トップ :: A 生活必需品 :: A01 農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業

【発明の名称】 乗用芝刈機
【発明者】 【氏名】辻 英和

【氏名】岡 昭彦

【要約】 【課題】フロントモーアやミッドモーアでは、シュータやブロワー等における芝草の搬送詰まりを起し易いので、メンテナンス性を容易化することを課題とする。

【構成】モーアデッキ1の刈取芝草排出口2に連通して、このモーアデッキ1で刈取られる芝草を吸引搬送するブロワケース3に、ブロワファン4の回転を低速L、高速Hに切替可能な変速伝動機構5を内装している伝動ケース6を設けたことを特徴とする乗用芝刈機の構成とする。又、変速伝動機構5として、摩擦板クラッチ7、8からなり、伝動切り位置Nから低速L、高速Hの伝動入り位置へ切替可能のクラッチパック9を設けたことを特徴とする乗用芝刈機の構成とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
モーアデッキ(1)の刈取芝草排出口(2)に連通して、このモーアデッキ(1)で刈取られる芝草を吸引搬送するブロワケース(3)に、ブロワファン(4)の回転を低速(L)、高速(H)に切替可能な変速伝動機構(5)を内装している伝動ケース(6)を設けたことを特徴とする乗用芝刈機。
【請求項2】
前記変速伝動機構(5)として、摩擦板クラッチ(7)、(8)からなり、伝動切り位置(N)から低速(L)、高速(H)の伝動入り位置へ切替可能のクラッチパック(9)を設けたことを特徴とする請求項1に記載の乗用芝刈機。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
この発明は、乗用芝刈機において、このモーアデッキで刈り取られた芝草をブロワーで吸引搬送してコレクタへ収容する集草装置に関するもので、ブロワーの構成を簡潔化するものである。
【背景技術】
【0002】
モーアデッキとコレクタとの間をシュータとブロワーで連結して、このモーアデッキで刈り取られた芝草をブロワーで吸引搬送して、コレクタに送り込んで集送する構成は周知である。このブロワフアンの回転伝動はベルト連動形態で常時一定に設定される。このブロワーを設けないで、モーアデッキからシュータで直接コレクタへ搬送案内する形態(例えば、特許文献1参照)も知られている。
【特許文献1】特開2005−237218号公報(第4頁、図2)。
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
フロントモーアや、ミッドモーアでは、トラクタ車体の横側や、腹部にシュータを設け、このシュータの後上部にブロッワーを連結して後方上部のコレクタへ刈取芝草の搬送を行わせる形態では、シュータや、ブロワー等における芝草の搬送詰まりを起し易く、この詰まりを起したときは、これらの搬送系の一部を開いて、詰まった芝草を除去する。又、このブロワーの搬送能力を大きくするため、ブロワフアンの回転を高速にすると騒音が激しくなり、作業疲労度を増し易い。又、このブロワーを設置する箇所は、後部のエンジン等と接近して狭く、上方のコレクタからの芝草の降りかかりを受け易い位置であることが多く、メンテナンス性を容易化することを要する。
【課題を解決するための手段】
【0004】
請求項1に記載の発明は、モーアデッキ1の刈取芝草排出口2に連通して、このモーアデッキ1で刈取られる芝草を吸引搬送するブロワケース3に、ブロワファン4の回転を低速L、高速Hに切替可能な変速伝動機構5を内装している伝動ケース6を設けたことを特徴とする乗用芝刈機の構成とする。モーアデッキ1で刈取られた芝草は、この排出口2からブロワケース3に吸引搬送されて車体の後方上部のコレクタ3に搬入収容される。通常の搬送時は、伝動ケース6の変速伝動機構5が低速位置に切替られていて、ブロワファン4が低速L回転される。このブロワーによる搬送詰まりが発生するときは、この変速伝動機構5を高速に切替て、ブロワフアン4を高速H回転する。
【0005】
請求項2に記載の発明は、前記変速伝動機構5として、摩擦板クラッチ7、8からなり、伝動切り位置Nから低速L、高速Hの伝動入り位置へ切替可能のクラッチパック9を設けたことを特徴とする請求項1に記載の乗用芝刈機の構成とする。クラッチパック9は伝動ケース6内に設けられて、摩擦板クラッチ7、8を共に伝動切りの位置Nにすると、ブロワフアン4は回転されないが、芝草搬送時はこれを切替て摩擦板クラッチ7を伝動入り位置へ切替ることによって、ブロワフアン4を低速L回転して、芝草を吸引搬送する。又、この芝草の搬送に詰まりを発生するときは、摩擦板クラッチ8を伝動入り位置に切替ることによって、ブロワフアン4を高速H回転伝動する。
【発明の効果】
【0006】
請求項1に記載の発明は、モーアデッキ1で刈取られた芝草の搬送は、ブロワフアン4の低速L回転の伝動によって行うため運転時の騒音を小さくすることができり、この芝草の搬送詰まりを発生したときは、変速伝動機構5を高速H回転に伝動することによって、このブロワーによる芝草の吸引搬送力を強くして、搬送詰まりを簡単、容易に解消することができ、しかも安全な作業を行うことができる。又、この変速伝動機構5を収容する伝動ケース6を、ブロワケース3に一体的に取付けることによって、このブロワーの構成を簡潔化して、伝動機構を簡単にすることができ、芝草等の巻付きを少なくすることができ、メンテナンスを容易に行うことができる。
【0007】
請求項2に記載の発明は、クラッチパック9の切替によってブロワフアン4の回転を低速L、高速Hに切替伝動するため、伝動騒音を少なく、より静かにすると共に、小形、コンパクト化して、狭いスペースでも容易に配置することができる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0008】
図1〜図4に基づいて、乗用芝刈機(トラクタモーア)の車体10は、運転席11の下方に前輪12を配置し、後方に後輪13を配置し、この後輪13をステップフロア14前部のステアリングハンドル15で操向し、この後部に搭載のエンジン16によって駆動走行する乗用四輪走行形態に構成している。モーアデッキ1は、この車体10の前部でステップフロア14の下方にリフトリンク17によって昇降可能に設けられ、車体10前部のフロントPTO軸18からモーア連動軸19を介して連動される。又、このモーアデッキ1の左右のブレード軸20の回転によって刈取られる芝草を吸引搬送するシュータ21、及びブロワー22等を、この車体10の一側、又は底部と運転席11との間を経て後方上部のコレクタ23に連通させる。このコレクタ23は、前記エンジン16上に設けて、リフトリンク24や、リフトシリンダ25、ダンプシリンダ26等の伸縮によって昇降され、ダンプすることができ、後側の蓋27を開いて収容芝草を排出することができる。
【0009】
前記モーアデッキ1は、横端後側に排出口2を形成し、各ブレード軸20の回転によってブレード部で刈取られた芝草をこの排出口2へ集送して、この排出口2に連結のシュータ21へ排出する。ブロワー22は運転席11の後側部でエンジン16との間に設け、このブロワケース3の前面に吸引口28を形成して、前記モーアデッキ1の排出口2との間を、蛇腹形態のシュータ21で連結して、前輪12の外側部を迂回する形態にしている。このシュータ21は、排出口2をモーアデッキ1幅の中央部に設ける形態では、運転席11直下の車体10との間の間隔部に位置して設ける。
【0010】
ブロワケース3は、前面に吸引口28を形成し、上面には吐出口30を形成して、この吐出口30をコレクタ23上に連通の案内筒29に接続する。コレクタ23をダンプするときは、この案内筒29が吐出口30に対して分離、接続される。ブロワフアン4のフアン軸31を、このブロワケース3の後側に取付ける伝動ケース6にベアリング32で軸受する。この伝動ケース6の後側には、後方のエンジン16の出力軸33から連動軸34を介して連動される入力軸35と、変速軸36、及びこれらのプーリ37、38間に掛け渡すベルト39等を設ける。このプーリ37と一体のプーリ40からは、ベルト41を介してHST(油圧無段変速装置)42を伝動する構成としている。伝動ケース6には、前記フアン軸31と、変速軸36との間に変速ギヤ43、44、及びカウンタギヤ45を設け、この変速軸36上の変速ギヤ43、44をシフター46で前後に移動して、カウンタギヤ45に噛合切替することによって変速伝動することができる。小径の変速ギヤ43を噛合することによってフアン軸31を低速L回転に伝動して、このブロワー22による芝草の吸引搬送可能な吸引力を発生することができる。又、大径の変速ギヤ44を噛合することによってフアン軸31を高速H回転に伝動して、このブロワー22による吸引力を更に強くすることができる。前記入力軸35はベアリング47で伝動ケース6に対して軸受けし、変速軸36はベアリング48で軸受けしている。
【0011】
前記モーアデッキ1の前端部には、刈取芝草の草丈を検出する草丈センサ65を設け、このモーアデッキ1と車体10前端部との間には、このモーアデッキ1の高さ位置を検出する刈高さセンサ66を設け、コレクタ23には圧力スイッチからなり芝草収容量を検出する満量センサ67と、この収容芝草の水分を検出する高周波形態の水分センサ68を設けている。又、ステアリングハンドル15のステアリングポスト部には警報を発するブザー69や、ホーン73等を設けている。又、前記ブロワー22の吐出口30とコレクタ23の案内筒29との間には、コレクタ23が上下動してこれら吐出口30に対する案内筒29が接続されているか、開いているかを検出するコレクタ開閉スイッチ75を設ける。又、コレクタ23の底部にはスプリング76に抗して下動してONするコレクタ収容の芝草の有無を検出するコレクタ草スイッチ77を有する。
【0012】
エンジン16の駆動によって、出力軸33から連動軸34を介して入力軸35が回転される。この入力軸35からはベルト41を介してHST42を伝動して前輪12を駆動し走行すると共に、この車体10前側のフロントPTO軸18を伝動してモーアデッキ1のブレード軸20を駆動し芝草の刈取を行う。しかも、この入力軸35の回転によりベルト39を介して伝動ケース6の変速軸36が伝動されて、変速ギヤ43を介してフアン軸31が回転される。このブロワフアン4の回転による吸引風を、シュータ21、及びモーアデッキ1の排出口2に働かせて、このモーアデッキ1で刈取られる芝草を、この排出口2からシュータ21へ集送吸引して、ブロワケース3の吸引口28から吐出口30へ流し、このブロワー22から案内筒29を経てコレクタ23へ搬送し収容する。このとき、ブロワフアン4は比較的低速L回転されていて、騒音も少ない状態にある。芝草が雨露等を有して詰まり易い状態にあるときや、シュータ21等に搬送芝草が詰まったときは、シフター46を操作して変速ギヤ44の連動に切替えことにより、ブロワフアン4を高速H回転することができる。このブロワフアン4の高速H回転によって、騒音は大きくなるが、シュータ21等における吸引搬送力を強くして、コレクタ23への芝草搬送を円滑に行わせることができる。このような芝草の搬送の詰まりが解消すると変速ギヤ43に切替て低速L回転に戻すことができる。
【0013】
次に、主として図5に基づいて、前記伝動ケース6に変速伝動機構5として、摩擦板クラッチ7、8形態のクラッチパック9を設けたもので、両クラッチ7、8を切りにすることによって、変速軸36からフアン軸31への伝動は切り位置Nとなり、クラッチ7を入りにすることにより低速L伝動し、クラッチ8を入りにすることによって高速H伝動するように変速することができる。変速軸36はフアン軸31と同軸芯上に沿って設けられ、これら両軸36、31間にクラッチパック9を設ける。変速軸36の周りに一体的回転のカップリング50を設けると共に、回転自在のクラッチギヤ51を設ける。これらカップリング50とクラッチギヤ51との間に、摩擦板クラッチ8を設けて、カップリング50内のプレッシャプレート52の油圧作動によって、このクラッチ8を圧接してクラッチ入りにして、変速軸36と一体的にクラッチギヤ51を回転することができる。又、このカップリング51とフアン軸31との間にも同形態のクラッチ7を設け、プレッシャプレート53の油圧作動によって、このクラッチ7を圧接してクラッチ入りにして、変速軸36と一体的にフアン軸31を回転することができる。このカップリング50の外周にはカウンタギヤ軸54を設け、この前後のカウンタギヤ55、56を変速軸36上のクラッチギヤ51、フアン軸31上のフアン軸ギヤ57に噛合させて、増速伝動する構成にしている。油圧回路58の電磁切替弁59を、ブロワ変速レバー61でコントローラ70を介して操作して、これらカップリング50内のプレッシャプレート52、53を油圧作動することによって、ブロワフアン4の伝動不要時に両クラッチ7、8を切りにしたときは、ブロワフアン4への伝動は切り位置Nとし、クラッチ8を切りにした状態でクラッチ7を入りにしたときは低速L伝動し、このクラッチ7を切りにした状態でクラッチ8を入りにしたときは高速H伝動する。このような油圧力によって圧接されて伝動入り、切りする摩擦板クラッチ形態のクラッチパック9を用いることによって、低速L位置はもとより高速H位置伝動においても、伝動ケース6部における伝動騒音を、前記変速ギヤ43、44による場合よりも少なくすることができる。又、カップリング50や、伝動ケース6内に収容されるため、芝草や塵埃等の浸入をなくし、メンテナンスを容易化すると共に、小形で、簡潔な構成として、狭い設置スペースであっても容易に設けることができる。
【0014】
次に、主として図6に基づいて、前記PTO軸18、又はブレード軸20を伝動するモーアクラッチを入りA、切りB操作するためのモーアクラッチレバー60と、ブロワー22の変速を行うブロワ変速レバー61との間に、長穴62を有するリンクロッド63で連結して、このブロワ変速レバー61でブロワフアン4を高速H伝動するときは、この長穴62とモーアクラッチレバー60のピン64との遊動によって、モーアクラッチを切りB位置にして、ブレード軸20を伝動停止状態にするように連動構成したものである。ブロワー22による芝草の吸引搬送は、低速L、高速H回転において行わせるが、モーアデッキ1における芝草の刈取作用は、低速L回転において搬送させて、高速H回転による搬送は、前記シュータ21等における芝草の搬送詰まりを生じたときのみ行わせるように、刈取作用を牽制するものである。
【0015】
次に、主として図7に基づいて、前記ブロワフアン4の回転速を制御するもので、このコントローラ70の入力側にクラッチスイッチ71や、詰まりセンサー72を設け、ブロワフアン4の変速ギヤ43が入りになったこと、又はクラッチ7が入りになって低速L伝動回転状態にあることを検出することにより、タイマーTが働いて、一定時間毎にクラッチシフター46、又は切替弁59を出力して、変速ギヤ43、又はクラッチ44に切替て、一定時間にわたる高速H回転の運転を繰返して、自動的に詰まりを解消、乃至防止する。又、前記シュータ21等煮詰まり状態を検出する詰まりセンサー72を設け、この詰まりセンサー72の詰まり検出によって一定時間にわたって高速H回転に切替るものである。
【0016】
次に、主として図3、図8に基づいて、前記コレクタ23における芝草満了時の警報ブザー69の音量を制御するものである。コントローラ70の入力側には、前記満量センサ67や、水分センサ68、草丈センサ65、及び音量切替スイッチ73等を設け、コレクタ23が満量になると、満量センサ67の検出によって音量の高いホーン74を出力するが、騒音による環境を害するおそれのある場合は、音量切替スイッチ73の操作で音量の小さいブザー69の出力に切替ることができ、良好な作業環境を維持することができる。又、満量センサ67によってブザー69を出力する場合の音量を、高音から低音に切替るように構成することも可能である。又、コレクタ23に収容される芝草の水分、湿度等が高いと、シュータ21や、ブロワー22での詰まりを生じやすい。この水分センサ68による水分検出に応じて、ブザー69からホーン73による警報に切替たり、音量を高くするように切替制御することができ、芝草満量時の注意度を変えて喚起させるものである。又、モーアデッキ1で刈取られる芝草の草丈が長いほどシュータ21や、ブロワー22等での草詰まりが多いため、この草丈センサ65による検出によって、草丈が長い場合は、ブザー69、又はホーン73等の音量を高くするように満量警報させる。又、刈高センサ66が低い刈取位置を検出するときも、音量を高くするように切替ることも可能である。
【0017】
次に、主として図2、図9に基づいて、前記コレクタ23をダンプシリンダ26によってダンプさせて収容芝草を排出させるとき、水分等によって芝草がコレクタ底部に残っているときは、このコレクタ草スイッチ77のONによってリレーR1をONして、ブザー67、及びパイロットコレクタランプ79を出力して、モニタ報知する。
【0018】
次に、主として図2、図10に基づいて、前記コレクタ23が芝草収容位置にあることを、コレクタ開閉スイッチ75によって検出されると、ブロワー22の電磁クラッチ7を出力して、このブロワー22を駆動制御する。刈取作業を開始してモーアデッキ1で刈取られる芝草をブロワー22で吸引搬送するためには、コレクタスイッチ80をONする。コレクタ23が正規の位置にあれば、リレーR2、R3が作動して、電磁クラッチ7が作動し、ブロワー22が伝動回転される。しかし、スイッチ75がOFFでは、切替弁59も切れるので、前記コレクタ23が上ってブロワー22の吐出口30が開口していても芝草が噴出されることはない。又、この状態から再度コレクタ23を正規の位置に下げても、自己保持回路のリレーR2により再度コレクタスイッチ80をONしなければ切替弁59は作動しないため安全である。
【0019】
次に、主として図2、図11に基づいて、前記コレクタ23の底部に設けるコレクタ草スイッチ77の検出に応じて、コレクタ23の油圧リフト、及びダンプを制御するものである。刈取芝草がコレクタ23に収容されて満量になると、コレクタリフトスイッチ81をup、又はdownに切替操作して、リレーR4、又はR5を介して、前記リフトシリンダ25の電磁切替弁82、83を出力して、コレクタ23を所定の高さに保持する。その後、コレクタダンプスイッチ84をopenにして、リレーR6を介して電磁切替弁85を出力し、ダンプシリンダ26を伸長してコレクタ23を後方へ回動して蓋27を開いて、このコレクタ23の収容芝草を機外へ排出する。そして、このスイッチ84をshut側に操作して、リレーR7を介して電磁切替弁86を出力して、ダンプシリンダ26を縮小し、コレクタ23を元の姿勢に戻す。しかし、このときコレクタ23の底部に芝草が残っていると、コレクタ草スイッチ77が作動(スイッチOFF)してダンプシリンダ26用の油圧切替弁85が作動しなくなり、コレクタ23は元の姿勢に戻せなくなる。このことにより運転者は、異常を感知し、コレクタの草を掻き出して掃除することによって、コレクタは元の姿勢に戻り、再度作業するときは、多くの草がコレクタ23内に収容可能となり作業能率や、機械の寿命を向上できる。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】ブロワー伝動部の側面図。
【図2】トラクタモーアの左側面図。
【図3】その右側面図。
【図4】その背面図。
【図5】一部別例を示すブロワー伝動部の側面図。
【図6】一部別例を示すブロワー変速レバー部の連動機構図。
【図7】ブロワーの回転制御ブロック図。
【図8】一部別例を示すコレクタの満量警報制御ブロック図。
【図9】一部別例を示すコレクタのモニター制御の回路図。
【図10】一部別例を示すコレクタの上下位置によるブロワー伝動制御のブロック図。
【図11】一部別例を示すコレクタのダンプ制御のスイッチ回路図。
【符号の説明】
【0021】
1 モーアデッキ
2 排出口
3 ブロワケース
4 ブロワフアン
5 変速伝動機構
6 伝動ケース
7 摩擦板クラッチ
8 摩擦板クラッチ
9 クラッチパック
21 シュータ
22 ブロワー
43 変速ギヤ
44 変速ギヤ
59 電磁切替弁
【出願人】 【識別番号】000000125
【氏名又は名称】井関農機株式会社
【出願日】 平成18年7月31日(2006.7.31)
【代理人】
【公開番号】 特開2008−29286(P2008−29286A)
【公開日】 平成20年2月14日(2008.2.14)
【出願番号】 特願2006−208246(P2006−208246)