トップ :: C 化学 冶金 :: C02 水,廃水,下水または汚泥の処理

【発明の名称】 ミネラル含有水の製造方法
【発明者】 【氏名】浅岡 敬一郎
【氏名】根路銘 秀武
【課題】ミネラルを豊富に含有し、汚染の恐れが無く安全なミネラル含有水の製造方法を提供する。

【解決手段】岩塩を水に溶解させて岩塩溶解水を得る岩塩溶解手段と、岩塩溶解水から塩化ナトリウムを析出させる塩化ナトリウム析出手段と、析出した前記塩化ナトリウムを除去する塩化ナトリウム除去手段とからなるミネラル含有水の製造方法。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
岩塩を水に溶解させて岩塩溶解水を得る岩塩溶解手段と、岩塩溶解水から塩化ナトリウムを析出させる塩化ナトリウム析出手段と、析出した前記塩化ナトリウムを除去する塩化ナトリウム除去手段とからなるミネラル含有水の製造方法。
【請求項2】
請求項1に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記岩塩溶解手段が、水と過飽和になる量の岩塩を混合してなるミネラル含有水の製造方法。
【請求項3】
請求項1又は2に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記塩化ナトリウム析出手段が岩塩溶解水に塩酸を加える手段からなるミネラル含有水の製造方法。
【請求項4】
請求項3に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記ミネラル含有水のpH値を調整するpH値調整手段を付加してなるミネラル含有水の製造方法。
【請求項5】
請求項4に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記pH値調整手段が前記ミネラル含有水に炭酸カルシウムを加える手段からなるミネラル含有水の製造方法。
【請求項6】
請求項4に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記pH値調整手段が前記ミネラル含有水にアルカリ性物質を加える手段と、酸性のミネラル含有水を滴下してpH値を微調整する手段とからなるミネラル含有水の製造方法。
【請求項7】
請求項1乃至6のいずれかに記載のミネラル含有水の製造方法において、前記ミネラル含有水にカルシウムを溶解させるカルシウム溶解手段を付加してなるミネラル含有水の製造方法。
【請求項8】
請求項7に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記カルシウムが加熱処理した豚の骨を粉砕した豚骨砕粉からなるミネラル含有水の製造方法。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は、化粧水や飲料に使用できるミネラル含有水の製造方法に関する。
【背景技術】
【0002】
従来、海水は人間の栄養素の一種であるミネラル(無機質或は鉱物質)を多く含んでいることから、海洋深層水等の海水からミネラル含有水を製造する方法は種々知られているが、海洋汚染が進んでいる現在においては、海水の表層水のみならず、海洋深層水も重金属等の人体有害物質に汚染されている恐れが指摘されている。また、精製塩は製造過程で加熱されることにより、ミネラルが減少又は失われている。
【0003】
一方、岩塩は天然の産物であり、環境汚染のない時代に自然によって精製されたもので、汚染の恐れが無くミネラルを豊富に含有することから最も安全なミネラル資源として注目されている。この岩塩を水に溶解させて得られるミネラルを含む食塩水は知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0004】
【特許文献1】特開平9−224603号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかし、特許文献1に記載の食塩水には、ミネラルと共に多量のナトリウム(Na)が含まれており、このナトリウムは人間にとって必要なミネラルの一つであるが、摂取過多になると高血圧等の弊害が生じる。このため、特許文献1には、食塩水を希釈して供給することが示されており、希釈によりミネラル濃度も低下して充分な量のミネラルの摂取ができないという課題がある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
そこで、本発明は、上記課題を解決するために、岩塩を水に溶解させて岩塩溶解水を得る岩塩溶解手段と、岩塩溶解水から塩化ナトリウムを析出させる塩化ナトリウム析出手段と、析出した前記塩化ナトリウムを除去する塩化ナトリウム除去手段とからなるミネラル含有水の製造方法を提供するものである。
【0007】
また、本発明は、請求項1に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記岩塩溶解手段が、水と過飽和になる量の岩塩を混合してなるミネラル含有水の製造方法を提供するものである。
【0008】
また、本発明は、請求項1又は2に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記塩化ナトリウム析出手段が岩塩溶解水に塩酸を加える手段からなるミネラル含有水の製造方法を提供するものである。
【0009】
また、本発明は、請求項3に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記ミネラル含有水のpH値を調整するpH値調整手段を付加してなるミネラル含有水の製造方法を提供するものである。
【0010】
また、本発明は、請求項4に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記pH値調整手段が前記ミネラル含有水に炭酸カルシウムを加える手段からなるミネラル含有水の製造方法を提供するものである。
【0011】
また、本発明は、請求項4に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記pH値調整手段が前記ミネラル含有水にアルカリ性物質を加える手段と、酸性のミネラル含有水を滴下してpH値を微調整する手段とからなるミネラル含有水の製造方法を提供するものである。
【0012】
また、本発明は、請求項1乃至6のいずれかに記載のミネラル含有水の製造方法において、前記ミネラル含有水にカルシウムを溶解させるカルシウム溶解手段を付加してなるミネラル含有水の製造方法を提供するものである。
【0013】
また、本発明は、請求項7に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記カルシウムが加熱処理した豚の骨を粉砕した豚骨砕粉からなるミネラル含有水の製造方法を提供するものである。
【発明の効果】
【0014】
以上の通り、本発明に係るミネラル含有水の製造方法によれば、岩塩を水に溶解させて岩塩溶解水を得る岩塩溶解手段と、岩塩溶解水から塩化ナトリウムを析出させる塩化ナトリウム析出手段と、析出した前記塩化ナトリウムを除去する塩化ナトリウム除去手段とからなる構成を有することにより、汚染されていない岩塩に含まれるミネラルを水に溶解させることができ、余分なナトリウム(Na)は塩化ナトリウム(NaCl)として析出し除去されるから、有用なミネラルを豊富に含んだ安全なミネラル含有水を得ることができる効果がある。
【0015】
また、本発明は、請求項1に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記岩塩溶解手段が、水と過飽和になる量の岩塩を混合してなる構成を有することにより、確実に飽和塩水を得ることができ、又、一時的に最大過飽和させることにより岩塩からミネラルを多く分離させて、高濃度のミネラル含有水を得ることができる効果がある。
【0016】
また、本発明は、請求項1又は2に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記塩化ナトリウム析出手段が岩塩溶解水に塩酸を加える手段からなる構成を有することにより、ミネラル含有水に塩酸を加えるという簡単な手段によって塩化ナトリウムを析出させることができる効果がある。
【0017】
また、本発明は、請求項3に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記ミネラル含有水のpH値を調整するpH値調整手段を付加してなる構成を有することにより、塩酸を加えたミネラル含有水は強酸性であるから、pH値調整手段によって人体に安全なpH値に調整することができる効果がある。
【0018】
また、本発明は、請求項4に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記pH値調整手段が前記ミネラル含有水に炭酸カルシウムを加える手段からなる構成を有することにより、炭酸カルシウム(CaCO)は難溶解性でpH値の変化が緩慢であるから、攪拌時間を調整することにより容易にpH値を調整することができると共に、カルシウムを豊富に含むミネラル含有水を得ることができる効果がある。
【0019】
また、本発明は、請求項4に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記pH値調整手段が前記ミネラル含有水にアルカリ性物質を加える手段と、酸性のミネラル含有水を滴下してpH値を微調整する手段とからなる構成を有することにより、塩酸を加えた強酸性のミネラル含有水にアルカリ性物質を加えることによって、ミネラル含有水のpH値を弱酸性、中性、アルカリ性に調整することができ、更に酸性のミネラル含有水を少しずつ滴下することによりpH値を容易に微調整することができる効果がある。
【0020】
また、本発明は、請求項1乃至6のいずれかに記載のミネラル含有水の製造方法において、前記ミネラル含有水にカルシウムを溶解させるカルシウム溶解手段を付加してなる構成を有することにより、ミネラルのなかでも特に有用なカルシウムを豊富に含んだミネラル含有溶液を得ることができる効果がある。
【0021】
また、本発明は、請求項7に記載のミネラル含有水の製造方法において、前記カルシウムが加熱処理した豚の骨を粉砕した豚骨砕粉からなる構成を有することにより、生理的に人間に近い豚の骨を粉砕した豚骨砕粉からなるカルシウムを溶解させることによって、人体へのカルシウムの吸収性を向上させることができる効果がある。
【発明を実施するための最良の形態】
【0022】
本発明の実施の形態を実施例に基づいて説明する。
本発明に係るミネラル含有水の製造方法は、岩塩を水に溶解させて岩塩溶解水を得る岩塩溶解手段と、岩塩溶解水から塩化ナトリウムを析出させる塩化ナトリウム析出手段と、析出した前記塩化ナトリウムを除去する塩化ナトリウム除去手段とから構成してある。
【0023】
岩塩溶解手段は、水と過飽和になる量の岩塩を混合するようにしてある。水100gに対する塩化ナトリウム(NaCl)の溶解度は、室温(30℃)において36gであるから、水100gに対して岩塩36g以上を浸漬後、常温で攪拌溶解して過飽和塩水とする。岩塩を常温で水に溶解することにより、熱によるミネラルの熱変化又は減少を防ぐことができ、又、攪拌によって一時的に最大過飽和させることにより多くのミネラルを溶解させることができる。
そして、冷所に置き塩化ナトリウムの過飽和分を析出させて上澄みを濾過し、ゴミ等の不純物を取り除き完全飽和塩水を得る。
【0024】
塩化ナトリウム析出手段は、岩塩溶解水に塩酸(HCl)を加える手段からなる。岩塩溶解水にはNaとClが分離して存在し、この岩塩溶解水に高濃度塩酸を加えることにより岩塩溶解水中のCl濃度が高まるから、NaとClが結合して塩化ナトリウムが析出して、岩塩に含まれているその他の成分であるミネラルの溶けた溶液となる。析出する塩化ナトリウムの量は、加える塩酸の量によって調整することができる。
なお、岩塩溶解水中のCl濃度を高めることにより塩化ナトリウムが析出するから、岩塩溶解水に塩素ガス(CL)を吹き込むことにより塩化ナトリウムを析出させることも可能である。
【0025】
塩化ナトリウム除去手段は、塩化ナトリウムを析出させたミネラル含有水を濾過する手段からなる。濾過は、例えば、コーヒードリッパーに使用しているのと同等の目の粗さの濾紙を使用し、濾紙を交換しないで繰り返し行い、濾紙に溜まった塩化ナトリウムを濾材とすることにより、効率良く濾過することができる。尚、濾材としては、濾紙に代えて、濾布あるいは多孔質プラスチック膜等を使用することができることは勿論である。
【0026】
上記のミネラル含有水の製造方法には、ミネラル含有水にカルシウムを溶解させるカルシウム溶解手段を付加してあり、カルシウムとしては加熱処理した豚の骨を粉砕した豚骨砕粉を使用することができる。豚の骨を加熱処理するのは、有機物の炭化(約500℃)とリン(P)分の消滅(416℃で昇華)と骨を粉砕し易くすることが目的であり、800℃以下では骨の粉砕が困難であるから1000℃前後で骨を焼くことが好ましい。
【0027】
そして、加熱処理した豚の骨は粉砕機で粉砕して豚骨砕粉にする。骨は微粉末になるほど溶解性が向上するから、100メッシュ以上に粉砕することが好ましい。この豚骨砕粉をミネラル含有水に加え、攪拌して溶解させる。ミネラル含有水は、塩化ナトリウム析出手段において塩酸を加えて酸性になっているから、容易に豚骨砕粉等のカルシウムを溶解させることができる。
なお、人体への吸収性が良いことから、カルシウムとして豚骨砕粉を使用することが好ましいが、炭酸カルシウム(CaCO)等の鉱物性のカルシウムを使用することも可能である。
【0028】
また、ミネラル含有水の製造方法には、ミネラル含有水のpH値を調整するpH値調整手段を付加してあり、ミネラル含有水に炭酸カルシウムを加えて攪拌することによりpH値を調整するようにしてある。例えば、ミネラル含有水のpH値を人肌に近い弱酸性に調整することにより、肌にやさしく、ミネラル及びカルシウムを多く含むミネラル含有水を得ることができる。
【0029】
炭酸カルシウムは、難溶解性でpH値の変化が緩慢であるから、攪拌時間でpH値を調整しやすく、ミネラル含有水が中性域よりアルカリ性になり難い。更に、pH値の調整と共にカルシウムを溶解させることができるから、pH値調整手段には炭酸カルシウムを使用することが好ましいが、消石灰(Ca(OH))や水酸化ナトリウム(NaOH)等のアルカリ性物質を使用することもできる。
【実施例1】
【0030】
次に、実施例1について説明する。
先ず、水1リットルを入れたビーカーに、粉砕して薄片状にした岩塩400gを入れて約12時間浸漬した後、強力スターラーで約1時間攪拌して過飽和塩水を得る。そのままの状態で約10時間放置して、過飽和分の塩化ナトリウムを析出させ、ミネラルを含んだ飽和塩水を得る。この飽和塩水の上澄み水を取り、濾紙(コーヒードリッパー)で濾過して、析出した塩化ナトリウム及びゴミ等の不純物を取り除く。
【0031】
濾過した飽和塩水500ccをビーカーに取り、スターラーで攪拌しながら33%濃度の塩酸500ccを一気に流し込むと、塩化ナトリウムの結晶が析出して真白く懸濁する。このとき、反応熱により水温が31℃から40℃へと9℃上昇した。約10分間の攪拌後、スターラーの回転子を取り出し、冷蔵庫(7℃)内で約12時間放置する。
温度が高いと分子運動が高まる水の場合は、低水温では水分子のクラスターは起きないが、水温を上げると分子運動が高まりクラスター化することから、水温が低いと溶解しにくく、イオン結合が起き易くなり、過飽和分の塩化ナトリウムの析出を促進することができる。実施例では、ビーカーの底に針状の塩化ナトリウムの再析出が確認できた。
【0032】
この塩化ナトリウムが析出した溶液を、濾紙(コーヒードリッパー)を使用すると共に濾紙を交換しないで反復濾過をし、無色透明な強酸性(pH0.0)のミネラル含有水を得ることができた。このミネラル含有水を、カルシウムを溶解させる溶媒とする。
【0033】
次に、実施例に基づいて、溶質であるカルシウムの製造方法について説明する。
使用済の豚のダシ殻骨より、肉・骨髄・軟骨を削ぎ取り乾燥させる。乾操した豚骨を電気炉に入れて、1018℃で焼く。焼いた豚骨を小型粉砕機で粉砕し、篩にかけて約100メッシュの豚骨砕粉にする。この豚骨砕粉をカルシウム抽出の溶質とする。
【0034】
強酸性のミネラル含有水500ccをビーカーに取り、水500ccを加えて2倍に希釈して溶媒とする。ビーカーに入れた1リットルの溶媒をスターラーで攪拌しながら豚骨砕粉170gを投入し、24時間攪拌して溶解させる。未溶解の豚骨砕粉で白く懸濁したpH0.9のカルシウム飽和液となる。
【0035】
次に、そのまま攪拌しながらpH値を調整するために、炭酸カルシウム100gを少量ずつ添加していき、そのまま更に約24時間攪拌すると、pH値5.7の炭酸カルシウム粉の懸濁した薄黄色の液となった。この薄黄色の懸濁液を、濾紙(コーヒードリッパー)を使用して二度濾過を行う。1回目の濾過の始めは、薄い白濁した液が出るので濾紙を交換せずに再度濾過すると、無色無臭透明なpH値5.7の液となり、カルシウムを多く含む弱酸性のミネラル含有水を得ることができる。
【実施例2】
【0036】
次に、実施例2について説明する。
実施例1と同様に、岩塩の飽和塩水に塩酸を加えて塩化ナトリウムを析出し、濾過して強酸性のミネラル含有水を得る。
この強酸性のミネラル含有水に、水酸化ナトリウムを少量ずつ投入して、ミネラル含有水のpH値を弱アルカリ性に調整する。このとき、中和反応熱により水温が100℃近くまで上昇してミネラルに熱変化又は減少の恐れがあるので、水温が40℃を超えないように、冷却間隔をおきながら水酸化ナトリウムを投入する。
【0037】
そして、弱アルカリ性のミネラル含有水に、酸性のミネラル含有水をスポイトで微量ずつ滴下してpH値を中性になるように調整する。無色透明なミネラル含有水となり、濾過は不要である。水酸化ナトリウムの中和反応速度が早いために、一度アルカリ側にふって、酸性のミネラル含有水の滴下量を調整することにより、pH値を微調整することができる。
なお、実施例1と同様に、豚骨砕粉を投入してカルシウムを溶解させることも可能である。
【出願人】 【識別番号】394022853
【氏名又は名称】浅岡 敬一郎
【識別番号】503325789
【氏名又は名称】根路銘 秀一
【出願日】 平成15年9月8日(2003.9.8)
【代理人】 【識別番号】100077872
【弁理士】
【氏名又は名称】平山 洲光

【識別番号】100075188
【弁理士】
【氏名又は名称】菊池 武胤

【識別番号】100118728
【弁理士】
【氏名又は名称】中野 圭二

【公開番号】 特開2005−81214(P2005−81214A)
【公開日】 平成17年3月31日(2005.3.31)
【出願番号】 特願2003−314944(P2003−314944)