等によって多量の表土シードバンクを浪費することになるが、この実施の形態では、前記表土シードバンクを凹入部3内に収容するようにしてあるので、上記のような浪費の問題が生じず、少量の表土シードバンクを非常に有効に使用することができる。
【0041】
そのうえ、上記緑化工法により緑化構造体を形成した状態の法面1においては、図2(F)に示すように、前記肥料袋4によって流亡土砂や周囲からの木の葉等が堰止められて堆積することにより、肥料袋4の山側に植生基盤11が小段状に形成される。そして、この小段において植物が生長し易くなるいわゆる小段効果によって、法面1に対する植生の積極的な導入が図られ、緑化が早期にかつ良好に実現することになる。
【0042】
加えて、この実施の形態では、法面1全体を前記網状体5が覆うように構成してあり、この網状体5は上述のように法面1の侵食防止効果と飛来種子捕捉効果とを発揮するので、法面1の緑化被覆がその全面に渡って極めて良好にかつ確実に達成されることになる。しかも、前記植生材料2中に含まれ凹入部3から生長する埋土種子は鳥散布型の種類の種子であるのに対し、前記法面1上のその他の領域において生長する種子(飛来種子)は、風散布型の種類の種子であるので、法面1上において多様な植生の発達を促進することが可能となる。
【0043】
また、上記緑化構造体およびこれを形成する緑化工法では、緑化構造体を一度設置すれば、その後のメンテナンス等はほとんど不要であることから、その管理が非常に容易であるうえ、特に前記凹入部3は部分的に設ければよいので、施工性が良く経済的である。
【0044】
ここで、前記緑化構造体を形成することによって行う上記緑化工法は、緑化対象地にて実施されればよいのであって、前記法面1はこの緑化対象地の一例として挙げたものに過ぎず、例えば平地等である緑化対象地において前記緑化工法を実施してもよいことは言うまでもない。ただし、前記小段効果が得られる等の点で、前記緑化工法は法面1での実施により適している。
【0045】
次に、上記表土採取装置8の構成について説明する。ここで、図3(A)および(B)は、前記表土採取装置8の構成を概略的に示す斜視図および説明図、図4(A)〜(E)は、前記表土採取装置8を用いた表土採取方法を概略的に示す説明図である。
【0046】
まず、前記表土採取装置8は、上記緑化工法において凹入部3の形成(図2(A)参照)および前記表土10の採取(図2(C)参照)に用いられるものであり、図3(A)および(B)に示すように、対向する一対のガイド溝12を有し表土層(法面周域9の表土層または法面1の表土層)に差し込まれる差し込み枠13と、前記ガイド溝12に沿って摺動する摺動板14と、前記差し込み枠13に下端部が固定され上部に把手15が設けられた柄16と、前記差し込み枠13または柄16に連設され足で踏み込めるように設けられた踏み込み板部17とを備えている。
【0047】
また、前記表土採取装置8は、前記ガイド溝12の奥まで摺動した状態の前記摺動板14と差し込み枠13とによって表土保持部18が形成されるように構成されている。なお、差し込み枠13の下端部と、摺動板14の下端部とは、それぞれ先端に向かって鋭利な形状となっている。
【0048】
そして、上記表土採取装置8による表土10の採取は以下の通りに行われる。すなわち、まず、図4(A)および(B)に示すように、摺動板14を上側に移動させ前記表土保持部18が形成されていない状態の表土採取装置8の差し込み枠13を、表土層に差し込む。この差し込みは、例えば、作業者が前記把手15を握り、前記踏み込み板部17に足を載せて体重をかけることにより容易に行うことができる。
【0049】
続いて、図4(C)に示すように、前記差し込み枠13が所定深さまで差し込まれた状態になれば、前記摺動板14をガイド溝12に沿って摺動させ、ガイド溝12の奥まで移動させる。これにより、前記表土保持部18が形成されることになり、この表土保持部18内に表土10が保持された状態となる。
【0050】
その後、図4(D)に示すように、表土採取装置8を持ち上げて差し込み枠13および摺動板14を表土層から引き抜くことにより、表土10の採取が完了する。そして、この採取した表土10を前記凹入部3内に充填するには、前記表土保持部18内に表土10を保持した状態の表土採取装置8を凹入部3の真上にまで運搬し、その位置で前記摺動板14を上側に摺動させるだけでよい。この操作により、表土保持部18内に収容されていた表土10が落下して凹入部3内に充填されることになる。
【0051】
ここで、図2(A)に示す凹入部3の形成にも、上記表土採取装置8を用いることができ、その形成工程は、図2(A)〜(D)に示す工程と同様であるので、重複することになるその説明は省略する。
尚、この場合は形成された凹入部3と採取した表土10が同一形状となり、採取した表土10がそのままの状態で凹入部3に充填する事ができるため好適である。
【0052】
なお、上記実施の形態は、種々変形して実施することができる。例えば、上記植生材料2として、上記実施の形態では、法面1の周域9の埋土種子入り表土(表土シードバンク)10のみを用いているが、前記植生材料2に生育補助材や土壌改良材などが混合されていてもよい。
【0053】
また、前記肥料袋4内に収容される植生基材4aとしても、種々のものを用いることができる。
【0054】
さらに、上記植生材料2や植生基材4aに、植生基材や通常基材が加えられていてもよく、これらを混合したものが加えられていてもよい。ここで、前記植生基材としては、例えば、緑化用植物の種子(以下、植生種子という)、生育補助材(保水材、肥料等)または土壌改良材等から適宜に選択されたものを含むものが挙げられる。また、前記通常基材としては、ウッドチップ、農水産廃棄物(貝殻、蟹殻、果実屑など)、製紙スラッジ等の植生に害を及ぼすことの無い材料から適宜に選択されたものを含む基材が挙げられる。
【0055】
また、前記網状体5は、立体型ネット構造を有する三次元ネットとして構成されていてもよい(本出願人が出願した特願2005−089970号の願書に添付した明細書および図面参照)。この立体型ネット構造を採用した場合には、飛来種子の捕捉性能が大幅に高まるのである。
【0056】
さらに、上記実施の形態では、網状体5が凹入部3を覆うように構成されていたが、網状体5が凹入部3を覆わないように構成してもよい。
【0057】
また、前記肥料袋4または網状体5のいずれか一方のみを法面1上に設けるようにしてもよい。肥料袋4または網状体5のいずれも、適宜の固定手段(例えば、アンカーピン)によって法面1に単体で固定することができる。
【0058】
また、上記実施の形態では、図2(A)に示す凹入部3の形成に、表土採取装置8を用いているが、これに限らず、他の方法により凹入部3を形成してもよいのはもちろんである。
【0059】
また、上記緑化構造体および緑化工法の各構成要素は、変形例に係る各構成要素と自由に組み合わせてもよいことはもちろんである。
【0060】
また、上記表土採取装置8は、種々の構成のものを採用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0061】
【図1】本発明の一実施の形態に係る緑化構造体およびこの緑化構造体を形成する緑化工法の構成を概略的に示す説明図である。
【図2】(A)〜(F)は前記緑化工法の各工程を概略的に示す説明図である。
【図3】(A)および(B)は、前記緑化工法において用いられる表土採取装置の構成を概略的に示す斜視図および説明図である。
【図4】(A)〜(E)は、前記表土採取装置を用いた表土採取方法を概略的に示す説明図である。
【符号の説明】
【0062】
1 緑化対象地
2 植生材料
3 凹入部
4 肥料袋
5 網状体
【出願人】 【識別番号】000231431
【氏名又は名称】日本植生株式会社
【出願日】 平成18年11月29日(2006.11.29)
【代理人】 【識別番号】100074273
【弁理士】
【氏名又は名称】藤本 英夫


【公開番号】 特開2008−131914(P2008−131914A)
【公開日】 平成20年6月12日(2008.6.12)
【出願番号】 特願2006−321501(P2006−321501)