トップ :: G 物理学 :: G06 計算;計数

【発明の名称】 複数情報フォーマット対応の2次元バーコード用文字列生成装置
【発明者】 【氏名】坂井 浩之

【要約】 【課題】2次元コードは読取後は一続きの文字列に過ぎず、さらに構造化された情報にフォーマット解釈する必要があるが、そのフォーマット仕様が多数並存する場合、互換性がなかった。そのため、ユーザーは、単一の用途であるにもかかわらず、各フォーマット用に複数種類の2次元コードを作成、保持する必要があり、煩雑であった。

【解決手段】2次元コードを生成する前段階の、構造化された入力情報を一続きの文字列に変換する段階で、あるフォーマットで生成した文字列の予備項目領域に、他のフォーマットで生成した文字列を組み込む過程を、フォーマットの種類の数だけ、再帰的に繰り返す。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
ユーザーの入力情報を、複数の情報フォーマットで読み出し解釈できるように、単一種類の文字列に組み込む手順を特徴とする情報処理装置。
【請求項2】
前記請求項1記載の手順で生成された文字列を元に2次元バーコード画像データを生成することを特徴とする、情報処理装置。
【請求項3】
前記請求項2記載の画像データを保存、または表示、印刷することを特徴とする、情報処理端末。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、情報処理装置および方法に関し、カメラ付き携帯電話やスキャナーなどの端末において読取可能な、2次元バーコード画像の生成に利用する文字列の処理に関するものである。
【背景技術】
【0002】
2次元バーコードに格納されているデータは改行文字等を含めた一続きの文字列情報であり、アドレス帳(名前・電話番号・メールアドレスなど)、商品管理情報(管理番号、商品名、価格など)などの人間の諸活動に有意な構造化された情報に加工するためには、さらにフォーマット解釈をする必要がある。
【0003】
前項記載のフォーマット仕様は、機器種別、メーカー、サービス提供者ごとに統一されているとは限らず、互換性に乏しかった。言い換えると、互換性を持たせるためには、統一フォーマット仕様に関して事業者間で、前もって合意を作る必要があった。そのため、フォーマット仕様が複数並存した場合、読取側で単一のフォーマットしか読取ができなく、かつ、そのどの読取機器でも読取を成功させたい場合には、生成時点で複数種類の2次元バーコードを生成し並記する必要があった。
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明は、異なる解釈フォーマットの読取装置に対し、単一種類の2次元バーコードで、人間の諸活動に有意な構造化情報を取り出せるような、2次元バーコードを生成することを課題とする。
【発明の効果】
【0005】
各用途において単一種類の2次元バーコードで、幅広い読取機器に対応できるため、ユーザー(エンドユーザー)にとって、2次元バーコードの簡便な取り扱いが図れる。また、2次元バーコードを提供する側も、印刷媒体やコンピューター・ディスプレイ上などでの、簡便な提供が図れる。
【課題を解決するための手段】
【0006】
2次元バーコードの生成時点で、複数フォーマットで解釈可能な情報を組み込んだ単一種類の文字列を生成し、二次元バーコードを生成する処理に受け渡す。次項から詳しく記す。
【0007】
生成時、フォーマット後の文字列内は項目ごとの領域に分けることができる。これはアドレス帳で言えば、名前や、住所情報などの各部分に該当する。この領域の中には、予備部分というあまり使用しない、予備用、あるいは管理用の領域を設けることが可能である。予備部分は、人間の当該活動にはあまり必要でないか、必要度が低いものであったり、または、読取時の解釈処理に影響はもたらすが解釈後の構造化された情報にはそのまま現れない情報であったり、または、読取時解釈処理上でもまったく無視されるものである。
【0008】
予備的領域の例としては、アドレス帳の「備考欄」や、プログラム言語のコメントやリマーク行、HTML言語の「<!−−」と「−−>」で囲まれたコメントアウト領域が挙げられる。
【0009】
簡便のために、フォーマットAとBの2種の構造化方法があるとする。AにはPA1、PA2、PA3・・・といった領域があり、PAxが予備部分であるとする。BにはPB1、PB2、PB3・・・といった領域があり、PBxが予備部分であるとする。
【課題を解決するための手段】
で述べた課題を解決するために、フォーマットAのPAx領域内に、フォーマットBのPB1、PB2、PB3・・・といった全領域情報を記述する。このような単一の文字列で、2次元バーコードを生成する。
【0010】
前項記載の方法によって、フォーマットA対応機器で読み込んでも、フォーマットB対応機器で読み込んでも、どうちらでも正しく、構造化情報が得られる。
【0011】
本発明の効果を高めるために、フォーマットAでの解釈時にフォーマットB部分のコードが、かつ、フォーマットAでの解釈時にフォーマットB部分のコードが、悪影響を与えないこと、または、その悪影響が、許容範囲内に収まるように組み込み方法、組み込み順を調整することが可能である。
【0012】
【0009】
以降前項まで、簡便のために、フォーマットAとBの2つがあるとしたが、
【0009】
の手順は、フォーマット方法が2種を超える場合A,B,C,D,・・・でも同様に摘要できる。これは、予備領域への組み込みを、フォーマットの種類数だけ再帰的に繰り返すことで実現できる。
【発明を実施するための最良の形態】
【0013】
2次元バーコードの生成システムを、図1を参照して示す。本発明の目的を実現するため使用できるデータ処理システムは、情報入力端末101で入力された情報を、複数フォーマット対応文字列生成装置102に、ユーザーの命令によって当業者には明らかな手段で送る。
【0014】
送られる情報を、図2を参照して示す。各項目ごとに、項目ラベル ア、イ、ウ、・・・X と、それぞれ対応する値01、02、03、・・・Xを保持している。この項目の具体的内容は、摘要されるシステムケースごとに定まる。また、値は、空欄(null)のケースを含む。予備的領域は項目Xとして表徴してある。
【0015】
複数フォーマット対応文字列生成装置102では、前項の送られた情報を元に、一続きの文字列を、生成規則により生成する。生成規則の例は次項で示す。
【0016】
生成規則の例を示す。フォーマットAとフォーマットBの2種があり、フォーマットAは、各項目間区切り文字が「¥」、各項目内項目ラベルと値間の区切り文字を「=」と仮定する。フォーマットBは、各項目間区切り文字が「/]、各項目内項目ラベルと値間の区切り文字を「:」と仮定する。この場合、図2で送られた情報は、フォーマットAでは「項目ア=値01¥項目イ=値02¥項目ウ=値03¥・・(中略)・・¥項目X=値X¥」という文字列になる。フォーマットBでは「項目ア:値01/項目イ:値02/項目ウ:値03/・・(中略)・・/項目X:値X/」という文字列になる。このままでは、フォーマットAをもとに生成した2次元コードは、フォーマットBでは正しく構造化できない。同様に、フォーマットBをもとに生成した2次元コードは、フォーマットAでは正しく構造化できない。本発明が適用される手順、すなわち、一方の予備的領域に、他方の文字列を埋め込むことで、複数(この項の例の場合は2つの)情報フォーマットでの読取を、1通りの2次元コードで行うことが可能となる。すなわち、生成される文字列は、Aの予備的領域にBを埋め込んだ「項目ア=値01¥項目イ=値02¥項目ウ=値03¥・・(中略)・・¥項目X=項目ア:値01/項目イ:値02/項目ウ:値03/・・(中略)・・/項目X:値X/¥」またはBの予備的領域にAを埋め込んだ「項目ア:値01/項目イ:値02/項目ウ:値03/・・中略)・・/項目X:項目ア=値01¥項目イ=値02¥項目ウ=値03¥・・(中略)・・¥項目X=値X¥/」である。
【0017】
複数フォーマット対応文字列生成装置102は、当業者には明らかな手段で、生成文字列を、当業者には明らかな画像(2次元バーコード)生成装置103に送る。画像(2次元バーコード)生成装置103は、生成した画像(2次元バーコード)を、同様に記憶装置104に送り、その後は、ユーザーの命令によって、適宜情報が取り出され、プリンタ/画像表示装置によって出力される。
【0018】
前項までが生成プロセスである。生成された2次元バーコードは、ユーザーによって、当業者には明らかな手段で読み取られ、解釈され、ユーザーは元の構造化された情報を得る。
【0019】
生成開始から読取完了までの過程を詳しく記したフローを図3に示す。
【0020】
2次元バーコードの公知の例としては、QRコードがある。
【0021】
項番
【0011】
の調整が容易なように、あらかじめフォーマット仕様を決める際に、十分な大きさの予備領域をもたせる。また、他フォーマットの文字列は無視するように、読取時の情報解釈アルゴリズムを策定しておくと、なお好適である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明が適用される装置を含む、2次元バーコード生成システムの構成図である。
【図2】2次元バーコード化する情報の例を示す図である。
【図3】2次元バーコード生成プロセス(本発明が適用される手順を含む)、および2次元バーコード読取解釈プロセスの例を示すフロー図である。
【符号の説明】
101 情報入力端末
102 複数フォーマット対応文字列生成装置
103 画像(2次元バーコード)生成装置
104 記憶装置
105 プリンタ/画像表示装置
201 2次元バーコード化される構造化された情報の例
301 生成段階における構造化情報インプットの例
302 生成段階における複数フォーマット対応文字列生成プロセス
303 生成段階における画像(2次元バーコード)生成処理プロセス
304 生成段階における生成済み2次元バーコードの例
311 読取段階における読み取り対象2次元バーコードの例
312 読取段階における画像取り込み・文字列取得プロセス
313 読取段階における文字列情報解釈プロセス
314 読取段階における構造化情報アウトプットの例
【出願人】 【識別番号】398019877
【氏名又は名称】坂井 浩之
【出願日】 平成16年6月23日(2004.6.23)
【代理人】
【公開番号】 特開2005−149471(P2005−149471A)
【公開日】 平成17年6月9日(2005.6.9)
【出願番号】 特願2004−213658(P2004−213658)