トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 植物栽培用プランター
【発明者】 【氏名】堀 隆一

【要約】 【課題】高圧用金属製容器の廃品を長期間に亘り再利用できるばかりか、その廃棄後も更に再活用することができ、廃棄物資源の有効利用ができることで、地球の環境問題に大きな貢献を果たすことができる植物栽培用プランターを提供することを課題とする。

【解決手段】高圧用金属製容器4の廃品を切断して上方が開口するよう形成したプランター本体1の内外の全表面に防錆塗料を塗布すると共に、そのプランター本体1の底面に水抜き孔2や支持脚3を設けることにより植物栽培用プランターを製作した。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
高圧用金属製容器の廃品を切断して上方が開口するよう形成したプランター本体の内外の全表面に防錆塗料を塗布すると共に、そのプランター本体の底面に水抜き孔を形成したことを特徴とする植物栽培用プランター。
【請求項2】
前記プランター本体の下方には支持脚が設けられていることを特徴とする請求項1記載の植物栽培用プランター。
【請求項3】
前記プランター本体は、前記高圧用金属製容器の廃品をその軸方向と平行に2分割して形成したものであることを特徴とする請求項1または2記載の植物栽培用プランター。
【請求項4】
前記プランター本体は、前記高圧用金属製容器の廃品の上下端部を輪切りするようにして切断された下鏡部或いは上鏡部を主に形成されていることを特徴とする請求項1または2記載の植物栽培用プランター。
【請求項5】
前記プランター本体は、前記高圧用金属製容器の廃品からその上下端部が輪切りするようにして切断除去された円筒状の部位が、その軸方向と平行に2分割された半円筒体と、その半円筒体の開放した両側端面を被覆する端面板で形成されていることを特徴とする請求項1または2記載の植物栽培用プランター。

【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、花や植木のような植物を植栽する家庭用や業務用、或いは公園用等の植物栽培用プランターに関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来から花や植木のような植物を植栽するためにプランターが広く用いられてきた。市販されている一般のプランターは、プラスチック、木材、陶器、グラスファイバー(FRP)等の材料で作られていたが、それぞれ次のような欠点があった。
【0003】
プラスチック製のプランターは、日光の紫外線に弱く1〜2年で劣化してしまい、その寿命が非常に短かった。また、廃棄プランターのリサイクルは、廃プラスチックとして処理しなければならなかった。木製のプランターは、雨水等で腐食劣化するためにその寿命はせいぜい2〜3年であった。また、廃棄プランターは焼却処分するしかなかった。陶器製のプランターは、その寿命が半永久ではあるが、割れる可能性が高く非常に取り扱いしにくいものであった。また、廃棄プランターは埋め立て処分するしかなかった。グラスファイバー(FRP)製のプランターは、前記プラスチック製のプランターに比較してその寿命は長いが、廃棄プランターの処分は非常に困難であった。
【0004】
また、最近、地球環境保護のため廃品をリサイクルするという考えから、廃棄プランターを再利用することは勿論ではあるが、廃品を再利用したプランターも開発されている。例えば、特許文献1、2、3、4にはそのような廃品を利用したプランターが記載されている。
【特許文献1】特開平11−308928号公報
【特許文献2】特開2002−65056号公報
【特許文献3】特開2003−339244号公報
【特許文献4】特開2005−218434号公報
【0005】
前記各特許文献記載のプランターのうち、特許文献1記載のプランターは廃タイヤを再利用したプランター、特許文献2記載のプランターはウィスキーやワイン、酒等の木製の廃樽を再利用したプランター、特許文献3記載のプランターは電力・通信ケーブル及び電線用の木製ドラムを再利用したプランター、特許文献4記載のプランターは建築用外装材の廃材を再利用したプランターである。
【0006】
このようなプランターは廃品を再利用したという点でリサイクルの価値はあるが、そのプランターが寿命を終えた時、更に再活用できるものではなかった。また、特許文献1記載のプランターはゴム製、特許文献2及び3記載のプランターは木製であって、特許文献4記載のプランターを除きそのいずれもが経年劣化の可能性があり長期間に亘り利用できるものではなかった。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
本発明は上記従来の欠点を除去せんとして発明したものであって、廃品を長期間に亘り再利用できるばかりか、その廃棄後も更に再活用することができ、廃棄物資源の有効利用ができることで、地球の環境問題に大きな貢献を果たすことができる植物栽培用プランターを提供することを課題とするものである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
請求項1記載の発明は、高圧用金属製容器の廃品を切断して上方が開口するよう形成したプランター本体の内外の全表面に防錆塗料を塗布すると共に、そのプランター本体の底面に水抜き孔を形成したことを特徴とする植物栽培用プランターである。
【0009】
請求項2記載の発明は、前記プランター本体の下方には支持脚が設けられていることを特徴とする請求項1記載の植物栽培用プランターである。
【0010】
請求項3記載の発明は、前記プランター本体は、前記高圧用金属製容器の廃品をその軸方向と平行に2分割して形成したものであることを特徴とする請求項1または2記載の植物栽培用プランターである。
【0011】
請求項4記載の発明は、前記プランター本体は、前記高圧用金属製容器の廃品の上下端部を輪切りするようにして切断された下鏡部或いは上鏡部を主に形成されていることを特徴とする請求項1または2記載の植物栽培用プランターである。
【0012】
請求項5記載の発明は、前記プランター本体は、前記高圧用金属製容器の廃品からその上下端部が輪切りするようにして切断除去された円筒状の部位が、その軸方向と平行に2分割された半円筒体と、その半円筒体の開放した両側端面を被覆する端面板で形成されていることを特徴とする請求項1または2記載の植物栽培用プランターである。
【発明の効果】
【0013】
本発明の植物栽培用プランターによると、高圧用金属製容器の廃品をプランターとして長期間に亘り再利用できるばかりか、その廃棄後も鉄スクラップやアルミニウムスクラップ等の金属スクラップ(金属原料)として更に再活用することができ、廃棄物資源の有効利用ができる。また、金属製であるため日光の紫外線に対し永久的な耐力がある。また、防錆塗装をしているため木製より遥かに腐食劣化しにくい。更には、圧力容器を形成する金属板を使用しているため非常に強靭である。
【発明を実施するための最良の形態】
【0014】
以下、本発明を添付図面に示す実施形態に基づいて更に詳細に説明する。
【0015】
高圧用金属製容器4には、図15に示すような上鏡部7と下鏡部8より成る2部制容器と、図16に示すような上鏡部7と下鏡部8とその間の直胴部9より成る3部制容器がある。夫々の高圧用金属製容器4は、上鏡部7と下鏡部8、或いは、上鏡部7と直胴部9及び直胴部9と下鏡部8の端部を、夫々嵌合溶接することにより組み立てられていた。なお、図15及び図16に示す10は高圧用金属製容器4を支持する脚の役目を果たすスカート、11は上鏡部7の上面に設けられた口金、12はその口金11上に設けられたバルブ、13は上鏡部7の上面に設けられたプロテクターである。
【0016】
このような高圧用金属製容器4には、LPガスのガスボンベのほか、酸素、窒素、アルゴン、水素、ヘリウム、空気、液化炭素ガス、液化ブタン、溶解アセチレン、液化アンモニア等の気体や液体を貯蔵するボンベ、消火器用のボンベ等がある。LPガスのガスボンベについては、新造後20年までは5年毎に再検査が、20年経過後は1年毎の再検査が夫々義務付けられている。従って、大半のものは20年で廃棄処分されているのが現状である。
【0017】
この高圧用金属製容器4の廃品を利用して本発明の植物栽培用プランターAは製作されるのである。以下、その各種植物栽培用プランターAについて、製作方法と共に図面に基づいて詳細に説明する。なお、以下の図面に基づく説明では、まず、3部制容器から植物栽培用プランターAを製作する場合について説明する。
【0018】
まず、図2(a),(b)に示すように、高圧用金属製容器4の廃品を倒した状態で(必ず倒す必要はなく立てた状態でも良い。)その軸方向と平行に切断することにより2分割し、図3(a),(b)に示すような形状とする。この切断は、鋸切断、ガス切断、プラズマ切断、レーザー切断の何れの方法によっても可能であるが、切断面はグラーンダーによる端面処理を行う必要がある。なお、バルブ12は切断前に事前に取り外す。プロテクター13が取り付けられている場合はプロテクター13も切断前に事前に取り外す。
【0019】
図3(a),(b)に示すものが本発明で述べるプランター本体1であり、この状態でプランター本体1は上方向が開口する。その後、プランター本体1の底面の両端近傍には図3(a)に示す左右2箇所に水抜き孔2を形成する。ここで示す水抜き孔2はプランター本体1の底面に穿孔した孔とその孔を覆うようにプランター本体1の底面から垂下する管より成るが、単に孔だけであっても良い。また、前記したように、水抜き孔2は必ず2箇所に設ける必要はなく、1箇所或いは3箇所以上に設けても良い。
【0020】
水抜き孔2を設けるのと相前後し、プランター本体1の底面には左右1対の支持脚3が設けられる。支持脚3はプランター本体1と同じ金属製であることが望ましくプランター本体1の底面に溶接等で取り付けられる。図3(a),(b)に示す支持脚3は厚肉の板状であり、プランター本体1の底面に溶接等で取り付けられるその上縁は、プランター本体1の底面に沿うよう円弧状となっている。
【0021】
なお、支持脚3も必ず2箇所に設ける必要はなく、3箇所以上に設けても良い。また、支持脚3の形状は必ずしも板状である必要はなく、例えば柱状等の他の形状であっても良い。また、櫓状であれば支持脚3は一つとなる。なお、支持脚3が金属製であれば、廃棄後も鉄スクラップやアルミニウムスクラップ等の金属スクラップ(金属原料)として再活用することができるが、支持脚3は確実な支持強度を得られれば良く必ずしも金属製である必要はない。また、上記説明では、支持脚3はプランター本体1の底面に溶接等で取り付けられると説明したが、例えば櫓状であれば支持脚2は必ずしもプランター本体1の底面に溶接等で取り付けられる必要はなく、プランター本体1とは別体のプランター本体1を載せるようなものであっても良い。
【0022】
水抜き孔2と支持脚3を設置後、プランター本体1の内外の全表面をショットブラストで錆び落としし、その内外の全表面にジンク塗料、鉛系塗料等の防錆塗料を塗布する。以上で植物栽培用プランターAは完成する。使用に当たっては、図1(a),(b)に示すように、植物栽培用プランターA内に土を充填し、花や植木等の植物を植栽する。また、植物栽培用プランターAの底部には、すのこを入れ通液性、通気性を確保することも可能である。なお、図1(a),(b)に示すような植物栽培用プランターAであれば、1体の高圧用金属製容器4の廃品から2体の植物栽培用プランターAを製作することができる。
【0023】
図5に示す植物栽培用プランターAは、主に下鏡部8で形成された植物栽培用プランターAである。この植物栽培用プランターAは、高圧用金属製容器4の直胴部9の下部を、輪切りするようにして切断して得られた主に下鏡部8で成るプランター本体1に水抜き孔2を設けると共に、プランター本体1の内外の全表面に防錆塗料を塗布したものである。この植物栽培用プランターAの水抜き孔2は底面の略中央1箇所に設けられるが、支持脚3は、スカート10を利用すれば良く、改めて設ける必要はない。なお、図5に示す植物栽培用プランターAのプランター本体1は、直胴部9の下部が輪切りされたように切断されているため、下鏡部8だけでなくその上部は一部分直胴部9で形成されている。
【0024】
なお、直胴部9を含まず下鏡部8だけで植物栽培用プランターAを形成する場合は、下鏡部8の上端近傍を輪切りするようにして切断するので、例えば図9に示す形状のようになる。
【0025】
図6及び図7に示す植物栽培用プランターAは、主に上鏡部7で形成された植物栽培用プランターAである。この植物栽培用プランターAは、高圧用金属製容器4の直胴部9の上部を、輪切りするようにして切断して得られた主に上鏡部9で成るプランター本体1の内外の全表面に防錆塗料を塗布したものである。この植物栽培用プランターAの水抜き孔2は口金11を利用すれば良く、改めて設ける必要はない。なお、図6に示す植物栽培用プランターAでは1対の支持脚3を設けるが、図7に示す植物栽培用プランターAでは吊り下げ用のチェーン14を設ける。吊り下げ用のチェーン14を設けることにより吊り下げ型プランターとして利用することができる。また、図6に示す植物栽培用プランターAのプランター本体1は、高圧用金属製容器4を立てた状態での直胴部9の上部が輪切りされたように切断されているため、上鏡部7だけでなくその上部は一部分直胴部9で形成されている。
【0026】
なお、直胴部9を含まず上鏡部7だけで植物栽培用プランターAを形成する場合は、上鏡部7の下端近傍を輪切りするようにして切断するので、例えば図10に示す形状のようになる。
【0027】
図8(a),(b)に示す植物栽培用プランターAは、直胴部9のみで成る植物栽培用プランターAである。この植物栽培用プランターAは、高圧用金属製容器4からその上下端部の上鏡部7と下鏡部8を切断除去し、残った円筒状の直胴部9をその軸方向と平行に2分割して得られた半円筒体5と、その半円筒体5の開放した両側端面を被覆する端面板6より成る。この端面板6は半円形の板であり、半円筒体5と同じ金属製であることが望ましく、半円筒体5の端縁に溶接等で取り付けられる。このようにして組み立てられたプランター本体1は、その内外の全表面に防錆塗料が塗布される。また、半円筒体5の底面の両端近傍には、図8(a)に示す左右2箇所に水抜き孔2と、支持脚3が夫々設けられている。
【0028】
なお、端面板6が金属製であれば、廃棄後も鉄スクラップやアルミニウムスクラップ等の金属スクラップ(金属原料)として再活用することができるが、端面板6は必ずしも金属製である必要はない。また、必ずしも半円形である必要性もなく、半円筒体5の開放した両側端面を被覆することさえできればどのような形状であっても良い。また、端面板6下縁と半円筒体5の端縁の間に隙間があれば水抜き孔2の代用とすることもできる。
【0029】
また、上記の説明では、高圧用金属製容器4から上下端部の上鏡部7と下鏡部8を切断除去した後、残った円筒状の直胴部9をその軸方向と平行に2分割して半円筒体5を得ると説明したが、先に2分割した後に、上鏡部7と下鏡部8に相当する部位を切断除去しても良いことは勿論である。
【0030】
図9に示す植物栽培用プランターAは、図8に示す植物栽培用プランターAを製作する際に切断除去した下鏡部8を利用して製作した植物栽培用プランターAであり、図10に示す植物栽培用プランターAは、図8に示す植物栽培用プランターAを製作する際に切断除去した上鏡部7を利用して製作した植物栽培用プランターAである。夫々の植物栽培用プランターAとも、直胴部9との嵌合溶接部は切断除去されている。
【0031】
なお、図8(a),(b)に示すような植物栽培用プランターAと、図9並びに図10に示す植物栽培用プランターAを1体の高圧用金属製容器4の廃品0から製作するとすれば、1体の高圧用金属製容器4の廃品から4体の植物栽培用プランターAを製作することができる。
【0032】
図11〜図14に示す植物栽培用プランターAは、今までに説明した3部制容器から製作した植物栽培用プランターAではなく、2部制容器から製作した植物栽培用プランターAである。特に3部制容器から製作した植物栽培用プランターAとは大差はないが、図11に示す植物栽培用プランターAと図14に示す植物栽培用プランターAは、図1や図8に示す直胴部9で形成された植物栽培用プランターAと異なり上鏡部7と下鏡部8で形成されており、プランター本体の表面の横方向中間部に上鏡部7と下鏡部8を嵌合溶接した部位が正面視で上下方向に線状に現れる。その他の点については3部制容器から製作した各種植物栽培用プランターAと略同様であるため詳細な説明は省略する。
【0033】
なお、金属製の植物栽培用プランターAは、プラスチック製、木製、陶磁器製、FRP製のものと比較して熱伝導率が高いため、夏の炎天下等では土壌温度が高温になる可能性がある。その対策として、植物栽培用プランターAの内壁面に適宜厚みの発砲スチロール等の断熱材を貼着しても良い。
【図面の簡単な説明】
【0034】
【図1】本発明の一実施形態の植物栽培用プランターに植物を植栽した状態を示すもので、(a)は正面図、(b)は側面図である。
【図2】同実施形態のプランター本体の切断前の状態を示すもので、(a)は正面図、(b)は側面図である。
【図3】同実施形態のプランター本体の切断後の状態を示すもので、(a)は正面図、(b)は側面図である。
【図4】同実施形態の完成状態を示すもので、(a)は正面図、(b)は側面図である。
【図5】本発明の異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図6】本発明の更に異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図7】本発明の更に異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図8】本発明の更に異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図9】本発明の更に異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図10】本発明の更に異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図11】2部制容器から製作した本発明の更に異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図12】2部制容器から製作した本発明の更に異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図13】2部制容器から製作した本発明の更に異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図14】2部制容器から製作した本発明の更に異なる実施形態の植物栽培用プランターを示す正面図である。
【図15】LPガスの2部制容器を示す正面図である。
【図16】LPガスの3部制容器を示す正面図である。
【符号の説明】
【0035】
A…植物栽培用プランター
1…プランター本体
2…水抜き孔
3…支持脚
4…高圧用金属製容器
5…半円筒体
6…端面板
7…上鏡部
8…下鏡部
【出願人】 【識別番号】506343852
【氏名又は名称】神鋼JFE機器株式会社
【出願日】 平成18年10月12日(2006.10.12)
【代理人】 【識別番号】100089196
【弁理士】
【氏名又は名称】梶 良之

【識別番号】100104226
【弁理士】
【氏名又は名称】須原 誠


【公開番号】 特開2008−92872(P2008−92872A)
【公開日】 平成20年4月24日(2008.4.24)
【出願番号】 特願2006−278957(P2006−278957)