トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 コンバイン
【発明者】 【氏名】里路 久幸

【氏名】泉 浩二

【氏名】十亀 治光

【氏名】岡崎 秀範

【要約】 【課題】伸縮機構の付加により比較的遠くまで排出位置調節を可能とするとともに、構成の複雑化を招くことなく、排出オーガ装置の収納の際の誤操作を確実に防止することができるコンバインを提供する。

【構成】折曲収納式排出オーガ装置は、収穫穀粒を貯留するグレンタンク(C)から機体外側方に傾倒可能に軸支した傾倒オーガ(2)と、その排出端に折りたたみ収納用の折曲機構(3)を介して連通する折曲オーガ(4)とから構成され、上記折曲オーガ(4)にはその全長調節用の伸縮機構(5)を設けるとともに、その伸長時に折曲機構(3)の折りたたみ動作を規制する牽制手段(5r)を備えるものである。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
収穫穀粒を貯留するグレンタンク(C)から機体外側方に傾倒可能に軸支した傾倒オーガ(2)と、その排出端に折りたたみ収納用の折曲機構(3)を介して連通する折曲オーガ(4)とから折曲収納式排出オーガ装置を構成し、、
上記折曲オーガ(4)にはその全長調節用の伸縮機構(5)を設けるとともに、その伸長時に折曲機構(3)の折りたたみ動作を規制する牽制手段(5r)を備えることを特徴とするコンバイン。
【請求項2】
前記牽制手段は、折曲機構を展開状態に保持するロックアーム(3d)と、このロックアーム(3d)を伸縮機構(5)の縮小動作によって解除するロック解除部材(5r)とによって構成してなることを特徴とする請求項1記載のコンバイン。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、穀粒排出手段を備えたコンバインに関するものである。
【背景技術】
【0002】
特許文献1(図1,2)、特許文献2(図4,5)等に示されるように、コンバインの折曲収納式排出オーガ装置は、グレンタンクから機体外側方に傾倒可能に軸支した傾倒オーガと、その排出端に折りたたみ収納用の折曲機構を介して連通する折曲オーガとから構成され、グレンタンクから穀粒を排出する際は、傾倒オーガを機体外側方に傾倒し、その排出端で連通する折曲オーガを折曲機構により展開することにより機体側方に穀粒を排出することができ、また、機体移動時は、折曲オーガを折りたたんで機体にコンパクトに収納することができる。
【特許文献1】特開2004−180513号公報
【特許文献2】特開2006−149321号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、上記構成の排出オーガ装置は、その届く距離までコンバイン本体を近づける必要があるのみならず、展開した排出オーガ装置を排出位置に合わせるためには機体を移動させるという煩わしい操作が避けられないので、伸縮機構を付加することによって解決を図るためには、同伸縮機構を伸長したまま排出オーガ装置を収納することによる不測の事態、すなわち、過大な操作負荷、折曲オーガの機体からの張出しによる干渉、過大な支持負荷による耐久性の低下等の不測の事態を回避する必要から、伸縮機構の動作に応じて折りたたみ駆動制御をすることによって排出オーガ装置を収納する際の誤操作を確実に防止する必要がある。
このように、伸縮機構を付加するためには、その誤操作防止のために構成の複雑化が避けられないことから、簡易な構成の折曲収納式排出オーガ装置の利点が損なわれることとなる。
【0004】
本発明の目的は、伸縮機構の付加によって比較的遠くまでの範囲で排出位置調節を可能とするとともに、構成の複雑化を招くことなく、排出オーガ装置の収納の際の誤操作を確実に防止することができる折曲収納式排出オーガ装置を備えたコンバインを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
請求項1に係る発明は、収穫穀粒を貯留するグレンタンクから機体外側方に傾倒可能に軸支した傾倒オーガと、その排出端に折りたたみ収納用の折曲機構を介して連通する折曲オーガとから折曲収納式排出オーガ装置を構成し、上記折曲オーガにはその全長調節用の伸縮機構を設けるとともに、その伸長時に折曲機構の折りたたみ動作を規制する牽制手段を備えることを特徴とする。
【0006】
上記構成により、グレンタンクから穀粒を排出する際は、傾倒オーガを機体外側方に傾倒し、その排出端で連通する折曲オーガを折曲機構により展開し、次いで伸縮機構により位置合わせして穀粒排出が可能となり、その伸縮機構によって全長を伸長した時は牽制手段により折曲機構の折りたたみが規制される。
【0007】
請求項2に係る発明は、請求項1の構成において、前記牽制手段は、折曲機構を展開状態に保持するロックアームと、このロックアームを伸縮機構5の縮小動作によって解除するロック解除部材とによって構成してなることを特徴とする。上記ロックアームにより折曲機構が展開状態に保持されることによって折りたたみ動作が規制され、また、ロックアームは、伸縮機構の縮小動作に伴うロック解除部材により解除される。
【発明の効果】
【0008】
請求項1の構成のコンバインにおいて、排出オーガ装置は、伸縮機構の伸長調節により比較的長い距離について全長調節できるので、離れた位置まで容易に排出位置合わせして穀粒を排出できるとともに、伸縮機構を伸長したままでは牽制手段により折曲オーガの折りたたみができないことから、折曲機構の誤操作防止のための複雑な構成、すなわち、伸縮機構の動作に応じた折曲機構の展開駆動を要することなく、排出オーガ装置を収納する際の誤操作を確実に防止することができる。その結果、伸縮機構を伸長したまま排出オーガ装置を収納することによる不測の事態、例えば、過大な操作負荷、折曲オーガの機体からの張出しによる干渉、過大な支持負荷による耐久性の低下等を確実に防止することができる。
【0009】
請求項2の構成の排出オーガ装置は、ロックアームとロック解除部材とからなる簡易な構成によって折曲機構の確実な牽制が可能となる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0010】
上記技術思想に基づいて具体的に構成された実施の形態について以下に図面を参照しつつ説明する。
本発明の排出オーガ装置の適用対象となるコンバインは、例えば、機体側面図を図1に示すように、圃場から穀稈を刈取る刈取部A、刈取った穀稈を受けて脱穀選別する脱穀部B、脱穀選別された穀粒を貯留するグレンタンクによる収容部C、貯留された穀粒を機外に排出する排出オーガ装置による排出部D等の作業機と、走行手段である左右のクローラE,Eと、作業機稼動および機体走行を操作するための操縦部F等を備える。また、機体内には、コンバインの原動機であるエンジンとその制御装置、上記クローラE,Eの動力を伝動制御する走行伝動装置等を備える。
【0011】
上記排出部Dは、具体的には、案内筒内に移送螺旋を軸支してなる排出オーガ装置により構成される。
第1の構成例として説明する排出オーガ装置1は、グレンタンクCの後部位置から機体外側方に傾倒可能に軸支した傾倒オーガ2と、その排出端に折りたたみ収納するための折曲機構3を介して連通する折曲オーガ4とから折曲収納式に構成し、同折曲オーガ4には、全長調節用の伸縮機構5と伸縮固定手段5a、先端の排出方向調節用の排出筒6等を備える。
【0012】
詳細には、上記傾倒オーガ2は、グレンタンクCの底部からその後方に延出する移送オーガ2cと直角に連通し、その軸線を中心に回動可能に軸支することにより、収納状態の直立姿勢から機体外側方に張出した傾倒姿勢までの範囲を傾倒可能に構成する。
【0013】
F2/折りたたみ牽制
上記折曲機構3は、接続時の拡大正面図(a)およびその側面図(b)をそれぞれ図2に示すように、傾倒オーガ2および折曲オーガ4のそれぞれの端部に対向して取付けた接続座3a,3bを支軸3cによって開閉可能に連結する。これら両接続座3a,3bの間には、両者を回動接続した場合に両者間を拘束保持するフック状のロックアーム3dを回動可能に付勢軸支するとともに、同ロックアーム3dをその解除位置まで戻すように回動して両接続座3a,3bの拘束を解除するための解除アーム3eを同ロックアーム3dと一体に形成する。
【0014】
上記伸縮機構5には、その伸縮動作と対応して進退するロッド(ロック解除部材)5rを設け、このロッド5rは伸縮機構5の最縮小時に上記解除アーム3eに作用して解除位置までロックアーム3dを回動する位置に配置する。これら解除アーム3eおよびロッド5rは、伸縮機構5が伸長状態においてロックアーム3dの拘束を維持することにより、折曲オーガ4の折りたたみ動作を規制する牽制手段を構成する。この牽制手段により、伸縮機構5の縮小時に限って折曲オーガ4の折りたたみ操作が可能となる。
【0015】
上記構成の折曲機構3により、グレンタンクCから穀粒を排出する際は、排出オーガ装置の展開時の背面図を図3に示すように、傾倒オーガ2を機体外側方に傾倒し、その排出端で連通する折曲オーガ4を折曲機構3により更に外側方に展開し、伸縮機構5を伸長して全長調節操作することにより、比較的長い距離まで機体側方の排出位置に容易に合わせることができる。排出位置調整の後は、伸縮固定手段5aによって伸縮を固定した上で穀粒を移送容器G等に排出することができる。
【0016】
穀粒の排出が終了した時は、排出筒6を所定方向に戻し、伸縮機構5を最縮小状態に戻すべく操作することにより牽制手段によって折曲機構3の拘束が解除されるので、折曲オーガ4を折りたたんだ上で傾倒オーガ2を直立位置に戻すことにより、排出オーガ装置1をグレンタンクCの後部位置に収納することができる。
【0017】
このように、上記排出オーガ装置1を折曲収納する際は、牽制手段により、伸縮機構5を最縮小操作しない限り折りたたみができないことから、折曲オーガ4を伸長したまま折曲収納することによる不測の事態、例えば、過大な操作負荷、折曲オーガの機体からの張出しによる干渉、過大な支持負荷による耐久性の低下等を防止することができる。また、牽制手段は、伸縮機構5の伸縮動作と対応して折曲機構3を駆動制御する複雑な構成を要することなく、伸縮機構5のロッド5rとロックアーム3dの解除アーム3eとにより簡易に構成でき、かつ、同牽制手段により、排出オーガ装置1を折曲収納する際の誤操作を確実に防止することができる。
【0018】
F4/電動駆動
なお、上記伸縮機構5については、図4の要部側面図に示すように、電動スクリュウ軸等による伸縮駆動機構5bを設けた場合についても、牽制手段により前記同様に誤操作を確実に防止することができる。
【0019】
F5/伸縮機構
次に、排出オーガ装置の全長調節用の伸縮機構について詳細に説明する。
伸縮機構5は、要部拡大断面図を図5に示すように、内筒9の先端に設けた摺動支持用のメタル24に外筒10を進退摺動可能に外嵌し、また、同メタル24の内周に支持材24sを介して中間軸受24bを設け、この中間軸受24bによって角穴付きボス24aを軸支する。この角穴付きボス24aは、その外周に固定螺旋軸9aの軸端を一体に嵌合支持し、また、角穴内に6角軸等による移動螺旋軸10aを軸線方向のスライド動作を許容しつつ挿通支持する。
【0020】
F6/分割螺旋体
移動螺旋軸10aには、移送螺旋を長手方向に分割した複数の分割螺旋体10c…を一連に連結して軸線方向にスライド可能に支持する。一連の分割螺旋体10c…は、拡大斜視図を図6に示すように、それぞれのボス部にスプライン嵌合して一定範囲で軸線方向移動が可能に連結し、かつ、一連の分割螺旋体10c…の両端部のボス部を内筒9の先端および外筒10の先端と連結する。このように伸縮機構5を構成することにより、内筒9と外筒10との間の相対進退動作に応じて位置調整される多数の分割螺旋体10c…を移動螺旋軸10aより回動することによって、長さ調節可能な移送機構を構成する。
【0021】
上記分割螺旋体10cは、拡大縦断面図を図7に示すように、移動螺旋軸10aをその軸線方向にスライド可能に摺動挿通する角穴10tを貫通形成したボス部10hをABS等の合成樹脂材によって一体に形成する。その表面には、無電解メッキおよびニッケル・リンメッキ等の特殊硬質合金メッキによる表面処理により、角穴10tの内周面を含め、金属厚膜を形成する。
【0022】
この表面処理により、剛性を確保した構造の樹脂表面に低コストのクロームメッキ等による硬質金属厚膜を一体に形成することができるので、移動螺旋軸10aについて、その均し工程およびニッケルメッキ等の高コストの処理を要することなく、合成樹脂材による分割螺旋体10cの低コストの表面処理によって軽量化と耐久性の向上を図ることができる。
【0023】
F8/中間軸受け
中間軸受24bは、その横断面図を図8に示すように、移送螺旋の回転による引込み側の水平位置近傍に支持材24sを配置する。この支持材24sは、内筒9の先端に中間軸受24bを介して移動螺旋軸10aを軸線方向のスライド動作を許容しつつ挿通支持し、移送螺旋の回転の際は、持上げ側に偏って移送される穀粒との干渉を最小限度内に抑えることができる。
【0024】
F9/平行螺旋
次に、別構成例による簡易型の排出オーガ装置について説明する。
排出オーガ装置31は、その収納状態の背面図を図9に示すように、グレンタンクCの後部位置から機体外側方に傾倒可能に軸支した傾倒オーガ32と、その側方でスライド可能に平行する進退オーガ33とから構成する。傾倒オーガ32にはその中間位置と排出前端位置に受部32a,32bを設けて進退オーガ33をスライド可能に支持し、この進退オーガ33は、傾倒オーガ32の前端の受部32b位置から移送穀粒を受けて排出筒6まで移送する。
【0025】
上記構成の排出オーガ装置31は、傾倒オーガ32を直立位置に収納することにより、グレンタンクCの外側面から外方に飛び出すことなく収納され、コンパクトに構成することができる。また、進退オーガ33が2つの受部32a,32bによってその根元と前方の両方で支持されることから十分な強度を確保することができる。
【図面の簡単な説明】
【0026】
【図1】コンバインの機体側面図である。
【図2】折曲機構(接続時)の拡大正面図(a)およびその側面図(b)である。
【図3】排出オーガ装置(展開時)の背面図である。
【図4】伸縮機構についての要部側面図である。
【図5】伸縮機構の要部拡大断面図である。
【図6】一連の分割螺旋体の拡大斜視図である。
【図7】分割螺旋体の拡大縦断面図である。
【図8】中間軸受部の横断面図である。
【図9】別構成例の排出オーガ装置(収納状態)の背面図である。
【符号の説明】
【0027】
1 排出オーガ装置(排出部)
2 傾倒オーガ
3 折曲機構
3a,3b 接続座
3c 支軸
3d ロックアーム
3e 解除アーム
4 折曲オーガ
5 伸縮機構
5r ロッド(ロック解除部材)
C グレンタンク(収容部)
D 排出部
G 移送容器
【出願人】 【識別番号】000000125
【氏名又は名称】井関農機株式会社
【出願日】 平成18年7月6日(2006.7.6)
【代理人】 【識別番号】100077779
【弁理士】
【氏名又は名称】牧 哲郎

【識別番号】100078260
【弁理士】
【氏名又は名称】牧 レイ子

【識別番号】100086450
【弁理士】
【氏名又は名称】菊谷 公男


【公開番号】 特開2008−11786(P2008−11786A)
【公開日】 平成20年1月24日(2008.1.24)
【出願番号】 特願2006−186505(P2006−186505)