トップ :: A 生活必需品 :: A63 スポ−ツ;ゲ−ム;娯楽

【発明の名称】 遊技用システム
【発明者】 【氏名】戸崎 智弘
【住所又は居所】群馬県桐生市境野町6丁目460番地 株式会社三共内

【要約】 【課題】遊技者が遊技場内や遊技場外の販売装置に出向いて商品を確認して購入しなければならない不便を解消すること

【解決手段】遊技用装置3と管理装置100、140とから成り管理装置100、140は、商品管理コンピュータ17、18からの遊技用装置において販売する商品リスト情報を遊技用装置に送信し、遊技用装置3は受信した商品リストを表示して商品の購入希望を遊技者から受付け、購入希望を受付けた商品の商品特定情報を含む購入希望情報を前記管理装置に送信するとともに、商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさを、遊技用記録媒体に記録されている遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさから減算し、前記管理装置は、購入希望情報に含まれる商品特定情報と、当該商品特定情報から特定される商品の購入希望者を特定可能な購入者特定情報とを含む購入希望商品リスト情報を前記商品管理コンピュータ17、18に対して送信する。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
遊技機に対応して設けられ、遊技媒体の貸与に使用される遊技用価値の大きさを特定可能な遊技用価値情報が記録された遊技用記録媒体の該遊技用価値情報から特定される遊技用価値を使用して遊技媒体を貸与するための貸与処理を行う貸与処理手段と、該貸与処理に供される遊技用価値の大きさを特定可能な売上情報を送信する売上情報送信手段と、を備える遊技用装置と、
遊技用装置に接続され、前記売上情報送信手段から送信される売上情報に基づいて、該遊技用装置における前記貸与処理に供された遊技用価値の大きさを管理する管理装置と、
から成る遊技用システムであって、
前記管理装置は、
前記遊技用装置において販売する商品の商品名と該商品の販売価格とを含む商品リスト情報を管理する商品管理コンピュータから該商品リスト情報を受信する受信手段と、
該受信手段により受信した商品リスト情報を前記遊技用装置に送信する商品リスト情報送信手段と、
を備え、
前記遊技用装置は、
前記商品リスト情報送信手段から送信された商品リスト情報に含まれる商品名と該商品の販売価格とを表示するための表示手段と、
該表示手段に表示された商品の購入希望を遊技者から受付けるための購入希望受付け手段と、
該購入希望受付け手段にて購入希望を受付けた商品を特定可能な商品特定情報を含む購入希望情報を前記管理装置に送信する購入希望情報送信手段と、
前記購入希望受付け手段にて購入希望を受付けた商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさを、前記遊技用記録媒体の遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさから減算するための商品代金精算処理を実施する商品代金精算処理手段と、
を備え、
前記管理装置は、
前記購入希望情報送信手段から送信される購入希望情報に含まれる商品特定情報と、当該商品特定情報から特定される商品の購入希望者である遊技者を特定可能な購入者特定情報とを含む購入希望商品リスト情報を前記商品管理コンピュータに対して送信する購入希望商品リスト情報送信手段を備えることを特徴とする遊技用システム。
【請求項2】
前記遊技用装置は、
会員登録を実施することで会員となった会員遊技者に対して発行され、各会員遊技者を個々に識別可能な会員識別情報が記録された前記遊技用記録媒体としての会員用記録媒体を受付けて、該受付けた会員用記録媒体の記録情報を読み出す読み出し手段と、
該読み出し手段にて読み出した会員識別情報を前記管理装置に送信する会員識別情報送信手段と、
を備え、
前記購入希望商品リスト情報送信手段は、
前記読み出し手段にて会員用記録媒体が受付けられているときに前記購入希望受付け手段にて購入希望が受付けられたことに基づく購入希望情報を前記購入希望情報送信手段から受信したときには、前記購入者特定情報として前記会員識別情報送信手段から送信された会員識別情報を含む購入希望商品リスト情報を送信し、
前記読み出し手段にて会員用記録媒体が受付けられていないときに前記購入希望受付け手段にて購入希望が受付けられたことに基づく購入希望情報を前記購入希望情報送信手段から受信したときには、前記購入者特定情報として前記遊技用装置にて遊技者から受付けた本人確認情報或いは前記遊技用装置の表示手段にて表示した本人確認情報を含む購入希望商品リスト情報を送信することを特徴とする請求項1に記載の遊技用システム。
【請求項3】
前記受信手段は、前記商品リスト情報とともに当該商品リスト情報を遊技用装置に送信する時間帯を特定可能な時間帯情報を受信し、
前記商品リスト情報送信手段は、時間帯情報とともに受信した商品リスト情報を、当該商品リスト情報の受信の報知を指示する報知指示とともに該時間帯情報から特定される時間帯において遊技用装置に送信し、
前記遊技用装置は、該商品リスト情報および報知指示を受信したときに、該商品リスト情報を受信したことを報知する報知手段を備えることを特徴とする請求項1または2に記載の遊技用システム。
【請求項4】
前記遊技用装置は、
貨幣を受付けて、該受付けた貨幣の真贋と貨幣種別とを識別する貨幣識別手段と、
前記貨幣識別手段にて貨幣を受付けたときに、該貨幣識別手段にて識別された識別金額の範囲内の所定額に相当する遊技用価値の大きさを、前記遊技用記録媒体の遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさに加算更新するための価値加算処理を行う価値加算処理手段と、
を備え、
前記購入希望受付け手段にて購入希望を受付けた商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさが、前記遊技用記録媒体の遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさよりも大きいときに、前記価値加算処理を有効とし、
前記商品代金精算処理手段は、前記価値加算処理による加算更新後の遊技用価値の大きさから購入希望を受付けた商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさを減算するための商品代金精算処理を実施することを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載の遊技用システム。
【請求項5】
前記商品リストは、当該商品リストに含まれる各商品が予め定められた固定グループと変動グループのいずれのグループに属する商品であるかを示す種別情報を含み、
前記管理装置は、
前記受信手段にて前記商品管理コンピュータから受信した商品リスト情報を記憶するための商品リスト情報記憶手段を備え、
前記商品管理コンピュータから新たに商品リスト情報を受信したときに、前記商品リスト情報記憶手段に記憶されている商品リスト情報を更新するとともに該更新日時を記憶し、
商品リスト情報送信手段は、前記更新日時から所定期間が経過したことを条件に、前記種別情報から判別される変動グループに属する商品の商品リスト情報を送信しないことを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の遊技用システム。
【請求項6】
前記管理装置は、複数の各遊技場内に設置される場内管理装置と、これら各場内管理装置と接続され、遊技場外の管理機関に設けられた場外管理装置とから構成され、
前記場外管理装置は、
前記受信手段にて複数の商品管理コンピュータから商品リスト情報を受信し、
複数の各商品管理コンピュータから受信する各商品リスト情報の配信先となる場内管理装置を特定可能な情報を記憶するための商品リスト配信先情報記憶手段と、
各商品リスト情報を前記商品リスト配信先情報記憶手段の記憶情報から特定される場内管理装置に対して配信する配信手段と、を備え、
前記場内管理装置は、該配信手段から受信した商品リスト情報を前記商品リスト情報送信手段により前記遊技用装置に送信することを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の遊技用システム。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、会員カードやビジターカード等の遊技媒体、例えばパチンコ玉の貸与に使用される遊技用価値であるカード残額等を使用してパチンコ玉を貸与するカードユニット等の遊技用装置と、該パチンコ玉を貸与に使用された遊技用価値を管理する管理装置とから成る遊技用システムに関する。
【背景技術】
【0002】
従来の遊技用システムにおいて、遊技用装置であるカードユニットにおいてプリペイドカードの度数を使用してパチンコ玉の貸与を受けて遊技を実施できるとともに、これらプリペイドカードの度数を使用して自動販売機等のカードユニット以外の装置において、例えば煙草や飲料水等の商品を購入することのできるものがある(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
【特許文献1】特開2003−236216号公報(第9頁)
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1にあっては、商品を購入できる自動販売機等の装置が、遊技場内にある場合には、遊技者は、商品を購入するために遊技を中断して自動販売機等の装置に出向いてどのような商品があるかを確認して、これら商品の中から所望の商品を選択して購入しなければならないという手間がかかり、これら商品を購入できる自動販売機等の装置が、遊技場外の他の店舗等に設置されている場合には、遊技終了後において、当該店舗に出向いてどのような商品があるかを確認して、これら商品の中から所望の商品を選択して購入する必要があり、遊技者は、遊技用内または遊技場外の自動販売機等の装置に出向いてどのような商品があるかを確認して所望の商品を選択し、プリペイドカードを使用して支払いを行わなければならず、遊技者にとって不便であるという問題があった。
【0005】
本発明は、このような問題点に着目してなされたもので、遊技者が遊技場内や遊技場外の販売装置に出向いて、どのような商品があるかを確認して所望の商品を選択し、プリペイドカードによる支払いを行わなければならない不便を解消することのできる遊技用システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記課題を解決するために、本発明の請求項1に記載の遊技用システムは、
遊技機に対応して設けられ、遊技媒体の貸与に使用される遊技用価値の大きさを特定可能な遊技用価値情報が記録された遊技用記録媒体の該遊技用価値情報から特定される遊技用価値を使用して遊技媒体を貸与するための貸与処理を行う貸与処理手段と、該貸与処理に供される遊技用価値の大きさを特定可能な売上情報を送信する売上情報送信手段と、を備える遊技用装置と、
遊技用装置に接続され、前記売上情報送信手段から送信される売上情報に基づいて、該遊技用装置における前記貸与処理に供された遊技用価値の大きさを管理する管理装置と、
から成る遊技用システムであって、
前記管理装置は、
前記遊技用装置において販売する商品の商品名と該商品の販売価格とを含む商品リスト情報を管理する商品管理コンピュータから該商品リスト情報を受信する受信手段と、
該受信手段により受信した商品リスト情報を前記遊技用装置に送信する商品リスト情報送信手段と、
を備え、
前記遊技用装置は、
前記商品リスト情報送信手段から送信された商品リスト情報に含まれる商品名と該商品の販売価格とを表示するための表示手段と、
該表示手段に表示された商品の購入希望を遊技者から受付けるための購入希望受付け手段と、
該購入希望受付け手段にて購入希望を受付けた商品を特定可能な商品特定情報を含む購入希望情報を前記管理装置に送信する購入希望情報送信手段と、
前記購入希望受付け手段にて購入希望を受付けた商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさを、前記遊技用記録媒体の遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさから減算するための商品代金精算処理を実施する商品代金精算処理手段と、
を備え、
前記管理装置は、
前記購入希望情報送信手段から送信される購入希望情報に含まれる商品特定情報と、当該商品特定情報から特定される商品の購入希望者である遊技者を特定可能な購入者特定情報とを含む購入希望商品リスト情報を前記商品管理コンピュータに対して送信する購入希望商品リスト情報送信手段を備えることを特徴としている。
この特徴によれば、商品リスト情報が管理装置から遊技用装置に送信されて、該遊技用装置にて購入可能な商品として表示されることで、遊技者は、例えば自動販売機等の販売装置に離席して出向くことなく、どのような商品が購入できるかを遊技を行いながら確認して購入希望の商品を選択し、遊技用記録媒体の遊技用価値の大きさを使用して購入できるため、遊技者の利便性が向上する。
【0007】
本発明の請求項2に記載の遊技用システムは、請求項1に記載の遊技用システムであって、
前記遊技用装置は、
会員登録を実施することで会員となった会員遊技者に対して発行され、各会員遊技者を個々に識別可能な会員識別情報が記録された前記遊技用記録媒体としての会員用記録媒体を受付けて、該受付けた会員用記録媒体の記録情報を読み出す読み出し手段と、
該読み出し手段にて読み出した会員識別情報を前記管理装置に送信する会員識別情報送信手段と、
を備え、
前記購入希望商品リスト情報送信手段は、
前記読み出し手段にて会員用記録媒体が受付けられているときに前記購入希望受付け手段にて購入希望が受付けられたことに基づく購入希望情報を前記購入希望情報送信手段から受信したときには、前記購入者特定情報として前記会員識別情報送信手段から送信された会員識別情報を含む購入希望商品リスト情報を送信し、
前記読み出し手段にて会員用記録媒体が受付けられていないときに前記購入希望受付け手段にて購入希望が受付けられたことに基づく購入希望情報を前記購入希望情報送信手段から受信したときには、前記購入者特定情報として前記遊技用装置にて遊技者から受付けた本人確認情報或いは前記遊技用装置の表示手段にて表示した本人確認情報を含む購入希望商品リスト情報を送信することを特徴としている。
この特徴によれば、会員遊技者のみならず、会員遊技者以外の通常の遊技者であっても、遊技用装置において商品を購入することができるようになるため、商品購入による売上を向上できる。さらに、会員遊技者にあっては、会員用記録媒体を携行していれば、本人確認情報の入力や記憶の手間がなく、会員遊技者の利便性が向上する。
【0008】
本発明の請求項3に記載の遊技用システムは、請求項1または2に記載の遊技用システムであって、
前記受信手段は、前記商品リスト情報とともに当該商品リスト情報を遊技用装置に送信する時間帯を特定可能な時間帯情報を受信し、
前記商品リスト情報送信手段は、時間帯情報とともに受信した商品リスト情報を、当該商品リスト情報の受信の報知を指示する報知指示とともに該時間帯情報から特定される時間帯において遊技用装置に送信し、
前記遊技用装置は、該商品リスト情報および報知指示を受信したときに、該商品リスト情報を受信したことを報知する報知手段を備えることを特徴としている。
この特徴によれば、例えば、タイムサービス品等を的確なタイミングにて遊技者に提供することができ、商品購入を促進できる。
【0009】
本発明の請求項4に記載の遊技用システムは、請求項1〜3のいずれかに記載の遊技用システムであって、
前記遊技用装置は、
貨幣を受付けて、該受付けた貨幣の真贋と貨幣種別とを識別する貨幣識別手段と、
前記貨幣識別手段にて貨幣を受付けたときに、該貨幣識別手段にて識別された識別金額の範囲内の所定額に相当する遊技用価値の大きさを、前記遊技用記録媒体の遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさに加算更新するための価値加算処理を行う価値加算処理手段と、
を備え、
前記購入希望受付け手段にて購入希望を受付けた商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさが、前記遊技用記録媒体の遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさよりも大きいときに、前記価値加算処理を有効とし、
前記商品代金精算処理手段は、前記価値加算処理による加算更新後の遊技用価値の大きさから購入希望を受付けた商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさを減算するための商品代金精算処理を実施することを特徴としている。
この特徴によれば、遊技用記録媒体の遊技用価値が購入希望の商品の代金に不足している場合であっても、貨幣を投入して遊技用価値の大きさを増やすことができるので、商品の購入をキャンセルする必要がなく、遊技者の利便性を向上できる。
【0010】
本発明の請求項5に記載の遊技用システムは、請求項1〜4のいずれかに記載の遊技用システムであって、
前記商品リストは、当該商品リストに含まれる各商品が予め定められた固定グループと変動グループのいずれのグループに属する商品であるかを示す種別情報を含み、
前記管理装置は、
前記受信手段にて前記商品管理コンピュータから受信した商品リスト情報を記憶するための商品リスト情報記憶手段を備え、
前記商品管理コンピュータから新たに商品リスト情報を受信したときに、前記商品リスト情報記憶手段に記憶されている商品リスト情報を更新するとともに該更新日時を記憶し、
商品リスト情報送信手段は、前記更新日時から所定期間が経過したことを条件に、前記種別情報から判別される変動グループに属する商品の商品リスト情報を送信しないことを特徴としている。
この特徴によれば、在庫や価格に変動の多い変動グループに属する商品の商品リスト情報を高頻度にて商品管理コンピュータから受信して商品リスト情報を更新し、在庫や価格に変動の少ない固定グループに属する商品の商品リスト情報は低頻度にて商品管理コンピュータから受信して商品リスト情報を更新すれば良く、これら商品リスト情報の受信に伴う通信負荷や通信コストを低減できるとともに、何らかの不具合やリストの作成ミス等により変動グループに属する商品リストが更新されずに残っていても、当該商品リストが、更新から所定期間が経過することで送信されないようになるので、これらの更新されずに残っている変動グループに属する商品の商品リスト情報が遊技用装置に配信されることによる不都合の発生を防止できる。
【0011】
本発明の請求項6に記載の遊技用システムは、請求項1〜5のいずれかに記載の遊技用システムであって、
前記管理装置は、複数の各遊技場内に設置される場内管理装置と、これら各場内管理装置と接続され、遊技場外の管理機関に設けられた場外管理装置とから構成され、
前記場外管理装置は、
前記受信手段にて複数の商品管理コンピュータから商品リスト情報を受信し、
複数の各商品管理コンピュータから受信する各商品リスト情報の配信先となる場内管理装置を特定可能な情報を記憶するための商品リスト配信先情報記憶手段と、
各商品リスト情報を前記商品リスト配信先情報記憶手段の記憶情報から特定される場内管理装置に対して配信する配信手段と、を備え、
前記場内管理装置は、該配信手段から受信した商品リスト情報を前記商品リスト情報送信手段により前記遊技用装置に送信することを特徴としている。
この特徴によれば、各遊技場に設置されている場内管理装置へ商品リスト情報が、場外管理装置から送信されるようになるため、販売者が複数の遊技場に商品リスト情報を送信したい場合に、これら複数の遊技場の場内管理装置へ商品リスト情報を配信するための通信手段を独自に設ける必要がなく、場外管理装置のみに商品リスト情報を送信するのみで、多くの遊技場に商品リスト情報を提供できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0012】
本発明の実施例を以下に説明する。
【実施例】
【0013】
本発明の実施例を図面に基づいて説明すると、先ず図1は本実施例の遊技用システムの構成を示す図であり、該図1に示すように本実施例の遊技用システムは、遊技場において複数配置された遊技島に並設される遊技機としてのカードリーダ式パチンコ機(以下パチンコ機)2に対して1対1に設置される本発明の遊技用装置としてのカードユニット3と、該遊技場内の所定位置に設置され、カードユニット3において使用される遊技用記録媒体である会員カードやビジターカードの管理や、これら会員カードやビジターカードから後述する貸与処理に使用された遊技用価値である使用金額の大きさの管理等を行う本発明の場内管理装置としてのシステムコントローラ100と、遊技場外のカード管理会社に設置され、各遊技場において使用される会員カードやビジターカードに関する情報や、各遊技場の売上となる貸与処理に使用された金額の大きさを管理する本発明の場外管理装置としての管理サーバ140とから主に構成されている。
【0014】
また、システムコントローラ100は通信回線11を介してカード管理会社に設置された管理サーバ140と相互にデータ通信可能に接続されており、システムコントローラ100にて収集、管理されている当該遊技場の各カードユニット3にて使用された使用金額や入金等の情報が、売上等の営業情報とともに管理サーバ140に送信されるとともに、管理サーバ140からの商品リストやタイムサービス商品リストがシステムコントローラ100に送信(配信)されるようになっている。
【0015】
また、本実施例の管理サーバ140は、インターネット網を介して、各遊技場のカードユニット3において遊技者に対して販売する各種商品を提供する各商品提供店舗a,bに設置されて、カードユニット3において販売する各種商品を管理する商品管理コンピュータ17や、提携関係やチェーン店関係等にある各商品提供店舗c−1、c−2、c−3に接続されて、これら各商品提供店舗c−1、c−2、c−3を管轄する親会社やチェーン店本部等に設置されている商品管理サーバ18に接続されており、これら商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18から各遊技場のカードユニット3において遊技者に対して販売する各種商品の商品名や商品価格や商品種別等を含む商品リスト情報やタームサービス商品リスト情報を受信できるようになっている。
【0016】
そして、各遊技場に設置された各カードユニット3は、システムコントローラ100とハブ(HUB)8’(図3参照)並びに通信ケーブル8を介して双方向のデータ通信可能に接続されていて、各接続機器にはそれぞれローカルIPアドレスが付与されてローカルエリアネットワーク(LAN)が形成されており、該ローカルエリアネットワーク(LAN)に接続されている各機器には、ローカルIPアドレス以外に当該機器を個々に識別可能な装置IDが付与されており、当該LANに接続された各機器(装置)が装置IDとローカルIPアドレスとが対応付けられたIPアドレステーブルを有することで、装置IDからローカルIPアドレスを特定して、当該装置IDの機器(装置)との送受信を実施できるようになっている。
【0017】
初めに、本実施例にて用いた遊技用記録媒体について説明すると、本実施例では予め会員登録をした会員遊技者に対して発行される会員カードと、カードユニット3に装着されているプリペイドカードであるビジターカードと、の2種類のICカードを遊技用記録媒体として使用している。
【0018】
まず、本発明の会員カードについて説明すると、この会員カードには、カードユニット3内に設けられている後述のカードリーダライタ327と非接触にてデータ通信を行うことが可能な非接触式ICカードが適用されており、その内部メモリには、各会員カードを個別に識別可能とされる記録媒体識別情報であるとともに、遊技媒体であるパチンコ玉の貸与(貸出)に使用される遊技用価値となるカード残額を特定可能な遊技用価値特定情報となる会員カードIDや、各会員遊技者を個々に識別可能な会員識別情報となる会員ID、カードユニット3とシステムコントローラ100との通信がオフライン状態の場合に使用されるセキュリティー情報等が書き換え不可に記録されているとともに、パチンコ玉の貸出(貸与)しに使用される遊技用価値の大きさを特定可能な遊技用価値情報となるカード残額等の各情報が書き換え可能に記憶されている。
【0019】
また、本実施例に用いたカードユニット3に装着されるビジターカードも、各辺の長さが前記会員カードの各辺の長さより若干短い略長方形の非接触ICカードとされており、該ビジターカードに搭載されている集積回路の内部メモリには、各ビジターカードを個別に識別可能なビジターカードID並びに当該ビジターカードが使用される使用店等が書き換え不可に記録されているとともに、会員カードの未挿入時にカードユニット3に投入される金額や、装着されているカードユニット3の装置ID、並びに書き換え回数情報等の情報等が書き換え可能に記憶されている。
【0020】
次いで、本発明における遊技用装置としてのカードユニット3について説明すると、カードユニット3は、対応するパチンコ機2と直接接続されており、カードユニット3と対応するパチンコ機2との間でパチンコ玉の貸与(貸出)等に伴う各種信号の送受が可能とされている。
【0021】
この本実施例のカードユニット3の前面には、図2に示すように、各種表示部と紙幣挿入口302、硬貨投入口303、硬貨返却ボタン304、突出部305、硬貨返却口308、会員カード挿入口309、ビジターカード装着口310が設けられている。
【0022】
カードユニット3の前面に設けられた会員カード挿入口309とビジターカード装着口310とは、遊技者から見て左右方向に並設配置されている。会員カード挿入口309は、内蔵される本発明における読み出し手段となるカードリーダライタ327(図3参照)の会員カードスロット(図示略)に連設されており、この会員カード挿入口309を介して会員カードを会員カードスロットに挿入可能とされている。また、ビジターカード装着口310は、カードリーダライタ327のビジターカード収容室(図示略)に連設されており、このビジターカード装着口310を介してビジターカードをビジターカード収容室に装着可能とされている。
【0023】
カードユニット3の前面には、前方に突出する態様にて突出部305が設けられている。該突出部305において、遊技者側に向けられた面には、表示部312と、メインメニュー画面を表示させるためのメニュースイッチ316と、データ画面(図示略)を表示させるためのデータスイッチ318と、遊技者が後述する貯蓄玉数を用いた再プレイ遊技を実施するための再プレイスイッチ319と、再プレイスイッチ319の操作が有効であることを報知するための再プレイ表示部320とが設けられており、該表示部312の表面には、表示部312に表示された表示項目(選択入力部)を指触により入力可能とするためのタッチパネル314が設けられている。
【0024】
図3は、本実施例のカードユニット3の構成を示すブロック図である。カードユニット3は、カードリーダライタ327と、表示制御基板329並びに制御ユニット328と、から主に構成されており、カードリーダライタ327及び表示制御基板329は、制御ユニット328と接続され、各種データの送受が可能とされている。
【0025】
この本実施例の制御ユニット328には、ROM328cに記憶されている制御プログラムに基づいて制御ユニット328が実施する各種処理を行うマイクロプロセッシングユニット(MPU)328aや、後述するように、表示部312に表示される商品リストのデータや、タイムサービス商品リストのデータや、受付け中の会員カードから読み出した各種の情報等が記憶されるRAM328bや、その時点の時刻情報を出力可能なリアルタイムクロック(RTC)328dが搭載されている。
【0026】
カードリーダライタ327は、会員カードやビジターカードに記録されている会員カードIDやビジターカードID、会員ID、並びにカード残額や金額等の記録情報の読み取り並びにカード残額や金額の書き込みを行う。つまり、会員登録を実施することで会員となった会員遊技者に対して発行され、各会員遊技者を個々に識別可能な会員IDが記録された会員カードを受付けて、該受付けた会員カードの記録情報を読み出す読み出し手段が該カードリーダライタ327によって形成されている。
【0027】
表示制御基板329には、前述した液晶表示器313、タッチパネル314、各種スイッチ類(メニュースイッチ316a、データスイッチ318a、再プレイスイッチ319a)や前述した再プレイ表示部320内に設けられた再プレイLED320a等の電子部品が接続されている。
【0028】
表示制御基板329に接続されている電子部品のうちタッチパネル314、各種スイッチ類(メニュースイッチ316a、データスイッチ318a、再プレイスイッチ319a)は、表示制御基板329を介して制御ユニット328に接続されており、タッチパネル314による位置検出情報や各スイッチの検出信号が制御ユニット328に入力される。また、再プレイLED320aも、表示制御基板329を介して制御ユニット328に接続されており、その点灯制御が制御ユニット328により行われる。
【0029】
また、表示制御基板329は、液晶表示器313の表示駆動を行う表示駆動回路や、前記タッチパネル314からの出力信号に基づいて押圧操作された位置を特定して該特定した入力位置情報を出力する入力位置検出回路や、表示駆動回路の表示処理や画像合成処理に使用されるVRAMや、各種スイッチが接続されてスイッチからの信号が入力されるI/Oポートを含み、制御ユニット328から出力された各種画面等の表示データを液晶表示器313に表示する制御を行う。
【0030】
制御ユニット328には、表示制御基板329を介して接続されたスイッチや表示器等の電子部品に加えて、本発明における貨幣識別手段となる紙幣識別ユニット321、硬貨識別ユニット322が接続されている。
【0031】
紙幣識別ユニット321は、紙幣挿入口302に投入された紙幣を取り込んでその真贋や紙幣種別の識別を行う。また、硬貨識別ユニット322は、硬貨投入口303より投入された硬貨の真贋並びに硬貨種別の識別を行う。
【0032】
また、制御ユニット328には、特に図示しないが、接続されたパチンコ機2に設けられ、パチンコ玉の貸出に使用できるカード残額を表示する残額表示器や、パチンコ玉の貸出を行う際に操作される貸出ボタンの操作を検知する貸出スイッチ、受付け中の会員カードを返却させる際に操作される返却ボタンの操作を検知する返却スイッチが接続されている。
【0033】
本実施例の制御ユニット328は、各種スイッチの検出信号やタッチパネル314の位置検出情報、紙幣識別ユニット321や硬貨識別ユニット322による識別信号等を受けて、制御ユニット328に接続されているLED、カードリーダライタ327、表示コントローラ329の制御等、全体の動作制御等の各種処理を実行する。
【0034】
また、本実施例の制御ユニット328は、対応するパチンコ機2の図示しない賞球数制御基板と接続されており、該賞球数制御基板との間において玉貸処理に伴う各種信号の送受が実施可能とされているとともに、通信部334並びにHUB8’を介してシステムコントローラ100とデータ通信可能に接続されており、挿入された会員カードに記録された会員カードIDによる認証やカード残額の確認等をシステムコントローラ100との間で行う。
【0035】
また、本実施例の制御ユニット328は、システムコントローラ100から送信される商品リスト情報またはタイムサービス商品リスト情報の受信に基づいて、該商品リスト情報並びにタイムサービス商品リスト情報を制御ユニット328に設けられているRAM328b(図3参照)に記憶する商品リスト情報記憶処理を実施する。
【0036】
また、本実施例の制御ユニット328は、会員カード挿入口309に挿入された会員カードに対してシステムコントローラ100と連携して利用の可/不可を判別する受付処理を行う。
【0037】
また、本実施例の制御ユニット328は、該受付処理において受付けられた会員カードより読み出されたカード残額が残存する場合であって、後述する図13(d)に示すカード残額遊技画面の「玉貸」の選択入力部の選択入力、或いはパチンコ機2に備えられる貸出ボタンの操作が検出された場合に、カードリーダライタ327にて受付けた会員カードから読み出した遊技用価値情報であるカード残額の範囲内であり、その時点において貸出単位に設定されている金額に相当する数のパチンコ玉を貸与するための貸与処理を行い、該貸与処理によって本発明における貸与処理手段が形成されている。具体的には、例えばパチンコ玉の貸出単価が4円である場合であれば、100円に相当する単位玉貸数となる25球のパチンコ玉の貸出指示信号を対応するパチンコ機2に送信することを、貸出単位に設定されている金額分、例えば500円であれば5回分繰返し実施することで、貸出単位に設定されている金額分のパチンコ球の貸与を実施する。
【0038】
また、本実施例の制御ユニット328は、前記貸与処理に供された使用金額と装置IDと会員カードIDとを含む、本発明における売上情報となる会員貸与完了情報をシステムコントローラ100に送信する会員貸与完了情報送信処理を実施し、該会員貸与完了情報送信処理によって本発明における売上情報送信手段が形成されている。
【0039】
また、本実施例の制御ユニット328は、会員カードが受付中でかつ残存するカード残額が所定金額(本実施例では1000円)以下、或いは、購入希望の商品の合計額にカード残額が満たない場合であって、紙幣(1000円紙幣、2000円紙幣、5000円紙幣、10000円紙幣)または硬貨(100円硬貨、500円硬貨)が挿入または投入されて識別された場合に、この識別された識別金額を、受付けられている会員カードにその時点において残存するカード残額に加算する価値加算処理を行う。すなわち、貨幣識別手段となる紙幣識別ユニット321、硬貨識別ユニット322にて貨幣を受付けたときに、該識別された識別金額に相当する遊技用価値の大きさを、遊技用記録媒体の遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさに加算更新するための価値加算処理を行い、該価値加算処理によって本発明における価値加算処理手段が形成されている。
【0040】
また、本実施例の制御ユニット328は、会員カードが受付けられていない場合に低額紙幣(1000円紙幣)または硬貨(100円硬貨、500円硬貨)が挿入または投入されて識別された場合に、この識別された金額をビジターカード装着口310に装着されているビジターカードに記録した後、この記録した金額に相当する数のパチンコ玉数を貸与するための発行貸与処理を行い、該発行貸与処理によっても本発明における貸与処理手段が形成されている。
【0041】
また、本実施例の制御ユニット328は、該発行貸与処理に供された識別金額である使用金額と、装置IDと、ビジターカードIDとを含む本発明における売上情報となる発行貸与完了情報をシステムコントローラ100に送信する発行貸与完了情報送信処理を実施し、該発行貸与完了情報送信処理によっても本発明における売上情報送信手段が形成されている。
【0042】
また、本実施例の制御ユニット328は、会員カードが受付中でなく、後述する商品リストの表示による商品購入に際して、購入希望の商品代金に相当する紙幣(1000円紙幣、2000円紙幣、5000円紙幣、10000円紙幣)または硬貨(100円硬貨、500円硬貨)が挿入または投入されて識別された場合に、この識別された識別金額を装着されているビジターカードにその時点において残存する金額(本実施例では「0」)に加算する価値加算処理を行い、該価値加算処理によっても本発明における価値加算処理手段が形成されている。
【0043】
また、本実施例の制御ユニット328は、前記管理サーバ140が実施する後述する商品リスト送信処理並びにタイムサービス商品リスト送信処理において送信され、システムコントローラ100により中継される、該カードユニット3にて販売する商品名と商品価格と当該商品の提供店舗名とを含む商品リストやタイムサービス商品リストをRAM328bに記憶する商品リスト記憶処理を実施するとともに、該記憶した商品リストやタイムサービス商品リストに含まれる商品名と該商品の販売価格とを表示部312に表示する商品リスト表示処理を実施し、該商品リスト表示処理並びに表示部312によって本発明における表示手段が形成されている。
【0044】
また、本実施例の制御ユニット328は、前記管理サーバ140が実施する後述するタイムサービス商品リスト送信処理において送信され、システムコントローラ100により中継されるタイムサービス商品リストとともに報知指示を受信したときに、該タイムサービス商品リストを受信したことを表示部312にメッセージ表示して報知する報知処理を実施し、該報知処理によって本発明における報知手段が形成されている。
【0045】
また、本実施例の制御ユニット328は、前記商品リスト表示処理において表示部312に表示された商品の購入希望を遊技者から受付ける購入希望受付け処理を実施し、該購入希望受付け処理によって本発明における購入希望受付け手段が形成されている。
【0046】
また、本実施例の制御ユニット328は、購入希望受付け処理にて購入希望を受付けた商品を特定可能な商品特定情報である商品番号と、当該商品の商品価格、該カードユニット3の装置ID、会員ID(会員カードを受付け中の時)または暗号番号(会員カードの受付けが無い時)を含む本発明における購入希望情報となる商品購入情報をシステムコントローラ100に送信する商品購入情報送信処理を実施する。すなわち、該商品購入情報送信処理によって、購入希望受付け手段となる購入希望受付け処理にて購入希望を受付けた商品を特定可能な商品特定情報を含む購入希望情報を本発明の管理装置となるシステムコントローラ100に送信する購入希望情報送信手段が形成されているとともに、読み出し手段となるカードリーダライタ327にて読み出した会員IDをシステムコントローラ100に送信する会員識別情報送信手段が形成されている。更には、商品購入情報送信処理が、前記購入希望受付け処理にて購入希望を受付けた商品の販売価格を、遊技用記録媒体となる会員カードに記録されている会員カードIDから特定されるカード残額、或いはビジターカードに記録されているビジターカードIDから特定される金額から減算するための商品代金精算処理にも相当し、該商品代金精算処理によっても本発明の商品代金精算処理手段が形成されている。
【0047】
また、本実施例の制御ユニット328は、前記購入希望受付け処理にて購入希望を受付けた商品の販売価格を、遊技用記録媒体となる会員カード或いはビジターカードに記録されているカード残額や金額から減算更新する本発明における商品代金精算処理となるカード残額更新処理を実施し、該カード残額更新処理によって本発明における商品代金精算処理手段が形成されている。
【0048】
また、本実施例の制御ユニット328は、該カード残額更新処理において、前記価値加算処理による加算更新後のカード残額(会員カード)や金額(ビジターカード)から購入希望を受付けた商品の販売価格(商品価格の合計額)を減算する。
【0049】
また、本実施例の制御ユニット328は、会員遊技者が以前の遊技にて貯蓄した貯蓄玉数を、会員管理コンピュータ120から入手し、この入手した貯蓄玉数を使用して、対応するパチンコ機2に対して払戻要求を出力し、所定数のパチンコ玉の払い戻しを実施させる払戻処理を行う。
【0050】
また、本実施例の制御ユニット328は、カードユニット3と1対1に並設されたパチンコ機2が備える返却ボタンが遊技者により操作された場合に、その時点におけるカード残額を受付け中の会員カードに更新記録し、該更新記録済みの会員カードを返却する返却処理を行う。
【0051】
次に、本発明における場内管理装置であるシステムコントローラ100の構成について図4に基づいて説明すると、該システムコントローラ100は、コンピュータ内部にてデータの送受を行うデータバス101に、後述する記憶装置105に記憶されている処理プログラムに基づいて、後述する会員カードマスターテーブル等の各種データベースの更新処理や、該会員カードマスターテーブルに登録データに基づいてカードユニット3にて受付けた会員カードの使用可否の判定処理等の各種処理を行うCPU102、ワークメモリ等として使用されるRAM103、時刻情報やカレンダ情報を出力するRTC104、磁気ディスクや光磁気ディスクから成る記憶装置105、ファンクションメニュー等が独自に割り当てられた専用化されたキーボードである入力装置106、各種情報を表示出力する表示装置107、各種情報をプリント出力するプリンタ108、カードユニット3(制御ユニット328)とのデータ通信を行う通信部109、前記カード会社に設けられた管理サーバ140と電話回線11を通じてデータ通信を可能とするためのデジタルサービスユニット(DSU)111が接続された通常のコンピュータである。
【0052】
また、前記記憶装置105には、該システムコントローラ100の処理を実施するための処理プログラムに加えて、図5に示す会員情報テーブルや、図6(a)に示すカードマスターテーブルや図6(b)に示すカードユニット別データテーブルが記憶されている。
【0053】
本実施例に用いた会員情報テーブルには、図5に示すように、各会員遊技者の会員IDに対応付けて、各会員遊技者が所有する再度遊技に使用可能な貯蓄玉数と、本人確認のための暗証番号と、来店ポイントと、会員カードを所持する会員遊技者の氏名(名字並びに名前)、性別、年齢、誕生日、職業、住所、電子メールアドレス等の個人情報が登録されている会員情報テーブルが記憶されており、システムコントローラ100において、当該遊技場において会員となった会員遊技者の各種の情報が管理されている。
【0054】
本実施例に用いた会員カードマスターテーブルには、図6(a)に示すように、会員カードの会員IDと会員カードIDとに対応付けて、前回の価値加算処理が実施されたカードユニット3の装置IDと、前回の価値加算処理において繰り越しされたカード残額である繰越金額と、前回の価値加算処理に供された入金金額と、前回の価値加算処理後において遊技または商品の購入に使用された使用金額と、前記繰越金額と入金金額との合計金額のうち未だ使用されていない残存金額と、前記カード会社の管理サーバ140から配信される運用情報に含まれるブラックリスト或いはあみかけリストに基づき、その会員カードが使用不可であるかを示す使用不可情報と、が対応付けて記憶されており、これら会員カードマスターテーブルに登録されている残存金額と各会員カードに記録されているカード残額とが一致するように管理されるとともに、これら残存金額とカード残額とを照合することで各会員カードの使用可否の判定が実施される。
【0055】
本実施例に用いたカードユニット別データテーブルには、図6(b)に示すように、前記カードユニット3の装置IDに対応付けて、当該カードユニット3が設置されている遊技島の島番号と、その通信状況(通信中かオフラインか)と、対応するパチンコ機2の機種名である対応機種と、会員カードを受付け中の場合において該受付け中の会員カードの会員IDと、装着されているビジターカードのビジターカードIDと、カードユニット3において使用された使用金額の集計値である総使用金額と、該総使用金額のうち遊技に使用された金額の集計数である遊技使用金額と、該総使用金額のうち商品の購入に使用された金額の集計数である商品購入使用金額と、前記遊技使用金額のうちビジターカードから使用されたV(ビジター)カード遊技使用金額と、前記商品購入使用金額のうちビジターカードから使用されたV(ビジター)カード商品購入金額と、前記遊技使用金額のうち会員カードから使用された会員カード遊技使用金額と、前記商品購入使用金額のうち会員カードから使用された会員カード商品購入金額とが登録されており、これらカードユニット別データテーブルにおける各種データは、前記カードユニット3からの使用許諾要求や、会員貸与完了情報や、発行貸与完了情報、入金要求、商品購入情報に基づき更新されるようになっていて、各カードユニット3における会員カードの受付け状況が管理され、更には、各カードユニット3毎に遊技での売上と、商品購入での売上が個別に管理されるとともに、全てのカードユニット3の合計を算出することで、遊技場全体の遊技での売上と、商品購入での売上とが個別に管理されるようになっている。
【0056】
また、本実施例のシステムコントローラ100のCPU102は、前記管理サーバ140における後述する商品リスト情報配信処理によって商品リストが配信されてきたときに、該配信されてきた商品リストを各カードユニット3に送信(配信)する商品リスト中継処理を実施し、該商品リスト中継処理によって本発明における商品リスト情報送信手段が形成されている。
【0057】
また、本実施例のシステムコントローラ100のCPU102は、前記管理サーバ140における後述するタイムサービス商品リスト情報配信処理によってタイムサービス商品リストと報知指示とが配信されてきたときに、該配信されてきたタイムサービス商品リストと報知指示とを各カードユニット3に送信(配信)するタイムサービス商品リスト中継処理を実施し、該タイムサービス商品リスト中継処理によって本発明における商品リスト情報送信手段が形成されている。
【0058】
また、本実施例のシステムコントローラ100のCPU102は、カードユニット3の前記商品購入情報送信処理において送信される商品購入情報の受信に応じて、受注番号を生成してカードユニット3に返信するとともに、受信した商品購入情報に含まれる装置IDに代えて該生成した受注番号を含む商品購入情報を管理サーバ140に対して中継する商品購入情報中継処理を実施する。
【0059】
次いで、本発明における場外管理装置である管理サーバ140の構成について説明すると、管理サーバ140は、図7に示すように、コンピュータ内部にてデータの送受を行うデータバス141に、該管理サーバ140が実施する各遊技場にて使用される会員カードに残存するカード残額やビジターカードに残存する金額や使用金額、発行金額や入金金額の管理を行うための処理等の各種処理を行うCPU142、処理時の一時記憶領域等として使用されるRAM143、キーボードやマウス等の入力装置144、磁気ディスクや光磁気ディスクから成る記憶装置145、表示装置146、各遊技場に設置されたシステムコントローラ100とのデータ通信を行うデジタルサービスユニット(DSU)148、インターネット網を介して商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18からの商品リストデータが添付された商品リストメールを受信したり、受注メール等の各種の電子メールを送信するための通信インターフェイス149が接続された処理能力に優れた通常のコンピュータである。
【0060】
また、記憶装置145には、管理サーバ140が実施する処理内容が記述された処理プログラムに加えて、各遊技場の遊技場ID並びに各遊技場において使用されている会員カードやビジターカードの会員カードIDやビジターカードIDに対応付けてカード残額や金額や使用金額等が記憶、管理される図示しないカード管理データベース(DB)や、図8(a)に示す各商品提供店舗の商品リストを記憶するための商品リストデータベースや、図8(b)に示すタイムサービス商品リストテーブルや、図9(a)に示す遊技場情報テーブルや、図9(b)に示す商品提供店舗情報テーブルが記憶されている。
【0061】
本実施例の商品リストデータベースには、図8(a)に示すように、各商品提供店舗の店舗ID並びに店舗名に対応付けて当該商品提供店舗がカードユニット3において提供する商品の商品番号が記憶されているとともに、これら各商品番号に対応付けて、商品名と、該商品の商品価格、該商品が在庫や商品価格の変動が小さい固定グループの商品或いは在庫や商品価格の変動が大きい変動グループの商品かを特定するためのグループ種別、当該商品の情報が更新された更新日とが記憶されており、本実施例では、商品番号の先頭部分にその商品を提供する商品提供店舗の店舗IDを含むようにすることで、商品番号によりその商品を提供する店舗を特定できるようになっており、該商品リストデータベースによって本発明の商品リスト情報記憶手段が形成されている。
【0062】
また、本実施例のタイムサービス商品リストテーブルには、図8(b)に示すように、各タイムサービス商品の商品番号に対応付けて、その商品を提供する店舗の店舗名称が登録される提供店舗と、タイムサービス商品の商品名と、当該商品の商品価格と、そのタイムサービス商品の情報を含むタイムサービス商品リストをカードユニット3に配信して購入の受付けを行う購入受付け時間帯の各情報が記憶されるようになっている。
【0063】
また、本実施例の遊技場情報テーブルには、図9(a)に示すように、各遊技場を個々に識別可能とするための遊技場識別情報である遊技場IDに対応付けて、当該遊技場の遊技場名や、所在地等の当該遊技場に関する情報が記録されているとともに、その遊技場に設置されているシステムコントローラ100に対して配信する商品リストの店舗IDが送信対象商品リスト店舗の項目に記憶されるとともに、システムコントローラ100との通信を実施するための接続情報(回線番号)が記憶されている。つまり、商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18に対応する店舗IDに対応付けて、商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18から受信する各商品リストメールに含まれる商品リストデータの配信先となるシステムコントローラ100を特定可能な情報である該配信先となるシステムコントローラ100が設置されている遊技場の遊技場IDが記憶されていることで、該遊技場情報テーブルによって本発明における商品リスト配信先情報記憶手段が形成されている。
【0064】
具体的に、遊技場情報テーブルの送信対象商品リスト店舗の項目に登録される店舗IDとしては、商品提供店舗が実在する店舗であれば、該店舗の所在地と同一の地区(区や町など)内にある遊技場が遊技場情報テーブルにて特定され、該特定された同一の地区内にある全ての遊技場の送信対象商品リスト店舗の項目に、該商品提供店舗の店舗IDが登録される。尚、これら送信対象商品リスト店舗の項目への店舗IDの登録は、自動的に管理サーバ140が実施しても良いし、商品提供店舗の住所と各遊技場の店舗からオペレータが判断して実施するようにしても良い。
【0065】
また、本実施例の商品提供店舗情報テーブルには、図9(b)に示すように、各商品提供店舗に固有に付与された店舗IDに対応付けて、当該商品提供店舗の店舗名、所在地、当該店舗の商品がカードユニット3において購入された際に送信される受注メール(電子メール)を送信する送信先アドレス(電子メールアドレス)と、これら受注メールにて受注が通知された商品の価格が所定の決済期間、例えば一ヶ月に亘り蓄積記憶される決済額、該決済額を振り込むための商品提供店舗の口座に関する情報である決済口座とが記憶されている。
【0066】
また、本実施例の管理サーバ140のCPU142は、前記カードユニット3において販売する商品の商品特定情報となる商品番号と商品名と該商品の販売価格(商品価格)と該商品のグループ種別を含む商品リスト情報、具体的には商品名と商品価格とグループ種別とが所定の記述フォーマット、例えばCSV形式にて記述された商品リストデータが添付された商品リストメールを、各商品提供店舗a,bに設置された商品管理コンピュータ17や、親会社やチェーン店本部等に設置されている商品管理サーバ18から受信する受信処理を実施し、該受信処理によって本発明の受信手段が形成されている。
【0067】
また、本実施例の管理サーバ140のCPU142は、該受信処理により受信した商品リストメールに添付されている商品リストデータに基づいて、当該商品リストメールに対応する商品提供店舗の店舗IDに対応して商品リストデータベースに記憶されている商品リストのデータ(商品リスト情報)と、各商品の情報(データ)の更新日を更新記憶する商品リストデータベース更新処理を実施する。具体的に該商品リストデータベース更新処理においては、前述したように、商品番号には各店舗の店舗IDが先頭部分に含まれており、システム全体において固有の番号となることから、受信した商品リストデータに含まれる各商品の商品番号と同一の商品の商品名、商品価格、グループ種別を、該商品番号と対応付けて受信した商品名、商品価格、グループ種別に更新するとともに、該更新した商品の更新日に、その日の日付を更新記憶する一方、受信した商品リストデータに含まれない商品番号の商品情報並びに更新日は、更新されることなくそのまま商品リストデータベースに記憶される。尚、本実施例では、本発明の更新日時として日付のみを用いているが、言うまでもなく、これら更新日時として日付+時間を用いるようにしても良い。つまり、本発明の更新日時とは、日付+時間だけでなく、日付のみも含む概念である。
【0068】
また、本実施例の管理サーバ140のCPU142は、前記受信処理にて受信されることで前記商品リストデータベース更新処理により更新された商品リストデータベースに記憶されている商品リストを、当該商品リストが対応する店舗IDが、遊技場情報テーブルの送信対象商品リスト店舗の項目に登録(記憶)されている遊技場のシステムコントローラ100に対して配信する商品リスト情報配信処理を実施し、該商品リスト情報配信処理によって本発明における配信手段が形成されている。
【0069】
また、本実施例の管理サーバ140のCPU142は、前記商品リストデータベース更新処理にて更新された各商品の更新日とグループ種別とに基づいて、グループ種別が変動である商品で、更新日から所定日数(本実施例では1週間)が経過している商品に関する情報を削除する削除処理を実施することで、これら更新日から所定日数を経過したグループ種別が変動である商品の情報(商品リスト)が、前記商品リスト情報配信処理において各遊技場のシステムコントローラ100に配信されない結果、前記商品リスト情報送信処理によって各カードユニット3に送信されないようになっている。
【0070】
また、本実施例の管理サーバ140のCPU142は、前記カードユニット3における商品購入情報送信処理において送信され、システムコントローラ100にて中継される商品購入情報に含まれる商品特定情報となる商品番号と、当該商品の商品価格と、当該商品の購入希望者である遊技者を特定可能な購入者特定情報となる会員IDまたは暗証番号とを含む、本発明における購入希望商品リスト情報となる受注メールを商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18に送信する受注メール送信処理を実施し、該受注メール送信処理によって本発明における購入希望商品リスト情報送信手段が形成されている。
【0071】
尚、本実施例の受注メール送信処理においては、カードユニット3において会員カードの受付け中に前記購入希望受付け処理にて購入希望を受付けたことに基づいて前記商品購入情報送信処理において送信されて、システムコントローラ100にて中継される、購入者特定情報として会員IDを含む本発明における購入希望情報となる商品購入情報を受信したときに、該商品購入情報に含まれる購入者特定情報としての会員IDを含む受注メールを商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18に送信し、カードユニット3において会員カードを受付けていないときに前記購入希望受付け処理にて購入希望を受付けたことに基づいて前記商品購入情報送信処理において送信されて、システムコントローラ100にて中継される、購入者特定情報としてカードユニットにおいて遊技者から受付けた本人確認情報である暗証番号を含む本発明における購入希望情報となる商品購入情報を受信したときに、該商品購入情報に含まれる購入者特定情報としての暗証番号を含む受注メールを商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18に送信する。
【0072】
また、本実施例の管理サーバ140のCPU142は、前記カードユニット3において
所定の販売期間において販売するタイムサービス商品の商品特定情報となる商品番号と商品名と該商品の販売価格(商品価格)と、当該商品の商品リスト情報をカードユニット3に送信する時間帯を特定可能な時間帯情報となる該商品の購入を受付ける購入受付け時間帯を含むタイムサービス商品リスト情報、具体的には商品名と商品価格と購入受付け時間帯とが所定の記述フォーマット、例えばCSV形式にて記述されたタイムサービス商品リストデータが添付されたタイムサービス商品リストメールを、各商品提供店舗a,bに設置された商品管理コンピュータ17や、親会社やチェーン店本部等に設置されている商品管理サーバ18から受信するタイムサービス商品リスト受信処理を実施し、該タイムサービス商品リスト受信処理によっても本発明の受信手段が形成されている。
【0073】
また、本実施例の管理サーバ140のCPU142は、前記タイムサービス商品リスト受信処理により受信したタイムサービス商品リストメールに添付されているタイムサービス商品リストデータに基づいて、当該タイムサービス商品リストデータに含まれる商品番号と、該商品番号から特定されるタイムサービス商品を提供する商品提供店舗の店舗名称と、商品名と、商品価格と、購入受付け時間帯の各データを、タイムサービス商品リストテーブルに記憶(登録)するタイムサービス商品リストテーブル更新処理を実施する。
【0074】
また、本実施例の管理サーバ140のCPU142は、前記タイムサービス商品リストテーブル更新処理にてタイムサービス商品リストテーブルに記憶(登録)したタイムサービス商品リストを、各商品に対応する購入受付け時間帯から特定される購入受付け開始時に対応する時間に、当該タイムサービス商品のタイムサービス商品リストと、当該タイムサービス商品リストの受信の報知を指示する報知指示とを、システムコントローラ100に対して配信するタイムサービス商品リスト配信処理を実施し、該タイムサービス商品リスト送信処理によっても本発明の配信手段が形成されている。
【0075】
ここで、本実施例におけるカードユニット3とシステムコントローラ100の間において、会員カードや現金の受付けに伴って実施される貸与処理に係わる処理状況について、図10に基づいて、簡潔に説明すると、カードユニット3のカード挿入口309へ会員カードが挿入された場合には、読み取り手段であるカードリーダライタ327が、該挿入された会員カードから会員ID、会員カードID、カード残額とを読み出してRAM328bに記憶するとともに、会員カードID、カード残額、装置IDとを含む使用許諾要求を前記システムコントローラ100へ送信する。
【0076】
システムコントローラ100は、使用許諾要求の受信に基づき、受信した会員カードIDと該会員カードIDとに対応して会員カードマスターテーブルに記憶、管理されているカード残額の照合や使用不可フラグの登録の有無に基づく認証を実施し、認証がOKであれば使用許諾をカードユニット3(カードリーダライタ327)に返信する使用可否の判定処理を実施するとともに、カードユニット別データテーブルにおいて該使用許諾を送信したカードユニット3の装置IDに対応する受付け会員IDの項目に、該受信した使用許諾要求に含まれる会員IDを記憶してカードユニット別データテーブルを更新することで、カードユニット別データテーブルの受付け会員IDに会員IDが記憶されている場合には、そのカードユニット3において会員カードが受付け中であることをシステムコントローラ100が把握できるとともに、その会員カードがどの会員遊技者のものであるかを特定できるようになっている。
【0077】
そして、前記カードユニット3の制御ユニット328が使用許諾を受信した場合には、挿入された会員カードを使用可能とし、カードリーダライタ327から出力されてRAM328bに記憶しているカード残額をパチンコ機2に設けられた残額表示部(図示略)に表示するとともに、表示部312に、図13(a)に示すように、該カード残額と、貯蓄玉数を使用するか、カード残額を使用するかを選択するための「貯蓄玉を使用しますか?」のメッセージと「はい」、「いいえ」の選択入力部を含む遊技選択画面を表示して、遊技選択受付けを実施する。尚、認証がNGであることにより会員カード排出指示を受信した場合には、制御ユニット328は、前記にて受付けた会員カードを会員カード挿入口309から排出、返却する。
【0078】
会員遊技者がカード残額を使用して遊技を実施したい場合には、該遊技選択画面において「いいえ」を選択すれば良く、該「いいえ」の選択入力に基づいて制御ユニット328は、図13(d)に示すカード残額と、パチンコ玉の貸与を実施させるための「玉貸」の選択入力部と、会員カードを返却させるための「カード返却」の選択入力部が設けられているカード残額遊技画面を表示することで、該「玉貸」の選択入力部或いは対応するパチンコ機2に設けられている図示しない貸出ボタンを操作することで、制御ユニット328が前述の貸与処理を実施することで、対応するパチンコ機2からその時点において設定されている使用単位分の金額に相当する玉数のパチンコ玉が払い出されることで、会員遊技者は、カード残額を使用してパチンコ玉の貸与を受けてパチンコ機2にて遊技を実施できる。
【0079】
この貸与処理が終了すると、カード残額からその時点において設定されている使用単位分の金額、例えば使用単位として500円が設定されている場合には500円が減算されるとともに、制御ユニット328からシステムコントローラ100に対して、該貸与処理に供された使用金額(500円)と装置IDと会員カードIDとを含む会員貸与完了情報が送信されることにより、システムコントローラ100において、会員カードマスターテーブルにおいて該受信した会員貸与完了情報に含まれる使用金額(500円)が、該受信した会員貸与完了情報に含まれる会員カードIDに対応付けて記憶されている使用金額に加算更新されるとともに、残存金額から該使用金額が減算更新されて会員カードマスターテーブルが更新されることで各会員カードに残存するカード残額がシステムコントローラ100において管理され、カードユニット別データテーブルにおいて受信した会員貸与完了情報に含まれる装置IDに対応する総使用金額と、遊技使用金額並びに会員カード遊技使用金額とに該使用陰額が加算更新されることで、その営業当日の総使用金額、遊技使用金額並びに会員カード遊技使用金額が各カードユニット3毎に個別に集計、管理される。
【0080】
そして、これら貸与処理を繰り返すことにより、残存金額(カード残額)が所定金額(本実施例では1000円)以下となった場合には、制御ユニット328は、紙幣識別ユニット322または硬貨識別ユニット324による紙幣或いは硬貨の受付けを許諾して、挿入中の会員カードに対する前述の価値加算処理を実施できるようにする。
【0081】
この段階、例えばカード残額として1000円が残存する状況において、会員遊技者が前記紙幣挿入口302、硬貨投入口303より紙幣或いは硬貨、例えば5000円紙幣を投入した場合には、該5000円紙幣の真贋や金種が紙幣識別ユニット322に識別されて該識別結果が制御ユニット328に出力されることで、図10に示すように、制御ユニット328からシステムコントローラ100に対して、識別金額である5000円の入金金額と、受付け中の会員カードの会員カードIDと、装置IDとを含む入金要求を送信する。
【0082】
この入金要求の受信に応じてシステムコントローラ100においては、受信した入金要求に含まれる会員カードIDに対応付けて会員カードマスターテーブルに記憶されている残存金額である1000円を繰越金額に記憶するとともに、受信した入金要求に含まれる入金金額である5000円を入金金額に記憶し、該繰越金額である1000円と入金金額である5000円との合計である6000円を残存金額に記憶し、使用金額をリセットして「0」に更新して会員カードマスターテーブルを更新した後、該更新後の新たな残存金額である6000円を更新後カード残額として入金要求を送信してきたカードユニット3に返信する。
【0083】
該更新後カード残額の受信に基づいて制御ユニット328は、受信した更新後カード残額である6000円を受付け中の会員カードにカードリーダライタ327によって更新記録した後、該更新後カード残額である6000円が表示された13(d)に示すカード残額遊技画面を表示して、貸出操作待ちの状態へ戻る。
【0084】
また、本実施例のカード残額遊技画面には、画面の向かって左上方位置に、「遊技選択」の選択入力部が設けられており、該「遊技選択」を選択入力することで、図13(a)に示す遊技選択画面が表示部312に再度表示されて、貯玉を使用した遊技への移行ができるとともに、画面の向かって右上方位置に、「メニュー」の選択入力部が設けられており、該「メニュー」の選択入力部を選択することで、図13(e)に示すメインメニュー画面が表示部312に表示されて、該メインメニュー画面に表示されているポイントの確認や商品購入等の各項目の選択入力部を選択入力することでポイントの確認や商品購入等の各種機能を利用できるようになっている。
【0085】
一方、会員遊技者が貯玉を使用して遊技を実施したい場合には、図13(a)に示す遊技選択画面において「はい」を選択入力することで、制御ユニット328は、表示部312に、図13(b)に示す暗号番号受付け画面を表示して、会員遊技者から暗証番号の受付けを実施した後、該受付けた暗証番号と会員IDと装置IDとを含む貯玉抽出要求をシステムコントローラ100に送信する。
【0086】
この貯玉抽出要求の受信に応じてシステムコントローラ100は、受信した貯玉抽出要求に含まれる会員IDに対応付けて会員情報テーブルに記憶されている暗証番号と、受信した貯玉抽出要求に含まれる暗証番号とを照合し、照合が一致した場合において該会員IDに対応付けて会員情報テーブルに記憶されている貯蓄玉数を、貯玉抽出要求の送信元のカードユニット3に対して返信する。
【0087】
この貯蓄玉数の受信に応じて制御ユニット328は、返信されてきた貯蓄玉数に該当する再プレイ回数を算出し、該算出した再プレイ回数と該貯蓄玉数とを含む、図13(c)に示す再プレイ画面を表示部312に表示する。
【0088】
この段階にて前記再プレイボタン319を会員遊技者が操作すると、再プレイ回数が存在する場合に前記貸与処理の場合と同様にパチンコ玉の払出(払戻)が対応するパチンコ機2より実施されることで、遊技者は、一度遊技にて獲得した貯蓄玉数を再度遊技に使用することができる。
【0089】
この1回の再プレイに相当するパチンコ玉の払出(払戻)が完了した際に制御ユニット328は、前記表示部312に表示している再プレイ回数から1を減算表示するとともに、該1回の再プレイに対応する貯蓄玉数を表示部312に表示している貯蓄玉数から減算表示することで、会員遊技者は、再プレイ回数が残存する限り、繰返し再プレイを実施できるようになっている。
【0090】
そして、これら払戻した貯蓄玉数である払戻玉数と、会員IDと、カードユニット3の装置IDとを含む払戻完了情報をシステムコントローラ100に送信することで、該システムコントローラ100において、該払戻完了情報に含まれる会員IDに対応して会員情報テーブルに記憶されている貯蓄玉数から、払戻完了情報に含まれる払戻玉数が減算更新されることで、貯蓄玉数がシステムコントローラ100において管理される。
【0091】
尚、本実施例の再プレイ画面には、図13(c)に示すように、画面の向かって左上方位置に、「遊技選択」の選択入力部が設けられており、該「遊技選択」を選択入力することで、図13(a)に示す遊技選択画面が再度表示されて、カード残額を使用した遊技への移行ができるようになっている。
【0092】
次いで、前記ビジターカードを使用して実施される発行貸与処理について簡潔に説明すると、前記会員カード37が受付中ではない場合に、低額紙幣(1000円紙幣)または硬貨(100円硬貨、500円硬貨)が挿入または投入されると、紙幣識別ユニット322または硬貨識別ユニット324において挿入された紙幣または投入された硬貨の金額が識別され、識別金額が前記制御ユニット328に出力される。これに基づき制御ユニット328は、前記出力された識別金額をカードリーダライタ327に出力する。
【0093】
この識別金額の出力を受けたカードリーダライタ327では、装着されているビジターカードに出力を受けた識別金額を金額として更新記録することで、ビジターカードを遊技者に対して発行する形態をとるとともに、該ビジターカードに記録した金額を再度読み取り、制御ユニット328に出力する。
【0094】
カードリーダライタ327より金額の出力を受けた制御ユニット328では、出力を受けた金額をRAM328b内の金額記憶領域に記憶するとともに、対応するパチンコ機2の前記金額表示部(図示略)と前記表示部312に表示した後、前記制御ユニット328は、前記パチンコ機2より出力される貸出可能を示す信号の有無を判定し、貸出可能の信号出力がある場合において、100円に対応する単位玉貸数のパチンコ玉数の払出を指示するための信号を、金額記憶領域に記憶されている金額となるまで繰返し出力して識別金額の全額を使用してのパチンコ球の貸与を実施する発行貸与処理を実施した後、制御ユニット328は該発行貸与処理に供された使用金額と装置IDとを含む発行貸与完了情報をシステムコントローラ100に送信する。
【0095】
この発行貸与完了情報の受信に基づいてシステムコントローラ100では、前記カードユニット別データテーブルにおいて当該発行貸与完了情報に含まれる装置IDに対応付けられている総使用金額と遊技使用金額と、Vカード遊技使用金額に、当該発行貸与完了情報に含まれる使用金額を加算更新してカードユニット別データテーブルを更新する。
【0096】
次に、本実施例のカードユニット3において遊技者が商品を購入する場合の流れについて、図11と図12、並びに図14から図16に基づいて以下に説明する。
【0097】
まず、本実施例のカードユニット3に各商品提供店舗からの商品リストが送信される流れについて説明すると、各商品提供店舗a,b,…、或いは商品提供店舗c−1、c−2…の親会社やチェーン店本部は、遊技場において販売したい商品の商品番号と商品名と該商品の販売価格(商品価格)と該商品のグループ種別を含むCSV形式にて記述された商品リストデータが添付された商品リストメールを、商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18から管理サーバ140に対して送信する。
【0098】
この商品リストメールの受信にも基づいて管理サーバ140のCPU142は、受信した商品リストメールに含まれる商品の商品番号から商品提供店舗を特定し、商品リストデータベースの該特定した商品提供店舗の商品リストのデータを受信した商品リストメールに添付されている商品リストデータに基づいて更新するとともに、該更新した各商品の更新日を更新して商品リストデータベースを更新する。
【0099】
そして、これら更新に際して管理サーバ140のCPU142は、前述の削除処理を実施して、グループ種別が変動である商品で、更新日から所定日数(本実施例では1週間)が経過している商品に関する情報、例えば、図8(a)に示すスーパー○○の商品リストにおいて、商品番号「TP001−0101」の「産地直送アスパラ詰め合わせ」の商品は、グループ種別が変動であって、その当日が5月15日であれば、前回の更新日から1週間が経過していることになるので、削除対象となるので削除されることで、カードユニット3には送信されない。
【0100】
そして、これら更新のあった商品提供店舗の商品リストは、その送信先が当該商品提供店舗の店舗IDが遊技場情報テーブルの送信対象商品リスト店舗の項目に登録(記憶)されている遊技場から特定され、該特定された遊技場に設置されているシステムコントローラ100に対して、遊技場情報テーブルの接続情報に基づいて送信される。
【0101】
この商品リストを受信したシステムコントローラ100は、該受信した商品リストを遊技場内に設置されている各カードユニット3に対して配信(中継)し、該配信(中継)された商品リストが、カードユニット3の制御ユニット328によってRAM328bに、古い商品リストに代えて記憶される。
【0102】
このようにRAM328bに商品リストが記憶されている状態において、会員遊技者が図14(a)に示すように、前記メインメニュー画面の「商品購入」の選択入力部を選択した場合、或いは、会員カードがカードユニット3に挿入中でない場合に表示部312に表示される図14(b)に示す待機画面に設けられている「商品購入」の選択入力部を選択した場合に、制御ユニット328は、RAM328bに記憶している商品リスト、並びに、その時点の時刻が後述するタイムサービス商品リストの商品の購入受付け時間帯であるときには、該タイムサービス商品リストを読み出し、該読み出した商品リストを、図14(c)に示す商品リスト画面のように、表示部312に表示して購入の受付けを実施する。
【0103】
この本実施例の商品リスト画面には、商品名と、当該商品の提供店舗である店舗名と、価格とが一覧表示されるとともに、各商品に対応付けて「購入」の選択入力部が設けられており、遊技者は、その時点において購入できる商品を、離席することなくその場において確認して、購入したい商品があった場合には、前記「購入」の選択入力部を選択入力する。
【0104】
この「購入」の選択入力に基づいて制御ユニット328は、図16(d)に示すような数量受付け画面を表示して注文数を受付けた後、購入を受付けた商品の商品番号と数量とをRAM328bに購入希望商品として一時記憶し、これら「購入」の選択入力毎に図14(d)に示すように、購入商品リストとして、商品名と、数量が複数である場合には数量と、価格と、合計額とを含む購入商品リスト画面を表示部312に表示する。
【0105】
この購入商品リスト画面には、図16(d)に示すように、画面の下方位置に「購入を続ける」の選択入力部と、「購入へ」の選択入力部とが設けられており、(会員)遊技者が更に他の商品の購入を実施したい場合には、「購入を続ける」を選択入力すれば良く、商品の選択を終えて購入したい場合には「購入へ」を選択入力すれば良い。
【0106】
この「購入へ」が選択入力された場合に制御ユニット328は、図11に示すように、会員カードを受付け中であるか否かを判定し、会員カードを受付け中である場合には、該会員カードのカード残額が購入商品リスト画面にて合計されている合計額の支払いに十分であるか否かを判定する。
【0107】
該判定においてカード残額が不足である場合には、制御ユニット328は、不足金額を算出し、図14(e)に示すように、該算出した不足金額と、該不足金額の入金を促すメッセージを表示部312に表示するとともに、カード残額が本来入金のできない10000円以上の場合であっても、貨幣の受付けによる価値加算処理を有効とする。尚、カード残額が十分である場合には、価値加算処理を有効とすることなく、会員IDを含む後述する商品購入情報の送信処理段階へ移行する。
【0108】
この表示部312のメッセージ表示を受けて会員遊技者が不足金額、例えば1000円紙幣を紙幣挿入口302に挿入した場合には、前述の価値加算処理の場合と同様に、該1000円紙幣の真贋や金種が紙幣識別ユニット322に識別されて該識別結果が制御ユニット328に出力されることで、図11に示すように、制御ユニット328からシステムコントローラ100に対して、入金金額となる識別金額である1000円と、受付け中の会員カードの会員カードIDと、装置IDとを含む入金要求を送信することで、システムコントローラ100において、前述の入金要求を受信した場合と同様に会員カードマスターテーブルが更新されて、更新後カード残額が制御ユニット328に返信され、該更新後カード残額が会員カードに更新記録される。
【0109】
この更新後カード残額の受信に基づいて制御ユニット328は、図14(f)に示すように、精算が可能であることを示すメッセージが表示された確認画面を表示部312に表示して購入代金の精算確認の受付けを実施する。
【0110】
具体的には、確認画面には図14(f)に示すように、画面の下方位置に、「精算」の選択入力部と、「キャンセル」の選択入力部とが設けられており、会員遊技者が表示された商品の精算を会員カードの残額から精算して良い場合に「精算」の選択入力部を選択入力し、購入をキャンセルしたい場合には、「キャンセル」の選択入力部を選択入力する。
【0111】
この「精算」の選択入力に基づいて制御ユニット328は、該会員カードの受付けに基づいてRAM328bに記憶している該会員カードから読み出された会員IDと、RAM328bに記憶している購入希望商品の商品番号と、該商品の商品価格、装置IDとを含む商品購入情報をシステムコントローラ100に送信する。
【0112】
一方、前記会員カードの受付け有無の判断において、会員カードの受付けが無い場合に制御ユニット328は、ビジターカードに残存する金額は「0」であるので一義的にカード残額(金額)が不足となるので合計額の全額を不足金額として特定し、該不足金額の入金を促すメッセージを、会員カードの場合の図14(e)と同様に表示部312に表示するとともに、本来入金のできない1000円以上の貨幣の受付けによる価値加算処理を有効とする。
【0113】
この表示部312のメッセージ表示を受けて会員遊技者が不足金額、例えば2000円紙幣を紙幣挿入口302に挿入した場合には、該2000円紙幣の真贋や金種が紙幣識別ユニット322に識別されて該識別結果が制御ユニット328に出力されることで、ビジターカードに識別金額である2000円が金額として更新記録される。
【0114】
そして、該金額の更新記録の完了に基づいて制御ユニット328は、図14(f)に示すように、精算が可能であることを示すメッセージが表示された確認画面を表示部312に表示して購入代金の精算確認の受付けを実施する。具体的には、確認画面には図14(f)に示すように、画面の下方位置に、「精算」の選択入力部と、「キャンセル」の選択入力部とが設けられており、遊技者が表示された商品の精算をビジターカードの残額から精算して良い場合に「精算」の選択入力部を選択入力し、購入をキャンセルしたい場合には、「キャンセル」の選択入力部を選択入力する。尚、「キャンセル」の選択入力した場合には、投入した貨幣が返却される。
【0115】
この確認画面中の「精算」の選択入力部を選択入力に基づいて制御ユニット328は、図15(b)に示す、本人確認用の暗証番号を受付けるための暗証番号受付け画面を表示部312に表示して暗証番号を遊技者より受付け、該受付けた暗証番号と、RAM328bに記憶している購入希望商品の商品番号と、該商品の商品価格、装置IDとを含む商品購入情報をシステムコントローラ100に送信する。
【0116】
この商品購入情報の受信に基づいてシステムコントローラ100のCPU102は、受信した商品購入情報に、「KC−…」で始まる会員IDが含まれている場合には、該会員IDに対応付けて会員カードマスターテーブルに記憶されている使用金額に、商品の商品価格の合計額を加算更新するとともに、該合計額を残存金額から減算更新して会員カードマスターテーブルを更新するとともに、該合計額を、カードユニット別データテーブルの商品購入情報に含まれる装置IDに対応する総使用金額と、商品購入使用金額と、会員カード商品購入金額に加算更新してカードユニット別データテーブルを更新する。
【0117】
一方、受信した商品購入情報に、「KC−…」で始まる会員IDが含まれていない場合にシステムコントローラ100のCPU102は、商品購入情報に含まれる商品価格の合計額を、カードユニット別データテーブルの商品購入情報に含まれる装置IDに対応する総使用金額と、商品購入使用金額と、ビジター(V)カード商品購入金額に加算更新してカードユニット別データテーブルを更新する。
【0118】
これらの会員カードマスターテーブルやカードユニット別データテーブルを更新した後、システムコントローラ100のCPU102は、当該遊技場の遊技場IDとその当日の日付と、シリアル番号とから成る、システム全体において固有の受注番号を生成し、該生成した受注番号を前記商品購入情報の送信元のカードユニットに返信する。
【0119】
この受注番号の受信に基づいてカードユニット3の制御ユニット328は、システムコントローラ100における処理が完了したものと判断して、前記商品価格の合計額を、会員カードのカード残額またはビジターカードの金額から減算し、該減算後のカード残額または金額を会員カードまたはビジターカードに更新記録するとともに、会員カードを受付け中であれば図15(a)に示すように、購入内容である商品名、数量、提供店舗名、利用額を含む購入内容と、該受信した受注番号とを、会員カードから使用した金額である利用金額と該利用金額の減算後のカード残額とともに、画面下方に設けられている「確認」の選択入力部が選択入力されるか或いは所定時間が経過するまでのいずれかが成立する間において表示し、該表示の終了後において、商品の購入処理以前の遊技内容が再プレイである場合には図13(c)に、商品の購入処理以前の遊技内容がカード残額使用である場合には図13(d)に戻り、会員カードを受付け中でなければ図15(c)に示すように、購入内容である商品名、数量、提供店舗名、利用額を含む購入内容と、該受信した受注番号とを、画面下方に設けられている「確認」の選択入力部が選択入力されるか或いは所定時間が経過するまでのいずれかが成立する間において表示し、該表示の終了後において、図14(b)の待機画面に戻る。
【0120】
尚、ビジターカードへの入金するために投入された貨幣の金額が購入希望商品の合計額よりも大きな場合には、ビジターカードに残額が発生するが、これら残額に関しては、100円以上の金額は、会員カードと同様に対応する遊技機に設けられている貸出ボタンを操作することで遊技に使用することができ、100円未満に関しては、店員から提供される精算カードを会員カード挿入口309に挿入することで、該100円未満の端数金額がカードリーダライタ327により精算カードに記録されて発行され、該発行された精算カードを図示しない精算装置に挿入することで、該精算カードに記録された100円未満の端数金額が現金として遊技者に返却される。
【0121】
また、会員カードのカード残額として遊技に使用できない100円未満の金額は、当該会員カードを精算カードと同様に図示しない精算装置に挿入することで、該会員カードに記録された100円未満の端数金額が現金として会員遊技者に返却される。尚、これら精算装置はシステムコントローラ100に接続されていて、該精算装置にて会員カードのカード残額から精算された100円未満の金額が、当該会員カードに記録されている会員IDに対応付けて会員カードマスターテーブルに記録されている残存度数から減算更新される。
【0122】
また、システムコントローラ100のCPU102は、前記受注番号を商品購入情報の送信元に送信した後、図11に示すように、受信した該商品購入情報に含まれる装置IDに代えて、該受注番号を含む商品購入情報を管理サーバ140に対して送信(中継)する。
【0123】
このシステムコントローラ100からの商品購入情報の受信に応じて管理サーバ140のCPU142は、該受信した商品購入情報を送信元のシステムコントローラ100が設置されている遊技場の遊技場IDに対応付けて記憶するとともに、商品購入情報に含まれる購入商品の各商品番号から、各商品提供店舗毎に商品番号と商品価格と会員IDまたは暗証番号および受注番号をまとめ、これら各商品提供店舗の店舗ID(本実施例では商品番号から特定可能)に対応付けて商品提供店舗情報テーブルに記憶されている受注メール送信先アドレスから当該店舗の受注メールの送信先を特定するとともに、該商品提供店舗情報テーブルの各店舗IDに対応する決済額に、前記にて各商品提供店舗毎にまとめた各商品の商品価格から所定の手数料(例えば3%)を差し引いた額を加算更新して商品提供店舗情報テーブルを更新した後、これら商品提供店舗毎にまとめた商品番号と商品価格と会員IDまたは暗証番号および受注番号を含む受注メールを、前記特定した受注メール送信先アドレスに対して送信することで、該受注メールを受信した商品提供店舗において、(会員)遊技者が遊技を終えて商品を受け取りに当該店舗に出向いた際に、会員IDおよび受注番号または暗証番号および受注番号を提示することで、該受信した受注メールに該提示された会員IDおよび受注番号または暗証番号および受注番号に対応して含まれている商品が手渡されるとともに、これら商品の代金である前記商品提供店舗情報テーブルの決済額に集計された金額(売上)が、該商品提供店舗の口座に振り込まれるようになる。
【0124】
次に、商品提供店舗が例えば、ある時間帯に限って、例えば、その日のサービス品を販売したり、在庫を処分する等の目的で特売品として販売したい場合には、これら販売したい商品をタイムサービス商品とし、該商品がタイムサービス商品であることを示す内容を含む商品番号(本実施例ではTSで始まる番号)と、当該タイムサービス商品の商品名と、該タイムサービス商品の商品価格と、該タイムサービス商品の購入の受付けを行う購入受付け時間帯とがCSV形式にて記述されたタイムサービス商品リストデータが添付されたタイムサービス商品リストメールを管理サーバ140に対して送信する。
【0125】
このタイムサービス商品リストメールを受信した場合の流れを図12に基づいて説明すると、このタイムサービス商品リストメールの受信に基づいて管理サーバ140のCPU142は、該受信したタイムサービス商品リストメールに添付されているタイムサービス商品リストデータに含まれる商品番号と、該商品番号から特定されるタイムサービス商品を提供する商品提供店舗の店舗名称と、商品名と、商品価格と、購入受付け時間帯の各データを、タイムサービス商品リストテーブルに記憶(登録)する。
【0126】
そして、このようにしてタイムサービス商品リストテーブルに記憶(登録)された各タイムサービス商品の商品リストと、当該タイムサービス商品リストの受信の報知を指示する報知指示とが、各商品に対応する購入受付け時間帯から特定される購入受付け開始時に対応する時間、例えば購入受付け時間帯が20時〜21時である場合であれば、購入受付け開始時である20時の10分前等の時間に、該タイムサービス商品を提供する商品提供店舗の店舗IDが、遊技場情報テーブルの送信対象商品リスト店舗の項目に登録(記憶)されている遊技場に設置されているシステムコントローラ100に対して、遊技場情報テーブルの接続情報に基づいて送信され、このタイムサービス商品リストと報知指示とを受信したシステムコントローラ100は、該受信したタイムサービス商品リストと報知指示とを遊技場内に設置されている各カードユニット3に対して配信(中継)し、該配信(中継)されたタイムサービス商品リストが、カードユニット3の制御ユニット328によってRAM328bに記憶される。
【0127】
尚、本実施例では、前記のように、タイムサービス商品リストと報知指示とを、これらタイムサービス商品リストと報知指示がカードユニット3に届くまでの時間的な遅延を考慮して購入受付け開始時である20時の10分前に送信するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら通信の時間的な遅延が殆ど無い場合等にあっては、購入受付け開始時である20時となった時点において、タイムサービス商品リストと報知指示とをシステムコントローラ100を通じてカードユニット3に送信するようにしても良い。
【0128】
このようにしてシステムコントローラ100を介して管理サーバ140から報知指示を受信したカードユニット3の制御ユニット328は、該報知指示とともに受信したタイムサービス商品リストに含まれる各商品の購入受付け時間帯に、その時点の時刻が該当していない、つまり、購入受付け時間帯から特定される購入受付け開始時間を過ぎて購入受付け時間帯になっていない場合には該購入受付け開始時間において、また、該報知指示とともに受信したタイムサービス商品リストに含まれる各商品の購入受付け時間帯に、その時点の時刻が該当している、つまり、購入受付け時間帯から特定される購入受付け開始時間を既に過ぎている場合においてはその時点において、図16(a)や、図16(b)に示すように、表示部312にタイムサービス商品リストを受信した旨のメッセージを含むサブウインドウを、通常の表示画面上に表示してタイムサービス商品リストを受信したことを報知するとともに、該受信したタイムサービス商品リストを表示するか否かの受付けを、「はい」または「いいえ」の選択入力部の選択入力により、(会員)遊技者より受付ける。
【0129】
この受付けにおいて、(会員)遊技者により「はい」の選択入力部が選択入力された場合に制御ユニット328は、受信によりRAM328bに記憶した該タイムサービス商品リストを、図16(c)に示すように表示部312に表示して、前述の商品リストの場合と同様にタイムサービス商品の購入選択を受付けるとともに、該選択されたタイムサービス商品の数量を図16(d)に示す数量受付け画面を表示して受付け、購入を受付けたタイムサービス商品の商品番号と数量とをRAM328bに購入希望タイムサービス商品として一時記憶し、これら「購入」の選択入力毎に図16(d)に示すように、購入商品リストとして、商品名と、数量が複数である場合には数量と、利用額(商品価格×数量)と、合計額とを含む購入商品リスト画面を表示部312に表示する。
【0130】
この購入商品リスト画面には、図16(d)に示すように、画面の下方位置に「購入を続ける」の選択入力部と、「購入へ」の選択入力部とが設けられており、(会員)遊技者が更に他の商品の購入を実施したい場合には、「購入を続ける」を選択入力すれば良く、商品の選択を終えて購入したい場合には「購入へ」を選択入力すれば良く、該「購入へ」を選択入力以降の処理は前述の商品リストの場合と同様とされて、商品購入情報がシステムコントローラ100に送信されることにより、受注番号がシステムコントローラ100にて生成され、該生成された受注番号がカードユニット3に返信されることで、該購入したタイムサービス商品の商品代金の精算が、会員カードのカード残額またはビジターカードに入金された金額から商品代金が減算されて実施されるとともに、受注番号が当該タイムサービス商品の購入者である(会員)遊技者に報知される一方、該受注番号を含む商品購入情報が管理サーバ140に送信されることで、前述の商品リストの場合と同様にして、該タイムサービス商品の受注メールが各商品提供店舗に送信され、購入者である(会員)遊技者が、遊技終了後に該店舗に商品を取りに行き、会員IDまたは暗証番号を提示することで、当該(会員)遊技者が購入した商品が手渡されるとともに、これらタイムサービス商品の代金である前記商品提供店舗情報テーブルの決済額に集計された金額(売上)が、該商品提供店舗の口座に振り込まれるようになる。
【0131】
以上、本実施例によれば、商品リストやタイムサービス商品リストが管理装置を構成する管理サーバ140からシステムコントローラ100を介して遊技用装置であるカードユニット3に送信されて、該カードユニット3にて購入可能な商品として表示されることで、(会員)遊技者は、従来のように、自動販売機等の販売装置に離席して出向くことなく、どのような商品が会員カードやビジターカードにて購入できるかを、その場において遊技を行いながら確認して購入希望の商品を選択し、会員カードやビジターカードの残金額を使用して購入できるため遊技者の利便性が向上する。
【0132】
また、前記実施例によれば、会員カードが受付け中でない場合においても、遊技者から暗証番号を受付けて、該暗証番号を購入者特定情報として使用することで、会員カードを所有しないビジター遊技者であってもカードユニット3において商品を購入することができるようになるため、会員並びにビジター遊技者の双方の遊技者が商品を購入できるので、商品購入による売上を向上できるとともに、会員遊技者にあっては、会員カードを携行していれば、暗証番号の入力や、商品の購入に際して表示される受注番号等をメモする等の記憶(記録)の手間がなく、会員遊技者の利便性が向上する。
【0133】
また、前記実施例によれば、タイムサービス商品リストと報知指示とが、本発明における時間帯情報となる購入受付け時間帯から特定される購入受付け開始時に対応する時間に、カードユニット3に送信されるので、タイムサービス商品等を的確なタイミングにて(会員)遊技者に提供することができ、商品購入を促進できる。
【0134】
また、前記実施例によれば、会員カードに残存するカード残額やビジターカードに残存する金額が、購入する商品の代金に対して不足していても、価値加算処理が有効とされて、該不足金額を貨幣にて入金できるので、商品の購入をキャンセルする必要がなく、遊技者の利便性を向上できる。
【0135】
また、前記実施例によれば、在庫や価格に変動の多い変動グループに属する商品の商品リストを高頻度にて商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18から受信して商品リストデータベースの商品リストを更新し、在庫や価格に変動の少ない固定グループに属する商品の商品リストは低頻度にて商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18から受信して商品リストを更新すれば良く、これら商品リストの受信に伴う通信負荷や通信コストを低減できるとともに、何らかの不具合やリストの作成ミス等により変動グループに属する商品リストが更新されずに残っていても、当該商品リストが前記削除処理によって、
更新から所定期間が経過することで商品リストデータベースから削除されて、カードユニット3には送信されないようになるので、これらの更新されずに残っている変動グループに属する商品の商品リスト情報が遊技用装置に配信されることによる不都合の発生を防止できる。
【0136】
また、前記実施例によれば、管理装置を遊技場外のカード管理会社に設けられた場外管理装置となる管理サーバ140と、場内管理装置となるシステムコントローラ100とで構成しているので、各遊技場に設置されているシステムコントローラ100へ商品リストが管理サーバ140から送信されるようになるため、販売者が複数の遊技場に商品リストを送信したい場合に、これら複数の遊技場のシステムコントローラ100へ商品リストを配信するための通信手段を独自に設ける必要がなく、管理サーバ140のみに商品リストを送信するのみで、多くの遊技場に商品リストを提供できる。
【0137】
以上、本発明の実施例を図面により説明してきたが、具体的な構成はこれら実施例に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における変更や追加があっても本発明に含まれる。
【0138】
例えば、前記実施例では、商品提供店舗を実在の店舗とした場合を例に説明しているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、各種ポータルサイト等が運営する仮想ショップに出店している仮想店舗のように、実際の店舗を有しない仮想店舗であっても良く、この場合には、商品リストを管理サーバ14に送信する商品管理コンピュータとしては、各種ポータルサイト等が運営する仮想ショップのサイトを提供するサーバコンピュータが該当することになり、これら、店舗が仮想店舗である場合には、遊技者は購入した商品と店舗に引き取りにいくことが不可となるので、この場合には、例えば、購入者が会員遊技者であれば、購入者特定情報として送信する会員IDに代えて、商品を購入者に送付するために必要となる氏名や住所等の情報を、システムコントローラ100が会員IDに対応して会員情報テーブルに記憶されている当該会員の氏名や住所から特定し、該特定した氏名や住所を含む商品購入情報を管理サーバ140に送信することで、これら仮想店舗に対して、管理サーバ140が会員の氏名や住所を含む受注メールを送信するようにすれば良いし、購入者が会員ではない場合には、当該購入者から氏名や住所を直接受付けて、該受付けた氏名や住所を暗証番号に代えて含む商品購入情報を管理サーバ140に送信することで、これら仮想店舗に対して、管理サーバ140が会員の氏名や住所を含む受注メールを送信するようにすれば良いし、更には、商品を購入者に送付するために必要となる氏名や住所等の情報を、仮想店舗が問い合わせできるように、電子メールアドレスや携帯電話番号のみを購入者から直接受付けて、該受付けた電子メールアドレスや携帯電話番号を暗証番号に代えて含む商品購入情報を管理サーバ140に送信することで、これら仮想店舗に対して、管理サーバ140が電子メールアドレスや携帯電話番号を含む受注メールを送信するようにすれば良い。
【0139】
また、前記実施例では、遊技場情報テーブルの送信対象商品リスト店舗の項目に、遊技場と同一地区内の商品提供店舗の店舗IDを登録するようにしているが、店舗が実在しない仮想店舗の場合には、これらの同一地域内を特定することが困難となるが、このような仮想店舗の場合には、商品が購入者に発送されるので、これら仮想店舗の店舗IDを、全ての遊技場IDに対応する送信対象商品リスト店舗の項目に登録するようにすれば良い。
【0140】
また、前記実施例では、ビジターカードをカードユニット3に内封したものとしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これらビジターカードを会員カードと同様に、外部から挿入できるものとしても良い。
【0141】
また、前記実施例では、パチンコ玉の払出を対応するパチンコ機2から実施するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これらパチンコ玉の払出をカードユニット3自体が実施して、対応するパチンコ機2に供給するようにしても良い。
【0142】
また、前記実施例では、発行貸与処理においては、投入した貨幣の識別金額の全額を一度に遊技に使用させるようにするために、ビジターカードの発行金額として最大1000円を上限としているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これらの発行金額を、5000円や10000円として、会員カード同様に、例えば500円ずつ遊技に使用し、残額が残った場合には、該残額を精算するための精算カードをカード挿入口309へ挿入して、残額を精算カードに記録させて、該精算カードに記録された残額を、精算装置等において現金に戻すことができるようにしても良い。
【0143】
また、前記実施例では、価値加算処理において、識別金額の全額を入金するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら入金する金額を、識別金額の範囲内で遊技者より受付けて、該受付けた識別金額の範囲内の金額を価値加算処理に使用するようにしても良い。
【0144】
また、前記実施例では、場内管理装置であるシステムコントローラ100と、場外管理装置である管理サーバ140とが個別のコンピュータとされているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これらのコンピュータが一体のものであっても良い。
【0145】
また、前記実施例では、場外管理装置をカード管理会社に設置されている管理サーバ140とした例を示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら管理サーバ140とは個別に、場外管理装置となる管理サーバを、例えば遊技場において商品を販売する販売会社に設けて、該管理サーバとシステムコントローラ100或いはシステムコントローラ100とは個別の場内管理装置となるコンピュータとを接続するようにしても良い。
【0146】
また、前記実施例では、商品管理コンピュータ17や商品管理サーバ18と管理サーバ140とを、インターネット網を介して接続し、その間をデータの送受を電子メールにて実施しているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これらの通信形態を、例えばバーチャルプライベートネットワーク(VPN)にて構築したり、或いはセキュリテイを高めるために専用回線等により構築しても良い。
【0147】
また、前記実施例では、会員遊技者と会員ではない通常の遊技者の双方が、カードユニット3において商品を購入できるようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これらの商品の購入を会員のみができるようにしても良い。
【0148】
また、前記実施例では、商品の在庫数と受注数との管理をしていないが、本発明はこれに限定されるものではなく、管理サーバ140において、各商品の販売可能数量を把握しておき、各システムコントローラ100から送信されてくる商品購入情報に基づいて、残りの商品数が少なくなった場合には、当該商品の商品番号を各システムコントローラ100に管理サーバ140から注文が不可である商品として通知して、過度に注文がなされてしまう不都合を回避できるようにしても良いし、或いは、カードユニット3における注文時に、注文される商品の残数を管理サーバ140に問い合わせて、在庫数の有無に基づいて注文を受付けるようにしても良い。
【0149】
また、前記実施例では、遊技用価値の形態として、100円未満の商品の精算により生じるカード残額を管理するために、会員カードではカード残額、ビジターカードでは金額を用いているが、本発明はこれに限定されるものではなく、例えば、カードユニット3にて販売される商品の価格が100円単位のものである場合には、これら遊技用価値の形態として、100円を1度数とする度数を用いるようにしても良い。
【0150】
また、前記実施例では、本発明における購入希望商品リスト情報となる受注メールに含まれる購入者特定情報として、カードユニット3に会員カードが受付けられているときには、該受付け受付けられている会員カードの会員IDと、カードユニット3の表示手段となる表示部312にて表示した本人確認情報としての受注番号の双方を送信するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら会員IDまたは受注番号のいずれか一方を購入者特定情報として送信するようにしても良い。
【0151】
また、前記実施例では、本発明における購入希望商品リスト情報となる受注メールに含まれる購入者特定情報として、カードユニット3に会員カードが受付けられていないときには、カードユニット3において遊技者から受付けた本人確認情報である暗証番号と、カードユニット3の表示手段となる表示部312にて表示した本人確認情報としての受注番号の双方を送信するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら本人確認情報としては、これら暗証番号または受注番号のいずれか一方を購入者特定情報として送信するようにしても良い。
【0152】
また、前記実施例では、カードユニット3に会員カードを受付けているときには、受付け中の会員カードから読み出した会員IDを含む商品購入情報を制御ユニット328がシステムコントローラ100に対して送信するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、前記実施例のように、会員カードの受付け時において、受付けた会員カードの会員IDを含む使用許諾情報をシステムコントローラ100に送信することで、システムコントローラ100のカードユニット別データテーブルにおいて、カードユニット3の装置IDに対応付けて受付け中の会員カードの会員IDが記憶されている場合等においては、会員IDを含まずに会員IDを特定可能な情報として装置IDを含む商品購入情報をシステムコントローラ100に送信することで、システムコントローラ100側において、装置IDに対応する会員IDをカードユニット別データテーブルにて特定し、該特定した会員IDを含む商品購入情報を管理サーバ140に送信するようにしても良い。
【0153】
また、前記実施例では、カードユニット3に商品リストを記憶するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら商品リストをシステムコントローラ100において記憶しておき、カードユニット3において遊技者が商品購入のメニューを選択することで、システムコントローラ100に商品リストの送信要求を送信して商品リストをシステムコントローラ100から、その都度カードユニット3が入手するようにしても良い。
【0154】
また、前記実施例では、タイムサービス商品リストと報知指示とを管理サーバ140からタイムサービス商品リストに含まれる各タイムサービス商品の受注時間帯の受注開始時刻に対応する所定時刻にシステムコントローラ100を介してカードユニット3に送信するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これらタイムサービス商品リストを管理サーバ140から予めシステムコントローラ100に送信してシステムコントローラ100にて記憶しておき、例えばタイムサービス商品リストに含まれる各タイムサービス商品の受注時間帯の受注開始時刻に、該タイムサービス商品リストをシステムコントローラ100が遊技中の各カードユニット3に送信するようにしても良い。
【0155】
また、前記実施例では、図14(c)に示すように、複数の店舗の商品リストを一覧表示するようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、これら商品リストを店舗別に表示して、店舗毎に購入並びに精算(決済)を実施するようにしても良い。
【0156】
前記実施例における各要素は、本発明に対して以下のように対応している。
本発明の請求項1は、遊技機(パチンコ機2)に対応して設けられ、遊技媒体(パチンコ玉)の貸与に使用される遊技用価値(カード残額、金額)の大きさを特定可能な遊技用価値情報(カード残額、金額、会員カードID)が記録された遊技用記録媒体(会員カード、ビジターカード)の該遊技用価値情報から特定される遊技用価値を使用して遊技媒体を貸与するための貸与処理を行う貸与処理手段(制御ユニット328;貸与処理)と、該貸与処理に供される遊技用価値の大きさ(使用金額)を特定可能な売上情報(会員貸与完了情報、発行貸与完了情報)を送信する売上情報送信手段(制御ユニット328;会員貸与完了情報送信処理、発行貸与完了情報送信処理)と、を備える遊技用装置(カードユニット3)と、遊技用装置に接続され、前記売上情報送信手段から送信される売上情報に基づいて、該遊技用装置における前記貸与処理に供された遊技用価値の大きさを管理する管理装置(システムコントローラ100、管理サーバ140)と、から成る遊技用システムであって、前記管理装置は、前記遊技用装置において販売する商品の商品名と該商品の販売価格とを含む商品リスト情報を管理する商品管理コンピュータ(商品管理コンピュータ17、商品管理サーバ18)から該商品リスト情報を受信する受信手段(CPU142、受信処理、タイムサービス商品リスト受信処理)と、該受信手段により受信した商品リスト情報(商品リスト、タイムサービス商品リスト)を前記遊技用装置に送信する商品リスト情報送信手段(CPU102;商品リスト情報中継処理、タイムサービス商品リスト中継処理)と、を備え、前記遊技用装置は、前記商品リスト情報送信手段から送信された商品リスト情報に含まれる商品名と該商品の販売価格とを表示するための表示手段(制御ユニット328;商品リスト表示処理、表示部312)と、該表示手段に表示された商品の購入希望を遊技者から受付けるための購入希望受付け手段(制御ユニット328;購入希望受付け処理)と、該購入希望受付け手段にて購入希望を受付けた商品を特定可能な商品特定情報(商品番号)を含む購入希望情報(商品購入情報)を前記管理装置(システムコントローラ100)に送信する購入希望情報送信手段(制御ユニット328;商品購入情報送信処理)と、前記購入希望受付け手段にて購入希望を受付けた商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさを、前記遊技用記録媒体の遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさから減算するための商品代金精算処理を実施する商品代金精算処理手段(制御ユニット328;カード残額更新処理、商品購入情報送信処理)と、を備え、前記管理装置は、前記購入希望情報送信手段から送信される購入希望情報に含まれる商品特定情報(商品番号)と、当該商品特定情報から特定される商品の購入希望者である遊技者を特定可能な購入者特定情報(会員ID、暗証番号)とを含む購入希望商品リスト情報(受注メール)を前記商品管理コンピュータに対して送信する購入希望商品リスト情報送信手段(CPU142;受注メール送信処理)を備える。
【0157】
本発明の請求項2は、前記遊技用装置(カードユニット3)は、会員登録を実施することで会員となった会員遊技者に対して発行され、各会員遊技者を個々に識別可能な会員識別情報(会員ID)が記録された前記遊技用記録媒体としての会員用記録媒体(会員カード)を受付けて、該受付けた会員用記録媒体の記録情報を読み出す読み出し手段(カードリーダライタ327)と、該読み出し手段にて読み出した会員識別情報を前記管理装置(システムコントローラ100)に送信する会員識別情報送信手段(制御ユニット328;商品購入情報送信処理)と、を備え、前記購入希望商品リスト情報送信手段(CPU142;受注メール送信処理)は、前記読み出し手段にて会員用記録媒体が受付けられているときに前記購入希望受付け手段(制御ユニット328;購入希望受付け処理)にて購入希望が受付けられたことに基づく購入希望情報を前記購入希望情報送信手段(制御ユニット328;商品購入情報送信処理)から受信したときには、前記購入者特定情報として前記会員識別情報送信手段から送信された会員識別情報を含む購入希望商品リスト情報を送信し、前記読み出し手段にて会員用記録媒体が受付けられていないときに前記購入希望受付け手段にて購入希望が受付けられたことに基づく購入希望情報を前記購入希望情報送信手段から受信したときには、前記購入者特定情報として前記遊技用装置にて遊技者から受付けた本人確認情報(暗証番号)或いは前記遊技用装置の表示手段にて表示した本人確認情報(受注番号)を含む購入希望商品リスト情報を送信する。
【0158】
本発明の請求項3は、前記受信手段(CPU142、受信処理、タイムサービス商品リスト受信処理)は、前記商品リスト情報(タイムサービス商品リスト)とともに当該商品リスト情報を遊技用装置(カードユニット3)に送信する時間帯を特定可能な時間帯情報(購入受付け時間帯)を受信し、前記商品リスト情報送信手段(CPU142;タイムサービス商品リスト送信処理)は、時間帯情報とともに受信した商品リスト情報を、当該商品リスト情報の受信の報知を指示する報知指示とともに該時間帯情報から特定される時間帯において遊技用装置に送信し、前記遊技用装置は、該商品リスト情報および報知指示を受信したときに、該商品リスト情報を受信したことを報知する報知手段(制御ユニット328;報知処理)を備える。
【0159】
本発明の請求項4は、前記遊技用装置(カードユニット3)は、貨幣を受付けて、該受付けた貨幣の真贋と貨幣種別とを識別する貨幣識別手段(紙幣識別ユニット321、硬貨識別ユニット322)と、前記貨幣識別手段にて貨幣を受付けたときに、該貨幣識別手段にて識別された識別金額の範囲内の所定額に相当する遊技用価値(カード残額、金額)の大きさを、前記遊技用記録媒体(会員カード、ビジターカード)の遊技用価値情報(カード残額、金額、会員カードID)から特定される遊技用価値(カード残額、金額)の大きさに加算更新するための価値加算処理を行う価値加算処理手段(制御ユニット328;価値加算処理)と、を備え、前記購入希望受付け手段(制御ユニット328;購入希望受付け処理)にて購入希望を受付けた商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさが、前記遊技用記録媒体の遊技用価値情報から特定される遊技用価値の大きさよりも大きいときに、前記価値加算処理を有効とし、前記商品代金精算処理手段(制御ユニット328;商品代金精算処理)は、前記価値加算処理による加算更新後の遊技用価値の大きさから購入希望を受付けた商品の販売価格に相当する遊技用価値の大きさを減算するための商品代金精算処理を実施する。
【0160】
本発明の請求項5は、前記商品リストは、当該商品リストに含まれる各商品が予め定められた固定グループと変動グループのいずれのグループに属する商品であるかを示す種別情報(グループ種別)を含み、前記管理装置(管理サーバ140)は、前記受信手段(CPU142、受信処理、タイムサービス商品リスト受信処理)にて前記商品管理コンピュータ(商品管理コンピュータ17、商品管理サーバ18)から受信した商品リスト情報を記憶するための商品リスト情報記憶手段(記憶装置145;商品リストデータベース)を備え、前記商品管理コンピュータから新たに商品リスト情報を受信したときに、前記商品リスト情報記憶手段に記憶されている商品リスト情報を更新するとともに該更新日時を記憶し、商品リスト情報送信手段(CPU142;商品リスト情報送信処理)は、前記更新日時から所定期間が経過したことを条件に、前記種別情報から判別される変動グループに属する商品の商品リスト情報を送信しない。
【0161】
本発明の請求項6は、前記管理装置(システムコントローラ100、管理サーバ140)は、複数の各遊技場内に設置される場内管理装置(システムコントローラ100)と、これら各場内管理装置と接続され、遊技場外の管理機関(カード管理会社)に設けられた場外管理装置(管理サーバ140)とから構成され、前記場外管理装置は、前記受信手段(CPU142;受信処理、タイムサービス商品リスト受信処理)にて複数の商品管理コンピュータ(商品管理コンピュータ17、商品管理サーバ18)から商品リスト情報(商品リストメール)を受信し、各商品リスト情報を前記商品リスト配信先情報記憶手段の記憶情報から特定される場内管理装置に対して配信する配信手段(CPU142;商品リスト情報配信処理、タイムサービス商品リスト配信処理)と、を備え、前記場内管理装置は、該配信手段から受信した商品リスト情報を前記商品リスト情報送信手段(CPU102;商品リスト情報中継処理、タイムサービス商品リスト中継処理)により前記遊技用装置(カードユニット3)に送信する。
【図面の簡単な説明】
【0162】
【図1】本発明の実施例における遊技用システムの構成を示す図である。
【図2】本発明の実施例において用いたパチンコ機並びにカードユニットの正面図である。
【図3】本発明の実施例におけるカードユニットの構成を示すブロック図である。
【図4】本発明の実施例に用いたシステムコントローラの構成を示すブロック図である。
【図5】本発明の実施例に用いたシステムコントローラにおける会員情報テーブルを示す図である。
【図6】(a)は、本発明の実施例に用いた会員カードマスターテーブルを示す図であり、(b)は、本発明の実施例に用いたカードユニット別データテーブルを示す図である。
【図7】本発明の実施例に用いた管理サーバの構成を示すブロック図である。
【図8】(a)は、本発明の実施例に用いた商品リストデータベースを示す図であり、(b)は、本発明の実施例に用いたタイムサービス商品リストテーブルを示す図である。
【図9】(a)は、本発明の実施例に用いた遊技場情報テーブルを示す図であり、(b)は、本発明の実施例に用いた商品提供店舗情報テーブルを示す図である。
【図10】本発明の実施例に用いた遊技用システムを構成するカードユニットとシステムコントローラとの間における処理状況を示す図である。
【図11】本発明の実施例に用いた遊技用システムを構成するカードユニットとシステムコントローラと管理サーバとの間における処理状況を示す図である。
【図12】本発明の実施例に用いた遊技用システムを構成するカードユニットとシステムコントローラと管理サーバとの間における処理状況を示す図である。
【図13】本発明の実施例に用いたカードユニットの表示部に表示される表示内容を示す図である。
【図14】本発明の実施例に用いたカードユニットの表示部に表示される表示内容を示す図である。
【図15】本発明の実施例に用いたカードユニットの表示部に表示される表示内容を示す図である。
【図16】本発明の実施例に用いたカードユニットの表示部に表示される表示内容を示す図である。
【符号の説明】
【0163】
2 パチンコ機
3 カードユニット
17 商品管理コンピュータ
18 商品管理サーバ
100 システムコントローラ
102 CPU
140 管理サーバ
142 CPU
145 記憶装置
312 表示部
321 紙幣識別ユニット
322 硬貨識別ユニット
327 カードリーダライタ
328 制御ユニット
【出願人】 【識別番号】000144153
【氏名又は名称】株式会社三共
【住所又は居所】群馬県桐生市境野町6丁目460番地
【出願日】 平成16年6月15日(2004.6.15)
【代理人】 【識別番号】100098729
【弁理士】
【氏名又は名称】重信 和男

【識別番号】100116757
【弁理士】
【氏名又は名称】清水 英雄

【識別番号】100123216
【弁理士】
【氏名又は名称】高木 祐一

【識別番号】100089336
【弁理士】
【氏名又は名称】中野 佳直

【識別番号】100099357
【弁理士】
【氏名又は名称】日高 一樹

【識別番号】100110320
【弁理士】
【氏名又は名称】渡邉 知子

【公開番号】 特開2006−184(P2006−184A)
【公開日】 平成18年1月5日(2006.1.5)
【出願番号】 特願2004−176953(P2004−176953)