トップ :: H 電気 :: H04 電気通信技術

【発明の名称】 パケット交換装置
【発明者】 【氏名】飯野 聡
【住所又は居所】神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社内

【氏名】橋本 裕司
【住所又は居所】神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社内

【氏名】石田 寛史
【住所又は居所】神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社内

【氏名】松浦 正員
【住所又は居所】神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社内

【氏名】荒谷 渉
【住所又は居所】神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社内

【氏名】井田 修二
【住所又は居所】神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社内

【氏名】松井 裕典
【住所又は居所】神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社内

【氏名】舩橋 哲也
【住所又は居所】東京都千代田区内幸町一丁目1番6号 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社内

【氏名】石田 聡毅
【住所又は居所】東京都千代田区内幸町一丁目1番6号 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社内

【氏名】鈴木 研志
【住所又は居所】東京都千代田区内幸町一丁目1番6号 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社内

【氏名】鈴木 進介
【住所又は居所】東京都千代田区内幸町一丁目1番6号 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社内

【要約】 【課題】複数の種類の管理ネットワークで用いられる複数の種類のキャリア信号のパケット及びユーザが用いる複数の種類の主信号用ネットワークの複数の種類の主信号のパケットを処理すること。

【解決手段】パケット交換装置100は、複数の種類のキャリア信号及主信号を送受信する送受信部101と、送受信部101の動作を監視及び制御する監視制御部102と、を具備する。監視制御部102のネットワーク処理部301は、前記複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを当該パケットに含まれる管理情報又はネットワーク管理情報蓄積部302に蓄積されている管理情報で処理する。監視制御部102のネットワーク管理情報蓄積部302は、前記パケットに含まれている前記管理情報及び前記複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを処理する時に生成する管理情報を蓄積する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
複数の種類の管理ネットワークで用いる複数の種類のキャリア信号及び複数の種類の主信号用ネットワークの複数の種類の主信号を送受信する送受信手段と、前記送受信手段の動作を監視及び制御する監視制御手段と、を具備し、
前記監視制御手段は、ネットワーク処理部及びネットワーク管理情報蓄積部を具備し、
前記ネットワーク処理部は、前記複数の種類のキャリア信号及び前記複数の種類の主信号のパケットを当該パケットに含まれる管理情報又は前記ネットワーク管理情報蓄積部に蓄積されている管理情報で処理し、前記ネットワーク管理情報蓄積部は、前記パケットに含まれている前記管理情報並びに前記複数の種類のキャリア信号及び前記複数の種類の主信号のパケットを処理する時に生成する管理情報を蓄積するパケット交換装置。
【請求項2】
前記ネットワーク処理部は、前記複数の種類のキャリア信号及び前記複数の種類の主信号のパケットを順次に処理するイーサネット(登録商標)処理部、IP処理部、トランスポート処理部及びアプリケーション処理部と、前記複数の種類のキャリア信号及び主信号の種類別に前記管理情報を振り分けるキャリア別振り分け手段と、を具備し、前記イーサネット(登録商標)処理部と前記IP処理部と前記トランスポート処理部と前記アプリケーション処理部とが前記複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを前記管理情報で処理する時及び前記複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを処理する時に生成する前記管理情報を前記ネットワーク管理情報蓄積部に蓄積する時に前記キャリア別振り分け手段は前記イーサネット(登録商標)処理部と前記IP処理部と前記トランスポート処理部と前記アプリケーション処理部と前記ネットワーク管理情報蓄積部とに前記管理情報を振り分ける請求項1に記載のパケット交換装置。
【請求項3】
前記キャリア別振り分け手段は、前記イーサネット(登録商標)処理部、前記IP処理部、前記トランスポート処理部及び前記アプリケーション処理部ごとに1つのキャリア別振り分け部を具備し、前記キャリア別振り分け部の各々は、対応する前記イーサネット(登録商標)処理部、前記IP処理部、前記トランスポート処理部及び前記アプリケーション処理部が前記複数の種類のキャリア信号及び受信号のパケットを前記管理情報を用いて処理する時及び前記複数の種類のキャリア信号のパケットを処理する時に生成する前記管理情報を前記ネットワーク管理情報蓄積部に蓄積する時に前記イーサネット(登録商標)処理部と前記IP処理部と前記トランスポート処理部及び前記アプリケーション処理部との各々と前記ネットワーク管理情報蓄積部とに前記管理情報を振り分ける請求項2に記載のパケット交換装置。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、通信ネットワークシステムにおけるパケット交換装置に関するものである。
【背景技術】
【0002】
従来の通信ネットワークシステムとして、特許文献1に記載されたものがある。この特許文献1に記載された従来の通信ネットワークシステムは、無線LANユーザの端末装置、無線AP2、認証機能部、RAS(パケット交換装置)及び網終端装置を具備している。
【0003】
この無線LANユーザの端末装置は、無線AP2に無線LANユーザの認証ための情報を送信すると、前記無線AP2はこの情報を前記認証機能部に通知する。この認証機能部で無線LANユーザが認証されると、端末装置及び無線AP2の暗号化通信が確立される。そして、端末装置は、ISPまたは企業内ネットワークなどのネットワークに、ネットワーク接続用の認証情報を送信する。前記RAS(パケット交換装置)は、このネットワーク接続用の認証情報から接続先ネットワークを収容する網終端装置を決定してルーチングする。
【特許文献1】特開2003−318922号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来の通信ネットワークシステムのパケット交換装置においては、パケット交換装置を管理するキャリアは1社であり、複数のキャリアが個別の管理ネットワークを構築した場合、これらのネット管理ネットワークで用いる複数の種類のキャリア信号のパケットを処理することができないという問題がある。
【0005】
また、パソコンのOS等で用いられているマルチユーザ機能を利用し、キャリア毎のIDとパスワードを入力することでアクセスできる管理ファイルを分離する方法もある。しかしながら、管理ネットワークは高いセキュリティ性を必要とする情報を扱うために、機密性を高めることを目的にプラベートIPアドレス(キャリア毎に独自のIPアドレス体系)で構成している場合があり、この場合、上述のマルチユーザ機能を実現する場合、キャリア間でプライベートIPアドレスが重ならないように調整する必要がある。仮にキャリア間でプライベートIPアドレスが重なっていた場合、どちらかのキャリアの管理ネットワークのプライベートIPアドレスを変更する、または、アドレス変換装置をネットワーク内に設置するという、サービスの一時停止にも繋がる作業をキャリアに強いることとなるという問題がある。
【0006】
本発明は、かかる点に鑑みてなされたものであり、複数の種類の管理ネットワークで用いられる複数の種類のキャリア信号のパケット処理を容易に実現することができるパケット交換装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
請求項1に記載のパケット交換装置は、複数の種類の管理ネットワークで用いる複数の種類のキャリア信号及び複数の種類の主信号用ネットワークの複数の種類の主信号を送受信する送受信手段と、前記送受信手段の動作を監視及び制御する監視制御手段と、を具備し、前記監視制御手段が、ネットワーク処理部及びネットワーク管理情報蓄積部を具備し、前記ネットワーク処理部が、前記複数の種類のキャリア信号及び前記複数の種類の主信号のパケットを当該パケットに含まれる管理情報又は前記ネットワーク管理情報蓄積部に蓄積されている管理情報で処理し、前記ネットワーク管理情報蓄積部が、前記パケットに含まれている前記管理情報並びに前記複数の種類のキャリア信号及び前記複数の種類の主信号のパケットを処理する時に生成する管理情報を蓄積する構成を採る。
【0008】
この構成によれば、複数の種類の管理ネットワークで用いられる複数の種類のキャリア信号のパケット及び複数の種類の主信号用ネットワークの複数の種類の主信号のパケットを処理することができ、かつ、このため複数の種類のキャリア信号を用いる複数の通信ネットワークがパケット交換装置を共有することができ、また、ユーザとしてはこのパケット交換装置に他の通信ネットワークを追加して接続することができる。
【0009】
請求項2に記載のパケット交換装置は、請求項1に記載の発明において、前記ネットワーク処理部が、前記複数の種類のキャリア信号及び前記複数の種類の主信号のパケットを順次に処理するイーサネット(登録商標)処理部、IP処理部、トランスポート処理部及びアプリケーション処理部と、前記複数の種類のキャリア信号及び主信号の種類別に前記管理情報を振り分けるキャリア別振り分け手段と、を具備し、前記イーサネット(登録商標)処理部と前記IP処理部と前記トランスポート処理部と前記アプリケーション処理部とが前記複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを前記管理情報で処理する時及び前記複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを処理する時に生成する前記管理情報を前記ネットワーク管理情報蓄積部に蓄積する時に前記キャリア別振り分け手段が前記イーサネット(登録商標)処理部と前記IP処理部と前記トランスポート処理部と前記アプリケーション処理部と前記ネットワーク管理情報蓄積部とに前記管理情報を振り分ける構成を採る。
【0010】
この構成によれば、請求項1に記載の発明の効果を有し、かつ、イーサネット(登録商標)処理部、IP処理部、トランスポート処理部及びアプリケーション処理部が複数の種類のキャリア信号及び前記複数の種類の主信号のパケットを順次に処理することができる。
【0011】
請求項3に記載のパケット交換装置は、請求項2に記載の発明において、前記キャリア別振り分け手段は、前記イーサネット(登録商標)処理部、前記IP処理部、前記トランスポート処理部及び前記アプリケーション処理部ごとに1つのキャリア別振り分け部を具備し、前記キャリア別振り分け部の各々は、対応する前記イーサネット(登録商標)処理部、前記IP処理部、前記トランスポート処理部及び前記アプリケーション処理部が前記複数の種類のキャリア信号及び受信号のパケットを前記管理情報を用いて処理する時及び前記複数の種類のキャリア信号のパケットを処理する時に生成する前記管理情報を前記ネットワーク管理情報蓄積部に蓄積する時に前記イーサネット(登録商標)処理部と前記IP処理部と前記トランスポート処理部及び前記アプリケーション処理部との各々と前記ネットワーク管理情報蓄積部とに前記管理情報を振り分ける構成を採る。
【0012】
この構成によれば、請求項2に記載の発明の効果を有し、かつ、キャリア別振り分け部の各々が、対応するイーサネット(登録商標)処理部、IP処理部、トランスポート処理部及びアプリケーション処理部が複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを管理情報及で処理する時及び前記複数の種類のキャリア信号及び主信号を処理する時に生成する管理情報を前記ネットワーク管理情報蓄積部に蓄積する時に前記イーサネット(登録商標)処理部と前記IP処理部と前記トランスポート処理部及び前記アプリケーション処理部との各々と前記ネットワーク管理情報蓄積部とに前記管理情報を振り分けることができる。
【発明の効果】
【0013】
本発明によれば、複数の種類の管理ネットワークで用いられる複数の種類のキャリア信号のパケットの処理を容易に実現することができる。さらに、仮にキャリア間でプライベートIPアドレスが重なっていた場合でも、キャリア別振り分け手段により、キャリア毎に管理ネットワークを識別することができるため、プライベートIPアドレスの変更を必要としない。従って、複数のキャリア間でのプライベートIPアドレスの調整や、その設定の作業を必要としない。さらに、複数キャリア間でのプラベートIPアドレスの調整を不要とすることが、管理ネットワーク関連の情報を他キャリアへ開示することを不要とするため、高いセキュリティ性を必要とする管理ネットワークのさらなるセキュリティ確保につながる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0014】
次に、本発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。
【0015】
(一実施の形態)
図1は、本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置の構成を示すブロック図である。
【0016】
図1に示すように、本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置100は、送受信部101と、この送受信部101に接続されている監視制御部102と、を具備している。
【0017】
送受信部101は、複数の種類のキャリア信号及び主信号を送受信する。監視制御部102は、送受信部101の動作を監視及び制御する。送受信部101は、入出力部103と、この入出力部103に接続されているスイッチ部104を有している。入出力部103は、複数の種類のキャリア信号及び主信号が入出力するための複数のイーサネット(登録商標)ポート105を有している。なお、監視制御部102は、複数の種類のキャリア信号の監視制御用のパケットが入出力するための入出力ポートを有するように構成してもよい。
【0018】
図2は、本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置100を有する通信ネットワークを示す図である。図2に示すように、パケット交換装置100は、複数の種類のキャリア信号A、B、Cの管理ネットワーク201、202、203により共有されている。パケット交換装置100は、管理ネットワーク201、202、203と複数の種類のキャリア信号A、B、Cと用いて通信可能である。また、主信号用ネットワーク211、212がパケット交換装置100と複数の種類の主信号を用いて通信可能である。
【0019】
ここで、主信号は、ユーザのデータを含むパケットで、ユーザのデータ以外に管理情報等の他のデータが含まれていてもよい。また、主信号用ネットワークは、主信号を伝送するネットワークである。
【0020】
また、キャリア信号は、管理情報を含むパケットである。また、管理ネットワークは、キャリア信号を伝送するネットワークである。
【0021】
また、管理情報は、少なくともキャリア(オペレータ)を識別するためのキャリア識別子(例えば、VLAN−ID)を有し、さらにパケットが正常又は異常であることを示すパケット正常異常情報を有する場合もある。
【0022】
また、キャリアとは、通信ネットワークの運営(オペレーション)をする者、団体、主体等のことである。
【0023】
図3に示すように、監視制御部102は、ネットワーク処理部301及びネットワーク管理情報蓄積部302を具備している。ネットワーク処理部301は、送受信部101から送られてくる複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを処理して処理後のパケットを送受信部101に与え、かつ、複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットに含まれている管理情報をネットワーク管理情報蓄積部302に与える。前記管理情報は、ネットワーク処理部301が複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを処理する時に用いるものである。また、ネットワーク処理部301は、複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを処理する時に生成する管理情報をネットワーク管理情報蓄積部302に与える。ネットワーク管理情報蓄積部302は、ネットワーク処理部301から送られてくる管理情報を蓄積する。
【0024】
ネットワーク処理部301は、イーサネット(登録商標)処理部3011、IP処理部3012、トランスポート処理部3013及びアプリケーション処理部3014と、を具備している。イーサネット(登録商標)処理部3011、IP処理部3012、トランスポート処理部3013及びアプリケーション処理部3014は、複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを順次に処理する。
【0025】
具体的には、イーサネット(登録商標)処理部3011、IP処理部3012、トランスポート処理部3013及びアプリケーション処理部3014の各々は、パケットの正常性の確認処理、ヘッダの挿入及び削除、エラー時の処理並びにパケットが正常である場合におけるキャリア識別子と共にパケットの他の処理部への送信処理などの処理を行う。
【0026】
また、ネットワーク処理部301は、複数のキャリア別振り分け部3015、3016、3017、3018を具備している。イーサネット(登録商標)処理部3011とIP処理部3012とトランスポート処理部3013とアプリケーション処理部3014とが複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを管理情報で処理する時及び複数の種類のキャリア信号及び主信号のパケットを処理する時に生成する管理情報をネットワーク管理情報蓄積部302に蓄積する時に、複数のキャリア別振り分け部3015、3016、3017、3018は、イーサネット(登録商標)処理部3011とIP処理部3012とトランスポート処理部3013とアプリケーション処理部3014とネットワーク管理情報蓄積部302とに複数の種類のキャリア信号及び主信号の複数の種類別に管理情報を振り分ける。
【0027】
ネットワーク管理情報蓄積部302は、イーサネット(登録商標)情報蓄積部3021、IP情報蓄積部3022、トランスポート情報蓄積部3023及びアプリケーション情報蓄積部3024を具備している。イーサネット(登録商標)情報蓄積部3021、IP情報蓄積部3022、トランスポート情報蓄積部3023及びアプリケーション情報蓄積部3024の各々は、複数のキャリア別振り分け部3015、3016、3017、3018の各々により振り分けられた管理情報を蓄積する。
【0028】
イーサネット(登録商標)情報蓄積部3021は、キャリアA情報部3031、キャリアB情報部3032及びキャリアC情報部3033を具備している。キャリアA情報部3031、キャリアB情報部3032及びキャリアC情報部3033は、イーサネット(登録商標)処理部3011がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのパケットの管理情報を蓄積するものである。
【0029】
IP情報蓄積部3022は、キャリアA情報部3041、キャリアB情報部3042及びキャリアC情報部3043を具備している。キャリアA情報部3041、キャリアB情報部3042及びキャリアC情報部3043は、IP処理部3012がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのパケットの管理情報を蓄積するものである。
【0030】
トランスポート情報蓄積部3023は、キャリアA情報部3051、キャリアB情報部3052及びキャリアC情報部3053を具備している。キャリアA情報部3051、キャリアB情報部3052及びキャリアC情報部3053は、トランスポート処理部3013がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのパケットの管理情報を蓄積するものである。
【0031】
アプリケーション情報蓄積部3024は、キャリアA情報部3061、キャリアB情報部3062及びキャリアC情報部3063を具備している。キャリアA情報部3061、キャリアB情報部3062及びキャリアC情報部3063は、アプリケーション処理部3014がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのパケットの管理情報を蓄積するものである。
【0032】
前記管理情報を蓄積するテーブルとしては、例えば、図4〜図7に示すようにアプリケーション管理情報テーブル、トランスポート管理情報テーブル、IP管理情報テーブル及びイーサネット(登録商標)管理情報テーブルがある。
【0033】
次に、本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置100の動作をより具体的に図面を参照して説明する。
【0034】
まず、パケット交換装置100による受信処理について、説明する。
【0035】
イーサネット(登録商標)処理部3011は、送受信部101からパケットを受信すると、このパケットのキャリア識別子によりパケットがキャリア信号A、B、Cのいずれの信号のものであるかを判断して、イーサネット(登録商標)処理部3011がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのいずれかのパケットの管理情報をイーサネット(登録商標)情報蓄積部3021から読み出して、読み出した管理情報でパケットをイーサネット(登録商標)処理する。次に、イーサネット(登録商標)処理部3011は、イーサネット(登録商標)処理の時に生成した管理情報をイーサネット(登録商標)情報蓄積部3021に与えて蓄積させ、かつ、パケットをIP処理部3012に転送する。
【0036】
次に、IP処理部3012は、パケットを受信すると、このパケットのキャリア識別子
によりパケットがキャリア信号A、B、Cのいずれの信号のものであるかを判断して、IP処理部3012がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのいずれかのパケットの管理情報をIP情報蓄積部3022から読み出して、読み出した管理情報でパケットをIP処理する。次に、IP処理部3012は、IP処理の時に生成した管理情報をIP情報蓄積部3022に与えて蓄積させ、かつ、パケットをトランスポート処理部3013に転送する。
【0037】
次に、トランスポート処理部3013は、パケットを受信すると、このパケットのキャリア識別子によりパケットがキャリア信号A、B、Cのいずれの信号のものであるかを判断して、トランスポート処理部3013がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのいずれかのパケットの管理情報をトランスポート情報蓄積部3023から読み出して、読み出した管理情報でパケットをトランスポート処理する。次に、トランスポート処理部3013は、トランスポート処理の時に生成した管理情報をトランスポート情報蓄積部3023に与えて蓄積させ、かつ、パケットをアプリケーション処理部3014に転送する。
【0038】
次に、アプリケーション処理部3014は、パケットを受信すると、このパケットのキャリア識別子によりパケットがキャリア信号A、B、Cのいずれの信号のものであるかを判断して、アプリケーション処理部3014がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのいずれかのパケットの管理情報をアプリケーション情報蓄積部3024から読み出して、読み出した管理情報でパケットをアプリケーション処理する。次に、アプリケーション処理部3014は、アプリケーション処理の時に生成した管理情報をアプリケーション情報蓄積部3024に与えて蓄積させる。
【0039】
次に、パケット交換装置100による送信処理について、説明する。
【0040】
アプリケーション処理部3014は、パケットを送信する時に、このパケットのキャリア識別子によりパケットがキャリア信号A、B、Cのいずれの信号のものであるかを判断して、アプリケーション処理部3014がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのいずれかのパケットの管理情報をアプリケーション情報蓄積部3024から読み出して、読み出した管理情報でパケットをアプリケーション処理する。次に、アプリケーション処理部3014は、アプリケーション処理の時に生成した管理情報をアプリケーション情報蓄積部3024に与えて蓄積させ、かつ、パケットをトランスポート処理部3013に転送する。
【0041】
次に、トランスポート処理部3013は、パケットを受信すると、このパケットのキャリア識別子によりパケットがキャリア信号A、B、Cのいずれの信号のものであるかを判断して、トランスポート処理部3013がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのいずれかのパケットの管理情報をトランスポート情報蓄積部3023から読み出して、読み出した管理情報でパケットをトランスポート処理する。次に、トランスポート処理部3013は、トランスポート処理の時に生成した管理情報をトランスポート情報蓄積部3023に与えて蓄積させ、かつ、パケットをIP処理部3012に転送する。
【0042】
次に、IP処理部3012は、パケットを受信すると、このパケットのキャリア識別子によりパケットがキャリア信号A、B、Cのいずれの信号のものであるかを判断して、IP処理部3012がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのいずれかのパケットの管理情報をIP情報蓄積部3022から読み出して、読み出した管理情報でパケットをIP処理する。次に、IP処理部3012は、IP処理の時に生成した管理情報をIP情報蓄積部3022に与えて蓄積させ、かつ、パケットをイーサネット(登録商標)処理部3011に転送する。
【0043】
次に、イーサネット(登録商標)処理部3011は、パケットを受信すると、このパケットのキャリア識別子によりパケットがキャリア信号A、B、Cのいずれの信号のものであるかを判断して、イーサネット(登録商標)処理部3011がパケットを処理する時に用いるキャリア信号A、B、Cのいずれかのパケットの管理情報をイーサネット(登録商標)情報蓄積部3021から読み出して、読み出した管理情報でパケットをイーサネット(登録商標)処理する。次に、イーサネット(登録商標)処理部3011は、イーサネット(登録商標)処理の時に生成した管理情報をイーサネット(登録商標)情報蓄積部3021に与えて蓄積させ、かつ、パケットを送受信部101に転送する。
【産業上の利用可能性】
【0044】
本発明は、複数の種類の管理ネットワークで用いられる複数の種類のキャリア信号のパケット及びユーザが用いる複数の種類の主信号用ネットワークの複数の種類の主信号のパケットを処理することができる効果を有し、パケット交換装置に有用である。
【図面の簡単な説明】
【0045】
【図1】本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置の構成を示すブロック図
【図2】本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置を有する通信ネットワークを示す図
【図3】本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置の監視制御部の構成を示すブロック図
【図4】本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置のアプリケーション管理情報テーブルを説明するための図
【図5】本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置のトランスポート管理情報テーブルを説明するための図
【図6】本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置のIP管理情報テーブルを説明するための図
【図7】本発明の一実施の形態に係るパケット交換装置のイーサネット(登録商標)管理情報テーブルを説明するための図
【符号の説明】
【0046】
100 パケット交換装置
101 送受信部
102 監視制御部
201、202、203 管理ネットワーク
211、212 主信号用ネットワーク
301 ネットワーク処理部
302 ネットワーク管理情報蓄積部
3011 イーサネット(登録商標)処理部
3012 IP処理部
3013 トランスポート処理部
3014 アプリケーション処理部
3015、3016、3017、3018 キャリア別振り分け部
3021 イーサネット(登録商標)情報蓄積部
3022 IP情報蓄積部
3023 トランスポート情報蓄積部
3024 アプリケーション情報蓄積部
【出願人】 【識別番号】000187725
【氏名又は名称】パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社
【住所又は居所】神奈川県横浜市都筑区佐江戸町600番地
【識別番号】399035766
【氏名又は名称】エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
【住所又は居所】東京都千代田区内幸町一丁目1番6号
【出願日】 平成17年9月5日(2005.9.5)
【代理人】 【識別番号】100105050
【弁理士】
【氏名又は名称】鷲田 公一

【公開番号】 特開2006−109423(P2006−109423A)
【公開日】 平成18年4月20日(2006.4.20)
【出願番号】 特願2005−257126(P2005−257126)