トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 脱穀装置
【発明者】 【氏名】釘宮 啓

【要約】 【課題】フィードチェンで搬送される際の穀稈の穂先側の遅れを防止し、脱穀効率を向上させる脱穀装置の提供である。

【解決手段】フィードチェン14からの穀稈の供給口である扱口66aの扱胴69側にフィードチェン14により搬送される穀稈の株元側の下側に当接して穀稈の株元側を浮上させる支持部材78を、扱口66aの長手方向に沿って連続的に扱口66aの底面側から上方に突出させて設けることで、扱室66に搬送される穀稈の株元側を持ち上げて扱胴69へと向かわせて、むらなく穀稈の株元側まで扱歯69aの作用を連続的に及ぼすことができ、扱残りを低減できる。また、支持部材78を扱口66aの略全長にわたって設け、支持部材78と扱歯69aの回動軌跡との間隔を扱胴69の穀稈の搬送方向上手側に比べて穀稈の搬送方向下手側ほど小さくなるようにすれば、更に扱残りや4番穀粒の回収ロスを低減できる。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
穀桿の供給口である扱口(66a)を一方の側面に設け、穀稈から穀粒を分離処理するための扱歯(69a)を設けた扱胴(69)を軸架した扱室(66)と、
扱口(66a)に沿って扱胴(69)に穀稈を供給するフィードチェン(14)
を設けた脱穀装置において、
前記扱口(66a)における扱胴(69)側の部位に、フィードチェン(14)により搬送される穀稈の株元側の下側に当接して穀稈の株元側を浮上させる支持部材(78)を、穀稈の搬送方向に沿って連続的に扱口(66a)の底面側から上方に突出させて設けたことを特徴とする脱穀装置。
【請求項2】
前記支持部材(78)を扱口(66a)の略全長にわたって設けたことを特徴とする請求項1記載の脱穀装置。
【請求項3】
前記支持部材(78)と扱歯(69a)の回動軌跡との間隔が穀稈の搬送方向上手側に比べて穀稈の搬送方向下手側ほど小さくなるようにしたことを特徴とする請求項1又は2記載の脱穀装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、コンバイン等に搭載される脱穀装置に関する。
【背景技術】
【0002】
コンバインは穀稈の刈取装置と、脱穀装置と、脱穀後一時的に貯留するグレンタンクと、グレンタンクに貯留されている穀粒を排出するオーガなどから構成される。
脱穀装置の主脱穀部である扱室には、刈取装置で刈り取った穀稈がフィードチェンに搬送されながら挿入され、穀稈は扱室に軸架された扱胴の表面に多数設けられた扱歯と扱網との相互作用により脱穀される。穀稈から分離された被処理物(穀粒や藁くず)は扱網を通過して、選別室の揺動棚で受け止められ、二番穀粒(二番物という場合がある)や藁屑などを分離して穀粒のみをグレンタンクに搬送する。
【0003】
二番穀粒は扱室の側方に設けられた二番処理室に送られ二番処理胴により穀粒、枝梗粒などに分離され、再び揺動棚に落下して比重選別や送風選別されて穀粒、藁屑などに分離される。扱室で発生した藁くずなど短尺のものは排塵処理室に搬送され、排塵処理胴により処理される。
脱穀装置の中で最初に穀稈が挿入される扱室においては、被処理物が搬送されながら扱胴が回転することで穀稈の大部分が脱穀される。
【0004】
したがって、扱室における脱穀性能の向上を図るため、扱網(受け網)に弓形状の仕切り板を備えることでフィードチェンで搬送される穀稈の穂先部分が扱胴の側に接近して扱胴の扱ぎ作用を強く受けて脱穀を促進する構成が知られている。しかし、この構成では穀稈の穂先側が弓形上の仕切り板に接触することにより、穂先側が搬送方向上手側に遅れ株元側が先行して穀稈の穂先側に対する扱胴の扱ぎ作用が低下する。
【0005】
そこで、扱網の扱口側端部と扱口との間に穀稈の株元側を案内するガイド板を備え、更にガイド板の扱口側に隣接する位置にフィードチェンで搬送される穀稈の株元側に接触して穀稈を持ち上げる搬送補助部材を備え、この搬送補助部材は搬送方向上手側に穀稈を持ち上げるガイド部を形成している構成の脱穀装置が提案されている。
【特許文献1】特開2006−246719号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上記特許文献1記載の構成により、穀稈の株元側が搬送補助部材のガイド部に接触することにより搬送される際に持ち上げられ、搬送を抑制する方向への力が穀稈の穂先側と株元側とに対して同時に作用することになり穀稈の穂先側の遅れを抑制することでき、穀粒の脱穀効率は向上する。しかし、この搬送補助部材は平面視において穀稈の搬送方向に断続的に複数配置されている。したがって、搬送補助部材は断続的に穀稈を押し上げているだけであり、このような断続的な押し上げ作用では、穀粒の脱穀効率の向上は期待できない。
本発明の課題は、上記問題点を解決することであり、フィードチェンで搬送される際の穀稈の穂先側の遅れをより一層防止し、脱穀効率を向上させる脱穀装置の提供である。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題は次の解決手段により解決できる。
請求項1記載の発明は、穀桿の供給口である扱口(66a)を一方の側面に設け、穀稈から穀粒を分離処理するための扱歯(69a)を設けた扱胴(69)を軸架した扱室(66)と、扱口(66a)に沿って扱胴(69)に穀稈を供給するフィードチェン(14)を設けた脱穀装置において、前記扱口(66a)における扱胴(69)側の部位に、フィードチェン(14)により搬送される穀稈の株元側の下側に当接して穀稈の株元側を浮上させる支持部材(78)を、穀稈の搬送方向に沿って連続的に扱口(66a)の底面側から上方に突出させて設けた脱穀装置である。
【0008】
請求項1記載の発明によれば、穀稈の株元側を浮上させる支持部材(78)を、穀稈の搬送方向に沿って連続的に扱口(66a)の底面側から上方に突出させて設けたことで、搬送される穀稈の株元側は支持部材(78)に持ち上げられて扱胴(69)へと向かうので、むらなく穀稈の株元側まで扱歯の作用を連続的に及ぼすことができ、扱残りを低減できる。また穀稈を浮かすことができるので、例えば扱口(66a)下方にある網押さえなどと穀稈の間に空間部ができ、網押さえ上に扱落とされた穀粒が脱穀後の排藁にささり込みにくくなって、ささり粒などの4番穀粒の回収ロスが低減される。
【0009】
請求項2記載の発明は、前記支持部材(78)を扱口(66a)の略全長にわたって設けた請求項1記載の脱穀装置である。
請求項2記載の発明によれば、請求項1記載の発明の作用に加えて、扱室(66)を通過する穀稈のほぼ全域で、支持部材(78)による穀稈の株元側を浮上させる作用をもたらすことができる。
【0010】
したがって、扱室(66)の前方部では搬送される穀稈の姿勢の乱れを修正し、脱穀作用を受ける穀稈の姿勢が良くなって、穂切れや穀稈の葉部が多いことによる切れ藁発生の増加(穀稈の葉部が多いと扱歯の抵抗を受けて穀稈が引きちぎれやすくなる。)や穀粒の選別の悪化を防止できる。また、扱室(66)の中間部では、支持部材(78)により穀稈を持ち上げることで扱網などの受け網の目合いが穀稈によって塞がれにくくなり、この受け網からの穀粒や枝梗付着粒等の濾過が良好となり、3番穀粒や4番穀粒の回収ロスが低減される。また、扱室(66)の後方部では、扱残りや4番穀粒の回収ロスを低減でき、上述のように受け網からの濾過が促進されることによって排塵処理胴(71)へ送塵される被処理物の詰まりが少なくなって良好に送塵できる。
【0011】
一方、例えば網押さえ部(77)を扱室(66)の前方から後方に向かうにつれて斜め上がり状に配置し、穀稈の搬送方向後方側でも、充分株元側まで作用が及ぶようにしている場合が多い。このような場合に、扱室(66)の穀稈の搬送方向前方部は穀稈のボリュームが大きいため支持部材(78)と扱歯の回動軌跡との間隔が穀稈の搬送方向前方に比べて穀稈の搬送方向後方ほど小さくなるように支持部材(78)を設置すれば、穀稈の搬送方向前方の支持部材(78)と扱歯(69a)の回動軌跡との隙間を大きくできるので、穀稈の搬送に支障をきたしたり、扱歯(69a)の作用で穀稈の株元側から折れたり切れたりする等の不具合が生じない。そして、扱室(66)後方部においては、ほぼ脱粒が完了していることから、穀稈の搬送方向下手側の支持部材(78)と扱歯(69a)の回動軌跡との隙間を小さくすることで充分に穀稈の株元側から扱歯を作用させることができ、扱残りや4番穀粒の回収ロスを低減できる。
【0012】
請求項3記載の発明は、前記支持部材(78)と扱歯(69a)の回動軌跡との間隔が穀稈の搬送方向上手側に比べて穀稈の搬送方向下手側ほど小さくなるようにした請求項1又は2記載の脱穀装置である。
請求項3記載の発明によれば、扱室(66)の後方側でも株元側まで扱歯(69a)が当たって脱穀が良好に行われる。したがって、上記請求項1又は2記載の発明の作用に加えて、扱室(66)内の前方(被処理物の搬送方向始端部側)から後方にわたって扱網からの濾過が効率良く行われるので、扱室(66)内の濾過効率が高まり、3番、4番穀粒の回収ロスの低減効果が高まる。
【発明の効果】
【0013】
請求項1記載の発明によれば、穀稈の株元側を浮上させる支持部材78を、扱口66aの長手方向に沿って連続的に扱口66aの底面側から上方に突出させて設けたことで、扱口66に沿って搬送される穀稈の株元側は支持部材78に持ち上げられて扱胴69へと向かうので、むらなく穀稈の株元側まで扱歯69aの作用を連続的に及ぼすことができ、扱残りを低減でき、また穀稈を浮かすことができるので、網押さえ上に扱落とされた穀粒が藁にささり込みにくくなって、ささり粒などの4番穀粒の回収ロスが少なくなり、収穫効率を向上させることができる。
【0014】
請求項2記載の発明によれば、請求項1記載の発明の効果に加えて、扱室66を通過する穀稈のほぼ全域で、支持部材78による穀稈の株元側を浮上させる作用をもたらすことができ、収穫効率を従来より向上させることができる。
【0015】
請求項3記載の発明によれば、上記請求項1又は2記載の発明の効果に加えて、扱室66の後方側でも株元側まで扱歯69aが当たって脱穀が良好に行われ、扱室66内の前方(被処理物の搬送方向始端部側)から後方にわたって扱網からの濾過が効率良く行われるので、扱室66内の濾過効率が高まり、3番、4番穀粒の回収ロスの低減効果が高まる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0016】
図1には本発明の実施の形態の穀類の収穫作業を行うコンバインの左側面図を示し、図2には図1のコンバインの平面図を示し、図3には図1のコンバインの脱穀装置の一部切り欠き側面断面図を示し、図4には図1のコンバインの仕切り板付近の脱穀装置の一部平面断面図を示し、図5には図1のコンバインの櫛状板体付近の脱穀装置の一部平面断面図を示す。
なお、本実施の形態ではコンバインの前進方向に向かって前側と後側をそれぞれ前、後といい、左側と右側をそれぞれ左、右ということにする。
【0017】
図1ないし図2に示すコンバイン1の走行フレーム2の下部には、ゴムなどの可撓性材料を素材として無端帯状に成型した左右一対のクローラ4を持ち、乾田はもちろんのこと、湿田においてもクローラ4が若干沈下するだけで自由に走行できる構成の走行装置3を備え、走行フレーム2の前部には刈取装置6を搭載し、走行フレーム2の上部には図示しないエンジンならびに脱穀装置15、操縦席20およびグレンタンク30を搭載する。
【0018】
刈取装置6は、図示しない刈取昇降シリンダの伸縮作用により刈取装置6全体を昇降して、圃場に植生する穀稈を所定の高さで刈取りができる構成としている。刈取装置6の前端下部に分草具7を、その背後に傾斜状にした穀稈引起し装置8を、その後方底部には刈刃(図示せず)を配置している。刈刃と脱穀装置15のフィードチェン14の始端部との間に、図示しない前部搬送装置、扱深さ調節装置、供給搬送装置などを順次穀稈の受継搬送と扱深さ調節とができるように配置している。
【0019】
コンバイン1の刈取装置6の作動は次のように行われる。まず、エンジン(図示せず)を始動して変速用、操向用などの操作レバーをコンバイン1が前進するように操作し、刈取・脱穀クラッチ(図示せず)を入り操作して機体の回転各部を伝動しながら、走行フレーム2を前進走行させると、刈取、脱穀作業が開始される。圃場に植立する穀稈は、刈取装置6の前端下部にある分草具7によって分草作用を受け、次いで穀稈引起し装置8の引起し作用によって倒伏状態にあれば直立状態に引起こされ、穀稈の株元が刈刃に達して刈取られ、前部搬送装置に掻込まれて後方に搬送され、扱深さ調節装置、供給搬送装置に受け継がれて順次連続状態で後部上方に搬送される。
【0020】
穀稈は供給搬送装置からフィードチェン14の始端部に受け継がれ、扱室66の側面にフィードチェン14に沿って設けられた扱口66a(図8)から脱穀装置15に供給される。脱穀装置15は、上側に扱胴69を軸架した扱室66を配置し、扱室66の下側に選別部50を一体的に設け、供給された刈取穀稈を脱穀、選別する。
【0021】
脱穀装置15に供給された穀稈は、後で詳細に説明するが、主脱穀部である扱室66に挿入され、扱室66に軸架され回転する扱胴69の多数の扱歯69aと、フィードチェン14による移送と、網押さえ77により固定された扱網74との相互作用により脱穀され、被処理物(穀粒や藁くず)は脱穀装置15内の選別部50の揺動棚51で受け止められ、上下前後方向に揺動する揺動棚51上を移動しながら、唐箕79からの送風を受けて風力選別され、比重の重い穀粒はシーブ53および選別網63を通過し、一番螺旋65から、搬送螺旋(図示せず)を内蔵している一番揚穀筒73を経てグレンタンク30へ搬送され、グレンタンク30に一時貯留される。一番揚穀筒73の長手方向の軸芯上にグレンタンク30の籾排出口を設けている。また、脱穀装置15の側壁には唐箕79への風を取り入れるための風取入口80(図10)が設けられている。
【0022】
脱穀装置15の扱室66の終端に到達した脱穀された残りの穀稈で長尺のままのものは、排藁チェーン92および排藁穂先チェーン(図示せず)に挟持されて搬送され、脱穀装置15の後部の排藁カッター93a、93bに投入されて切断され、圃場に放出される。
【0023】
グレンタンク30内の底部に穀粒移送用のグレンタンク螺旋(図示せず)を設け、グレンタンク螺旋を駆動する螺旋駆動軸(図示せず)に縦オーガ18および横オーガ19からなる排出オーガを連接し、グレンタンク30内に貯留した穀粒を排出オーガ排出口からコンバイン1の外部に排出する。グレンタンク螺旋、縦オーガ螺旋(図示せず)および横オーガ螺旋(図示せず)は、エンジンの動力の伝動を受けて回転駆動され、それぞれの螺旋羽根のスクリュウコンベヤ作用により貯留穀粒を搬送する。
【0024】
刈取装置6で刈り取った穀稈は刈取装置6に装着された穀稈搬送、調節装置で扱深さが調節され、脱穀装置15の主脱穀部である扱室66内に挿入される。扱室66に軸架された扱胴69は、その表面に多数の扱歯69aが設けられており、エンジンからの動力が扱胴・処理胴駆動ギアケース25(図7)へと伝動されて、扱胴69の入力プーリ69bが回転することで図4の矢印B方向に回転する。扱室66に挿入された穀粒の付いた穀稈は、移動するフィードチェン14とフィードチェン挟扼杆12(図3)との間に挟扼され、図4の矢印A方向に移送されながら、矢印B方向に回転する扱胴69の扱歯69aと扱網74との相互作用により脱穀される。穀稈から分離された被処理物(穀粒や藁くず)は扱網74を矢印C1方向(図8)に通過して、揺動棚51で受け止められる。
【0025】
揺動棚51は扱室66の扱網74の下方に配置した移送棚とその後方に配置した上方のシーブ53とその下方の選別網63と最後端部に配置したストローラック62から構成されている。そして揺動棚51には複数個の三角形状の選別板51aを備えており、揺動棚51はシーブ53の前方に配置されている。そして揺動棚51は後述する二番処理室67の下方に配置して二番処理物を受け止め得る構成になっている。
【0026】
扱網74(図3)の前方の領域で漏下する脱穀初期に脱粒した穀粒は単粒であり夾雑物も含んでいないのでシーブ53上で粗選別する必要が無く、直接選別網63で後述する唐箕79からの送風により風選することができ、シーブ53の負荷を軽くし、能率的な脱穀が可能となる。
【0027】
また、揺動棚51は揺動棚駆動軸51b(図7)などの揺動棚駆動機構の作動により上下前後方向に揺動するので、被処理物は矢印D方向(図3)に移動しながら、揺動棚51上に漏下した比重の重い穀粒は選別網63を矢印E方向に通過し、一番棚板64で集積され、一番螺旋65から一番揚穀筒73を経てグレンタンク30へ搬送される。グレンタンク30に貯留された穀粒は、オーガ18、19を経由してコンバイン1の外部へ搬送される。
【0028】
揺動棚51の上の被処理物のうち軽量のものは、揺動棚51の揺動作用と唐箕79のファン79aによる送風に吹き飛ばされて揺動棚51からシーブ53に向けて矢印D方向に移動し、ストローラック62の上で大きさの小さい二番穀粒は矢印G方向に漏下して二番棚板85に集められ、二番螺旋86で二番揚穀筒87(図8)へ搬送される。
【0029】
二番穀粒(二番物ということがある)は、正常な穀粒、枝梗粒、藁くずおよび藁くずの中に正常な穀粒が刺さっているササリ粒などの混合物であり、二番揚穀筒87の中を二番揚穀筒螺旋87a(図8)により揚送されて、二番処理室67入口から二番処理室67の上方へ放出される。二番処理室67の下部に軸架する二番処理胴70は扱胴・処理胴駆動ギアケース25(図7)などの伝動装置により矢印J方向(図4)に回転する。二番穀粒は二番処理胴70に植設してある多数の処理歯70aに衝突しながら矢印I方向(図4)に進行する間に二番穀粒の分離と枝梗粒の枝梗の除去を行い、被処理物の一部は二番処理胴70の下方に設けられた二番処理胴受樋75(図8)を通り抜けて選別室50に漏下し、被処理物の大部分は揺動棚51からシーブ53方向に送られ、穀粒はシーブ53と選別網63を通り、一番螺旋65に集められる。
このように二番物を揺動棚51上に回収してシーブ53による再処理をすることにより、穀粒と藁くずとの分離が良好になる。
【0030】
また、扱室66を図4の矢印A方向に進行し、フィードチェン14によって搬送されながら扱室66の終端に到達した穀稈で長尺のままのものは、排藁チェーン92に引き継がれて図4に示す矢印A1方向に搬送され、排藁処理室95に投入される。
【0031】
また、扱室66の被処理物搬送方向終端部に到達した被処理物の中で、藁くずなど短尺のものは、排塵処理室入口68aから矢印A2(図4)方向に投入されて、扱室66からの取り込みを良好にする螺旋71bの作用により排塵処理室68に入り、排塵処理室68では回転する排塵処理胴71の処理歯71aにより矢印K方向(図3、図4)に搬送されながら処理される。なお、排塵処理胴71の上手側に螺旋71bが設けられ、排塵処理胴71の下手側に処理歯71aが設けられている。
【0032】
排塵処理室68に入った少量の穀粒を含む藁くずを主体とする被処理物の中の漏下物(穀粒)は受け網76(図3)から揺動棚51上に漏下し、揺動棚51に設けられたストローラック62に誘導されて二番棚板85から二番揚穀筒87を経由して二番処理室67に送られる。
なお、同軸上にある二番処理胴70と排塵処理胴71の駆動はエンジンから駆動力をプーリを介して行われる。
【0033】
図3に示すように、脱穀装置15の後部に横断流ファン91を設け、排塵処理室68を含む脱穀装置15内で発生する排塵のうち、比重の軽い藁くず、枝梗および塵埃を含む空気を横断流ファン91の回転による送風で吸引し、横断流ファン出口から矢印L方向へ吹き出して、コンバイン1の外部へ放出する。
【0034】
排塵処理室68から揺動棚51の終端部に矢印M(図3)のように落ちた排塵のうち二番穀粒、3番穀粒など小径で比重の重いものは、揺動棚51の終端部のストローラック62あるいはシーブ53を矢印G方向へ通過して二番棚板85に漏下し、再び二番処理室67において処理される。
【0035】
また、図6には図1のコンバインの伝動構成を示した左側面図を示し、図7には図1のコンバインの脱穀装置の伝動構成を示した正面図を示す。
エンジンからの動力は、エンジンプーリ(図示せず)からHST(図示せず)と変速装置(主変速装置と副変速装置とデフ装置などを備えている)(図示せず)を経由してクローラ4の左右の車軸を駆動する。また、図6に示すように、エンジンからの動力は唐箕79の回転軸である駆動軸31を回転駆動させてファン79aを作動させる。更に駆動軸31に設けられたプーリ33に伝達された駆動力は一番螺旋65の回転軸65aに設けられたプーリ35へと伝えられる。そして、プーリ35からは更に二番螺旋86の回転軸86aに設けられた二番プーリ39に駆動力が伝達される。
【0036】
また二番プーリ39の下手側のプーリ111にエンジンの動力が伝達されて横断流ファン91が回転駆動する。また、排藁カッター93a、93b(図4)には、横断流ファン91を駆動するプーリ111を始めとするカウンタ部112から、カウンタ入力プーリ113を介して動力が入力されて駆動される。さらにエンジンからの動力は、エンジンプーリから脱穀装置入力プーリ32を介して扱胴・処理胴駆動ギアケース25から扱胴69や二番処理胴70及び排塵処理胴71に伝達される。また、排藁カッター93a、93bに排藁を搬送する排藁チェーン92(図4)は扱胴69の駆動系から動力が伝達される。
【0037】
図8には図3のZ−Z線矢視の脱穀装置15の立面断面図を示し、図9には図3のT−T線矢視の脱穀装置15の立面断面図を示す。また、図10には図1のコンバインの脱穀装置15の扱胴69付近の構造を示した概略斜視図を示す。
図3から図10に示すように、被処理物が扱室66の外に洩れないようにするために、扱胴69の側方で、扱室66内へフィードチェン14から搬入される被処理物の供給口である扱口66a(図8)の近傍に、開閉自在の扱胴カバー102に取り付けられた抵抗板81が扱胴69の軸方向と平行に設けられている。なお、扱室66は、前後を前板97と後板98で囲まれており、また、中板96は、図10に示すように、扱胴69の軸心方向と直交する方向で配置しており、前記扱網74(図3)の搬送方向終端部側を支えている板である。
【0038】
そして、本実施形態によれば、扱口66aのフィードチェン14側とは反対側の扱胴69側にフィードチェン14により搬送される穀稈の株元側の下側に当接して穀稈の株元側を浮上させる棒状体の支持部材78を、扱口66aの長手方向に沿って連続的に扱口66aの底面から上方に突出させて設けている。すなわち、図8及び図9に示すように、扱室66のフィードチェン14と扱網74の間の網押さえ77上に前後方向に対してフィードチェン14と平行に突起状の支持部材78を設け、扱室66を通過する穀稈を下方より持ち上げるようにした構成である。
【0039】
本構成を採用することにより、扱室66に搬送される穀稈の株元側は支持部材78に持ち上げられて扱胴69へと向かうので、むらなく穀稈の株元側まで扱歯69aの作用を連続的に及ぼすことができ、扱残りを低減できる。また穀稈を浮かすことができるので例えば扱口66a下方にある網押さえ77と穀稈の間に空間部S(図8に示す点線で囲んだ部分)ができるため、網押さえ77上に扱落とされた穀粒が藁にささり込みにくくなって、ささり粒などの4番穀粒の回収ロスが低減される。
【0040】
そして、突起体の支持部材78を扱室66のほぼ全長(例えば図3の前板97から後板98まで)にわたって設けると良い。すなわち、扱胴69の扱網74付近から排塵処理胴71の連通口101(図4)付近まで設けると良い。本構成を採用することにより、扱室66を通過する穀稈のほぼ全域に支持部材78の作用をもたらすことが可能となる。
【0041】
扱室66の前方部では搬送される穀稈の姿勢の乱れを修正し、脱穀作用を受ける穀稈の姿勢が良くなって、穂切れや穀稈の葉部が多いことによる切れ藁発生の増加や穀粒の選別の悪化を防止できる。また、扱室66の中間部では、支持部材78により穀稈を持ち上げることで扱網74などの受け網の目合いが穀稈によって塞がれにくくなり、この受け網からの穀粒や枝梗付着粒等の濾過が良好となり、3番穀粒や4番穀粒の回収ロスが低減される。また、扱室66の後方部では、扱残りや4番穀粒の回収ロスを低減でき、上述のように受け網からの濾過が促進されることによって排塵処理胴71へ送塵される被処理物の詰まりが少なくなって良好に送塵できる。
【0042】
また、図3に示すように、突起体の支持部材78を網押さえ77上に沿って設け、側面視において、扱室66内の被処理物の搬送方向後方ほど高くなるように斜め上がりにして配置する。このように支持部材78を斜め上がりに配置すると支持部材78と扱歯69aの隙間は扱室66の後方に向かうほど狭くなるので、扱室66の後方側でも株元側まで扱歯69aが当たって脱穀が良好に行われる。
【0043】
通常、網押さえ77は扱室66の前方から後方に向かうにつれて斜め上がりとし、穀稈の搬送方向後方側でも、充分株元側まで作用が及ぶようにしている場合が多い。このような場合に、扱室66の穀稈の搬送方向前方部は穀稈のボリュームが大きいため支持部材78と扱歯69aの回動軌跡との間隔が穀稈の搬送方向前方に比べて穀稈の搬送方向後方ほど小さくなるように支持部材78を設置すれば、穀稈の搬送方向前方の支持部材78と扱歯69aの回動軌跡との隙間を大きくできるので、穀稈の搬送に支障をきたしたり、扱歯69aの作用で穀稈の株元側から折れたり切れたりする等の不具合が生じない。そして、扱室66後方部においては、ほぼ脱粒が完了していることから、穀稈の搬送方向前方の支持部材78と扱歯69aの回動軌跡との隙間を小さくすることで充分に穀稈の株元側から扱歯を作用させることができ、扱残りや4番穀粒の回収ロスを低減できる。
【0044】
すなわち、本構成を採用することにより、このように扱室66内の前方(被処理物の搬送方向始端部側)から後方にわたって扱網74からの濾過が効率良く行われるので、扱室66内の濾過効率が高まり、3番、4番穀粒の回収ロスの低減効果が高まる。
【0045】
また、図8に示すように、突起体の支持部材78の下方の網押さえ77上に、扱胴69の回転方向に沿って仕切体83を設けても良い。
網押さえ77上に仕切体83を設置すると、仕切体83は扱胴69の穀稈の搬送方向後方に送塵される処理物の流れを止め、扱網74の濾過を促進し、また、搬送される穀稈を持ち上げる作用がある。一方、少量の穀稈や軟弱な穀稈などは仕切体83に当たって折れやすく、切れて穂切れ粒や藁塵などの発生量が増加したり、あるいは扱歯69aに当たらずに扱残りになりやすいという問題もある。またフィードチェン14の速度が増加するにつれて、このような傾向が大きくなる。図3及び図4に示す例では、仕切体83を2個に設けているが、特に個数の限定はない。
【0046】
本構成によれば、網押さえ77上の仕切体83よりも上方の株元側に支持部材78を設置しているので、穀稈は支持部材78により持ち上げられるため、仕切体83は穀稈の搬送に対して過度の抵抗とはならないのでこのような不具合が起こりにくい。
【0047】
また、フィードチェン14上の挟扼杆12の扱室66内側の面12aを外側の面12bに対して切り上げても良い。図8によれば、挟扼杆12の扱室66内側の面12aの高さが外側の面12bの高さよりもαだけ高い構成である。突起体の支持部材78により搬送穀稈の株元を支え上げているが、挟扼杆12の内側の面12aを外側の面12bよりも切り上げることで、穀稈をこの挟扼杆12の下端縁とフィードチェン14とで挟持することによって急激に折り曲げることなく自然な姿勢で穂先側を扱胴に向かわせることができる。
【0048】
また、図8に示すように、網押さえ77上の突起体の支持部材78と扱胴カバー102側の抵抗板81は平面視で重なるように左右位置をほぼ同じにして設置すると良い。本構成を採用することにより、穀稈の搬送通路幅にあたる抵抗板81と支持部材78との間で扱口66aの入り口の間隔を狭めて扱室66の内部から網押さえ77上を伝って扱口66aから外方に吹き出そうとする藁塵や乱反射した穀粒を支持部材78により止めることが可能になり、挟扼杆12の扱室66内側の面を切り上げても、フィードチェン14上に乗るいわゆる「連れ出し」(扱口66aから外方へ吹き出した穀粒等がフィードチェン14によって搬送される穀稈の株元側に載って後方へ排出されてしまう現象)を防止できる。
【0049】
更に、突起体の支持部材78の上方の扱胴カバー102側に固定された抵抗板81の内側に、櫛状板体82を設けても良い。
櫛状板体82は、抵抗板81と扱胴69の間に、被処理物を扱室66内方へ案内するため、抵抗板81と平行に配置している。更に、図3や図5に示すように、櫛状板体82は、扱胴69の被処理物の搬送方向の始端部から扱胴69のほぼ中央部にかけては、搬送方向と直交する方向から見て扱歯69aと重なる櫛歯状部と、扱胴69のほぼ中央部後方から被処理物の搬送方向終端部にかけては搬送方向と直交する方向から見て扱歯69aと重ならない平面部とを有した構成である。
【0050】
図8では、櫛状板体82が扱胴69の被処理物の搬送方向の始端部から扱胴69の中央部後方にかけて扱歯69aと重なっている状態を示し、図9では扱胴69の中央部後方から被処理物の搬送方向終端部にかけては扱歯69aと重なっていない状態を示している。 抵抗板81の内側に櫛状板体82を設置することで扱室66内の被処理物を扱室66内方に導き、株元にささり込む穀粒を低減すると共に、図10に示すように、櫛状板体82を、前板97と後板98を連結した連結フレーム100上に設けることでフレーム構成が強固となり櫛状板体82の取付も安定する。また、櫛状板体82のフィードチェン14の設置部の反対側には長稈を短く切断するための切刃72(図5、図8、図11)を設けている。
【0051】
支持部材78により穀稈を持ち上げて扱胴69側に向かわせて扱歯69aの作用を受けさせると共に、扱胴69に連れ回った扱胴69の上方からの処理物は櫛状板体82により扱室66の内側に押し込まれるようになるが、穀稈の株元を支持部材78により浮かせることで、再び扱落とされた穀粒が藁にささり込みにくく、ささり粒などの4番穀粒の発生を防止できる。
【0052】
また、図11には、図3の脱穀装置15の支持部材78を変えた場合の図8の変形図を示す。
例えば図11に示すように、突起体の支持部材78を複数個並列に設置しても良い。そして、扱胴69に接近した支持部材78aと株元側の支持部材78bの双方で穀稈を支持することにより穀稈を持ち上げやすくなり、扱残りの粒やささり粒などの4番穀粒の除去が良好となる。また、網押さえ77も支持部材78により同時に支持されるため、より強固な構成となる。
【0053】
また、図12には図3の脱穀装置15の支持部材78を変えた場合の支持部材78の断面図を示す。
そして、支持部材78は棒状体ではなく、図12に示すように、プレス成形により網押さえ77と一体的に成形しても良い。図12には突起体の支持部材78を複数個並列に成形した場合を示すが、単数個のみ成形しても良い。支持部材78と網押さえ77をそれぞれ別々に製造する場合と比べて全体的に軽くなり、網押さえ77の歪みに対する強度も大きくなる。更にプレスのスプリングバック(材料を曲げ加工したとき、工具を離すと、材料に施した変形が若干もとに戻る現象。)を防止できる。
【産業上の利用可能性】
【0054】
本発明の脱穀装置はコンバインなどの収穫した穀粒の処理装置に利用できる。
【図面の簡単な説明】
【0055】
【図1】本発明の実施の形態の穀類の収穫作業を行うコンバインの左側面図である。
【図2】図1のコンバインの平面図である。
【図3】図1のコンバインの脱穀装置の一部切り欠き側面断面図である。
【図4】図1のコンバインの仕切り板付近の脱穀装置の一部平面断面図である。
【図5】図1のコンバインの櫛状板体付近の脱穀装置の一部平面断面図である。
【図6】図1のコンバインの伝動構成を示した左側面図である。
【図7】図1のコンバインの脱穀装置の伝動構成を示した正面図である。
【図8】図3のZ−Z線矢視の脱穀装置の立面断面図である。
【図9】図3のT−T線矢視の脱穀装置の立面断面図である。
【図10】図1のコンバインの脱穀装置の扱胴付近の構造を示した概略斜視図である。
【図11】図3の脱穀装置の支持部材を変えた場合の図8の変形図である。
【図12】図3の脱穀装置の支持部材を変えた場合の支持部材の断面図である。
【符号の説明】
【0056】
1 コンバイン 2 走行フレーム
3 走行装置 4 クローラ
6 刈取装置 7 分草具
8 穀稈引き起こし装置 12 フィードチェン挟扼杆
14 フィードチェン 15 脱穀装置
18 縦オーガ 19 横オーガ
20 操縦席 25 扱胴・処理胴駆動ギアケース
30 グレンタンク 31 駆動軸
32 脱穀装置入力プーリ 33 プーリ
35 プーリ 39 二番プーリ
50 選別部 51 揺動棚
51a 選別板 51b 揺動棚駆動軸
53 シーブ 62 ストローラック
63 選別網 64 一番棚板
65 一番螺旋 65a 回転軸
66 扱室 66a 扱口
67 二番処理室 68 排塵処理室
68a 排塵処理室入口 69 扱胴
69a 扱歯 69b 入力プーリ
70 二番処理胴 70a 処理歯
71 排塵処理胴 71a 処理歯
71b 螺旋 72 切刃
73 一番揚穀筒 74 扱網
75 二番処理胴受樋 76 受け網
77 網押さえ 78 支持部材
79 唐箕 79a 唐箕ファン
80 風取入口 81 抵抗板
82 櫛状板体 83 仕切体
85 二番棚板 86 二番螺旋
86a 回転軸 87 二番揚穀筒
87a 二番揚穀筒螺旋 91 横断流ファン
92 排藁チェーン 93a、93b 排藁カッター
95 排藁処理室 96 中板
97 前板 98 後板
100 連結フレーム 101 連通口
102 扱胴カバー 111 プーリ
112 カウンタ部 113 カウンタ入力プーリ
【出願人】 【識別番号】000000125
【氏名又は名称】井関農機株式会社
【出願日】 平成18年12月28日(2006.12.28)
【代理人】 【識別番号】100096541
【弁理士】
【氏名又は名称】松永 孝義

【識別番号】100133318
【弁理士】
【氏名又は名称】飯塚 向日子


【公開番号】 特開2008−161110(P2008−161110A)
【公開日】 平成20年7月17日(2008.7.17)
【出願番号】 特願2006−354121(P2006−354121)