トップ :: A 生活必需品 :: A61 医学または獣医学;衛生学

【発明の名称】 消臭剤
【発明者】 【氏名】岡田 徹
【課題】様々な成分よりなるタバコ臭やゴミ臭など、種々の異臭、悪臭を効果的に除去することのできる消臭剤を提供する。

【解決手段】グリオキシル酸金属塩及びケト酸金属塩から選ばれた1種以上の成分を有効成分とする消臭剤。さらに、アミノ酸ノニオン界面活性剤及び/又は両性界面活性剤を配合するのが好ましい。
【特許請求の範囲】
【請求項1】
グリオキシル酸金属塩及びケト酸金属塩から選ばれた1種以上の成分を有効成分とする消臭剤。
【請求項2】
前記有効成分の酸成分が、グリオキシル酸、ピルビン酸及びレブリン酸から選ばれた1種以上の成分である請求項1の消臭剤。
【請求項3】
前記有効成分の金属成分が、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム及び銅から選ばれた1種以上の成分である請求項1の消臭剤。
【請求項4】
さらに、アミノ酸ノニオン界面活性剤及び/又は両性界面活性剤を配合してなる請求項1の消臭剤。
【発明の詳細な説明】【技術分野】
【0001】
本発明は消臭剤に関する。さらに詳しくは、本発明は日常生活における悪臭、特に多様な成分からなる悪臭に対して有効な新規消臭剤に関する。
【背景技術】
【0002】
近年、生活水準の向上に伴い環境衛生に対する一般の関心が高くなっている。かかる事情から、一層効果の高い消臭剤が必要とされ、特に多様な臭気成分に対して有効な消臭剤が求められている。
悪臭成分を低減する方法としては、強力な芳香剤により臭気をマスキングする方法、活性炭、アルミナ、ゼオライト等の多孔質吸着剤による吸着などの物理的方法、触媒燃焼法やオゾンによる酸化法、化学薬品を用いた中和法などの化学的方法、あるいはバクテリアによる分解などの生物化学的方法等が知られている。
上記化学的方法による消臭剤は、アンモニア、アミン類等のチッソ系成分やメルカプタン、硫化水素等のイオウ系の成分に対しての効果はあるものの、有機酸には有効性が低く、より巾の広い臭気成分に対して消臭効果を有する消臭剤が求められている。
【0003】
【特許文献1】WO 03/045449
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
タバコ臭やゴミ臭などは、様々な臭気成分より構成されている。本発明の目的は、日常生活における悪臭、異臭であるタバコ臭やゴミ臭など、多様な成分を含む臭気を効果的に除去できる消臭剤を提供することにある。
本発明者は、前記の課題を解決すべく種々検討を重ねた結果、ケトン基を含む有機酸及びグリオキシル酸(以下、これらを合わせてケト酸等ということがある)の金属塩が優れた消臭効果を示すとの知見を得て本発明を完成した。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、グリオキシル酸金属塩及びケト酸金属塩から選ばれた1種以上の成分を有効成分とする消臭剤を提供するものである。
本発明消臭剤において、有効成分の酸成分としては、グリオキシル酸、ピルビン酸及びレブリン酸から選ばれた1種以上の成分であるのが好ましい。
また、前記有効成分の金属成分としては、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム及び銅から選ばれた1種以上の成分であるのが好ましい。
さらに、この消臭剤には、アミノ酸系ノニオン界面活性剤及び/又は両性界面活性剤を配合するのが好ましい。
本発明の消臭剤は、アンモニア、アミン類等のチッソ系悪臭成分やメルカプタン、硫化水素等のイオウ系悪臭成分だけでなく脂肪酸等に対しても優れた消臭効果がある。
【0006】
(金属塩)
ケト酸等金属塩の酸成分としては、グリオキシル酸、ピルビン酸、レブリン酸などが挙げられる。
また、金属成分としては、ナトリウム、カリウム、リチウムなどの一価金属、カルシウム、マグネシウムなどの二価金属などが挙げられ、特にカリウム、ナトリウムが好ましい。
ケト酸等の金属塩の濃度は、消臭剤全量に対して0.01〜60重量%、好ましくは0.5〜40重量%であり、より好ましくは5〜25重量%である。ケト酸等金属塩の濃度がこの範囲より低いと消臭効果が不充分であり、一方、この範囲を超えると消臭剤の調製は困難である。
これらケト酸等の金属塩は単独で用いてもよく、2種以上を混合した溶液、水性液であってもよい。例えば、カリウム塩、ナトリウム塩と、ケト酸等の銅塩及び亜鉛塩などとの混合物であってもよい。
これら金属塩を混合して用いる場合、その混合比率はケト酸亜鉛(又はケト酸銅)1重量部に対し、ケト酸等の一価または、二価金属塩5〜15重量部であり、最も好ましくは8〜10重量部である。
【0007】
(界面活性剤)
本発明の消臭剤には、さらにアミノ酸系陰イオン界面活性剤、アミノ酸系両性界面活性剤を配合することにより消臭効果が向上すると共に、有効成分の溶解性が向上し消臭剤の調製作業が改善される。
このようなアミノ酸系陰イオン界面活性剤としては、例えばN−ココイル−N−メチル−β−アラニンナトリウム、ココイルサルコシンナトリウムなどが挙げられる。
また、両性界面活性剤としては、例えば2−アルキル−N−カルボキシメチル−N−ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、ココアミドプロピルベタインなどが挙げられる。これら界面活性剤は単独で用いてもよく、また2種以上を併用してもよい。
かかる界面活性剤の配合量は、前記金属塩1重量部に対し0.1〜2重量部であり、好ましくは0.5〜1.5重量部である。
【0008】
(消臭剤の調製)
本発明の消臭剤は、前記ケト酸等の金属塩と所望により界面活性剤とを水、メタノール、エタノールなどのアルコールなどに室温下、あるいは必要に応じて加温して溶解して調製することができる。
このようにして得られた消臭剤は、溶液の形態で用いるほか、種々の基材に含浸させるなどして用いることができる。かかる基材としては、不織布(コットン、レーヨン)、織布、糸などの繊維状物、ゼオライト、セピオライト、活性炭などの多孔性物質などを用いることができる。
【実施例】
【0009】
[実施例1〜3]
グリオキシル酸カリウム20gを容器に入れ、これに精製水80gを加えて攪拌し、完全に溶解して水性の消臭剤を得た。この試料をつぎのテストに供した。
(テスト方法)
上記の試料各1gを3枚の濾紙に含浸させた。この濾紙を1枚ずつ3個のテトラパック(容積3リットル)に入れた。このテトラパックの各々に悪臭成分である3種のガス(ガス濃度:アンモニア100ppm、硫化水素50ppm、酢酸20ppm)を別々に注入し、内部のガス濃度変化を測定した。
なお、対照として、精製水1gを濾紙に含浸させたものについても同様にテストした。
【0010】
[実施例2〜3]
表1に記載の成分及び組成にて、実施例1と同様に消臭剤を調製し、テストに供した。結果を同様に表1に示す。
【0011】
【表1】


【0012】
[産業上の用途]
本発明の消臭剤は、タバコ臭やゴミ臭など、種々の成分を含む異臭、悪臭を効果的に除去することができる。
【出願人】 【識別番号】595029222
【氏名又は名称】有限会社岡田技研
【出願日】 平成15年12月5日(2003.12.5)
【代理人】 【識別番号】100085202
【弁理士】
【氏名又は名称】森岡 博

【公開番号】 特開2005−168525(P2005−168525A)
【公開日】 平成17年6月30日(2005.6.30)
【出願番号】 特願2003−408250(P2003−408250)