トップ :: B 処理操作 運輸 :: B65 運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い

【発明の名称】 ゴミ袋用ゴミリング
【発明者】 【氏名】武部 雄一

【要約】 【課題】2個の吸盤のフック部に平板を挿入する穴を持ったトラック形状の平板リングに樹脂袋をかけ、丸棒リングで樹脂袋を押えるゴミ袋を提供する。

【解決手段】2個の吸盤のフック部に楕円状の平板リングを取り付け、そのリングに内側から樹脂系の袋を外側に巻き込み平板リングの上部の数箇所に三角形状の上向きの爪に引っ掛け、両端部が特殊形状にした丸棒リングで樹脂系のゴミ袋を押え、ゴミ袋の脱落を防ぐことを特徴とする。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
2個の吸盤のフック部に平板が入る挿入口を設け、平板リングをトラック形状に折り曲げ、該その平板リングの上部に先端が尖った数箇所の三角形状の爪を設ける。平板リングの内側から樹脂の袋を挿入し外側に平板リングを巻き込んで平板リングの下部の数箇所の三角状の上向きに尖った爪に引っ掛け、その樹脂袋を両先端部が特殊形状の丸棒リングで袋を挟み込んでホルダー部に固定することを特徴とするゴミ袋用ゴミリング。
【請求項2】
2個の吸盤を利用し、吸盤本来の特性を利用して何処にでも取り付け可能であり、取外しも簡単、設置も容易で、スタンド台にも取り付け持ち運びも自由な請求項1記載のゴミ袋用ゴミリング。
【請求項3】
使用時は平板リングをたおし、樹脂袋を吊るし、不使用時は平板リングを上にあげて、たためて固定出来る請求項1〜2のゴミ袋用ゴミリング。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、屋内外で設置されている樹脂系のゴミ袋入れを容易に設置できるゴミ袋のゴミ設置具に関する。
【背景技術】
【0002】
屋内外等で設置されている金属製で金網が張ってあるゴミ入れ等が多く使用されている。簡単な組立式で紙屑、枯葉等のゴミ入れのゴミ箱が近年いろいろ知られている。例えば、特開2003−292102号公報、特開2001−163401号公報などがある。
【発明の開示】
【発明が解決する課題】
【0003】
それには次のような問題点があった。
(イ)フック付き吸盤を利用したゴミ入れ具は無い。
(ロ)吸盤が取り付け可能なら何処にでも取り付けられるゴミ入れはない。
(ハ)軽量で持ち運び可能で,簡単設置できるものは少ない。
(ニ)不使用時は垂直に立てかけて、邪魔にならない構造のものはない。
(ホ)室内外で利用できるゴミ入れは少ない。
本発明は、以上の問題点を解決するためのものである。
【課題が解決するための手段】
【0004】
2個のフック付き吸盤(1)を設ける。その吸盤のフック部に平板リング(2)を挿入する穴を設け、平板リング(2)の上部にゴミ袋を引っ掛ける数箇所の先端が三角状に尖った爪(3)を設ける,樹脂系のゴミ袋(5)を平板リング(2)の内側から外側に巻き込んで、先端が三角状に尖った上部の爪(3)に引っ掛ける、さらに両端部が特殊形状に加工された丸棒リング(4)をフック部に垂直に設置されており、その丸棒リング(4)を下ろし平板リング(2)と平板リングに巻きこんだ樹脂系のゴミ袋(5)の回りをホールドし、平板リング(2)と樹脂系のゴミ袋(5)と丸棒リング(4)を外れないように板を曲げたU字形(8)ホルダー部に固定する。2個の吸盤の設置可能な場所を選び又は、デコボコな所では(9)両面テープ付プレートを付けた上で設置し、樹脂系のゴミ袋(5)は、その底が地面又は床等につくように設置する。又図6のように屋外ではスタンドを設けても良い。吸盤をはずす時は、吸盤の凸部(7)をつまんではずす。
【発明の効果】
【0005】
本発明の、ゴミ入れは屋内外で設置可能であり、不使用時は、垂直に立てることができ、邪魔にならず、容易に設置でき、移動も簡単で、スタンド台を使用すれば設置場所を選ばず設置することができ、回収も容易に出来る効果がある。
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
以下、本発明の実施の形態を説明する。
(イ)図1のようなフック付きの吸盤2個を設ける。
(ロ)平板の上部に三角形状の突起(爪)を数個所設ける。
(ハ)平板を図2のようにトラック形状のリングにし、2個のフック付き吸盤のフック部に設けた平板挿入部に挿入し、両端を接合するかボルト又はリベットで数箇所を止める。
(ニ)丸棒の両端が図4の形状のリングを設ける。
(ホ)上記の丸棒のリングを吸盤のフック部の凹部に取り付ける。
(ヘ)丸棒のリングを垂直に立てる。
(ト)トラック形状の平板のリングに樹脂系のゴミ袋を掛け吊るす。
(チ)ゴミ袋が平板の突起(爪)にひっかかり、袋が外れない。
(リ)ゴミ袋の上に丸棒のリングが下りてきてゴミ袋に被せ、ゴミ袋をホルダー部に固定する。
本発明は、以上の構成よりなっている。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本発明の斜視図
【図2】本発明の丸棒リングを上げた斜視図
【図3】本発明の壁取付のゴミ袋ゴミリングの正面図
【図4】本発明の壁取付のゴミ袋ゴミリングの平面図
【図5】本発明の壁取付のゴミ袋ゴミリングの左側面図
【図6】本発明のスタンド付き正面図
【図7】本発明のスタンド付き平面図
【図8】本発明のスタンド付き左側面図
【図9】本発明の使用しないときのゴミ袋ゴミリングの状態図
【図10】本発明のフック付き吸盤の拡大図
【図11】本発明の両面テープの付いた透明なプレート
【符号の説明】
【0008】
1 フック付き吸盤
2 平板のトラック形状のリング
3 三角形状の突起(爪)
4 丸棒のリング
5 ゴミ袋
6 スタンド台
7 吸盤の凸部
8 ホルダー部
9 両面テープ付プレート
【出願人】 【識別番号】505382711
【氏名又は名称】武部 雄一
【出願日】 平成17年9月13日(2005.9.13)
【代理人】
【公開番号】 特開2007−76915(P2007−76915A)
【公開日】 平成19年3月29日(2007.3.29)
【出願番号】 特願2005−299370(P2005−299370)